借金の金利の計算方法!そもそも金利とは?金利を正しく知って計画的に返済しよう

記事ID14988のサムネイル画像

毎月借金を返済しているのに、残高が全然減らない。そのように考えたことはありますか?借金をすると利息はつきますが、借金の金利負担があるかどのくらいか理解している人は少ないかもしれません。この記事では、一般的な金利の相場や利息の計算方法について解説いたします。

そもそも金利とは?

金利とは簡単に言うと、借金を返済する際に支払う利息の割合です。借金を返済する場合ただ借りた金額をそのまま返すのではなく、金額や借りた期間に応じて一定数上乗せした金額を返済することとなります。その上乗せされた金額が金利という訳です。

 

因みに利息とよく似た使い方をされる用語に利子があります。両方とも金利を指し示す用語ですが、両者は明確に意味が異なっています。利子がお金を借りる側が使う言葉であるのに対して、利息はお金を貸した側が使う言葉です。

 

厳密には違う使われ方をされますが、最近では利用者の誤使用等を防止する意味もこめてあえて使い分けずに使用している場合も多いです。一般的な利用者が使う分には基本的には同じ意味と思って問題ないでしょう。

金利の上限と実際に借金をする場合の金利相場とは

続いて、金利の上限と相場について紹介していきます。金利の上限は法律で決まっています。そのため一般的な金融機関や消費者金融からの借金であれば、よほど大きな金額でない限り初めての場合は大きく返済額が異なるケースは少ないです。

 

金利の上限や相場を知っておくことで、後述する闇金に引っかかりにくくなるという大きなメリットがあります。お金が絡んだトラブルは面倒になりがちなので、借金をする際には注意してください。

 

また、ある程度相場を知っておけば借金の際に複数の金融業者を比較してなるべく少ない利息で借りる事ができます。借金の際にトラブルや予想外の出費を減らすためにも、金利の上限と相場は必ず覚えておきましょう。

借金の金利の上限とは?

借金の金利の上限は、「利息制限法」及び「出資法」の2つの法律によって定められています。この法律によって借金をする相手を問わず、借金をした際の利息に上限が定められるのです。

 

「利息制限法」では、金利の上限を年20%と定めています。対して「出資法」では借りた金額に応じて利息の上限が変わってきます。10万円未満であれば年20%10万円以上~100万円未満であれば年18%それ以上は年15%となります。

 

因みに金利がこの上限を上回る場合、相手は例外なく闇金業者と呼ばれる存在です。日々増え続ける闇金業者は法律を無視した法外な利息を要求してくるので、絶対に関わらないようにしましょう。万が一関わってしまった際は、後述の対策を参考にしてください。

借金の金利の相場について

借金の金利の相場は、ほとんどの場合上限のぎりぎりに設定されています。例えば100万円を借りた場合金利は上限の15%となる場合が多いです。これは銀行から借りた場合でも消費者金融から借りた場合でも大差はありません。

 

公式サイト等では上限より低い金利を提示している所も多いですが、低金利で借金をするためには多くの条件を満たす必要があります。例えば同じところで何度も借金をしたり、一度に沢山借金をしたりといった場合です。

 

実際に初めて借金を行う場合、上限に近い金利になる場合がほとんどです。返済計画を立てる際は、あらかじめ上限の金利になる事を想定しておきましょう。

個人間の借金での金利について

貸主と借主双方の合意があれば、個人間の借金でも金利を設定することができます。しかも出資法5条によると、設定できる金利の上限は109.5%と金融機関などからの借金に比べて非常に高額となります。

 

理由としては、個人間の貸し借りでは金融機関などからの借金に比べ金額は少ない傾向があるからです。そのため実際の利息は大した金額にならない場合がほとんどです。小額の借金はなるべく早く返却しましょう。

 

因みに個人間であっても業務としての貸し借りであれば、銀行や消費者金融と同様金利の上限は20%となります。ただし業務としての貸付を行うためには正式な手続きが必要です。個人貸付を騙る闇金業者も多いので十分注意しましょう。

 

 

借金の利息の計算方法とは

続いて、実際に借金した際の利息の計算方法を紹介します。元々返済のめどがたっている借金であれば、金利を元に実際に返済する金額の計算が可能です。計算式は単純なので誰でも簡単に利息の計算できます。

 

返済金額が正確にわかっていれば、より確実な返済計画が立てられるだけでなく違法な金利にも気づきやすくなります。自身がどの位の期間借金していくら返済しなければいけないのかを、必ず借金をする前に頭に入れておきましょう。

借金をしたときに負担する利子の計算方法

前提として、金利の%とは基本的に年利率を表しています。例えば100万円の金利15%だと、100万円を1年借りた時の利息が15万円になるという訳です。ですから1年より早く返済したり借入残高を減らすことで、この利息を減らすことができます

