【保存版】転職時の注意点は?絶対に転職を成功させるための完全マニュアル

記事ID15957のサムネイル画像
転職は人生の転機になる可能性もありますから、必ず成功させたいという人は多いはず。しかし、そんな重要度の高い転職において、不安を持つ方も多いことでしょう。そこで今回は、転職を確実に成功させるために注意すべき点をまとめました。ぜひ転職活動の参考にしてくださいね。

理想の転職をするためのすべてがここにある!

転職を成功させるために、自己分析を徹底的に行ったり、求人情報の注意点を把握しておくことが大切です。見落としてしまいやすいチェックポイントなどもあるため、転職先の情報収集は慎重に行いましょう。転職に当たって不安はつきものです。

 

そこで、理想としている会社に転職を成功させるために、転職に必要なノウハウについてまとめてみました。会社選びや確認事項の注意点について学び、転職活動に活かしてみてください。

より転職の成功率を上げるためには?

転職活動をするなら自己分析を徹底的に行い、それをもとに書類等を作成します。まずは自分について見つめなおす時間が必要であり、これを丁寧に行うことで成功率を上げることができます。そこで、詳しい内容について一緒にチェックしていきましょう。

徹底的に自己分析をしよう

転職をする際は、自分にどのようなスキルがあり、転職先でどう貢献できるのか即戦力が求められます。そのため、まずは自己分析をすることが大切で、丁寧に行っておかないと応募している転職先の基準にスキルや経験に合わない場合もあります。

 

他にも、根拠がしっかりとした志望動機を話すことができず、自分が今まで経験してきたエピソードも伝えることができません。転職を手助けしてくれるサイトを利用すれば、自己分析を簡単に行うことができ、そこから自分について見つめなおすことができます。

 

 

興味が湧いた求人には積極的に応募してみよう

転職活動は若いうちに行いやすいですが、30代になってくると難しいケースも増えてきます。多くの会社に応募してもなかなか採用が決まらないという場合もあります。そのため、興味のある転職先には積極的に応募するのがおすすめです。

 

手あたり次第、応募するのではなく自分の中でも絶対に譲れないポイントとどのような会社に応募したいのかという条件を書き出して、会社選びをすると転職に失敗することは少ないです。転職活動には時間とお金がかかるため、計画を立てて応募は積極的に行いましょう。

企業の需要に沿って職務経歴書を作成しよう

転職活動に必要な職務経歴書の書き方についてまとめています。初めて書く方は重要なポイントを抑えることで、転職活動の成功率を上げることができるため、チェックしてみてください。

自己PR文には企業に貢献できることを書く

転職活動に必要な書類に職務経歴書があります。応募したい転職先ごとに書き方を変えるのがポイントで、企業側が求めている人材であるとアピールできる内容にしないといけません。職務経歴書は書類選考の合否を大幅に左右するため、対策を立てて臨んでください。

 

職務経歴書の中には、自己PRを書かないといけません。転職先ごとに合わせて内容を変える必要があります。仕事をしてきた結果や成果から得た強みをどのように会社に貢献できるのかという流れをイメージしてみてください。

志望動機には企業に貢献できる根拠を書く

志望動機を書くときは、企業に合わせた内容にしないといけません。主に、転職先に選んだ理由や事業・ポジション・貢献できる根拠の3つを抑えておくのがポイントです。そのため、転職したい企業先のホームページで情報収集してみましょう。

多くてもA4用紙3枚までにまとめて読みやすく作ろう

職務履歴書はA4サイズの用紙1~2枚、多くなっても3枚までにまとめて読みやすくするのがポイントです。書く前に企業側が求めている人材について書き出してから、その内容に合わせて書くようにしていきましょう。文量が多ければいいというわけではありません。

 

内容や書き方についてもチェックされているため、簡潔に相手に熱意を伝えるようにしてください。

あいまいな表現は避けて具体的な内容に作り上げよう

職務履歴書を書くときは、数字や固有名詞などを入れて具体的に使うのがポイントです。あいまいな表現で文章を書くと、相手に伝えたいことも伝わりません。仕事をしてきた内容は一つ一つ時系列に振り返っていき、まとめておくと書きやすいです。

 

具体的な事例を取り入れながら、問題点・解決策などどのような困難を乗り越えてきたのかをアピールしてみましょう。しかし、異業種転職の時は共通言語や目的達成率の基準が異なるため、内容が伝わりにくいケースもあり、顧客特性を入れながら伝えてみましょう。

