【圧倒的時短】コーヒーが作れるウォーターサーバーの人気おすすめ4選!

記事ID18538のサムネイル画像
「コーヒーを美味しく飲みたいから水にも拘りたい」「ウォーターサーバーはコーヒーにも向いている?」と思っていませんか?美味しいコーヒーを飲むには水選びが不可欠です。この記事はコーヒーを淹れるのにおすすめのウォーターサーバーや水とコーヒーの関係について解説します。

気軽に家でコーヒーを淹れるのにウォーターサーバーがおすすめ!

リラックスタイムや、カフェでのコーヒータイム、仕事中のリフレッシュなどコーヒーはいろいろな場面で欠かせない存在です。特に朝の時間は忙しく、手軽にコーヒーを飲みたいものです。また、家でコーヒーを飲む時にも、せっかくなら美味しいコーヒーを飲みたいと思いますよね。

 

「コーヒーをドリップする過程が楽しいから丁寧にドリップしたい」という人もいますが、忙しい毎日の生活の中でできるだけ気軽に美味しいコーヒーが飲みたいという人もいます。

 

気軽に美味しいコーヒーを飲むのにおすすめなのは、ウォーターサーバーを利用することです。特にコーヒーを一緒に淹れられるウォーターサーバーが注目されています。

 

 

コーヒー好きにおすすめのウォーターサーバーは次の4つです。

 

  • ・フレシャス ・スラットカフェ
  • ・アクアクララ・アクアウィズ
  • ・マーキュロップ・シタカラ
  • ・クリクラ・クリクラFit

 

次項ではそれぞれのウォーターサーバーの特徴や、おすすめのポイントについて徹底解説します。

 

 

コーヒーが作れるウォーターサーバーの人気おすすめ4選

スラットプラス(フレシャス)

時間短縮で美味しいコーヒーが飲める!

フレシャスは、美味しい富士山の天然水を提供しているウォーターサーバーのメーカーです、水にほのかに甘さを感じるのが特徴です。

 

フレシャス スラットプラスは、なんと、ウォーターサーバーにコーヒーを淹れる機能も備わっています!コーヒー豆をセットし、スイッチを押すだけでカップに一杯分の美味しいコーヒーを淹れられるのです。

 

通常のドリップにかかる時間に比べて3分の1の時間の短縮になりますので、忙しい生活を送っている人におすすめです。付属の専用ドリップも市販のコーヒー豆も利用できます。

 

もちろんコーヒーだけでなく、常温、冷水、温水が使えるので、いろいろな場面で美味しい水が飲めますよ。

月額平均 4572円 カラー展開 ブラック、ホワイト
温度 冷水:4〜10℃ 温水:(通常モード)80〜85℃  (エコモード)70〜75℃ (リヒートモード)約90℃ 水の種類 富士山の水(フレシャス 富士)
サイズ 据え置き型 ボトル方式 ワンウェイ
サーバーレンタル料 1200円

アクアウィズ(アクアクララ)

コーヒーマシンを搭載しているウォーターサーバー

アクアクララはRO水を提供しているウォーターサーバーのメーカーです。RO水とは、RO膜を使ってろ過しミネラルの調整を加えた水のことで、クリアで安全な水を提供してくれます。

 

RO水を提供することにより、いつでも安定したクオリティの高い水を提供できるのがメリットです。アクアクララが出しているアクアウィズはコーヒーメーカーを搭載したウォーターサーバーです。

 

コーヒーメーカーはネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ アイ 、ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ50の中から選べます。家に置いておくだけでスタイリッシュな雰囲気が漂い、おしゃれです。

 

もちろんコーヒーメーカーだけでなく、ウォーターサーバーとしての役目もちゃんと果たしてくれています。

月額平均 4400円 カラー展開 ブラック
温度 水温/5~11 ℃ 湯温/85~95℃ (省エネ運転中:70~75℃) 水の種類 RO水
サイズ 据え置き型 ボトル方式 ワンウェイ
サーバーレンタル料 2000円(サポート料)

シタカラ(マーキュロップ)

再加熱機能が搭載!

マーキュロップは富士山の美味しい天然水を提供しているメーカーです。美味しい軟水でコーヒーとの相性もバッチリ!美味しいコーヒーを楽しめます。

 

マーキュロットが出しているシタカラというウォーターサーバーの特徴は、他のウォーターサーバーのお湯に比べて水温が高いことです。

 

通常モードでも80〜93℃と比較的高めですが、再加熱モードを使用すると91~97℃になります。コーヒーだけでなく、カップラーメンを食べるのに使いたい人にもおすすめです。

月額平均 4229円 カラー展開 ホワイト
温度 温水:(通常モード)約81~93℃ (エコモード)約60~73℃ (再加熱モード)約91~97℃ 冷水:約1~7℃ 水の種類 富士山の天然水
サイズ 据え置き型 ボトル方式 リターナブル方式
サーバーレンタル料 0円

クリクラFit(クリクラ)

クリクラ

クリクラFit(再加熱機能つき)

再加熱機能でお湯の温度が上がる!

