回転座椅子の人気おすすめランキング15選【ハイバック・肘掛け付きの商品も】

記事ID15977のサムネイル画像

在宅ワークにも便利な回転座椅子。今はコンパクトでおしゃれなものや、しっかり背中を支えるハイバック、便利なリクライニング・肘掛け付きなど種類もいろいろで迷ってしまいますよね。そこで今回は回転座椅子の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

高齢者でも楽に立ち座りができる回転座椅子

在宅ワークや勉強・読書・テレビ視聴の際にゆったりくつろげる座椅子。座面が回転する回転座椅子は簡単に体の向きが変えられるので楽に立ち座りができ、高齢者や腰痛に悩む方におすすめです。

 

でも実は回転座椅子と一口に言っても、ハイバックタイプやローバックタイプ・リクライニング機能付きなどいろいろな種類があり、商品によってクッション性や張地の素材・機能性などが異なるんです!それぞれの特徴をよく理解し、用途に合ったものを選びましょう。

 

そこで今回は回転座椅子の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは背もたれの高さ・クッション性・座面の高さを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

回転座椅子の選び方

回転座椅子はいろいろな種類があり、どれを選べばいいのか迷います。ここからは回転座椅子の選び方をご紹介します。

背もたれの高さで選ぶ

回転座椅子の背もたれはローバック・ミドルバック・ハイバックがあります。用途や好みに合わせて選びましょう。

ローデスクでの作業には「ローバック」がおすすめ

ローデスクでの作業が多い方や、背の高い回転座椅子を部屋に置くと圧迫感が気になる方にはローバックタイプがおすすめ。視界を遮らないので、狭いお部屋にも置きやすいです。ハイバックタイプよりも安価で軽い製品が多いのも魅力。

 

ただし、背中全面をカバーできないので長時間の作業には不向きです。

幅広いシーンで使いたい方には「ミドルバック」がおすすめ

ローテーブルでの作業から、読書・テレビまで幅広いシーンで使用したい方にはミドルバックがおすすめです。肩付近まで背もたれがるので、もたれてリラックスできます。

 

ミドルバッグの回転座椅子は座面の厚みがあるモデルが多いので、座面の厚みとローテーブルの高さを考慮して選びましょう。ローテーブルの高さ=座面の厚み+30〜35cmが一般的に使いやすい高さです。

ゆったりくつろぎたいなら「ハイバック」がおすすめ

回転座椅子に座ってゆったりとくつろぎたいなら、しっかりと背中を支えてくれるハイバックタイプがおすすめです。腰から頭まで包み込むような快適な座り心地で、長時間座っていても疲れにくく、テレビ視聴や仮眠にも最適です。

 

さらに、ヘッドレストがついたものなら首や肩までカバーでき、疲れにくい姿勢を保てます。ただし、サイズが大きく重量もあるので、圧迫感が出てしまうのがデメリット。価格も高くなる傾向があります。

座面のクッション性で選ぶ

座り心地に関わる座面のクッション性。特に長時間座る方は自分の好みのクッション性のものを選びましょう。

長く座っていても疲れないものが欲しいなら「高反発・低反発ウレタン」がおすすめ

長時間座っても疲れない回転座椅子が欲しい方におすすめなのが、高反発ウレタン・低反発ウレタン素材を使ったもの。高反発ウレタン素材は跳ね返す力が強く沈み込みにくいので、楽にお尻を動かしたり姿勢を変えたりできます。

 

低反発ウレタン素材は柔らかくしっかりと体が沈むので、包まれているようなフィット感が欲しい方におすすめ。ただし、通気性が劣るので蒸れを感じやすいデメリットがあります。

へたりにくいものを選びたい方には「ポケットコイル」がおすすめ

円柱状のコイルを敷き詰めたものがポケットコイルタイプ。それぞれのコイルが独立して体を点で支えるため、体圧分散効果に優れています。また、耐久性にも優れ、へたりにくいのもメリットです。

 

長時間の座位でお尻が痛くなってしまう方や、耐久性のある回転座椅子を探している方におすすめです。

腰痛に悩んでいる方には「ヒップポケット付き」がおすすめ

長時間座る方や腰痛の悩みがある方には、ヒップポケットが付いているモデルがおすすめ。ヒップポケットがあれば、お尻をしっかり支えて腰に負担がかからない姿勢をキープできます。

耐荷重や座り心地を重視するなら「厚み・反発力が適度にあるもの」がおすすめ

高耐荷重のものや座り心地を重視したい方には、座面に厚みがあり適度に反発力があるタイプの回転座椅子がおすすめです。座面が薄く柔らかすぎるタイプでは、お尻が沈み込んで座り心地が悪く感じるものも。

