キャンプ用包丁のおすすめ人気ランキング15選【まな板セットやケース付きも!2022年最新】

キャンプの楽しみの一つとして注目されているキャンプ飯。家庭で使っている包丁を持っていくということもできますが、持ち運びに不安はありませんか?キャンプ場で調理をするなら、キャンプ用の包丁がおすすめです。まな板セットや収納ケース付きなど、キャンプ用包丁の選び方とおすすめ商品をご紹介しますので購入の参考にしてください。

キャンプに包丁は必要?普通の包丁との違いは?

そもそもキャンプ場でをするなら、家で使っている包丁を持っていけばいいのでは?わざわざ買う必要があるの?と疑問に思う方もいるかもしれませんね。確かに料理するだけなら、家で使っている包丁でも用は足ります。

 

しかしキャンプ場では、料理以外にも火起こしに使うフェザースティックを作ったりロープを切ったりと料理以外のシーンでも包丁やナイフを必要とすることがあります。家で使う包丁は料理をする目的で作られているので他の用途には使用できないことも!

 

キャンプ場では様々なシーンで包丁やナイフが必要になるので、用途に合わせて使い分けると数本必要です。キャンプ用の包丁なら1本で幅広い用途に使用できるというメリットがあります。これからキャンプを始めようと思っているなら、キャンプ用包丁を持っておくとよいです。

キャンプ用包丁の選び方

キャンプ用包丁は、素材・用途・携帯性・利便性・ブランドといった5つのポイントをチェックして選びましょう。それぞれのポイントについて詳しく解説します。

素材で選ぶ

キャンプ用包丁で使われている素材は、主にステンレスとセラミックの2種類です。種類ごとにメリットとデメリットがあるので、用途に合ったキャンプ用包丁をお選びください。

耐久性と手入れのしやすさ重視なら「ステンレス」

ステンレスの包丁は、耐久性があり錆びにくいので扱いやすいのがメリットです。洗った後に水気を拭き取っておけば錆にも強いですし、刃こぼれしにくいのでアウトドア料理にも向いています。

 

金属臭がほとんどなく、食材に臭いが付きにくいというのもポイントです。ただし切れ味が落ちやすいので、定期的に研ぐ必要があります。弾力性はあるものの極端に無理な力をかけると曲がることがあるので注意しましょう。

 

切れ味が落ちた場合はシャープナーでも研げるので、ステンレスのキャンプ用包丁を選ぶならシャープナーも一緒に購入しておくと、後で買い足す必要がないので便利です。

切れ味を重視したいなら「セラミック」

セラミックは石や粘土を原料にしているので、軽くて錆びないのが特徴です。一番の魅力は切れ味が鋭く落ちないことで、使うたびに研ぐ必要がありません。メンテナンスが楽なので初心者にも気軽に扱えます。

 

洗った後に多少水気が残っていても錆びません。金属を使用していないので金属臭が食材に映るのが嫌という方にもおすすめです。ただし衝撃に弱いので、硬い食材を切ると刃こぼれする可能性があります。

 

セラミックの中には切れ味が良くないものもあります。硬い食材にも使用したいなら、特殊な加工を施し強度を高めたファインセラミックを選びましょう。以下の記事では、セラミック包丁の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

用途に合わせて選ぶ

キャンプ場でどんな食材を料理するかによっても、キャンプ用包丁の選択肢は変わってきます。食材に合わせて使いやすい包丁を見極めましょう。

肉や野菜を切るなら「刃渡りの長いもの」

肉の塊や大きい野菜を切るような場合、包丁が小さいと何度も刃を入れることになり不便です。大きいものでも1度で切れるよう、刃渡りの長い包丁を選びましょう。ただしあまり長すぎると持ち運びに不便なので、家庭で使用している三徳包丁くらいのサイズがおすすめです。

 

三徳包丁なら、肉や野菜以外に魚をさばくときにも活用出来ますし、キャンプ場で本格的な料理を作りたいときにも使えます。どれにしていいか迷ったら、キャンプ用の三徳包丁を選んでおくと安心です。

魚をさばくなら「出刃包丁」

釣った魚を捌いてキャンプ飯にしたい方は、出刃包丁を選びましょう。出刃包丁なら三枚おろしも簡単ですし、硬い骨のある魚でも無理なくさばけます。出刃包丁というと魚専用の包丁というイメージを持たれがちですが、魚以外の食材にも問題なく使用可能です。

