借り換えローンやおまとめローンの審査は甘い?新規申し込みとは何が違うの?

記事ID14736のサムネイル画像

「借り換えローンやおまとめローンは審査が甘い」と見聞きしたことはありませんか?実際の借り換えローンの審査難易度はどの程度のものなのか、気になっている人も多いはず。そこで、今回は借り換えローン・おまとめローンの特徴や審査基準、注意点などをご紹介します。

借り換えローンで借金の悩みを解決できるかも!

いざというときに頼りのなるのが、カードローンやキャッシングです。しかし利率によっては、思ったより返済の負担が大きいと感じることもしばしばあります。そんなときに検討したいのが、ローンの借り換えです。より金利の低いローン会社と契約することで、月々の返済額や利息を減らすことができるのです。

 

そうはいっても、ローンの借り換えにはカード会社の審査を受ける必要があり、だれでも借り換えができるわけではありません。ローンの借り換え審査はとても甘いという声がある一方、実は借り換えの審査はとても厳しいという、真逆の意見もしばしば聞かれます。

 

果たして借り換えローンの審査とは一体どんなものなのでしょうか。ここからは、借り換絵ローンの審査についての考え方をご紹介します。あわせて借り換えローンのメリットやデメリット、審査に通るためのコツについても触れていきます。借り換えローンを検討しているなら、ぜひ参考にしてください。

借り換えローンの特徴

まずは、借り換えローンそのものについてご紹介してみましょう。借り換えローンという言葉を初めて聞いたという方はもちろん、月々の返済の負担を軽くする方法が知りたいという方は、ぜひこの機会に、借り換えローンの仕組みを知っておいてください。

そもそも借り換えローンって何?

借り換えローンとは、新しいローン会社から借り入れたお金で、今あるローンを返済することです。たとえばA社へのローンが100万円残っていたとしましょう。この100万円を返済するために、B社に100万円を借りて、A社に返済するのが、借り換えローンです。いわば、ローン先の引っ越しというわけですね。

 

基本的に、借り換えローンと呼ぶのは、1社への返済のために他の1社からお金を借りる場合です。しかし場合によっては、1社に返済するために複数社からお金を借りることもあります。新しい借り入れ先は銀行や消費者金融などがあります。

借り換えローンとおまとめローンの違いは?

借り換えローンと似た言葉に、おまとめローンというものがあります。おまとめローンとは、複数のローン会社を1つのローン会社にまとめることを指します。この点が、1社から1社に乗り換える「借り換えローン」と異なる点です。

 

しかしローンの乗り換えには変わりないため、おまとめローンも借り換えローンの1種として認識して問題はありません。実際に最近では、「借り換えローン」という名称で、複数のローンを1本化するサービスも増えてきています。名称はローン会社によって異なりますので、詳しくはそれぞれのサービス内容をチェックしてみてください。

借り換えローンを提供している組織の種類と特徴

実際に借り換えローンを組むときには、どんなローン会社を利用すればよいのでしょうか。次に、借り換えローンサービスを提供している組織を、3つに分類してご紹介します。それぞれの特徴やメリットもご紹介しますので、自分に合うサービスを提供しているのはどんな組織なのか、ぜひチェックしてみてください。

一番おすすめなのは消費者金融の借り換えローン!

消費者金融とは、一般の個人に対して貸し付けを行う金融業者のことです。少し前までは「サラリーマン金融」略して「サラ金」という名称でも知られており、金利が高く取り立てが厳しいイメージがありました。しかし最近の消費者金融には「貸金業法」という法律の遵守が義務付けられており、法外な金利や無理な取り立ては禁止されているため、その点は心配ありません。

 

消費者金融のローンのメリットとして申し込み・審査・借り入れまでの時間が短いというものがあります。スピーディな審査なため、申し込んだ当日に現金を手にすることも可能です。金利は銀行や信販系に比べるとやや高めですが、「30日間無利息」などの期間限定無利息サービスを行っていることもあり、そういったサービスを含めれば、金利は比較的低いといえるでしょう。

 

また消費者金融のもう1つのメリットとして、返済方法や期日の融通が利きやすい点があります。銀行や信販系のローンは返済日が指定されているのに対し、消費者金融系のローンは返済日や返済サイクルを自由に設定できることが多いのです。また、専用のATMが設置されていたり、コンビニのATMから返済できたりと、返済できる場所が多いのも魅力の1つに挙げられます。

銀行ローンは審査が一番厳しい!