クリクラも最先端テクノロジーであるRO水を使用し、ろ過した水を提供してくれるウォーターサーバーです。他のウォーターサーバーに比べても月額平均価格が安いので、できるだけコストを抑えたい人でも使いやすいメリットがあります。

 

クリクラFit(再加熱機能付)のウォーターサーバーは、ウォーターボトルがカバーされていてインテリアにも馴染みやすいデザインです。もともとの温水の温度は80~90℃ですが、再加熱機能がついているので、最大93℃まで水温が上がります。

月額平均 2920円 カラー展開 ホワイト、ブラック
温度 温水(80~90℃)再加熱機能(最大93℃)、冷水(4~10℃) 水の種類 RO水
サイズ 据え置き型 ボトル形式
サーバーレンタル料 0円

美味しいコーヒーを飲むには水選びは欠かせない!

美味しいコーヒーを飲むためには、水選びが欠かせないことをご存知でしたか?もちろんコーヒー豆や焙煎方法もとても大切ですが、それと同時に水の種類によってコーヒーの味は左右します。

 

コーヒーのほぼ全体を水分が占めていることを考えただけでも、コーヒーを淹れるのにぴったりな水を選ぶことがとて大切だとイメージがつくのではないでしょうか?

 

例えば、同じ豆を使っている場合でも軟水の水でコーヒーを入れるのか、硬水の水を使うのかによってコーヒーの味わいは変わってきます。次の項目では、軟水と香水を使った時のコーヒーの味の違いについて解説します。

軟水と硬水でコーヒーを入れた時の味の違いとは?

軟水 マイルド、舌触りがまろやか、ドリップコーヒー向け
硬水 苦味を感じる、エスプレッソに向いている
非常な硬水 舌触りが硬い、濁ったコーヒーになる

軟水、硬水の違いは水の中に含まれるミネラル成分の量の違いによりますが、ミネラルを多んだ水が硬水です。コーヒーの成分が水中のミネラルに反応するので、水の成分の違いによってコーヒーの味が変わります。

 

そのため、同じコーヒー豆を使って入れたコーヒーでも、軟水か硬水かによって味が違ってくるのです。ちなみに日本は軟水、ヨーロッパの付近では硬水が出ます。

軟水でコーヒーを入れた場合

軟水でコーヒーを淹れると、舌触りがマイルドでまろやかなコーヒーが飲めます。軟水は香水に比べミネラル分があまり含まれていないので、コーヒー豆と水中のミネラルが反応しにくいからです。

 

特にミディアムに焙煎されたコーヒー豆を使って軟水でコーヒーを入れると、コーヒー豆の美味しさやまろやかさが引き立ちます。ドリップコーヒーでコーヒー豆の美味しさをしっかりと味わいたい時にぴったりな水です。

 

特にクセのあるコーヒーはあまり得意でない人や、コーヒーの苦味が苦手だという人は軟水でコーヒーを飲むことをおすすめします。ちなみに日本の水道水は軟水です。

硬水でコーヒーを入れた場合

硬水でコーヒーを入れると、苦味が引き立つコーヒーの味になります。これは、硬水に含まれるミネラル成分がコーヒー豆と反応するためです。

 

エスプレッソなど、深入りのコーヒー豆で苦味を楽しみたい時にぴったりの水です。ちなみにヨーロッパの水は硬水が多いのですが、イタリアのエスプレッソに代表するように硬水に適したコーヒーの飲み方をしています。

 

それぞれ水の特徴やコーヒーの飲み方に地域性が表れて面白いですね。

高度な硬水でコーヒーを淹れた場合

非常な硬水でコーヒーを淹れた場合、コーヒーの味はとても苦い味です。舌触りまで硬く感じ、透き通った黒ではなく濁りが出てきます。

 

よっぽど好きな人でない限り、ミネラル成分を大量に含んだ高度な硬水でコーヒーを淹れるのはおすすめしません。ミネラルがたっぷり入った高度な硬水は、そのままのミネラルウォーターとして楽しみましょう。

ドリップコーヒーには軟水がおすすめ!

上記で紹介したように、水の種類によってコーヒーの味は変わりますので、どんな飲み方をするかによって水の種類を分けるとよいでしょう。

 

家でコーヒーを淹れる場合、ドリップコーヒーかインスタントコーヒーが一般的です。ドリップコーヒーやインスタントコーヒーを飲むのであれば軟水の水を使いましょう。エスプレッソを飲むのであれば、硬水も使えます。

 

どれくらいコーヒーの味が変わるのか、同じコーヒー豆を使って軟水と硬水で実験してみるのも面白いですね。先ほど紹介した4つのウォーターサーバーで提供される水も軟水なので、ドリップコーヒーやインスタントコーヒーに適しています。

コーヒーを淹れるお湯の適温は?

