スイムタオルの人気おすすめランキング15選【ミズノ・スピード製など】

記事ID16438のサムネイル画像

スイムタオル、別名セームタオルは吸水性が高く様々な使い方ができる便利なアイテム。一枚持っておくといろんな場面で活躍するでしょう。この記事ではスイムタオルの選び方や人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。ぜひご覧ください。

スイムタオルでスポーツを楽しもう!

スイムタオルは通常のタオルと比べて水を吸いやすく、乾きやすい便利なタオルです。スイミングなどの水中スポーツだけでなく、様々なスポーツの汗拭きタオルとして活躍します。一度使ってあまりの便利さにやめられなくなったという人も多いのではないでしょうか。

 

そんなスイムタオルですが、実はスポーツだけではなく、日常生活の様々な場面で便利に使うことができるのです。スポーツ用品としても、日用雑貨としても使いやすいスイムタオル。あなたも購入してみませんか。

 

この記事では、スイムタオルの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはサイズや機能性、売れ行きランキングを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

スイムタオル(セームタオル)の選び方

セームタオルと呼ばれることもあるスイムタオル。そんなスイムタオルを選ぶときのポイントをご紹介します。ポイントを押さえて、自分にあったスイムタオルを探してください。

素材で選ぶ

スイムタオルの素材は様々ありますが、大きく分けて2つに分類できます。従来からある乾燥タイプと、新しく出てきた新素材の2分類です。それぞれの特徴をご紹介します。

吸水性を重視するなら「速乾タイプ」「乾燥タイプ」

乾燥しやすい素材や速乾素材を活用してスイムタオルにしたものは、吸水性の高さが特徴です。吸水性の高い特殊なポリエステル等の素材を使うことで、水分をふき取ります。

 

この素材は湿気がある状態の方が水分を吸水しやすく、水分をふき取りたいときは先に湿らせてから使うとスムーズです。水にぬれた状態でも多くの水分を吸収するので、たくさん水分をふき取る必要があるときにも活用できます。

 

乾いた状態ではやや硬い手触りになってしまうので、注意が必要です。

肌触りの良さを重視するなら「新素材」

「乾燥時の肌触りが苦手」との声が多い従来のスイムタオル。「肌触りまでこだわってスイムタオルを選びたい」という方におすすめなのが、新素材で作られたもの

 

乾いた状態でも普通のタオルのような感触です。湿らせなくてもすぐに水を吸収するので、とっさに使用したい場面でも活躍します。乾いた状態でも固くならずに使えるので、外出時でも便利です。

サイズで選ぶ

スイムタオルは、使用する目的に応じて適したサイズが変わります。購入時には、使うときのイメージを膨らませて適切なサイズを選ぶようにしましょう。

ハンカチ感覚で使うなら「Sサイズ」

Sサイズ、小サイズなどと呼ばれるサイズは、ハンカチのような感覚で使える大きさです。日々のハンカチを用意する感覚でカバンに忍ばせておけば、いざというとき役立ちます。

 

メーカーや商品によって正確なサイズは異なりますが、25cm×25cm前後の大きさがSサイズに分類されることが多いようです。通常のタオルよりもハンカチに近い小さいサイズですが、スイムタオルの特性である吸水力のおかげで、突然の雨などにもしっかり対応します。

 

スイムタオルで水を吸って、絞ってまた拭いてを繰り返すことで、全身びしょぬれになったときの水滴も拭き切ることが可能です。アウトドアバッグのすぐに取り出せるところに入れておけば、何かの拍子に役立つかもしれません。

スポーツで使いやすいものなら「Mサイズ」

ハンカチよりも大きく、フェイスタオルからスポーツタオルくらいの大きさのものはMサイズに分類されることが多いです。具体的な大きさは40cm×110cm前後を目安に考えるといいでしょう。

 

スポーツ時の合間に汗を拭いたり、小柄な子供のお風呂上りなどにも使いやすいサイズです。水回りで使うのにも便利で、フェイスタオルくらいの大きさのものはキッチンやトイレの手拭きとしても使いやすいでしょう。

 

