【購入前に】ウォーターサーバーって本当に必要?どんな人におすすめ?

記事ID17985のサムネイル画像
利便性の高いウォーターサーバーですが、本当に必要なのか疑問に思う人も多いです。後悔しないためには、ウォーターサーバーのメリットやデメリットを考えてコスパが良いか考えましょう。ウォーターサーバーのメリット・デメリット、必要な人と必要でない人についてまとめました。

ウォーターサーバーって本当に必要?

ウォーターサーバーは冷水と温水をいつでも飲むことができます。安全性も高く、質の良い水を気軽に飲めるのが魅力です。ただ、ウォーターサーバーはデメリットも多く、意味ない、必要ないという人も少なくありません

 

電気代などのランニングコストもかかるので、コスパが良くないともいわれます。ただ、ウォーターサーバーのメリットを活かせる人にとっては便利で、必要性はかなり高いです。水が宅配される点も、かなり役立ちます。

 

ウォーターサーバー選びで後悔しないためには、必要な場合とそうでない場合を理解する必要があります。ウォーターサーバーのメリット・デメリット、必要な人と必要ない人の違いをまとめました。

ウォーターサーバーのメリット

ウォーターサーバーは気軽に品質の良い水が飲めて、お湯がすぐに使えることでさまざまなメリットがあります。大きなボトル水を宅配してもらえることによるメリットも多いです。ウォーターサーバーのメリットについてまとめました。

水を飲む習慣ができる

ウォーターサーバーがあると水を飲むのが習慣になり、体調が良くなったという話もあります。1日に最低でも1.2Lの水を飲んだ方が良いといわれていますが、普通に生活していると水を飲む機会があまりありません。ウォーターサーバーがあれば、水を飲む機会が増えます。

 

糖分の多い清涼飲料水を飲むことが多い場合も、ウォーターサーバーの水を飲んだ方が健康に良いといえます。適量の水を飲むことで、ストレスや不眠の解消・疲労回復・むくみの解消・便秘の解消・ダイエット・美肌効果などが期待できます。

冷えた水がすぐに飲める

冷水を手軽に飲むことができるのは、ウォーターサーバーの大きなメリットです。冷水を飲むには冷蔵庫の中にペットボトルなどを入れておく必要があります。冷蔵庫のスペースを占領して、食材を入れられなくなる場合があります。

 

ウォーターサーバーがあれば冷蔵庫に水を入れておく必要がありません。冷たい水が簡単に飲めるので、熱中症や猛暑の対策にもなります。

温水でお茶やコーヒなどが簡単に飲める

ウォーターサーバーは温水が出せるので、お湯を沸かす手間が省けます。時間をかけずにお茶やコーヒなどを簡単に飲むことができます。赤ちゃんのミルクを作るにも便利です。カップラーメンを作るには温度が低いともいわれますが、少し加熱するだけで適温になります。

料理を作るのに便利

ウォーターサーバーの水を使って料理を作ると美味しいと感じる人は多いです。水道水はカルキの臭いがするので、料理の風味が落ちる場合があります。ウォーターサーバーの水は、カルキが入っていないので、単純に風味が良くなります

 

お米を炊く場合も、炊きあがりが違うと感じる人が多いです。ウォーターサーバーの水は、軟水が多いので炊飯や和食と相性が良いといわれています。水道水で作る料理に不満を感じている人は、ウォーターサーバーの必要性は高いといえます。

重い水を買いに行く必要がなくなる

ペットボトルを定期的に購入している場合は、持ち帰る水が重くて大変という人は多いです。2Lの水を3本購入すると6kgになりますが、6kg以上の荷物を持ち運ぶのはかなりの負担でしょう。ウォーターサーバーは水が宅配されるので、重い水を自宅まで運ぶ必要がありません。

備蓄用の水にもなる

ウォーターサーバーの水は、備蓄水としても利用できます。災害時には水道が使えなくなってしまうことは珍しくありません。マンションやアパートに住んでいる場合はポンプで屋上まで汲み上げてから、各部屋に水を送ります。停電すると水道が使えなくなる場合もあるのです。

 

ウォーターサーバーは電気で温水や冷水を作りますが、停電しても水が出せるウォーターサーバーが多いです。ウォーターサーバーのボトルはペットボトルよりも大きいので、備蓄水に適しています。当然ですが、停電した場合は冷たい水やお湯は飲むことができなくなります。