 

仮に1カ月分の利息を計算したい場合、計算式は「借り入れ残高×金利%÷365(日数)×30(1カ月分)」となります。金利%の上限は前述した利息制限法に則った法律で定められています。自分が借りる金額の利息上限を事前に確認しておきましょう。

 

例えば借金が100万円で1カ月分の利息を計算する場合、「100万×15%÷365×30=12,329円」となります。つまり100万円を1カ月で返済する際には利息12,329円を上乗せした1,012,329円を返済すればいいという訳です。

金利が数%の違いなら「毎月の支払額」を重要視する

借金の際に重要なのは、支払う利息は借金を早く返済すればするほど少なくなるという点です。これはつまり、金利が少ない所から借りたとしても返済に時間がかかれば結果的に返済する金額は多くなるという事です。

 

一般的に設定されている利息は、消費者金融より銀行ローンの方が数%少ない場合が多いです。しかし毎月の最低支払金額は消費者金融の方が多いです。すると消費者金融で借りたほうが返済の完遂までにかかる時間が少なく、結果的に利息が少なくて済むという訳です。

 

毎月の支払いが額が少ないとトータルの返済額は多くなってしまいます。金利の数%では実際の支払額に大きな差はありません。借金をする際には金利以上に、毎月の返済金額と総返済額がいくらになるのかを理解して比較する事が大切なのです。

キャッシング枠を大きくして契約する

キャッシング枠とは、いくらまで借りられるのかの枠組みを表すものです。実は金利は金額だけでなく、キャッシング枠の大きさによっても決定されます。そのためキャッシング枠を大きくして契約することで金利を少なくすることができるのです。

 

例えばキャッシング枠を10万円で契約して10万円を借りた場合、金利は18%となります。対してキャッシング枠を100万円で契約した場合、金利は15%となります。つまり最初からキャッシング枠を大きく契約することで金利が少なくなるのです。

 

勿論キャッシング枠を大きく契約したからといっても枠いっぱいまで借金をしなければいけないわけではないので安心してください。どの程度のキャッシング枠まで契約できるかは人によりますが、なるべく大きな枠でキャッシング契約をしておくと後々お得になるのです。

毎月の返済に行き詰まった場合の対処方法

どんなに綿密な計画を立てて借金をしたとしても、予定外の出費や収入減などによって支払いに行き詰ってしまう可能性は少なからずあります。万が一支払いが滞ってしまうと、利息もどんどん膨れ上がってさらに返済が難しくなります

 

それだけでなく、支払いの催促やブラックリスト入り、最終的には強制的な差し押さえなど今後の生活に差し支えるほどの影響も出てしまうのです。どんな事情があっても返済が滞ってしまうのは避けなければなりません。

 

そこで続いては、毎月の支払いに行き詰った際の対処方法について紹介していきます。どんな形であれ返済金額を減らすことができれば精神的な負担も少なくなりますので、ぜひ検討してみましょう。

借金が減らない場合は繰り上げ返済が有効

返済を続けているのになかなか借金の総額が減らないという人は、そもそも毎月の返済額が少ない可能性があります。借金の返済は基本的に元利方式なので、月の返済額が少なければその分元金充当金も少なくそれに伴って利息も増えていきます。

 

そこで毎月の決められた返済額に加えて追加で返済を行う繰り上げ返済で元金を減らすことが有効になるのです。元金が減ればその分そこから計算される利息も減っていくため、最終的に返済する金額は少なくて済みます。

 

返済額を増やせば借金の返済も早くなる、といえば当たり前に聞こえるかもしれませんが、実際は定められた毎月の返済に甘えて繰り上げ返済まで実施している人は少数です。少しでも返済額を減らすために、払える時には繰り上げ返済を実施してみましょう。

 

 

低金利の借金に借り換えることを検討する

借金の返済に何年もかかるような場合、一般的な借金では最終的に借りたお金よりかなり多くの支払いを求められます。もしろうきんなどで低金利で融資をうけられる場合、そちらに乗り換える事で毎月の返済は勿論最終的な返済額も減らすことができます。

 

また、複数の金融機関から借金をしていて支払いが苦しい場合は借入先を一か所にまとめるのも効果的です。例えば20万円の借金を5か所からしている場合それぞれ年20%の利息がかかりますが、一か所にまとめて100万円の借金にすれば利息は年15%で済みます。

 

利息を減らすことができれば毎月の支払額もその分減らすことができるため、現在よりも返済が楽になります。とはいえ一本化することで返済期間そのものが長くなってしまうとその分利息も増え続けるため、返済計画はきちんと立てておきましょう。

債務整理は返済の負担を必ず減らすことが可能

返済額を減らす最終手段として、債務整理を行う事で必ず返済額を減らすことができます。上記の方法でも元金が減らせなかったり借金のための借金が続いている、既に返済が滞ってきているなど自分の力ではどうにもできない場合には債務整理を検討しましょう。

