エクオールサプリの人気おすすめランキング5選【DHC・小林製薬】

記事ID18277のサムネイル画像

健康や美容、更年期障害など女性特有の悩みに役立つエクオール。サプリなら気軽に摂取可能です。エクオールのサプリは小林製薬、DHCなどさまざまな有名メーカーから販売されています。今回は、含有量の多いエクオールのサプリの選び方と人気おすすめランキングを紹介します。

エクオールサプリで女性特有の悩みを解決しよう!

生理前に体調が悪くなる、急に体が火照る、イライラする、疲れが取れにくいなど女性特有の悩みが多いものです。これは更年期なのかな?でも、産婦人科を受診するのは恥ずかしいという方もいるでしょう。そこでおすすめなのが、エクオールのサプリです。

 

エクオールは減少した女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをしてくれます。サプリは1回で何粒も飲むイメージがあります。実は、エクオールのサプリの中には1粒でも大丈夫なものもあります。小さい粒タイプもあるので、安心して飲むことが可能です。

 

そこで今回は、含有量の多いエクオールのサプリの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、飲みやすさ、粒の多さ、価格を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみて下さい。

命の母とエクオール(発酵大豆イソフラボン)の違いは?

更年期障害など女性の悩みを改善するサプリといえば「命の母A」や「命の母ホワイト」。聞いたことがある方もいるでしょう。しかし、エクオールサプリと何が違うのでしょうか。

 

エクオールと命の母は、改善したい症状や年齢によっての見分けます。たとえば、月経前の症状が気になる20~40代の若い世代の方は「命の母ホワイト」、40~50代の更年期障害による慢性的な体調不良なら「命の母A」が推奨されています。

 

一方エクオールは、健康や美容、生理前の体調不良、更年期障害による体調不良など幅広い女性特有の悩みに合わせて摂取できます。命の母とは違い若い世代~年配の方でも年齢を問わずに飲めるのもポイントです。

他のサプリや薬と飲み合わせできる?

発酵大豆イソフラボンエクオールは、薬ではなく食品です。他のサプリや薬と飲み合わせできます。上記で紹介した、命の母との併用して飲めます。

 

ただし、エクオールサプリによって配合成分がことなります。エクオールだけのサプリや、プラセンタなどの美容成分を配合したものもあります。他の薬やサプリを摂取する予定の方は飲み合わせできるか確認しましょう。

エクオールサプリの選び方

エクオールサプリは、エクオールの含有量、サプリの形状、メーカーなどさまざまな種類があります。それぞれの特徴や選ぶポイントについてみていきましょう。あなたにピッタリなエクオールサプリを選んで、体調の悩みを解決しましょう。

更年期障害に悩んでいるなら含有量「10mg程度」を

エクオールの摂取量は、1日10mg程度が推奨されています。1粒で10mgが配合しているものもあれば、1粒で2.5mgが配合されているものなど種類はさまざまです。

 

40代以降に現れやすい更年期障害などの体調不良に悩んでいる、女性ホルモンの薬を飲むことに抵抗がある方は、含有量の多い10mg程度のエクオールサプリを選びましょう。エクオールは大豆からも摂取できる成分です。

 

とはいえ、豆腐やお味噌汁などの大豆製品を食事で十分摂取するのは難しいものです。食べ過ぎてカロリーオーバーしてしまう心配もあるでしょう。エクオールのサプリなら、食事管理や面倒な食事の準備も省けます。手軽にエクオールを摂取して、体調管理をしましょう。

飲みやすさで選ぶなら「摂取目安の少ないタイプ」を

毎日飲むサプリは、飲みやすさを重視して選びましょう。飲みやすい小さい錠剤、1回の量が1粒~3粒程度のものがおすすめです。また、カプセルタイプなら1粒に必要な量が詰まっているので1回の摂取量が少ないです。

 

錠剤やカプセルのサプリを1回に大量に摂取するのは大変でしょう。初めは頑張って飲んだとしても、だんだん飲むのが面倒になってしまうこともあります。飲み続けやすい大きさや量で選びましょう。