大手銀行や地方銀行などの機関による貸し付けを、銀行ローンといいます。カードローンの中では審査基準がもっとも厳しく、審査に時間がかかるという特徴があります。その理由の背景はさまざまですが、大きなものとして「金利が低い」点や「総量規制がない点」が挙げられます。

 

銀行は民間の消費者金融ほど、利息による利益を求めていません。そのため、消費者金融や信販系のローンよりも金利が低い傾向があります。また、銀行ローンには、民間の金融業者に適用される「貸金業法」は該当しないため、「総量規制」がありません。ちなみに総量規制とは、1人に貸し付けるお金の上限を決めたものです。基本的にその人の年収の3分の1の金額が限度とされています。

 

「金利が低い」「借り入れ金額に上限がない」というのは、借り入れる側には大きなメリットです。一方で貸し付けを行う銀行側からすると、「多くの人が利用しやすい=お金を回収できなくなるリスクが高い」ということになります。そのため、お金の貸し付け前の審査は慎重に行わなければなりません。よって、銀行ローンの審査は基準が厳しくなりがちです。

 

すぐに手元に現金が欲しいという場合は、審査に時間がかかる銀行ローンは不向きといえるでしょう。しかし、前述のように銀行ローンは金利が低く、総量規制がありませんので、時間の問題さえクリアできれば、利用しやすいローンといえます。ただし、総量規制はないものの、多くの銀行は独自の貸し付けラインを設けているため、際限なく借り入れができるわけではありません。

信販会社はまずまずの審査基準

信販会社やクレジットカード会社が行うローンサービスは信販系ローンと呼ばれます。信販系ローンの審査基準は銀行よりは易しめですが、民間の消費者金融よりは若干厳しいと言われています。また審査にかかる時間も、銀行ほど長くはないものの、それなりにじっくり審査を行うため、消費者金融のように必ずしも即日融資が受けられるわけではありません。

 

その主な理由として、銀行ローンと同じく利息が低いという点が挙げられます。場合によっては銀行ローン同程度の低利息で融資を受けることが可能です。さらにもう1つの理由として、単純に、カードの発行に物理的な時間がかかるという理由があります。申し込みから実際の借入までは2~3週間ほど見ておいたほうがよいでしょう。

 

このように信販会社のローンは審査が厳しめではあるものの、「利息が低い」「社会的信用度が高いので安心感がある」という大きなメリットもあります。また、総量規制の対象ではありますが、銀行ローンなどと比べると比較的融資額が大きいというのも、信販系ローンの特徴です。

借り換えローンやおまとめローンの審査は甘いって本当?

とても便利な借り換えローンですが、実際のところ、審査はどのくらい厳しいのでしょうか。巷では借り換えローンやおまとめローンの審査は、最初の審査よりも甘めだという噂をよく聞きます。その内情や、審査に通るためのコツについて、ご紹介していきましょう。

借り換えローンの審査が特別甘いというわけではない!

結論から言うと、借り換えローンの審査は決して甘くはありません。これは借り換えローンに限らず、ローン審査全般に言えることです。借り換えローンの審査基準は、通常のカードローンの審査方法とは異なりますが、審査基準自体は厳格です。

 

借り換えローンの際の主な審査項目として「借入総額」「収入の安定性」「返済実績」の3つがあります。借入総額と収入の安定性は通常のカードローン審査でも重要視される項目です。貸し付けを行う側は、より高い返済能力のある人に融資を行いますので、借入総額が低く収入の安定性が高い人ほど、審査基準は易しくなります。

 

返済実績は、通常のカードローン審査と異なり、借り換えローンの審査の際にとくに重要視される項目です。借り換えローンの審査では、他社でのローンの返済実績だけでなく、通信費や公共料金などの支払い実績もすべてチェックされます。他の支払いで延滞が見られる場合は、当然、新しいローン会社の審査に通りにくくなります。

「必ず借りられるおまとめローン」は存在しない!

絶対におまとめローンの審査に通るために、少しでも審査が甘いところを探すことはよくあります。しかし、複数のローンを一括するおまとめローンは、当然ながら融資額が高額になります。つまり、貸し付けを行う側からすると回収できない場合のリスクが非常に大きいわけです。

 

よって、おまとめローンの審査は、返済能力が本当にあるかどうか慎重に見極めなければなりません。インターネット上でローン会社を探すと、「審査が甘い」などといった情報を見かけることがありますが、以上のような理由から、おまとめローンの審査を本当に甘くしているローン会社はまずありません

「審査が甘い」という情報が多いのはなぜ?

それではなぜ、借り換えローンやおまとめローンの審査は甘いといった情報がよく出回っているのでしょうか。これは、そのローン会社のアフィリエイトの戦略の一環で、そいういった嘘の情報をばらまくことで利用者の数を増やそうとしているためです。

 

アフィリエイトとはインターネット上における「成果報酬型の広告」のことです。アフィリエイトでは、企業がアフィリエイト会社に自社の商品の宣伝を依頼し、アフィリエイト会社は広告に成功した分だけ報酬を得ることができる仕組みになっています。

 

つまりアフィリエイト会社側からすると、何としてでも利用者の数を増やさなくてはなりません。よって、人を引き付けるような情報をばらまいて、利用者の消費を促しているわけです。

 

「審査激甘」の借り換えローンは信用しない!

