焼酎タンブラーの人気おすすめランキング10選【2020年最新版】

記事ID14816のサムネイル画像

お湯割り、水割り、ロックと様々な飲み方で楽しむ事ができる焼酎。焼酎の味、香り、のどごしを堪能するには、その飲み方に最適なタンブラー選びが不可欠です。とはいえ、ひとくちにタンブラーといっても様々な種類があります。タンブラーの素材や形状などによる違い、利用シーンに最適なおすすめの焼酎タンブラーをご紹介しましょう。

※法律により20歳未満の酒類の購入や飲酒は禁止されており、酒類の購入には年齢確認が必要です。

温かい・冷たいをキープできる焼酎タンブラー

焼酎は様々な飲み方で楽しむ事ができるお酒です。焼酎の本場、特に芋焼酎の里ともいえる鹿児島ではお湯割りが圧倒的に支持されますが、全国的には、ロックや水割り、ソーダ割りなど爽やかな飲み口を楽しむことが多いかもしれません。

 

つまり、ひとくちに焼酎を飲むといっても、焼酎の素材そのものの香りを楽しむのか、すっきりとした飲み口を味わいたいのか、独特のコクを堪能したいのかによって、その器となる焼酎タンブラーの選択は異なります

 

温かくして飲む、冷たくして飲む、温度管理が割とはっきりしているのが焼酎の特徴です。日本酒などと異なり、ほとんど常温で飲むことが希なアルコールです。だからこそ、その適切な温度をキープしたまま飲むことができるタンブラーが必要不可欠なのです。

 

適切に温度を管理するためには、どのようなタンブラーが必要でしょうか? 器としてメジャーな存在といえばガラスや陶磁器でしょう。しかし温度管理を積極的に得たいのであれば、器の素材としてはマイナーな存在といえるステンレス製にも注目して選び方を見ていきましょう。

焼酎タンブラーの選び方

おいしく焼酎を楽しむには、温度管理がとても重要ですが、そのポイントを踏まえつつ、雰囲気を高めるための素材や質感、利用シーン、プレゼントに最適なセットなど、選び方のコツを紹介していきましょう。

素材や機能で選ぶ

先にも述べたように、常温で飲むことが他のアルコールと比較して少ないのが焼酎です。温度管理以外にも、芳醇な素材の香りを楽しめることも焼酎の楽しみのひとつ。そんな特徴を活かせる素材や機能を確認してみましょう。

万能選手の真空断熱ステンレス

氷が溶けにくい、水滴が付かない、温かいままキープ、熱くても持つことができるなど、適切な温度管理が求められる焼酎にうってつけなのがステンレス製の二重構造のタンブラーでしょう。

 

二重構造の多くは、真空断熱構造になっているため、外気温の影響を受けにくいことが最大の特徴ですが、この真空断熱構造を作るための素材として、加工性に優れるステンレスがもっとも用いられています。

 

ステンレス製の弱点は大きく2つ。ひとつは金属特有の口当たりです。これは多くのタンブラーが適度なカーブを設けることや、口にあたる部分だけ別の素材にするなどして弱点を回避しています。

 

もうひとつの弱点は、金属特有のニオイでしょう。こちらは表面処理を施すことで極限までニオイを抑えるようにしていますが、ガラスや陶磁器のように無味無臭とは言いがたく、敏感な人には感じてしますかもしれません。

 

しかし、氷を溶かしたくない、お湯割りのお湯を冷めさせたくないという温度管理が不可欠な焼酎には、とても重要な機能を有するのが断熱構造のステンレス製タンブラー。温度管理を徹底したいという方におすすめの焼酎タンブラーです。

重厚な雰囲気が癒やしへ誘う陶磁器

陶磁器は様々な種類がありますが、焼酎を飲むうえで人気のポイントとしては、総じてその醸し出される雰囲気ではないでしょうか。口当たりはまろやかで手にしたときのしっくり馴染み、適度な重量よって安定感が生み出されるなど定番といえる存在です。

 

グラスや真空断熱構造ではない金属などの比較すると、器に厚みがあり、元々素材は土であることが多いですから保温性もあるため、焼酎の温度管理にも比較的強みを発揮するタンブラーです。

 

焼酎を飲むことが、ある意味イベントとして捉え雰囲気を重視した飲み方をしたい方におすすめです。

鮮やかな彩りが魅力のガラス製

ガラス製のタンブラーで焼酎を楽しむ理由のひとつは、そのかもしだされる艶やかな彩りではないでしょうか? もちろん無色のグラスもありますが、他の素材では生み出すことが不可能な透明感豊かな彩りは焼酎タンブラーとして唯一無二の存在です。

