アクアセレクトの電気代はどれくらい?節約する方法は?【ウォーターサーバー】

記事ID17529のサムネイル画像
初めてウォーターサーバーを使うときに気になる一つが電気代です。いつでも美味しい水が飲めるのはいけど、少しでも電気代を安く抑えたいところですよね。この記事では、アクアセレクトの電気代や電気代の節約方法について詳しく解説をしていきます。

アクアセレクトの電気代はいくら?

結論から言うとアクアセレクトの電気代は、約680円~750円ほどかかります。アクアセレクトには、8L専用タイプのアクアセレクトライフと11.35L専用タイプのアクアセレクトサーバーの2種類があります。

 

電気代だけで年間で約10,000円必要となることを考えると高く感じてしまいますが、いつでも冷たいお水や温かいお湯を飲むことができるので、どうしても電気代がかかってしまいます。しかし、電気ポットなんかは年間平均で約7600円と言われています。

 

そのことを考えると、ウォーターサーバーの電気代が極端に高いというわけではありません。しかし、できる限り電気代は抑えたいと考える方もいらっしゃるでしょう。次からは、ウォーターサーバーの電気代を抑える方法について紹介を致します。

ウォーターサーバーの電気代を抑える方法は?

ウォーターサーバーは、常に温水と冷水を切り替えていつでも利用することが可能であるため、電気代がある程度高くなるのは当然のことです。むしろ企業の努力の甲斐もあって、ここまで電気代を抑えられています。

 

ウォーターサーバーの一番のメリットは、何といっても「手間いらず」であることです。この手間を省けることを考えると、電気代は一つの引換えともいえるでしょう。そもそも、ウォーターサーバーの電気代が高くなる要因は、水温を一定に保つためだからです。

 

水温を一定に保つ必要があるのなら、電気代を抑えることは難しいのではないかと考える方も多いのではないでしょうか。次項では、ウォーターサーバーの電気代を抑えたいという方に方法を紹介していきます。

エコモードの効果は?

ウォーターサーバーを利用する場合に必要な電気代は、一般的に月額1000円~1200円ほどといわれています。しかし、中にはエコモードと呼ばれる電気代を節約する機能が付いているウォーターサーバーもあります。

 

しかし、アクアセレクトにはエコモードの機能は搭載されていません。その代わりに、環境にやさしい省電力サーバーを採用しています。これにより月々の電気代が、680円~750円とかなり抑えられています。

 

エコモードを利用すると、月々の電気代は500円~600円くらいまで抑えられるサーバーがあるので、あまり大きな差はないといえます。

ウォーターサーバーの電気代を抑える方法4選

ここでは、ウォーターサーバーの電気代を抑える4つの方法について解説を致します。ウォーターサーバーを利用している方は、ぜひ参考にしてください。

1.直射日光の当たらない場所に置く

ウォーターサーバーは、常に水温を常温に保つことで雑菌の繁殖を防いでいます。ですので、直射日光の当たらない場所に設置することで水温の上昇を抑えて、冷水にするために使用する電力を削減することができます。

 

逆に室温が下がる冬などは、温水にする電力を抑えることができますが、衛生面やサーバー自体の劣化を防げるため長く利用するためにも直射日光に当てることはおすすめしません。

 

水温はウォーターサーバーによって違いはありますが、アクアセレクトの平均温度は冷水が5~12℃で温水が80~90℃に設定されています。ウォーターサーバーは、常に温度を管理していますが温度を下げたり上げたりするときに多くの電力を消費します。

2.エアコンやヒータなど温風・冷風の当たる場所に置かない

上記でも説明をしましたが、ウォーターサーバーの電気代の節約に有効な方法は、温度差がある場所に設置をしないことがおすすめです。ボトル内の水温を常温に保つ事が可能な場所に設置することで、水温が一定になり消費電力を抑えることができます。

 

ですので、エアコンやヒーターなど温風や冷風に当たる場所には設置しないことは非常に重要なポイントといえます。エアコンやヒーターの近くに設置すると、無駄なエネルギーを消費して電気代が上がってしまう原因にもなってしまいます

 

また、ヒーターなどで温度が急激に上がってしまうと動作不良の原因となったりウォーターサーバー自体の故障に繋がってしまうため、エアコンやヒーターの近くには設置しないようにしましょう。

3.障害物の近くに置かない

ウォーターサーバーを設置する場合に気を付けたい部分の一つとして、壁や家具など近くに置かないことです。とくに壁や家具にピッタリとくっつけてしまうとサーバーの熱が放出されなくなってしまいます。