転職理由はポジティブなものを考えておこう

転職の理由はネガティブになりがちで、転職先の採用側にはよい印象を与えることができません。そのため、できるだけポジティブに言い換えることができるようにしてください。嘘をつく必要はありませんが、言葉の表現に気を付けないと面接でもネガティブ発言が出てしまいます。

対策を講じてから面接に挑もう

面接をするときは事前に対策を考えておくことが大切です。転職サイトを利用すれば、模擬面接を行ってくれるため、利用すると転職の成功率を上げることができます。面接で聞かれる質問について様々な角度からでも答えることができるように引き出しを多く作りましょう。

 

様々な質問に答えられるようにするためには、自己分析を使って準備するのがおすすめです。他に、質問例を多くチェックしておくことで、面接の際に焦らず自分らしい答えを伝えることができます。

失敗は成功のもと!反省点を洗い出そう

転職活動を初めて1社目で内定をもらう方は少ないです。何度も落ちて内定をもらう方が多いため、転職活動で失敗したことは次につなげるようにしましょう。まずは、どうして合格することが無理だったのか振り返って自己分析を見直すことが大切です。

 

面接で聞かれた内容などを手帳に書き出して、答えることが難しかった内容などを考えていきましょう。これを繰り返していくことで、自分の欠点などが見えてくるため、次の転職活動につなげていくことができます。

転職で成功するための注意点まとめ

転職を成功させるためには、様々な注意点を守ることが大切です。転職するタイミングも重要であり、内定を受けた場合は退職までの流れも把握しなければいけません。そこで、転職を成功するためのポイントをまとめてみました。

さまざまな角度からの情報を集めよう

転職したい企業の公式サイトや求人情報などをチェックし、仕事内容や求められているスキルといった情報をできるだけ多く集めるようにしてください。同業他社の友人や先輩に話を聞いたりして、転職先の業務内容を具体的にイメージするのがおすすめです。

 

また、転職先に何を求めるのか基本項目をチェックして、優先順位も決めてみましょう。仕事の内容や雇用形態の他に、必要最低限金額の給与や休暇・職場環境など様々な角度から転職先の情報を収集してイメージを膨らましてみてください。

在職中に転職活動しよう

退職をしてから転職活動をするより、在職中に行っていた方がメリットが多いです。そこで、転職活動の流れについて基礎知識を学んでみてください。

転職活動にかかる期間は?

転職活動は今務めている会社を退職しなくても進めていくことができます。仕事が忙しくて転職活動が難しいという方もいますが、有給などを上手に取り入れれば行うことは可能です。基本的に、転職活動は3ヵ月から6ヵ月程度の期間がかかるため、退職するとその間は無職です。

 

在職中に転職活動を行い内定をもらえるまでにも2ヵ月から4ヵ月はかかりますし、退職までも2ヵ月程度時間を要するため、転職活動を始めるときは全体のスケジュールを立てることが必要です。

退職後の転職活動において一番高いリスクは金銭面

転職活動に集中するために、退職をしてから始めると大変になるのは金銭面です。貯金があって仕事がない間でも生活をすることができればよいですが、生活が苦しくなると精神的にも追い詰められてしまい、思うように転職活動を行うことが難しくなってしまいます。

 

転職活動にも費用がかかり、平均54万円が必要で、これを普段の生活費の中から出さないといけません。よって、転職活動をするのは在職中の方が安定した給料をもらいながら行うことができるので、転職先が見つかってから退職するのがおすすめです。

遅くても退職予定日の1ヶ月前には退職の相談をしておく

転職のために退職を希望する場合は、遅くても1ヵ月前に直属の上司に相談することが必要です。間接的に上司に退職を希望していることを知られてしまうのはマナー違反です。退職交渉を行って退職届を出すのが、退職希望の1ヵ月前だということは頭に入れておきましょう。

 

転職先が決まったからすぐに会社を辞めることができるということではありません。業務の引き継ぎや社内外への挨拶もあるため、余裕を持ったスケジュールを立てて進めていくことが大切です。

転職活動をしていることは職場で口外しない

転職活動をしていることは社内の人には内緒で行いましょう。社内で転職活動のことが知られてしまうと、気まずくなり会社の中に居づらくなってしまいます。そのため、転職活動は絶対に口外してはいけません。

 