 

また、ガラスが好まれる他の理由としてその口当たりの良さがあります。つるんとしたあたりと、極端に温度差が生まれない性質により焼酎のみならず、飲み物の魅力を最大限引き出す要因となっています。

 

耐熱性のグラスであれば、食洗機にいれても大丈夫ですし、割れやすいというウィークポイントを除けば、経年劣化も少なく、長く愛用することができますロックで氷と焼酎の混ざり合いを目で楽しみたいという方におすすめです。

経年変化も楽しめる木製

タンブラーの中には木製のものがあります。木製は軽く、風合いがあり、熱伝導率の低さから、冷たいもの、温かいものが持つ手に伝わりにくいため耐熱構造のタンブラーとまではいかないものの、保温性も優れます

 

木製は過度な温度変化に弱いので、食洗機などでは使えませんし、丁寧に扱わないと傷も入りやすいことも。漆などで塗装されているものは、より丁寧な扱いが求められます

 

木製には使用する木の性質によって風合いが異なります。ナラや樫のような木は堅くどちらかと言えば重め、杉や竹などは柔らかく軽いという性質がありますが、どちらも一長一短なのでどれが良いというわけではないですが、長く使うには堅く重たい木材がベターでしょう。

 

木製は使えば使うほど、味わい深い経年変化を楽しめるので、じっくりと使い込みながら変化を楽しみたいという方におすすめです。

利用シーンにあったおすすめタンブラー

どのような嗜み方で焼酎を楽しむのかによって用意したいタンブラーは異なります。利用シーンごとに最適な焼酎タンブラーはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

焼酎の違いで異なるタンブラー

焼酎は香りや味にインパクトがあり素材そのもののを楽しむ芋焼酎すっきりとしたシンプルな味わいが魅力の麦焼酎や米焼酎など種類によって味わいが異なります。

 

芋焼酎の本場、鹿児島では芋焼酎を多くの人がお湯割りで楽しみます。ロクヨンという焼酎6、お湯4の比率が好まれますが、まずお湯を注ぎ、そこに焼酎を入れるのが基本。熱めのお湯に器に沿うように焼酎を流し込むのが基本的な作法です。

 

そのため、タンブラーの熱伝導率の低さが重要です。従来はガラス製のコップでという方が多かったのですが、昨今では陶磁器、二重構造のステンレスをチョイスする方が増えています。

 

麦焼酎や米焼酎の中にも香りや味の主張の強い焼酎もありますが、総じて爽やかで、すっきりした味わいの焼酎が王道です。そのため、お湯割りよりは、水割りやロックが好まれます。二重構造の結露しにくいタンブラーが重宝します。

自宅でくつろぐのに最適なタンブラーは?

自宅でゆっくりと焼酎を楽しむのであれば、やはりお気に入りのタンブラーで楽しみたいところ。ガラス製や陶磁器は、産地ごとの特色のある形状や素材、彩りがあるのでインテリアにマッチさせることが可能です。

 

焼酎向けのガラス製といえば、やはり切子は外せないでしょう。カットしている部分がくっきりした江戸切子と、切り込み部分と色の部分がグラデーションになっている薩摩切子が有名です。

 

陶磁器は、大きく土ものといわれる陶器と、石ものといわれる磁器に分かれます。素朴な造形・色合いが魅力の陶器と、洗練されていてより繊細な磁器という違いがあり、優劣のつくものではありませんので、お好みでチョイスしてみましょう。

 

また、自宅でじっくり水割りやロックを楽しむ場合、タンブラーが結露すると水滴の処理が面倒でしょう。そのような場合は、使い勝手を考えて結露がほぼ発生しない二重構造のステンレスもベターなチョイスです。

アウトドアで使うならどれ?

アウトドアで焼酎を楽しむなら押さえておきたい条件は、軽くて丈夫、保温性に優れるといったところでしょう。どのようなシーンでもガラス製や陶磁器は焼酎を楽しむのにうってつけですが、アウトドアだけは避けておきたいところです。

 

アウトドアで使う焼酎タンブラーはなんといっても、二重構造のステンレス製でしょう。軽くて丈夫、外気温に影響されにくいので、お湯割りでもロックでももってこいです。持ち運びに気を遣うことがないので安心です。

 

また、アウトドアにマッチするということでいえば、木製のタンブラーでしょう。自然の中で木の温もりを目一杯感じながら焼酎を楽しむには最適です。

プレゼント用に選ぶ

お酒の好きな方へのプレゼントとして、タンブラーは最適です。プレゼントとして選ぶ場合のタンブラーについてチェックしてみましょう。

焼酎とセットになったタンブラー

焼酎が好きな方へのプレゼントとしては、焼酎そのものとタンブラーがセットになったプレゼントがベストでしょう。例えば、度数の高い焼酎をいつもロックで嗜んでいる、などがわかっていれば、ロックグラスとセットになったものなどもあります。

