シミとそばかすの違いってなに?それぞれのケア方法もご紹介!【シミ・美白】

記事ID15139のサムネイル画像

シミやそばかすっていつの間にかできますよね。これってシミ?そばかす?そもそも違うもの?…実はシミやそばかすにも種類があり、それぞれに特化したケアをしないと意味がないのです。原因や特徴を理解して、美白への近道を探しましょう!おすすめのケア方法も解説していきます。

専門家プロフィール画像

取材協力

花田 真理

薬剤師・美容家

調剤薬局、化粧品会社に勤務の後、独立。化粧品「Marry Memory」開発者。

化粧品の知識と医療の知識を持ち合わせ、数々のメディアで美容コラム連載、監修等を行っている。

シミの種類、そばかすとの違いは?

シミとそばかすの大きな違いは、後天的か遺伝的かにあります。

シミは後天的で、主に紫外線や皮膚への刺激が原因で、加齢とともに増えたり、濃くなります。

そばかすは遺伝的で、思春期や、速い方では幼少期からでき始め、紫外線や皮膚への刺激を避けていてもできることがあります。

そばかすはシミに比べ、一つ一つの大きさが小さく、顔だけではなく腕や背中にもできることがあります。

シミの種類

シミの種類はどんなものがあるのでしょうか。表にまとめました。

該当するものがあったら、下の文章で詳しく見てみましょう。

シミの種類と原因

種類 特徴 原因 セルフケア
老人性色素斑 加齢とともに目立つ 紫外線 ターンオーバーの乱れ
肝斑 目の下に左右対称にできる 女性ホルモンの乱れ
色素沈着 傷やニキビの後にできる 皮膚への強い刺激
そばかす 加齢と共に減少 遺伝的

老人性色素斑

20代から30代にでき始めるシミで、40代、50代に最も多くなります。60代以降も増えたり濃くなったりすることがあり、加齢と共に目立つので老人性色素斑と呼ばれます。紫外線や皮膚のターンオーバーの乱れが原因です。

顔だけでなく、手の甲や肩など、紫外線を多く浴びやすい場所にできます。

肝斑

30代から40代にかけて、目の下あたりに左右対称にできるシミです。月経前や、妊娠前後など女性ホルモンの乱れ紫外線が原因で、女性に発症することが多いのも特徴です。

閉経すると徐々に消えていきます。

色素沈着

ニキビや虫刺されなどの炎症後にできるシミです。炎症により生成されたメラニンが蓄積したことで発症します。顔を擦ったり、強いフェイスマッサージをしたりといった、皮膚への刺激が原因になることもあります。

そばかす

思春期や幼児期からでき始めるシミです。顔だけでなく、腕などにも小さい黒斑ができることがあります。春から夏にかけて色が濃くなったり年齢ととも改善したりすることがある、遺伝性のシミです。

セルフケアできるのはどのタイプ?

老人性色素斑、肝斑、色素沈着に対してはセルフケアでも効果が期待できます。

メラニンを還元したり、肌のターンオーバーを整えてメラニンの排出を促したりする美白有効成分をスキンケアにとりいれることで効果が期待できます。

 

そばかすは紫外線対策で濃くなることを防ぐことはできても、消すことは難しいと言われているので、クリニックでの治療をおすすめします。

シミ、そばかすのセルフケア方法

UVケア

SPF、PAとは?

肌にダメージを与える紫外線は、UV-AUV-Bがあります。

SPFは、UV-Bに効果的。肌を紫外線による赤みや炎症、黒く日焼けさせるのを防ぎます。

一方PAは、UV-Aがもたらす肌の深層のダメージを防ぎ、弾力やハリを失うのを防いでくれます。

 

