【後悔する前に知りたい!】ウォーターサーバーを契約するデメリットは?対処法は?

記事ID18113のサムネイル画像
「買って後悔しないかな」とウォーターサーバーを購入するか迷っていませんか?実際にウォーターサーバーを買った人の中には、契約前気づけなかった意外なことが原因で、泣く泣くサーバーを解約した人もいます。今回はウォーターサーバーを買って後悔する前にチェックしたいポイントを紹介します。

ウォーターサーバーを契約後に後悔することもある

「美味しくて安全な水を飲みたい!」「スタイリッシュでおしゃれなウォーターサーバーをリビングに置いてみたい」などの目的でウォーターサーバーを契約したのもつかの間。

 

「やっぱり買わなきゃよかった」と後悔して、ウォーターサーバーを解約する人が少なくありません。ウォーターサーバーの契約期間は短くて1年、長くて3年もある場合があり、契約期間前に解約すると契約金を払わなければなりません

 

この記事ではウォーターサーバーを契約するデメリットや、その対処法、後悔しないためにチェックしておきたいポイントをお伝えします。ウォーターサーバー の契約を考えている方はぜひ参考にしてください。

ウォーターサーバーを後悔して解約した理由4つ

ウォーターサーバーは、使いたい時にすぐにおいしいお水やお湯が出てくる便利な製品です。しかし、デメリットを知らずに契約することで後悔したという声も…そこで、ウォーターサーバー契約前に確認するべきデメリットを解説します。

 

ウォーターサーバーを買っても後悔してすぐに解約してしまう原因は、主に以下の4つです

 

①費用が高いから

②送られてくる水が消費しきれないから

③ウォーターサーバーが邪魔になるから

④ボトルを持ち上げるのが大変だから

 

この4つの理由について詳しく解説していきます

ウォーターサーバーを買って後悔してしまった理由を教えて!

ウォーターサーバーを解約した人①の画像

ウォーターサーバーを解約した人①

費用が高くて負担になる

ウォーターサーバーの契約後に後悔しがちな別の問題は「思った以上に維持費がかかった」と言うものですウォーターサーバーを契約後にかかる費用は次の通りです。

 

  • ウォーターボトル代
  • ウォーターサーバーのレンタル代
  • 送料代金
  • 初期費用
  • 電気代
  • 送料

 

ウォーターボトルやウォーターサーバーのレンタル料金だけでないことを覚えておきましょう!

 

維持費の高さが心配な方は、あらかじめ上記の費用を計算するといいでしょう。「ウォーターサーバーは電気代が高い」言われていますが、どれだけ高くても月500~800円です。電気ポットの電気代と比較して安いか同じくらいです

ウォーターサーバーを解約した人②の画像

ウォーターサーバーを解約した人②

毎月送られてくる水が消費しきれない

ウォーターサーバーの契約後によくある後悔のうちで一番多いのが「毎月送られてくる水が消費しきれないでボトルがどんどん溜まっていく」というもの。ウォーターサーバーのメーカーによっては「毎月に〇〇本発送します」と言う具合にノルマがあります。このノルマがあることで、飲み切る前に水が届いてしまい、ボトルがどんどん溜まってしまいます

 

このように、契約前に考えていた水の消費量と実際の水の消費量が違っていたため、水ボトルが溜まっていくことが起こり得るのです。

 

しかし、ノルマがないウォーターサーバーも沢山あります。水が消費しきれるか心配な方は、ノルマ無しで自分の頼みたいときに注文できるウォーターサーバーを選ぶといいでしょう。

ウォーターサーバーを解約した人③の画像

ウォーターサーバーを解約した人③

ウォーターサーバー本体が大きくて邪魔になる

「ウォーターサーバーが思った以上に大きくて邪魔になる」などの理由も後悔する原因となります。

 

特にスタンド型のウォーターボトルは平均で40×40センチのスペースに加え130センチほどの高さが加わります。また、壁や家具などから10cm前後離さないといけません。設置するにはある程度のスペースが必要です。

 

