ウォーターサーバーをいらないと感じる理由は?必要な人ってどんな人?

記事ID18078のサムネイル画像
ウォーターサーバーは美味しい冷たいお水や暖かいお湯がすぐに使用できて便利です。導入するにしてもスペースが必要で毎月コストもかかります。ウォーターサーバーが必要な人といらない人の特徴を把握してから、ウォーターサーバーを検討しましょう。

ウォーターサーバーをいらないと感じる理由

家庭やお店に導入されてきているウォーターサーバーは、本当に必要なのかと考える方も多いです。ウォーターサーバーのメリットだけではなく、デメリットについてもチェックすることが必要です。ウォーターサーバーがいらないと感じる理由をまとめました。

ウォーターサーバーのランニングコスト

ウォーターサーバーを利用するには、毎月のランニングコストがかかります。具体的には、水の料金・ウォーターサーバーのレンタル料・メンテナンス料・電気代です。月々数千円から10,000円以上と人によってコストの料金がメーカーによって異なります。

 

水を利用すればするほど料金がかかるため、コスパのよいメーカーを選ばないとスーパーから購入するよりも費用が高いケースもあります。サーバーのレンタル料は、メーカーによって内容が異なるため、利用する前に料金プランを確認しましょう。

 

水を購入していればメンテナンス料が無料のメーカーもありますが、1回あたり数千円から10,000円徴収するメーカーもあり、電気代に関しては月に500円から1,000円程度発生するため、コストが高くてウォーターサーバーがいらないと感じる方も多いです。

水のノルマが達成できない

ウォーターサーバーは、水のノルマを達成しないと数百円から1,000円程度の料金が徴収されるメーカーもあります。一人暮らしの方がウォーターサーバーで水を使う目安は12リットルです。二人暮らしなら24リットル・三人家族なら36リットルで水の消費量が増えます。

 

一人暮らしや二人暮らしの方は、外食が多かったり家にいる時間が短いケースが多いため、水のノルマが負担になり、ウォーターサーバーがいらないと感じることが多いです。美味しい水やお湯をすぐに使うことができて、ノルマによって後悔することもあります。

 

解約の連絡をすると必ず解約理由を聞かれて、ライフプランに合ったウォーターサーバーに切り替えるようにおすすめされることも多いです。ウォーターサーバーを検討するときは、水の使用量に合ったメーカーを選ばないと後悔します。

ボトルの水が重い

ウォーターサーバーのボトル交換が大変と感じる方も多く、高齢者や女性だとウォーターサーバーのボトルの交換で体を痛めてしまうケースも少なくありません。メーカーによってボトル交換の内容は異なります。

 

水道直結型のボトル交換が不要なサーバーや軽量タイプのボトルを取り扱っているメーカーも増えてきました。ライフスタイルに合ったメーカーを選ぶことで、ボトル交換も楽になり、ウォーターサーバーがいらないと感じません。

 

ボトル交換が大変だと感じる方は、上部にボトルを設置するタイプを選ばずに、下部に設置する下置きタイプのサーバーにしましょう。ウォーターサーバーを利用して後悔しないためにも、ウォーターサーバーのボトル交換の作業工程は確認しましょう。

サーバー・ボトルの場所の確保が難しい

一人暮らしの方は、部屋のスペースが限られることもあり、ウォーターサーバーの設置場所に困るケースがあります。ウォーターサーバーの大きさが部屋のサイズに合わずに、いらないと感じて解約することも多いです。

 

置き場所に不安を感じている方も多いですが、近年スタイリッシュなものが主流となってきており、省スペースな卓上タイプ(ショートタイプ)もあるため、ウォーターサーバーの利用を検討する場合、部屋のサイズにあったメーカーがあるかを比較してみましょう。

 

他にも、ウォーターサーバーのボトルを保管する場所も必要です。水が減らないのに、ボトルがどんどん増えてしまい、部屋のスペースを圧迫するケースもあります。ウォーターサーバーを利用するときは、部屋に設置や保管できるスペースを確認してからにしましょう。

