スピーカーセレクターの人気おすすめランキング10選【同時出力可能!】

記事ID19805のサムネイル画像

スピーカーセレクターは、音楽を楽しむだけではなく応用が利くオーディオ機器になります。「スピーカーセレクター」は、直接配線を取り回しなおす必要がなく便利です。今回は、スピーカーセレクターのタイプや端子形状、操作性などの選び方から人気のおすすめランキングについて紹介します。ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

音楽を存分に楽しむための必須アイテム

それぞれの音楽に最適な機能を持ったスピーカーが販売されていますが、音色に合わせてその都度スピーカーを変えるのは面倒ですよね。スピーカーセレクターがあればスイッチやダイヤルで簡単にスピーカーを切り替えることができます。

 

単に音楽を聴く為というわけではなく、とても応用幅が広いオーディオ機器これによって切り替えの煩わしさがなくなるのでとても便利ですよね。また、よりこだわりたい方はスピーカーセレクターに必要な材料を集めて自作するなんてことも出来ちゃうんです。

 

そこで今回はスピーカーセレクターの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは端子形状・操作性・タイプを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

スピーカーセレクターの選び方

スピーカーセレクターのタイプや端子形状、メーカーなどの選び方を紹介します。各項目を把握して購入の参考にしてみてください。

タイプから選ぶ

スピーカーセレクターは大きく分けて2種類に分けられます。それぞれの特徴を理解して購入の際の参考にしてください。

音質を維持したいなら「切り替えタイプ」がおすすめ

まず1つめのタイプは「複数のスピーカーを切り替えられるタイプ」で、音質を低下させることなく、聴く音楽によってスピーカーを切り替えることが出来る機能のみがついているセレクターです。


基本的に、一度に1つのスピーカーのみを使うことを前提としているので、アンプに負荷がかかりにくいので機器が劣化しにくく長持ちするので初心者の方にもおすすめです。さらにシンプルな接続方法なので初心者の方にはまずこちらのタイプから試してみると良いかもしれません。


また音質は中高音や静かな音楽にぴったりで、自宅などでゆっくりとクラシックを楽しみたい方にも最適です。複数のスピーカーを使わないので、マンションやなどの集合住宅でも騒音問題になりにくく、手軽に上質な音楽を手軽に楽しむことができます。

立体感のある音なら「同時出力できるもの」がおすすめ

こちらのタイプは、映画やライブ映像などを迫力のあるサウンドで表現したいという場合に最適です。実際に会場にいるかのような臨場感を感じられるのが人気の理由の1つです。複数のスピーカーから同時に音を出して複雑で立体感のある音楽や音を楽しみたい方におすすめです。

 

スピーカーの設置場所や大きさ・個数にもよりますが、重厚感がある音が再現できるので、低音が好きな人・または低音重視のジャンルのサウンドに特化しています。ただし、防音設備や周囲の環境などがしっかりとしていないと騒音問題にも発展しやすいので注意が必要です。

 

また複数のスピーカーとアンプを稼働させるため負荷も切り替えタイプより重くなるためメンテナンスや部品交換などが必要になることも留意しておきましょう。

アンプを切り替えるなら「2in1outタイプ」もおすすめ

音質は、アンプによっても左右されます。柔らかい暖かみのある音を出すアンプもあれば、力強い低音やスピード感のある音を得意とするアンプもあります。スピーカーセレクターはスピーカーを切り替える機器になります。

 

アンプもまたスピーカーセレクターによって簡単に切り替えることができます。2inタイプのインプットが2つあるモデルなら、スピーカーだけではなくアンプも切り替えられるので、さらに自分に合ったサウンドを作れることが魅力です。

インプット(in)・アウトプット(out)数から選ぶ

スピーカーセレクターを選ぶ際はまず、インプットとアウトプットの数を確認しましょう。それぞれ、どれくらいの数が適切なのか、その見極め方を見ていきましょう。

「アウトプット(out)数」はスピーカーの数に合わせるのがおすすめ

スピーカーセレクターを使う最大の目的は、複数のスピーカーをボタン一つ、スイッチ一つで切り替えられることです。接続したいスピーカーの系統(左右一対で1系統)数のアウトプットを持っていることが求められます。

