電気圧力鍋の人気おすすめランキング10選【2020年最新版】

記事ID14889のサムネイル画像

ガスを使用せず調理ができる電気圧力鍋。具材を入れてスイッチを押すだけで、簡単に調理ができます。パナソニック、シロカ、アイリスオーヤマなどさまざまなメーカーから販売されてるので迷うことも。そこで今回は、電気圧力鍋の選び方とおすすめランキングをご紹介します。

忙しい時も手軽に使える!電気圧力鍋で時短調理をしよう

鍋で煮込み料理をするとつい拭きこぼしてしまう、煮込みすぎて型崩れしてしまうという失敗もあるでしょう。忙しい時間はお惣菜を購入することが多くなり、なかなか手の込んだ料理が作れないこともありますよね。電気圧力鍋なら時短で簡単に料理が作れます

 

材料を入れてスイッチを押すだけ、途中で火加減を調節したり、吹きこぼれしまう心配もありません。実は、圧力調理の他にも、低温調理などの調理モードが搭載されているので、スイッチを押すだけで水を使わないカレーやローストビーフなど、おもてなし料理が楽しめます。

 

そこで今回は、電気圧力鍋の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、機能性、人気メーカー、価格を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみて下さい。

電気圧力鍋のメリットとデメリットとは?

電気圧力鍋は、材料を入れスイッチを押すだけで調理ができる便利な家電製品。スイッチをおしたら調理ができるまで待つだけで、途中で火加減を変えたり、時間に合わせて火を止めたりする必要がありません調理時間が短縮でき光熱費の節約になるメリットも。

 

デメリットは本体が大きいという点です。電気圧力鍋は炊飯器などと比べても大きく、広い設置スペースが必要になります。また、最近では予約機能搭載されたものが主流ですが、予約調理できない機種もあるので確認してから選びましょう。

炊飯器やガス圧力鍋との違いは?

炊飯器と似ているし、ガス圧力鍋のほうが安いし、電気圧力鍋を購入しなくても十分じゃない?と思っている方もいるでしょう。こちらでは、炊飯器とガス圧力鍋とどのように違うかについてみていきましょう。

電気圧力鍋と炊飯器の違い

炊飯器はご飯を炊くための家電製品。電気圧力鍋に比べコンパクトで軽量な点もあります。最近では、煮込み料理やケーキなど、お米を炊く以外にも便利に使えるものも販売されています。

 

とはいえ、電気圧力鍋とは違い、低温調理、スロー調理、水を使わない調理など簡単に手の込んだ料理を作ることは難しいです。電気圧力鍋はご飯も炊けて時短料理もしたい方にピッタリな、炊飯機能が搭載されている機種もあります。

 

下記のサイトでは、炊飯器の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

「電気圧力鍋」と「ガス圧力鍋」の違い

ガス圧力鍋はガスコンロで調理する鍋。電気圧力鍋との最大の違いは、火加減や時間の調節です。ガス圧力鍋は、一定時間圧力をかけて火を止めます。圧力をかける時間を自分で調節できるので、煮崩れなど煮込みすぎる心配はありません

 

圧がかかる音がうるさい圧力をかけすぎて吹きこぼれてしまう、調理中に手間がかかるといったデメリットがあります。電気圧力鍋の中にも、圧力や時間を手動で調節できる機種もあるので、煮崩れなどの防ぐこともできます。

 

下記のサイトではガス圧力鍋の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

電気圧力鍋の選び方

電気圧力鍋は内容量、加熱方式、調理モードなど選ぶポイントがさまざまです。それぞれ、選ぶポイントについてご紹介します。あなたにピッタリな電気圧力鍋で、時短で美味し料理を作りましょう。

容量選びに迷ったら「使用人数+1L」を目安に選ぶ

容量は「使用人数+1L」を目安に選びましょう。たとえば一人暮らしの方なら2L、2人暮らしなら3L、4人家族なら5Lと考えます。電気圧力鍋は4L以下が主流で、5~6Lの機種は少なめです。

 

