水道水って飲んでも大丈夫なの?塩素の影響は?味や匂いが気になる?

記事ID18521のサムネイル画像
私たちの生活に欠かせない水道水には塩素が入っていることはご存知でしょうか。「塩素は入っているのは知っているけれど、何故入っているかわからない」という方も多いかもしれません。ここでは、水道水に塩素が入っている理由や塩素がもたらす影響について紹介していきます。

水道水に塩素が含まれている理由とは

毎日使っている水道水に塩素が入っていることに関して「聞いたことがある」「知っている」という方もいるかもしれません。しかし、水道水に塩素が入っている理由や塩素がもたらす影響についてあまり知らないという方も多いようです。

 

水道水に塩素が含まれている理由とはいったいどうゆうことなのでしょうか。ここでは塩素が水道水に入っている理由についてわかりやすく紹介していきます。

 

小さなお子さんのいるご家庭や美容、健康に気を使っている方に向けて水道水に入っている塩素の理由について紹介していきますので参考にしてみてください。

塩素が水道水に入っているのは水を消毒するため

日本の水道水は世界的にも安全性が高いことで知られています。理由の一つが塩素による消毒が徹底されているからです。日本では水の衛生上、安全を保つために塩素を入れることが「水道法」によって定められています。

 

水道水の原水となる河川や湖の水には病気の原因となる菌やウイルス、カビなどが含まれている可能性があります。塩素は強い殺菌作用があるといわれており、病原となる微生物の消毒をすることができます。

 

消毒をされた水は外部から雑菌が侵入できないように水道管の中を通ることによって私達に届けられています。

水道水で口にしている塩素は「残留塩素」

普段口にしている水道水の中に入っている塩素は、残留塩素と呼ばれています。水道水の殺菌などをした後にも水道水が家庭に届くまで水中に残っている塩素のことを残留塩素といいます。水道水の残留塩素は蛇口から出る水にも入っていますが比較的蒸発しやすい性質になっています。

水道水の塩素の濃度(量)はどのくらい?

実際に水道水に含まれている塩素の濃度はどのくらいなのでしょうか。残留濃度については世界保健機関(WHO)で飲料水に含まれる塩素の濃度は「5mg/L以下」とガイドラインで定められています。「5mg/L以下」という数値は生涯で毎日水を飲み続けても健康に影響がない濃度とされています。

 

日本の水道水は「水道法」によって残留塩素の基準値は1mg/L以下と定められており、WHOのガイドラインの基準値より厳しくなっています。日本の水道水の水質基準は厚生労働省によって決められています。

 

日本全国で同じ基準値が適用されていますが、各地域の水道局によっては独自に残留塩素の目標値を0.3~0.6mg/L以下くらいに設定しているところもあります。

 

残留塩素の量は水質によっても違ってくるので、自分の住んでいる地域の残留塩素が気になる方は住んでいる地域の水道局の基準値などの情報を調べてみてもいいかもしれません。ただ、塩素濃度は水道水の水質管理を示すうえで基準の一つでしかありませんので参考としてとらえておきましょう。

水道水に含まれる塩素の影響について

小さなお子さんがいる家庭や美容や健康に関心がある方の中には、水道水に含まれる塩素の人体への影響について気になるのではないでしょうか。ここでは水道水の塩素による影響について紹介していきます。

人体への悪い影響は基本的にほぼない

毎日の生活で水道水を飲んでいる方の中で「水道水に含まれている塩素を体に入れても健康への影響はないのだろうか」と気になるかもしれません。

 

結論からすると基本的に水道水に入っている塩素による健康への悪影響はないと考えられています。理由として水道水に含まれる塩素は少量のため、そのまま飲んだりしても人体への悪影響は基本的にないといわれているからです。

においや味が気になることがある

水道水の中にある塩素は健康上で悪影響が生じる心配はほとんどないということを紹介してきましたが、味や臭いに関しては影響が生じることがあります。

 

原因のひとつとして考えられるのが「カルキ臭」です。プールでよくある「ツンと鼻に残る」あの臭いです。カルキ臭は塩素そのものの臭いと塩素と水中のアンモニアが反応した臭いとなっています。カルキ臭は水道水をそのまま飲んだ時や飲み物や料理を作るときなど、においや味に影響してくるかもしれません。

 

