小型電気ケトルの人気おすすめランキング10選【2020年最新版】

記事ID14781のサムネイル画像

短時間でお湯を沸かしてくれる電気ケトル。最近は、自宅はもちろんオフィスや旅行でも使える小型タイプの人気が高く、保温機能や温度設定機能を搭載した機能性の高い製品も多く発売しています。今回は電気ケトルの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

旅行やアウトドアでも活躍してくれる小型電気ケトル

忙しい朝などすぐにお湯を使いたいときに活躍してくれる電気ケトル。コンパクトサイズの小型電気ケトルは自宅はもちろん、オフィス、旅行先、アウトドアでも便利に使うことができるので、普段から愛用しているという多いのではないでしょうか。

 

でも、ひと言に小型電気ケトルといっても材質や機能性、デザイン、価格など商品によって特徴が異なるので、用途に合ったものを選ばないとかえって使いづらく感じてしまうかもしれません。ではどのようなポイントに注意して選べばいいのでしょうか。

 

そこで今回は、小型電気ケトルの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、使いやすさ・機能性・安全性・価格などを基準に作成しています。今回は300ml~800mlの小型電気ケトルを紹介しています。

電気ケトルと電気ポットの違いとは

お湯を沸かすという同じ目的で使用される電気ケトル電気ポット。具体的にどのような違いがあるのでしょうか。機能性や電気代などの観点から比較してみました。

電気ケトルは「速く沸かせる」&「経済的」

電気ポットは700~1000Wで加熱するのに対し、電気ケトルは1000~1500W電気ポットよりも消費電力量が大きいので、電気ポットと比べると沸騰時間が速いのが特徴です。電気代は500mlのお湯を沸かすのにおよそ1円程度かかります。
 
 
電気ポットの場合は電気ケトルよりも消費電力が小さいですが、1度に多くのお湯を沸かし長時間保温をするために、1日あたりだいたい25~30円程の電気代がかかります。そのため少量のお湯を沸かして使い切る場合は、電気ケトルを使用した方が経済的です。

電気ポットは大量のお湯を「長く保温」できる

電気ケトルはお湯を沸かして使い切ることが前提ですが、電気ポットは沸かす温度を細かく設定する機能や保温機能を搭載しています。電気ケトルにもこういった機能を搭載しているモデルもありますが数が少なく、保温機能は長くても1時間程度です。

 

たくさんのお湯を長く保温しておきたい方、常にお湯の準備をしておきたい方は電気ポットが向いています。以下の記事では電気ポットのおすすめ商品を紹介していますので、ぜひご覧ください。

小型電気ケトルの容量とサイズ

小型電気ケトルは1L未満の容量のもので、最もラインナップが豊富なのが600~800mlの容量のものです。ちょうどコーヒー1杯とカップ麺1つ分をまかなうことができ、一人暮らしの方にぴったりです。

 

サイズも通常モデルの電気ケトルよりもコンパクトで、幅と高さが15~20cm程度のものが多く、ひと回りほど小さくなります。省スペースで使うことができ、狭いキッチンでも収納できます。重さもほとんどが1kg以下なので、持ち運びもしやすく便利ですね。

小型電気ケトルの選び方

小型電気ケトルを選ぶ際は、どんなシーンで使用するのか、どういった機能が必要なのかをよく考えて選びましょう。ここからは小型電気ケトルの選び方について詳しく紹介していきます。

容量で選ぶ

小型電気ケトルを選ぶ際は、まず容量をチェックしましょう。500~800mlの商品のラインナップが最も豊富ですが、300mlの小容量のものもあります。用途に適した容量のものを選びましょう。

オフィスのデスクに置くなら最小サイズの「300ml」

オフィスのデスクに置いたり、携帯用で持ち歩くのがメインという方は最小サイズの300mlの電気ケトルはいかがでしょうか。とにかくコンパクトなので持ち運びがしやすく、車の電源プラグで駆動するものが多いので、長距離ドライブの時などにも活躍してくれます。

 

