転職に必要な準備を徹底解説!進め方・流れ・書類など

記事ID14640のサムネイル画像
初めての転職は何から初めていいのかわからないですよね。不安が大きく、一歩が踏み出せない方も多いはず。そこで今回は、転職に必要な準備の進め方・流れを徹底解説します。準備に必要な期間や書類、失敗しないポイントなども紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

転職活動は在職中と退職後どちら?計画的に準備しよう!

転職活動をするときは、転職準備計画をしっかり立てることでスムーズに進められます。在籍中に転職活動をするメリットは、勤務しながら次の会社を探すことができるため、生活面も安定し、不採用になっても金銭面で困ることがありません。

 

また、在籍中の転職活動は自分に不足しているスキルなどを補いながら新たな知識を得ることが可能です。退職をしてから転職活動をするメリットは、時間に余裕があるため、転職活動に集中することができます。しかし、生活面が不規則になりやすいのが特徴です。

 

どちらにもメリットやデメリットがあるため、どちらが自分に向いているのかを把握してから計画を立ててみましょう。転職準備計画をしっかりと行えば、短期間で転職活動を成功させることができます。

転職によくある悩みは?

転職をするときは誰もが不安が付き物です。様々な悩みを抱えている方が多いため、ここからは転職に関してよくある悩みについてご紹介しますので、確認してみてください。

自分のスキルに自信がない

転職活動を始めると履歴書や自己PRなど、自分について見つめなおす機会です。自分に自信がないと感じる方もいますが、学生の頃の自分と社会人として様々なことを学んだ自分を比較してみましょう。仕事で経験したことを強みにすることができます。

 

そのため、積極的にアピールすることができ、自分の実力について気づけます。初めて転職をするときは、不安なことも多いため、自信がない方は無料WEBセミナーなどに参加して、転職の基礎を身に着けるのと、自分の強みを見つけることができます。

未経験の業種や職種への転職が難しそう

転職は今と違う業種や職種を選ぶこともできます。求人情報にも「未経験可」と書いていれば応募することが可能です。30代は経験した職種で転職するのは有利で、キャリアアップすることができますが、20代はどんどん未経験業種や職種にもチャレンジするべきです。

 

20代はまだまだあなたの潜在的能力を活かすことができていない可能性が高いため、転職で未経験業種や職種にチャレンジすることで、自分に合った仕事を見つけることができる可能性があります。新たなスキルを学ぶこともできるため、チャレンジしてみましょう。

30代の転職は厳しそう

転職は若いうちにした方が有利だと感じている方は多いです。30代になると転職が難しくなりそうなイメージがありますが、企業と転職者のニーズが一致すれば問題はありません。30代であれば同業種の方が転職しやすいです。

 

しかし、異業種の企業でも30代は豊富な経験を積んでいるため、実績と経験を求めている企業も多いです。今まで学んできたことに自信を持ち、キャリアアップを目指していきましょう。20代の若さがないという引け目は特に必要なく、30代でも転職のチャンスはあります。

仕事との両立ができるか不安

転職活動を在籍中に行う場合は、体力やスケジュールなど両方を同時進行できるのか不安に思う方が多いです。転職する方の多くは、在籍中に活動を行っています。勤務しながらも休日や休暇を利用すれば、無理なく転職活動を行うことができます。

 

有休を使用する場合、転職活動をしていると素直に伝えている方も多いですが、基本的には私用でお休みを取り活動をしています。残業があっても転職活動と両立している方は多いため、転職準備期間をしっかりと設けて計画を立ててみましょう。

会社に転職活動がバレたくない

転職活動を会社の人に知られてしまうと、会社に居づらくなると不安になる方も多いですが、応募先の会社から情報が洩れる心配はありません。人事には守秘義務があり、務めている会社に公表されることはないです。

 

転職に関する情報は個人情報保護法で管理されており、転職活動をしない限りは会社にバレる心配はありません。また、転職活動をして内定をもらった時も、退職の意思を会社に伝えるまでは他言しないようにしましょう。

転職活動の基本的な進め方や流れ、準備する書類は?