掃除の手間が増える

ウォーターサーバーの機能に、クリーン機能が搭載されているものもあり、サーバー内部を清潔に保ってくれますが、セルフメンテナンスも必要です。水が出る蛇口部分やボトルを刺す部分などに菌が繁殖しないために、汚れやホコリはこまめに掃除しないといけません。

 

ウォーターサーバーの背面もホコリが溜まりやすい場所で、半年くらいの間隔で掃除をしなければ節電につながりません。ウォーターサーバーに限らず、家電製品はどのような商品でもセルフメンテナンスが必要です。

 

掃除が苦手な方は、メーカーが販売しているセルフクリーニングキットや訪問クリーニングサービスを利用するのがおすすめです。メンテナンスの費用はメーカーによって異なり、料金が高いケースもあるので、ウォーターサーバーがいらないと判断する方も多いです。

ウォーターサーバーがいらない人の特徴

ウォーターサーバーがいらないと判断する方には共通した特徴があります。ウォーターサーバーの導入をおすすめしない人の条件を確認してみましょう。

水道水に不満がない

自宅で水道水を使用するのに抵抗感がない方は、ウォーターサーバーの必要性を感じないことが多いです。浄水器を利用して水道水を飲んでいる方も、ウォーターサーバーよりコストがかからないため、いらないと判断するケースがあります。

 

水道水に含まれる塩素や鉄さびはウォーターサーバーや浄水器には含まれておらず、水を美味しく飲むことができます。水道水の独特の風味が苦手であっても、浄水器があれば満足していることも多く、ウォーターサーバーはいらないと考えてしまいます。

 

料理には多くの水を使用し、ウォーターサーバーを使用すると水道代よりも高くかかってしまうこともあります。冷たい水は常に冷蔵庫に保管している方も、ウォーターサーバーの必要性を感じないため、いらないと判断することが多いです。

お湯を沸かすのが苦ではない

ウォーターサーバーは冷たい水がすぐに飲むことができる他、温水機能もセットされているため、お湯も使用することができます。お湯をヤカンで沸かしたり、ポットで沸かすことに抵抗がない方は、ウォーターサーバーはいらないと判断することが多いです。

 

電気ポットも好きな温度に沸かすことができたりするメーカーもあり、少量であればお湯を沸かすのに時間もかかりません。お湯を頻繁に沸かすわけではないため、ウォーターサーバーの温水機能に魅力を感じないケースがあります。

 

電気ポットをこまめに使用した電気代とウォーターサーバーを使用する電気代を比較すると温水機能に冷水機能までついているウォーターサーバーの方が安く済むケースもあります。本当にウォーターサーバーが必要なのかライフスタイルを見直してみましょう。

ペットボトルを購入が苦ではない

ウォーターサーバーを利用すると、玄関先までボトルを届けてくれます。ミネラルウォーターのペットボトルなどをわざわざスーパーで購入する必要はなくなりますが、ペットボトルを必要な分だけ購入するのに抵抗がない方にはおすすめしません。

 

ミネラルウォーターをスーパーで必要な分だけ購入した方が、サーバーの維持費まで含めて考えるとコストが安いです。スーパーでの購入の労力や水を冷やしたり温めたりする手間が気にならないとウォーターサーバーの必要性を感じません。

 

一人暮らしの方も水の量を使用することが少ないこともあり、こまめにペットボトルを購入することに抵抗がない方が多いです。ネットスーパーなども玄関先まで買い物を届けてくれるサービスがあり、重い物の購入に悩んでいる方もペットボトルを購入できる環境があります。

