アルピナウォーターの引越し時の手順まとめ!疑問や後悔しない方法を解説

記事ID18489のサムネイル画像
アルピナウォーターの引っ越しの手順を知っておかないと、余計な費用がかかったり、スムーズに引っ越しができないことがあります。そこで本記事ではアルピナウォーターの引っ越しの手順や手続き、抑えておきたいポイント、運搬時の注意点をご紹介していきます。

アルピナウォーターを引越しする時にはどうすればいい?

アルピナウォーターに限らずウォーターサーバーの引っ越しには手続きやサーバー本体の処理が必要です。手続きを怠ってしまうと、引っ越しなのに解約金がかかってしまったり、水の配送の費用が余分にかかってしまうことなどがあります。

 

また、サーバー本体の処理を行わないと、せっかくメーカーが運んでくれる場合でも自分で運ばなくてはいけなくなったりとここでも余計な費用がかかってしまうことにもなります。

 

このようなウォーターサーバーの引っ越しで余計な費用を払わないためにも、「サーバーは自分や業者など誰が運ぶのか」「解約金はかかるのか」「引っ越し先は水の配送エリアになっているか」「水抜きの方法」は最低限押さえておきましょう。

 

もちろん今あげた4つ以外にもウォーターサーバーの引っ越しに伴う手続きや作業は必要にはなりますが、余計な費用がかかってしまう原因の多くは上記の4つを怠ったことによるものがほとんどです。

 

本記事ではアルピナウォーターの引っ越しで必要な手続きや作業をすべて紹介していますので、じっくりと読み進め、余計な費用をかけることなく、サーバーの引っ越しを完了させましょう。

引越し前に必ず抑えておきたいチェックポイント

ウォーターサーバーの引っ越しをするにあたり、引っ越し前に必ず押さえておきたいポイントは「引越し先が現在使っているウォーターサーバーの配送エリアに該当しているかをどうか」です。配送エリアに該当していない場合は「解約」になりますので十分注意してください。ちなみにアルピナウォーターは、サーバー設置後1年以内に解約する場合は、解約手数料としてサーバー1台につき10,000円(税別)がかかります。

 

気になるアルピナウォーター配送エリアですが、沖縄と離島以外は配送エリアに該当しています。詳しくはこちらの配送エリア検索から住所を入力し調べると良いです。また、その後の水の配送についてはエリアによって料金が異なるため確認しておきましょう。

 

配送エリア 配送料 お届け数

関東エリア:トーエル配送

東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城(一部除く)

無料

【2ガロンボトル(1箱3本入)】 2箱〜

【12Lボトル】 3本〜(初回4本)

【18.9Lボトル】 2本〜(初回3本)

全国(沖縄・離島除く):宅配便

本州:350円/箱(税別)

北海道・四国・九州:600円/箱(税別)

【2ガロンボトル(1箱3本入)】 1箱〜

 

ちなみにウォーターサーバーの引っ越しは「引上げ」といって今住んでいる場所でサーバーが回収され、引っ越し場所で新たにメンテナンスされたサーバーを渡されることがほとんどです。この「引上げ」に関してはアルピナウォーターは費用が無料ですのでその点は安心ですね。

 

 

アルピナウォーターの引越し時の手続きを解説

アルピナウォーターの引っ越し時の手続きは全部で4つあります。「①住所変更手続きをする」「②自分(引越し業者含む)で運ぶかサーバーの会社に運んでもらうかを決める」「③本体の水抜きをする」「④引越し先で設置する」の4つです。

 

まず引っ越しに伴い住所変更はもちろん必要ですが、契約しているウォーターサーバーにも住所変更することを伝えなければならないため、住所変更の手続きが必要になります。次にサーバーをウォーターサーバーの会社に運んでもらうか、自分や宅配業者が運ぶかを決めます。配送方法を決めたらサーバーの本体の水抜きをし、いつでも配送できる準備を完了させましょう。最後に引っ越し先でサーバーを設置すれば完了です。

 