サプリを飲み続けたいなら「1食あたりの価格」の確認を

サプリを飲み続けたいなら、1食当たりの価格の確認をしておきましょう。あまり高価なサプリを選んでしまうと、金欠の時に購入できず飲み続けられなくなってしまう心配もあります。エクオールサプリは短期間ではなく、長期間飲み続けることが大切です。

 

無理をせず購入しやすい価格体のエクオールサプリを選びましょう。こちらのランキングでは、1日約50円~150円程度までのエクオールサプリを紹介しています。価格も参考にして選んでみてください。

その他の成分で選ぶ

エクオールサプリには、エクオール以外の成分が配合されているものなどさまざまな種類があります。他成分配合タイプ、栄養機能食品タイプ、産生サポートタイプのサプリについて紹介します。

美容効果も期待するならイソフラボンなどの「他成分配合タイプ」を

美容効果も期待したいなら、他成分配合タイプのエクオールサプリを選びましょう。イソフラボン、ヒアルロン酸、プラセンタ、アミノ酸、テアニンなどが配合されたサプリがあります。エクオールも摂取したいけど、美容成分が配合されたサプリも飲みたいという方もいるでしょう。

 

数種類の成分が配合されていれば、1回の服用で済みます。違う種類のサプリを購入する手間やサプリをたくさん飲む手間が省けます。中には発酵大豆イソフラボンを配合しているタイプもあり、イソフラボンとエクオールをバランスよく摂取することも可能です。

 

下記のサイトでは、プラセンタ原液の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

健康維持もしたいなら「栄養機能食品タイプ」を

健康維持のためにサプリを飲みたいなら、栄養機能食品タイプを選びましょう。栄養機能食品とは、特定の栄養成分を補給するために摂取する食品のことです。ミネラルやビタミンなどのサプリも一緒に飲みたい方は、栄養機能食品がおすすめです。

エクオール産生できる方は「産生サポートタイプ」を

ご自身の腸内でエクオール産生を活性させたい方は、産生サポートタイプのサプリを選びましょう。産生サポートタイプにはエクオールが配合されていないものもあります。大豆イソフラボンとラクトビオン酸などの乳酸菌を豊富に配合したサプリです。

 

腸内の中で細菌と大豆イソフラボンを掛け合わせることでエクオールが作られます。エクオール産生には、良質な大豆イソフラボンと腸内環境が重要です。

 

腸内でエクオールが生産できるとわかっている方は、産生サポートタイプのサプリもおすすめです。また、大豆イソフラボンにエクオールを配合したサプリもラインナップされています。

サプリの形状で選ぶ

エクオールサプリを選ぶ際は、サプリの形状で選ぶのもポイントです。錠剤タイプ、カプセルタイプ、ソフトカプセルタイプのそれぞれの大きさや飲みやすさの比較してみましょう。

飲みやすさを重視するなら小型の「錠剤タイプ」

飲みやすさを重視するなら、小型の錠剤タイプを選びましょう。全体の30%のサプリが錠剤を採用。エクオールサプリも錠剤が多いです。錠剤タイプは、粉の状態のものを高圧力で圧縮してつくられています。

 

粒を固めるための賦形剤(ふけいざい)を使用しています。錠剤によっては大き目のものもあるので、錠剤が苦手な方は小さ目や飲む量の少ないサプリを選びましょう。

主成分の変質を減らしたいなら「ハードカプセルタイプ」

主成分の変質を極力減らしたいならハードカプセルタイプを選びましょう。ハードカプセルのカプセルは、デンプンやゼラチンでつくられています。そのカプセルの中に粉末や顆粒を入れています。

 

製造する過程で添加物を使うことが少なく、素材への負担が少ないのが特徴。主成分を変質させないので、高配合のサプリが多いです。錠剤のサプリよりも大き目ですが、粉末に比べると飲みにくさが軽減されます。