しかし、今は卓上タイプや、床置きでもスリムタイプのウォーターサーバーも増えました。小さなタイプなら邪魔にならないので、スペースを有効活用できます。

ウォーターサーバーを解約した人④の画像

ウォーターサーバーを解約した人④

ボトルが重くて交換作業がつらい

ウォーターサーバーのボトルが重くて解約した、という声もあります。一般的なウォーターサーバーのボトルの重さは12kg。ボトルをウォーターサーバーの上部に刺し込んで新しいボトルに交換するタイプが多く、この作業が大変と感じる人は一定数いるでしょう。確かに女性1人で、12kg持ち上げるのは大変ですよね。

 

しかし、ウォーターサーバーの中には、上に持ち上げるのではなく、下置きで交換できるタイプもあります。足元にボトルを入れるスペースがあるので、非常に手軽です。重いものを持ち上げるのに不安がある方は下置きタイプのウォーターサーバーを選ぶといいでしょう

後悔しないためにウォーターサーバーで見るべきポイントは?

ウォーターサーバーを買って後悔してしまう原因には、以下のような理由が多いことが分かりました。


①費用が高いから

②送られてくる水が消費しきれないから

③ウォーターサーバーが邪魔になるから

④ボトルを持ち上げるのが大変だから

 

つまり、

 

①費用がお手頃で

②送られてくる水の量を調整でき

③コンパクトなウォーターサーバーの機種があり

④ボトルの交換作業が簡単な

ウォーターサーバーを選ぶことが重要なのです!

 

今回この記事では、ウォーターサーバーを契約するのが初めてな方に向けて、以上の条件をほぼ満たしたウォーターサーバー5つをご紹介します。買った後に後悔したくないという方は、ぜひ下の赤いボタンをタップし「おすすめのウォーターサーバー5選」をチェックしましょう。

【編集部おすすめ】初めてウォーターサーバーを使うならこれ!

おすすめのウォーターサーバー5選を紹介する前に、編集部イチオシのウォーターサーバーを紹介します。当記事で、今最も注目を集めているウォーターサーバーは「プレミアムウォーター」です。「プレミアムウォーター」は費用も手頃で、定期配送の一時休止もOK!気になる方は、ぜひ公式サイトで詳細をチェックしてくださいね!

皆が選ぶシェアNo.1のウォーターサーバー!

【シェアNo.1を誇る大人気ウォーターサーバー 】

プレミアムウォーターは、シェアNo.1のウォーターサーバー。プランのお得さや、ママさん向けのプランなどが高い支持を得ています。

 

【業界最安クラスの500mlあたり82.7円】

プレミアムウォーターで最も人気の「PREMIUM3年パック」は24Lで毎月「3,974円」。計算すると500mlあたり「82.7円」とかなりお得です。また、かかる費用はお水だけで、サーバーレンタル料・送料は無料です。

 

【配送の一時休止OK】

プレミアムウォーターなら、配送を一時的に休みたい場合もOK!前回配送日から59日までの期間は、無料で休止できます

 

【今ならお得なキャンペーン実施中】

今ならWEBサイトから新規で申し込んだ方限定のキャンペーンを実施中。もれなく全員にアマゾンギフト券2,000円分をプレゼント!この機会にぜひ、公式サイトをチェック!

 

※日本流通産業新聞社調べ(2020年12月末時点)

ウォーターサーバーの契約後に後悔しないための対処法4つ

「ウォーターサーバーを契約した後で後悔した…」という内容を読んで「やっぱりウォーターサーバーの契約は諦めようかな…」と考えている人は諦めないでください!ウォーターサーバーの契約後に後悔する大きな原因は、上記で紹介した後悔しがちな内容についてよく考える前に契約してしまうことにあるのです。

 

この項目では、先ほど考えたありがちが後悔の対処法を紹介します。自分の家の状況や家族構成、家計などを考えて自分にぴったりなウォーターサーバーを見つけましょう。

①費用を計算する

ウォーターサーバーにかかる費用は大きく分けて2つに分かれます。

 

①毎月かかるランニングコスト

②そのほかにかかるコスト

 

1ヶ月にかかるランニングコストはウォーターボトルの金額だけではありませんウォーターサーバーのレンタル料金や、ウォーターサーバーを動かすための電気代も含まれます。

 

そのほかにかかるコストは、初期費用、解約金、サポート料金などが含まれます。サポート料金はオプションでつけるかどうかを決めるメーカーもあるので、つけない場合は費用には含まれません。以下の表では、それぞれの項目でかかるコストの目安をまとめています。