以上のように、審査が甘い借り換えローンやおまとめローンは存在しません。実際に審査の甘いローン会社があるとしたら、それは悪徳業者の可能性が非常に高いです。悪徳業者は甘い審査で契約をしたのち、法外な利息を要求してきます。場合によっては借金が億単位にまで膨れ上がることもあります。

 

「激甘審査」「誰でも通る審査」などのうたい文句は、悪徳業者の目印だと思ったほうが無難でしょう。融資を受けたい場合は、銀行や正式な登録を行っている金融業者を利用するようにしましょう。

借り換えローンの審査に合格するための注意点

たとえ厳しいと分かっていても、借り換えローンやおまとめローンの審査には絶対に受かりたいもの。そこでここからは、借り換えローンの審査に通るためのポイントをご紹介していきます。

借り換え先に現状を正しく伝える

借り換えローンに限らず、カードローンを申し込むときは、信頼関係が大切です。もし虚偽の申告をすると、その人の信頼度は急落し、審査に通らない可能性が非常に高くなります。たとえば実際の収入額より多い収入額を申告したり、他社からの借り入れ件数を少なく見積もったりするような行為は絶対に止めましょう。

 

もし虚偽の申告をしたとしても、ローン会社は蓄積された取引データを調べたり、信用機関へ照会したりして、必ずその嘘を見抜きます。申請時に現在の状況を伝えるときは、すべて正直に正確に報告しましょう。

 

もしかしたら、故意ではなく、単純なミスで申告内容を間違えることもあるかもしれません。しかしそういったミスの場合であっても、嘘の申告をしている以上、ローン会社からの信頼は失われてしまいます。特に収入額や返済履歴、他社からの借り入れ件数など、お金に直接関係することがらについては、絶対に申告ミスをしないように注意してください。

 

申請時に嘘をつかないのはもちろんのこと、申請時の申込内容は、申告に間違いがないか、提出前にしっかり確認することが大切です。

他社からの借入額をなるべく返済しておく

他社からの借入額はできる限り減らしておくのがベストです。借り換えローンとは、他社からの借り入れを前提としたローンなので、借入していること自体は審査に影響は与えません。しかし借入額があまりに多い場合は、返済能力を厳しく査定されるため、審査に通りにくくなってしまいます。

 

借入額が多いということは、それだけお金に困っているということでもあります。借り換えローン申請時にそう判断されると、返済能力が低いとみなされて、借り換えローンを組むことは難しくなるでしょう。

 

ローンの借入額の目安は年収の3分の1といわれていますので、借り換えローンを組むときは、他社からの借入額は、最低でもそれくらいまで減らしておくことがポイントです。

借入件数も減らしておくのがベスト

借入額だけでなく、借り入れ件数を減らしておくことも、借り換えローンの審査に通るための大切なポイントです。前述のように、借り入れ件数が多いということは、それだけお金に困っているというサインになるからです。

 

信用機関には、ローンの申し込み履歴もすべて残されています。ローン会社はこの情報を必ずチェックするため、借り入れ件数が多い場合は、また他所で借り入れする可能性が高いとみなされて、審査に通らないことがあるのです。

 

具体的には、4社以上の借り入れがあると融資の審査に通らないといわれています。よって複数のローン会社から借り入れしている場合は、最大でも3社まで借り入れ件数を減らし、他は完済しておきましょう。信用機関には返済履歴も残るため、できるだけ完済実績を増やしておくことで、ローンの審査に通りやすくなるというメリットもあります。

 

他にも、使っていないクレジットカードは解約しておくと審査に通りやすくなる、というポイントがあります。また、借り換えローンを組むときは、申し込み先を1社に絞るのがベターです。借り換えローンの申請件数も信用機関の履歴に記録されるため、複数社に申し込むと、返済能力が低いとみなされてしまうからです。

借り換えローン&おまとめローンの審査合格率をさらに上げる方法!

ここからは、さらに1歩踏み込んだ、借り換えローンやおまとめローンの審査合格率をアップさせる裏技をご紹介していきます。絶対に審査に受かりたい!という人は、ぜひ以下のポイントに気を付けてみてください。

現在の借入先に相談してみる

おまとめローンを検討している場合は、現在利用しているローン会社に相談してみるのも1つの方法です。その際は必ず、延滞などの返済トラブルを起こしていない借入先を選ぶようにしましょう。

 

たとえば新規のローン会社に申し込みをすると、担当者は、その人の借入額や返済能力などの表面上だけを見て融資すべきか否かを検討します。しかし、今までコツコツ返済を続けてきたローン会社なら、ある程度の信頼関係が築けていますので、返済能力が認められ、融資額を増額してローンの一本化を請け負ってくれる可能性が高くなるのです。

 

以上のように、おまとめローンを組むときは、現在の借入先に相談してみるとよいでしょう。ただし返済事故があったローン会社を選ぶと失敗しますので、必ず、返済実績のあるローン会社を選ぶようにしてください。

労働金庫は審査基準が異なる!