 

薄いものでも反発力があればお尻に痛みを感じにくいですが、反発力が高すぎるのも痛みの原因になります。好みに合わせて適度な反発力と厚みのあるタイプを選びましょう。

座面の高さで選ぶ

座面の高さは高めのハイタイプと低めのロータイプがあります。使うテーブルや利用シーンを考慮して選ぶのがおすすめです。

立ち座りが楽なものを選びたいなら「ハイタイプ」がおすすめ

ハイタイプは座面が高めに設定してあるタイプ。普通の椅子のように使えるので、立ち上がりやすく座りやすいメリットがあります。足腰が不安な方や高齢者の方におすすめです。

ローテーブルにぴったりなものを選ぶなら「ロータイプ」がおすすめ

ロータイプは一般的な座椅子と同じで、座面と床が近いもの。ハイタイプよりもコンパクトなのでお部屋に圧迫感を出したくない方やあぐらをかいて座りたい方・ローテーブルでの作業が多い方におすすめです。

張り地の素材で選ぶ

デザイン性にも大きく関わる張り地の素材。選ぶ際はデザイン性はもちろんお手入れのしやすさにもこだわってみるのがおすすめです。

やわらかい肌触りが好みの方には「ファブリック素材」がおすすめ

ファブリックは最もポピュラーな素材で柔らかな手触りが特徴です。ポリエステルや綿・アクリル・ナイロンなどがあり、色や柄のラインナップが豊富部屋のイメージに合ったものが見つかりやすいです。

 

ただし、水や汚れに弱く毛羽立ちや毛玉ができやすいデメリットもありますが、カバーを外せるカバーリングタイプを選べば清潔に使えます。価格も安価なものが多いです。

高級感を演出したい方には「レザー」がおすすめ

高級感がある雰囲気を演出できるレザー生地。レザーにも本革(天然皮革)と合皮(合成皮革)があります。本革は吸湿性・通気性に優れ、経年変化を楽しめるというメリットがありますが、水に弱くこまめなメンテナンスが必要で価格も高価です。

 

PUレザーやPVCレザーと表記される合皮は、水や汚れにも強く、価格も安価です。ただし、見た目が本革よりも安っぽく見え、経年劣化するデメリットもあります。長く使い続けたいなら本革・メンテナンスが面倒なら合皮をおすすめします。

楽に動かせるものが欲しいなら「籐(ラタン)」がおすすめ

籐(ラタン)はとても丈夫で長持ちする素材です。また、非常に軽いので持ち運びがしやすく、掃除や部屋の模様替えも楽に行えます。通気性にも優れており、夏でも快適に座れるのもメリットです。扱いやすい素材の回転座椅子を求めている方におすすめです。

リクライニング機能で選ぶ

回転座椅子を選ぶ際に大事なリクライニング機能。フルフラットになるものや、ヘッドレストの角度が変えられるものもあります。

ローテーブルでのパソコン作業なら「6〜14段階調整できるもの」がおすすめ

背もたれを倒して横になる使い方をしない方は、シンプルなリクライニング機能の回転座椅子がおすすめです。座椅子のリクライニング調整は腰部分のみリクライニングする6〜14段階のものが一般的でコンパクトで軽量なものが多く、価格も安めです。

背もたれを倒してくつろぎたい方には「14〜42段階」がおすすめ

座るだけでなく、背もたれを倒してゆったりくつろぎたい方には14〜42段階調整できる回転座椅子がおすすめ。頭や足の角度調整もできるので、パソコン作業からテレビ鑑賞・休憩・仮眠まで幅広く使えます。

 

ただし、サイズが大きめで重さがあるので動かしにくいデメリットもあります。

簡単に操作したいなら「手元レバー付き」がおすすめ

高齢者の方が使う場合には、リクライニングが手元レバーで操作できるタイプがおすすめ。姿勢を変えたいときにいちいち椅子から降りる必要もなく、座ったまま手軽に調整ができます。足腰を労りたい方や立ち上がりに不安のある方には最適です。

機能で選ぶ

回転座椅子に座って長時間作業をする方は、快適な座り心地をサポートしてくれる機能を搭載したものを選びましょう。

理想的な姿勢をキープしたいあんら「ランバーサポート付き」がおすすめ

ランバーサポートとは背もたれの腰部分に固定するクッションで、理想的な着座姿勢をサポートします。腰や背中にかかる疲労を減らしてくれるので、長時間デスクワークをする方や腰痛がある方はランバーサポート付きの回転座椅子がおすすめです。

