【借金をまとめたい】低金利カードローンおすすめ9選|審査に通る方法も紹介

記事ID14938のサムネイル画像

ローンをまとめたいと思った際におまとめローンを検討する方も多いのでは無いでしょうか?でも実際おまとめローンにした場合どんなメリットがあるのか気になりますよね?今回はおまとめローンについてや、低金利のおすすめカードローン9選をご紹介していきます。また、審査に通りやすくなる方法についても解説します!

おまとめローンで返済負担を軽減しよう

「おまとめローン」を利用したいけれどどうすればいいのかわからないという方、「おまとめローン」について知りたいという方や「おまとめローン」という言葉自体あまり聞いたことがないという方もいるかもしれません。

 

簡単にいうと、おまとめローンとは複数のカードローンを1社にまとめることができるサービスです。おまとめローンを利用することで、金利が低くなったり、毎月の返済負担が軽減されたりする可能性があります。

 

本記事では、そんなおまとめローンのメリット・デメリットなどを詳しく紹介していきます。また金利の低いおすすめのカードローン(おまとめローン)9選も紹介するので参考にしてみてください。

おまとめローンとは

おまとめローンの特徴

①複数のカードローンの借り入れをまとめられる

②年収の3分の1以上の借り入れが可能

おまとめローンとは一体どのようなサービスなのでしょうか。ここでは、おまとめローンの特徴を2つのポイントに分けて紹介していきます。

①複数のカードローンの借り入れをまとめられる

おまとめローンは、複数の消費者金融や銀行などからの借り入れをひとつにまとめて返済することができるローンです。複数のカードローンでお金を借りて返済が複雑になってしまい、負担が大きくなったときに便利なサービスです。

 

おもに銀行や消費者金融などによってサービスが提供されています。複数のカードローンを1社にまとめることで、管理がしやすく無理のない返済計画を立てることができます。複数のカードローンの返済をしている方で、できれば返済をまとめて管理しやすくしたいという方におすすめです。

②3分の1以上借り入れが出来る

一般的に「通常規制」により借り入れが出来る金額は年収によって決まっています。例えば年収が300万円の方は100万円までが借り入れをすることができる上限になります。このように総量規制は年収の3分の1までしか借り入れをすることができないルールになっています。

 

ただ、総量規制には例外もあります。おまとめローンはその一つです。おまとめローンは借り入れを1社にまとめることで毎月の返済の負担が軽減できる特徴があるため、顧客に一方的に有利な借り換えと考えられることで、3分の1以上の借り入れが可能になります

 

おまとめローンの借り入れを検討している方は自分の生活水準に合ったおまとめローンの借り入れのプランを検討してみてください。

おまとめローンのメリット

おまとめローンにはいったいどんなメリットがあるのでしょうか。ここではおまとめローンのメリットを3つ紹介していきます。「おまとめローン」のメリットについて知りたい方は参考にしてみてください。

①金利が低くなる

おまとめローンの1つめのメリットは、原則では借りる金額が大きい程、金利が低くなり、借りる金額が少ないほど金利が高くなるといった関係性があるのでひとつにまとめた方が金利が低くなりやすくなるからです。

 

おもな理由としてカードローンは上限金利が「利息制限法」によって定められているからです利息制限法にもとづいた貸付の上限金利で照合すると貸付金利が「10万円未満」の場合の上限金利よりも「100万円以上」の上限金利の方が低くなります

 

例えばA社、B社、C社といった各金融機関から「30万円」「50万円」「20万円」をそれぞれ借り入れるよりもD社でおまとめローンを利用して「100万円」を借り入れたほうが条件によっては金利を低く抑えることができます

②お金の管理がしやすくなる

おまとめローンの2つめのメリットがおまとめローンは複数の金融機関などで、別々で返済をするのに比べてお金の管理がしやすくなるといったところが挙げられます

 

複数の金融機関でのローン返済は、ローン会社によって指定の銀行口座が異なるため、管理が大変で手間もかかってしまうことが考えられます。また、お金の入れ忘れといったような事態も起きやすくなってしまいます。支払いを遅延してしまうといったリスクは避けたいものです。