労働金庫は労働組合や生協からの出資で成り立っている金融機関です。銀行や民間の消費者金融のように営利を目的とせず、組合員に還元することで地域を活性化させるという役割を担っています。そのためローンの金利が非常に低く設定されています。また、審査自体は他の金融機関のように厳しいですが、審査基準が他とは大きく異なっています。

 

労働金庫の審査基準は地域によって差があるものの、一般的に「労働金庫の組合員であるか」「過去に労働金庫との取引実績があるか」「勤続年数と収入が一定以上であるか」の3つが審査に大きな割合を占めています。「労働金庫の組合員」であること、「労働金庫との取引実績」があることは、とくに重要視されています。

 

労働金庫では、組合員でなければ申し込みができない場合や、融資額の限度が非常に低い場合が多いです。また、過去に一度も取引実績がない人は、ほぼ審査に落ちるといわれています。勤続年数や収入実績は、銀行や消費者金融のように大きなウエイトではありませんが、勤続年数1年未満や年収150万円以下の場合は審査に通るのは難しいです。

 

このように、労働金庫のおまとめローンの審査は決して甘くはありません。しかし上記の3つの条件さえそろうなら、審査に合格する確率は高くなります。労働金庫のおまとめローンは金利が低いため、月々の返済額を軽減することができます。もし以上の3つの条件に当てはまる場合は、労働金庫でのおまとめローンを検討してみるとよいでしょう。

おまとめ専用の商品がある金融機関もおすすめ

おまとめローン専用の商品を扱っている金融会社を利用するのもおすすめです。あるいは、おまとめ目的のローン契約を認めていると明言している金融会社でもよいでしょう。金融機関の中には、おまとめ目的の契約に関して明言していないところもあります。

 

そういった金融機関は、やはりおまとめローンを認めていないことが多いため、申し込みをしても審査に落ちる可能性が非常に高いです。反対におまとめローンを認めているローン会社は、ローンを一本化するにあたって高額な融資の準備ができていますので、おまとめローンの審査に通りやすくなります

 

おまとめローン専用の商品を扱っているのは、銀行よりも民間の消費者金融の方が数が多いです。しかし消費者金融の中にも、おまとめローンについて明言していないところもあれば、銀行であってもおまとめローンに対応しているところもあります。詳しくは、それぞれの金融機関のHPなどでチェックしてみてください。

金利が高めのおまとめローンは通りやすい!

おまとめローンは金利と月々の返済額を軽減することを目的とする場合が多いですが、あえて、金利の高い金融機関におまとめローンを申請する方法もあります。なぜなら、金利の低い金融機関ほど、貸し倒れをおそれて審査が厳しくなりがちだからです。

 

一方、金利の高い金融機関はそういったリスクが低くなるため、低金利の金融機関よりも少しだけ審査が甘いことがあるのです。一般的におまとめローンの金利は、銀行よりも民間消費者金融のほうが高めに設定してあります。審査の合格率をあげるために高金利の機関を検討する場合は、まず各消費者金融の金利を調べてみるとよいでしょう。

 

ただし、金利が高いおまとめローンを利用すると、当然ながら月々の返済額や、返済総額が大きくなってしまうことがあります。審査に通りたいからといって、やみくもに高い金利の消費者金融を利用するのはおすすめできません。少しでも負担を減らせるよう、長期的な視野に立って返済計画を立てて、ローン会社を選ぶようにしましょう。

 

 

不動産を持っている人なら「不動産担保ローン」

不動産を所有している場合は、銀行が扱っている不動産担保ローンを利用するのもおすすめです。一般的に銀行はおまとめローンを提供していないところが多いですが、不動産を担保にすることで借り入れ件数を一本化できる銀行はたくさんあります。

 

不動産担保ローンとは自身が所有する家や土地を担保にして借り入れをするローンのことで、用途はとくに指定されていません。不動産担保ローンの場合は不動産の評価額が審査の対象になるため、借り入れ件数が多い場合であっても、審査に通る可能性が高くなります。

 

不動産担保ローンは金利が低めに設定されているほか、返済期間を長めに設定することができます。そのため完済までに時間がかかって返済総額が大きくなることもありますが、月々の返済負担額を軽くできるというメリットがあります。デメリットとしては、通常のおまとめローンより審査に時間がかかることや、手続きが複雑という点があります。

 

不動産担保ローンで受けられる融資額は、不動産評価額の6~7割が一般的です。評価は3年ごとに見直されるため、3年間は返済額が固定されますが、この期間に改築などを行うと設定額はリセットされるので注意しましょう。

借り換えローンと新規申し込みの違いは?