SPF、PAの選び方

炎天下でのレジャーなどをするときはSPF、PA共に高い値のものがおすすめです。

日常的に使う際はSPF20~30程度のものがおすすめと言われています。

冬場でも紫外線は降り注いでいるので、屋外で過ごす時間が長いときには長期的に見たときの肌ダメージを防ぐためにPA値が高めのものがおすすめです。

日焼け止めの効果的な塗り方

日焼け止めは服や荷物とのこすれによって取れてしまうので、こまめな塗り直しがおすすめです。また、シワができやすい曲がる部位は、しわを伸ばしながら塗ることで塗り残しを防ぐことができます。ウォータープルーフや、スポーツ用など、落ちにくいものを選ぶのもオススメです。

飲む日焼け止め

飲む日焼け止めに含まれる有効成分はフェーンブロックとニュートロックスサンという成分で、紫外線による紅斑への耐性をあげる効果があると考えられています。飲む日焼け止めだけで日焼けを防ぐことはできませんが、補助的なアイテムとして紫外線対策にとりいれるのがおすすめです。

花田 真理の画像

花田 真理

飲む日焼け止めは、単体では塗る日焼け止めのような効果を期待することはできません。紅斑とは紫外線を浴びた直後に肌が赤くなる現象のことで、数日後に現れる肌が黒くなる現象とは違います。

美白化粧品

美白有効成分

美白とは、「メラニンの生成を抑え、シミやそばかすの生成を抑える」効果のことを指します。そのため、シミやそばかすを完全に消すことはできませんが、濃くすることを防ぐことが期待できます。

アルプチン

コケモモに含まれている成分で、メラニンが生成される時に働くチロシナーゼの働きを抑えることでシミやそばかすを抑えます。

ビタミンC誘導体

ビタミンCを安定させ、吸収されやすくした成分で、メラニンの還元や、メラニンの色を薄くする働きがあります。

花田 真理の画像

花田 真理

メラニンの還元作用を持っているのは美白有効成分ではビタミンC誘導体のみです。メラニンの還元作用を持っているという意味では既にできたものを薄くすることが期待できますが、実感するレベルで効果を得るには、他の治療方法がおすすめです。

トラネキサム酸

メラニンを生成するメラノサイトの活性化を抑えることでシミやそばかすを抑えます。美白有効成分であると同時に、抗炎症成分としても効果が期待できます。

花田 真理の画像

花田 真理

メラノサイト活性化因子「プラスミン」をブロックすることが出来ると言われています。つまり、メラノサイト活性化抑制により、シミの元となるメラニンの生成を抑えるという働きをします。

ハイドロキノン

ハイドロキノンはシミ、そばかすを防いだり、シミを薄くしたりする効果が高いと言われていますが、白斑などの副作用も同時に報告されています。化粧品への配合は認められていますが、有効成分としては認められておらず、医薬部外品には配合できません。

花田 真理の画像

花田 真理

米国では化粧品に配合できるハイドロキノンの濃度は「2%以下」となっていますが、日本では化粧品の分類でハイドロキノンを配合する場合、配合濃度の規定はありません。ヨーロッパなど禁止されている国もあります。

メイクでカバーする

シミやそばかすはセルフケアで完全に消すことは難しいと言われています。そのため、気になる場合はメイクの力も借りることをおすすめします。カバー力のあるファンデーションやコンシーラーを使うことで、ある程度シミを隠すことができます。顔全体に厚塗り感が出ないよう、ピンポイントでベースメイクを重ねることもおすすめです。

シミ、そばかすをクリニックで対処する

レーザー治療

1つの波長のみスポット的に照射します。状態に合わせた波長を選ぶことで皮膚の浅い層から深い層まで対応できるので、シミ以外にも毛穴やたるみなどの肌トラブルに対応出来るのが特徴です。
大きいシミや濃いシミに向いていて威力が強い一方、その分ダウンタイムがあります。

光治療

複数の波長を顔全体にフラッシュを浴びせるように照射します。薄いシミに効果を発揮し、顔全体のトーンアップや肌質改善が期待できます。効果が穏やかなのでダウンタイムが短いので手軽にできるのが特徴です。

内服薬の処方

飲み薬に含まれる成分でシミやそばかすに効果があるものは、主に4つあります。

 

トラネキサム酸、Lシステイン、ビタミンC、ビタミンEです。

 

