クリクラのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

記事ID17611のサムネイル画像
クリクラのメンテナンス方法には何をすれば良いのか気になりますよね。メンテナンスをしなかった場合にはどのようなデメリットがあるのか事前に確認しておくことも大切なポイントです。また、クリクラでは嬉しいサービスも付いているため、この点についても触れていきます。

ウォーターサーバーにメンテナンスが必要な理由

ウォーターサーバーは、ボトルを交換する際にほこりや菌が混入する可能性があります。そのまま使い続けてしまうとタンク内部に異物が溜まり、菌が繁殖する危険性にも繋がります。

 

特にウォーターサーバーの利用者が衛生面で感じている不安として、やはり見えない内部が汚れていないのか気になるという声は多いです。クリクラの場合は特殊なフィルターが装備されているため基本的に安全性は高いと言えます。

 

しかし、給水口は外気に触れやすい部分です。ウォーターサーバーの水のほとんどは塩素が含まれていないため、外気に触れると水が傷みやすく菌が繁殖しやすいなどの注意点があります。

 

また、飛び散った水が水垢となって残ることが不衛生に感じさせます。受け皿などに溜まった汚れも、来客者の方に衛生面で不安を与えてしまうことにも繋がります。そのため、ウォーターサーバーは衛生面を考慮したメンテナンスを定期的に行う必要があります。ウォーターサーバーによりメンテナンスの頻度も手間も変わってきます。

 

クリクラの場合は年に1度のサーバーメンテナンスが実施されています。部品交換だけでなくボトル充填部やタンク内部まで消毒をしてもらえるため、ご自身で行うメンテナンスは基本的に簡単な内容となっています。

クリクラが実施している年に1度のメンテナンスについて

クリクラでは年に1度のサーバーメンテナンスを実施しています。冷・温水コックや受け皿の交換だけでなく、水の漏れがないかチェックもしていただけます。

 

また、ボトル充填部や周辺の洗浄と消毒、タンク内部の点検などのメンテナンスを徹底して行ってもらえます。ウォーターサーバーで特に多い「タンク内部の汚れ」に対する不安を抑えられることも魅力と言えます

 

このメンテナンスにより、クリクラは1年ごとに新品同様の状態で使用することができます。サーバーをメンテナンスに出している最中は、メンテナンスが完了したサーバーとの交換となるため、余計な手続きも省かれています。

 

このサーバーメンテナンスにより、ウォーターサーバーに多い衛生面のデメリットや手間も大幅に削減されます。基本的にウォーターサーバーは規定年数の使用が条件である場合が多いため、長期的に利用する際にも嬉しいサービスと言えます。

クリクラのメンテナンス方法を解説!

クリクラをご自身で行うメンテナンス箇所は全部で5つです。外気に水が触れやすい給水口や給水コック、ボトル連結部分、受け皿、前面、背面となります。また、メンテナンス作業は清潔な手で行う必要があります。

 

年に1度のサーバーメンテナンスで新品同様になるため、ご自身で行うメンテナンスは基本的に軽く汚れを拭き取るなどの作業となります。特に綿棒などで給水口の汚れを取り除くなどの作業も必要ありません。

 

しかし、コーヒーなどの飲み物が跳ねてウォーターサーバー本体に付着したり、排出口などに溜まったほこりを拭き取るなどのメンテナンスは必要となります。この際には注意点がいくつかあるため、部分ごとに必要なメンテナンスについて解説していきます。

給水口・給水コックのメンテナンス方法

給水口のメンテナンスは基本的に必要ありません。定期的なメンテナンスサービスがないウォーターサーバーの場合、綿棒などで汚れを落とすメンテナンスが必要となります。この手間が面倒という声も多く、汚れを確認することでタンク内部の衛生面が不安にもなります。しかし、クリクラの場合は年に1度のサーバーメンテナンスで点検してもらえるため、安心感や安全性も高いと言えます。

 

しかし、給水コックには跳ねた水などが付着して汚れやすい部分になります。この部分も年に1度のサーバーメンテナンスで新品に交換してもらえますが、その間に汚れてしまう可能性が高いです。

 

ご自身で行うメンテナンス方法は、まず清潔なキッチンペーパーや布を濡らして汚れを拭き取り、その後にアルコールなどで消毒してメンテナンスは完了です

ボトル連結部分のメンテナンス方法

ボトル連結部分にはほこりなどの異物が溜まりやすいと言われています。この部分からタンク内に汚れが混入する原因になると言われています。

 

