ウォーターサーバーにカビ!?臭い?まずい?カビが繁殖しやすい場所は?

記事ID17886のサムネイル画像
ボタン1つで熱湯と冷水が瞬時に使えるウォーターサーバーですが、正しい使い方を守らないと思わぬリスクが潜んでいます。一度内部がカビの温床になると簡単にはもとに戻せません。今回は長く使い続けるための正しい使い方と掃除方法を紹介しますので是非参考にしてみてください。

正しい使い方をしないとカビが繁殖する

一般的な家庭でカビが発生するリスクが高いのは、台所や、風呂場などの水周りだと思います。ウォーターサーバーも水を取り扱う製品である以上、常にカビが発生するリスクがあることを覚えておきましょう。

 

私たちが普段生活している環境の空気中には、常にカビの奉仕が浮遊しています。なので、ウォーターサーバーは正しく使わないと水垢が発生したり、カビや雑菌の温床ととなってしまいます。最悪の場合、健康に害が出てしまうこともあるので正しい使い方を知っておく必要があります

カビ臭いウォーターサーバーの水を飲んだ時のリスクは?

ウォーターサーバーが少しくらい汚れても気にしないという人もいるかもしれません。しかし、どんなに美味しくて品質の高い水が飲めるウォーターサーバーでも、カビの温床となってしまうと、水がカビ臭くなってしまい美味しく飲むことはできません。また、カビの温床となったウォーターサーバーを使い続けると、健康面でもリスクがあります。

 

下記では、ウォーターサーバー内部に繁殖する可能性のあるカビの種類と、カビが繁殖したウォーターサーバーの水を飲み続けるとどんなリスクがあるのかを解説します。

 

アレルギーの原因となる黒カビ

黒カビはキッチンや浴室など湿気の多い環境で発生しやすいカビで、体内に入るとアレルギーを引き起こします。また、発症したアレルギーが喘息を誘発することもあるので、人間の身体に悪影響を与える危険なカビです。

 

私たちの周りの空気中には黒カビの胞子は常に浮遊しているので、高温多湿の環境では瞬く間に増えていきます。特に梅雨の時期と夏場に増殖するので覚えておきましょう。

 

黒カビはアルコールや高温で殺菌できるため、比較的簡単に殺菌できますが、冬場の低温や乾燥状態にも耐性を持っているので年間を通して注意が必要です。ウォーターサーバーのカビの発生しやすい場所を定期的に拭き取るようにしておかなくてはなりません。

黒カビのもととなる赤カビ

水回りに発生しやすいカビとして黒カビと共に有名なのが赤カビです。一般的に赤カビはカビの一種として認知されていますが、実は、ロドトルラと呼ばれる酵母菌です。カビではないため、体内に入っても人体にはほとんど影響はありません

 

しかし、赤カビは栄養源となり黒カビが発生しやすくなります。赤カビが発生しやすい環境は、同様に黒カビも好むため、そのまま放置していると赤カビが発生した場所がそのまま黒カビに変わります。

 

赤カビは高温多湿の環境で繁殖しやすく、水分があればどんなところにも発生します。軽く拭き取るだけ比較的簡単に除去できるので、ウォーターサーバーの赤カビが発生しやすい場所を定期的に拭き取っておくようにしましょう。

喘息を引き起こすススカビ

高温多湿の日本には様々な種類のカビが存在しますが、ウォーターサーバーを使う際に特に注意しなくてはいけないのがススカビです。ススカビはアルテルナリアとも呼ばれ黒カビと同様にアレルギー喘息を引き起こすカビの一種で、身体の弱い人や免疫力の低い赤ちゃん、お年寄りに健康被害をもたらす危険があります。

 

ハウスダストと共に空気中に浮遊しており、浴室や台所のような水回りを好みます。そのため、外部から空気を取り込むウォーターサーバーは繁殖に適した環境なため、ススカビの温床となるリスクが高いといえます。

 

黒カビや赤カビと同調に、普段からこまめにウォーターサーバーのカビが繁殖しやすい場所を拭き掃除する必要があります。加えて、ウォーターサーバーを使う部屋の空気中に浮遊しているカビの胞子を除去するとより効果的なので、定期的に換気することをおすすめします。

ウォーターサーバーのカビが繁殖しやすい場所は?