長い髪の水分をふき取るのにも最適です。バスタオルよりもサイズが小さいですが、吸水力が高いのでバスタオル代わりに使えます。

水泳後などに使うなら「Lサイズ」

バスタオルくらいのサイズをLサイズとしているメーカー、商品が多いです。基本のサイズは60cm×125cm前後。通常のバスタオルよりも吸水力が高いので、入浴後すぐに身体や髪を拭き切ることができます。

 

海辺やプールに出かけるときにあるといいでしょう。スイミングの後にも使えます。ただし、かさ張るので普段の持ち運びには不便かもしれません。

持ち運びのことを考えるなら「ボトル入り」が便利

スイムタオルの中には、ボトルに入れて販売されているものが多くあります。少し湿らせた状態で高い吸水性を発揮するスイムタオルを持ち運ぶときは、ボトルに入ったものが便利です。

 

湿った状態でカバンに入れていても、ボトルがあれば周りのアイテムをぬらさずに持ち運ぶことができます。取っ手付きで便利度が高いボトルや、見た目がおしゃれでかっこいいボトルなど、様々なものが販売されているので、ボトルにも注目して選ぶといいでしょう。

おしゃれで気に入った「デザイン」を見つけよう

日常的に使うアイテムなら、気に入ったデザインのものを選びたいもの。スイムタオルやセームタオルという名前で多くの商品が販売されていて、色やサイズ、形も豊富です。ぜひ気に入ったデザインのものを探してください。

ブランド・メーカーで選ぶ

スイムタオルはスポーツ用品ブランドやメーカーを中心に様々な企業から販売されています。おすすめのブランド・メーカーをご紹介しますので、ぜひ選ぶときの参考にしてください。

スポーツブランドのおしゃれなスイムタオルなら「MIZUNO(ミズノ)」

水着など水中スポーツ用品を多く取り扱うスポーツ用品ブランド・MIZUNO。そんなMIZUNOのスイムタオルは、サイズやデザインが豊富です。ディズニーコラボのデザインや、柄物などのおしゃれなアイテムも多くあります。

 

有名スポーツ用品ブランドの技術を生かした吸水性・速乾性の高いおしゃれなスイムタオルが手に入るので、ぜひMIZUNOの商品を確認してみてください。

肌触りの良い仕上がりスイムタオルなら「Speedo(スピード)」

オーストラリア生まれのスイムウェアブランド・Speedo。水着や水場で使えるアイテムを多く取り扱うブランドならではの視点から、様々な工夫を凝らしたスイムタオルを販売しています。

 

片面が凹凸のある構造になっているので、乾いても硬くなりにくく、柔らかな肌触りが続くのが特徴です。また、新素材を用いたマイクロセームタオルも取り扱っています。

新素材を用いたスイムタオルなら「SWANS」

SWANSはゴルフや釣り、ウィンタースポーツなど、様々なスポーツ用品を取り扱っているメーカーです。SWANSのスイムタオルには固くなりにくい新素材が使われているので、従来品独特の嫌な触感やニオイがありません。

 

これまでのスイムタオルに苦手意識がある方にこそおすすめです。

Sサイズのスイムタオル人気おすすめランキング3選

3位
 

春日

キョンセーム革クロス

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

小さくて小物を拭くのに使いやすいセームタオル

ハンカチ程度のサイズで、小物についた水滴をふき取るのに適したセームタオルです。鹿の皮を使用した伝統的な仕上げ方が特徴。

サイズ15×15cm黄色
素材セーム皮ケース

口コミを紹介

メガネケースに入れて使用
化繊品よりレンズに優しい

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

39ショップ

キッチンクロス

楽天で詳細を見る

吸水性に優れた食器拭きクロス

日本製の高性能マイクロファイバーを使用した食器拭きです。肌触りがよく、高い吸水性を誇ります。食器の水滴のふき取り時間を短縮する効果があるので、忙しい合間の家事を楽にしてくれるでしょう。