転職して内定をもらってから直属の上司に伝えるまでは、内緒で行うことが原則です。転職がもし失敗してしまっても知っている人はいないため、会社でそのまま仕事を続けるという選択肢もあります。

ブランク期間の年金や健康保険に注意しよう

転職が成功し、入社が決まったとしても退職してから入社するまでの間にブランクがある方は、年金や保険等の手続きを自分で行わないといけません。税金関係など自分で手続きをするのは大変なため、入社の前日に退職を選ぶのがおすすめです。

 

保険に未加入となれば、医療費が全額自己負担となり、延滞金や罰金が発生したりすることがあるため気を付けましょう。1日でもブランクがある方は、事前にどのような手続きが必要なのか確認してください。

転職に詳しい人に相談しながら転職先を探そう

初めての転職活動は不安なことも多く、スムーズに進めていきたいのであれば一人で行ってはいけません。転職に詳しい人に相談しながら進めていきましょう。もし、転職を相談する方がいない方は転職エージェントのサイトを利用するのがおすすめです。

 

特に40代の転職は、様々な経験を活かし同業者など周囲に評判を聞くことも可能な場合があります。転職先に求める優先順位の高い項目を整理して、求人広告ではわかりにく情報を収集しながら転職活動を行うようにしましょう。

内部事情も見て転職先を決めよう

転職先の内部事情をしっかりと確認することが大切です。勇気を出して転職活動をされているので、後悔しないように確認事項は目を通すようにしてください。そこで、重要なポイントをまとめていますのでチェックしてみてください。

雇用形態はきちんと確認しておくべき

転職活動をするときは、企業のイメージだけで選んではいけません。雇用形態など情報集し、自分が望んでいる条件に当てはまっているのか確認しなければ、せっかく転職した先で後悔します。今の会社を退職してまで行きたい魅力的な会社なのか考えましょう。

生活に必要な最低限の金額と希望給与額を割り出す

希望給与額を考えるのは必要なことで、生活に最低限必要なお金のことについても考えていきましょう。転職後の初任給は在職していた間の給料よりもダウンする可能性が高いです。希望給与を設定することで、昇給を予測した譲歩ラインも考えていくことができます。

勤務の時間や休日関連は生活スタイルに合っているか

転職をする際は、家庭状況や生活スタイルにあった勤務時間帯や休日が取れるのかもチェックすることが大切です。取得したい休日条件を満たしているのかは確認しなければ、転職先で思った以上に仕事量が多く後悔してしまう可能性も出てきます。

 

職場によっては交替勤務や深夜勤務のもありますので、同じ8時間勤務であっても始業・終業時刻は確認してください。

勤務地までの距離や通勤時間は1時間以内がベスト

転職する場所が首都圏の場合、通勤時間は1時間半程度に限定するのがおすすめです。自分は通勤に時間がかかってもいいと思い応募するかもしれませんが、企業側からすれば交通費負担が増え不利になることもあります。

 

通勤しやすい転職先も頭の中に入れて、探すようにすればオンオフのバランスもとりやすくなるため、会社選びの時にチェックしてみてください。

大きい企業ほど昇進・昇格や福利厚生の制度が整っている

大きい企業に転職すると福利厚生が整っていることも多く、転勤や配属異動があった場合であっても制度が整っており負担が少ないです。昇進・昇格に関しても大きい企業であれば、転職したばかりの初任給はダウンしてしまっても、長く勤めれば安定することも多いです。

優れた資格を持っていても高望みしすぎないこと

自分の実力を大幅に超えた目標を持って求人を絞ってしまうのは、転職の失敗になりかねません。転職では即戦力を見られるので、資格よりも実務経験が大事であるため、資格をアピールするのではなく、今までの経験をどう生かしていきたいのか伝えましょう。

 

転職したら年収がいくらとイメージしたり、役職を考えてばかりいては失敗してしまいます。自分を客観的に評価し、在籍中の評価だけで満足しないようにしましょう。

内定後は条件をよく確認しよう

転職活動をして内定をもらうことができたとしても、必ず給与、入社日、労働時間などの条件を再確認することが大切です。求人募集の時と条件が異なっている場合もあります。残業の内容についても確認し、納得してから内定を承諾してください。

「転職をしない」という選択肢も忘れないで!