 

出刃包丁といっても種類は豊富なので、刃渡りや厚みなど用途に合わせて選べます。何本も持って行くのが面倒なら、出刃包丁があれば1本で対応可能です。

果物の皮をむくなら「ペティナイフ」

ソロキャンプの場合は、あまり荷物を持ちたくないという理由や1人分を作るのが面倒に感じてしまいます。キャンプ飯は買ったものやレトルトで簡単に済ませられるので、果物の皮をむく程度というならペティナイフが便利です。

 

家で下ごしらえをしておき、キャンプ場で食材を小さく切るというようなシーンでもペティナイフが活躍してくれます。コンパクトなので持ち運びにも便利です。

料理以にも活用したいなら「万能ナイフ」

包丁は料理だけでなく、ブッシュクラフトにも活用したいというなら万能タイプを選びましょう。文字通り料理以外にも幅広く活用できるので、1本あれば様々なシーンで重宝します。ただし包丁と名が付いているものは、薪割りや焚き付け用には使用できません。

 

本格的なアウトドア気分を味わいたいなら、包丁ではなくキャンプ用ナイフを選ぶのもおすすめです。包丁はあくまでも料理をメインに使用する前提で選んでください。

安全に持ち運びしたいなら「ケース付き・折りたたみ式」

キャンプ場で包丁を持ち運ぶ際は、刃がむき出しの状態だと怪我をしたりさせたりと危険です。安全に持ち運ぶには、ケース付きのものや折りたためる物を選びましょう。折りたたみ式はコンパクトになるので、ポケットに入れておけます。

 

ケースが付いていても簡単に抜けてしまうようだと安全面に不安が残ります、ボタンやベルトでケースが取れないような工夫がされているかもチェックしましょう。落下防止のためにカラビナやストラップが付けられるフックや穴が開いているものもおすすめです。

利便性の高さを重視するなら「まな板セット」

キャンプ場で料理をする際はまな板も必要です。個別で購入できますが、まな板がセットのものを選びましょう。折りたたみ式のまな板で、内部に包丁を収納できるものなら持ち運びにも便利です。

 

個別に選ぶ手間もなく持ち運びにも便利ですし、まな板や包丁を忘れて料理ができなかったという失敗も防げます。まな板に包丁を収納できないものは、収納袋を用意して入れておきましょう。

ブランドで選ぶ

アウトドア用の包丁を選ぶなら、アウトドアブランドのものを選ぶのもおすすめです。キャンパーに人気のブランドを紹介しますので、迷ったときの参考にしてください。

用途に合わせて選べる「ユニフレーム」

ユニフレームは金属の町として知られる、新潟県燕三条にあるアウトドアブランドです。テントやタープを始めとして、キャンプに欠かせないギアを幅広く取り揃えています。包丁は刃がギザギザとしているのが特徴的で、切れ味の良さが魅力です。

 

1本で済ませたいなら、肉や硬いものでも切れるギザ刃牛刀がおすすめです。フィレナイフやペティナイフも刃がギザギザなので、鋭い切れ味を実感できます。

アウトドアに最適な包丁が揃う「スノーピーク」

スノーピークは1988年創業の国内アウトドアブランドです。オートキャンプの楽しさを世に知らしめたことでも知られています。テントや寝袋はもちろん、キャンプ飯に欠かせない調理ツールも重実しています。

 

三徳包丁やパン切り包丁など、用途に合わせて使い分けたいときに便利です。まな板セットもあるので、携帯性や安全性を重視して選びたい方にもおすすめします。

高級感のある見た目のナイフが欲しいなら「オピネル」がおすすめ

オピネルのナイフは実用性の高さと美しさからロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館に世界の美品100特選に選ばれたほか、ニューヨーク近代美術館目録にもその名を連ねています。高級感のあるキャンプナイフが欲しい方はオピネルの製品を選びましょう。

コスパが良いキャンプ包丁が欲しい方は「ニトリ」の製品がおすすめ

コスパが良いキャンプ用包丁が欲しい方にはニトリの製品をおすすめします。ニトリは家庭用だけでなくキャンプでも使える包丁も多数販売しており、価格もアウトドア専門のメーカーよりも安い商品が多いです。

錆びにくいキャンプ用包丁が欲しい方には「ティファール」の製品がおすすめ

取っ手の取れる鍋やフライパンで有名なティファールからもキャンプ用包丁が発売されています。独自のチタン強化コーティングが施されており、錆びにくく汚れが付きづらいです。カバー付きなのでアウトドアでも問題なく使えます。