クリクラにはHEPAフィルターが装備されているため、ゴミやほこりが99.97%除去されます。使用中にウォーターボトル内に空気が溜まりますが、この空気にもHEPAフィルターを通しているため、安全性の高い水を維持することができます。

 

そのため、メンテナンスとしてはボトル差し込み口周辺を清潔なキッチンペーパーや布で軽く拭き取り、こちらもアルコール消毒するだけとなります。ほこりも溜まりづらい形状となっているため、メンテナンス頻度も多くありません

受け皿のメンテナンス方法

受け皿は特に汚れやすい部分です。跳ねた水や溢れたコーヒーなどが溜まり、見た目も不衛生に見えてしまいます。この部分は軽く拭き取るだけでは汚れを取り除くことができないことも少なくありません。

 

クリクラの受け皿は取り外しが可能です。食器用の中性洗剤でスポンジを使って綺麗に洗います。その後に清潔なタオルで水気を拭き取り、アルコールで消毒してメンテナンスは完了です。

 

同時にウォーターサーバー本体の受け皿周辺には汚れが付着していることも少なくありません。こちらは清潔なキッチンペーパーや布を濡らして汚れを落とし、同様にアルコール消毒して清潔感を保ちます。汚れが落ちづらい場合はこちらも食器用の中性洗剤で汚れを落とすとスムーズです。

前面のメンテナンス方法

ウォーターサーバーの前面には跳び跳ねた水などが付着しやすくなります。放置すると水垢となり、見た目も不衛生に見えます。メンテナンス頻度は汚れが気になる際に汚れを拭き取る形となります。

 

こちらも清潔なキッチンペーパーや布を濡らし、軽く拭き取るだけで基本的には汚れを落とすことができます。しかし、放置していた汚れは簡単には落ちないため、受け皿と同様に食器用の中性洗剤を使うと汚れも落としやすくなります

 

その際には水を含ませたキッチンペーパーなどで中性洗剤が残らないようにします。クリクラは汚れも落としやすい材質のため、強く擦る必要も基本的にありません。

背面のメンテナンス方法

クリクラの背面部分にはコンデンサーや排気口などが配備されています。この部分にはほこりが特に溜まりやすいため、掃除機を使いほこりを吸い取ります。その後に固く絞った布で汚れを拭き取ります。

 

また、この際には必ず電源プラグを先に抜き濡れた手で作業しないことが注意点となります。誤って濡れた手で作業してしまった場合、感電する恐れがあるためです。電源プラグにほこりや汚れが付着していた場合は同時に取り除きます。

 

さらに、ウォーターサーバー内部にはヒーターなど高温の部分があります。こちらも誤って触れてしまうと火傷の恐れがあるため注意が必要です。頻繁にメンテナンスをする必要はありませんが、ほこりが目立つ際にはこれらのメンテナンスが必要となります。

ウォーターサーバーにメンテナンスは必要不可欠!

ウォーターサーバーをより清潔な状態で飲み続けるため、メンテナンスは必要不可欠です。クリクラでは年に1度のサーバーメンテナンスが実施されているため、ご自身で行うメンテナンスも簡単です

 

しかし、給水コックや受け皿は特に汚れやすいため、ご自身でも頻繁にメンテナンスを行う必要があります。作業自体は汚れを落としてアルコールで消毒するだけで完了します。

 

クリクラはHEPAフィルターにより異物の混入も抑えられたりと安全性も高く、メンテナンスの手間も少ないことが特徴と言えます。1年ごとに新品同様の状態で使用することができることは、クリクラの魅力と言えます。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年04月19日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

クリクラの口コミ評判は?良い点と悪い点をチェック!【2023年最新版】

クリクラの口コミ評判は?良い点と悪い点をチェック!【2023年最新版】

その他
クリクラの口コミ評判は?実際に使用している人の感想まとめ!

クリクラの口コミ評判は?実際に使用している人の感想まとめ!

その他
うるのんのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

うるのんのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

その他
アクアセレクトのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

アクアセレクトのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

その他
アルピナウォーターのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

アルピナウォーターのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

その他
アクアクララのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

アクアクララのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

その他