オイル系の他成分を配合したサプリなら「ソフトカプセルタイプ」

オイル系の他成分を配合したサプリを選ぶなら、ソフトカプセルタイプがおすすめです。ソフトカプセルは、ゼラチンなどでつくられた柔らかい感触のサプリです。液体と粉末の成分を同時に加工や充填ができます。

 

たとえば、魚油やビタミンAなどの脂溶性のオイル系素材を配合できます。ハードカプセルと比べると膜に厚みがあるので、純度が劣ってしまうデメリットも。オイル系の成分も同時に摂取したいならソフトカプセルタイプを選びましょう。

おすすめメーカーで選ぶ

さまざまなメーカーから販売されているので、どれを購入しようか迷うこともあるでしょう。エクオールサプリをメーカーで選ぶのもポイントです。人気メーカーのDHCと小林製薬についてご紹介します。

飲みやすさで選ぶなら「DHC」

飲みやすさで選ぶならDHCのサプリがおすすめです。DHCのサプリは通販やコンビになど、手軽に購入できるのが魅力です。1日約100円なので、無理せず続けやす価格なのも魅力です。

 

また、サプリの種類も豊富なのも特徴です。エクオールは健康食品なので他のサプリと飲み合わせが可能。同じメーカーで併用したいサプリを見つけることができます。

価格の安さなら「小林製薬」

価格の安さで選ぶなら小林製薬のサプリがおすすめ。CMでおなじみの命の母のサプリで知られている人気の高いメーカーです。小林製薬からも、さまざまな種類のサプリが販売されています。価格の安さも魅力で、1日約100円以下で飲めるので安心して長く飲み続けられるでしょう。

質を重視して選ぶなら「大塚製薬」

エクオールの質を重視して選ぶなら、大塚製薬のエクエルがおすすめです。大手メーカーの大塚製薬は、大豆の研究を長年続け安全性の高い乳酸菌を採用しています。他のメーカーと比べて価格が高くなります。

エクオールサプリの人気おすすめランキング5選

5位
 

アサヒグループ食品

Rakune 発酵大豆イソフラボン&エクオール

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ヒアルロン酸やプラセンタなど3種の成分を配合

40代以降に体調が変化した女性におすすめのエクオールサプリ。発酵大豆イソフラボンをメインにエクオールを配合しています。1錠に1mgと含有量は少な目ですが、イソフラボンを同時に摂取できるのがポイントです。1回1錠なので、サプリが苦手な方にもおすすめです。

 

エクオール以外にも、ヒアルロン酸・プラセンタ・ザクロエキスの美容成分を配合しています。1回に1粒の摂取で、1日約56円とコスパの良さも魅力です。加齢とともに感じる疲れや更年期障害の予防、健康や美容維持をしたい女性におすすめのサプリです。

摂取目安量(1日)1粒含有量(1粒)1mg
内容量28錠他の配合成分発酵大豆イソフラボンアグリコン、ヒアルロン酸、プラセンタ、ザクロエキス
1日あたりのコスパ約56円形状錠剤
原材料発酵大豆胚芽エキス末、還元パラチノース、ザクロエキス末、豚プラセンタエキス末/セルロースなど
4位
 

大塚製薬

エクエル

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

大豆を乳酸菌で発酵させて作ったサプリ

4粒でエクオール10mg摂取できる大塚製薬のエクオールサプリ。大長年の研究で発見した乳酸球菌「ラクトコッカス20-92」は、安全性の高い乳酸菌です。この乳酸菌で大豆イソフラボンを発行させエクオールサプリを作りました。アグリコン型の大豆イソフラボンも配合。

 

濃縮、合成、抽出をせず、大豆を乳酸菌で発酵して作ているのも特徴です。プラスティックボトルタイプとパウチ入りの2種類があります。ケースが必要ならプラスティックボトルを、お気に入りのケースに移し替えて使うならパウチがおすすめです。