刃渡りが長いキャンプ用包丁の人気おすすめランキング3選

カバー付きで持ち運びに便利

切れ味のいいセラミック包丁は肉や魚、野菜までキャンプ料理に便利。人間工学に基づきデザインされたグリップは握りやすく、18cmの刃渡りは幅広い食材に対応できます。専用のカバーが付いているので持ち運ぶときも安心です。

 

ジルコニアナのセラミックは、ステンレスよりも丈夫で耐摩耗性にも優れています。軽いのでキャンプ場で子供と一緒に料理を作りたいときにも便利です。

素材 セラミック 刃渡り 18cm
重量 106g

口コミを紹介

セラミックは初めて使ってみたのですが、
金属包丁にはない使い心地です。
軽くてサクサクきれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

京セラ(Kyocera)

ファインセラミック 三徳包丁

使い勝手がよく切れ味抜群

耐久性があり切れ味が抜群のセラミック包丁は、キャンプ料理に大活躍します。トマトのような崩れやすいものや、柔らかく潰れやすいパンやサンドイッチも断面がきれいです。

 

錆びないので手入れも楽ですし、漂白できるので衛生的に使えます。熱にも強く食洗器で洗えるのもポイントです。軽いので女性の力でも簡単に扱えます。

素材 セラミック 刃渡り 16cm
重量 98g

口コミを紹介

今まで普通の金属製包丁を使用して来ましたが早くセラミックにすればよかったと後悔するくらい切れ味がいいです。柔らかなパンもきれいに切れます

出典:https://www.amazon.co.jp

切れ味が長続きする

ステンレスにチタンコーティングを施しているので、耐久性が高く切れ味が長続きします。ゴムのような弾力があるエラストマー素材を採用したハンドルは、滑りにくくしっかりと握れるので使いやすさも魅力です。

 

刃の部分を覆う保護カバーがあるので安心して持ち運びできます。キャンプ料理にも丁度いいサイズです。

素材 ステンレス 刃渡り 12cm
重量 100g

口コミを紹介

キャンプ用に、長すぎず短すぎない、さや付きの包丁を探して、これに行き当たりました。さやもプラスチック製で洗えるし、清潔を保てるのがよいです。包丁本体の大きさも、キャンプ用の調理器具を入れるケースに収まってよいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

刃渡りが長いキャンプ用包丁のおすすめ比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 素材 刃渡り 重量
1
アイテムID:9775419の画像
三徳包丁 K13401

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

切れ味が長続きする

ステンレス 12cm 100g
2
アイテムID:9775425の画像
ファインセラミック 三徳包丁

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

使い勝手がよく切れ味抜群

セラミック 16cm 98g
3
アイテムID:9775422の画像
三徳包丁

Amazon

詳細を見る

カバー付きで持ち運びに便利

セラミック 18cm 106g

以下の記事では包丁セットのおすすめ商品をご紹介しています。刃渡りが長い包丁を含めて、様々な包丁が欲しい方はぜひご覧ください。

キャンプ用出刃包丁の人気おすすめランキング3選

3位

グローバル イスト(GLOBAL-IST)

小出刃 包丁 IST-05

スタイリッシュな包丁

グローバルといえばキッチンでも人気のスタイリッシュな包丁ですが、キャンプ場で料理という用途だけで使用するなら使い勝手の良い1本となること間違いありません。

 

刃渡りは12cmは小魚から40cmくらいのサイズまで幅広く使えるので、釣りキャンプで釣った魚を捌いて食べたいときにおすすめです。左利き用もあるので、利き手に合わせて選べます。

素材 ステンレス 刃渡り 12cm
重量 180g

口コミを紹介

少し高価ですが、とてもよくできたナイフです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ケース付きで安心

本格的な和包丁でありながら、アウトドア用に作られているのでキャンプ料理で魚をさばきたいときに最適です。出刃包丁は持ち運びしにくいイメージを持たれがちですが、リネン製のカバーがついているので安全に持ち運べます。

 

切れ味の良さを重視して選びたい方におすすめです。キャンプ用包丁としてだけでなく家庭でも使用できます。

素材 ステンレス 刃渡り 15cm
重量 245g

口コミを紹介

凄くよく切れてびっくりした。鰤の骨も頭もザクッと簡単に怖いぐらい切れる。コスパも最高。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