 

2系統であれば2系統以上、3系統であれば3系統以上が必要となります。アウトプット数が多ければ多いほど、接続できるスピーカーの数も増えるので、音楽やシーンに合わせて色々なスピーカーで試してみたい方には重要なポイントといえます。

 

今後スピーカーの数が増える見込みなら、現在のスピーカー数より多めのアウトプットを選んでもある程度余裕を持たせておくのもいいでしょう。

複数のアンプを使うなら「複数のインプット(in)」がおすすめ

スピーカーセレクターの中には、複数インプットに対応している機種もあります。つまり、複数アンプからの信号をワンタッチで切り替えられるということです。真空管アンプとトランジスタアンプを用意して、アーティストによって使い分けることも自由自在に行えます。

 

こちらもやはり使いたいアンプの数がポイントとなるため、将来の拡張性をどこまで考えるのかが重要となります。なお、インプットをたくさん増やしたいという人であれば、いっそのこと専用機器であるラインセレクターを購入するのもいいでしょう。

 

インプットにはアンプを接続するのですが、アンプの使い分けはかなり上級者向けとなっているので、初心者の方はあまり気にしなくて良いでしょう。

端子形状から選ぶ

スピーカーセレクターと、スピーカーの接続方式についても購入前にチェックしておきましょう。複数ある端子の種類から自分に合ったものを選びましょう。

手軽さなら「バナナプラグ」がおすすめ

初心者の人にもおすすめなのが「バナナプラグ」です。バナナプラグは接続部分がイヤホンジャックのような形状をしており、簡単に抜き差しが出来ます。バナナプラグはプッシュ式の弱いプラグとは違い、金属製でとても頑丈になっています。

 

そのため、断線や接触不良を起こしにくく、音質・品質保護に大きなメリットがあります。ケーブルの保護や音質向上を考えている方は、併せて導入を検討してみてください。

ケーブルを直に挿すなら「プッシュ式」がおすすめ

スピーカーケーブルを直に挿しているのであれば、プッシュ式を選ぶのがおすすめです。今使っているものをそのまま利用できる方が無駄な出費を抑えることができます。切り替えを行うものや、プラグの形状に対応したものでなければ機器同士の接続ができません。

 

そのため、スピーカーセレクターを選ぶときは手持ちのオーディオ機器のプラグ形状をチェックしておきましょう。

操作性から選ぶ

スピーカーの切り替え操作も、機器によって違いがあります。使用頻度や使い勝手により操作方法を選ぶと、さらにスピーカーセレクターを使いやすくなるでしょう。

直接操作するなら「ロータリースイッチタイプ」がおすすめ

スピーカーを切り替える際にはアナログな「ダイヤル方式」か「ロータリースイッチタイプ」などがあります。ダイヤル式やロータリースイッチタイプのものは、目の前で直接オーディオ機器を触ることが前提の場合におすすめです。

使い勝手を重視するなら「リモコン付き」がおすすめ

スピーカーセレクターは、操作方法にボタンやロータリースイッチを採用しているものが多いのですが、リモコンで切り替えられるモデルもあります。このセレクターを使えば、手が届かない場所にセレクターを設置しても、オーディオ機器の切り替えが可能になります。

 

切り替えのためにスピーカーセレクターの本体を操作するのが面倒という人にも、リモコン対応モデルがおすすめです。

ヘッドホンを使うなら「ヘッドホン端子」有がおすすめ

スピーカーと共にヘッドホンでも音楽を楽しみたいという場合には、ヘッドホン端子付きのものを選ぶのがおすすめです。通常のアンプにはヘッドホン端子が備わっており、音を聴くという意味では十分です。


しかし、複数スピーカーとヘッドホンの音の聴こえ方をチェックしたい場合には、ヘッドホン端子付きを選んで、スピーカーセレクター越しで聴くのが良いでしょう。スピーカーセレクターによっては「ヘッドフォン対応」のものがあります。