ペットボトルのゴミが増えない

ウォーターサーバーがあると、ペットボトルのゴミを減らすことにつながります。ペットボトルの水を飲むことが多い場合、ペットボトルを処分する必要があります。

 

ペットボトルの収集は月に1回しかない地域もあり、油断すると部屋がペットボトルだらけになる恐れもあります。処分するのはかなり面倒です。

 

ウォーターサーバーのボトルはペットボトルに比べて大型なので、本数が少なくなります。空になったボトルの処分もペットボトルに比べて簡単なので、ゴミ捨てに悩む心配がありません。

部屋のインテリアになる

ウォーターサーバーは、おしゃれでインテリアとして使えるものもあります。ウォーターサーバーは大きく存在感があるものが多いので、部屋の雰囲気を壊してしまうと心配する人がいるかもしれません。

 

デザイン性の高いウォーターサーバーを設置すれば、部屋をよりおしゃれな雰囲気にすることもできます。カラーバリエーションが豊富なウォーターサーバーもあるので、部屋のインテリアにマッチしたものを選べます

ウォーターサーバーのデメリット

便利なウォーターサーバーですが、ランニングコストの問題や設置スペースの問題などデメリットも多いです。水を宅配してもらう点がデメリットになることもあります。ウォーターサーバーのデメリットについてまとめました。

電気代などのランニングコストがかさむ

ウォーターサーバーは、ランニングコストかかることでやめてしまう人も多いといわれています。一人暮らしの人がウォーターサーバーを利用する場合、水の量が20Lで平均のランニングコストが3000円ほどといわれていますが、ペットボトルの水なら半額以下で購入できます。

 

水のボトル料金や電気代だけでなく、サーバーのレンタル料、メンテナンス料、水の送料などランニングコストが分かりにくい点も注意が必要です。ランニングコストが気になるなら、ランニングコストの内訳が分かりやすく安いウォーターサーバーがおすすめです。

置き場所に困る

ウォーターサーバーの置き場所で生活スペースが圧迫されるという話もあります。一人暮らしで部屋のスペースが限られている場合は、ウォーターサーバーが大きいと大変です。

 

卓上タイプなど、コンパクトなウォーターサーバーもあります。設置スペースが気になるなら、ウォーターサーバーの大きさは確認しておきましょう。

ノルマがあると水が飲みきれない

ウォーターサーバーは、ノルマ(水の最低注文量)が決まっているメーカーもあります。ノルマの水を飲みきれないと、水の入ったボトルがどんどん溜まっていく場合もあります。水が飲みきれないだけでなく、ボトルの保管で生活スペースも圧迫されます。

 

1人暮らしの人など、あまり水が飲めない場合は注意が必要です。ノルマのないウォーターサーバーなら、水が飲みきれない心配をしないですみます。一時休止などが可能なウォーターサーバーもあります。

 

下記の表は、1ヶ月で水を利用する平均的な量を人数ごとにまとめたものです。使い切れる量の水を注文するようにしましょう。

世帯人数 使用量(1ヶ月)
1人 20L
2人 30L
3人 36L
4人 48L

ボトル交換が大変

ウォーターサーバーはボトルを自分で交換するのが大変という方は少なくありません。ウォーターサーバーは12Lのボトルが主流です。ウォーターサーバーの上部にボトルを設置するタイプも多いので、女性や高齢者の方には重いボトルの取り付けが負担になってしまいます。

 

重いボトルを交換するのが大変なら、ボトルが小さいウォーターサーバーか足元に設置できる下置きタイプがおすすめです。

定期的に掃除する必要がある

ウォーターサーバーの内部はメンテナンスフリーのものも少なくありませんが、注ぎ口やボトルの差し込み口などを自分で掃除する必要があります。掃除しないと雑菌などが発生しやすいです。定期的なお手入れが面倒な方には、自分で掃除をするのはデメリットでしょう。

不在時に受け取れない

ウォーターサーバーの水は基本的に宅配なので、家を留守にすることが多い方には受け取りにくいのがデメリットがあります。再配達は行われますが、日時の指定などが面倒だと一人暮らしの場合などは大変です。

 

留守にすることが多いなら、再配達に融通の利くウォーターサーバーを選びましょう。水を指定の場所に置くことができるサービスや配達日などがアプリで指定できるサービスもあります。

ウォーターサーバーとペットボトル・浄水器との比較

ペットボトルは、国内外のさまざまな水が売られています。何万円もするものから2Lで100円しないものまであり、ミネラルなどの含有量もさまざまです。ペットボトルは用途に合わせて購入できるのがメリットですが、持ち運びが大変で保管スペースやごみの処分が手間になります。

 

浄水器は、水道水から臭いや不純物を取り除くことができます。浄水器でろ過した水は雑菌などが発生しやすいので、早めに使い切る必要があります。また、定期的なフィルター交換などのメンテナンスが必要です。

 

それぞれにメリット・デメリットがありますが、ウォーターサーバーのメリットは温水と冷水が簡単に利用できることでしょう。

ウォーターサーバーが必要ないのはどんな人?

