【契約前に!】ウォータースタンドのデメリットは?向いていない人はどんな人?

記事ID18051のサムネイル画像
ウォータースタンドは、水道に直接的にサーバーを接続するタイプのウォーターサーバーを提供しているブランドです。この記事を最後までお読みになれば、ウォータースタンドのデメリットを知ることができますので、ぜひとも最後までお読みください。

ウォータースタンドの基本情報

ウォータースタンドの中で一番人気のモデル!

ウォータースタンドは、水道に直接的にサーバーを繋ぐことで水道水を利用することが可能となり、水道水をろ過して美味しい飲料水が出せるウォーターサーバーを提供しているブランドです。

 

ウォータースタンドのウォーターサーバーの利点は、ミネラルウォーターを購入する必要がないため、費用が一般的なウォーターサーバーよりも抑えられるところです。また、水道水を利用するため、水が不足するということもありません。

 

ここで紹介する「ネオ」は、ウォータースタンドのウォーターサーバーの中でも人気が高く、温水と冷水だけではなく、常温水が出せるところが強みです。そのため、冷たすぎる水を飲むとお腹を壊すという方におすすめできます。

 

また、白を基調にして中央部分は黒を用いているネオは、デザイン性の高さから男性にも女性にも人気です。そして、こちらの商品はネオという商品名通り、改良に改良を重ねた新世代の水道直結型サーバーですので、高い品質が約束されています。

 

水道直結型のウォーターサーバーを利用したいという方は、ウォータースタンドのネオを購入することをおすすめします。

月額平均 ¥3,980 初期費用 なし
温度 水:5~8度/温水:85~93度 水の種類 RO水
サイズ 水道直結 ボトル方式 -
500ml換算 - 月額電気代 ¥1,200

ウォータースタンドのデメリットとは?

水道水を利用することが可能なウォータースタンドのウォーターサーバーは、費用を抑えられて水が不足することがないため、メリットが多いように思います。

 

しかし、ネットで「ウォータースタンド デメリット」と検索すると、ウォータースタンドの悪いところが検索結果に羅列されることも事実です。利点が多いように見えるウォータースタンドですが、一体なにがデメリットなのでしょうか?

 

ここでは、ウォータースタンドのウォーターサーバーのデメリットだと思われることを紹介します。

ミネラルウォーターよりも味が劣る

当然と言えば当然ですが、ウォータースタンドのウォーターサーバーは水道水を利用するため、ミネラルウォーターを提供しているウォーターサーバーのブランドよりも、水の風味で劣ることは否めません。

 

一般的なウォーターサーバーのブランドは、工場で精製した天然水やRO水を利用しているため、水の品質が高くて味も美味しいです。しかし、ウォータースタンドのウォーターサーバーは、水道水をろ過するに過ぎないため、どうしても味で一般的なウォーターサーバーのブランドに劣るのです。

 

もちろん、ウォータースタンドのウォーターサーバーを利用して水を飲んでも、一般的な水道水よりは遥かに美味しいですので、ウォータースタンドを選ぶという利点もあります。

 

しかし、水の品質や味にこだわりたいという方は、ウォータースタンドのウォーターサーバーでは不満が生じるかもしれません。

設置・撤去に工事が必要

水道直結型のウォーターサーバーに共通するデメリットは、設置と撤去の際に、工事が必要になるということが挙げられます。一般的なウォーターサーバーは、契約・購入すれば工事なしで使用できるため、使用までの工程が増えることを面倒に感じる方もいるかもしれません。

 

特に、お試しで利用したいという方や、引っ越し・転勤が多いという方には、工事が必要というのは大きなデメリットになります。そのため、一か所に定住することが少ないという方には、ウォータースタンドのウォーターサーバーはおすすめできません。

サービスの対応エリアが限られている

ウォータースタンドの水道直結型ウォーターサーバーのサービスは、47都道府県に対応しており、人口カバー率は94パーセントです。しかし、逆に言えば人口カバー率が100パーセントではないところが惜しいところです。

 

それでも、本社が埼玉にあるためウォータースタンドは、関東での人口カバー率は100パーセントです。関東エリアにお住いの方でウォータースタンドのウォーターサーバーを利用したいという方は、問題なく利用できるため安心していいでしょう。

災害時や凍結時に使用できない

地震などの災害でインフラが止まったとき、一般的なウォーターサーバーでは、タンク内に貯水された水を利用することが可能ですが、水道直結型のウォーターサーバーは、水道水が使えなくなると使えなくなるというデメリットがあります。