①毎月かかるランニングコスト

ウォーターボトル料金 2500~4000円
ウォーターサーバー のレンタル料金 0~1000円
電気代 400~1000円

②そのほかにかかるコスト

初期費用 0~20000円
解約金 10000~20000円
休止手数料 0~1000円
交換手数料 5000~20000円
サポート料金 ~2000円
発送料

0~1000円

今検討しているウォーターサーバーのコストを上記に当てはめて計算してみてください。それがもし、高いと感じたなら、別のウォーターサーバーを検討しましょう

 

以下の記事では安いウォーターサーバーの紹介をしています。コスパ重視のウォーターサーバーを探している方はぜひ参考にしてみてください

②定額制のウォーターサーバーを選ぶのもあり!

ウォーターサーバーのタイプは大きく分けて次の2つに分かれます。

 

宅配方式 メーカーから届いた水を利用するタイプ
定額方式 自宅の水道水をろ過して利用するタイプ

 

宅配方式のウォーターサーバーは、メーカーから送られてきたウォーターボトルをウォーターサーバーに設置して使用するタイプのものです。給水式のウォーターサーバーは美味しい天然水を利用していることが多く、栄養のある美味しい水が飲めるのがメリットですが、家にウォーターボトルを置いてストックしておく必要があります


一方定額方式のウォーターサーバーは、自宅の水道水をウォーターサーバーでろ過し、飲み水に変えるタイプです。そして定額方式のウォーターサーバーの中でメジャーなのが「水道直結式」。ウォーターサーバーと水栓をパイプを使って直接接続します。そのため、サーバーに給水する必要がありません

定額制ウォーターサーバーを選ぶメリットは?

水道直結型のウォーターサーバーは、水道水から供給される水をろ過して供給されるため、ボトルは必要ありません。そのため、ボトルのストックが不要になります。置き場の心配が無く省スペースです


また、水を購入する訳ではないので、当たり前ですがノルマもありません。水の使用量に関わらず、かかる料金は毎月定額なので「たくさんお水を飲みたい」という方におすすめです。

 

以下の記事では「定額制で飲み放題ウォーターサーバーのおすすめランキング」の紹介をしています。「飲み放題のウォーターサーバーが気になる」という方はぜひチェックしてみてください!

③卓上タイプのウォーターサーバーを選ぶ

卓上タイプのウォーターサーバーのメリットはコンパクトなサイズであることです。キッチンカウンターに他の家電と一緒に置いたり、小さなテーブルの上に置いたりと状況に合わせて簡単に移動もできますよ。

 

「ウォーターサーバーが大きくて邪魔」というありがちな後悔をしたくない人は、卓上タイプのコンパクトなサーバーを選ぶことで対策できますよ。コンパクトな卓上サーバーについての情報を知りたい方は、次の記事を参考にしてください。

④ノルマがないメーカーと契約する

多くのメーカーでは「毎月◯本出荷」というように、必ず購入しなければいけない本数が決まっています。しかし、出張、お出かけ、続いた外食などにより水をあまり飲まない月はあると思います。そのためどんどん溜まっていくウォーターボトルを見てがっかりし、後悔する人もいるのです。

 

月によって水を飲む量が変動することが多い場合や、ノルマを達成できるかどうか心配な場合はノルマのないメーカーと契約するのがおすすめです。必要な時に、自分のタイミングで注文できるので、水を飲みきれずに溜まるのを避けられるメリットがあります。

【後悔したくない】初めてウォーターサーバーを選ぶ人におすすめのメーカー5選!

【顧客満足度No.1】迷ったらこのウォーターサーバー!

【顧客満足度No.1を誇る大人気ウォーターサーバー 】

プレミアムウォーターは、顧客満足度No.1のウォーターサーバー。プランのお得さや、ママさん向けのプランなどが高い支持を得ています。

 

【業界最安クラスの500mlあたり82.7円】

プレミアムウォーターで最も人気の「PREMIUM3年パック」は24Lで毎月「3,974円」。計算すると500mlあたり「82.7円」とかなりお得です。また、かかる費用はお水だけで、サーバーレンタル料・送料は無料です。

 

【コンパクトな卓上タイプもあり】

プレミアムウォーターはサーバーの種類がとにかく豊富。全6種用意されています。卓上タイプの機種は「スリムサーバーIII(ショートタイプ)」。シンプルなデザインでどんなシーンにも馴染みやすいのが特徴です。

 

【もちろん下置きできるタイプも用意】

「cado×PREMIUM WATER」は女性1人でも簡単にボトルの交換ができるように、本体の下部にボトルを設置する機種です。おしゃれなデザインでありながら機能性も十分!