ウォーターサーバーは品質の良い水やお湯を簡単に飲めて便利ですが、それに魅力を感じない人には必要性が低いでしょう。他にも、ウォーターサーバーを使う機会が少ない人にとっても、あまり必要とはいえないでしょう。ウォーターサーバーが必要でない人の傾向をまとめました。

水道水があれば満足できる

飲料水や料理に使う水は、水道水で十分という人にはウォーターサーバーは必要ないでしょう。浄水器を使えば不純物は取り除けます。キレイな水を保存するウォーターサーバーにメリットは感じないでしょう。

水を冷やしたり、沸かすのが面倒ではない

自分で水を冷やすことや温めることに抵抗がないなら、ウォーターサーバーを必要性は低いです。冷水や温水をすぐに使えるのは、ウォーターサーバーの大きなメリットです。手間や時間がかかることに抵抗がないなら、ウォーターサーバーに魅力は感じないでしょう。

外出時間が長くて家にいない

外出時間が長く、家にいる時間が長い場合もウォーターサーバーはあまり向いていません。ウォーターサーバーは自宅内で使用するので、家にいる時間が少ないと使う機会も減ってしまいます。外食が多い場合も、料理を作らないのでウォーターサーバーのメリットが活かせません。

外出時に飲み物を飲まない

外出時に飲み物をあまり飲まないなら、ウォーターサーバーはいらないかもしれません。外出時にウォーターサーバーで作った暖かい飲み物や水を持ち歩くことで、外で飲み物を購入する必要がなくなります

 

そもそも、外で飲み物を飲むことが少ないなら、ウォーターサーバーのメリットを活かせません

部屋が狭い場合

部屋が狭いとウォーターサーバーを置くスペースが用意できないことも考えられます。スリムで省スペースのウォーターサーバーもありますが、思っていたより大きかったというケースは少なくありません。部屋が狭い場合は、実際に置けるのか注意する必要があります。

ウォーターサーバーが必要な人

ウォーターサーバーは冷たい水やお湯がすぐに使えるので、時間をかけずに使いたい人には必要性が高いです。ペットボトルのミネラルウォーターを飲む人や外出時に飲み物を買う人にもかなり役に立ちます。ウォーターサーバーが必要な人の傾向をまとめました。

冷たい水や温かい飲み物がすぐに飲みたい人

ウォーターサーバーなら、冷水と温水が常に準備されています。水を冷やしたり、温めるのにも時間と手間がかかります。ウォーターサーバーなら、すぐに冷たい水が飲めて、温かいお茶やコーヒなども簡単に作れます

 

時間をかけずに冷たい水や温かい飲み物に飲みたい人には、ウォーターサーバーの必要性は高いといえます。

ミネラルウォーターを飲むことが多い人

ペットボトルのミネラルを飲むことが多い人にもウォーターサーバーの必要性は高いです。ウォーターサーバーなら重いペットボトルの買い出しが不要で、冷蔵庫のスペースを取らずに水を保管できます。

 

リターナブル方式ならボトルは回収され、ワンウェイタイプはボトルが潰せるものが多いのでペットボトルほど邪魔になりません。ペットボトルのミネラルウォーターの面倒な部分をかなり減らすことができます。

料理を作ることが多い人

ウォーターサーバーの水は軟水が多いので、料理を作ることが多い人に便利です。ウォーターサーバーの水だと、料理が美味しいと感じる人は多いです。温水を常に使うことができるので、料理時間の短縮にもなります。

外出時に飲み物を買うことが多い人

外出時に外で飲みものを買うことが多い人にも、ウォーターサーバーはおすすめです。ウォーターサーバーの水や自宅で作った暖かい飲み物を用意しておけば、外で飲みものを買う必要がありません

 