また、電気圧力鍋は容量が大きくなれば、本体サイズも大きくなるので設置スペースを考えて購入するのも重要です。上から蒸気が出る機種もあるので、上部と左右のサイズを確認してから選びましょう。

調理モードで選ぶ

電気圧力鍋には、炊飯モード、スロー調理、低温調理、食材の水分のみで作るモードなどが搭載されています。こちらでは、炊飯モード、スロー調理、低温調理についてご紹介します。

一人暮らしなら「炊飯モード」搭載を

一人暮らしの方が選ぶなら、炊飯モードを搭載した電気ガスがおすすめです。炊飯機能があれば、炊飯器を別途購入する必要がなくなります。一人暮らし用の家はキッチンに物が置けるスペースが少ないので、炊飯器としても使用できれば家電製品を1台減らせます。

じっくりと煮込みたいなら「スロー調理」や「低温調理」

じっくりと煮込み料理を作るなら、スロー調理や低温調理ができる機種を選びましょう。スロー調理は、沸騰する少し手前の温度で長時間じっくりと加熱してくれます。食材にしっかりと味を染み込ませ、柔らく仕上がります。

 

火加減の難しい角煮や煮崩れしやすいおでんなどの調理におすすめ。低温調理は低温でじっくりと加熱してくれます。ローストビーフやチャーシューなどの調理におすすめ。温度や時間を設定すれば、あとは待つだけで美味しい料理に仕上がります。

時間や圧力の調節を省きたいなら「自動メニューの種類」をチェック

時間や圧力など細かい設定を省きたいなら、自動メニューの種類が多い機種がおすすめです。自動メニューが多ければ、面倒な設定をしなくてもさまざまな料理が作れます。レシピに従って材料を入れ、自動メニューから料理を選んでスイッチを押すだけ。

 

自動メニューの少ない機種では約6種類、多い機種なら200種類以上のメニューがあります。種類が多ければ簡単にレパートリーが増えて便利ですが、手軽に使いたい、定番だけあればいいという方は自動メニューが少ない機種もおすすめ

 

炊飯、カレー、角煮などいつも作る定番メニューや作りたい料理が自動メニューにあるかチェックしておきましょう。

加熱方式で選ぶ

電気圧力鍋の加熱方式は、マイコン式とIH式の2種類があります。それぞれの特徴をみていきましょう。

価格や電気代を抑えたいなら「マイコン式」を

電気代や本体価格を抑えて購入したいならマイコン式を選びましょう。マイコン式は、電熱ヒーターで加熱する仕組みで、過熱が弱くなったりムラが出来てしまうデメリットもあります。

 

消費電力が600~800Wなので、IHに比べて電気代がかかりません。使用頻度が多くなるなら、ランニングコストの低いマイコンがおすすめです。記事の最後では電気代についてもご紹介しているので、参考にしてみてください。

高圧力でムラをなくしたいなら「IH式」を

高圧力でムラなく調理したいならIH式を選びましょう。IHは鍋の側面と底面から加熱するコイルが巻かれ、電磁誘導で全体から加熱しています。マイコン式に比べて火力が高く、ムラを抑えることが可能

 

煮込み料理や炊飯など、食材の中までしっかりと火を通しふっくらと仕上げてくれます。ラインナップは少ないですが、発酵食品が作れる機種なども人気。マイコン式よりも本体価格は高く、消費電力は約1200Wと約2倍。料理の出来にこだわりたい方におすすめです。

蓋の種類で選ぶ

電気圧力鍋の蓋の種類はプッシュ式とスライド式の2種類があります。それぞれの特徴についてみていきましょう。

片手で簡単に蓋を開けたいなら「プッシュ式」を

プッシュ式は、炊飯器と同様にボタンをプッシュするだけで簡単に蓋が開けられます。蓋を閉めるときも片手で蓋を閉じるだけなので、少ない力で開け閉めできるのがメリットです。

 