借り換えローンは今あるローンを乗り換えることですが、新規ローンを申し込む場合とはいったい何が違うのでしょうか。借り換えローンと新規ローンの申し込みや審査の仕方について、異なる点をご紹介していきます。

最大の違いは審査基準にアリ!

借り換えローンと新規のローンの最大の違いは、審査基準といってもいいでしょう。借り換えローンを申し込んだときに、とくに重要視されるのは、以下の2つのポイントだといわれています。

他社での返済実績が重要視される!

借り換えローンでなによりも重要視されるのは、その人への信頼度です。信頼度とはすなわち、貸し付けたお金がきちんと返済されるかどうか、ということです。そのため、借り換えローンの審査では、他社での返済実績がとても大きなウエイトを占めています。

 

たとえば他社での返済が滞って経歴がある、といった返済トラブルがあると、借り換えローンでの審査に通る確率は低くなります。たとえ完済していても、延滞した過去があると、審査に通るのは難しいと考えたほうがよいでしょう。

 

返済トラブルがあった場合は、信用機関にその情報が登録されます。延滞を行った場合、その情報が登録される期間は2~3年、もしブラックリストに入った場合は5~10年はその情報が残り続けるといわれています。

 

返済履歴にキズがある場合は、その登録が抹消されて信用度が回復されるまで、借り換えローンの申請は見合わせたほうが無難です。個人の信用情報は、各情報機関に申し込むことで開示も可能です。自分の信用情報を知りたいという場合は、それぞれの手順に則って開示請求を行うってみるとよいでしょう。

もちろん収支状況の優劣もある

収入の安定性も、もちろん借り換えローンの審査時には厳しくチェックされます。しかし、前述のように借り換えローンでは信用度がなによりも重視されるため、新規ローンの申し込みに比べると、収支状況が占める割合はそこまで高くありません

 

借り換えローンの審査で重要とされるのは、収入がいくらあるのかではなく、収入のうちいくらを返済に充てることができるのか、という返済能力です。たとえば、いくら年収が高い場合でも、返済が滞った経歴があるのなら返済能力は低いとみなされ、審査には不利になります。

 

そうはいっても、やはり年収が低いよりは、高いほうが審査に通る可能性は高いものです。借り換えローンを申し込む際、年収があまり高くないという場合は、他社での完済実績などを作ったり、借り入れ件数を減らしたりなどの対策をするとよいでしょう。

借り換えローンの審査項目の例

次に、借り換えローンの審査項目について、一般的なものをご紹介していきます。ローン会社や銀行によって審査項目の内容や、比重は異なるものの、以下の3つのポイントはやはりチェックされることが多いです。ここまでに述べてきた内容がほとんどですが、いま一度、しっかり確認しておきましょう。

借入総額や借入件数

貸し倒れのリスクを回避するため、消費者金融や銀行は、借入総額や借入件数が多い人を敬遠するものです。とくに、他社での借入総額が1億2000万円以上ある人は、借り換えローンの審査に通るのは難しいといわれています。

 

これは、消費者金融や銀行が融資できる金額は、1億2000万円が限度であるためです。ただし、貸し付けできる金額は各金融機関やローン会社によって異なります。借り換えローンの審査を申請するときは、申請を希望しているローン会社が、いくらまで融資可能なのかを事前にチェックしておいたほうがよいでしょう。

 

総量規制の対象外となるおまとめローンを探す方法もおすすめです。総量規制とは前述のように、借り入れできる金額が収入の3分の1程度までと定められているルールです。しかし借り換えローンは、この総量規制の対象外に当たります。ものによっては総量規制の対象となることもあるため、詳しくはそれぞれの商品をチェックしてみましょう。

 

借り入れ件数は、先にも触れた通り、4社以上の借入先があると審査合格は難しくなります。最大でも3社以内に絞っておきましょう。その際は、一番完済しやすいローン会社を選んで完済するのがポイントです。完済実績は審査ではプラスの要素になりますので、ぜひ検討してみてください。

返済履歴に延滞がないかどうか

何度もご紹介した通り、借り換えローンの審査では他社での返済実績がもっとも大きなウエイトを占めます。もし返済トラブルがある場合は、信用機関にその情報が登録されますので、審査通過は難しくなります。またローンの返済だけでなく、公共料金や通信費の支払いも審査の対象となりますので、留意しておいてください。