ただし、300mlの小型電気ケトルのラインナップは少なく、国内の人気メーカーでは取り扱いがありません。

コーヒーやカップ麺メインなら「500ml以下」で十分

コーヒーを飲んだり、カップ麺を食べるときにお湯を使うのがメインなら、500ml以下の小型電気ケトルで十分です。サイズもコンパクトで場所をとらないので、一人暮らしのキッチンに置いても邪魔になりませんよ。また旅行やアウトドアで持ち歩くのにもちょうどいいサイズです。

自炊することが多いなら「600~800ml」あれば安心

コーヒーやお茶を何杯も飲む方や、自炊でお湯を使うことが多い方は、600~800mlの小型電気ケトルがおすすめです。コーヒーなら4~6杯、カップ麺なら2~3個分のお湯を沸かすことができます。商品のラインナップも豊富な容量なので、好みのものを見つけやすいですよ。

材質で選ぶ

小型電気ケトルは材質によって、見た目はもちろん耐久性使い勝手、お手入れ方法なども変わってきます。それぞれのメリット・デメリットをよく理解して自分に合ったものを選びましょう。

コスパ重視ならリーズナブルな「ポリプロピレン(プラスチック)製」

ポリプロピレン(プラスチック)製の小型電気ケトルは、軽量で持ち運びしやすいのが大きなメリットです。また、他の材質に比べると価格もリーズナブルであり、商品の種類も豊富です。

 

コストパフォーマンスを重視したい方や、初めて小型電気ケトルを使う方でも使い勝手がいいですが、汚れがつきやすく変色しやすい、プラスチックのニオイが気になるというデメリットもあります。

丈夫さで選ぶなら耐久性が高い「ステンレス製」

ステンレス製の小型電気ケトルは、傷がつきにくく耐久性に優れているという点が大きなメリットです。さらに温度変化に強いので温かさを長く保てるのも嬉しいですね。また見た目もおしゃれなのでインテリアとしても楽しめます。

 

デメリットとしては重いことと、金属臭が気になる場合があるということです。強度の高さと保温性を求める方におすすめです。

ニオイ移りが気になるなら「ガラス製」がおすすめ

ガラス製の小型電気ケトルは、プラスチックや金属のようにニオイがお湯に移ることもないので、ニオイが気になる方におすすめです。ボディが透明なのでお湯の量や沸騰している様子を確認しやすいのもメリットです。

 

汚れは目立ちやすいですが、その分こまめにお手入れをすることで、いつも清潔な状態で使うことができますよ。デメリットとしては、重くて割れやすいという点が上げられます。

機能性で選ぶ

小型電気ケトルを選ぶ際は、保温機能温度調整機能などの機能性も注目したいポイントです。必要な機能を搭載したものを選びましょう。

2杯目3杯目も美味しく飲みたいなら「保温機能」が便利

小型電気ケトルにも電気ポットのように保温機能を搭載した商品があります。保温時間は15分~1時間程度と電気ポットよりは短いですが、2杯目、3杯目のコーヒーやお茶も沸かしなおしをする必要がなく、美味しく飲むことができますよ。

飲み物に合わせた温度で沸かしたいなら「温度設定機能」

コーヒーや紅茶、お茶などの飲み物の種類によって適切な温度があるのをご存じですか?温度調整ができる小型電気ケトルなら、飲み物に合わせて60〜100℃の範囲でお湯を沸かすことができて便利です。赤ちゃん用ミルクを作る場合にも助かりますね。

 

温度調整は、5~10℃ずつ設定するものが多いですが、1℃ずつ細かく設定できるものもありますので、温度調整機能を求めている方はぜひチェックしてみてください。

旅行用にはコンパクトになる「折りたたみタイプ」

旅行先でも小型電気ケトルを使用したいという方は、コンパクトに折りたたむことができるタイプのものを選びましょう。広げればたっぷり容量で使うことができ、持ち歩くときは1/3ほどのサイズになるのでスーツケースや旅行カバンにも収納しやすいです。

フタの仕様で選ぶ

電気ケトルには、フタがとれるタイプフタがとれないタイプの2種類があります。それぞれ使い勝手やお手入れのしやすさなどに違いがありますので、自分が何を重視するかよく考えて選びましょう。