仮眠をしたい方には足を伸ばせる「フットレスト付き」がおすすめ

足を置いて休憩ができるフットレストが付いた回転座椅子なら、ゆったりと脚を伸ばしてくつろげます。長時間座っていると足の疲れやだるさを感じる方や脚を投げ出して仮眠をとりたい方におすすめです。

好みの角度で立ち座りしたいなら座面が「360度回るもの」がおすすめ

座面が360度回るものなら、好きな角度で立ち座りできるので、座椅子を動かして向きを変える必要がありません。足腰の負担を軽減したい方や座椅子を常に据え置きしておきたい方におすすめです。

肩こりが気になる方には「肘掛け付き」がおすすめ

肘掛けがついた回転座椅子は肘掛けが支えになってくれるので、足腰が弱い方や高齢者も立ち上がりやすいです。さらに、座っている際の腕の負担を分散させて、肩こりの軽減にもつながります。

長時間ゲームをするなら「ゲーミング座椅子」がおすすめ

長時間のゲームやパソコン操作をする方はゲーミング座椅子がおすすめです。ゲーミング座椅子は正しい座り姿勢をキープできる構造になっており、体の負担を軽減します。回転式のものなら立ち上がりもスムーズにできます。

 

ランバーサポートやアームレストがついたものもあり、キーボードやマウスの操作を楽にしてくれます。リクライニング機能も搭載されているものがほとんどなので、休憩時もゆったりリラックスできます。

デスクやテーブルに合わせてサイズをチェック

回転座椅子を選ぶ際はデスクやテーブルのサイズを考慮して、座面の高さや厚みなどのサイズを選びましょう。座った際に足を伸ばせるよう、テーブルと足の間に余裕が生まれる厚みのものが望ましいです。テーブルの高さ=座面の厚み+30〜35cmが目安です。

ソファのように使いたいなら「大きい座面」がおすすめ

体格が大きい方や余裕をもって座りたい方には、大きめの座面がおすすめ。座面幅が55~58cmのワイドサイズならソファのようにくつろげます。ゆったりとあぐらもかけるので、座り方や体格に合わせて選びましょう。

清潔に使いたい方は「カバーの有無」もチェック

回転座椅子はカバーが取り外せないタイプが多いですが、中には別売でカバーを販売している製品もあります。カバーが取り外せると洗って清潔に保てますし、季節やインテリアに合わせて色を変えるなど楽しみ方の幅も広がります。

 

いつも清潔に使いたい方は、カバーが取り外しできるものや別売されているものを探してみましょう。以下の記事では、座椅子カバーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

収納のしやすいものが欲しい方には「折りたためるタイプ」がおすすめ

回転座椅子を使わない際はしまっておき、必要なときだけ出して使いたい方は、コンパクトに折りたためるものがおすすめです。簡単に持ち運びもできるので、場所を移動して回転座椅子を使いたいときにも便利です。

 

以下の記事では、コンパクト座椅子の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

インテリア性にこだわるなら「おしゃれなデザイン」がおすすめ

回転座椅子を選ぶ際はデザイン性も注目したいポイントの1つです。和室はもちろん洋室でも使いやすいシンプルなデザインのものから、インテリアとしても楽しめるおしゃれなデザインまでバリエーションが豊富なので、部屋の雰囲気に合わせて選んでください。

 

落ち着いた雰囲気が好きな方は、ブラックやグレーなどのシックな色がおすすめ。北欧インテリアが好きな方はグレー系や部屋のアクセントとなるブルーもおしゃれです。以下の記事では、おしゃれな座椅子の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

コスパを重視する方は「価格」をチェック

回転座椅子は価格が高いほど耐久性・機能性に優れたものが多くなります。長く愛用したい方は、機能性に優れた高価格のモデルがおすすめ。また、テレワークなど一時的に必要になった方や、なるべくコスパを抑えたい方は低価格のものをチェックしてみてください。

 

以下の記事では、安い座椅子の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

メーカー・購入店で選ぶ

回転座椅子はさまざまなメーカー・販売店から販売されています。人気のメーカー・販売店のものを選ぶのもおすすめです。

安くて高品質なものが欲しいなら「ニトリ」がおすすめ

ニトリは全国展開する家具・インテリア用品のメーカーです。気軽に購入できる価格設定と、高い品質を備えたお値段以上の商品を多く販売しています。

 