カップルならペアのタンブラー

焼酎が好きなカップルやご夫婦に贈るなら、ペアになっているタンブラーがおすすめです。形状やデザインを同一にしながら、色やあしらいの違いでセットされたタンブラーが多いので、カップルにうってつけです。

名入れタンブラーでメッセージを込めて

プレゼントされる方専用のタンブラーにできる名入れのサービス。長く愛用してもらえるだけでなく、記念の思い出をより深くするのに最適です。気持ちを込めてその文言をメッセージにすると、感謝の思いをより強く伝えることができます。

焼酎タンブラーの人気おすすめランキング10選

10位
 

STANLEY(スタンレー)

スタッキング真空パイント 0.47L

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

重ねて収納可能でアウトドアに最適

創業100年を迎えるアメリカで最もスタンダードな保温ボトルメーカーであるスタンレーの二重構造のタンブラー。その品質に対する圧倒的自信は、永久保証(ライフタイム・ワランティ)にもあらわれています

 

元々アウトドアで利用する保温ボトルを軸に展開されており、クラシックシリーズは保温ボトルのアイコン的存在です。このボトルから派生し、現在では用途に合わせてゴーシリーズ、マスターシリーズなどを展開しています。

 

「スタッキング真空パイント」は、アドベンチャーシリーズというクラシックシリーズの拡張されたバージョンにラインナップされており、カラーバリエーションも7色で展開されます。

サイズ15.3 x 10.5 x 9.2cm本体重量310g
素材種類ステンレス容量470ml

口コミを紹介

良かったところ 見た目もオシャレです。40度近い室内で、ラップで蓋をしておくと、2時間ほど経っても冷たいままです。カラーの部分は樹脂?のようなものでコーティングされています。 悪かったところ 深さがあるので、私の手では底まで洗うのに、工夫が必要。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位
 

藤井錦彩窯

窯変金プラチナ彩焼酎グラスペアセット

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

窯変の美しさが奏でる上質なペアタンブラー

日本磁器発祥の地である佐賀県有田町に生まれた藤井錦彩による有田焼のペアタンブラー。焼成中に発色する窯変(ようへん)による重厚な味わい深い色合いが特徴です。上品な色合いの金とプラチナが施されており、贈り物にぴったりでしょう。

 

暖かさをじっくり感じるお湯割りに最適ですが、口径に広がりがあるので、氷もしっかりはいるので、ロックから炭酸割りなどもおいしく頂けます

サイズ9.5×9.5×10.2cm本体重量-
素材種類陶磁器容量-
1個あたりの価格3,500円
8位
 

九谷焼

陶器の荒削り 焼酎グラス 銀彩

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

豊かな色彩と地色のコントラストがリッチな味わいを誘う

絵の具を厚く盛り上げて塗る九谷焼らしい独特の彩法を活かしながら、大胆な彩りとレイアウトが光る逸品。ガラスのような質感の中にある落ち着いた深い色合いと銀箔の上に塗られた釉薬のコントラストがリッチな味わいに誘います。

 

手のひらにしっくり収まるサイズ感でロックを堪能するのにもってこいです。

サイズ8×8×10cm本体重量498.95g
素材種類陶磁器容量-

口コミを紹介

プレゼント用に購入しました。大きさはちょうど良くて持ちづらいという事もなく、ごつごつした雰囲気が渋い陶器といった感じで気に入りました。青色部分のグラデーションがとても綺麗で、選んで良かったと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位
 

東洋佐々木ガラス

彩花切子

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ノスタルジックなカットがらとモダンなフォルムの融合

焼酎を味わうためのガラス製タンブラーのメリットといえば、焼酎と氷との混ざり合いや、お湯割りでの対流を目で見ながら楽しめること。切子模様のレトロなカット柄ならより焼酎をじっくりと味わえます。

 

彩花切子はアンバーな地色にそれを覆う色ガラスに刻まれたカットとのコントラストで、ノスタルジックな雰囲気の中で充実した安らぎの時間を過ごすことができるでしょう。

サイズ8.5×8.5×11.3cm本体重量約260g
素材種類ガラス容量355ml

口コミを紹介

プレゼントに購入しましたが、とてもきれいです。箱は紙ですがとてもしっかりしたものです。とても気に入りました。色違いを買おうと思っているところです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位
 