 

「おまとめローン」で1社にまとめておくと管理も楽になり、また手間も減らすことにつながります。おまとめローンで一括管理をすることで、お金を入れ忘れてしまった」「支払期日を間違えていた」といったうようなリスクも減らすことにつながるかもしれません。

③毎月の返済負担が軽くなる

おまとめローンのメリット3つめは「毎月の返済負担が軽くなる」ことです。おまとめローンの場合には借入額に応じて毎月の最低返済額も決まっているので、毎月の返済負担が複数の金融機関へ返済をするよりも軽くなる可能性が高くなります。

 

現在自分が借り入れしている金額を確認して、複数の金融機関から借り入れをしている場合にはまず、返済計画の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンには、気をつけた方がいいデメリットもあります。では、おまとめローンにはどんなデメリットがあるのでしょうか。ここではおまとめローンのデメリットや対処法について紹介していきます

①借金が増える可能性がある

おまとめローンのメリットの中で、月々の返済金額が減少する可能性が高くなることを紹介しました。しかし、毎月の返済額が下がることよって返済期間も長くなることもあります。すると、借りる期間が長い分、利息額が増えてしまいます

 

もしかすると、利息だけをいつまでも払い続けることにもなりかねません。おまとめローンを利用した場合のデメリットとして、おまとめローンの利用の仕方によっては、借金が増えてしまう可能性もあるということを覚えておいたほうがいいでしょう。

 

また、対策として繰り上げ返済を意識してできるだけ早めの完済をするように心がけるようにしましょう

②審査が厳しい

おまとめローンの2つめのデメリットがおまとめローンを申し込んで利用をする際の「審査が厳しい」ということです。複数のカードローンをまとめるためには前提として、金融機関の審査をクリアする必要があります。

 

その中でおまとめローンの審査は、複数の借入金額をまとめるために通常より審査が厳しいとされています

おまとめローンの審査に通るには?

おまとめローンで審査に通りやすくする為には、どんな点に注意すればいいのでしょうか。おまとめローンの審査で、チェックされる項目にも触れながら紹介します。

おまとめローンの審査項目3つ

まずは、おまとめローンの審査ではどのような項目をチェックされるのかを、詳しく解説します。

①返済履歴

返済履歴は過去に返済期日までに支払うことができずに、遅れてしまったり支払いができずに滞納をしてしまってたことがある場合などには、審査通過がいっそう困難になってしまう恐れがあります。返済期限など確認して遅延がないような支払いをするようにしましょう。

②収入が安定しているか

借入れの審査を受ける場合には審査を受ける本人の収入も審査結果に影響してくると言われています。借り入れをした人の収入が金融機関側との条件に合わない場合などは、審査が通りにくくなる可能性も考えられます。

③借り入れ額や借り入れ件数

おまとめローンの審査をクリアするためには借入額の大きさや借入れ件数の多さも影響してきますおまとめローンの審査に申請する際に、自分の借入額や借入れ件数がどのくらいあるかなど事前に確認しておきましょう。

おまとめローンの審査に通るには?

おまとめローンの審査では自分が借り入れをして返済をしている金融機関の数が多いと審査に通りにくいです。逆に借入れの件数が少ない方が審査は通りやすくなります

 

また、クレジットカードの支払方法のひとつであるリボ払いはローンとして含まれます。複数から借り入れしている場合には、まず金利の高い支払いをしているところから金融機関の数を減らすように見直しをして、審査を受けるようにしましょう。

金利の低いおすすめカードローン9選

ここでは、金利の低いおすすめカードローンを9つ紹介します。なるべく金利の低いカードローン(おまとめローン)を探している方は、参考にしみてください。

楽天銀行

楽天スーパーローン(カードローン)

おまとめローンや借り換えローンとして人気のカードローン

楽天銀行スーパーローンはおまとめローンや借り換えローンとして定評のあるサービスです。利用額300万円までは、原則として所得証明書が不要でローン契約をすることができます。しかし、自営業者や会社の経営者の方は対象に含まれないので所得証明書が必要になります。

