ウォーターサーバーをやめた理由まとめ。自分にぴったりのサーバーを見つけるためには?

記事ID18045のサムネイル画像
いつでも冷たいお水や温かいお湯が出てきたり、災害時の水の備蓄にもなるウォーターサーバー。ですがさまざまな事情で解約してしまう方もいらっしゃいます。なぜメリットだらけのウォーターサーバーを解約してしまったのか、やめた理由とその対策についてご紹介します。

ウォーターサーバーをやめた理由

ウォーターサーバーを導入したいけれど、本当に自分の暮らしに必要な物なのだろうか…と、高い買い物なだけに、慎重に検討している方も多いと思います。ここでは実際にウォーターサーバーを解約した方たちの理由をまとめてみました。

料金が負担になった

ウォーターサーバーをやめた理由として最も多いのが、利用料金が負担になってしまうことです。サーバー本体や配送料は無料で行っているメーカーもあるのですが、ランニングコスト(維持費用)はどのメーカーも決して安くありません。どのような費用がかかってくるのかご紹介します。

水ボトル料

メーカーにもよりますが、ウォーターサーバーの水ボトルは月々の最低注文本数が決まっています。だいたい24Lを最低注文本数にしているメーカーが多く見受けられます。24Lの水ボトルの価格は、およそ2,000円~から4,000円前後といったところです。

 

飲料水や料理などで一人の人間が毎日利用する水は2Lと言われています。一ヶ月で60Lの水を利用することになりますね。これは水ボトル約2.5本分=4,000円~8,000円の料金が毎月かかってくる、という計算になります。


2L水ペットボトルの単価が80円~120円、月々2,400円~3,600円程度と考えると、ウォーターサーバーの水ボトルの価格は決して安いものではありません。この料金が毎月の負担になってしまい、解約してしまう方がいらっしゃるのです。

サーバーレンタル料


ウォーターサーバーはメーカーからサーバーをレンタルし、水ボトルを購入して利用するものです。サーバー本体は無料でレンタルできるメーカーが多いのですが、高性能だったりおしゃれなデザインのサーバーはサーバーレンタル料がかかる場合があります。およそ月々1,000円前後かかると見積もって良いでしょう。

電気代

ウォーターサーバーは電力によって起動する家電です。なので毎月電気代がかかってきます。ウォーターサーバーにもよりますが、およそ月々300円~800円前後が目安です。一ヶ月計算で見ると安く見えますが、年間3,600円~9,600円かかると考えると、安いものではありませんね。スリープ機能やエコモードが搭載されているサーバーだと、電気代を比較的安く抑えられます。

サポート料

サポート料とは、定期的なメンテナンスと故障時に発生する修理料金のことです。毎月の利用料金にサポート料を含めているメーカーもあります。およそ月々1,000円~2,000円程度かかってきます。サポート料が無料のメーカーも存在していますので、契約の前にしっかり確認しておきましょう。

配送料

基本的にどのメーカーも水ボトルやサーバーの配送料金は無料です。しかし北海道や沖縄など、一部の離島では配送料金が発生する場合があります。地域によって配送料は異なりますが、離島に在住の方は毎月300円~1,500円程度の料金がかかる可能性があります。

ボトルの水が使いきれず余ってしまった

ウォーターサーバーの水ボトルは1本12L。家族の多い世帯なら問題がなく使いきれますが、1人~2人世帯で、家にいる時間が短いとボトルが使いきれず余ってしまいます。さらにメーカーによっては1ヶ月の最低注文本数が2本以上(24L)と定められているところもあり、使っていないボトルがどんどん家に増えていく…なんて事態になることも。無駄な水が増え続けるのが嫌で、解約する方も少なくはありません。

掃除の手間が増えた

大半のウォーターサーバーは、内部に自浄機能が搭載されています。さらに定期的なメンテナンスがあるので、自分で内部の洗浄をする必要はありません。ですが水の射出口や外装部分は自分で掃除をしないと、どんどんホコリや水垢がたまってしまいます。この掃除の手間も、繰り返されると億劫になってくるものです。

ボトルの交換がつらかった

ウォーターサーバーの水ボトルは1本10キロ以上。ボトルを宅配業者から受け取って保管する場所へと運んだり、サーバーにセットしたりするのは大変な重労働ですね。特にサーバーの上部分に水ボトルをセットするタイプのものだと、10キロ以上の水ボトルを水が無くなる度に自分の目線くらいの高さまで持ち上げなければなりません。力の弱い方にはとてもつらい作業になってしまいます。