きざむ

なつめ ロックカップ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

しっとりとした質感の木製ならではの優しい飲み口

ロックで焼酎を楽しむのにちょうど良いサイズ。コロンとしたフォルムで手のひらにしっとりと馴染みます。素材は堅く、使い込むことで艶が増してくることが特徴のナツメを採用していますので、経年変化を楽しむ事ができます

 

名入れに対応しているので、記念日のプレゼントとしても最適でしょう。

サイズ7.2×7.2×8.2cm本体重量約110g
素材種類容量200ml

口コミを紹介

プレゼントとして名前と日付が入れられ、納期も早いので購入しました。差し上げた方が開けて見せて下さって初めて現物を見ましたが、文字もしっかり彫られており、驚くほど軽く、また倒しても起き上がる(さすがに中身はこぼれますが)仕様といい、ご年配者には良いものを購入できました。

出典:https://review.rakuten.co.jp

5位
 

味の神話

名入れステンレスタンブラーと名入れの芋焼酎セット

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

焼酎ラベルと同一の名入れをタンブラーに入れられる

焼酎の本場鹿児島産の芋焼酎に、真空断熱構造のステンレスタンブラーが添えられたセットです。タンブラーと同様に焼酎ボトルのラベルにも名入れが可能。ラベルには40文字までのメッセージも添えられるので、思いをしっかり伝えられます。

サイズ-本体重量-
素材種類ステンレス(タンブラー)容量330ml

口コミを紹介

こちらのお願いにも丁寧に対応して頂き、感謝しております。ありがとうございました。プレゼントを受け取った方と喜んでいらっしゃいました!

出典:https://www.amazon.co.jp

4位
 

THERMOS(サーモス)

真空断熱カップ 360ml

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

焼酎ロックにちょうど良いサイズ感

日本が世界に誇るサーモスの360mlという、ロックにちょうど良いサイズのステンレスタンブラーです。保温ボトル等でも立証されているように、高い保温力がサーモスのタンブラーの特徴。飲み口が柔らかくカーブしているので、優しい口当たりも魅力といえるでしょう。

サイズ8×8×9.5cm本体重量200g
素材種類ステンレス容量360ml

口コミを紹介

大きい方を買ったのですが、容量も十分、重心も安定していて、形も手に馴染んで持ちやすく、洗いやすさもバッチリ、今まで使ったタンブラーの中でも一番使い勝手は良いかも知れません。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

PROGRESS

Glow-Infinite

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

亀甲模様に鮮やかなチタンが彩るタンブラー

ガラスをチタンでコーティングする技術で、ジュエリーのような艶やかな彩りが特色のタンブラー。全体を柔らかく亀甲模様が描かれているので、角度を変えるたびに反射する光が表情を変え、まるで宝石のような輝きです。

 

「人に最も優しい金属」とも言われるチタンが飲み口をまろやかにすると言われています。

サイズ7.5×7.5×8.5cm本体重量157g
素材種類ガラス・チタン容量250ml

口コミを紹介

写真からデザインは良いだろうと判断できましたけど、大きさはどうか?でしたけど、大きめ広口のぐい呑みサイズで私的にはgood!マジイイ!!また、おしゃれな厚手化粧箱に入っててギフトにもgood!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

前畑

GIFT COLLECTION リュクス ペアメタルサーモタンブラー

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

上品な色合いのセットでプレゼントに最適

真空断熱構造のタンブラーのペアセット。上品なブロンズとシルバーの色合いで披露宴の引き出物でも人気のタンブラーです。表面はダイヤ柄の凹凸があるので、手にフィットして滑りにくく使いやすく、炭酸割りなどに最適な340mlはちょうどサイズ感です。

サイズ7.5×7.5×13cm本体重量260g
素材種類ステンレス容量340ml
1個あたりの価格1,650円

口コミを紹介

友人から結婚のお祝いとしてペアをいただき、とても活用しました。気軽にプレゼントできる価格のため別の友人が結婚したときに私もプレゼントとして利用しました。使用感としては冷たいものが十分な時間冷えたままです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

THERMOS(サーモス)

真空断熱タンブラー 340ml

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

真空断熱構造タンブラーの代名詞

真空断熱構造の普及に先鞭をつけたタンブラーといえば、なんといってもサーモスのステンレスタンブラーでしょう。無垢なステンレスは無機質なイメージですが、このシンプルな造形と質感が逆に製品に対する自信を感じさせます

 

氷を溶かさず、温かいものはそのままキープという、断熱構造タンブラーに求められる高機能は、他社にベンチマークされる存在です。その性能は、金属加工のメッカ、新潟県燕市で開発、品質管理が行われていることからもうかがい知ることができるでしょう。