いざ、転職活動を始めるときはスケジュール管理は大切です。また、書類なども必要になるため、初めて転職活動を行う方はチェックしてみてください。

計画を立てる:1週間

転職活動を始めるときは、計画を立てなくてはいけません。転職をするにあたって自分のことを見つめ直します。次の転職先に適しているのか確認するのに大切なことなので、必ずチェックしてみましょう。

スケジュールを決定

転職活動を初めて内定をもらい、入社までの期間は約3か月です。初めの第一歩は、スケジュールを立てることから始まります。転職準備期間をしっかりと決めて行わないと、現在の仕事もおろそかになり、退職後に活動している方は収入がなくて焦ります。

転職目的の整理

転職活動のスケジュールを立てる際に、転職をどうして行うのかという目的を明確にすることが大切です。応募企業の選定に明確な軸ができ、企業選びもしやすいです。スケジュールには、退職日と退職を会社に伝える時期もしっかりと考えておきましょう。

スキルの棚卸・自己分析

転職活動を行う際は、スキルの棚卸しや自己分析を行うことが必要です。その理由は、自分のスキルや経験を転職先の企業が必要としているかがわかります。自分の強みを生かせる機会がない会社を選んでしまうと、また同じことを繰り返してしまいます。

 

そのため、スキルの棚卸や自己分析を行えば、転職先の選択肢が広がったり、転職するタイミングが見えてくるため、必ず整理してから活動を始めてみてください。

利用する転職サービスを決める

転職活動を行う際は、転職サイトを利用する方が多いです。転職エージェントは、自分で求人を探すよりもおすすめの求人や応募書類・面接対策・推薦文・入社まをフォローするのが特徴です。そのため、在籍中であっても効率よく転職活動を行うことができます。

 

推薦文があることで、転職サイトよりも書類選考を通過する企業を見つけやすいです。転職エージェントを利用するのが向いているのは、転職回数の多かったり、職歴が短い方・知名度の低い会社に勤めている方がおすすめです。

情報を取集する:1週間

転職活動には情報収集が必要です。企業情報を集めて比較したり、転職活動をサポートしてくれるサイトなど、効率よく短期間で転職活動をすることができるものを選びます。応募企業の選定や面接を進めやすくなるため、転職をするならまずは情報を集めてみてください。

書類を作成し、応募する:1週間

転職活動をするなら、書類を作成して応募しないといけません。そこで、転職に必要な書類や面接に受かるために志望動機や自己PRなどをまとめておきましょう。詳しいポイントについてまとめているのでチェックしてみてください。

転職活動に必要な書類

転職活動をするときに、必要は書類は3つあります。1つ目は履歴書で氏名・生年月日・住所・学歴など、本人確認をするための重要な書類であり、自分をアピールするためのパンフレットです。webで履歴書も増えてきているため、応募書類を確認してみてください。

 

2つ目は、職務経歴書でどんな経験を積んでどんな実績を上げたのかを示すための書類であり、決まったフォーマットがないことが多いため、コツをつかんでオリジナリティのある職務経歴書を作ってみましょう。3つ目は、添え状でビジネスマナーをアピールします。

面接に向けて志望動機や自己PRを整理しよう

書類審査を通過すれば、面接が始まります。志望動機や自己PRをしっかりと整理しておくことが大切です。志望動機は入社後に実現したいことを指し、自己PRは仕事へのこだわりや経験・スキルや強みをアピールすることなので、違いはしっかりと把握しておきましょう。

 

志望動機は会社が求めている人材についてよく把握しておくことが大切です。どのような点で貢献できるのかを考えてみましょう。自己PRは過去の経験からのアピールポイントを伝えるようにしてみてください。

面接を受ける:1ヶ月

転職で面接に進むことができたら、基本的なマナーを一から学びなおすことが大切です。面接の流れをつかんでおくと、焦らずに質問に答えることができるので、自信がない方はチェックしてみてください。

面接の流れをチェック

転職の面接は、新卒採用面接と内容が異なります。新卒採用の場合は、集団面接などを含めて2回から3回程度の面接をしますが、転職など中途採用の場合は、回数も減ります。また転職の面接では、志望動機と職務経験が重視され、新卒採用とは内容が違います。