 

ヘッドホンと同時にサウンドを楽しみたいという方や、アンプの性能評価を行いたいという場合にはヘッドフォンを使うのが有効です。PCで通話をしたい場合・PCとスピーカーから音楽を聴くという場合にも端子があるセレクターかどうかチェックしておきましょう。

故障リスクを減らすなら「給電の必要がないもの」がおすすめ

音質にこだわる人や機械の故障リスクを減らしたいという方には給電の必要のないセレクターを選ぶのがおすすめです。スピーカーセレクターには給電が必要なタイプのものと必要のないものの2種類があります。


給電が必要な場合には電源ケーブルを使います。電源ケーブルからは磁気が出ているので、ノイズや誤動作のほかに最悪の場合オーディオ機器の故障にもつながります。どうしても給電が必要なセレクターを使う場合には、ノイズの出ない環境を整備するようにしましょう。

「素材」は端子部分の相性を見て選ぶのがおすすめ

セレクターの素材についてはケーブルの端子よりも気にしないという方も多いのではないでしょうか。特に自作を考えている方にとっては、自分の理想とする素材で作りたいと思う人もいるでしょう。


金属同士の特性を知り、手持ちのケーブルセレクターの端子部分のメッキ部分の相性なども
十分考慮して、スピーカーセレクターを選ぶと良いでしょう。

メーカーから選ぶ

スピーカーセレクターの人気メーカーを3社ほどを紹介します。各メーカーの特徴を理解して選び方の参考にしてください。

ハイクオリティなものなら「LUXMAN(ラックスマン)」がおすすめ

80年の歴史を持つ日本大手のオーディオメーカーがLUXMAN(ラックスマン)になります。ラックスマンは、ハイクオリティで耐久性のあるスピーカーセレクターを発売しています。クオリティの高い製品が多いことが特徴なので、安心してスピーカーセレクターを使いたい方におすすめのメーカーといえます。

初心者には「WYVERN」がおすすめ

スピーカーセレクターメーカーのWYVERNは、コスパの良さが魅力です。例えば、3000円台から購入できるSP-220Sなどはヘッドホン端子つきでスピーカーの細かな違いを聞きたいときに活躍してくれます。


お手頃価格ながらインプット2つ・アウトプット4つの高コスパ商品で、ボリュームコントロールを搭載していて初心者の方にとって簡単に扱えるおすすめの仕様となっています。

スイッチの使いやすさなら「Pyle(パイル)」がおすすめ

海外のスピーカーセレクターメーカーであるパイルは、正面に並んだスイッチの扱いやすさが魅力です。複数のスピーカーを同時使用を考えているセレクター初心者の方にとって購入しやすい商品といえるでしょう。


また、パイルから発売されているPSS4は、チャネルごとにオン/オフスイッチがついているので使用スピーカーを自在に操作することができます。

バナナプラグ端子のスピーカーセレクターの人気おすすめランキング6選

ステレオ接続対応のスピーカーセレクター

最大2チャンネルでスピーカーをスイッチングし、計4本のスピーカーから出力可能です。ボリューム調整が可能な上、 6.3mm/3.5mm双方から同時出力もできます。2種類のヘッドホン端子も備わっているので、好みのものを選んでの使用が可能です。

 

 

複雑な操作が必要なくシンプルな機能を持ったセレクターが欲しい方におすすめのアイテムとなっています。

アウトプット数 2系統 インプット数 2系統
ジャック形状 バナナプラグ ヘッドホン端子
同時出力系統 1系統

口コミを紹介

使い勝手も良くとても良い商品だと思います。バナナプラグ対応との事でしたが、バナナプラグを使わずにケーブルの被覆を剥いでそのまま繋ぐことも可能です。

出典:https://www.amazon.co.jp

滑り止め付きで安全に使用できる

バナナプラグは、金メッキを実施し、サビに強く、底面、または、側面の穴からスピーカーケーブルを接続することができます。スピーカーのセッティングが手軽に行なえます。端子数も多いので、幅広い用途に使用したい方におすすめのセレクターになっています。