サイズ39×39cm
素材ポリエステル・ナイロンケース
1位
 

JBカーケアショップ

クリスタルセーム

楽天で詳細を見る

コーティング剤の塗りこみなどに適したセームクロス

5ミクロンという小さな繊維によって、細かな汚れや水滴を残さずふき取るセームクロスです。電化製品の汚れや窓についた水滴を素早くしっかりと拭き切ります。コーティング剤の塗布用として作られたクロスですが、小物の乾拭きや水拭きにも活用可能です。

サイズ21×21cm
素材ケース

Sサイズのスイムタオル人気おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6067606の画像

    JBカーケアショップ

  • 2
    アイテムID:6067579の画像

    39ショップ

  • 3
    アイテムID:6067558の画像

    春日

  • 商品名
  • クリスタルセーム
  • キッチンクロス
  • キョンセーム革クロス
  • 特徴
  • コーティング剤の塗りこみなどに適したセームクロス
  • 吸水性に優れた食器拭きクロス
  • 小さくて小物を拭くのに使いやすいセームタオル
  • 価格
  • 1870円(税込)
  • 815円(税込)
  • 1270円(税込)
  • サイズ
  • 21×21cm
  • 39×39cm
  • 15×15cm
  • 黄色
  • 素材
  • ポリエステル・ナイロン
  • セーム皮
  • ケース

Mサイズのスイムタオル人気おすすめランキング7選

7位
 

Speedo(スピード)

スイムタオル SD96T02

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

なめらかな拭き心地が特徴のタオル

スイマー向けに発売されているなめらかな拭き心地のスイムタオルです。水泳後に水滴をふき取るのに使いやすい小回りの利くサイズ。専用ケースで持ち運びも楽です。

サイズ43×32cm全8色
素材PVAケース

口コミを紹介

海外とか行くとき空港で顔洗ったりシャワー浴びたりするとき、これがカバンに入っていると非常に役に立ちます。
旅行先のホテルで衣類を手洗いして、水気を取るのにも使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位
 

Speedo(スピード)

マイクロセームタオル SE62003

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

おしゃれなボトルで持ち運ぼう

おしゃれな専用ボトル付きのセームタオルです。ボトルはカラビナ風の構造になっているので、カバンなどに取り付けて持ち運べます。乾いても固くならない新素材を使用していて、やわらかく優しい肌触りが特徴です。

サイズ43×32cm全4色
素材ナイロン、ポリウレタンケース

口コミを紹介

ジムのランニングマシンで汗拭き用に購入してみました。カチカチになる通常のセームタオルに比べると、肌触りはとてもソフトで素晴らしいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位
 

MIZUNO(ミズノ)

スイムタオル N2JY801019

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

水中スポーツの必須アイテム

MIZUNOのスイミング用品のひとつとして販売されているスイムタオルです。水中スポーツを楽しんだ後の体を拭く際に活躍します。また、絞ればすぐに吸水力が復活するので、水中スポーツの合間に使用できるのも嬉しいポイントです。

サイズ44×68cm全9色
素材PVAスポンジ、ポリエステルケース

口コミを紹介

私は水泳をしないのですが、このスイムタオルを3枚くらいはストックしていて、
使い道としては、旅行に持って行ってこの1枚だけでタオルとしての役割を済ませるものが1枚と、ジム用が1枚、車をふくタオルとして1枚と言ったところです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位
 

arena(アリーナ)

ハイレークスイムタオル ARN-1640

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

カラフルで可愛いセームタオル

水着などの水中、水際で使用するアイテムを多く取り扱うブランドのセームタオルです。カラー展開は4種類。どれもパステルカラーで可愛らしいデザインです。吸水力の高さはもちろん、速乾性の高さも魅力

サイズ40×35cm全4色
素材ハイレークセームケース

口コミを紹介

予想以上に肌触りが良く、もう一枚洗い替え用に購入しようと思います。
銭湯や旅行の際にかさばるバスタオルや、
フェイスタオル数枚の代わりにこれ一枚あれば充分になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

Mahalo Castle

速乾タオル 40×80cm

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

フェイスタオルとして使いやすいセームタオル

アウトドアや旅行で使える速乾性の高いセームタオルです。厚手でどんな場面でも使用しやすいのが特徴。首から掛けて持ち歩くこともできる横幅の広いサイズ感で便利に使えます。バッグの中に入れやすいポーチケース付き。