回転座椅子もハイバックタイプやリクライニング機能付き・肘掛け付きなど様々なタイプを取り揃えています。以下の記事ではニトリ座椅子のおすすめ商品を紹介していますので、ぜひご覧下さい。

豊富なラインナップから選びたいなら「アイリスオーヤマ」がおすすめ

アイリスオーヤマは家具や家電・日用品などを手掛ける総合メーカーです。回転座椅子もラインナップが豊富で1万円前後で購入できるリーズナブルさも魅力です。カラーやサイズのバリエーション揃っているので自分好みのものを見つけやすいです。

ローバック・ミドルバック回転座椅子人気おすすめランキング5選

あくらをかきやすい回転座椅子

便利な座面回転式のコンパクト座椅子。高さ19cmで、あぐらがかきやすく楽にくつろげます。折りたたみが可能なので、使わないときはコンパクトに収納できます。肌触りのいいハニカムメッシュ生地で1年中快適に座れます。
サイズ 46×49×46cm 座面高/座面の厚み 18.5cm/ー
素材 ファブリック クッション材 ウレタンフォーム
重量 4kg 耐荷重
リクライニング ー(折りたたみ可) カラー ダークブラウン他全6色

口コミを紹介

購入から一年経ちますが、耐久性と座り心地に変わりなく、回転部分も未だスムーズなのでとてもいい品質だと思います。この椅子に座るまで肩こりが酷かったので、姿勢は大切だと実感しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量でおしゃれな籐(ラタン)製

軽くしなやかな籐(ラタン)素材で作られた回転座椅子です。立ち上がりを楽にする肘付きでサポートします。軽くて使い勝手が良いコンパクトサイズ&シンプルでナチュラルなデザインは和室にも洋室にも合います。

サイズ 42×42×44cm 座面高/座面の厚み 14cm/ー
素材 ラタン クッション材 ウレタン
重量 5kg 耐荷重
リクライニング カラー クリーム・ネイビー

口コミを紹介

母は膝が弱く、高さの調度良いと喜んでいます。とても軽くて88歳の母でも片手で持てるのから。母の近所の仲間に教えたいとおもいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

場所を選ばないコンパクトサイズ

場所をとらない幅48cmのコンパクトサイズの回転座椅子です。360度どこからでも自由に立ち座りができます。厚さ約12cmのクッションが身体を優しく包み込み、安定感のある台座がしっかりサポートします。こたつやローテーブルにぴったりです。

サイズ 48×45~61×21~56cm 座面高/座面の厚み ー/12cm
素材 ファブリック クッション材 ウレタン
重量 6kg 耐荷重
リクライニング カラー ブラウン・ホワイト・グレー

口コミを紹介

一人掛け用の座椅子の座り心地に期待してなかったんですが、すごくしっくりきました!サイズ的にもコンパクトで一人暮らしにはちょうどいいし、耐久性もよさそうでいい買い物をしたと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

立ち上がりが楽な肘掛け付き

こちらは天然ラタンのナチュラルな風合いが魅力の回転式座椅子。温かみのある素材と背もたれ部分の美しいカゴメ編みデザインは、和室だけでなくナチュラルテイストのインテリアにもぴったりです。

 

肘掛けと一体型のデザインで立ち上がりやすく、年配の方にもおすすめです。背もたれの取っ手は移動にも便利で、横には小物を入れられるサイドポケット付き。職人手作りのこだわりと便利機能が詰まった回転式座椅子です。

サイズ 52×54×65cm 座面高/座面の厚み 33cm/ー
素材 天然木藤(ラッカー素材)他 クッション材 ウレタンフォーム
重量 6kg 耐荷重
リクライニング カラー

口コミを紹介

やはり日本の製品は素晴らしい!。製品の美しさ、気配りの効いた一つ一つの工程の組み合わせで頑丈な座椅子が作られたことと思います。購入者の要求にぴったりの回転式座椅子で愛用したいと思ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトでおしゃれな回転座椅子

小さめのテーブルにも合わせやすいコンパクトな回転式座椅子です。座面下に回転盤が付いているので楽に方向転換ができます。コンパクトに折りたたんで収納できるので一人暮らしの方にもおすすめ。シンプルなデザインでインテリアの邪魔をしません。

サイズ 39×42~55×48.5cm 座面高/座面の厚み 11cm/ー
素材 ファブリック クッション材 ウレタン
重量 耐荷重 80kg
リクライニング ー(折りたたみ可) カラー ブラウン

ローバック・ミドルバック回転座椅子おすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 座面高/座面の厚み 素材 クッション材 重量 耐荷重 リクライニング カラー
1
アイテムID:8146174の画像
回転式コンパクト座椅子 K0-KC39 4,122円