 

また、水道直結型のウォーターサーバーは、冬の寒い時期に水道管が凍結すると使用できなくなるというデメリットもあります。そのため、東北や北海道、雪が多く積もる地方に住んでいるという方には、あまりおすすめできない面があるかもしれません。

 

ちなみに、水道管の凍結を請け負う業者の中には、ぼったくり業者も存在しています。水道管に熱湯をかけただけで、5万円も要求してくる業者があるくらいです。

 

雪の降る寒い地方では、水道管に熱湯をかけたのち、すぐに水気を拭き取り、水道管を分厚いタオルなどでくるめば元通りに水が出ることがあります。水道が凍結したら、まずは自力で水道管の凍結を解凍するという試みをすることをおすすめします。

ウォータースタンドに向いていない方

水道水を利用できるという大きなメリットがあるウォータースタンドの水道直結型ウォーターサーバーですが、一方で、一般的なウォーターサーバーにはないデメリットが生じるということもわかりました。

 

ここでは、この記事を読んでいる方が損をしないために、ウォータースタンドのウォーターサーバーが向いていない方についてお伝えします。

水道水が飲めない方

世の中には、「お茶は飲めるけど水は飲めない」という方が、意外と多く存在します。そういった方々は、よほど精製されたミネラルウォーターでなければ飲めないという方も多いですので、水道水をろ過するウォータースタンドのウォーターサーバーでは、水道水とあまり変わらないと感じる方もいることでしょう。

 

ウォータースタンドのウォーターサーバーから出る水は、水道水よりも遥かに美味しいことは間違いありませんが、それでも、丹念に精製されたミネラルウォーターに比べると味は劣ります。

 

厳しい視点でみると、ウォータースタンドのウォータサーバーは水道水の延長にあるものと言えますので、本当に美味しいミネラルウォーターしか飲めないという方には、ウォータースタンドのウォーターサーバーは向いていない可能性があります。

北方に住んでいて転勤も多い方

東北・北海道に住んでいる方は、水道管が凍結する可能性があるため、水道直結型のウォーターサーバーは向いていないと言えます。特に、氷点下5℃以下が続く地方の場合は、新築であっても水道管が凍結するリスクがあるため注意が必要です。

 

また、寒い地方に住んでいる上に転勤や引っ越しが多いという方も、水道直結型のウォーターサーバーは向いていません。水道直結型のウォーターサーバーは、設置と撤去に工事が必要なため、余計な時間を取られる可能性が高いからです。

 

これらを総合して考えると、寒い地方に住んでいる、引っ越しや転勤が多い、という条件に該当する方は、ウォータースタンドのウォーターサーバーを選ばない方が無難です。

ウォータースタンドのデメリットまとめ

ウォータースタンドのウォーターサーバーのデメリットをお伝えしました。

 

ウォータースタンドの水道直結型のウォーターサーバーは、水道水を利用するタイプのウォーターサーバーであり、ミネラルウォーターを購入する必要がない分、料金が安いというメリットもありますが、デメリットも多いということがわかりました。

 

特に、水の味にこだわるという方や、引っ越し・転勤が多く寒い地方に住んでいるという方にはおすすめできないため、ウォータースタンドのウォーターサーバーを利用するのであれば、これらに該当しない方の方が無難です。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年04月19日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ウォータースタンドの口コミ評判は?良い点と悪い点をチェック!【2023年最新版】

ウォータースタンドの口コミ評判は?良い点と悪い点をチェック!【2023年最新版】

その他
ウォーターサーバーに水道水を入れても大丈夫?お得に使いたい場合は?

ウォーターサーバーに水道水を入れても大丈夫?お得に使いたい場合は?

その他
ウォータースタンドの解約方法を紹介!解約金がかかる場合がある?

ウォータースタンドの解約方法を紹介!解約金がかかる場合がある?

その他
水道直結型ウォーターサーバーの人気おすすめランキング5選!デメリットとは?

水道直結型ウォーターサーバーの人気おすすめランキング5選!デメリットとは?

その他
水道直結型ウォータースタンドの評判や口コミを調査!水の味は?クレームがあるって本当?

水道直結型ウォータースタンドの評判や口コミを調査!水の味は?クレームがあるって本当?

家電
ウォーターサーバーは本当に便利なの?必要?メリットは?

ウォーターサーバーは本当に便利なの?必要?メリットは?

その他