ウォーターサーバーにメンテナンスは必要?自分でやる方法は?

記事ID17802のサムネイル画像
ウォーターサーバーのメンテナンスを行うのは面倒に思うかもしれませんが、長く使っていると雑菌が繁殖してしまうのでメンテナンスを行う必要性があります。今回の記事では、ウォーターサーバーのメンテナンスを行う必要性についてご説明しましょう。

ウォーターサーバーのメンテナンスを行うのはなぜ?

ウォーターサーバーのメンテナンスを行う必要性は十分にあります。ウォーターサーバーを選ぶ際に水の特徴やコスト、デザイン、機能、サービスや特典などを重要視して選んでいませんか?確かにこれらのポイントを押さえることで使いやすくなるでしょう。

 

しかし、ウォーターサーバーのメンテナンスを度外視していると、いずれ安心して水が飲めなくなる可能性があります。常に美味しい水がいつでも飲めるようにするためには、メンテナンスが欠かせません。

 

ただ、メンテナンスなんて面倒に思う人もいるので、なぜメンテナンスを行う必要性があるのか疑問に思う人もいるかもしれません。それでは、ウォーターサーバーのメンテナンスを行う必要性についてご説明しましょう。

ウォーターサーバーの水には塩素が含まれていない

ウォーターサーバーのメンテナンスが必要なのは、水道水のように塩素が含まれているわけではないからです。よく水道水は塩素が含まれているから飲みたくないという言葉を耳にすることがありますが、その塩素が重要な役割を果たしています。

 

水道水に含まれる塩素には強い殺菌力があり、体内に入っても問題がない安全性が確保されているものです。塩素が水道水を安心して飲めるものにしてくれますが、ウォーターサーバーには塩素が含まれていないため、殺菌されないので雑菌が繁殖しやすくなります。

 

いくら工場で加熱殺菌などの対策が行われているとはいえ、水道水と同じ感覚で飲んでいると傷んだ水を飲むことになりかねません。ウォーターサーバーのメンテナンスを定期的に行って安心・安全に飲める水を維持しましょう。

外気に晒され続ける給水口

ウォーターサーバーで雑菌が繁殖するのは水だけでなく、水を出している給水口も例外ではありません。給水口は常に外気に晒され続けている状態なので、細菌やカビ、ホコリなど様々なものが付着しやすいです。

 

誤って給紙口に手が触れてしまったり、コップや食器などが触れてしまっても細菌などが付着してしまう可能性があります。そうなると安心安全であるはずのサーバーに向かって細菌が繁殖してしまう可能性もあるでしょう。

 

このような事態にならないためにも、衛生面に常に気を使う必要性が出てくるのがウォーターサーバーを導入する上での注意点となります。ウォーターサーバーの導入を検討しているのであれば、しっかりメンテナンスを行いましょう。

どんなメンテナンスをすればいい?

上述したようにウォーターサーバーを導入したままメンテナンスを行わずに使っていると、細菌の繁殖によって安心安全な水が飲めなくなる可能性があります。それを防ぐためには定期的なメンテナンスが必要ですが、どんなメンテナンスを行えばいいのか分からない人もいるでしょう。

 

さすがにウォーターサーバーの内部までは自分でメンテナンスを行うことができないので、外部のメンテナンスを行う必要性があります。外部のメンテナンスをしっかりと行うことで、細菌などの繁殖を可能な限り抑えられるでしょう。

 

それでは、ウォーターサーバーの外部のメンテナンス方法についてご説明しましょう。

外装とボトルの差込口のメンテナンス方法

まず、ウォーターサーバーの外装は綺麗な布巾などで綺麗に拭きます。なお、拭いている時にどこかに不具合がないかチェックしながらメンテナンスするのがポイントです。目安は1週間に1回です。

 

そしてボトルの差込口は外気に触れていながら常に湿っている場所なので、雑菌が繁殖しやすくなっています。ただ、そこまで頻繁に掃除する場所でもないため、メンテナンスはボトルを交換するタイミングで行いましょう。

 

差込口をキッチンタオルなどでしっかりと水気を拭き取り、除菌用のアルコールスプレーなどで仕上げをすると上手に殺菌することができます。

給水口と受け皿、サーバー背面のメンテナンス

給水口はボトルの差込口と同じ環境下にあるので、差込口と同様に布巾やキッチンタオルなどで水気をしっかりと拭き取りましょう。その後、アルコールスプレーで仕上げを行った後、蛇口の内側を綿棒で掃除するとなお綺麗になります。目安は1週間に1回です。