これだけではイメージしづらいと思いますので、「①住所変更手続きをする」「②自分(引越し業者含む)で運ぶかサーバーの会社に運んでもらうかを決める」「③本体の水抜きをする」「④引越し先で設置する」についてそれぞれ詳しく解説していきます。

①住所変更手続きをする

まず最初に引っ越しが決まったら住所変更手続きをしていきましょう。アルピナウォーターのお問い合わせは電話かメールのどちらかを選ぶことができます。

 

電話番号 メールフォーム

0120-15-7777(9:00~19:00:年中無休)

https://www.alpina-water.co.jp/contact/

 

引っ越しはウォーターサーバーの他にもいろいろな作業があるため、その場ですぐに住所変更ができる電話でのお問い合わせがおすすめです。アルピナウォーターは365日対応していますが、9時から19時までであることは注意しておきましょう。

 

また住所変更の手続きを伝えるのは、どんなに遅くとも1週間前には連絡をしておいたほうが良いです。なぜなら住所変更の手続きが遅れると、水の次回配送予定の変更が間に合わなくなるため、その分の送料が発生してしまうことがあるからです。

 

引っ越し先の住所が確定次第すぐに、アルピナウォーターに連絡し、住所変更の手続きを完了させましょう。

②自分(引越し業者含む)で運ぶかサーバーの会社に運んでもらうかを決める

次に自分で運ぶか、サーバーの会社(アルピナウォーター)に運んでもらうかを決めていきます。結論から言うと、アルピナウォーターにサーバーを運んでもらったほうが良いです。

 

アルピナウォーターの引っ越しは、今使っているサーバーを最寄りの営業所で回収し、引越し先の営業所で新しいサーバーを受け取ることを「引上げ」になります。沖縄と離島以外は「解約」になりますが、それ以外ならば無料でサーバーの引っ越しをすることができるため、自分で運んだり、自分で宅配業者を手配する手間がなくなります。

 

しかし、「引っ越し先ですぐにでもウォーターサーバーを使いたい人」や「今使っているサーバーが使いたい人」は自分や自分で手配した宅配業者が運んだほうが良いでしょう。ただし、自分で運ぶ際にはいくつかの注意点がありますので、後ほど詳しくご紹介していきます。

③本体の水抜きをする

次にサーバー本体の水抜きをしていきますが、水抜きはウォーターサーバーの引っ越しにおいて非常に大切な作業になります。なぜなら水抜きをせずに移動しようとすると、故障の原因にもなるからです。場合によっては、サーバーの修理代金を支払うことになりかねませんので、しっかりと水抜きをしてください。

 

水抜きについては「①サーバーのスイッチをオフにしてコンセントを抜く」「②そのままの状態で6時間以上放置する」「③サーバーからボトルを外し、中の水をすべて出す」「④サーバー背部のゴムを外し、空焚き防止タンクの水もすべて放出する」の手順で進めていきます。このとき事前にバケツやトレイなど1L以上の水を受け止められる容器を良いでしょう。

 

②の「そのままの状態で6時間以上放置する」を怠ると、サーバーから出る水が熱湯の恐れがあるので十分な注意が必要です。また給水口から水を出し切っただけでは、すべての水を出し切ったことにはならないため、④の「サーバー背部のゴムを外し、空焚き防止タンクの水もすべて放出する」もしっかり行い、水抜きをしてください。

④引越し先で設置する

最後に引っ越し先でサーバーを設置すれば完了ですが、「すぐにサーバーの電源を入れる」ことは絶対にやめてください。冷蔵庫と同様に冷却装置の故障の原因となってしまうからです。

 

具体的な時間ですが、3~4時間経過してから電源を入れると良いでしょう。引っ越しが終わり、ひと段落したところでついつい気が抜けてしまい、ウォーターサーバーの電源も入れてしまいそうですが、十分注意してください。

 