詳細を見る

コンパクトでおしゃれな回転座椅子

39×42~55×48.5cm 11cm/ー ファブリック ウレタン 80kg ー(折りたたみ可) ブラウン
2
アイテムID:8146171の画像
らくらく立ち上がり肘付き回転座椅子 TF27-778 11,499円

詳細を見る

立ち上がりが楽な肘掛け付き

52×54×65cm 33cm/ー 天然木藤(ラッカー素材)他 ウレタンフォーム 6kg
3
アイテムID:8146168の画像
回転座椅子 RSC-148 3,991円

詳細を見る

場所を選ばないコンパクトサイズ

48×45~61×21~56cm ー/12cm ファブリック ウレタン 6kg ブラウン・ホワイト・グレー
4
アイテムID:8146165の画像
コンパクト回転座椅子 C400HRJ 7,307円

詳細を見る

軽量でおしゃれな籐(ラタン)製

42×42×44cm 14cm/ー ラタン ウレタン 5kg クリーム・ネイビー
5
アイテムID:8146162の画像
回転座椅子 SAGR-45 4,055円

詳細を見る

あくらをかきやすい回転座椅子

46×49×46cm 18.5cm/ー ファブリック ウレタンフォーム 4kg ー(折りたたみ可) ダークブラウン他全6色

ハイバック回転座椅子の人気おすすめランキング7選

腰痛の方でも座りやすいハイバックタイプ

頭部まで支えてくれるハイバック仕様の回転座椅子。背もたれはS字型の特殊形状加工により、体にしっかりフィットして腰の負担を軽減します。ガス圧レバー式無段階リクライニング・ひじ掛けつきでゆったりくつろげます。通気性抜群のメッシュ生地で1年中快適です。

サイズ 67×119×83cm 座面高/座面の厚み 19cm/ー
素材 ファブリック クッション材 ウレタン
重量 12.8kg 耐荷重
リクライニング 背もたれ:無段階(レバー式) カラー グレー/ブラック・ベージュ/ブラウン

口コミを紹介

ガス圧式レバー、回転式、メッシュの材質はやはり毎日使いやすくて良いですね。座る箇所も思っていた以上に厚みがあるので、座布団敷かなくても大丈夫です。結論!迷っている方、買って損はありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

肘掛け&リッチな厚みの座面でゆったり

こちらはスタイリッシュなデザインと温かみのあるカラーが目を引く回転式座椅子。3色展開で落ち着いた色味なので、和室・洋室どちらにも馴染みやすいのが魅力。流行りの北欧テイストにも合います。

 

14段階リクライニングは老舗KOYO社の国産ギアを使用。細部にまで安心にこだわった作りの良さが魅力です。背もたれ部分はパタンと折り畳めるので、掃除のときにも移動が簡単です。

サイズ 65×55~113×40~74cm 座面高/座面の厚み 20cm
素材 ポリエステル・スチール他 クッション材 ウレタンフォーム
重量 耐荷重
リクライニング 背もたれ:14段階(レバー式) カラー グラスグリーン・シルバーグレー・ネイビーブルー

口コミを紹介

我が家にはとても良い一品でした。毎日本を読みながら寝落ちしております。

出典:https://www.amazon.co.jp

体を包み込むようなハイバックタイプ

シンプルなデザインながら、頭までささえることができるハイバックモデル。首元をしっかりと支えてくれるので、テレビ鑑賞など長時間の座位でも快適に過ごすことができます。

 

背もたれは6段階、ヘッドレストは14段階で調整が可能。座位はもちろん、リクライニングを倒してゆっくりくつろぐこともできます。明るい色合いとシンプルなデザインで若い方にもおすすめの回転式座椅子です。

サイズ 58×70〜96×70〜85cm 座面高/座面の厚み 25cm/ー
素材 ポリプロピレン他 クッション材 ウレタンフォーム
重量 7.9kg 耐荷重
リクライニング 背もたれ:6段階・ヘッドレスト:14段階 カラー ネイビー・グレー・ダークブラウン

口コミを紹介

体全体にフィットするため、とにかく座り心地が良い。まさに座ったまま眠れる座椅子と言えるでしょう。首の部分を独立して調整でき、前方に折り曲げることで枕のように首を楽にできる。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

耐久性に優れたポケットコイルの座面

レバー操作で肘掛けとヘッドレストがリクライニングと連動して動く、ハイバック座椅子座面にはポケットコイルを内蔵しており、へたりにくく耐久性もあります。背もたれはガス圧無段階リクライニング仕様で好みの角度に調整できます