ウォーターサーバーで最もカビが繁殖しやすい場所は、水と空気が触れる場所です。ウォーターサーバーの水が入ったボトルの内部は、各メーカーで徹底的に品質管理が行われています。水がなるべく空気に触れないように密封されているため、カビや雑菌が繁殖しにくくなっていますが、水を出すときやボトル交換の際は必ず空気に触れることになります。

 

各家庭に出荷された新品のウォーターサーバーの内部はほぼ無菌状態と言えますが、水を扱う製品なので、水と空気が触れる場所ではカビや雑菌が繁殖する危険が常にあります。ウォーターサーバーのカビが繁殖しやすい場所を把握して正しく使えばウォーターサーバーを安全に長く使い続ける事ができるので是非参考にしてみてください。

注ぎ口

ウォーターサーバーの注ぎ口は、私たちの口に入る水が必ず通る場所です。毎日使っていると常に湿っている状態になっているので、実はとてもカビが発生しやすい場所です。また、直接手で触れたり、口を付けたペットボトルやコップを給水口に触れさせてしまうとカビや雑菌が繁殖するリスクが更に高くなってしまいます。

 

そのため、一人暮らしなど自分しか使わないのであれば管理は簡単ですが、家族と使ったり、オフィスなど複数人と共用で使う場合はカビが発生するリスクが高くなります定期的に清潔な布で拭き取ればカビの発生を防ぐことができるので、こまめに掃除することをおすすめします。

ボトル挿入部

ボトル挿入部は、毎回のボトル交換で必ず水が空気と接触する場所です。未開封のボトルの水は清潔な状態ですが、ボトル挿入部が不衛生な状態だと、不衛生な水がウォーターサーバーの内部に循環することになります

 

ウォーターサーバー内部でカビが繁殖してしまうと、掃除やメンテナンスで除去することはできません。なので、ボトル挿入部は常に清潔な状態を保っておく必要があります。

 

ボトル挿入部周りは、ボトル交換時に水がこぼれることがよくあります。ボトル挿入部周りに溜まった水が原因でカビや雑菌が繁殖することがあるので、ボトル交換時は毎回必ず水分を拭き取るようにしましょう

 

加えて、ボトル交換時などに、ボトル挿入部を誤って手で触ってしまいそのままにしておくとカビや雑菌が発生する原因になります。誤って手で触ってしまった場合は、清潔な布で丁寧に掃除しましょう。

水受け皿

水受け皿は、私たちが口にする水が触れる場所ではありません。汚れていても気にしない人が多く、多くの人が掃除を怠っています。そのため、ウォーターサーバーの中で最もカビが発生しやすい場所と言われています。

 

飲水に触れることがないので大丈夫だと思われがちですが、水受け皿でカビが発生すると、ウォーターサーバーを設置した部屋の空気中に漂うカビの胞子が増えてしまいます。そのため、空気を取り込むウォーターサーバーの内部など他の場所でカビが発生するリスクが高くなるので必ず掃除する必要があります。

 

コーヒーやお茶、カップラーメンの粉末が付着して、そのまま放置するとカビや雑菌の栄養源となるため注意してください。

ウォーターサーバーでカビが繁殖するのを防ぐ方法

ウォーターサーバーでカビが繁殖する危険性やカビが繁殖しやすい場所を紹介してきました。季節や湿度などでもカビが発生しやすくなるため、ウォーターサーバーが常にカビの温床となる危険があることがわかったと思います。

 

しかし、ウォーターサーバーは正しい使い方をすれば、カビの発生を防ぐことができ、いつまでも安心して美味しい水を飲むことができます。ウォーターサーバーを安全に使うには以下の3つのポイントがあります。

 

・定期的にメンテナンス・掃除をする

・注ぎ口に触れないようにする

・開封後なるべく早く水を使い切る

 

簡単な3つのポイントをしっかり抑えれば、安全にウォーターサーバーを使い続けることができるので、必ず覚えておくようにしてください。

定期的にメンテナンス・掃除をする

定期的にメンテナンスと掃除をするのはウォーターサーバーを使う上で最も重要なポイントです。今回の記事で紹介したウォーターサーバーのカビが発生しやすい場所を定期的に掃除するようにしましょう。

 

掃除の方法は、乾いたキッチンペーパーや清潔な布で水分を拭き取ります。完全に乾燥した状態で、消毒用のアルコールスプレーを吹きかけて、再度拭き取ります。注ぎ口は綿棒を使えば完全に水分を取り除く事ができるので参考にしてみてください。

 

水受け皿も、乾いた布とアルコールスプレーで掃除できますが、本体から取り外せる物が多いです。取り外せるようであれば、食器と同様に中性洗剤で洗うのがおすすめです。

注ぎ口に触れないようにする

ウォーターサーバーからコップやペットボトルに水を注ぐ際、注ぎ口に直接素手で触れることがないようにしましょう。人間の手には様々な雑菌やカビの胞子が付着しており、直接触ってしまうと手から給水口に移ります