 

【配送の一時休止OK】

プレミアムウォーターなら、配送を一時的に休みたい場合もOK!前回配送日から59日までの期間は、無料で休止できます

 

【今ならお得なキャンペーン実施中】

今ならWEBサイトから新規で申し込んだ方限定のキャンペーンを実施中。もれなく全員にアマゾンギフト券2,000円分をプレゼント!この機会にぜひ公式サイトをチェック!

 

※マイボイスコム調べ(2020年7月「ウォーターサーバーの利用に関する調査」にて利用経験者の満足度NO.1)

月額平均 3974円 初期費用 初回登録事務手数料:3‚300円(税込)
温度 冷水6~10℃/温水80~90℃ 水の種類 天然水
サイズ 卓上型&床置き型 ボトル方式 ワンウェイ方式
500ml換算 82.7円 月額電気代 474円

注文ノルマがないのが嬉しい!

【注文ノルマが必要ないので安心】

注文ノルマがないので、いつでも好きな時にお水を頼むことができます。好きな時に必要な分だけ、お水を注文できるので、ストックが貯まる心配がありません。

 

【必要なのはサポート料・水代のみ】

月々に必要となるのは「あんしんサポート料」とボトル代のみ!またサーバーレンタル料・初期費用・送料ももちろん無料!あんしんサポート料を払うことによって、設置サービス・メンテナンス・故障対応は追加料金なしでお受けいただけます

 

【最大5,324円お得!今ならキャンペーンを数多く実施中!】

アクアクララでは、新規お申し込みでお得になるキャンペーンを実施中!新規なら6,000円、乗り換えなら7,000円の現金キャッシュバックティファールのミキサーか炭酸水メーカーのどちらかが必ずもらえるキャンペーンなど、キャンペーンは随時更新されています。お早めに公式サイトからチェックしてみてくださいね!

月額平均 約4,000円 初期費用 なし
温度 冷水:5~12 ℃/温水:80~90℃ 水の種類 RO水
サイズ 卓上型&床置き型 ボトル方式 リターナブルモデル
500ml換算 58.5円 月額電気代 350円

水道直結型でボトルいらず!

【水道直結型でボトル交換いらず&省スペース】

ウォーターサーバーの後悔の1つとして、ボトル交換の手間やサーバーの設置スペースがあります。「Kirara(キララ)」の「NUOVO(ヌーヴォ)」は水道管に直結で省スペース横幅は18cmと、とてもコンパクトなのが特徴。面倒な宅配ボトルの受け取りや、ボトルのストック、使い終わったボトルの処理は必要ありません!定額制なので使えば使うほどお得◎

 

【今なら他社からの乗り換えがお得!】

今なら他社からキララへの乗り換えで最大1万円のキャッシュバック・レンタル料金36ヶ月417円引き・26180円相当の美顔ローラーからどれか1つを選べるキャンペーンを実施中!また、新規ご契約でレンタル料金が12ヶ月間毎月550円分値引き(年間だと6600円値引き)されるお得なキャンペーンも。気になった方は今すぐ公式サイトをチェック!

月額平均 4378円 初期費用 なし
温度 冷水:約4℃~12℃/温水:40℃/70℃/90℃ 水の種類 水道水
サイズ 卓上型&床置き型 ボトル方式 ー(水道直結)
500ml換算 - 月額電気代 約1,300円

ノルマなしでランニングコストが低い!