サイズ 約62×68~107×22~77cm 座面高/座面の厚み 約21cm
素材 布張り クッション材 ウレタンフォーム・ポケットコイル
重量 10kg 耐荷重
リクライニング 無段階 カラー ブラック

口コミを紹介

叔父に頼まれて購入しました。
腰痛持ちですが座り心地が良く気に入っていただけました。

出典:https://www.amazon.co.jp

高級があるおしゃれなレザー調

レバー式で最大155度までリクライニングできる回転座椅子です。座面10cm・ヘッドレスト12cmの厚みがあり、ふわふわとしたクッション素材がしっかりと体を支えてくれます。

 

程よく柔らかいPUレザー素材で、汚れに強くお手入れも簡単。レザー素材に温かみのある木製素材を組み合わせた、洋室にも和室にもどちらでも使いやすい高級感のあるデザインもポイントです。

サイズ 73.5×72~130×46〜87cm 座面高/座面の厚み 18cm/10cm
素材 PUレザー クッション材
重量 17.3kg 耐荷重
リクライニング 背もたれ:ガス圧4段階 最大約155度(レバー式)・ヘッドレスト:6段階 カラー ブラック

口コミを紹介

親にプレゼントしました。ちょっと重いのですが組み立ても簡単で安定してます。座り心地も良くスムーズに回転・リクライニングも頭部の調整ができとても気に入ってくれました。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

ソファのような快適な座り心地

ボールベアリング入りの回転盤でスムーズに動く回転座椅子。低反発ウレタンなど多彩なクッション材を使用した厚さ16cmの座面はソファのような快適な座り心地で、リラックスできます。手触りなめらかPUレザー素材なので、お手入れも簡単です。

サイズ 73×60~121×35~79cm 座面高/座面の厚み 22cm/16cm
素材 PVCレザー他 クッション材 低反発ウレタン
重量 12kg 耐荷重
リクライニング 背もたれ:14段階(レバー式)・ヘッドレスト:14段階 カラー ブラック・アイボリー他全5色

口コミを紹介

とても座り心地がよく重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

快適な角度にリクライニング

男性でもゆったり座れる幅約55cmのワイド回転座椅子。背もたれ7段階・ヘッドレスト14段階のリクライニング、厚さ14cmのボリュームクッションが体をしっかり包み込んでくれるので、快適な座り心地を実現します。

サイズ 55×79~104×30~84cm 座面高/座面の厚み ー/14cm
素材 ポリプロピレン他 クッション材 ウレタン
重量 8kg 耐荷重
リクライニング 背もたれ:7段階・ヘッドレスト:14段階 カラー ブラウン・グレー

口コミを紹介

身長180cmくらいの男性でもゆったり座れます あぐらもかけます ヘッドレストが好みの位置に変えられてとても楽です 昼寝にもゲームにも映画鑑賞にもいいです 長時間座っても不快感は出てこないです

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイバック回転座椅子のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 座面高/座面の厚み 素材 クッション材 重量 耐荷重 リクライニング カラー
1
アイテムID:8146195の画像
座椅子 RSCー755 7,561円

詳細を見る

快適な角度にリクライニング

55×79~104×30~84cm ー/14cm ポリプロピレン他 ウレタン 8kg 背もたれ:7段階・ヘッドレスト:14段階 ブラウン・グレー
2
アイテムID:8146192の画像
回転座椅子 FRLーアクロス 14,800円

詳細を見る

ソファのような快適な座り心地

73×60~121×35~79cm 22cm/16cm PVCレザー他 低反発ウレタン 12kg 背もたれ:14段階(レバー式)・ヘッドレスト:14段階 ブラック・アイボリー他全5色
3
アイテムID:8146189の画像
回転座椅子 150-SNC112 25,800円

詳細を見る

高級があるおしゃれなレザー調

73.5×72~130×46〜87cm 18cm/10cm PUレザー 17.3kg 背もたれ:ガス圧4段階 最大約155度(レバー式)・ヘッドレスト:6段階 ブラック
4
アイテムID:8146186の画像
ハイバック回転座椅子 150-SNCF011BK 9,980円

詳細を見る

耐久性に優れたポケットコイルの座面

約62×68~107×22~77cm 約21cm 布張り ウレタンフォーム・ポケットコイル 10kg 無段階 ブラック
5
アイテムID:8146183の画像
リクライニング回転座椅子 MITKZ-55 9,699円