下村工業(Shimomura Kougyou)

ヴェルダン 出刃包丁OVD-15

シャープナーで研げる

燕三条の職人が本研ぎ刃付けをしているので、力を入れなくてもサクっと切れます。モリブデンとパナジウムを使用したステンレス鋼は、耐久性が高いのでキャンプ料理で魚をさばきたいときにおすすめです。

 

ハンドルには丸みをもたせているので、手にフィットします。シャープナーでも研げるので砥石が使えなくても安心です。

素材 ステンレスモリブデン鋼 刃渡り 15cm
重量 200g

口コミを紹介

魚の中骨がガンガン切れる!薄皮残して身をそげる!!アジのなめろうをバンバン作れる!出刃包丁自体初めてなので、他ももしかしたらこんなにきれるのかもしれませんが、とにかく買って後悔なし。鶏肉なんかも皮の部分でガコガコしてたのが夢みたい。すぱすぱです。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプ用出刃包丁のおすすめ比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 素材 刃渡り 重量
1
アイテムID:9775435の画像
ヴェルダン 出刃包丁OVD-15

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

シャープナーで研げる

ステンレスモリブデン鋼 15cm 200g
2
アイテムID:9775438の画像
アウトドア デバ L 10816

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ケース付きで安心

ステンレス 15cm 245g
3
アイテムID:9775432の画像
小出刃 包丁 IST-05

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

スタイリッシュな包丁

ステンレス 12cm 180g

以下の記事では、出刃包丁の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

キャンプ用ペティナイフの人気おすすめランキング3選

3位

ソロキャンプに丁度いい

刃全体がギザギザになっており、食材にしっかりと刃が入るのがポイント。切れ味の良さに定評のあるユニフレームのペティナイフは、キャンパーにも大変人気があります。

 

ケースも付いているので持ち運びにも便利。ソロキャンプやツーリングキャンプで、料理をするのに丁度いいサイズです。

素材 ハイカーボン 刃渡り 12cm
重量 60g

口コミを紹介

安いキャンプ道具に研いだり磨いたりして手を加えて使うことが多かったので買った状態でこんな優秀な子びっくりです。ユニフレさん最高です。
トマトもスイスイ切れるぜ~!!!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

1本で幅広い用途に使える

日本製の果物ナイフですが、ケースが付いているのでキャンプ用包丁としても活用できます。切れ味が持続するハイカーボンステンレススチールを採用しているのもポイントです。

 

カミソリでおなじみのメーカーが作っているので、クオリティの高さも魅力です。コンパクトですが、料理にも十分対応できます。

素材 高炭素ステンレス鋼 刃渡り 12cm
重量 60g

口コミを紹介

先端はドロップ形状で、刃を先からアゴまで使いきれる形状で、刻んだり、カットといった作業がしやすく、料理好きとしてはかなり評価高いです。研ぎなしで、切れ味抜群(刃が薄いのもあるとは思います)なのはさすが貝印とは思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ユニフレーム(UNIFLAME)

ギザ刃 キャンプナイフ 661840

コンパクトで扱いやすい

折りたたみ式は持ち運びにも安心で、コンパクトなためかさばりません。先端がギザギザしているので、刃が滑りにくいのがポイントです。果物の皮むきはもちろん、ギザギザした部分はバケットやホットサンドを切るときに重宝します。

 

折りたためばケースが不要なので、荷物を増やしたくないソロキャンプにもおすすめです。

素材 ステンレス 刃渡り 9.5cm
重量 38g

口コミを紹介

切りやすさも良いですが持ち手のサイズがとても良く切りやすかったです。
あとギザ刃は肉や魚を捌く時にとても良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプ用ペティナイフのおすすめ比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 素材 刃渡り 重量
1
アイテムID:9775451の画像
ギザ刃 キャンプナイフ 661840

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コンパクトで扱いやすい

ステンレス 9.5cm 38g
2
アイテムID:9775448の画像
コンパクトナイフ DH3342

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

1本で幅広い用途に使える

高炭素ステンレス鋼 12cm 60g
3
アイテムID:9775445の画像
ギザ刃 ペティ 661819

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ソロキャンプに丁度いい

ハイカーボン 12cm 60g

ペティナイフが気になるという方は、こちらの記事で詳しく紹介していますのでチェックしてみてください。

キャンプ用万能ナイフの人気おすすめランキング3選

頑丈なフルタング構造

キャンプ料理以外に枝打ちツルを切りたいときには、耐久性の高いフルタングナイフを選びましょう。フルタングというのは、刃がハンドル部分まであるので、折れにくくアウトドアに最適なナイフのことです。