アウトプット数 4系統 インプット数 2系統
ジャック形状 バナナプラグ ヘッドホン端子 -
同時出力系統 -

口コミを紹介

素晴らしいとはよう書きませんが、音の劣化は感じません。何より接続が回して締めるのは重要。。バナナプラグもいいのでしょうが、私のようなものはニッパでコードを切って配線が確実出来る方が良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

リモコン操作できる2in1outのスピーカーセレクター

本体のスイッチだけでなく、付属のリモコンで簡単にステレオ2回路の切替えが可能です。7セグメントLEDの雰囲気のある表示は真空管オーディオとのマッチングも良好です。使い勝手の良い商品が欲しい方におすすめのスピーカーセレクターです。

アウトプット数 1系統 インプット数 2系統
ジャック形状 バナナプラグ ヘッドホン端子
同時出力系統 -

口コミを紹介

パソコンから電源取って駆動してるんですが、これいいです^ ^初回起動してしばらくは不安定でエージングしてましたけど、エージング後は素晴らしい。劣化感じません!

出典:https://www.amazon.co.jp

パフォーマンス性能が高い切り替えタイプのセレクター

最大3系統の切り替えに対応するスピーカーセレクター。機器を切り替えるロータリースイッチは端子に銀メッキが施されているほか、ナノカーボン処理もされており、電導率の向上を図っています。

 

ハイエンドモデル同様の音質を確保しながら、高いコストパフォーマンスを実現したモデルなので、妥協したくない方におすすめのスピーカーセレクターです。

アウトプット数 3系統 インプット数 3系統
ジャック形状 バナナプラグ ヘッドホン端子 -
同時出力系統 -

口コミを紹介

作りが良かった、使用部品も定評のあるものなのにこの値段は、お買い得でありました。音質への影響はありませんので、高額なこの手の製品と比べても何の遜色もない。

出典:https://www.amazon.co.jp

中古でも人気の高い高音質スピーカーセレクター

高音質を実現するため、高級セパレートアンプ並みの構成を採用。スピーカーセレクターを通しても、音のクオリティができるだけ下がらないものが良いという方におすすめのセレクターです。最大3台まで対応でき、聴き比べもできます。

 

また、ジャック端子はバナナプラグの他、バラ線・Yラグにも対応しています。

アウトプット数 3系統 インプット数 3系統
ジャック形状 バナナプラグ・バラ線・Yラグ ヘッドホン端子 -
同時出力系統 1系統

口コミを紹介

他社製品と比べて、大きくて重量もあり、仕上げもしっかりしています。ロータリースイッチもかなり固めの操作感です。100万クラスの機器を使われる方にちょうど良い製品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

リモコン操作でラクに切り替えできるラックスマンのセレクター

シンプルなデザインが特徴的。リモコンで操作できるので、リスニングポジションから動かずにスピーカーを切り替えられます。スピーカーの聴き比べも手軽に楽しめるため、オーディオ機器好きの方にぜひおすすめです。

 

また本体のID設定を変更することで、最大4台までのAS-50Rをひとつのリモコンで操作でき、複数のスピーカーやアンプを縦横無尽に選択できる高度なシステムの構築も可能です。

 

アウトプット数 3系統 インプット数 3系統
ジャック形状 バナナプラグ ヘッドホン端子 -
同時出力系統 1系統

口コミを紹介

SPの切り替えはセレクター本体またはリモコンでできます。「カチン」と金属音とともに機械的に切り替わるところが個人的には好きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

バナナプラグ端子のスピーカーセレクターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6320697の画像

    ラックスマン(LUXMAN)