 

年会費・入会金は永年無料で金利が最大14.5%からです。楽天銀行スーパーローンの最大限度額は800万円で、主な使い方として友好費、資格取得など自己投資、趣味や旅行の費用、子どもの教育資金などさまざまな形で使うことができます。

 

30代~50代の男性や安定した収入のある方、比較的高額の利用を目的としている方、借入れに緊急性のない方などにおすすめのカードローンです。

金利/年 1.9%~14.5% 審査期間 最短翌日
WEB 完結が可能 最大融資額 最大800万円
返済期間 1年ごとの自動更新

キャッシング1回払いの利用も可能なカードローン

カードローンFAITHは、20歳から58歳以下の本人に職があり安定して収入がある人が対象のJCBカードローンです。カードローンでキャッシング1回払いができるといった特徴があります。また年会費、ATM利用の手数料が無料です。

 

カードを受け取ってから最速数十秒で利用できますが、カードを作るまでに1週間程度日数を要することがあります。JCBカードローンを申し込む際には日にちも考慮したほうがいいでしょう。

金利/年 4.40~12.50% 審査期間 最短翌日
WEB 完結まで可能 融資額 最大500万円
返済期間 支払い方式や毎月のお支払い額による

西日本シティ銀行

NCB おまとめローン(無担保型)

50万円までならパート、アルバイトの方、専業主婦の方も申込み可能

西日本シティ銀行の返済プランとして扱っている商品の「NCB おまとめローン(無担保型)」は50万円までならばパート、アルバイトの方や専業主婦やこれから働きはじめる新入社員の方も申込みが可能なローンになっています。インターネットやATMからかんたんに、仮審査を申し込むができます。

 

NCB おまとめローン(無担保型)は、借入利率が年4.5%~年15%といった利率になっています。また、無担保型の場合、最長で15年、満74際までの方まで申込みが可能といった特徴があります。

金利/年 4.5%~15.0% 審査期間 店頭で借入れ申し込み契約後から
WEB 仮審査申込みが可能 融資額 10万円以上500万円以内
返済期間 6ヶ月以上15年以内(1ヶ月単位)

プロミス

プロミスカードローン(おまとめローン)

最大で300万円まで融資が受けられるおまとめローン

プロミスは自分の利用シーンに合わせた様々なプランを用意している消費者金融です。プロミスには目的別に「フリーキャッシング」「レディースキャッシング」「おまとめローン」「自営者ローン」「目的ローン」などの商品・サービスがあります。

 

WEBからも手続きができ、フリーキャッシングなら、本人確認の書類があればその場で審査、借入れも可能となるサービスもありますその中で、複数の金融機関などからの借り入れを一つにまとめて返済できるサービスが「おまとめローン」です。

 

利用条件は年齢20以上、65歳以下の本人に安定した収入がある方となります。借入れ利率はフリーキャッシングなどが4.5%~17.8%(実質年率)なのに対して、おまとめローンは6.3%17.8% (実質年率)の利率になっています。

金利/年 6.3%~17.8% 審査期間 最短で翌日以降(おまとめローン)
WEB 完結可能 融資額 300万円まで
返済期間 5日、15日、25日、末日のいずれか

新潟ろうきん

新潟ろうきん「おまとめローン」

返済期間が最長15年のおまとめローン

新潟ろうきんで利用できるローン返済の商品は住宅関係のローン・保険、自動車・バイク関係のローン、教育関係のローン、フリープランのローンなど目的別で様々なローンが用意されています。

 

その中で複数のローンをまとめる「おまとめローン」があります。新潟ろうきんのおまとめローンは金利が年6.3%、融資額が最大300万円、返済期間が最長15といった特徴があります。

 

また、保証料はろうきんが負担しています。消費者金融系や銀行系は最大利率が最大で1518%になるのに比べて変動金利で6.3%です。金利を低く抑えたいという方にはおすすめです