しかし、蓋の取り外しができな機種が多いので、お手入れが面倒なデメリットも。力を入れずに片手で開け閉めしたい方におすすめです。

取り外してお手入れしたいなら「スライド式」を

スライド式は、ガス圧力鍋のように蓋を回しながら開け閉めします。蓋が完全に本体から外れるので、誤って蓋が閉まったりする心配がなく、お手入れもしやすいです。

 

両手でふたを開け閉めするので、片手で簡単に蓋が外せないデメリットもあります。蓋が邪魔にならないので、炒めたり材料を入れたりするのに便利です。

機能性で選ぶ

電気圧力鍋は、ガス圧力鍋に比べて機能が充実しています。こちらでは、保温機能や温め直し、タイマー機能、圧力調節機能についてご紹介します。

温かい料理を食べたいなら「保温機能」や「温め直し」を

電気圧力鍋で調理した料理を保温しておきたいなら保温機能が搭載された機能を選びましょう。食べ始めるまでに時間が掛かるときに、温かいままで保温してくれるので便利です。

 

また、温め直し機能が搭載されていれば、一度スイッチをオフにしても、電気圧力鍋のままで温め直すことができます。電子レンジや別の鍋に移して温めるという手間が省けて便利です。

時間に合わせて料理を完成させたいなら「タイマー機能」を

時間に合わせて料理を完成させたいなら、タイマー機能を搭載した機種がおすすめ。材料投入しセットしておけば、決めた時間に料理が完成してくれます。夜寝る前に準備しておけば、翌朝には出来立ての料理が楽しめます。

 

タイマー機能が搭載されていない機種もあるので、有無をチェックしてから選びましょう。

圧力の強さを調節したいなら「圧力調節機能」を

好みの柔らかさ、味の染み込み具合などを調節したいなら、圧力調節機能が搭載した機種がおすすめです。一般的には圧力数は70kPa程度ですが、圧力の調節ができれば自動メニューの仕上がりより、もっと柔らかくしたい、固くしたいなど好みに仕上げることができます。

 

自動メニューなら設定する必要なく自動で調理してくれるので、煮崩れや減圧不足などの心配はありません。しかし、より自分好みの仕上がりにしたい方は、調節できる機種を選ぶとよいでしょう。

 

お手入れを簡単にしたいなら「パーツの数」をチェック

お手入れを簡単にしたいなら、パーツの数量も確認しておきましょう。電気圧力鍋はガス圧力鍋と比べて蓋、パッキン、内釜など付属のパーツが多く、お手入れが手間です。スライド式は蓋が外れるのでパーツが分解でき、洗物がしやすいです。

 

電気圧力鍋は、使用毎や定期的にお手入れが必要なので、お手入れの簡単さも重視して選ぶことをおすすめします。

 

加圧による吹きこぼれが心配なら「安全性の確認」を

使用中の吹きこぼれが心配な方は、安全性の確認をしておきましょう。ほとんどの商品には、蓋が開かないようにロック機能が搭載されています。ロックされている状態と解除されている状態が一目で確認できると安心

 

自動で調理されますから、ガス圧力鍋と比べふきこぼれる心配はありません。とはいえ、ふきこぼれ防止機能が搭載されていればより安心で、故障も防ぐことができます。また、マグネット式のコンセントは、コードに引っ掛かってもコンセントが軽く外れ落下を防いでくれます。

 

使用前には、しっかりとロックが掛かっているか、蓋がしっかりと閉まっているか、パーツはしっかりと付いているかを確認してから使用するとより安心です。

人気のおすすめメーカーで選ぶ

電気圧力鍋は、さまざまなメーカーから販売されています。シロカ、パナソニック、ティファールなどのメーカーについてご紹介します。

高性能でコンパクトな電気圧力鍋なら「パナソニック(Panasonic)」

大型家電から小型家電まで幅広く展開するパナソニック。1917年に初代社長となる松下幸之助が創業した老舗家電メーカーです。

 

パナソニックの電気圧力鍋は高機能ながらコンパクトなので、設置スペースを確保しやすいです。また、持ち運びが簡単で使わないときは気軽に収納することができます。蓋はスライド式を展開しており、お手入れも簡単です。