メラニンの生成を抑えたり、メラニンを還元したりする効果があります。

シミ、そばかすを防ぐためには

UVケア

シミができたり、濃くなったりする原因の多くは紫外線です。そばかすも遺伝性がありますが紫外線によって濃くなることがあります。

そのため、しっかりとしたUVケアをすることはシミやそばかす対策として有効です。日焼止めクリームだけでなく、帽子、日傘、UVカットの衣服を着るのもオススメです。

肌への刺激を避ける

肌への刺激はメラニンの生成につながります。

クレンジングや洗顔の時に顔を強く擦ったり、スキンケアの時に強くパッティングしたりすることは肌への刺激になるので、避けるようにしましょう。

下着の締め付けや、マスクなど、長時間肌につけるものには保湿をこまめにして摩擦を防ぎましょう。

食生活

メラニンの還元作用があるビタミンCは食べ物から摂取することも可能です。柑橘類が有名ですが、柑橘類には同時に紫外線の吸収を促進するソラレンという成分が含まれるので、ゴーヤや芽キャベツなどがおすすめです。ビタミンは熱で壊れやすいので調理法にも気を付けましょう。

花田 真理の画像

花田 真理

柑橘類などソラレンが含まれる食べ物を食べた後は紫外線に当たらないようにした方が効果的です。ソラレンは摂取後2時間程度で血流にのって体中に行きわたると言われています。つまり朝に食べるよりは夜に食べた方が良いです。

シミとそばかすに関する疑問をプロの専門家がQ&Aで回答

Q1.シミ、そばかすと、黒子は関係ありますか?

花田 真理の画像

花田 真理

シミそばかすと黒子は異なるものです。

黒子はメラニン色素を作り出す母斑細胞が増殖してできたもの。色素性母斑あるいは母斑細胞性母斑といいます。

シミやそばかすはメラニン色素が皮膚に沈着した状態のことをいいます。

Q2.シミ、そばかすの多さと、肌の白さは関係ありますか?

花田 真理の画像

花田 真理

肌が白い方は、紫外線を浴びると肌を守るためにメラニンが過剰に生成されやすく、シミができやすいと言われています。特に色白で乾燥肌の場合は、ターンオーバーが乱れも加わってシミが出来やすくなります。

Q3.背中や手にあるシミのケア方法も、基本的には顔にあるシミのケアと同じですか?

花田 真理の画像

花田 真理

シミ予防という意味であれば、顔のケアと基本的に同じですが、治療となるとシミの種類によって適している治療法は異なります

老人性色素斑はレーザーやハイドロキノンなどの塗り薬を使いますが、背中に出来やすい光線性花弁状色素斑はレーザーか液体窒素で治療します。

Q4.シミ、そばかすのための内服薬は、飲んでいると「皮膚を白くする」こともできますか?

花田 真理の画像

花田 真理

元の皮膚の色より白くすることはできません。

Q5.シミやそばかすができやすい人、できにくい人の違いはなんですか?

花田 真理の画像

花田 真理

色白タイプは、元々メラニンが肌に少ないので、紫外線による影響から肌を守るためにメラニンが過剰に生成されやすいです。生成されたメラニンがうまく排出されないと肌に残ってシミになってしまうので、シミが出来やすいタイプになります。

色黒タイプはもともとメラニンの数が多いので、紫外線による影響から肌を守るために過剰にメラニンが生成されにくいためシミが出来にくいです。

Q6.急にシミやそばかすが大量にでき始めた場合、原因として考えられるのはなんですか?疑うべき病気などはありますか?

花田 真理の画像

花田 真理

シミは子供の頃からの日光曝露量や加齢も影響します。一概に体質が変わったとは言えません。疑うべき病気は、シミに似た症状が出る「悪性黒子」「日光角化症」「ボーエン病」などがあります。

まとめ

シミとそばかすの違い、それぞれのケア方法について紹介しましたが、いかがでしたか?

ダメージが蓄積した肌の再生には、時間がかかりますが日々の積み重ねが大事です。

自分にあったケア方法で自信が持てる美肌を目指しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