 

もしいま現在延滞している支払いがあるのなら、ひとまず、その延滞料金を支払うまで借り換えローンの申請は見送りましょう。また、返済トラブルが複数回ある場合や、督促状が着たにもかかわらず支払わなかったことがある場合、ブラックリストに登録されている可能性が高いです。

 

ブラックリストは信用機関のほか、そのローン会社のリストにも登録されます。信用機関のブラックリストは名前が抹消されるまで5年~10年はかかるといわれていますので、時間があまり経過していない場合は、審査に通るのは難しいと考えたほうがよいでしょう。一方、ローン会社独自のブラックリストの保存期間はさらに長期にわたります。

 

ブラックリストに名前がのった会社に借り換えローンを申し込むと、たとえ信用機関からは名前が削除されていたとしても、同じく審査に通るのは難しいといわれています。返済事故を起こさないことがなによりも大切ですが、すでに起こっている場合は、他のローン会社の利用を検討したほうが無難です。

収入は安定しているかどうか

新規ローンほど大きな比重はないものの、借り換えローンの審査においても、収入は重要視されています。借り換えローンにおいて重要なのは、返済能力があるかどうかですので、収入額というよりも、収入の安定性が重視される傾向が強いです。

 

つまり、変則的に高収入がある場合より、定期的な収入があるほうが、審査に通りやすいということです。よって1カ所での勤続年数が長い人ほど、借り換えローンの審査は甘くなりやすいといえるでしょう。反対に、勤続年数1年未満の人や、アルバイト、パート、フリーターなどは、高収入を得ていたとしても、借り換えローンの審査に通るのは難しいです。

 

ただし収入金額は、もちろん低いよりも高いほうが、審査には有利に働きます。また会社の規模や役職なども、審査の際に参考にされます。大手の企業の勤めている会社員や公務員は、収入が安定しているとみなされて審査に通りやすくなります。

借り換えローンがおすすめな人は?

ここからは、借り換えローンの利用がおすすめの人の特徴についてご紹介していきます。以下の2つのポイントに当てはまる人は、借り換えローンの利用を検討してみてもよいでしょう。

最上限金利に近い会社で借入している人

借り換えローンを利用するにあたり、最大のメリットもいえるが、低い金利のローンに乗り換えられるというものでしょう。借り換えローンは一般的に、通常のローンよりも金利が低く設定されています。もし金利がとても高いローン会社を利用している場合は、借り換えローンを利用することで、金利を下げ、月々の返済額を減額することができます。

 

よって、金利の高いローン会社を利用しているという場合は、借り換えローンの利用を検討してみるのもおすすめです。

急いで借入し後々気になる条件が出てきた人

ローンを利用している人の中には、「いますぐお金が欲しい!」という理由から借り入れを行った場合も多いでしょう。そういった緊急時は、金利や条件をあまり精査せずに契約を結んでしまうことが多々あります。のちのち、条件や契約内容をよく確認して、自分にとってあまり有利でないサービスを契約したと気づくこともあるでしょう。

 

たとえば返済の方法や返済日の指定なども条件の中に含まれます。返済の自由度が高いほうが、もちろん利便性は高いものです。もしそういった条件に不満を感じるなら、借り換えローンの利用を検討してもよいでしょう。借り換えローン商品の中には、返済方法や返済サイクルを自由に設定できるものもあり、返済額以外の負担を減らせるものも多いです。

 

より自分にとって利用しやすい条件を求める場合は、借り換えローンを検討してみるのも1つの方法です。

おまとめローンがおすすめな人は?

次におまとめローンの利用をおすすめできる人の特徴について、ご紹介します。おまとめローンは、ローンの一本化を行うことで月々の返済の負担を減らすものです。次の2つのポイントに心当たりがあるなら、おまとめローンの利用を検討してみてください。

借入件数が3社以上にのぼる人

借り入れ件数が3社以上ある場合は、おまとめローンを利用することで、返済の負担がかなり軽減されます。まず1つに、金利が一本化されることで、月々の返済額を減額できる可能性が高いからです。

 

2つ目の理由として、たとえば3社に借り入れを行っていた場合は、月に3回支払い手続きをしなければいけませんが、おまとめローンを利用して返済先を1カ所に絞ることで、返済手続きといった時間・物理的な負担を軽減できるのです。

 

もし複数のローン会社から借り入れを行っており、金額や手続きといった返済の負担が大きいと感じている人は、おまとめローンの利用を検討してみてください。ただし他社での借入先が4件以上あると審査に通らない可能性が高いですので、最大でも3社まで借入先を絞ることが大切です。

月々の負担が大きいと感じる人

先ほども触れた通り、ローンを一本化することで月々の返済件数が減るため、単純に考えれば返済額を軽減することができます。金利の低いおまとめローンを利用すれば、さらに月々の返済額を軽減することができるでしょう。