サイズ40×80cm全7色
素材マイクロファイバーケース

口コミを紹介

髪が長く、なかなか乾かないためヘアドライ用に購入しました。
吸水性もよく、すぐ乾き、広げて干しておけば匂いも全くありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

SWANS(スワンズ)

速乾ドライタオル SA-126

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

スポーツタオルとして使える横広サイズ

40cm×100cmで横幅が広いので、首にかけて使いやすいサイズのスイムタオルです。アウトドアやレジャーでの汗拭き用にもおすすめ。プールやジムでも吸水力の高さを発揮します。お風呂上がりのタオルとしても人気です。

サイズ40×100cm全5色
素材ポリエステル、ナイロンケース

口コミを紹介

これ1枚で本当に足りる。洗濯直後であっても身体を拭くのに十分な吸水力があり、
耐久性も毎日使っているにもかかわらず1年たっても平気な顔して超機能。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

SWANS(スワンズ)

セームタオル SA-4S

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ひまわりのデザインが華やかなタオル

大小様々なひまわりの花がちりばめられた華やかなデザインのスイムタオルです。スイムタオルには一色使いでシンプルなデザインの商品が多いので、こうしたアイテムはやや珍しいかもしれません。おしゃれなデザインのタオルをお探しの方におすすめです。

サイズ40×80cm全1色
素材ポリエステル、ナイロンケース

口コミを紹介

固くならずに使いやすくデザインも気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

Mサイズのスイムタオル人気おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6067802の画像

    SWANS(スワンズ)

  • 2
    アイテムID:6067797の画像

    SWANS(スワンズ)

  • 3
    アイテムID:6067790の画像

    Mahalo Castle

  • 4
    アイテムID:6067769の画像

    arena(アリーナ)

  • 5
    アイテムID:6067758の画像

    MIZUNO(ミズノ)

  • 6
    アイテムID:6067753の画像

    Speedo(スピード)

  • 7
    アイテムID:6067748の画像

    Speedo(スピード)

  • 商品名
  • セームタオル SA-4S
  • 速乾ドライタオル SA-126
  • 速乾タオル 40×80cm
  • ハイレークスイムタオル ARN-1640
  • スイムタオル N2JY801019
  • マイクロセームタオル SE62003
  • スイムタオル SD96T02
  • 特徴
  • ひまわりのデザインが華やかなタオル
  • スポーツタオルとして使える横広サイズ
  • フェイスタオルとして使いやすいセームタオル
  • カラフルで可愛いセームタオル
  • 水中スポーツの必須アイテム
  • おしゃれなボトルで持ち運ぼう
  • なめらかな拭き心地が特徴のタオル
  • 価格
  • 1968円(税込)
  • 1273円(税込)
  • 1268円(税込)
  • 1547円(税込)
  • 1459円(税込)
  • 1313円(税込)
  • 1049円(税込)
  • サイズ
  • 40×80cm
  • 40×100cm
  • 40×80cm
  • 40×35cm
  • 44×68cm
  • 43×32cm
  • 43×32cm
  • 全1色
  • 全5色
  • 全7色
  • 全4色
  • 全9色
  • 全4色
  • 全8色
  • 素材
  • ポリエステル、ナイロン
  • ポリエステル、ナイロン
  • マイクロファイバー
  • ハイレークセーム
  • PVAスポンジ、ポリエステル
  • ナイロン、ポリウレタン
  • PVA
  • ケース

Lサイズのスイムタオル人気おすすめランキング5選

5位
 

SWANS(スワンズ)

ドライタオル SA-129

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

バスタオルとして使いやすいサイズ

バスタオルとして使いやすい80cm×150cmの大型のスイムタオルです。吸水力が高く速乾性があるのでお風呂上がりの体や髪の水滴を効率よく拭きとることができます。PETケース入りなので旅行時にも持ち運びしやすいです。