 

債務整理には大きく分けて3つの種類があります。債権者と交渉して利息のカットや返済期間を延ばす「任意整理」、条件を満たせば借金残高を約20%まで減らせる「個人再生」、自身の財産と共に借金も全額ゼロにする「自己破産」です。

 

自己破産はリスクも大きいですが、借金を返済できるだけの収入があるのであれば、任意整理や個人再生を利用することで借金の返済を完遂することができます。まずは一番リスクの少ない任意整理を検討し、条件を満たすのであれば個人再生も視野に入れましょう。

任意整理のメリット・デメリットとは

任意整理のメリットは、今発生している利息と将来発生する利息や損害遅延金を全てカット出来る事です。利息や損害遅延金がなくなったことにより借金が時間経過によって増えることもなくなるので、返済すれば返済しただけ返済の完遂に近づくのです。

 

また、既に支払いが滞っていた場合に行われていた督促や取り立ての連絡も一切なくなります。返済しただけ借金が確実に減っていく点も含めて、精神的な負担はかなり軽くなるといえるでしょう。

 

ただしデメリットとして、ブラックリストに載ってしまうため今後最大で5年間はクレジットカードやローンの利用ができなくなってしまいます。家や車など、一括で支払えない買い物がしばらくできなくなってしまう事は留意しておきましょう。

 

 

▼債務整理におすすめの事務所ランキングは下記をクリック!▼

個人再生・自己破産を検討する場合について

借金が膨大になり、もはや利息をカットした程度ではどうにもならない場合には、条件を満たせば個人再生が利用できます。それすらも条件を満たさずどうやっても借金を減らせない場合、本当に最後の手段として自己破産を検討しましょう。

 

個人再生は、継続した収入があるなど特定の条件を満たすことで、財産を失うことなく借金を約20%程減額できるという大きなメリットがあります。ただし借金が巨額の場合のみ利用でき、手続きが複雑で時間も費用も掛かるというデメリットがあります。

 

自己破産は、申請することで全ての借金が免除されます。例え無職や生活保護を受けている人でも例外なく適用が可能です。その代わり家や車などの財産を全て手放すこととなります。自己破産をすることで就けなくなる職種もあるなどデメリットも強烈です。

法外な金利で借金してしまった時には?

借金をするで最も警戒すべき存在が、法律で定められた以上の利息を要求してくる業者、所謂闇金業者です。闇金の代名詞と言われるトイチは、十日で一割の金利という意味で、年365%という法外な利息を請求されます。

 

ここまで極端ではなくても、高額な利息を請求してくる闇金業者は現在でも多く存在しています。特に借金をする側は素人の場合が多く、巧妙なやり口によって法で定められた金利よりも高い金利で借金をさせられてしまったというケースは後を絶ちません。

 

最後に、万が一法外な利息で借金をしてしまった際の対処法について紹介していきます。律儀に返済していてはいつまでも返済はできませんので、自分一人でどうにかしようとせず必ず以下で紹介するような対処法を迅速に実践してください。

時効はあるがまず期待できない

前提知識として、借金には時効が存在します。銀行や消費者金融などからの借金には5年個人からの借金には10年で時効となり、返済義務が焼失します。しかし闇金からは勿論、通常の借金であっても時効に期待するのは得策ではありません。

 

なぜならこの時効は、お金を貸した側が何のアクションも起こさなかった場合のみ成立するからです。お金を貸した側から催促所が送られてきたり、差し押さえが実行された場合などは都度時効の中断やリセットがなされるため、現実的に時効の成立はほぼあり得ません。

 

そもそも闇金業者は金利の段階で法律違反を犯しているため、法律上の時効などなんの抑止力にもなりません。時効まで逃げ切ろうなどと考えても、強硬手段を取られて非常に危険なので、時効があるからとそれに期待するのはやめましょう。

違法な借金に返済の義務はない

そしてもう一つ知っておいてほしい事が、そもそも闇金業者から借りた法外な利息の借金には返済の義務がないという点です。法律に則って行った借金でない以上、返済をしなかったからといって法律違反になる訳もないのです。

 

一般的にはお金を借りた以上は返すのが当たり前ですが、闇金業者からの借金は所謂不正原因給付に該当します。不正原因給付簡単に説明すると、不正な給付を行った側は、給付された側に対して返還請求を行う事ができないというものです。

 

勿論闇金業者はその道のプロなので、脅迫や恫喝、あるいは情に訴えかけるなどあらゆる方法で返済を迫ってくることでしょう。ですがどんなに向こうが正当性を主張しても法を順守していないのならこちらも返済の必要がないことを忘れないでください。