 

山歩きをしたりロープを切ったり、キャンプ道具をDIYしたいときにも便利です。専用ケースはベルト通しが付いているので携帯性にも優れています。

素材 ステンレス 刃渡り 14.5cm
重量 30.5g

口コミを紹介

グリップ感や使い勝手は大型の物と変わらずコンパクトなのでバイクでも無理なく積載が出来ます。
コンパクトといっても一般的なナイフより大きくてバトニングには最適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

料理からブッシュクラフトまで幅広く対応

キャンプ料理だけでなく、焚き火用のフェザースティックを作ったり、ロープを切ったりとアウトドアを満喫したいなら、キャンプナイフがおすすめです。

 

ハンドルに使用したブナ材は使い込むほどに経年変化を楽しめます。手入れは砥石で研ぐのがおすすめでなので、どちらかというと上級者向けです。

素材 ステンレス 刃渡り 12cm
重量 80g

口コミを紹介

ブレード材やサイズはどれにしようかと悩みましたが、私にとってステンレスの#12は大正解でした。
切れ味はカーボン鋼の方が良いと言われますが、丁寧に砥いでやる事で素晴らしい切れ味を示してくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

折りたたみ式で持ち運びに便利

こちらのナイフはキャンプ料理からブッシュクラフトまで幅広いシーンで活躍します。折りたためるのでポケットに入れて、キャンプ場で焚き付け用の小枝集めをするときにも便利です。切れ味が落ちても研ぎ直せばまた切れ味を取り戻します。

素材 ハイカーボンスチール 刃渡り 7.3cm
重量 -

口コミを紹介

ステーキ等を切る時に使ってますが、気持ちいいほど切れます。
やはりオピネルはステンレスよりこっちの方がいいですね。
切れ味が鈍ってきても軽く研ぐだけで復活しますし、独特のロックも使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプ用万能ナイフのおすすめ比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 素材 刃渡り 重量
1
アイテムID:9775461の画像
カーボンスチール #6 41476

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

折りたたみ式で持ち運びに便利

ハイカーボンスチール 7.3cm -
2
アイテムID:9775464の画像
ステンレススチール #12 41442

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

料理からブッシュクラフトまで幅広く対応

ステンレス 12cm 80g
3
アイテムID:9775458の画像
シースナイフ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

頑丈なフルタング構造

ステンレス 14.5cm 30.5g

以下の記事では、アウトドアナイフの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

包丁とまな板セットの人気おすすめランキング3選

3位

プリムス(PRIMUS)

CF カッティングセット P-C738006

高級感のある包丁とまな板のセット

ケースにまな板と包丁を入れて持ち運べルセットです。包丁は先端を斜めにカットしているので、ケースから先端が出ません。常にセットで持ち歩けるので、包丁やまな板を忘れるという失敗も無いです。

 

また、包丁の柄とまな板が木製のため高級感があり、自然との親和性が高いのでキャンプにぴったりな製品です。

素材 ステンレス サイズ 刃渡り15cm/まな板14.5×25cm
重量 570g

口コミを紹介

コンパクトで良さそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

スノーピーク(snow peak)

マナイタセット M CS207

安全に持ち運べる

折りたたみ式のまな板内に包丁を収納できるまな板セットです。裏面には滑り止めのゴムが付いていて安定性にも優れています。包丁はマグネットで固定するので、落下防止対策も万全です。

 

同じくスノーピークのアイアングリルテーブルにジャストフィットするよう設計されているので、セットで使用できます。

素材 ステンレス 刃渡り 36×11.8×3.4cm
サイズ 850g
1位

竹美商事株式会社

竹製 包丁付きまな板セット

竹製で自然との親和性が高い包丁とまな板のセット

こちらの製品は包丁と竹のまな板がセットになっています。竹には抗菌・防臭効果あり、木製のものよりばい菌が繁殖しません。また、水切れが良く、乾きが早いので黒カビも発生しにくく、肉、魚類をカットしても色・臭いが残りづらいです。

素材 - 刃渡り -
サイズ 25.5×20×1.8cm

口コミを紹介

まな板は、食べるものを切るものなので改めて入れる袋を探さずとも袋が付いてるのは有難い。
買ってみて思うが、包丁が普通サイズなので家庭での使用や学校などの料理応援等にも包丁を安心して持ち運び出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