デザインのおしゃれさで選ぶなら「シロカ(siroca)」

おしゃれなデザインが特徴のシロカ。キッチンのインテリアの邪魔をしないシンプルさ、難しい機能は搭載しておらず使いやすさも魅力です。また、中間流通や派手な広告費を省くことで、高品質でもリーズナブルな価格で販売しています。

 

電気圧力鍋も、家具になじみやすいシンプルなデザインで、操作のボタンもシンプルで使いやすいです。初心者の方でも使いやすいシンプルな機種から、スロー調理などを搭載した高機能モデルがあります。

手軽な価格で購入するなら「アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)」

満足度の高い商品を購入しやすい価格で提供しているアイリスオーヤマ。プラスティックの収納ケースを主に展開していましたが、現在はさまざまな家電製品、園芸用品などを取り扱っています。

 

電気圧力鍋は、定番の6種類の自動メニューを搭載し、初心者でも手軽に使えるのが特徴。試しに購入してみたいという方でも購入しやすい価格設定です。

自動調理メニューの豊富さで選ぶなら「ティファール」

1956年に創業した老舗メーカーのティファール。世界初のフッ素樹脂加工の焦げ付かないフライパンを発明したことで知られています。日本では、取っ手の取れるフライパンや電気ケトルが有名ですが、アイロン、圧力鍋などさまざまな商品を展開。

 

電気圧力鍋は、約200種類の自動メニューが搭載されているので、いろいろなレシピに挑戦してみたい方におすすめです。

電気圧力鍋の人気おすすめランキング10選

10位

シーシーピー(Ccp)

電気圧力鍋 BD-PC71

価格:13,788円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台7役の一人暮らしにピッタリなコンパクトサイズ

ほったらかしでも本格的な料理に仕上げてくれる、1台7役の電気圧力鍋。水を使わない調理、じっくりと調理するスロークック、甘酒やヨーグルトが作れる発酵モードなどが搭載されています。

 

圧力時間は自由に設定できるので、搭載メニュー以外のレシピにも対応しています。また、24時間自動保温機能、タイマー機能など機能性も充実管理栄養士が監修したレシピ本がセットになっているので、健康を意識した食事を摂りたい方にもおすすめです。

容量1.8L加熱方式-
調理モード圧力調理、炊飯、スロー調理、発酵、加熱、蒸しなど保温機能
タイマー機能最高圧力55kPa
ふたスライド式本体サイズ幅28×奥行27.5×高さ26.5cm
重量3.5 kgコード長1.1m

口コミを紹介

ほぼ毎日使っています。肉じゃが、味噌汁、焼き豚カレーなど火の管理せずに時間で出来上がり!鍋で作るよりも旨味がある感じがします。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

maxzen

電気圧力鍋 PCE-MX301

価格:6,480円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台6役のコンパクトな電気圧力鍋

省スペースにも設置しやすいコンパクトサイズの電気圧力鍋。圧力、スロー、加熱など6種類のモードを搭載ごはんやカレーなど12種類の自動モードを搭載しています。

 

また、圧力時間の設定は1分~120分を1分単位で設定することが可能。調理が終わると保温に代わり、最大で24時間まで保温できます。初心者の方、年配の方でも操作のしやすい大きいボタンと見やすいディスプレイを採用しています。

容量2L加熱方式マイコン式
調理モード圧力、スロー、加熱、 炊飯、蒸し、発酵食品保温機能
タイマー機能最高圧力-
ふたプッシュ式本体サイズ幅21×奥行23×高さ22.5mm
重量2.89kgコード長-

口コミを紹介

大手メーカーの電気圧力鍋は高額でなかなか、買うのも躊躇してしまいますがこれなら、安価で高性能なシロカよりも更に安く買えて、超、お買い得商品かもです。液晶ディスプレイが、レトロで見やすくて昔のガラケーみたいで、なんか、可愛い。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Shop Japan(ショップジャパン)