転職活動を始めると、勤務している会社の見え方も変わってくる場合があります。他の会社と今の会社を比較することで、実は今の会社の方が自分に合っていたと一度立ち止まって考えることができます。そのため、必ず転職するのではなく「辞めない」という選択肢もあります。

転職先の社風をチェックしよう

転職したい先の会社の社風は必ずチェックしておくことが大切です。転職口コミサイトをチェックすると、実際に勤めている方の口コミなどが書かれています。口コミを確認しておくとメリットやデメリットなども見えてきて、会社全体の社風を感じることができます。

 

もし、転職先の社風を確認したときに、怖いイメージがわいてしまった場合は、応募をさけるべきです。そのため、会社の情報収集はとても大切で、確認するようにしてください。

面接会場に着いた時点でチェックは始まっている

面接会場に着いた時点で、最低限のビジネスマナーが備わっているかなどを見られています。中途採用のため、このビジネスマナーができていないだけで、即戦力にならないと判断されてしまうので気を付けましょう。服装マナーや持ち物など面接前日から始まっています。

 

そして、会社に到着してから控室までの行動もチェックされているため、面接だけ気を付ければよいということではありません。誰にどこでチェックされているかわからないため、気を抜かずに面接に備えてください。

退職時はマナーに気をつけよう

転職活動に成功し、退職することになったとき、最低限のマナーにきをつけないといけません。マナー違反をしてしまうと常識外れと思われ、いざこざを残してしまいます。円満退社をするためには、1ヵ月から2ヵ月前までに退職の意思を伝えて、引継ぎを行います。

転職で失敗しやすいポイントは?

転職活動を行い、内定をなかなかもらうことができていない方は、失敗しやすいポイントに当てはまっている可能性があります。こちらの項目を見直して、成功率を上げるようにしてみましょう。

職務経歴書はオリジナルの文章で作ろう

ネットには職務経歴書のテンプレートも揃っていますが、コピペを中心に作成してしまうと案外簡単に企業側にバレてしまうと不合格になってしまいます。テンプレートは参考程度に使い、必ず自分の言葉で書き、オリジナルの文章を作るようにしてください。

パソコンやメールアドレスがないと不便!

個人用パソコンを持っていない状態で転職活動をすると、職務経歴書や自己PR資料作成をしないといけないため、不便でありスマートフォンでは対応しきれません。パソコンやメールアドレスといったインフラの整備は基本なので準備しましょう。

応募先を選びすぎるとかえって大変なことに

転職活動を始めて、企業からの内定が欲しく100社近くの企業へ応募し、用意していた職務経歴書がどれだったのか記憶があいまいになってしまい、面接で大失敗してしまった例もあるため、選びすぎないようにしましょう。作成した書類はすべてコピーをし、整理しておきましょう。

質問はできるだけ面接中に解消するのがベスト!

質問メールを大量に送ってしまうと人事担当者の負担が大きくなってしまうため、質問はできるだけ面接までに探しておき、面接後にもし質問が出ても1~2個程度がベストです。そのため、不明な点は面接中に解決するようにして、積極的に質問してみてください。

志望動機の丸暗記はNG!

面接で志望動機を丸暗記すると、緊張で内容が飛んだときに自分を出し切れずに終わってしまいます。そのため、自分の言葉で柔軟に対応できるように、鏡を見ながら表情を確認し練習してみてください。面接はコミュニケーションの場ですから、丸暗記しないようにしましょう。

ビジネスシーンに沿った持ち物を選ぼう!

ビジネスシーンに不適なデザインの持ち物は社会人としてのマナーを疑われ、TPOを考えて持ち物を選ぶことが大切です。せっかく実力があっても見た目で判断されてしまうと十分にアピールできずに終わります。女性は、持ち物以外にメイクやヘアスタイルにも気を付けましょう。

内定の辞退は慎重に!

よく考えずに内定辞退をしてしまうと取り消しが難しい場合があるため、入社に迷う点があれば内定承諾期限を延ばしてもらえないか相談しましょう。企業側は時間とコストをかけて採用活動を行っています。決められたスケジュールで行っているため、判断は慎重に行いましょう。

転職先での面接で守るべきマナー10選!

転職先で面接をするとき、基本的なマナーを守らないと合格につなげることができません。就職活動から時間が経ち、面接のマナーを忘れてしまった方は、押さえておきたいポイントをチェックしておきましょう。

面接前日にチェックすべきマナーは?

TPOを考慮しビジネスマナーに沿った服装か、応募書類や身分証明書・印鑑・緊急連絡先・会場までの地図などはきちんと準備したかをチェックしてください。こちらはすべて面接当日の準備では間に合いませんので、時間に余裕をもって準備を進めていきましょう。

会場到着から控え室へ行くまでのマナー3選!