 

面接の一般的な流れは初めに「自己紹介」や「職歴」を聞かれます。その後、「転職の理由」や「入社後について」など貢献意識のアピールを伝えることが必要です。ある程度の質問が終わった後は、「諸条件の確認」や「逆質問」があって面接が終了の流れです。

面接のマナーも確認しておこう

面接で落ちないためにも基本的なマナーをチェックしておくことが大切です。人事の方は第一印象やビジネスマナーをチェックしています。さらに、質問したことに対して矛盾がないか、答えがズレていないかをチェックされているため、話す内容もしっかりとまとめましょう。

 

また、面接でネガティブな発言や仕事に対して受け身の姿勢も評価が悪いです。これは自己分析がきちんとできていないため、面接に受かることは難しいです。高い入社意欲を持っているかも面接でみられるため、最終面接であっても気を抜かずにキャリアビジョンを伝えましょう。

内定が決まったら、退職手続きと引き継ぎ:1ヶ月〜2ヶ月

転職活動が順調に進み、内定が決まったとき現在、務めている会社の退職手続きや引継ぎを行わないといけません。周りの方に迷惑をかけないためにも、流れを掴んでおき手続きで受け取る書類など必要なものを確認してみましょう。

退職の流れを確認しよう

転職で内定が出たら、次は在職中の退職手続きを行わないといけません。法律上、2週間で雇用関係を解消することができますが、周りの方に迷惑をかけないように、退職届は1か月以上前から出すようにしましょう。転職先の入社日や仕事の引継ぎの時間を計算します。

 

退職2週間前は、取引先にあいさつ回りなどを行い、後任者を紹介します。そして、1週間前は取引先やお世話になった方へ挨拶状を準備しないといけません。この時に、退職する理由は具体的に伝えないようにしてください。

退職時の手続きや受け取るものをチェック

退職手続きでは、様々な書類を受け取らないといけません。雇用保険被保険者証・源泉徴収票・年金手帳などがあり、すぐに転職をしない方は社会保険の資格喪失を証明する書類が必要で、すぐに公的な手続きをしないといけません。

 

他にも、会社に返却しなくてはいけないものもあります。健康保険被保険者証・社員証・制服、作業着・業務用の関係書類などがあるため、会社に確認してください。

転職で失敗しないポイント!効率よく仕事を探すためには?

転職をスムーズに進めていくためには、次に働きたい先の情報をしっかりとチェックすることが大切です。見落としがないように、ここでも転職に必要な情報をご紹介するので、確認してみてください。

まずは基本項目をチェック

転職の際に、会社の求人情報が記載されていますが、見落としやすい項目もあるので注意が必要です。そこで、まずは基本的な項目をチェックし、どのような意味なのか再度確認してみてください。

正社員か契約社員かなどの雇用形態

転職活動のために求人情報をチェックしますが、実は大きな落とし穴があるため、気を付けなければいけません。その中でも雇用形態は重要であり、正社員・契約社員・派遣・アルバイトなどがあります。業務委託などの特色もあるため、確認してください。

 

さらに、休日や休暇も雇用形態によって内容が異なることが多いため、生活スタイルを考え合わせ、適しているのかチェックすることが大切です。

具体的な仕事内容

転職をする際に、次はどのような仕事を望むのか考えてみましょう。具体的な仕事内容を確認することは大切ですが、自分がどのようなスキルを身に着けたいのかと考えて選ぶのがポイントです。自分の不得意を書き出して、次はどのような仕事が向いているか考えましょう。

希望の給与額や休日、勤務時間

転職する場合、給与が減る可能性もあるため、自分のスキルでどのくらいの給与が見合っているのか考えましょう。同じ8時間勤務でも、交替勤務や深夜勤務の職場もあり、生活スタイルが変わります。対応できる時間帯や最低取得したい休日条件を決めておくことが大切です。

勤務地エリアについて

求人情報をチェックするときは、具体的な仕事内容もチェックしなければいけません。勤務エリアや勤務時間が自分に適しているものか把握することが大切です。いくら第一本命であっても、通勤に時間がかかり体に大きな負担をかけるのでは転職の意味がありません。

求人情報の読み方を間違えないで!