ウォーターサーバーの設置後、3~4時間経過したことをしっかりと確認してから、電源を入れるようにしましょう。

ウォーターサーバーを運搬するときの注意点3つ

ウォーターサーバーを契約しているメーカーに配送を頼む場合は良いですが、自分や自分で手配した宅配業者を利用しては運搬するならばいくつかの注意点があります。

 

正直なところウォーターサーバーのメーカー以外は引っ越し時のサーバーの扱いに慣れていないため、運搬中にしたことが原因で故障してしまうことがあるため、事前に運搬時の注意点を知っておくと良いです。

 

ウォーターサーバーの運搬時の注意点は「1. 1人で運ばない」「2. サーバー本体を傾けない」「3. 業者に2の注意点を伝える」です。それぞれ順に解説していきます。

1. 1人で運ばない

サーバーの1人で運ぶようなことになると、故障のリスクが非常に高くなるため、絶対に1人で運んではいけません。多くのサーバーは15キロ前後あり、高さも1m以上あるものも多く、1人で運ぶのは非常に危険です。

 

サーバーを壁にぶつけたり、落としてしまうことで、サーバーが故障し修理代を払う必要になるだけでなく、せっかくの新居にキズがついてしまいかねません。

 

サーバーは1人で運ぶようなことは絶対にせずに、必ず2人以上で運ぶようにしてください。

2. サーバー本体を傾けない

サーバー本体を傾けることも、ウォーターサーバーを運搬するには絶対にしてはいけないことですね。サーバーを傾けることで中の機器が故障してしまい、水が冷却されなくなってしまうこともあります。

 

ウォーターサーバーを運搬する際には、サーバー本体を絶対に傾けずに運ぶようにしてください。

3. 業者に2の注意点を伝える

最後に自分が手配した宅配業者や引っ越し業者に、2の「サーバー本体を傾けない」ことを伝えてください。

 

先ほどもご紹介しましたが、ウォーターサーバーのメーカー以外はサーバーの運搬には慣れていないため、サーバーを傾けてはいけないことを知らないこともあります。

 

業者に伝え忘れてサーバーが故障してしまわないためにも、事前に「サーバーを傾けてはいけない」ことを伝えるようにしましょう。

 

 

アルピナウォーターの引っ越しは早め早めに作業していくように!

アルピナウォーターの引っ越しに限りませんが、ウォーターサーバーの引っ越しは早め早めに作業していくことが大切です。ギリギリになって配送エリアや契約しているウォーターサーバーへ連絡しているとなるとミスをしてしまい、結果的に余計な費用がかかってしまうことにつながります。

 

そのためにも引っ越しが確定したらすぐに「①住所変更手続きをする」「②自分(引越し業者含む)で運ぶかサーバーの会社に運んでもらうかを決める」「③本体の水抜きをする」「④引越し先で設置する」の4つの作業を始めるようにしてください。

 

特に①の「住所変更の手続きをする」のところでは引っ越し先が配送エリアに該当しているかどうかも聞いておくことで、スムーズにウォーターサーバーの引っ越しをすることが可能です。

 

アルピナウォーターの引っ越しでは上記の手順を参考にし、早め早めの作業を心がけていきましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年12月21日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

アルピナウォーターの口コミ評判は?良い点と悪い点をチェック!【2023年最新版】

アルピナウォーターの口コミ評判は?良い点と悪い点をチェック!【2023年最新版】

その他
アルピナウォーターの口コミ評判は?実際に使用している人の感想まとめ!

アルピナウォーターの口コミ評判は?実際に使用している人の感想まとめ!

その他
アルピナウォーターの解約方法を紹介!解約金がかかる場合がある?

アルピナウォーターの解約方法を紹介!解約金がかかる場合がある?

その他
アルピナウォーターのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

アルピナウォーターのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

その他
アルピナウォーターのキャンペーン情報まとめ【2023年3月最新版】

アルピナウォーターのキャンペーン情報まとめ【2023年3月最新版】

その他
アルピナウォーターの電気代はどれくらい?節約する方法は?

アルピナウォーターの電気代はどれくらい?節約する方法は?

その他