いざ、面接本番になり会場から控室に行くまでにも気を付けておかなければいけないマナーがあります。その基本3選をご紹介しますので、必ず確認してから面接に備えてください。

時間に余裕をもって行動しよう

面接前では社会人マナーが意外と採用担当者の第一印象を分けます。そのため、集合時間の15分前には到着して置き、面接の5分前に受付をしましょう。そして、携帯電話は電源をオフにし、冬の場合は入館前にコートを脱ぐのがビジネスマナーのため、これを必ず守ってください。

受付でははっきりとした挨拶を心がけること

面接の受付でははっきりと挨拶をすることを心がけてください。また、言葉遣いにも気を付けないと、面接官に受付対応の情報が伝えられていることもあります。まだ面接は始まっていませんが、ここでもよい印象を与えることができるように努めてください。

控え室では下座に座り礼儀正しくすること

面接が始まる前の控え室では必ず下座に座って待ってください。受付の方が控え室に案内して、上座をすすめることもありますが、しっかりと断って下座に座るようにしましょう。下座は入り口から近いところにある場所のことを指します。

面接の入室から着席までのマナー3選!

面接が始まり、会場に入室し着席するまでも、面接官にしっかりとマナーをチェックされています。そこで、気を付けるべき3つについてまとめているので確認してみてください。

入室時に気をつけること

面接でのビジネスマナーでドアのノックは3回です。そのため、入室する前に必ずドアを3回ノックしてから、「失礼します」と答えてから「どうぞ」という言葉が聞こえたら入りましょう。そして、ドアは必ず振り返って両手で閉めるのが基本的なマナーです。

ドアの前で挨拶した後一礼する

ドアの前ではっきりと大きな声で挨拶をし、挨拶をした後は必ず一礼するのが基本的なマナーです。面接マナーではお辞儀のタイミングが難しいので、事前に予習をしましょう。正面を向いて挨拶をし、言い終えてから一礼をして、角度は30度を意識するようにしましょう。

「お座りください」と言われてから座る

面接での着席のマナーは、面接官に「お座りください」と言われてから座ります。席の前か横で再度「よろしくお願いします」と挨拶・一礼してからすぐに座ってはいけません。は足元に置き、コートは背もたれにかけるので、事前にコートはきれいにたたんでおきましょう。

面接中から面接終了までのマナー4選!

椅子に着席したら面接が開始されます。緊張しますが、しっかりとマナーを守ることが大切です。どのような態度が面接官に良いイメージを与えるのか基本的なマナーをご紹介します。

面接では明るく真面目な印象を与えることが大事!

面接の機会をいただけたという感謝を述べると好印象を与えることができ、自己紹介・自己PRははきはきと述べるように心がけましょう。語尾をはっきり話すように意識するだけで、自信を持った話し方となり、面接最後の逆質問の回答はメモを取るようにすべきです。

退席前に志望意思を強く伝えよう

面接の退席マナーは、面接の初めと同じで感謝の気持ちと志望動機をしっかりと伝えることが大切です。これを入れるだけで、採用担当者に好印象を与えることができ、ビジネスマナーを守ることができます。

退場後はすぐに上着を着ないこと

冬場に転職活動を行い、面接をしたときは、採用担当者が見えなくなるまで来てはいけません。コートはあくまでも上着であり、面接会場につき入館する前に脱ぐのでそれまで着ないのがビジネスマナーです。

面接が終わったら当日中にお礼のメールを送ろう

面接が終わったら必ず当日中にお礼のメールを送るのがビジネスマナーです。一言御礼を伝えるだけでも、好印象を与えることができるため、必ず送るようにしてください。長い文章を書くわけではありませんので、定型文などを参考に自分の言葉に置き換えて書いてみてください。

転職エージェントがおすすめされる理由とは?

転職活動を自分一人の力で成功させることができる方は少ないです。そこで、転職エージェントの力を借りると今まで自分に足りなかったことに気づかされます。そこで、どのようなメリットがあるのかまとめてみました。

最大のメリットは模擬面接を受けられること!