サーバーが大きくて邪魔になった


最近では背が低いタイプや卓上タイプのウォーターサーバーも登場してきていますが、ウォーターサーバーの性質上、奥行きや横幅は従来のタイプとさほど変化がありません。大きいタイプだとリビングの一角を占領するので、どうしても部屋が狭くなってしまいますね。卓上タイプのものでも、ダイニングやキッチンに幅を利かせてしまい、今まで使えたスペースが使えず「邪魔だな」と感じてしまうことがあります。

サーバーのデザインがインテリアと合わなかった

ウォーターサーバーは決して小さな家電ではありません。先述した通り、リビングやダイニングの一角を占領してしまいます。なのでサーバーのデザインも重要な要素です。、契約したサーバーが自宅のインテリアと合わなく景観が損なわれてしまい解約してしまった…という方もいらっしゃいます。

ウォーターサーバーを続けるためには?

ここまでさまざまなウォーターサーバーをやめた理由をまとめてきました。ですがこれらの理由のなかには、ちょっとした工夫で回避できることもあります。

ランニングコストを抑えられるメーカーを探す

ウォーターサーバーは多種多様。高性能なサーバーで質の良い水を提供しているメーカーだと、当然毎月の利用料金も高くなってしまいます。ですがウォーターサーバーにそれほど高品質を求めなければ、コストを抑えられることができるのです


なかには月々のサポート料・配送料が無料で、水ボトルと電気代のみで利用できるメーカーも存在します。価格が安いサーバーだと、機能やデザインもシンプルなタイプがほとんどですが、「とりあえず水道水より質の良い水が飲みたい」という方は、この格安のサーバーを利用することをおすすめします。

世帯規模にぴったりな水を注文する

世帯規模に合わない水ボトルの本数を注文してしまうと、あっという間に物置が未使用の水ボトルで埋まってしまいます。なので自分の世帯規模に合った水を注文するようにしましょう。2人世帯ならおよそ20~30Lが目安です。

 

水ボトルの最低注文本数が存在せず、好きな本数だけ注文できるメーカーも存在します。一人暮らしなど、ウォーターサーバーを契約したいけど水が余ってしまう恐れがある
方は、自由注文のメーカーと契約することをおすすめします。

自宅のインテリアと合うかしっかり検討する

一昔前まで、ウォーターサーバーと言えばどこも同じようなデザインでしたが、最近ではおしゃれなデザインのサーバーも多く登場してきています。インテリアと馴染みやすい木目調のデザインや、モダンでスタイリッシュな赤や黒のデザインなどさまざまで、選択肢が広がっています、自宅のインテリアと合うか、しっかり検討してから契約するようにしましょう。

水ボトルの交換が楽なタイプを選ぶ

一般的にウォーターサーバーの水ボトル量は12Lですが、なかには水の容量が少ない「軽量タイプ」のボトルも存在します。軽量タイプは7~9L前後の水が入っています。この軽いタイプなら、力が弱い方でも水ボトルの交換が比較的容易に行えますね。


またサーバーの下部に水ボトルを設置する箇所がある「ボトル下置きタイプ」のサーバーもおすすめです。重たい水ボトルを上まで持ち上げる必要が無いので、ボトル交換時の転倒事故などを防止できます。

自分にぴったりのウォーターサーバーを見つけよう

ウォーターサーバーをやめた理由を一言でまとめると、「自分の生活と合わなかった」ということです。自分の居住スペースやライフスタイルをしっかりと見つめ、適切なサーバーを選べばこれらの事態は防げるでしょう。今回のまとめを参考に、自分にぴったりなウォーターサーバーを見つけてくださいね。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年12月10日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【購入前に】ウォーターサーバーのデメリットは?デメリットを解消したサーバーがある!?

【購入前に】ウォーターサーバーのデメリットは?デメリットを解消したサーバーがある!?

その他
ウォーターサーバーの口コミ評判は?実際の利用者の口コミを集めました

ウォーターサーバーの口コミ評判は?実際の利用者の口コミを集めました

その他
ウォーターサーバーは本当に便利なの?必要?メリットは?

ウォーターサーバーは本当に便利なの?必要?メリットは?

その他
【価格重視】コスパで選ぶ安いウォーターサーバーのおすすめ8選

【価格重視】コスパで選ぶ安いウォーターサーバーのおすすめ8選

その他
【購入前に】ウォーターサーバーって本当に必要?どんな人におすすめ?

【購入前に】ウォーターサーバーって本当に必要?どんな人におすすめ?

その他
ウォーターサーバーは災害時でも使える?災害時でも使えるサーバーは?

ウォーターサーバーは災害時でも使える?災害時でも使えるサーバーは?

その他