サイズ80×100cm全2色
素材ポリエステル、ナイロンケース

口コミを紹介

普通のタオルより表面がサラッとしていて、乾いても厚手のサテンの布みたいな手触りで確かに柔らかいままです。濡らして絞って体を拭くと若干引っかかりはありますが、セームタオルよりはずっと肌の滑りが良いので普通のタオルと同じ方式で拭くことができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位
 

VIPSERE

スポーツタオル

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

とにかく大きいスイムタオルをお探しの方に

102cm×183cmの大きさのスイムタオルです。サイズが大きいので、バスタオルとして使用したり、ちょっとしたストレッチをするときのマットとして使用したりできます。

 

ループ付きで、どこかに引っ掛けて使用するときや、収納するときにタオルを丸めるのに活用できるのもポイント。

サイズ102×183cm全2色
素材マイクロファイバーケース

口コミを紹介

肌触りもよくて、洗ってもすぐ乾かし、丸めて留められるゴムがついているので、持ち運びにも便利!
男性が寝ても十分な大きさです!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

4Monster

スイムタオル

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ビーチで使える派手柄タオル

カラフルで派手なデザインが目を引くバスタオルです。抗菌防臭加工がされているので海辺で使用しても嫌なにおいが付きにくいといえます。持ち運び用のケースもついているので海辺に出かけるときにあると便利です。

 

サイズが大きいので砂浜に敷いて寝転ぶのにも使えます。

サイズ80×160cm全8色
素材ケース

口コミを紹介

同じ時期に、同じ素材で別のメーカーの速乾タオルを買いましたが、総合的に一番良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

4Monster

吸水速乾タオル

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

おしゃれなハードケースで持ち運びらくらく!

スタイリッシュで使いやすいハードEVAケースのついた速乾タオルです。タオルの端にループガツオているので、どこかに引っ掛けて使用することもできます。肌触りは柔らかく、妊婦や乳児でも使いやすい天然素材で作られているのもポイントです。

サイズ90×180cm全10色
素材ポリエステル、ポリアミドケース

口コミを紹介

すぐ乾くし、乾いた後パリパリにならないのも良いです。衛生面で安心ですね。ずっと迷ってたけど買ってよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

BIG.store

Caloics 90×180cm

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

体をすっぽり覆うサイズ

吸水性・速乾性の高い大判タオルです。90cm×180cmの大きさに加え保温性もあるので、スイムタオルとしてだけではなく羽織物感覚で使用できます。機能性の高さにもかかわらず、厚みが薄いので持ち運びも楽。旅行のお供におすすめです。

サイズ90×180cm全10色
素材マイクロファイバーケース

口コミを紹介

とても良い品です

出典:https://www.amazon.co.jp

Lサイズのスイムタオル人気おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6067844の画像

    BIG.store

  • 2
    アイテムID:6067832の画像

    4Monster

  • 3
    アイテムID:6067826の画像

    4Monster

  • 4
    アイテムID:6067817の画像

    VIPSERE

  • 5
    アイテムID:6067812の画像

    SWANS(スワンズ)

  • 商品名
  • Caloics 90×180cm
  • 吸水速乾タオル
  • スイムタオル
  • スポーツタオル
  • ドライタオル SA-129
  • 特徴
  • 体をすっぽり覆うサイズ
  • おしゃれなハードケースで持ち運びらくらく!
  • ビーチで使える派手柄タオル
  • とにかく大きいスイムタオルをお探しの方に
  • バスタオルとして使いやすいサイズ
  • 価格
  • 2168円(税込)
  • 706円(税込)
  • 1899円(税込)
  • 2499円(税込)
  • 2020円(税込)
  • サイズ
  • 90×180cm
  • 90×180cm
  • 80×160cm
  • 102×183cm
  • 80×100cm
  • 全10色
  • 全10色
  • 全8色
  • 全2色
  • 全2色
  • 素材
  • マイクロファイバー
  • ポリエステル、ポリアミド
  • マイクロファイバー
  • ポリエステル、ナイロン
  • ケース

スイムタオルの人気おすすめランキング15選をご紹介しました。お探しのタオルは見つかりましたか?下記の記事ではタオル全般のおすすめランキング26選をご紹介しています。こちらもあわせてご覧ください。