転職活動を一人で行うことはとても大変です。そこで、転職エージェントを利用することで、成功率を上げることができます。一番の魅力は、模擬面接を受けることができることです。自分では見落としがちな面接についてのアドバイスも受けることができ、頑張ることができます。

事前準備で転職の作戦を一緒に考えられる

自己分析や書類作成、面接対策など転職活動では多くのことを学ばないといけません。そこで、転職エージェントに登録すると、事前準備をサポートしてもらうことができ、転職の作戦や自分のアピールポイントを一緒に考えてくれます。

書類作成ではアドバイスや添削が受けられる

転職に必要な書類は、見本を参考にしながら作成することができますが、転職エージェントに登録すると書類の内容を添削してくれるので心強いです。アドバイスを参考に、オリジナルなるの職務経歴書を作成することができます。

おすすめの求人を紹介してもらえる

転職エージェントを利用すると、自分に適した転職先をおすすめしてくれます。自分で探すよりも見つけやすく、仕事をしながら転職活動をスムーズに進めていくことが可能です。これなら、転職活動に自信がない方も後押ししてもらえるので安心です。

応募手続きを代行してくれる

転職エージェントに登録すると、転職活動に必要な情報を簡単に集めることができる他、応募手続きも代わりに行ってもらうことができるので安心です。転職の応募にも勇気がいりますが、転職エージェントのおかげで初めの一歩を踏み出すことができます。

内定後も転職先との交渉などを代行してくれる

転職エージェントでは内定した後でも、転職先と交渉してもらうことができるため、自分からアクションを起こさなくても済みます。疑問点の問い合わせや、給与面などの交渉を代行してくれるサービスはとてもありがたいので、一人で行うよりメリットが多いです。

会社と円満に退職するための相談にも乗ってくれる

内定が出たら、次は退職についてアクションを起こさないといけません。会社と円満退社するためのアドバイスもしてもらえるため、転職エージェントと一緒に計画を立てながら次のステップに進む準備をすることができます。

おすすめの人気転職エージェント5選!

転職活動をサポートしてくれる人気のエージェントをご紹介します。サイトによっても特徴があるため、自分に適したものを選んでみてください。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代の転職に人気のサイトです。中小企業の案件にも強く、基礎知識や面接対策・履歴書の添削などについてしっかりとアドバイスを受けることができます。20代向けの案件が多いため、気になる方はチェックしてみましょう。

パソナキャリア

転職エージェントでパソナキャリアは、手厚いサポート・フォローには定評があります。転職の相談にも乗ってもらうことができ、履歴書・職務経歴書添削・面接対策などのサポート体制が充実しています。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職の案件数が多く大手の運営ですが、担当者によってサービスの質に差があるという口コミもあるため、他のサイトと併用しながら転職活動を進めていくのがおすすめです。

JACリクルート

外資系・国内企業のグローバルポジションに強い転職エージェントで、ハイキャリア案件が多いのが特徴です。JACリクルートメントは、役職や技術系のスペシャリスト求人に強く、キャリアを活かしたい方におすすめです。

doda

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)で運営しており、国内で最大級の転職エージェントのため、提案力・求人数ともにトップです。担当してくれる方も安定しており、手厚いカウンセリングや職務経歴書・面接対策をサポートしてくれます。

転職エージェントに登録した後は?

転職エージェントに登録すると、後日電話またはメールで「転職希望時期」・「希望する職種・業界」・「希望年収」などを確認されます。そして、面談日程の調整を行って今後のことについてスケジュールを立てていくので、仕事をしながら転職活動を進めていきましょう。

まとめ

転職活動を行うためには、様々な注意点を把握することが大切です。転職をするためには、まずは自己分析から始め、就職活動とは異なる書類の作成に力をいれないといけません。転職をサポートしてくれるサイトもあるため、上手に利用しながら進めていきましょう。

 

転職をして後悔しないために、会社選びをしっかりと行い自分が譲れない条件に当てはまっているのか内容を整理して、転職活動に取り組んでみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月14日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【もう職に困らない】転職・再就職に強い人気の資格おすすめ20選

【もう職に困らない】転職・再就職に強い人気の資格おすすめ20選

その他
20代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

20代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

転職サイト
30代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

30代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

転職サイト
【2023年最新】40代向けIT転職サイトおすすめ人気ランキング10選

【2023年最新】40代向けIT転職サイトおすすめ人気ランキング10選

転職サイト
20代におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

20代におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

転職サイト
【2023年最新版】ITエンジニアにおすすめの転職サイトランキング9選

【2023年最新版】ITエンジニアにおすすめの転職サイトランキング9選

その他