摂取目安量(1日)4粒含有量(1粒)2.5mg
内容量112粒他の配合成分アグリコン型大豆イソフラボン6.4mg
1日あたりのコスパ約145円形状錠剤
原材料大豆胚芽乳酸菌発酵物、オーツ麦ファイバー、寒天/セルロース、HPMC、着色料、微粒酸化ケイ素など
3位
 

pupustore

クオリア

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

アマゾンでも人気の無添加仕上げのエクオールサプリ

発酵エクオール以外にも、ボロン、王乳など女性らしさの源となる成分を配合したサプリ。1回の摂取は3粒ですが、エクオール以外にもたっぷりと成分が摂取できます。標高約4000mの環境汚染の少ない場所で摂取した高純度の王乳など成分にもこだわっています。

 

また、残留農薬検査や放射能物質検査などもしっかりとチェックされた、安心の国内生産のサプリです。他のエクオールサプリメントと比べ、コスパが高いデメリットも。長く飲み続けられるよう予算と相談して選びましょう。

摂取目安量(1日)3粒含有量(1粒)-
内容量90粒他の配合成分酵母エキス、ヒアルロン酸、王乳、ボロン、ビタミンCなど
1日あたりのコスパ約210円形状錠剤
原材料ワイルドヤム、アグニエキス、エラスチン、レッドクローバーエキス、天草抽出物など
2位
 

小林製薬

発酵大豆イソフラボンエクオール

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

年齢とともに変化する助成の体のためのサプリ

1日1粒で2mgのエクオールが摂取できるサプリです。女性特有の体調の変化や更年期障害による体調不良などをサポートする命の母を展開する小林製薬のサプリです。1粒に含まれるエクオールの量が少ないのがデメリット。

 

食事で豆腐などのイソフラボンを摂取することが多い方にもおすすめです。美や健康をサポートするポリフェノールの一種のヘスピリジンブラックコホシュなどのハーブなど成分が配合されています。エクオール以外の成分も1粒で摂取したい方におすすめです。

摂取目安量(1日)1粒含有量(1粒)2mg
内容量30粒他の配合成分発酵大豆イソフラボン28mg・ブラックホシュエキス12mgなど
1日あたりのコスパ約59円形状錠剤
原材料粉末還元麦芽糖、大豆胚芽抽出発酵物、グルコース、ブラックコホシュエキス、結晶セルロースなど
1位
 

DHC(ディー・エイチ・シー)

大豆イソフラボン エクオール

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

1粒で10mgのエクオールが摂取できる

1日1粒で10mgのS-エクオールが摂取できるDHCのサプリメントです。1粒に含まれるエクオールの量が10mgと多いのが特徴です。1日1粒飲むだけなので、サプリが苦手な方、錠剤を何個も飲むのが苦手な方におすすめです。

 

DHCのエクオールサプリは、大豆イソフラボンの一種のダイゼインから作られています。いつまでもイキイキしていたい、生理前の症状が気になる方におすすめ。1日約100円とコスパ最安値のエクオールサプリと比べるとやや高めです。

摂取目安量(1日)1粒含有量(1粒)10mg
内容量30粒他の配合成分-
1日あたりのコスパ約105円形状錠剤
原材料大豆胚芽抽出醗酵物(大豆を含む、国内製造)/セルロース、ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素

エクオールサプリのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6179466の画像

    DHC(ディー・エイチ・シー)