プレッシャーキングプロ 電気圧力鍋

価格:14,165円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台6役のお手頃価格の電気圧力鍋

圧力調理、炊飯、水を使わない調理など6種類の調理モードを搭載した、1台6役の電気圧力鍋。便利なタイマー機能を搭載しており、最大24時間後から自動で調理がスタートします。夜にセットして、朝には出来立てのご飯を炊くことも可能。

 

また、再加熱、保温機能など機能性も充実しています。保温は24時間まで対応可能で、保温中には点灯でお知らせしてくれます。内釜には焦げ付き防止加工を施し、サッと洗うだけで片付けも簡単です。

容量3.2L加熱方式マイコン式
調理モード蒸し調理、炊飯、煮込み、温め直しなど保温機能
タイマー機能最高圧力-
ふたスライド式本体サイズ28.5×27.3×29.5cm
重量3.6kgコード長-

口コミを紹介

失敗なく、豚の角煮がホロホロとろけておいしかった。余熱時間や、減圧する時間がかなり必要なことが購入前のテレビCMでは言及されてなかったので、きちんと言うべき。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

山善(YAMAZEN)

電気圧力鍋 EPCA-250M

価格:7,200円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手動で圧力の大きさが切り替えられる電気圧力鍋

手動で圧力のレベルを調節できる電気圧力鍋。予約機能付きなので、好きな時間に出来立ての料理が楽しめます。炊飯、玄米、カレー、肉じゃが、角煮の定番料理が自動メニューになっており、ワンタッチで簡単に調理できます。

 

鍋やフタが取り外しできるので、隅々までお手入れ可能。子供やペットがコードに引っ掛けても安心なマグネットプラグを採用しています。必要な機能が備わったコスパのいい電気圧力鍋を探している方におすすめです。

容量2.5L加熱方式マイコン式
調理モード圧力調理、炊飯、煮込み保温機能
タイマー機能最高圧力-
ふたスライド式本体サイズ高さ35×横26×奥行28cm
重量3.8kgコード長1m

口コミを紹介

料理をしてめちゃくちゃ速い!驚いた!前普通な炊飯器でご飯を料理するからことは45分くらいかかった。おかゆは55分今これを使ってご飯とおかゆは20分でできた!大おすすめ!!

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

コイズミマイコン

マイコン電気圧力鍋 KSC-3501R

価格:12,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5段階の圧力設定が可能な電気圧力鍋

調理する食材に合わせて、5段階に圧力を調節できる電気圧力鍋。火の通りにくい素材は高く、食感を残したり煮崩れが心配なら圧力を低くするなど自分好みの調理ができます。5つのワンタッチメニューが搭載されているので、難しい設定の必要もありません。

 

24時間のタイマー機能、12時間の保温機能など機能性も充実しています。蓋の閉め忘れ時にはブザー音、鍋なしの時には自動オフと安全性のある機能も搭載されています。

容量2.5L加熱方式マイコン式
調理モード圧力調理、煮込み保温機能
タイマー機能最高圧力70kPa
ふたスライド式本体サイズ幅26×奥行28×高さ25cm
重量3.8kgコード長1m

口コミを紹介

ポトフとゆで卵、肉豆腐、カレー作ってみました。どれもしっかり柔らかく美味しく出来ました♪特に皮が綺麗に剥けるゆで卵がこんな簡単に出来るのが感動ものでした。

出典:https://review.rakuten.co.jp

5位

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

圧力IHなべ EL-MB30

価格:26,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食材にしっかりと染み込む可変圧力機能

炊飯メーカー象印のIH式の電気圧力鍋。1.2気圧の圧力で加圧と減圧を調節しながら繰り返し、食材を柔らかく仕上げます。可変圧力機能を搭載し、少ない出汁でもしっかりと味が染み込むのも特徴。

 

圧力調理や水を使わない調理、10℃刻みで設定できる温度調理で発酵食品などさまざまな料理に挑戦できます。最大12時間の予約調理、最大12時間の保温機能性も充実しています。また、臭いを抑えるクリーニング機能も付いているので、お手入れも簡単です。