包丁とまな板セットのおすすめ比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 素材 刃渡り サイズ 重量
1
アイテムID:9778637の画像
竹製 包丁付きまな板セット

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

竹製で自然との親和性が高い包丁とまな板のセット

- - 25.5×20×1.8cm
2
アイテムID:9775478の画像
マナイタセット M CS207

楽天

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

安全に持ち運べる

ステンレス 36×11.8×3.4cm 850g
3
アイテムID:9775475の画像
CF カッティングセット P-C738006

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

高級感のある包丁とまな板のセット

ステンレス 刃渡り15cm/まな板14.5×25cm 570g

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

以下の記事では、アウトドア用まな板の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

キャンプに100均の包丁は使える?

キャンプ用包丁はアウトドアブランドのものなら使い勝手もよく、スタイリッシュなデザインで気分も上がります。あまりお金を掛けずにコスパを重視して選びたいときや、試しにキャンプ用を使ってみたいというときはあまり高いものは手が出づらいです。

 

そんなときに便利なのが100均で販売されている包丁。100均の包丁だと切れ味が心配という方も多いです。しかし、100均にもセラミックの包丁や、刃がギザギザになった包丁があり、切れ味も悪くないと高い評価のレビューもあります。

 

100均では心配というなら、ニトリでもステンレスやセラミックの包丁があるのでチェックしてみてください。ニトリは価格も手頃なのでお試しでも気軽に購入できます。

キャンプ用包丁は銃刀法違反にならないの?

キャンプ場で包丁を所持するうえで注意しておきたいのが、キャンプ用包丁は刃物であるため銃刀法にふれることです。結論から言うと、キャンプ場で料理をするために、他のキャンプ道具と一緒にケースやさやなどに入れて持ち運ぶだけなら銃刀法にはふれません

 

キャンプ用包丁だけ車のダッシュボードやポケットなどすぐに取り出せる場所に入れておくのはNGです。キャンプ場まで行く間は必ず他のキャンプ道具と一緒にしておき、他のキャンプ道具と一緒でも車に積んだままはNGなので、キャンプ当日に積み込みましょう。

 

また、スーパーやコンビニエンスストアに行くときにポケットやかばんに包丁を入れて持ち歩くのはNGです。折りたたみ式の小さい包丁や、ペティナイフでもキャンプ場以外で携帯していると銃刀法違反になる可能性があるので注意してください。

キャンプに向いているのは包丁とナイフどっち?

包丁は食材を切りやすいのがメリットですが、持ち運びに鞘がないと危険というのがデメリットです。ナイフは携帯性に優れていますが、大きいサイズでないと食材が切りづらいので一長一短な性能を持っています。デザインや用途で選びましょう。

まとめ

キャンプ飯を作るときは、キャンプ用包丁を選びましょう。選択肢は豊富に揃っていますので、キャンプスタイルに合わせて最適な包丁を見つけてください。キャンプ用包丁があれば、本格的なアウトドア料理も楽しめますよ。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年05月10日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2022年最新版】子供用包丁の人気おすすめランキング15選【左利き用も紹介!】

【2022年最新版】子供用包丁の人気おすすめランキング15選【左利き用も紹介!】

調理器具
ステンレス包丁の人気おすすめランキング10選【プロの方、初心者の方にも!2022年最新】

ステンレス包丁の人気おすすめランキング10選【プロの方、初心者の方にも!2022年最新】

キッチン用品
【プロ用も】包丁用砥石のおすすめ人気ランキング19選【仕上げ砥石も紹介!】

【プロ用も】包丁用砥石のおすすめ人気ランキング19選【仕上げ砥石も紹介!】

調理器具
高級包丁のおすすめ人気ランキング15選【一生ものをあなたに!】

高級包丁のおすすめ人気ランキング15選【一生ものをあなたに!】

調理器具
【2022年最新版】アウトドア用まな板の人気おすすめランキング15選【コンパクトでおしゃれ】

【2022年最新版】アウトドア用まな板の人気おすすめランキング15選【コンパクトでおしゃれ】

アウトドアグッズ
【2022年最新版】ニトリのまな板おすすめ人気ランキング15選【木製・プラスチック・抗菌など!】

【2022年最新版】ニトリのまな板おすすめ人気ランキング15選【木製・プラスチック・抗菌など!】

調理器具