金利/年 6.3% 審査期間 申込み借入れ契約後
WEB  仮申込みが可能 融資額 最大300万円
返済期間 15年

変動金利型で複数のローンの取りまとめができる

おまとめ名人は北陸ろうきんが扱っているローン返済プランのひとつです。消費者金融や信販、他銀行のローンをまとめて返済することが可能なサービスです。

 

複数のローンをまとめて返済する際に、北陸ろうきんは金利が6.5%となっているので消費者金融、ほかの銀行系プランなどに比べても金利を低く設定されています。返済の金利を低く抑えたいと考えている方などは検討してみてはいかがでしょうか。

 

申込みの条件として原則、勤続年数が1年以上で最終返済時の年齢が万76歳未満の勤労者となります。申込みで審査の結果によっては利用できない場合も考えられます。まずは申込みの条件を確認してから審査を受けたほうがスムーズかもしれません。

金利/年 6.50% 審査期間 申込み借入れ契約後
WEB プランによる 融資額 500万円以内
返済期間 10年以内

貸金業法に基づいた借換え専用ローン

借換え専用ローンはアコムで扱っているおまとめローンです。複数のローンを借入れ中の方や総量規制において3分の1を超える借入れがある方などが利用しやすい返済を提案しているプランです。

 

アコムの借換え専用ローンは貸金業法に基づいた3つのポイントがあります。1つめが「毎月の返済金額や金利の負担が軽減できる」2つめに「返済の日にちは毎月1回」そして3つめが「状況で段階的に残高が減少」です。

 

複数のローンを借入れ中の場合には借換え専用ローンを利用することで、毎月の返済金額や金利の負担の軽減につなげられるでしょう。一方で、返済期間や返済計画によっては総返済金額が増えてしまう可能性もあるので、返済の計画をする際には自分の返済プランを確認、相談するようにしましょう。

金利/年 7.7%~18.0% 審査期間 申込み借換え契約後
WEB プランによる 融資額 最大300万円
返済期間 13年7ヶ月

受付から約2時間の審査時間のおまとめローン

中央リテールのおまとめローンは最大融資額が500万円、利率が10.9513.0%のローンです。審査時間が受付から約2時間で最短融資が翌営業日といった貸付条件になっています。

 

 

また、なにか相談したい場合の相談窓口では全員国家資格取得をした担当者が対応しています。返済期間が10年(120回)で遅延損害金はの20.0%(年率)です。クイック診断や返済のシュミレーションなどがWEB上から確認でき、オンラインで申し込むことも可能です。

 

 

複数の会社から借り入れをしていて返済の目処が立たない、毎月の返済日が異なり返済先が多くて大変、複数の借入先をひとつにまとめたい、利息の負担が大きいなどの複数のローンの返済で悩んでいる方は検討してみてはいかがでしょうか。

金利/年 10.95~13.0% 審査期間 受付から約2時間
WEB 申込み可能 融資額 最大500万円
返済期間 最長10年

東京スター銀行

おまとめローン(スターワン乗り換えローン)

インターネットで申込み、WEBで完結できるおまとめローン

東京スター銀行で扱っているおまとめローン「スターワン乗り換えローン」は、借入れが最大1,000万円で複数のローンをひとつにまとめて完済が可能なおまとめローンになります。

 

窓口に行かなくてもWEB上で完結することができます。東京スター銀行のおまとめローンは正社員の方だけでなく、契約社員や派遣社員といった勤労者の方も利用することが可能な商品です。

 

申込みができる条件として申込時の年齢が万20歳以上で65歳未満の方が対象になっています。また、年収が200万円以上の方といった条件もありますので確認しておきましょう。

金利/年 12.5% 審査期間 仮審査採点3日
WEB 完結 融資額 最大1,000万円
返済期間 10年間

金利の低いおすすめカードローン比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 金利/年 審査期間 WEB 最大融資額 返済期間 融資額 WEB 
アイテムID:5927042の画像