詳細を見る

体を包み込むようなハイバックタイプ

58×70〜96×70〜85cm 25cm/ー ポリプロピレン他 ウレタンフォーム 7.9kg 背もたれ:6段階・ヘッドレスト:14段階 ネイビー・グレー・ダークブラウン
6
アイテムID:8146180の画像
回転座椅子 9,890円

詳細を見る

肘掛け&リッチな厚みの座面でゆったり

65×55~113×40~74cm 20cm ポリエステル・スチール他 ウレタンフォーム 背もたれ:14段階(レバー式) グラスグリーン・シルバーグレー・ネイビーブルー
7
アイテムID:8146177の画像
回転座椅子 クルーリ 14,932円

詳細を見る

腰痛の方でも座りやすいハイバックタイプ

67×119×83cm 19cm/ー ファブリック ウレタン 12.8kg 背もたれ:無段階(レバー式) グレー/ブラック・ベージュ/ブラウン

ゲーミング座椅子の人気おすすめランキング3選

パソコン作業やゲームに集中できる

約180度までリクライニング可能なゲーミング回転座椅子。取り外し可能なヘッドレスト・振動機能付きランバーサポート・連動式肘掛けが楽な姿勢を保ってくれるので、作業に集中できます。

 

柔かいクッションを使用しており、長時間座っていても疲れにくいです。

サイズ 61×53×95cm 座面高/座面の厚み 15cm/ー
素材 PUレザー クッション材 ウレタンフォーム
重量 耐荷重
リクライニング 背もたれ:180度(レバー式) カラー 黒・赤他全5色

口コミを紹介

座り心地バツグンです。ジャストフィット感がとても良く、長時間使用しても疲れません。

出典:https://www.amazon.co.jp

長時間の作業でも疲れにくい座り心地

まるでベッドに寝転んでいるかのようなリラックス感のゲーミング回転座椅子。背もたれと座面に高低差があるので、体をしっかりと包み込みます。

 

さらに、ハイバックなので長時間作業する方の首を優しく支えます。座面は厚み約10cmあり、安定した座り心地です。

サイズ 67.5×64~125×101cm 座面高/座面の厚み 10cm/ー
素材 PUレザー クッション材
重量 18.8kg 耐荷重
リクライニング 背もたれ:多段階180度(レバー式)・アームレスト調整可 カラー ブラックレッド

口コミを紹介

買って大正解でした。座椅子ですが、もたれる事も出来ますし、腰痛も解消されました。不満は何もありません。なぜもっと早く買わなかったのかとすら思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

高い耐久性と快適な座り心地

高反発モールドウレタンフォーム使用のゲーミング座椅子。安定性・耐久性に優れる構造の360°回転台により、座ったままで楽に向きを変えれます。

 

フルフラットリクライニング機能と位置調整が可能なアームレストにより最適なポジションで作業ができます。

サイズ 53×54×99.5cm 座面高/座面の厚み 17.5cm/10cm
素材 PUレザー クッション材 高反発ウレタンモール
重量 23kg 耐荷重 150kg
リクライニング 背もたれ:180度 カラー 赤・青・グレー

口コミを紹介

座って長時間ゲームをすることが多いので、今までは6時間以上ゲームをすると全身が痛くなってきたのがこれを使ってからかなりマシになった(全然痛くならないまである)もっと早くから買えばよかった

出典:https://www.amazon.co.jp

ゲーミング座椅子のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 座面高/座面の厚み 素材 クッション材 重量 耐荷重 リクライニング カラー
1
アイテムID:8146206の画像
極坐(ぎょくざ)V2 44,033円

詳細を見る

高い耐久性と快適な座り心地

53×54×99.5cm 17.5cm/10cm PUレザー 高反発ウレタンモール 23kg 150kg 背もたれ:180度 赤・青・グレー
2
アイテムID:8146203の画像
ゲーミング座椅子 150-SNCF005 19,800円

詳細を見る

長時間の作業でも疲れにくい座り心地

67.5×64~125×101cm 10cm/ー PUレザー 18.8kg 背もたれ:多段階180度(レバー式)・アームレスト調整可 ブラックレッド
3
アイテムID:8146200の画像
ゲーミング座椅子 16,980円

詳細を見る

パソコン作業やゲームに集中できる

61×53×95cm 15cm/ー PUレザー ウレタンフォーム 背もたれ:180度(レバー式) 黒・赤他全5色

回転式座椅子のメリットとデメリットを紹介

回転座椅子にはどのようなメリット・デメリットがあるのかまとめました。選ぶ際の参考にしてみてください。

回転座椅子のメリット

まずは、回転座椅子にはどのようなメリットがあるのかをまとめました。

回転台がついているので楽に座りができる

回転座椅子の最大のメリットは、座面が回転するので立ち座りが楽にできる点です。少ない動きで体の向きを変えれるので、膝や腰に痛みがある方や高齢者の方にもおすすめです。