 

注ぎ口は、湿気と高温を好むカビの胞子にとって繁殖しやすい環境です。注ぎ口に付着するとそのまま繁殖する危険があります。

 

大人数でウォーターサーバーを共用する場合、使っている全員が注ぎ口に触らないという共通認識を持っている必要があるため、オフィスで使う場合は注意しましょう。

開封後なるべく早く水を使い切る

ウォーターサーバーの水はできるだけ早めに使い切ることをおすすめします。水の賞味期限は、使うメーカーや方式により様々ですが、一度開封すると約1ヶ月未開封だと約6ヶ月のものが一般的です。

 

賞味期限内に水を使い切っておけば、安全にウォーターサーバーを使う上で、基本的に問題はありませんが、水の美味しさを考慮すると、開封後新鮮なうちに使い切るのがおすすめです。

 

また、開封前のボトル内はほぼ無菌状態ですが、開封と同時に無菌ではなくなります。時間が経てば経つほど、カビや雑菌は繁殖していくのでなるべく早めに水を使い切るほうが安全にウォーターサーバーを使うことができます。

自動クリーン機能が付いたウォーターサーバーがおすすめ

ウォーターサーバーの内部で一度はカビが繁殖してしまうと、業者に依頼しても完全に除去することは難しいと言われています。そのため、ウォーターサーバーは定期的にメンテナンスや掃除をする必要があります。

 

ウォーターサーバーの中には自動クリーン機能が付いたものがあります。ウォーターサーバーの内部で熱湯を循環させることで除菌を行い、内部を清潔な環境に保ってくれます。以下で自動クリーン機能が付いたウォーターサーバーを紹介するので参考にしてみてください。

プレミアムウォーター amadana スタンダードサーバー

シンプルなデザインでどんな場所にもマッチする

平面で構成されたシンプルなデザインで、家具などと一緒に並べても違和感がありません。コンパクトなサイズと落ち着いた色味が特徴でどんな部屋にでも馴染みます。

 

自動クリーン機能がついており、70度の熱湯をタンクの中で循環させて除菌を行います。直接掃除できない内部を清潔に保つので、長期的に安心して使うことができます。

レンタル料 無料

サントリー天然水ウォーターサーバー

有名飲料メーカーの天然水が飲める

有名飲料メーカーのサントリーが作ったウォーターサーバーです。人気のある「南アルプスの天然水」がウォーターサーバーを使って家庭で楽しむことができます。

 

サントリー天然水ウォーターサーバーは、24時間に1度ウォーターサーバー内部を熱湯が循環して除菌を行います。自動クリーン機能の作動中はウォーターサーバーが使えませんが、都合のいい時間を自分で設定して除菌を行うため、非常に使い勝手が良い機能です。

レンタル料 無料

コンパクトで一人暮らしでも使いやすい

フレシャスSlatはグッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバーでシンプルでどんな場所に置いても馴染むデザインで人気があります。一般的なウォーターサーバーは12リットルのボトルを採用していますが、フレシャスSlatは9.3リットルの軽量ボトルなので、女性でも安心して使えます。また、ボトルを下から設置するタイプなのでボトル交換も簡単です。

 

ウォーターサーバーの内部がエアレス構造なのでカビや雑菌が入り込みにくい構造になっています。加えて、内部に熱湯を循環させる自動クリーン機能付きで、内部で水が滞留することを防ぎ、衛生的な環境をキープします。

レンタル料 月900円

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年12月09日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

サントリー天然水ウォーターサーバーのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

サントリー天然水ウォーターサーバーのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

その他
ウォーターサーバーにメンテナンスは必要?自分でやる方法は?

ウォーターサーバーにメンテナンスは必要?自分でやる方法は?

その他
熱湯がでるウォーターサーバーをご紹介!気になるお湯の温度は?

熱湯がでるウォーターサーバーをご紹介!気になるお湯の温度は?

その他
ウォーターサーバーの水が臭い!原因や対処法について徹底解説します

ウォーターサーバーの水が臭い!原因や対処法について徹底解説します

その他
【2023年版】ナルゲンボトルのおすすめ人気ランキング15選【熱湯や食洗機対応も】

【2023年版】ナルゲンボトルのおすすめ人気ランキング15選【熱湯や食洗機対応も】

アウトドアグッズ
ウォーターサーバーの温水と冷水の温度は?温度別におすすめのサーバーをご紹介!

ウォーターサーバーの温水と冷水の温度は?温度別におすすめのサーバーをご紹介!

その他