 

おまとめローンは総量規制の対象外であることも、おすすめの理由の1つです。おまとめローンでは収入の3分の1を超える借入総額がある人でも、融資を受けることが可能です。よって複数のローン会社に大きな借金を作り、その月々の返済のために日常生活に支障が出ているような場合は、ローンを一本化することで負担をかなり減らすことができます。

 

複数の借入があり、月々の返済の負担が大きいという人は、ぜひおまとめローンの利用を検討してみてください。

借り換えローンのメリット

借り換えローンを利用するメリットを、あらためて見ていきましょう。借り換えローンの主なメリットとしては、以下の3つの点が挙げられます。

金利負担を軽減できる

借り換えローンの最大のメリットは、なんといっても、より金利の低いローンに切り替えることができるという点です。より金利の低いローンに引っ越しすることで、月々の返済額を軽減したり、返済総額を減らしたりすることができます。

 

たとえ月々の返済額にさほど違いがなかったとしても、金利を下げることで返済総額が減額され、完済までの期間をぐっと短縮することも可能です。金利が1%変わるだけでも、意外と大きな増減がありますので、金利や月々の返済の負担が大きいと感じている人には、借り換えローンはとてもメリットを感じられるでしょう。

簡単に検討できる

カードローンの借り換えでは、住宅ローンの借り換えと異なり、諸手続きが比較的簡単です。事務手数料や煩雑な手続きがないため、簡単に利用を検討できる点も、借り換えローンのメリットの1つです。

返済額を減らせる可能性がある

先ほども触れた通り、より金利の低い借り換えローンを利用することで、月々の返済額だけでなく、返済総額を減らすことも可能です。返済総額が少なくなるかわりに、月々の返済額にさほど差が出ないこともありますが、やはり、借金の金額を減らせるというのは、借入している側からすると大きなメリットに当たります。

 

金利は1%変わるだけでも大きな変化がありますが、より負担を軽減したい場合は、やはり金利差の大きい借り換えローンを利用するとよいでしょう。とくに消費者金融でローン契約を結んでいる場合は、銀行などの金利が低い金融機関の借り換えローンを利用することで、ぐっと金利を下げることができます。

具体的な金額の増減が知りたいという場合は、シュミレーションをおすすめします。インターネット上には、返済額や返済期間、金利を入力すると、具体的な返済計画を教えてくれる金利シュミレーターなどもたくさんあります。無料で利用できるものも多いので、気になる場合はぜひ検索してみてください。

借り換えローンのデメリット

借り換えローンにはメリットだけでなく、デメリットも存在します。より金利の低いローンに乗り換えたのに、思ったより差が出なかったり、場合によっては負担が増えたりすることもあるのです。そういったケースも含め、借り換えローンの主なデメリットをご紹介していきます。

審査に通らない可能性がある

いままでご紹介してきたように、借り換えローンの審査は決して甘いものではありません。借り換えを希望しているという時点で、自己管理ができていないという前提が出来上がっていますので、他の信用度をいかにあげることができるか、ということが大切になります。

 

借り換えローンの審査は、新規のカードローンとは審査基準が異なるという点は、先にも触れた通りです。中でも他社での返済実績は、借り換えローンの審査ではとくに重要視されます。

 

新規のカードローンでは他社での返済実績はさほどウエイトが大きくありませんので、以前にカードローンの審査に通ったからといって、必ずしも借り換えローンの審査に通るというわけではありません。借り換えローンの審査に通るためには、借り入れ件数や借入総額を減らしておくこと、返済実績にキズがないことなどが条件となります。

審査に通らないと記録が残ってしまう

もしも借り換えローンの審査に落ちた場合、その事実は信用機関に登録されます。それらの情報は、新しくローンを組む際の審査でも重要視されます。つまり一度借り換えローンの審査に落ちたことがある場合、新しい金融機関で新規のローンを申し込んだとしても、それらの情報がネックになって、審査に落ちる可能性が高くなるというわけです。

 

加えて、ローンの申し込み自体が信用機関に登録されることも言い添えておきましょう。たとえば借り換えローンの申請をいっぺんに複数社に依頼した場合、その事実もまた信用機関に登録されます。そうすると、よほどお金に困っている=返済能力が低いとみなされる場合が多いので、注意が必要です。

 

ローンの種類や審査の合否に限らず、ローンの審査に申し込んだ時点で、信用機関にその情報が登録されることは留意しておいてください。もし1社の審査に落ちた場合、すぐに別の会社に申請をするのは得策ではありません。信用機関の情報が抹消されるまで待つか、蓼の完済実績を作るなどして、対策を取るのがおすすめです。