スイムタオルのおすすめ活用法

スイムタオルは吸水性と速乾性が魅力のタオルです。スポーツでの使用はもちろん、日常生活の様々な場面で活用できます。スイムタオルのおすすめ活用法をご紹介します。

スポーツ時に

水中スポーツの際の使用を目的として作られたスイムタオル。水中スポーツをはじめとして、陸上スポーツや雪上スポーツなど、あらゆる場面で活躍します。体を動かすスポーツの際は、できるだけ持ち物を減らしたいという方が多いでしょう。

 

大きなタオルを何枚も持ち歩くのは、かさ張ってしまうので現実的ではありません。そこで、小さくても吸水力と速乾性の高いスイムタオルの出番です。スイムタオルがあれば、一枚で全身の汗を拭きとることができます。

 

水で洗ってもすぐに乾かすことができ、扱いも簡単です。

旅行時に

旅行時にスイムタオルを持っていけば、汗をかいたときや急な雨にふられたときなどに活躍します。コンパクトサイズのスイムタオルは持ち運びも便利です。大きいサイズ以上に乾きが速いのも嬉しいポイント。

 

ボトル入りのスイムタオルをバッグに入れておくでも良し、小さめのスイムタオルを畳んで持ち歩くも良し。小さくても吸水力が高いのでバスタオル代わりに活用することもできます。

アウトドアに

アウトドアで山に登ったり、海や川へ遊びに行く際にもスイムタオルは活躍します。コンパクトで一枚あれば洗って乾かして繰り返し使えるので、とりあえず持っていくようにするといいでしょう。

 

大きめのサイズで保温性のあるものを選べば、上着を羽織る感覚でスイムタオルを活用できる場合もあります。他にも、ビーチで砂浜に敷いて寝転ぶスペースを作ることも可能です。目的に応じたサイズを選んで活用しましょう。

お風呂上りに

スイムタオルはバスタオルとして使われることも多いアイテムです。吸水性が高いので体についた水滴をすぐに拭きとることができます。また、髪に含まれる水分も吸収してくれるので、長い髪を乾かす時間を短縮することも可能です。

 

ドライヤーと併用すれば、毎日のヘアケアが楽になるでしょう。髪が長い方や髪を乾かす時間がもったいなく感じる方はぜひ試してみてください。

スイムタオルの扱いについて

毎日でも使いたくなるほど便利なスイムタオル。使った後は手入れが必要です。スイムタオルの手入れ方法を確認しておきましょう。

洗濯は洗濯機を使用できる

スイムタオルは他の洗濯物と同様に洗濯機で洗うことができます。通常の洗剤であれば問題なく使用可能。衛生的にスイムタオルを活用するために、使用後は洗濯するようにしましょう。

 

ただし、乾燥機の使用はできない商品が多いです。また、漂白剤と相性が悪い場合が多いので、スイムタオルを洗濯するときは乾燥機や漂白剤は使わないようにしましょう。

スイムタオルの臭い・カビ対策

スイムタオルは速乾性が高いので、汗を拭いた後などもすぐに乾きます。しかし、濡れていないからといって汚れていないとは限りません。水分がなくなっただけでそこに汚れが残ったままになっていることも多いので、使った後は必ず洗うようにしましょう。

 

タオルのよごれや雑菌が、臭いの原因になってしまうことがあります。洗って常に清潔に保つことで、嫌な臭いの原因を取り除くことが可能です。すでに臭いが発生している場合は、熱湯をかけることで雑菌を除去し、においを取り除くという方法があります。

 

この方法は臭いが取れるものの、タオルに不自然なしわができてしまうこともあるので注意が必要です。干すときにしっかり引っ張りながら乾かすことである程度しわを防ぐことができます。

まとめ

スイムタオルの人気おすすめランキング15選をご紹介しました。スイムタオルは一枚で多くの水分をふき取れる便利なタオルです。ぜひ自分のお気に入りのスイムタオルを見つけてその便利さを味わってください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月14日)やレビューをもとに作成しております。

TOPへ