容量1.5L加熱方式IH式
調理モード一定圧力、可変圧力、温度調理、再加熱など保温機能
タイマー機能最高圧力1.2気圧
ふたプッシュ式本体サイズ幅29×奥行37.5×高さ25cm
重量7kgコード長1.9m

口コミを紹介

圧力IHなべで、料理をしていると自分の時間が出来て大変満足しています。お肉なども柔らかく煮えてとても美味しく頂いております。味付けはレシピ本をアレンジして我が家に合うようにしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

solemo 楽天市場店

クックフォーミー エクスプレス CY8521JP

価格:33,600円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大家族にもピッタリ6L大容量の電気圧力鍋

5~6人家族用の料理が調理できる6Lの大容量電気圧力鍋。搭載された自動レシピは210種類あり、その中でも187は時短レシピです。予約タイマーは非搭載ですが、ナビ通りの操作するだけ忙しい時でも素早く食事の準備ができます。

 

圧力調理はもちろん、煮込み、炒め、10合までの炊飯などの調理も可能。本体サイズが大きいので設置場所を確保してから購入しましょう。

容量6L加熱方式マイコン式
調理モード圧力調理、炒め物、煮込み、蒸し、炊飯、再加熱保温機能
タイマー機能-最高圧力70kPa
ふたプッシュ式本体サイズ横38x縦35x高さ32.5cm
重量6.5kgコード長1.5kg

口コミを紹介

レシピもつまみを回せば出てくるし、材料全部入れて、炒めてふたを閉めればいいだけで、なんでもおいしい。旦那も子供も喜んでくれます。お鍋も汚れがすぐおちるから、洗うのも楽です。大容量なので、子供が食べ盛りになっても、いっぱいつくれて、安心です!

出典:https://review.rakuten.co.jp

3位

アイリスオーヤマ

電気圧力鍋 PC-MA2

価格:15,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

65種類の自動メニューを搭載したコスパのいい電気圧力鍋

1人~2人にピッタリな容量2.2Lのコンパクトサイズの電気力鍋。グリル鍋としても活用できる1台6役で、鍋やチーズフォンデュなども楽しめます。自動調理メニュー65種類のレシピを搭載、難しそうな煮込み料理や低温調理もスイッチを押すだけで簡単にできます。

 

初めて電気圧力鍋を使用する方、一人暮らしでも調理のレパートリーを増やしたい方におすすめ。こちらはブラックですが、ホワイトを求める方は通販限定のホワイトモデル「PC-MA2」もチェックしてみてください。

容量2.2L加熱方式マイコン式
調理モード圧力調理、温度調理、低温・発酵調理、なべモード、蒸し調理など保温機能
タイマー機能最高圧力70kPa
ふたスライド式本体サイズ幅28.2×奥行28.6×高さ21.3cm
重量3.6 kgコード長1m

口コミを紹介

使い勝手もよく、音も静か。期待通りの性能です。液晶画面も見やすく、白と迷った末こちらにして良かったと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

シロカ

電気圧力鍋 SP-4D151

価格:21,780円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧力・水無し・蒸し・炊飯・スロー調理・温め直しの1台6役

4人~5人家族にピッタリなサイズの4L大容量の電気圧力鍋。圧力、水無し、蒸し、炊飯、スロー調理、温め直しの1台6役なので、幅広い料理に対応してくれます。白米と玄米にはタイマー機能も搭載しており、好きな時間に炊き上げが可能

 

また、水を使わないカレー、肉じゃが、ポトフなどあらかじめ10種類の自動メニューが搭載されているので、ボタンを押すだけで簡単にセットができます。温め直し、最大12時間の保温機能など機能性にも優れた電気圧力鍋です。

容量4L加熱方式マイコン式
調理モード圧力調理、蒸し調理、炊飯、スロー調理など保温機能
タイマー機能最高圧力90kPa
ふたスライド式本体サイズ幅26.5×奥行28.2×高さ28.3cm
重量4.4 kgコード長1.2m

口コミを紹介

。見た目に惹かれたことも購入のポイントだったのですが、思った通りのデザイン性の良さでした。見た目が良いので、キッチンに並んでいてもおしゃれでいいと思います。届いたその日にさっそく豚の角煮を作りました。材料を切って鍋に入れてボタンを押すだけ!!なんて簡単なのかと感動しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