  • 2
    アイテムID:6320718の画像

    ラックスマン

  • 3
    アイテムID:6320727の画像

    コスモウェーブ

  • 4
    アイテムID:6320751の画像

    FX-AUDIO

  • 5
    アイテムID:6320788の画像

    WYVERN

  • 6
    アイテムID:6320863の画像

    WYVERN AUDIO

  • 商品名
  • AS-50R
  • AS-55
  • AST-SP3TGⅡ
  • Bonneville Eaters II
  • 2in ⇔ 4out スピーカーセレクター
  • WV-01SP
  • 特徴
  • リモコン操作でラクに切り替えできるラックスマンのセレクター
  • 中古でも人気の高い高音質スピーカーセレクター
  • パフォーマンス性能が高い切り替えタイプのセレクター
  • リモコン操作できる2in1outのスピーカーセレクター
  • 滑り止め付きで安全に使用できる
  • ステレオ接続対応のスピーカーセレクター
  • アウトプット数
  • 3系統
  • 3系統
  • 3系統
  • 1系統
  • 4系統
  • 2系統
  • インプット数
  • 3系統
  • 3系統
  • 3系統
  • 2系統
  • 2系統
  • 2系統
  • ジャック形状
  • バナナプラグ
  • バナナプラグ・バラ線・Yラグ
  • バナナプラグ
  • バナナプラグ
  • バナナプラグ
  • バナナプラグ
  • ヘッドホン端子
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 同時出力系統
  • 1系統
  • 1系統
  • -
  • -
  • -
  • 1系統

プッシュ式端子のスピーカーセレクターの人気おすすめランキング4選

入門者にも最適なコスパの良いセレクター

インプット1つ・アウトプット4つで複数のスピーカーを同時に使用することができる仕様です。各チャネルごとにオン/オフスイッチがついているので使用スピーカーを自在に操作することが可能です。

 

コスパの良い価格設定になっているので、入門者の方も購入しやすいのでおすすめです。

アウトプット数 4系統 インプット数 1系統
ジャック形状 プッシュ式 ヘッドホン端子 -
同時出力系統 -

口コミを紹介

ラックスマンのセレクターも使っていますが、遜色ない商品だと思います。正面にスイッチがあること、プロテクションスイッチ、値段がラックスマンの半額近い点からこちらの方が良いかもしれません。

出典:https://www.amazon.co.jp

シンプルインターフェースで操作性も抜群

直感的な操作ができるスピーカーセレクターです。プッシュ式タイプなので扱いも簡単であり、切り替え音の干渉がなく安定した音質を提供してくれます。また余計な配線も無いため、持ち運びもラクにしたい方にもおすすめです。

アウトプット数 4系統 インプット数 2系統
ジャック形状 プッシュ式 ヘッドホン端子 -
同時出力系統 2系統

口コミを紹介

購入前までひとつのアンプにスピーカーを3組ぶっ込んでいたんですが、配線をすっきりさせたくて購入しました。コンセントが足りなかったので外部電源なしは助かりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ヨドバシでの人気の音をありのままに伝えるセレクター

高品質パーツを厳選し、外来ノイズや振動を防ぐ筐体設計により、本来の音をありのままに伝えてくれます。接触抵抗の安定性と信頼性を向上させると共に操作トルクを最適化することにより、よりクリアで美しい音質と上質な操作性を実現しています。

 

またジャック形状は3タイプに対応しているので扱いやすさを求める方におすすめです。

アウトプット数 3系統 インプット数 3系統
ジャック形状 3系統 ヘッドホン端子 -
同時出力系統 1系統

口コミを紹介

音質劣化は全く感じません。接続端子も良いです。
重いので3組のケーブルを繋いでも動きません。

出典:https://www.amazon.co.jp

ヘッドホン端子で細かな音の一概を感じれる

2in・4outと多くのオーディオ機器につなげられるスピーカーセレクターです。アンプやスピーカーを多く持っている方やこれから集める予定という方に適しています。価格は比較的抑えめなので、手軽に購入できるのも魅力です。

 

また、ヘッドホン端子がついているのもポイントです。お気に入りのヘッドホンで聴きたいとき、スピーカーの音の違いを細かに聴き取りたいときに使えます。直感的に操作できるようなシンプルデザインで、楽々音量調整できます。