  • 2
    アイテムID:6179549の画像

    小林製薬

  • 3
    アイテムID:6179638の画像

    pupustore

  • 4
    アイテムID:6180185の画像

    大塚製薬

  • 5
    アイテムID:6180960の画像

    アサヒグループ食品

  • 商品名
  • 大豆イソフラボン エクオール
  • 発酵大豆イソフラボンエクオール
  • クオリア
  • エクエル
  • Rakune 発酵大豆イソフラボン&エクオール
  • 特徴
  • 1粒で10mgのエクオールが摂取できる
  • 年齢とともに変化する助成の体のためのサプリ
  • アマゾンでも人気の無添加仕上げのエクオールサプリ
  • 大豆を乳酸菌で発酵させて作ったサプリ
  • ヒアルロン酸やプラセンタなど3種の成分を配合
  • 価格
  • 3149円(税込)
  • 1773円(税込)
  • 6480円(税込)
  • 3985円(税込)
  • 1582円(税込)
  • 摂取目安量(1日)
  • 1粒
  • 1粒
  • 3粒
  • 4粒
  • 1粒
  • 含有量(1粒)
  • 10mg
  • 2mg
  • -
  • 2.5mg
  • 1mg
  • 内容量
  • 30粒
  • 30粒
  • 90粒
  • 112粒
  • 28錠
  • 他の配合成分
  • -
  • 発酵大豆イソフラボン28mg・ブラックホシュエキス12mgなど
  • 酵母エキス、ヒアルロン酸、王乳、ボロン、ビタミンCなど
  • アグリコン型大豆イソフラボン6.4mg
  • 発酵大豆イソフラボンアグリコン、ヒアルロン酸、プラセンタ、ザクロエキス
  • 1日あたりのコスパ
  • 約105円
  • 約59円
  • 約210円
  • 約145円
  • 約56円
  • 形状
  • 錠剤
  • 錠剤
  • 錠剤
  • 錠剤
  • 錠剤
  • 原材料
  • 大豆胚芽抽出醗酵物(大豆を含む、国内製造)/セルロース、ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素
  • 粉末還元麦芽糖、大豆胚芽抽出発酵物、グルコース、ブラックコホシュエキス、結晶セルロースなど
  • ワイルドヤム、アグニエキス、エラスチン、レッドクローバーエキス、天草抽出物など
  • 大豆胚芽乳酸菌発酵物、オーツ麦ファイバー、寒天/セルロース、HPMC、着色料、微粒酸化ケイ素など
  • 発酵大豆胚芽エキス末、還元パラチノース、ザクロエキス末、豚プラセンタエキス末/セルロースなど

エクオールはつくれる人とつくれない人がいるって本当?

本来は、大豆イソフラボンを摂取すると体内でエクオールが作られます。しかし、体内でエクオールが作れるのは2人に1人です。どんなに頑張って大豆イソフラボンを摂取しても、体内でエクオールが作り出せなければ摂取する意味がなくなってしまいます。

 

エクオールサプリを効率よく摂取するためにも検査しておくのがおすすめです。体内でエクオールが作れるのかの確認は、検査キットで簡単に調べられます。自宅で尿を摂取し郵送するだけです。エクオールサプリを飲む前に検査をしておくとよいでしょう。

エクオールサプリに乳がんや太る副作用はあるの?

女性ホルモンのエストロゲンに代わるエクオールを摂取すると、副作用はないのか心配になる方もいるでしょう。イソフラボンを摂取して「乳がんや太るの原因になったらどうしよう」とエクオールが配合されたサプリの摂取を控えている方も多いのではないでしょうか。

 

エクオールは薬ではなく健康食品です。過剰に摂取せず1日の適量のみの摂取なら副作用の心配はありません。こちらのランキングで紹介したエクオールのサプリは、1回の服用で1mg~10mgなので安心です。

 

また、含有量の多いエクオールサプリを摂取したとしても、豆腐や納豆を食べても大丈夫です。下記のサイトでは、大豆イソフラボンを含む食品のランキングを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

ファンケルなどサプリをお試しするならこちらもチェック!

健康を意識したサプリは、ファンケルやDHCなどさまざまなメーカーから数多く販売されています。エクオールのサプリは健康食品なので、他のサプリと同時に接種できます。

 

下記のサイトでは、ダイエットや健康な体のためのサプリの人気おすすめランキングを紹介しています。美容や健康が気になる方はぜひ参考にしてください。

まとめ

エクオールサプリの人気おすすめランキング5選を紹介しました。40歳を過ぎると徐々に女性ホルモンが低下し、体調に変化が起こります。あなたにピッタリなエクオールサプリを摂取して、いつまでもイキイキと過ごしましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年01月06日)やレビューをもとに作成しております。

TOPへ