パナソニック(Panasonic)

電気圧力鍋 SR-MP300-K

価格:24,648円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧力調理、水を使わない調理、低温調理もできる1台4役

ヘルシースープ、水を使わない料理、圧力調理などが作れる電気圧力鍋。カレー、肉じゃが、角煮、ヘルシースープ、玄米、黒豆、甘酒の7種類の自動調理メニューを搭載しています。予約調理が可能なレシピもあるので、仕上がりの時間に合わせて調理が可能。

 

低温料理モードも搭載しており、じっくりと調理する茶碗蒸しプリンなど幅広い料理が楽しめるでしょう。コンパクトなサイズですが、4人~5人分の調理ができます。省スペースしかないけど、家族分の料理を作りたい方におすすめです。

容量3L加熱方式マイコン式
調理モード圧力調理、自動調理、低温調理など保温機能
タイマー機能最高圧力70kPa
ふたスライド式本体サイズ幅29.2×奥行27.8×高さ270cm
重量3.6 kgコード長1m

口コミを紹介

電気圧力鍋のなかでもかなりのハイグレードなクオリティだと思うほどすごい。豚の角煮からデザートのプリンなど、意外とシンプルな色々な料理を作れます。これ一台で令和乗り越えられそうなレベルで何でもできるという感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

電気圧力鍋のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5921578の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 2
    アイテムID:5921771の画像

    シロカ

  • 3
    アイテムID:5921844の画像

    アイリスオーヤマ

  • 4
    アイテムID:5921928の画像

    solemo 楽天市場店

  • 5
    アイテムID:5922180の画像

    象印マホービン(ZOJIRUSHI)

  • 6
    アイテムID:5922335の画像

    コイズミマイコン

  • 7
    アイテムID:5923026の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 8
    アイテムID:5923403の画像

    Shop Japan(ショップジャパン)

  • 9
    アイテムID:5923475の画像

    maxzen

  • 10
    アイテムID:5923536の画像

    シーシーピー(Ccp)