給水のしやすさと洗いやすさなら「フタがとれるタイプ」がおすすめ

フタがとれるタイプの小型電気ケトルは、フタをとることで中が見やすくなり、お手入れがしやすいです。また給水もしやすいですよね。ただ給水の度にフタを開閉させたり、お湯を注ぐ際はフタが取れないように押さえなければいけないなど手間がかかるのがデメリットです。

注ぎやすさ重視なら「フタがとれないタイプ」

フタがとれないタイプの小型電気ケトルは、フタが落ちる心配がないので注入作業がしやすいです。ワンタッチで開閉できるものもあるので、片手で楽に注ぐことができるのは便利ですよね。ただ、フフタが邪魔になって洗いづらいなどのデメリットもあります。

注ぎ口のタイプで選ぶ

小型電気ケトルの注入口は、三角形のくちばし型や、細長いノズルのドリップ型などの形状があります。使い方に合わせて最適な形状のものを選びましょう。

カップ麺などにお湯を一気に注ぎたいなら「くちばし型」

カップ麵やティーバッグのお茶などには、広めの注ぎ口で素早くお湯を注ぐことができるくちばし型の小型電気ケトルがおすすめです。最も一般的なタイプなので商品のラインナップも豊富です。ただし、勢いよくお湯が出てくるので小さいお子さんが使う場合は注意が必要です。

コーヒーのハンドドリップがメインなら「ドリップ型」

コーヒーのハンドドリップに使用するのがメインなら、お湯を少しずつ注ぐことができる細い注ぎ口ドリップ型を選びましょう。流速や注ぐ場所もコントロールしやすいので、満遍なくお湯を行き渡らせることができます。

 

以下の記事ではコーヒーポットのおすすめ商品を紹介していますので、ぜひご覧ください。

安全性で選ぶ

小型電気ケトルを選ぶ際は安全性もしっかりチェックしましょう。沸騰させたお湯や蒸気での火傷を防ぐ機能空焚き防止機能など安全にかかわる機能を搭載しているものを選びましょう。

お子さんがいるご家庭は触れても安心な「本体二重構造」

小型電気ケトルはお湯を沸騰させるので、本体は予想以上に熱くなります。不意に触れてしまうと火傷をしてしまう危険性もあるため、触れてしまっても熱くなりにくい二重構造の小型電気ケトルを選んでおくと安心です。特に小さいお子さんがいるご家庭におすすめします。

熱湯による火傷の防止には「転倒お湯漏れ防止構造」

熱湯が入っている小型電気ケトルを倒してしまったら、熱湯がこぼれて危険ですよね。もし倒してしまってもお湯が漏れにくいよう、給湯ロックボタンがついているなど転倒お湯漏れ防止構造になっているものを選べば安心です。

うっかり手を出してしまっても「蒸気レス」なら安心

お湯の沸騰中に手をかざしてしまうと火傷の危険があります。蒸気が出にくい構造の蒸気レスタイプなら、蒸気によるトラブルを未然に防ぐことができます。お子さんがうっかり手を出しても外に熱い蒸気がでないので安心ですね。

火災や発火などの危険を防ぐ「空焚き防止機能」

電気ケトルの空炊きを繰り返すと、内側が変色してしまったり、故障の原因になってしまいます。また火災や発火などの危険性もあるため、空焚き防止機能を搭載している小型電気ケトルを選びましょう。

 

水が少なくなったり、空になると自動で電源が切れるので、うっかり水を入れていない状態でスイッチを入れてしまっても安心です。

「お手入れがしやすいもの」を選べば長く使える

お湯を沸かすだけの電気ケトルも、実は結構汚れています。こまめにお手入れをすれば長く愛用することができるので、間口が広くて洗いやすい、フタが取り外しできるなどお手入れしやすい小型電気ケトルを選ぶことをおすすめします。

 

他にも内側にカルキがつきにくいフッ素加工を施したものや、本体表面に雑菌によるニオイを防ぐ抗菌素材を使用したものなど、汚れがつきにくいように作られたものを選べばさらに安心です。