 

受け皿は水やホコリなどのゴミが溜まりやすく、簡単に雑菌が繁殖する環境を作り出します。手軽に取り外せるため、定期的に取り外して丁寧に洗い流して水気をしっかり拭き取った後に再度取り付けましょう。目安は1週間に1回です。

 

サーバー背面は掃除する機会があまりないので、定期的に掃除しないとチリやホコリが付着してしまいます。チリやホコリが溜まっていると放熱板から熱が放出されず、高温になってしまうでしょう。1ヶ月に1回を目処に、掃除機で細かくチリやホコリを吸い取りましょう。

自分でウォーターサーバー内部のメンテナンスをすることはできない?

ウォーターサーバー内の細菌の繁殖を防ぐためにも内部のメンテナンスを行いたいところですが、残念ながら内部のメンテナンスはメーカーでないとできません。したがって、メーカーが定期的にメンテナンスを行うしかありません。

 

内部のメンテナンスで行われるのは、主にタンクの内部とパイプの内部を綺麗にしたり、消耗品を交換したりパーツの清掃などです。気を付けておきたいのは、メーカーによって定期メンテナンスの周期が違うことです。

 

メーカーによっては1年に1回、2年に1回と長く、メンテナンスを無料でやってくれることもあれば5000円~1万円程度でやってくれることもあります。事前にメーカーに問い合わせてメンテナンスの周期や無料か有料なのかを確認しましょう。

メーカー対応が必要ないメンテナンスフリーとは?

ウォーターサーバーの中にはメーカーによるメンテナンスが必要なメンテナンスフリーのウォーターサーバーがあります。必要なのは自宅でできる部分のみなので、メーカーのメンテナンス時期を待たなくていいというメリットがあるので大変便利です。

 

しかし、なぜメンテナンスが必要ないのか疑問に思う人もいるのではないでしょうか。内部をメンテナンスしなければ雑菌が繁殖しやすくなる環境を放置してしまうことになるので、メンテナンスの必要性が必ず出てくるでしょう。

 

それでは、自動で内部のメンテナンスを行うメンテナンスフリーについてご説明しましょう。

クリーン機能によるメンテナンスフリーの実現

メンテナンスフリーのウォーターサーバーの最大の特徴は、ボルトが圧縮構造になっていることとクリーン機能等が搭載されていることです。ボトル内に空気が入ると、空気中の細菌がボトル内で繁殖してしまいます。

 

しかし、ボトル圧縮構造になっていることで、ボトル内に混入する空気が入りにくくなっているのが特徴です。また、サーバー内部のクリーン機能により、温水タンクに溜められた熱湯が巡回することによってボトル内の熱湯消毒を行うのがポイントです。

 

これにより、水の滞留を防いで雑菌の繁殖を防ぐので内部のメンテナンスをしなくても安心安全に水が飲めるということになります。衛生面に優れているため、メーカーによる定期メンテナンスの対応が面倒な人におすすめです。

ウォーターサーバーのメンテナンスは定期的にしよう

ウォーターサーバーのメンテナンスは必要です。安心して水やお湯が使えるのは大きなメリットですが、長期的に使っていると雑菌が繁殖してしまうので安心して飲むことができません。安心して水やお湯を活用するためにも、定期的なメンテナンスを行う必要性があるでしょう。

 

今回の記事でご紹介したメンテナンス方法であれば、簡単に手入れができるのでおすすめです。ただ、内部だけはどうしても自分ではできないので、メーカーに問い合わせる必要性があります。

 

定期的なメンテナンスが面倒であれば、クリーン機能やボトル圧縮構造などの機能が搭載されたウォーターサーバーを導入するのがおすすめですよ。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年12月01日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

クリティアウォーターのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

クリティアウォーターのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

その他
【購入前に】ウォーターサーバーのデメリットは?デメリットを解消したサーバーがある!?

【購入前に】ウォーターサーバーのデメリットは?デメリットを解消したサーバーがある!?

その他
ウォーターサーバーの口コミ評判は?実際の利用者の口コミを集めました

ウォーターサーバーの口コミ評判は?実際の利用者の口コミを集めました

その他
うるのんのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

うるのんのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

その他
ウォーターサーバーは本当に便利なの?必要?メリットは?

ウォーターサーバーは本当に便利なの?必要?メリットは?

その他
アクアクララのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

アクアクララのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

その他