水の質によってコーヒーの味が変わることを紹介しましたが、水の温度によってもコーヒーの味が変わります。同じ水、同じ豆を使っていても水温が高いのと低いのとではコーヒーの苦味や酸味の出方が変化するのです。

 

この項目では水の温度に関連した次の点について徹底解説します。

 

  • ・コーヒーを淹れるのに最適な温度
  • ・一般的なウォーターサーバーの熱湯の温度
  • ・ウォーターサーバーでコーヒーを作りたい時の具体的な方法

コーヒーは85~95度がベスト!

  味の特徴 味の出方 味が出る速さ 向いている豆
高い温度(90~95℃) 苦い はっきり 早い 浅煎り~中煎り

低い温度

(85℃前後)

酸味が出る

甘味も出る

ぼんやり 遅い 深入り

コーヒーをドリップ式で淹れる場合の最適な温度は85~90℃です。その中でも特に90~95℃の温度がベストだとされていて、素早く3分以内で抽出することにより、コーヒーの旨味や苦味がはっきりと出るコーヒーが出来上がります。

 

反対に85℃前後のお湯はコーヒーを入れるお湯の温度としては低い温度になり、酸味が出やすいのが特徴です。酸っぱいコーヒーが嫌いな人は、低い温度で抽出するのはおすすめできません。

 

ただ、酸味と同時に甘味も出やすくコーヒ豆の味をぼんやりと感じることができるので、低い温度で淹れるのを好む人もいます。コーヒー味の好みは人によって違うので、自分の好みの淹れ方を探してみてください。

ウォーターサーバーの熱湯は平均80~90度

ウォーターサーバーの平均的な熱湯の温度は80~90℃です。「え?100℃じゃないの?」と思われたのではないでしょうか?

 

沸騰したお湯がサーバーにあるのは危険ですし、サーバーの蛇口からお湯が出てくる時に火傷する危険も高まりますよね。80~90℃で設定されていても仕方ありません。

 

先ほど紹介したようにドリップ式のコーヒーを淹れるのにベストな水温は90~95℃、低くても85℃前後なので、コーヒーのことだけを考えると少し低い温度と言えるでしょう。低い温度でコーヒーを淹れるのが好きな人にはギリギリの温度と言ったところでしょうか。

 

ウォーターサーバーでコーヒーを飲む時にできる対策とは?

せっかくだからウォーターサーバーでコーヒーを飲みたいという人ができる具体的な方法は次の3つです。

 

  • ・豆の種類、お湯の注ぎ方を工夫する
  • ・お湯を沸かして使う
  • ・熱湯の温度が高いウォーターサーバーを選ぶ

 

3つの方法について具体的に説明します。

コーヒー豆の種類、お湯の注ぎ方を工夫する

上記の表にあるように低い温度でコーヒーを抽出する時に適したコーヒー豆は、深煎りのものです。ウォーターサーバーのお湯をそのまま使ってコーヒーを作りたい場合、深煎りの豆を選ぶと良いでしょう。

 

自家焙煎にこだわっているお店は、ドリップ用に深煎り焙煎の豆を売り出していることもあります。バリスタに相談し、低い温度で美味しいコーヒーが淹れられる豆を紹介してもらうこともおすすめです。

 

低い位置でゆっくりとお湯を注ぐことにより、まろやかなコーヒーが抽出されます。お湯の注ぎ方も、意識しましょう。

お湯を沸かして使う

どうしても90~95℃の温度でコーヒーを入れることにこだわりたい場合、ウォータサーバーで汲んだお湯を一度沸かすこともできます。

 

すでに80~90℃と高温なので、沸かすにもそれほど時間も手間もがかかりません。水からお湯を沸かすのに比べると、圧倒的な速さでコーヒーを淹れられるでしょう。

 

コーヒー専用のポットに淹れてコーヒーを抽出するとお湯を注ぐポットの高さや水の量にこだわれるので、より美味しいコーヒーが入ります。

熱湯の温度が高いウォーターサーバーを使う

コーヒーを淹れることに焦点を当ててウォーターサーバーを選ぶ場合、熱湯の温度が高いウォーターサーバーを選ぶのがおすすめです。

 

ウォーターサーバーの熱湯の平均温度は80~90℃ですが、ウォーターサーバーの種類によっては90℃以上の熱湯が出ものも存在します。中には、90~95℃の温度が出る再加熱機能がついているウォーターサーバーもあるのです。

 

例えば、記事の始めに紹介した、フレシャスのスラットカフェやアクアクララのアクアウィズはコーヒー用に設計されているウォーターサーバーなのでコーヒーに適した温度が出ます。

 

また、マーキュロップのシタカラやクリクラのクリクラFit(再加熱機能付き)はウォーターサーバーの熱湯温度が高く、再加熱機能もついているのでコーヒーを淹れるのには便利です。

 

 

 

 

コーヒー好きにウォーターサーバーをすすめる理由とは?