「おしゃれなデザイン」を選んでワンランク上のキッチンに

小型電気ケトルはキッチンに出しっぱなしにしておくことが多いので、せっかく使うならインテリアを邪魔しないおしゃれなデザインのものを選びたいですよね。置いてあるだけでワンランク上のキッチンにレベルアップすることができますよ。

 

スタイリッシュなステンレスやガラス製のもの、レトロなかわいらしいもの、カッコいいモノトーンカラーのものなど様々なデザインの小型電気ケトルがあるので、ぜひ好みのものを選んでみてください。

価格で選ぶ

小型電気ケトルは、シンプルな構造のリーズナブルな価格のものから、様々な機能を搭載した高価格のものまで価格も幅広いです。使用する目的に合わせて予算を決めましょう。

お湯を沸かすだけならシンプルな「安い機種」でOK

お湯が沸かせればいいという方は、余計な機能を搭載していないシンプルな構造の機種を選びましょう。

 

メーカーやブランドにこだわらないなら1000~2000円ほどの低価格のものもあるので、小型電気ケトルを使ったことがないという方でも気軽に購入できるのではないでしょうか。

機能性にこだわりたいなら「高価格帯」を選ぼう

お湯を沸かすだけでなく、保温したり温度調整など便利な機能を利用したいなら、高価格帯の小型電気ケトルを選びましょう。機能性はもちろんデザイン性の高い商品も多く、有名メーカー品のものなら10000円以上するものもあります。

 

引越し祝いや出産祝いなどの贈り物にもおすすめですよ。

メーカーで選ぶ

小型電気ケトル選びに迷ったときは、好きなメーカーのものや人気のメーカーのものを選ぶというのも1つの方法です。各メーカーの特徴をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ラインナップが豊富でお手頃価格の「ティファール」

ティファールはフランスの家電メーカーで、電気ケトルといえばティファールを思い浮かべるほど日本でも知名度の高いメーカーです。小型電気ケトルのラインナップも豊富で、価格も手頃なものが多いです。

 

デザインもシンプルなものからおしゃれなものまで揃っているので、初めて小型電気ケトルを使うという方でもティファールの製品は使いやすいのではないでしょうか。

 

以下の記事ではティファール電気ケトルのおすすめ商品を紹介していますので、ぜひご覧ください。

安全性が高い日本製を選ぶなら「タイガー魔法瓶」

タイガー魔法瓶は、電気ポットや水筒などを展開している日本の家電メーカーです。小型電気ケトルは業界初の蒸気レス機能を搭載したわく子シリーズが人気で、日本製メーカーならではの安全性と機能性の高さが特徴です。安全性と使いやすさを重視したい方におすすめです。

デザイン性の高さで選ぶなら「ラッセルホブス」

ラッセルホブスは電気ケトルのほかコーヒーメーカーなどの調理家電を展開するイギリスのメーカーです。洗練されたデザイン使いやすさにこだわった機能性で世界中から愛されるクラシックケトルは、グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を2017年に受賞しています。

おしゃれな小型電気ケトルの人気おすすめランキング4選

4位

タイガー魔法瓶

PCM-A060

価格:3,270円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シームレスなやわらかいデザイン

インテリアになじむすっきりとしたデザインの小型電気ケトルです。本体が熱くなりにくい二重構造、転倒お湯もれ防止構造、省スチーム設計、カラだき防止機能など安心・安全設計を採用しており、2018年にはキッズデザイン賞を受賞しています。

容量600ml重量690g
材質ポリプロピレン

口コミを紹介

色がいいです。毎日便利に使っています。購入してよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ラッセルホブス

7408JP

価格:6,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級感のあるシンプルデザイン

高級感のあるステンレス素材の小型電気ケトルです。キッチンやダイニング、オフィスなどどこに置いてもおしゃれなシンプルデザインで、ティーポットのような細い注ぎ口もスタイリッシュです。安心・安全の空焚き防止機能付きです。

容量800ml重量800g
材質ステンレス、ポリプロピレン

口コミを紹介

軽く無駄のないデザインで、お湯も注ぎやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

アイリスオーヤマ

ricopa 電気ケトル IKE-R800

価格:3,251円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可愛くて安全に使える電気ケトル

テーブルを華やかに彩る、レトロでかわいいデザインの小型電気ケトル。コーヒーカップ約5杯分のお湯が1度に沸かすことができ、自動電源OFF機能付きなので安全に使用できます。さらに湯量が分かる目盛付き、注ぎやすいスリムな注ぎ口など使い勝手も抜群です。