アルピナウォーターはRO水のウォーターサーバーで、ランニングコストが安いのが特徴です。天然水をろ過したピュアウォーターで、水ボトル1本は12Lで1,050円と他社に比べると安いです。アルピナウォーターの安さの秘訣は一括管理されているためです。

 

製造工場や都心への運搬の他に、コールセンター業務・配達業務を一括管理することによって、低価格・高品質を実現できています。ノルマなしでランニングコストが安いため、無理なくウォーターサーバーを長く使い続けることができます

月額平均 3,772円 初期費用 なし
温度 水:10℃以下/お湯:80℃以上 水の種類 RO水
サイズ 卓上型&据え置き型 ボトル方式 リターナブル方式
500ml換算 44円 月額電気代 1,000円

毎月3300円でコスパ◎

ハミングウォーターは定額制のウォーターサーバーです。自宅の水道水をサーバーに注ぐだけで、専用フィルターによっておいしいお水に生まれ変わります。

 

幅26cmと省スペースな点もgood!水道直結タイプではないので、サーバーは好きな場所に置くことができます

 

毎月3,300円(税込)でとにかくコスパが良いのが特徴。定額制なので、たくさん飲んでも料金は変わりません。定額料金以外の費用は一切不要。シンプルな料金設定も人気を得ています。

月額平均 3,300円(税込) 初期費用 出荷手数料2,200円(税込)
温度 温水:80~90℃ /冷水:6~10℃ 水の種類 水道水
サイズ 床置きタイプ ボトル方式 ー(水道水を使用)
500ml換算 月額電気代 記載なし

おすすめのウォーターサーバー5選比較

商品 画像 商品リンク 特徴 月額平均 初期費用 温度 水の種類 サイズ ボトル方式 500ml換算 月額電気代
アイテムID:7162987の画像

公式サイト

レビュー記事で詳細を見る

【顧客満足度No.1】迷ったらこのウォーターサーバー!

3974円

初回登録事務手数料:3‚300円(税込)

冷水6~10℃/温水80~90℃

天然水

卓上型&床置き型

ワンウェイ方式

82.7円

474円

アイテムID:7163293の画像

公式サイト

レビュー記事で詳細を見る

注文ノルマがないのが嬉しい!

約4,000円

なし

冷水:5~12 ℃/温水:80~90℃

RO水

卓上型&床置き型

リターナブルモデル

58.5円

350円

アイテムID:7163917の画像

公式サイト

水道直結型でボトルいらず!

4378円

なし

冷水:約4℃~12℃/温水:40℃/70℃/90℃

水道水

卓上型&床置き型

ー(水道直結)

-

約1,300円

アイテムID:7164303の画像

公式サイト

レビュー記事で詳細を見る

ノルマなしでランニングコストが低い!

3,772円

なし

水:10℃以下/お湯:80℃以上

RO水

卓上型&据え置き型

リターナブル方式

44円

1,000円

アイテムID:7743443の画像

公式サイト

毎月3300円でコスパ◎

3,300円(税込)

出荷手数料2,200円(税込)

温水:80~90℃ /冷水:6~10℃

水道水

床置きタイプ

ー(水道水を使用)

記載なし

後悔しないために契約前にしっかりチェックしよう!

ウォーターサーバーを契約する前は、しっかりと考えてから契約しましょう。本記事で解説したデメリットやその対処法を参考にして、後悔なくウォーターサーバーをを使用できるようにライフスタイルにぴったりあったプランを選んでくださいね。

 

今回1位で紹介した「プレミアムウォーター」は「手頃な価格帯・定期配送の一時停止OK・卓上タイプあり・ボトル交換が簡単」でとにかくおすすめのウォーターサーバーです。ぜひこの機会に公式サイトをチェックしてみてください!

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年07月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ウォーターサーバーは本当に便利なの?必要?メリットは?

ウォーターサーバーは本当に便利なの?必要?メリットは?

その他
ウォーターサーバーの口コミ評判は?実際の利用者の口コミを集めました

ウォーターサーバーの口コミ評判は?実際の利用者の口コミを集めました

その他
【購入前に】ウォーターサーバーって本当に必要?どんな人におすすめ?

【購入前に】ウォーターサーバーって本当に必要?どんな人におすすめ?

その他
【購入前に】ウォーターサーバーのデメリットは?デメリットを解消したサーバーがある!?

【購入前に】ウォーターサーバーのデメリットは?デメリットを解消したサーバーがある!?

その他
【価格重視】コスパで選ぶ安いウォーターサーバーのおすすめ8選

【価格重視】コスパで選ぶ安いウォーターサーバーのおすすめ8選

その他
ウォーターサーバー契約でポイントがザクザク貯まる!?直接サイトから契約すると損!

ウォーターサーバー契約でポイントがザクザク貯まる!?直接サイトから契約すると損!

その他