  • 商品名
  • 電気圧力鍋 SR-MP300-K
  • 電気圧力鍋 SP-4D151
  • 電気圧力鍋 PC-MA2
  • クックフォーミー エクスプレス CY8521JP
  • 圧力IHなべ EL-MB30
  • マイコン電気圧力鍋 KSC-3501R
  • 電気圧力鍋 EPCA-250M
  • プレッシャーキングプロ 電気圧力鍋
  • 電気圧力鍋 PCE-MX301
  • 電気圧力鍋 BD-PC71
  • 特徴
  • 圧力調理、水を使わない調理、低温調理もできる1台4役
  • 圧力・水無し・蒸し・炊飯・スロー調理・温め直しの1台6役
  • 65種類の自動メニューを搭載したコスパのいい電気圧力鍋
  • 大家族にもピッタリ6L大容量の電気圧力鍋
  • 食材にしっかりと染み込む可変圧力機能
  • 5段階の圧力設定が可能な電気圧力鍋
  • 手動で圧力の大きさが切り替えられる電気圧力鍋
  • 1台6役のお手頃価格の電気圧力鍋
  • 1台6役のコンパクトな電気圧力鍋
  • 1台7役の一人暮らしにピッタリなコンパクトサイズ
  • 価格
  • 24648円(税込)
  • 21780円(税込)
  • 15980円(税込)
  • 33600円(税込)
  • 26800円(税込)
  • 12980円(税込)
  • 7200円(税込)
  • 14165円(税込)
  • 6480円(税込)
  • 13788円(税込)
  • 容量
  • 3L
  • 4L
  • 2.2L
  • 6L
  • 1.5L
  • 2.5L
  • 2.5L
  • 3.2L
  • 2L
  • 1.8L
  • 加熱方式
  • マイコン式
  • マイコン式
  • マイコン式
  • マイコン式
  • IH式
  • マイコン式
  • マイコン式
  • マイコン式
  • マイコン式
  • -
  • 調理モード
  • 圧力調理、自動調理、低温調理など
  • 圧力調理、蒸し調理、炊飯、スロー調理など
  • 圧力調理、温度調理、低温・発酵調理、なべモード、蒸し調理など
  • 圧力調理、炒め物、煮込み、蒸し、炊飯、再加熱
  • 一定圧力、可変圧力、温度調理、再加熱など
  • 圧力調理、煮込み
  • 圧力調理、炊飯、煮込み
  • 蒸し調理、炊飯、煮込み、温め直しなど
  • 圧力、スロー、加熱、 炊飯、蒸し、発酵食品
  • 圧力調理、炊飯、スロー調理、発酵、加熱、蒸しなど
  • 保温機能
  • タイマー機能
  • -
  • 最高圧力
  • 70kPa
  • 90kPa
  • 70kPa
  • 70kPa
  • 1.2気圧
  • 70kPa
  • -
  • -
  • -
  • 55kPa
  • ふた
  • スライド式
  • スライド式
  • スライド式
  • プッシュ式
  • プッシュ式
  • スライド式
  • スライド式
  • スライド式
  • プッシュ式
  • スライド式
  • 本体サイズ
  • 幅29.2×奥行27.8×高さ270cm
  • 幅26.5×奥行28.2×高さ28.3cm
  • 幅28.2×奥行28.6×高さ21.3cm
  • 横38x縦35x高さ32.5cm
  • 幅29×奥行37.5×高さ25cm
  • 幅26×奥行28×高さ25cm
  • 高さ35×横26×奥行28cm
  • 28.5×27.3×29.5cm
  • 幅21×奥行23×高さ22.5mm
  • 幅28×奥行27.5×高さ26.5cm
  • 重量
  • 3.6 kg
  • 4.4 kg
  • 3.6 kg
  • 6.5kg
  • 7kg
  • 3.8kg
  • 3.8kg
  • 3.6kg
  • 2.89kg
  • 3.5 kg
  • コード長
  • 1m
  • 1.2m
  • 1m
  • 1.5kg
  • 1.9m
  • 1m
  • 1m
  • -
  • -
  • 1.1m

電気圧力鍋の電気代はいくら?

電気圧力鍋は調理中や保温中に電気を使用するので、電気代が高くなるかもと心配ですよね。実際に電気代はいくらなのか見ていきましょう。電気代は「消費電力÷1000×使用時間×単価(円/kWh)」の計算式で算出されます。

 

マイコン式の電気圧力鍋の消費電力は約800W、平均電気料金の単価は約27円、1回の調理が約60分で計算すると約22円かかります。IH式の電気圧力鍋の場合は消費電力が1200Wなので、電気代は約1.5倍。1回の電気代を抑えたいなら、マイコン式を選ぶとよいでしょう。

シャープ「ヘルシオ ホットクック」もおすすめ!

具材と調味料を入れるだけで簡単に調理ができる「ヘルシオ ホットクック」。圧力鍋ではありませんが、水を使わない調理ができる電気調理家電です。自動で火加減を調節し食材をかきまぜてくれるまぜ技ユニットを搭載。

 

2.4LのKN-HW24E、1.6LのKN-HW16E、1LのKN-HW10Eの3機種を展開しています。パーツの取り外しが簡単にでき、お手入れモードで焦げ付いた汚れが落とせるのでお手入れも簡単です。

 

COCORO KITCHENに繫げば、メニューを検索、買い物リスト作成、予約調理時間の変更など便利に活用できます。下記のサイトでは、調理家電の人気おすすめランキングをご紹介しています。ヘルシオもランクインしているのでぜひ参考にしてみてください。

まとめ

電気圧力鍋の人気おすすめランキング10選をご紹介しました。材料を投入し、スイッチを押すだけで簡単においしい料理が作れる電気圧力鍋。圧力調理以外にも、水を使わない調理、スロー調理、炊飯、発酵などさまざまな調理にも使用できます。時短でおいしい料理を作りましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年09月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