容量800ml重量800g
材質ポリプロピレン

口コミを紹介

デザインが気にいって購入しました。コーヒーを飲むために毎朝使っています。私はもうこれがないと(冬場は特に)生きていけません。コーヒー一杯分の水でしたらすぐに沸騰します。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

バルミューダ

The Pot K02A

価格:11,380円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さくて美しい電気ケトル

毎日使いたくなる美しいデザインの電気ケトルです。ねらったところに的確に注ぎやすいように設計された注ぎ口と手になじみやすいハンドルで、ストレスなく流速をコントロールできます。、コーヒーのハンドドリップにも最適です。

容量600ml重量900g
材質ステンレス 

口コミを紹介

デザインとコンパクトが気に入ってます。簡単でシンプルで使いやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

おしゃれな小型電気ケトルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5911813の画像

    バルミューダ

  • 2
    アイテムID:5911793の画像

    アイリスオーヤマ

  • 3
    アイテムID:5911806の画像

    ラッセルホブス

  • 4
    アイテムID:5913937の画像

    タイガー魔法瓶

  • 商品名
  • The Pot K02A
  • ricopa 電気ケトル IKE-R800
  • 7408JP
  • PCM-A060
  • 特徴
  • 小さくて美しい電気ケトル
  • 可愛くて安全に使える電気ケトル
  • 高級感のあるシンプルデザイン
  • シームレスなやわらかいデザイン
  • 価格
  • 11380円(税込)
  • 3251円(税込)
  • 6980円(税込)
  • 3270円(税込)
  • 容量
  • 600ml
  • 800ml
  • 800ml
  • 600ml
  • 重量
  • 900g
  • 800g
  • 800g
  • 690g
  • 材質
  • ステンレス 
  • ポリプロピレン
  • ステンレス、ポリプロピレン
  • ポリプロピレン

旅行用小型電気ケトルの人気おすすめランキング3選

3位

Asixx

電気ケトル

価格:1,939円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドライブで活躍してくれるカーケトル

しっかりとしたステンレス製の小型電気ケトル。車のガーライターソケットにつなぐことができるので、ドライブやアウトドア、車中泊などでも活躍してくれます。お茶やコーヒーを飲むのにちょうどいい300mlで、蓋も付いているので使いやすいです。

容量300ml重量366g
材質ステンレス

口コミを紹介

車の中で使用したが全く問題なかったです、最高です

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

KONKA

KEK-06G501

価格:3,053円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びに最適な折りたたみ式

普段使いはもちろん、旅行やキャンプにも使いやすい折りたたみ式小型電気ケトルです。ユニバーサルアダプタなので、海外旅行でも便利に使えます。さらに空焚き防止機能沸騰・転倒時自動電源OFF機能を搭載しており、安全性もばっちりです。

容量500ml 重量800g
材質シリコン、ステンレス

口コミを紹介

軽いコンパクト、安い、とても便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

サンコー

折りたたみ電気ケトル

価格:5,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温度設定できる折りたたみ電気ケトル

小さく折りたたんで食器棚や引き出しの中に収納できる小型電気ケトルです。500グラムと超軽量なので、旅行カバンに入れて持ち運びも楽ちんです。さらに30度~90度まで1℃単位で温度調整が可能なので、赤ちゃん用のミルク作りなどいろいろな用途に使用できます。

容量600ml重量522g
材質-

口コミを紹介

保温機能が付いていて場所を取らない所も良いし、温度の設定も簡単。

出典:https://www.amazon.co.jp

旅行用小型電気ケトルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5913965の画像

    サンコー

  • 2
    アイテムID:5913957の画像

    KONKA

  • 3
    アイテムID:5935159の画像

    Asixx

  • 商品名
  • 折りたたみ電気ケトル
  • KEK-06G501
  • 電気ケトル
  • 特徴
  • 温度設定できる折りたたみ電気ケトル
  • 持ち運びに最適な折りたたみ式
  • ドライブで活躍してくれるカーケトル
  • 価格
  • 5980円(税込)
  • 3053円(税込)
  • 1939円(税込)
  • 容量
  • 600ml
  • 500ml
  • 300ml
  • 重量
  • 522g
  • 800g
  • 366g
  • 材質
  • -
  • シリコン、ステンレス
  • ステンレス