弁護士に相談する

しかし返済の義務がないことと闇金業者が返済の請求をしない事は別の話で、実際にお金を貸した以上相手は手段を選ばず返済を迫ってくるはずです。個人でそれに対応するには限界があります。対策としては、早急に弁護士に相談しましょう。

 

弁護士は闇金業者の口座凍結や実態の暴露、法的手段の行使など闇金業者に対して非常に効果的な手段を数多くとる事ができます。闇金業者の常とう句に弁護士に相談しても無駄、というものがありますが、逆に言えば弁護士に相談されると困るという事でもあります。

 

いくら個人で法を盾に支払いを拒否し続けても闇金業者は決して諦めません。個人での抵抗は却って自身の身の危険を招くだけなので、一刻も早く弁護士に相談して対処をお願いしましょう。法を犯す存在には法律のプロに対応してもらうのが一番効果的なのです。

弁護士を頼っても害がないとは限らない

弁護士を頼る事で、闇金業者から借りてしまった借金の返済に怯える必要はなくなります。しかし、だからといって闇金業者からでも安心して借金できるわけではありません。一度闇金業者と関わってしまうと今後にも大きな悪影響を及ぼします。

 

闇金業者が厄介なのは借金の利息が大きいからだけではありません。本当に恐れるべき点はお金を回収するために手段を選ばない事です。借金をした人が弁護士に頼る事も闇金業者は当然想定しており、あらゆる手段をもって借金の取り立てを行ってきます。

 

また、闇金業者に関わってしまったがために意図せずとも自分が犯罪者になってしまうケースも存在します。弁護士を頼って無事に解決したとしても以下で紹介するようなケースに発展する可能性が高いので、闇金業者とは絶対に関わらないようにしましょう。

自宅や職場に押しかけられる

自宅や職場への連絡や督促は通常の借金でもありますが、闇金業者のそれは頻度もレベルも段違いです。連日にわたる自宅への訪問や恫喝は勿論、時間や場所を問わず接触してきますし、時には勝手にデリバリーなどを頼むなどの嫌がらせをしてくることもあります。

 

勿論全て違法であり弁護士や警察に相談すれば対応してくれますが、これらの対応には即効性がありません。相談の帰りに待ち伏せされて人気のない所に連れ込まれる可能性もあり、自身は勿論家族にも大きな危険が伴います。

 

長期的な恫喝や嫌がらせは精神的にも大きな負担がかかります。いくらこちらが法律を盾にしたとしても、相手が手段を選ばない以上絶対に闇金業者とは関わるべきではないのです。

最初から返済の意思なく借りるとこちらが罪に問われる

闇金業者からの借金は返済の義務がない事は先ほど説明しました。それならわざと闇金業者からお金を借りて弁護士に相談すれば借りたお金がそのまま貰えると思った人もいるかもしれません。しかしこれは、逆にこちらが罪に問われる可能性があります。

 

闇金業者からの借金は返済義務がないことを承知の上で最初から返済するつもりがないのに借金をすると、詐欺罪に引っかかる可能性があります。闇金業者が訴えを起こす確率は低いですが、万が一訴えられれば自身も罪に問われてしまうのです。

 

悪意を持って闇金業者から借りたお金を返さなければ前述したような報復も考えられます。法律においても相手はこちらより一枚も二枚も上手なので、間違っても闇金業者からお金を貰おうなどとは考えないのが賢明です。

まとめ

利息の差や借入日数によって返済総額は大きく異なります。利息の計算方法を知っていれば返済総額は勿論、返済総額を少なくするための方法も検討できるようになるはずです。利息が多くていつまでも借金が減らないという人は、今回紹介した内容を参考に利息を減らすための行動をとってみましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年02月10日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

借り換えローンやおまとめローンの審査は甘い?新規申し込みとは何が違うの?

借り換えローンやおまとめローンの審査は甘い?新規申し込みとは何が違うの?

その他
金利の安いキャッシングやカードローンはどこ?利息の計算方法も解説

金利の安いキャッシングやカードローンはどこ?利息の計算方法も解説

その他
闇金対策には弁護士が効果的!しっかり相談して借金地獄から抜出そう

闇金対策には弁護士が効果的!しっかり相談して借金地獄から抜出そう

その他
ローンをまとめたい!おまとめローンのメリット・デメリットや方法を解説 

ローンをまとめたい!おまとめローンのメリット・デメリットや方法を解説 

その他
自己破産後に車のローンは組める?また持ってた車は処分されるの?

自己破産後に車のローンは組める?また持ってた車は処分されるの?

自動車・バイク
【体験談】債務整理におすすめの人気事務所ランキング7選【2021年最新版】過払金請求・借金整理に

【体験談】債務整理におすすめの人気事務所ランキング7選【2021年最新版】過払金請求・借金整理に

その他