コンビニや自販機で買う飲み物は意外と高いので、重なると出費がかさみます。糖分の多い飲み物も多いです。ウォーターサーバーなら、リーズナブルで健康的な飲み物が飲めます

妊娠中の女性

出産を控えた女性にもウォーターサーバーは、役に立ちます。妊娠中の女性は新陳代謝が活発になり、普段より水分が必要なので脱水症状が起きやすいです。ウォーターサーバーで水分を取りやすい環境を作ることで、脱水症状が防げます

 

十分な水分を取ることで血液がサラサラになり、血液を通して赤ちゃんに十分な栄養を届けることもできます。キレイな水を飲むことは、赤ちゃんのアレルギーやアトピーのリスクを減らすことにもなります。

 

ペットボトルでミネラルウォーターなどを用意する場合、水の買い出しが大変です。特に妊娠中の女性には、かなりの負担になります。ウォーターサーバーなら、水が自宅に届くので妊娠中の女性にとってはありがたいです。

赤ちゃん用ミルクを作る人

ウォーターサーバーは赤ちゃん用のミルクを作るのに便利です。ミルクを作る際は、70℃以上のお湯が推奨されています。ウォーターサーバーのお湯は80℃~90℃なので、すぐにミルクを作ることができます。

 

赤ちゃんは内蔵が未発達なので、ミネラルの多い硬水でミルクを作るとお腹を壊しやすいです。ウォーターサーバーの水は軟水なので、赤ちゃん用のミルクを作るのには適した水になっています。

一人暮らしならウォーターサーバーはいらない?

一人暮らしの人は、ウォーターサーバーがいらないといわれています。一人暮らしだと部屋が狭い場合や水の使用量自体が少ないことも多いです。確かに、ウォーターサーバーが必要な人は少ないでしょう。

 

ただし、一人暮らしでも水やお湯の使用量が多い人や外出時に飲み物を飲むことが多い人は、ウォーターサーバーは十分役に立ちます。自宅への来客が多い場合も、お茶やコーヒが簡単に出せるので便利です。

 

設置スペースや水の使用量などを考えて、自分に合ったウォーターサーバーを選ぶことが大切です。

ウォーターサーバーはコスパが良くない?

ウォーターサーバーの導入を考えるなら、コスパが気になるところでしょう。ウォーターサーバーの月額料金が3000円だとすると、ペットボトルよりどうしても安くなります。一般的なミネラルウォーターのペットボトルと比較すると、ウォーターサーバーの方が価格は高いです。

 

ただ、コスパは費用対効果なので価格だけでは決まりません。ウォーターサーバーには、冷水と温水が飲める・重い水の買い出しが不要・冷蔵庫のスペースを使わない・水が備蓄できるなどのメリットがあります。メリットに価格以上の価値を感じるなら、コスパは高いといえます。

後悔しないために、ウォーターサーバーが必要なのかよく考えよう

ウォーターサーバーは冷水・温水をすぐに使えるので、冷たい水がすぐに飲めます。お茶やコーヒー、赤ちゃんのミルクを作るのに便利など、メリットがかなり多いです。電気代などのランニングがかかっても、必要な人にはそれ以上の魅力があります。

 

とはいえ、ウォーターサーバーを使うことが少ない人だと、せっかく設置しても無駄になってしまいます。ウォーターサーバーのメリット・デメリットを考えて、自分に必要かどうかを感がることが大切です。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年12月08日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【購入前に】ウォーターサーバーのデメリットは?デメリットを解消したサーバーがある!?

【購入前に】ウォーターサーバーのデメリットは?デメリットを解消したサーバーがある!?

その他
ウォーターサーバーの口コミ評判は?実際の利用者の口コミを集めました

ウォーターサーバーの口コミ評判は?実際の利用者の口コミを集めました

その他
ウォーターサーバーは本当に便利なの?必要?メリットは?

ウォーターサーバーは本当に便利なの?必要?メリットは?

その他
【価格重視】コスパで選ぶ安いウォーターサーバーのおすすめ8選

【価格重視】コスパで選ぶ安いウォーターサーバーのおすすめ8選

その他
RO水が飲めるウォーターサーバーの人気おすすめ5選!【2023年最新版】

RO水が飲めるウォーターサーバーの人気おすすめ5選!【2023年最新版】

その他
【購入前に】マンションでウォーターサーバーを使うときの注意点は?

【購入前に】マンションでウォーターサーバーを使うときの注意点は?

その他