塩素が入っていることでのメリット・デメリット

水道水に塩素が入っていることでのメリットはどういったことなのでしょうか。また、デメリットはどんなことなのでしょうか。ここでは水道水に塩素が入っていることでのメリット、デメリットについて紹介していきます。

 

水道水に塩素が入っていることによるメリットは、病原菌を消毒することです。殺菌力のある塩素を水中に入れることによって水源から汲み上げた水に含まれる病原菌やウイルスを殺菌して残留塩素となり安心して水道水を利用できるようになるといったメリットがあります。

 

塩素のデメリットとして挙げられる中の一つに、塩素独特の「ニオイが苦手」という方も多いのではないでしょうか。人によっては「水道水そのままの水だとニオイがあってそのまま飲みたくない」と感じる場合があるかもしれません。

 

水道水の塩素の除去方法を紹介

毎日利用している水道水ですが、水道水の塩素は除去することができるのでしょうか。また、除去できるとしたらどんな方法があるのでしょうか。水道水の塩素が除去できるのかについて紹介していきます。

 

水道水の塩素はいくつかの方法である程度除去することができます。ここでは水道水の塩素を除去する方法について5つ紹介していきますので、小さなお子さんがいる家庭の方や水と美容・健康との関係に関心があるという方は参考にしてみてください。

①煮沸(しゃふつ)

煮沸とは塩素を取り除く方法として一般的によく知られています。水道水を煮沸することで塩素を抜きます。煮沸の場合は、水道水をだいたい5~10分ほど沸騰(ふっとう)させる必要があります。

 

煮沸をする場合に押さえておいたほうがいいポイントとして、やかんのフタを開けたままにしておくことです。やかんのフタを開けて塩素が出ていきやすいようにしながら十分沸騰させることで塩素が除去されます。

②汲み置きしておく

汲み置きは水道水をなるべく日光のあたる場所に置いておくことで塩素を除去させる方法です。汲み置きしておく時間は状況によって変わってきますが大体、半日~2日くらいが目安とされています。ただ、汲み置きをした水は菌が繁殖しやすい環境になっているので飲料水として使うのは避けましょう。

③レモンなどのビタミンCをくわえる

レモンなどに含まれるビタミンCは塩素と結合することで化学反応を起こして塩素を中和させる働きがあると言われています。レモンのさわやかな味で飲みやすくすることができます。

 

ただ、レモンを加えることで水の味が変化するので、レモンの風味が苦手という方は違う方法で試してみましょう。また、ビタミンCの粉末などの塩素を除去する粉末剤なども販売されています。

④炭を入れておく

水道水の塩素を除去するには炭を入れておくといった方法もあります。炭には吸着効果があり、水道水に炭を入れておくことでカルキ臭などのニオイの原因となる物質を吸着させる効果を期待することができます。

⑤浄水器を利用する

塩素を除去する際に手間もかからない方法の一つに浄水器を使うといった方法があります。浄水器の使い方としては蛇口に直接つけて利用するタイプが一般的です。

 

浄水器は活性炭などのろ材を使用したフィルターのカートリッジに水道水を通すことで残留塩素をある程度ブロックします。浄水器のカートリッジは消耗品なので一定の期間使用したら交換をする必要があります。

 

うっかり交換するのを忘れてしまって、交換時期が過ぎたまま何ヶ月も使い続けると十分に効果を得ることができないので交換時期を確認して忘れずにカートリッジ交換するようにしましょう。

飲み水や料理などの水にはウォーターサーバーがおすすめ

小さなお子さんがいる家庭や健康、美容に関心がある方の中には毎日使う水をおいしく安心して利用したいという方も多いのではないでしょうか。おいしくて安心した水を手軽に使う方法としてウォーターサーバーを利用するといった選択肢もあります。

 

日本の水道水は安全性が高く問題もないと言われていますが、「赤ちゃんに水道水をそのまま使っても大丈夫?」「カルキ臭がする」「ミネラル成分の入ったおいしい水が飲みたい」といった健康面や味などで気になる方も多いようです。

 

水道水の味や健康面で気になる方は日常の生活水は水道水で、直接口に入れる水はおいししくて安全性の高いウォーターサーバーを利用してみてはいかがでしょうか。サーバーの水にもRO水、天然水など種類があります。RO水と天然水はそれぞれ特徴がありますので特徴についてわかりやすく紹介します。自分に合ったウォーターサーバーを選ぶ参考にしてみてください。

RO水とは

ウォーターサーバーで使用している水の種類でRO水とはどんな水なのかについて紹介します。RO水とは水道水などの原水を採取し、RO膜処理をした水のことです。

 