公式サイト

おまとめローンや借り換えローンとして人気のカードローン

1.9%~14.5%

最短翌日

完結が可能

最大800万円

1年ごとの自動更新

アイテムID:5927090の画像

公式サイト

キャッシング1回払いの利用も可能なカードローン

4.40~12.50%

最短翌日

完結まで可能

支払い方式や毎月のお支払い額による

最大500万円

アイテムID:5927621の画像

公式サイト

50万円までならパート、アルバイトの方、専業主婦の方も申込み可能

4.5%~15.0%

店頭で借入れ申し込み契約後から

仮審査申込みが可能

6ヶ月以上15年以内(1ヶ月単位)

10万円以上500万円以内

アイテムID:5930488の画像

公式サイト

最大で300万円まで融資が受けられるおまとめローン

6.3%~17.8%

最短で翌日以降(おまとめローン)

完結可能

5日、15日、25日、末日のいずれか

300万円まで

アイテムID:5927636の画像

公式サイト

返済期間が最長15年のおまとめローン

6.3%

申込み借入れ契約後

15年

最大300万円

仮申込みが可能

アイテムID:5927671の画像

公式サイト

変動金利型で複数のローンの取りまとめができる

6.50%

申込み借入れ契約後

プランによる

10年以内

500万円以内

アイテムID:5927701の画像

公式サイト

貸金業法に基づいた借換え専用ローン

7.7%~18.0%

申込み借換え契約後

プランによる

13年7ヶ月

最大300万円

アイテムID:5927734の画像

公式サイト

受付から約2時間の審査時間のおまとめローン

10.95~13.0%

受付から約2時間

申込み可能

最長10年

最大500万円

アイテムID:5936236の画像

公式サイト

インターネットで申込み、WEBで完結できるおまとめローン

12.5%

仮審査採点3日

完結

10年間

最大1,000万円

おまとめローンにする方法とは?

おまとめローンを利用してみたいけれど「いったいどうすればいいの」といった方も多いかもしれません。ここではおまとめローンを利用する際に用意しておく「必要書類」「申請方法」について説明していきます。

必要書類

まずおまとめローンに申し込むにはいくつかの書類を揃える必要があります。では、おまとめローンを申し込むときにいったいどんな書類が必要になるのでしょうか主に申込みに必要とされる書類について3つ紹介しますので参考にしてみてください。

本人確認書類

おまとめローンの審査を申し込む際に必要なのが「本人確認書類」です。本人確認書類で一般的に利用することが多いのが「運転免許証」のような顔写真が入っている証明書です。

 

免許証をもっていない方は、「パスポート」「各種保険証」「住民基本台帳」「マイナンバー」などでも本人確認書として使用できます。おまとめローンに申し込む際には、どんな書類が必要になるのかを、事前に確認しておきましょう。

収入証明書類

「本人確認書」と同様に大切なのが「収入証明書類」です収入証明書類には、現在の自分の収入がわかる「源泉徴収票や住民税決定通知書」「確定申告書」「給与明細書」「所得証明書」「年金証明書」などがあります

 

なかでもすぐに用意しやすい書類は「給与明細書」ですが、給与明細書の場合には1ヶ月分だけではなく、前月などを含む直近の数ヶ月分の給与明細が必要となることもあります。また、勤務先の会社名、住所、電話番号、勤続年数等についても求められる場合があるので、あらかじめ控えておいたほうがいいかもしれません。

事務手続き費用

おまとめローンを申し込む際には、基本的に事務手続きの費用はかからないところが多いのですが、消費者金融や銀行によっては事務手数料がかかる場合もあります。

 

また、契約書作成の印紙代、ATM手数料など費用がかかるケースもあるので、自分で申し込みを検討しているところは、どんな条件になっているのかを事前にチェックしたほうがいいでしょう。

申請方法

「おまとめローンに申請するにはどうすればいいの」という方もいるかもしれません。ここでは店頭での申請は面倒だし気がひけてしまう方やどんな申請方法があるのか知りたい方などに向けて「おまとめローンに申請する際の申請方法」について紹介していきます。

 

おまとめローンの申請方法として、現在はインターネットを使ったオンラインでの申込みが主流になっているので、わざわざ店頭に行く手間やコストを省けます。また、土日祝日や深夜早朝でも受付ができるので、平日は仕事などで忙しくて時間がない方も空いた時間で申請をすることができます。