ウォーターサーバーをおすすめできる人

ウォーターサーバーを上手に活用できる人にも特徴があります。ウォーターサーバーを検討されている方は、項目に当てはまるのかチェックしてみましょう。

水の使用量が多い人

ウォーターサーバーがおすすめな人は、毎日の水の使用量が多い方です。水を多く飲むと代謝カロリーが向上したりお肌の保湿性にもよく、健康や美容のために意識している人に向いています。ペットボトルで水を購入するとゴミの処理に困る方も多いです。

 

ウォーターサーバーのボトルであれば、1つあたりの基準が12リットルのため、ペットボトルを購入するよりもゴミを減らすことができるメリットがあります。ワンウェイボトルであれば、使用後に小さく折りたたむことができ、部屋のスペースを取る心配がありません。

 

ペットボトルで常に水が冷蔵庫の中に入っていた方も、ウォーターサーバーを活用することで、冷蔵庫の中にスペースを作ることができ、買い出しの手間も省くことが可能です。水の使用量が多い方にウォーターサーバーはおすすめの商品です。

小さい子供がいる人

赤ちゃんのミルク作りにもウォーターサーバーが活躍します。出産を控えている方におすすめの商品です。赤ちゃんは内臓が未発達で、ミルクを作る際の水にミネラル成分が多く含まれているとお腹を壊してしまう可能性があります。

 

ウォーターサーバーの水はメーカーによっても内容が異なりますが、水の多くが硬度の低い軟水であり、ミネラルや不純物を一切取り除いている水を使用することができます。温水機能があることで、お湯を沸かさなくてもミルクを必要な時にすぐ作ることが可能です。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、夜中にミルクを作るのが大変な方も多く、お湯を沸かす手間を省いて、お母さんの負担を少しでも減らすことができるのでおすすめです。子供が成長してもウォーターサーバーにチャイルドロックなどの機能が搭載されているので安心です。

温かい飲み物をこまめに飲みたい人

季節に関係なく温かい飲み物を常に楽しみたい方にウォーターサーバーはおすすめです。温水をすぐに利用することができ、温度も80度から90度前後に設定されていることが多く、コーヒーやお茶をおいしく淹れるのに適しています。

 

リラックスタイムにヤカンでお湯を沸かす手間を省くことができ、ゆっくりとお茶の時間を楽しむことが可能です。インスタントを利用する方にも便利で、味噌汁やコーンスープなど小腹が空いたときにも活用します。

 

 

ウォーターサーバーの特徴は把握しよう

ウォーターサーバーの特徴はメーカーによって異なります。ウォーターサーバーの機能が本当に必要なのか判断しないと、契約をしてから後悔してしまいます。ウォーターサーバーがいらない人やおすすめしない人には共通した特徴がありました。

 

温かい飲み物を利用したり、水を多く消費する方や赤ちゃんがいる場合はウォーターサーバーが活躍しますが、無理にウォーターサーバーを使わなくても快適な生活を送ることができる方も多いのは事実のため、本当にウォーターサーバーが必要か考えてみましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年12月09日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ウォーターサーバーの口コミ評判は?実際の利用者の口コミを集めました

ウォーターサーバーの口コミ評判は?実際の利用者の口コミを集めました

その他
【購入前に】ウォーターサーバーのデメリットは?デメリットを解消したサーバーがある!?

【購入前に】ウォーターサーバーのデメリットは?デメリットを解消したサーバーがある!?

その他
ウォーターサーバーは本当に便利なの?必要?メリットは?

ウォーターサーバーは本当に便利なの?必要?メリットは?

その他
【価格重視】コスパで選ぶ安いウォーターサーバーのおすすめ8選

【価格重視】コスパで選ぶ安いウォーターサーバーのおすすめ8選

その他
RO水が飲めるウォーターサーバーの人気おすすめ5選!【2023年最新版】

RO水が飲めるウォーターサーバーの人気おすすめ5選!【2023年最新版】

その他
【購入前に】ウォーターサーバーって本当に必要?どんな人におすすめ?

【購入前に】ウォーターサーバーって本当に必要?どんな人におすすめ?

その他