RO膜とは逆浸透膜とも呼ばれ、0.0001ミクロンのとても細かいフィルターです。この超微細孔のフィルターを通して水に含まれる不純物を除去し人工的に作られた水がRO水です。

 

RO水は不純物を除去した限りなく純水に近い「きれいな水」ですが、製造している段階で水に含まれているミネラル成分まで取り除かれてしまうので味は「おいしい水」とはいいきれません。そこでRO水は人工的にミネラル成分を配合していることが多いようです。

天然水とは

天然水は、ろ過や沈殿、加熱殺菌だけをして物理的、科学的な処理をしていない特定の水源から採水された地下水のことをいいます。

 

天然水の採水地を選ぶ基準として天然ミネラルが含まれている水質のいい地域を厳選して採水しています。何百年もかけて自然にろ過された水はきれいでおいしい水になっています。また採水地によって水の性質も違ってきます。自分の住んでいる地域の宅配エリアで好みの水を選んでみてはいかがでしょうか。

ウォーターサーバーのメリット3つ

ウォーターサーバーを導入するには費用がかかる一方でメリットもあります。ウォーターサーバーのメリットについて3つ紹介しますので参考にしてみてください。

 

冷水や温水が常に使える

ウォーターサーバーの一つめのメリットが冷水や温水がいつでも使えることです。お子さんのミルクを作るときや紅茶やお茶を飲みたい時にお湯をわかす必要もなくミネラル成分の入ったお湯を使うことができます。

 

また、暑い時期に冷たい水を飲みたい時などに冷たいミネラルウォーターをすぐに飲むことができます。

料理においしい水が利用できる

2つめに料理に手間をかけずにおいしい水が使えるといったメリットがあります。飲むだけでなく、料理をするときの食材にも使うことができます。水は食材にしみ込みやすいので不純物のないおいしい水を使うことで食材の味も引き立つといわれています。

ペットボトルなどの重い水を買ってかえる必要がない

3つめがペットボトルなどの重い水を買ってかえる必要がないので体への負担が減ります。小さなお子さんと一緒に買い物に行って重いペットボトルの水をいつも買うのは大変です。

 

また、会社勤めの方で仕事の帰りにスーパーやコンビニエンスストアで食材と一緒に重い水を買って帰るのが辛くて食材か水のどちらかを諦めてしまうこともあるのではないでしょうか。ウォーターサーバーであれば自宅まで届けてもらえるので重いペットボトルの水を買って帰る必要がなくなります。

塩素を除去した場合の注意点とは

水道水の塩素を除去した場合には、殺菌効果が薄れてしまい雑菌が繁殖するリスクが増えてしまうので注意が必要になります。塩素を取り除いた水道水を利用する時はなるべく早めに使い切るようにしましょう。

水道水は用途によって使い分けてみよう

ここまで水道水に塩素が含まれている理由や健康への影響などについて紹介してきました。小さなお子さんのいる家庭や水道水の味やニオイが気になるという方は飲み水や料理には天然水やRO水を利用して、洗い物やお風呂などには水道水を使うようにするなど用途によって使い分けてみてはいかがでしょうか。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年12月23日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【永久保存版】水道水の塩素の除去方法を解説!【自宅でできる簡単除去方法】

【永久保存版】水道水の塩素の除去方法を解説!【自宅でできる簡単除去方法】

その他
塩素系漂白剤の人気おすすめランキング20選【塩素系漂白剤とは?衣類に使える種類は?】

塩素系漂白剤の人気おすすめランキング20選【塩素系漂白剤とは?衣類に使える種類は?】

洗濯用品
塩素系トイレ用洗剤の人気おすすめランキング10選【酸性・中性タイプの違いも解説】

塩素系トイレ用洗剤の人気おすすめランキング10選【酸性・中性タイプの違いも解説】

掃除用具・清掃用品
水道水に含まれるカルキとは?水道水を美味しく飲む方法は?

水道水に含まれるカルキとは?水道水を美味しく飲む方法は?

その他
赤ちゃんに水道水はいつから?【飲ませてしまったときは?】

赤ちゃんに水道水はいつから?【飲ませてしまったときは?】

その他
浄水器で水道水はおいしくなる?タイプ別に浄水器を徹底比較!

浄水器で水道水はおいしくなる?タイプ別に浄水器を徹底比較!

その他