転職したい会社の求人情報には様々な項目が書かれていますが、項目を読み間違えてしまうと、希望していた内容と異なってしまいます。そこで、読み間違えやすい項目をポイントでご紹介します。

「完全週休2日制」と「週休2日制」の違い

転職する際は求人情報に書かれている「完全週休2日制」と「週休2日制」の違いに気を付けましょう。これは全く違う意味であり、完全週休2日制とは毎週2日間の休みがあることを示しています。週休2日制は、週2日間の休みが月に1回以上あるということです。

インセンティブ・歩合制の意味

インセンティブとは目標達成し成果を上げた時に、報奨金が支給されることで歩合制と同じ意味です。しかし、企業によって内容が異なります。固定給にインセンティブがプラスされる場合は、固定給に上乗せされますが、固定給とインセンティブの割合は会社により異なります。

 

インセンティブのみが支給される会社もあり、個人事業主とと業務委託契約をされている方に適用されます。「完全歩合制」や「フルコミッション」とも言います。

みなし残業とは

転職活動をしたときに、求人情報に書かれている「みなし残業」という言葉があった場合、これは基本給に残業代を含めて支払う仕組みのことを指します。そのため、あらかじめ定められた一定時間分のため、割増賃金や深夜割増賃金、休日の割増賃金は支払いません。

 

残業しなくても残業代を受け取れることができるため、メリットのように感じるかもしれませんが残業代が固定されるため、サービス残業の会社はブラック企業と判断されます。

職種・業種研究

転職活動をするときは、自分に合う職種や業種を研究することが必要です。自分が今まで学んできた知識を活かすのか、未経験でも働きやすい環境なのかを考えることが大切です。そこで、職種や業種研究についてまとめてみました。

知識や経験を活かせる職種・業種を探そう

転職をされる方は、前職の経験・知識を活かした会社を選ぶことが多いです。様々な複数の職種を兼務された方の場合は、自分の職種を把握していない方もいます。そのような場合は、自分の力がより発揮できるものを軸に転職先を選ぶのがポイントです。

 

そのため、まずは職種・業種研究をして、自分の知識や経験を癒すことができる会社を探してみましょう。

未経験からトライするならより深く研究しよう

前職の経験・知識を活かして転職するなら、同じ業種や職種を選べばよいですが、未経験の業種・職種にトライする時は、職種・業種の違いを把握しておくことが大切です。説得力のある志望理由も考えないといけないため、より職種・業種について研究しましょう。

転職者の成功談・失敗談を聞く

転職活動をするにあたり、成功談や失敗談もチェックしておくことが大切です。誰もが効率よく転職活動を進めていくことができるわけではなく、行き詰ってしまうこともあります。そこで、第三者にも意見を聞いてアドバイスをもらいながら、成功できるように頑張りましょう。

まとめ

転職活動を行うためには、様々な準備が必要です。準備期間も必要のため、余裕を持ったスケジュールを立てましょう。20代や30代など年齢によってスキルの内容が変わってくるため、転職をする際は失敗談なども必ずチェックをして対策を考えてみてください。

 

転職をする際は、チェックリストを作成することで、スケジュール管理もしやすくなりますから、無理せずに自分に合った会社に出会えるように努力してみましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

30代婚活サイト&結婚相談所の人気おすすめランキング17選

30代婚活サイト&結婚相談所の人気おすすめランキング17選

サービス
20代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

20代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

転職サイト
30代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

30代向けの転職サイト人気おすすめランキング9選【2023年最新版】

転職サイト
【2023年最新】40代向けIT転職サイトおすすめ人気ランキング10選

【2023年最新】40代向けIT転職サイトおすすめ人気ランキング10選

転職サイト
【2023年最新版】ITエンジニアにおすすめの転職サイトランキング9選

【2023年最新版】ITエンジニアにおすすめの転職サイトランキング9選

その他
20代におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

20代におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

転職サイト