借金が倍増する可能性がある

借り換えローンは金利を下げることで返済額を減らすことも可能ですが、場合によっては、返済総額が増えることもあります。たとえばローンの借り換えを行い、月々の返済額を大幅に減らしたとしましょう。

 

月々の返済額が減った分、完済までにかかる時間は長くなります。利息は毎月発生するため、返済期間が長引く分、利息の総額が大きくなって、借り換え前よりも返済総額が増えることがあるのです。とくに「元金定額方式」から「元利定額方式」に切り替えた場合は、注意が必要です。

 

月々に返済額を軽減することも大切ですが、返済総額や返済期間などにも目を向け、長期的な視野に立って返済計画を立てることが大切です。

完済までの期間が長期化するケースも

前述のように、月々の返済額が減る分、完済までの期間が長期化する可能性もあります。返済期間が長くなる分、支払わなければならない利息の金額も大きくなるため、注意が必要です。

おすすめの人気借り換えローン&おまとめローン5選!

借り換えローンやおまとめローンを検討している人に、おすすめのカードローンをご紹介します。ローンの変更を検討している場合は、ぜひ参考にしてください。

三井住友カード ゴールドローン

安心の大手カード会社

クレジットカードでもおなじみの三井住友カード株式会社が提供しているサービスです。最短で当日の審査・融資に対応しており、「今すぐお金がほしい!」という場合の利用もおすすめです。利用枠は700万と大きく、おまとめローンや借り換えローンにも最適ですが、他の金融機関よりも審査は厳しめです。

金利 3.5%~15.0% 最大利用額 700万

auじぶん銀行 じぶんローン

auユーザーにおすすめのローン会社

通信会社であるauと、三菱UFJ銀行が合同で提供しているサービスです。auユーザーには、金利が最大で0.5%優遇されるという特典があります。また、auじぶん銀行は三菱UFJ銀行をはじめとする全国8万台のATMと提携しており、最寄りの提携ATMで手数料無料で利用できる点もメリットの1つです。

金利 1.48%~17.5% 最大利用額 10万円以上800万円以内・100万円以上800万円以内

ダイレクトワン お借り換えローン

使い勝手の良い借り換えローン専用商品

スルガ銀行グループであるダイレクトワンが提供しているサービスで、借り換えローンに特化した商品です。銀行カードローンや、リボ払いを含むクレジットカードでのショッピングローンも利用対象です。拠点は静岡にありますが、全国のコンビニエンスストアATMと提携しており、遠方の人でも簡単に利用することができます。

金利 4.9%〜18.0% 最大利用額 300万円

ぽちスマくん 借換ローン

最長10年間の返済期間

トライフィナンシャルサービスが提供しているサービスで、WEB申し込みに特化しているのが特徴です。借り換えローン専用の商品では、最大500万円までの融資、さらに最長で10年間の返済期間の設定が可能で、金額の大きな借り換えローンであっても、無理のない返済計画を立てることができます

金利 9.85~14.85%(借り換えの場合) 最大利用額 500万(借り換えの場合)

アイフル かりかえMAX

大手消費者金融の借り換え専用ローン

消費者金融の中でも大手の1つ、アイフルが提供している借り換え専用のローン商品です。最大利用額が800万と幅が広く、返済期間は最長で10年となっています。銀行ローンやショッピングローンも利用対象であるほか、全国のコンビニエンスストアATMと提携しており、借入や返済の自由度が高い点もメリットです。

金利 3.0%~17.5% 最大利用額 800万

まとめ

借り換えローンは、上手に利用すれば返済の負担をかなり軽減することができます。今回ご紹介したメリットやデメリットなどに注意しつつ、借り換えローンを利用して自分にあった返済計画を立ててみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月14日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ローンをまとめたい!おまとめローンのメリット・デメリットや方法を解説 

ローンをまとめたい!おまとめローンのメリット・デメリットや方法を解説 

その他
金利の安いキャッシングやカードローンはどこ?利息の計算方法も解説

金利の安いキャッシングやカードローンはどこ?利息の計算方法も解説

その他
自己破産後に車のローンは組める?また持ってた車は処分されるの?

自己破産後に車のローンは組める?また持ってた車は処分されるの?

自動車・バイク
自己破産のやり方と費用、支払い方法は?メリット・デメリットも解説

自己破産のやり方と費用、支払い方法は?メリット・デメリットも解説

その他
借金の金利の計算方法!そもそも金利とは?金利を正しく知って計画的に返済しよう

借金の金利の計算方法!そもそも金利とは?金利を正しく知って計画的に返済しよう

その他
クレジットカードのリボ払いは過払請求できる?過払いの仕組みや請求方法を解説

クレジットカードのリボ払いは過払請求できる?過払いの仕組みや請求方法を解説

その他