 

ただし、どれほど緊急性が高い場合でも「土日祝日に対応しているから」といって、十分に精査せずに、金融機関を決めるのは避けるようにしましょう

おまとめローンを利用して無理のない返済を

ここまで、おまとめローンについてや、おすすめのカードローン(おまとめローン)について紹介してきました。

 

おまとめローンは、消費者金融系や銀行系などで扱っていてそれぞれ金利や返済内容が異なります。本記事を参考にして、なるべく無理せずに自分に合ったローンを組んで、返済の負担を軽減してください

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年08月01日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

金利の安いカードローンとは?キャッシング時の注意点も解説

金利の安いカードローンとは?キャッシング時の注意点も解説

債務整理
【低金利厳選】カードローンの人気おすすめランキング10選【2023年最新】

【低金利厳選】カードローンの人気おすすめランキング10選【2023年最新】

その他
借り換えローンやおまとめローンの審査は甘い?新規申し込みとは何が違うの?

借り換えローンやおまとめローンの審査は甘い?新規申し込みとは何が違うの?

債務整理
栃木銀行カードローンの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説!【金利が低い】

栃木銀行カードローンの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説!【金利が低い】

その他
審査なしで借りる!カードローンや即日借金を調査【無職・学生・審査なし】

審査なしで借りる!カードローンや即日借金を調査【無職・学生・審査なし】

債務整理
京葉銀行カードローンの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説!【細かい金利も】

京葉銀行カードローンの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説!【細かい金利も】

その他

債務整理のおすすめ記事

債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所10選!費用や口コミで徹底比較のサムネイル画像

債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所10選!費用や口コミで徹底比較

債務整理
はたの法務事務所の口コミ・評判は本当?実際に利用した方の声をもとに徹底調査のサムネイル画像

はたの法務事務所の口コミ・評判は本当?実際に利用した方の声をもとに徹底調査

債務整理
【2023年】自己破産に強い司法書士・弁護士事務所の人気おすすめランキング15選【費用・口コミも】のサムネイル画像

【2023年】自己破産に強い司法書士・弁護士事務所の人気おすすめランキング15選【費用・口コミも】

債務整理
【2023年】任意整理はどこがいいい?おすすめの司法書士・弁護士事務所ランキング11選【口コミも】のサムネイル画像

【2023年】任意整理はどこがいいい?おすすめの司法書士・弁護士事務所ランキング11選【口コミも】

債務整理

地域毎で選ぶおすすめ事務所

東京でおすすめの債務整理事務所人気ランキング9選【無料相談・任意整理】のサムネイル画像

東京でおすすめの債務整理事務所人気ランキング9選【無料相談・任意整理】

債務整理
【2023年最新版】大坂でおすすめの債務整理事務所人気ランキング12選【無料相談できる事務所も!】のサムネイル画像

【2023年最新版】大坂でおすすめの債務整理事務所人気ランキング12選【無料相談できる事務所も!】

債務整理
愛知県名古屋で債務整理に強い弁護士・司法書士の人気おすすめランキング12選【口コミ・評判も】のサムネイル画像

愛知県名古屋で債務整理に強い弁護士・司法書士の人気おすすめランキング12選【口コミ・評判も】

債務整理
札幌で債務整理におすすめな司法書士・弁護士事務所人気ランキング9選【口コミ・評判で選ぶ】のサムネイル画像

札幌で債務整理におすすめな司法書士・弁護士事務所人気ランキング9選【口コミ・評判で選ぶ】

債務整理
仙台で債務整理に強い司法書士・弁護士事務所おすすめランキング9選【安いところは?】のサムネイル画像

仙台で債務整理に強い司法書士・弁護士事務所おすすめランキング9選【安いところは?】

債務整理
【2023最新】福岡で債務整理に強いおすすめ事務所人気ランキング11選【口コミも】のサムネイル画像

【2023最新】福岡で債務整理に強いおすすめ事務所人気ランキング11選【口コミも】

債務整理
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。