座椅子を引かないから床に傷がつかない

回転座椅子は、立ったり座ったりするたびに座椅子を引かずに済むので、床が傷つきません。傷が気になるフローリングや畳での使用にも適しています。また、座椅子を引くスペースが少なくてすむので、一人暮らしの狭いお部屋にもおすすめです。

回転座椅子のデメリット

回転座椅子にはメリットだけでなく、もちろんデメリットもあります。回転座椅子のデメリットをご紹介します。

重さがあるので掃除のときに不便

回転座椅子は回転台がついているので普通の座椅子よりもどうしても重くなります。そのため、掃除をするときに持ち上げるのが面倒に感じる・移動させるのに手間がかかるデメリットが生じます。重さが気になる方は、できるだけ軽量のものを選びましょう。

転倒や手を挟むなどのケガの危険性も

回転座椅子は、毎日使っているうちにどうしても回転部分が劣化していきます。グラつきやきしみが起きたまま使っていると壊れてしまうだけでなく、転倒などのケガの危険性もあるので、きちんとメンテナンスをする必要があります。

回転式座椅子は自作できる?

今使っている座椅子が回転式になったら便利です。回転式座椅子のDIY・修理についてご紹介します。

テレビ用回転台で回転式座椅子をDIY・改造できる?

テレビを乗せて楽に回転させる「テレビ用回転台」を使えば回転座椅子が自作できるのかな?と考える方もいるかもしれません。しかし、このテレビ用回転台を使用した座椅子の改造はおすすめしません

 

テレビ用回転台はテレビなどもモニター類や電化製品・インテリアなどを乗せて回転させるためのもので人が乗って使うようには作られていません。耐荷重も10〜30kgタイプが多く、座椅子と回転台を固定させるためのネジ止めの穴も空いていません。

 

テレビ用回転台を使用した回転座椅子の自作は危険なので避けましょう。

回転する椅子は回転盤を使って修理しよう

オフィスチェアやデスクチェアなど回転する椅子の修理に使用する「回転盤」は販売されています。こちらは人が乗っても大丈夫なように作られており、椅子が回らなくなったときやがたついたときに交換できます。

 

回転盤を取り付けて座椅子を回転式に変えるのは可能ですが、もともと回転盤を付けるところのない一般の座椅子は、取付可能な木枠などを設置するなど作業が難しくなります。そのため、回転座椅子として販売されているものを購入する方が手軽です。

首から腰までしっかり支えるハイバック座椅子もおすすめ

腰だけでなく首も支えてくれるハイバック座椅子は、在宅ワーク味方です。また、リクライニングして座椅子の上で仮眠をとる使い方も可能。若い方から関節に不安のある年配の方まで幅広くおすすめの座椅子になります。

 

以下の記事では、ハイバック座椅子の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

まとめ

回転座椅子の選び方とおすすめ商品をご紹介しましたが、いかかでしたか。長時間のテレワークやリラックスタイムをより充実させるために、ぜひあなたにぴったりの回転座椅子を見つけてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月17日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ハイバック座椅子の人気おすすめランキング15選【背もたれの高いスーパーハイバックも】

ハイバック座椅子の人気おすすめランキング15選【背もたれの高いスーパーハイバックも】

家具
おしゃれなベッドの人気おすすめランキング15選【北欧・海外風・ローベッドも紹介!】

おしゃれなベッドの人気おすすめランキング15選【北欧・海外風・ローベッドも紹介!】

家具
座椅子の人気おすすめランキング15選【無印良品・ニトリのおしゃれな商品も】

座椅子の人気おすすめランキング15選【無印良品・ニトリのおしゃれな商品も】

家具
【2021年最新版】安い座椅子の人気おすすめランキング15選【おしゃれ・へたらない!】

【2021年最新版】安い座椅子の人気おすすめランキング15選【おしゃれ・へたらない!】

家具
クッションタイプの座椅子人気おすすめランキング15選【腰痛持ちの方にも】

クッションタイプの座椅子人気おすすめランキング15選【腰痛持ちの方にも】

家具
【2021年最新版】ニトリのベッドの人気おすすめランキング15選【おすすめマットレスも】

【2021年最新版】ニトリのベッドの人気おすすめランキング15選【おすすめマットレスも】

家具