アウトプット数 4系統 インプット数 2系統
ジャック形状 プッシュ式 ヘッドホン端子
同時出力系統 -

口コミを紹介

こういう商品はないので重宝しています。音質の劣化も感じませんし、不具合もありません。レビューもなく不安でしたが、思い切って購入して大正解でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

プッシュ式端子のスピーカーセレクターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6320716の画像

    WYVERN

  • 2
    アイテムID:6320699の画像

    ORB(オーブ)

  • 3
    アイテムID:6320703の画像

    Felimoa

  • 4
    アイテムID:6320707の画像

    Pyle

  • 商品名
  • SP-220S
  • MC-S0 Nova
  • スピーカーセレクター ブラック
  • Home PSS4
  • 特徴
  • ヘッドホン端子で細かな音の一概を感じれる
  • ヨドバシでの人気の音をありのままに伝えるセレクター
  • シンプルインターフェースで操作性も抜群
  • 入門者にも最適なコスパの良いセレクター
  • アウトプット数
  • 4系統
  • 3系統
  • 4系統
  • 4系統
  • インプット数
  • 2系統
  • 3系統
  • 2系統
  • 1系統
  • ジャック形状
  • プッシュ式
  • 3系統
  • プッシュ式
  • プッシュ式
  • ヘッドホン端子
  • -
  • -
  • -
  • 同時出力系統
  • -
  • 1系統
  • 2系統
  • -

もっとこだわるなら周辺アイテムもチェック

スピーカーケーブルはとにかく高級なものなら良いというわけではありませんが、ある程度は値段と音質は比例する傾向にあります。ランクにもよりますが、少し高級なものも試してみてください。



スピーカーケーブルは、素材や中の構造などさまざまな種類があります。どの種類を接続するかによって音質が変わるため、手持ちのスピーカーやオーディオ機器の性能を最大限発揮できるスピーカーケーブルを見極めることが非常に重要です。


またケーブルを変えるだけで、音の高低ややさしい音、クリアな音などサウンドイメージを変えることもできます。初心者でも、手軽に自分好みの音質にできます。レコーディングをなどを行う人は、とくにケーブルに拘ってさらに良いサウンドを楽しみましょう。

スピーカーセレクター用キットなどで自作に挑戦

物足りなさや良いものが欲しいけれど価格が気になるという方は、自作を検討してみてもいいかもしれません。自作なんて難しいと思われるかもしれないですが、意外と簡単で、仕組みとしてはセレクターと端子とケーブルを繋ぐだけでできてしまいます。


また製作に必要となるスピーカー端子や配線材などはAmazonや楽天などの通販サイトで比較的低価格で購入することができるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回は、スピーカーセレクターのタイプや端子形状、操作性などの選び方から人気のおすすめランキングについて紹介してきました。スピーカーセレクターは音楽を存分に楽しみたい場合に欠かせません。ぜひ、記事の内容を参考に購入を検討してみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月25日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【オーディオのプロ監修】2021年版 スピーカーの人気おすすめランキング16選【リビングやPC用に】

【オーディオのプロ監修】2021年版 スピーカーの人気おすすめランキング16選【リビングやPC用に】

スピーカー
【現役家電販売員監修】PCスピーカー人気おすすめランキング15選

【現役家電販売員監修】PCスピーカー人気おすすめランキング15選

PCスピーカー
【オーディオライターが選ぶ】最新版Bluetoothスピーカーの人気おすすめランキング19選

【オーディオライターが選ぶ】最新版Bluetoothスピーカーの人気おすすめランキング19選

スピーカー
【現役ピアノ講師監修】電子ピアノの人気おすすめランキング15選

【現役ピアノ講師監修】電子ピアノの人気おすすめランキング15選

楽器
【2021年最新版】密閉型ヘッドホンの人気おすすめランキング30選

【2021年最新版】密閉型ヘッドホンの人気おすすめランキング30選

イヤホン・ヘッドホン
【2021年最新版】中華アンプの人気おすすめランキング20選

【2021年最新版】中華アンプの人気おすすめランキング20選

AVアンプ