水の質や温度などいろいろなことを考慮しましたが、総合的に考えるとウォーターサーバーでコーヒーを淹れることのメリットは大きいと言えます。

 

コーヒーを淹れるのにウォーターサーバーを取り入れることのメリットは次の通りです。

 

  • ・美味しいマイルドな水でコーヒーを味わえる
  • ・時間の短縮にもなる
  • ・コーヒー以外でも使い道が豊富

 

この項目では次の3つのメリットについて、徹底解説します。

美味しいマイルドな水でコーヒーを味わえる

ウォーターサーバーのメーカーが供給してしている水は、美味しい水源にこだわった天然水や、特殊な方法でろ過したRO水です。どれもそのまま飲んだだけで、とても美味しく、まろやかな味わいで、しかも衛生的です。

 

美味しい水は軟水で、ドリップコーヒーを淹れるのに最適な水なので、美味しくマイルドなコーヒーを淹れることができます。

 

「美味しいコーヒーを一杯飲むだけで、小さな幸せを感じる」という人がいるように、コーヒーの香り、味には人をリラックスさせる効果があるのです。

 

せっかくのコーヒータイムだったら、美味しい一杯を満喫したいですよね。そんな小さな幸せを感じられるコーヒーを淹れましょう。

時間の短縮になる

仕事中に集中するためにコーヒーを飲んだり、家事の間のちょっとしたリフレッシュのためにコーヒーを飲んだりすることはありませんか?ちょっとしたリフレッシュの時間はとても大切ですよね。

 

ただ、忙しく働いている時は特に、ゆっくりとお湯を沸かしてコーヒーを淹れる時間ももったいないと感じるものです。忙しい時に、時間を短縮して美味しいコーヒーを淹れられるウォーターサーバーがあると助かります。

 

ウォーターサーバーのお湯の温度が低いと感じ、お湯を沸かし直してコーヒーを淹れるときでさえ(もともとお湯なので)淹れる時間はそれほどかかりません。短時間にコーヒーを淹れてリフレッシュできるので、現代人の生活スタイルに向いています。

コーヒー以外でも使い道が豊富

もちろんウォーターサーバーのお湯はコーヒー以外でも使い道が豊富です。例えばインスタントラーメンを作ったり、赤ちゃんのミルクを作ったり、離乳食を簡単に作ったりできます。

 

同じウォーターサーバー家族のみんながそれぞれ自分の生活スタイルに合わせて利用できるので、とても便利です。

ウォーターサーバーで美味しいコーヒーを淹れよう!

ウォータサーバーの水はコーヒーを入れるのに適した美味しい水を提供しています。そのため、マイルドなコーヒーを楽しめます。

 

ウォーターサーバーでコーヒーを淹れることで、時間の短縮も可能となることも大きなメリットです。

 

ワンプッシュでお湯が出るとても便利なウォーターサーバーですが、平均的な熱湯の温度は80~90℃です。コーヒーを淹れるのに適した水の温度は85~95℃なので、コーヒーを前提にウォーターサーバーを使う場合、ウォーターサーバーの熱湯の温度を確認してください。

 

用途や予算、インテリアに合わせて自分たちにぴったりなウォーターサーバーを選び、美味しいコーヒーを飲みましょう!

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年12月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

マーキュロップの口コミ評判は?実際に使用している人の感想まとめ!

マーキュロップの口コミ評判は?実際に使用している人の感想まとめ!

その他
マーキュロップのウォーターサーバーの口コミ評判は?良い点と悪い点をチェック!

マーキュロップのウォーターサーバーの口コミ評判は?良い点と悪い点をチェック!

その他
軟水と硬水の違いとは?【見分け方もご紹介!】

軟水と硬水の違いとは?【見分け方もご紹介!】

その他
コーヒーの人気おすすめランキング15選【インスタントや缶コーヒーも】

コーヒーの人気おすすめランキング15選【インスタントや缶コーヒーも】

コーヒー飲料
象印コーヒーメーカーのおすすめ人気ランキング10選【買ってよかった!】

象印コーヒーメーカーのおすすめ人気ランキング10選【買ってよかった!】

コーヒーメーカー
【2022年最新版】缶コーヒーの人気おすすめランキング28選【美味しい種類はどれ?】

【2022年最新版】缶コーヒーの人気おすすめランキング28選【美味しい種類はどれ?】

コーヒー飲料