温度設定可能な小型電気ケトルの人気おすすめランキング3選

3位

シロカ

SK-D171

価格:8,580円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最適な温度で沸かせる電気ケトル

1℃単位の細やかな温度調節ができる小型電気ケトルです。設定した温度になれば自動的に保温する加熱モードや、沸とうした後設定温度で保温する煮沸モードなど、用途に合わせてモードの切り替えも可能です。空だき防止機能も搭載しているので安心です。

容量800ml重量980g
材質ステンレス、ポリプロピレン

口コミを紹介

デザインも好きですし、温度調整が出きるので満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

テスコム

TKE200

価格:9,195円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飲み物に合わせて温度を調節

約60℃から沸騰まで温度を調節できる温度調節ダイヤルを搭載しています。カップ1杯約60秒のスピード沸騰が可能で、さらに沸いたら自動でスイッチが切れる自動電源オフ機能と、水が入っていないとスイッチが自動で切れる空焚き防止機能も搭載しています。

容量800ml重量700g
材質ポリプロピレン

口コミを紹介

小型でとても使いやすいです!その上、温度調整も出来るなんて…

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ティファール

アプレシア エージー・プラス コントロール

価格:7,100円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

7段階の温度設定と保温機能を備えた電気ケトル

7段階の温度設定機能を搭載し、飲み物に合わせた温度で沸かせ小型電子ケトル。さらに好みの温度で60分間保温でき、2杯目もおいしく飲むことができます。またAg+配合の抗菌素材マイクロバンを使用しておりニオイや着色を防ぎます。

容量800ml重量982g
材質ポリプロピレン

口コミを紹介

お茶好きな自分としては緑茶やティーバッグ紅茶、またはコーヒーなど一台でそれぞれに適した温度で沸かせるのは最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

温度設定可能な小型電気ケトルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5911784の画像

    ティファール

  • 2
    アイテムID:5911834の画像

    テスコム

  • 3
    アイテムID:5911796の画像

    シロカ

  • 商品名
  • アプレシア エージー・プラス コントロール
  • TKE200
  • SK-D171
  • 特徴
  • 7段階の温度設定と保温機能を備えた電気ケトル
  • 飲み物に合わせて温度を調節
  • 最適な温度で沸かせる電気ケトル
  • 価格
  • 7100円(税込)
  • 9195円(税込)
  • 8580円(税込)
  • 容量
  • 800ml
  • 800ml
  • 800ml
  • 重量
  • 982g
  • 700g
  • 980g
  • 材質
  • ポリプロピレン
  • ポリプロピレン
  • ステンレス、ポリプロピレン

小型電気ケトルのお手入れ方法

小型電気ケトルは水しか入れないので一見汚れていなさそうですが、毎日使っていると内側にカビのように見える斑点が気になります。この汚れの正体は水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルです。

 

この汚れは、クエン酸(800mlの小型電気ケトルの場合約20g)を入れた水を沸騰させて、2時間待つだけできれいに落ちますよ。また外側の汚れは重曹を溶かしたぬるま湯を含ませた布やキッチンペーパーで拭きとりましょう。お手入れは半月~1ヶ月に1回程度行うのがおすすめです。

 

以下の記事では、食用重曹のおすすめ商品を紹介していますのでぜひご覧ください。また小型電気ケトルのお手入れ方法は以下のサイトも参考にしてみてください。

まとめ

小型電気ケトルの選び方とおすすめ商品をご紹介しました。すぐにお湯を沸かせる小型電気ケトルが1台あれば、自宅でも職場でも旅行先でも便利に使うことができますよ。今回の記事を参考に、ぜひお気に入りの小型電気ケトルを見つけてみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年09月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