 

このときに、サーバー側が本体を冷却しようと熱を放出しようとするために余分な負担がかかり電気代の増加に繋がってしまいます。ですので、ウォーターサーバーを設置する場合は、10~15cm以上離して設置するようにしましょう。

4.定期的にサーバーの掃除をする

ウォーターサーバーを設置する場合は、壁や家具を背にして設置することが多くなります。しかし、このように設置するとウォーターサーバー本体の背面にホコリやチリが溜まり熱の放出が出来なくなってしまいます。

 

そうすると、ウォーターサーバーの熱放出の妨げとなってしまい電気代の増加を促してしまいます。また、内部にホコリが侵入してしまうと故障の原因にも繋がってしまいます。ですので、サーバーの熱放出を効率よく行うために背面の掃除は月に1回程度行いましょう。

 

基本的にアクアセレクトの掃除方法は難しいものではなく掃除機でホコリを吸い取ってあげて、残ったホコリは乾いた布で拭き取るだけで大丈夫です。また水が出てくる部分も定期的に掃除するようにしましょう。

ウォーターサーバーの電気代は他の家電を比べてどうなの?

アクアセレクトで月々に必要な電気代は約680円~750円ほどかかりますが、普段使用している電化製品と比べるとどのくらいの差があるのでしょうか。ウォーターサーバーと電気ポット、電気ケトル、冷蔵庫との差を表でまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

 

項目

アクアセレクトライフ

アクアセレクトサーバー

電気ケトル

電気ポット

冷蔵庫

電気代

月/680円

月/750円

月/150円

月/240円

月/500円

消費電力

冷水85w

温水350W

冷水85w

温水350W

1450W

保温時35W

沸騰時1000W

年間457kWh

 

上記の表を見る限りウォーターサーバーの電気代が、特別高いというわけではないように感じます。アクアセレクトの場合は、環境にやさしい省電力サーバーを採用しています。

 

一般的なウォーターサーバーの電気代は、月額でおよそ1,000円~1,300円ほどと言われています。エコ機能は搭載されていないサーバーですが、電気代に関してはかなり抑えられているのは大きなポイントといえます。

 

また、ウォーターサーバーは「手間いらず」ですぐに冷水・温水を飲むことができるのが大きな魅力の一つとも言えます。電気ケトルや電気ポットは、どうしても沸かさなければいけないため時間を取られてしまう上、冷水は別で冷やしておかなければいけません。

 

余計な時間や手間がいらないことを考えると、ウォーターサーバーは非常に大きいメリットを得ることができます。

 

さらに上記で紹介した、電気代を抑える方法を実践することで電気代をさらに節約することが可能です。ウォーターサーバーは、電気代が高いと思われて敬遠している方も多いですが、思っているよりも高いものではないので検討の材料にできるのではないでしょうか。

美味しい水を飲めるウォーターサーバーで健康的な生活を送ろう!

この記事では、アクアセレクトの電気代や電気代を節約する方法について詳しく解説を致しました。好きなときに冷水と温水を飲むことが可能なウォーターサーバー。日常的に飲む物だからこそ、美味しくて安全な水を飲みたいですよね。

 

しかし、ウォーターサーバーの電気代で生活に支障をきたしては意味がありません。できる限り電気代を抑えつつ、健康的な毎日を送れるよう今回の記事を参考にしてくださいね。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年04月19日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

アクアセレクトの口コミ評判は?実際に使用している人の感想まとめ!

アクアセレクトの口コミ評判は?実際に使用している人の感想まとめ!

その他
アクアセレクトの解約方法を紹介!解約金がかかる場合がある?

アクアセレクトの解約方法を紹介!解約金がかかる場合がある?

その他
アクアセレクトのウォーターサーバーの口コミ評判は?良い点と悪い点をチェック!

アクアセレクトのウォーターサーバーの口コミ評判は?良い点と悪い点をチェック!

その他
アクアセレクトのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

アクアセレクトのメンテナンス方法は?掃除や手入れをしないとどうなる?

その他
アクアセレクトのキャンペーン情報まとめ【2023年3月最新版】

アクアセレクトのキャンペーン情報まとめ【2023年3月最新版】

その他
高知県民におすすめのウォーターサーバー4選!みんなはどれ使ってる?

高知県民におすすめのウォーターサーバー4選!みんなはどれ使ってる?

その他