サイズ7.5×7.5×13cm本体重量200g
素材種類ステンレス容量340ml

口コミを紹介

このタンブラーは安物とは完っっっ全に別物です。結婚式の引き出物に、タンブラー。商品購入のおまけのタンブラー。ホームセンターの安物タンブラー。今までに様々なタンブラーを使いましたが、それらとこの製品は全くの別物です。

出典:https://www.amazon.co.jp

焼酎タンブラーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5951502の画像

    THERMOS(サーモス)

  • 2
    アイテムID:5951428の画像

    前畑

  • 3
    アイテムID:5949831の画像

    PROGRESS

  • 4
    アイテムID:5950326の画像

    THERMOS(サーモス)

  • 5
    アイテムID:5951013の画像

    味の神話

  • 6
    アイテムID:5949275の画像

    きざむ

  • 7
    アイテムID:5947954の画像

    東洋佐々木ガラス

  • 8
    アイテムID:5947816の画像

    九谷焼

  • 9
    アイテムID:5950892の画像

    藤井錦彩窯

  • 10
    アイテムID:5942370の画像

    STANLEY(スタンレー)

  • 商品名
  • 真空断熱タンブラー 340ml
  • GIFT COLLECTION リュクス ペアメタルサーモタンブラー
  • Glow-Infinite
  • 真空断熱カップ 360ml
  • 名入れステンレスタンブラーと名入れの芋焼酎セット
  • なつめ ロックカップ
  • 彩花切子
  • 陶器の荒削り 焼酎グラス 銀彩
  • 窯変金プラチナ彩焼酎グラスペアセット
  • スタッキング真空パイント 0.47L
  • 特徴
  • 真空断熱構造タンブラーの代名詞
  • 上品な色合いのセットでプレゼントに最適
  • 亀甲模様に鮮やかなチタンが彩るタンブラー
  • 焼酎ロックにちょうど良いサイズ感
  • 焼酎ラベルと同一の名入れをタンブラーに入れられる
  • しっとりとした質感の木製ならではの優しい飲み口
  • ノスタルジックなカットがらとモダンなフォルムの融合
  • 豊かな色彩と地色のコントラストがリッチな味わいを誘う
  • 窯変の美しさが奏でる上質なペアタンブラー
  • 重ねて収納可能でアウトドアに最適
  • 価格
  • 1225円(税込)
  • 3300円(税込)
  • 5500円(税込)
  • 1500円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 989円(税込)
  • 4095円(税込)
  • 3200円(税込)
  • 5000円(税込)
  • 2750円(税込)
  • サイズ
  • 7.5×7.5×13cm
  • 7.5×7.5×13cm
  • 7.5×7.5×8.5cm
  • 8×8×9.5cm
  • -
  • 7.2×7.2×8.2cm
  • 8.5×8.5×11.3cm
  • 8×8×10cm
  • 9.5×9.5×10.2cm
  • 15.3 x 10.5 x 9.2cm
  • 本体重量
  • 200g
  • 260g
  • 157g
  • 200g
  • -
  • 約110g
  • 約260g
  • 498.95g
  • -
  • 310g
  • 素材種類
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ガラス・チタン
  • ステンレス
  • ステンレス(タンブラー)
  • ガラス
  • 陶磁器
  • 陶磁器
  • ステンレス
  • 容量
  • 340ml
  • 340ml
  • 250ml
  • 360ml
  • 330ml
  • 200ml
  • 355ml
  • -
  • -
  • 470ml

バツグンの軽さ、口当たりに良さを生み出すチタン製タンブラー

今回紹介した断熱構造のステンレス製タンブラーが、様々な温度で楽しむ焼酎にはうってつけですが、ステンレスより軽く、耐食性が高く、さらに人体的安全性に優れる金属があります。それがチタンです。

 

比重はアルミよりも劣るものの、強度がアルミの3倍あるため、より薄く加工しても強度が得られるため軽く仕上がることが特徴です。また金属アレルギーを起こしにくいため、人工骨などにも採用さています。

 

ただし、加工に高い技術が必要であることや材料費が高いため、どうしても価格は高くなる傾向がありますが、プレゼントや、自分へのご褒美にはチョイスしてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

いかがだったでしょうか? 焼酎タンブラーの選び方やおすすめをランキング形式でご紹介しました。夏はロックや炭酸で割ってさっぱりと、冬はお湯割りでほっこりと、と一年中通じて楽しめる焼酎を、お気に入りのタンブラーでじっくり味わってみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月14日)やレビューをもとに作成しております。

TOPへ