【2022年最新版】ウェットスーツハンガーのおすすめ人気ランキング5選【自作・車対応も】

ウェットスーツハンガーには、100均ハンガーに取り付けできるものやペットボトルを用いて自作できるもの、車に取り付けが可能なセットなど種類が多いので悩んでいる方は必見です。今回はウェットスーツハンガーのランキングと選び方を紹介していきます。

ウェットスーツハンガーは通気性がいい

ウェットスーツハンガーの魅力は、特殊な素材を素早く効率的に乾かすことができる点です。ただウェットスーツ用にわざわざハンガーを購入するなんてもったいないと、通常の衣類用ハンガーを使って干してしまっている方も多いですよね。

 

実は、ウェットスーツに通常のハンガーでは、型崩れ・ヨレ・劣化の原因になることがあるんです。ウェットスーツ用には肩幅が広く、穴をあけることで通気性をよくする工夫がされています。車に取り付けが可能なセットなどたくさん出ているので悩む方も多いです。

 

そこで今回は、ウェットスーツハンガーのおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、タイプ・素材・通気性を基準に作成しました。購入を迷われている方は、是非参考にしてみてください。

ウェットスーツハンガーの選び方

ウェットスーツハンガーを選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。ここでは、タイプ・素材・通気性などウェットスーツハンガー選びで気を付けるべき点を見ていきましょう。

形のタイプで選ぶ

ウェットスーツハンガーには形のタイプがあります。通常タイプ・折りたたみ式・自作改造式など特徴も違うので確認が必要です。

価格で選ぶなら「通常タイプ」がおすすめ

通常タイプのウェットスーツハンガーは、一般的な衣類用ハンガーと同じように折りたたみをしないタイプです。しっかりとした作りで安定感があるので、水を含んで重くなったウェットスーツもしっかりホールドできます。

 

折りたたみタイプと比べてコンパクトにはならないので、自宅で収納するとき・洗濯して干すときに活躍します。また値段が安いので初めて、ウェットスーツハンガーを使う初心者向けにおすすめです。

ノンジップウェットスーツを使うなら「折りたたみタイプ」がおすすめ

折りたたみ式のウェットスーツハンガーは、肩の部分でパタンと折りたためるのでウェットスーツの首から出し入れが容易にできます。通常タイプのハンガーだと、ノンジップのウェットスーツの場合、首の狭い空間から出し入れするときに大変です。

 

折りたたみタイプであれば、その大変さもあまり感じないです。また、持ち運ぶときにコンパクトになるのもメリットとなっています。旅行や遠出でサーフィンをしたいときも、荷物を小さくできるので車がない方でも使い勝手がいいのでおすすめです。

車に取り付けができて外出先で使うなら「吸盤タイプ」がおすすめ

ウェットスーツハンガーのなかには、タオルハンガーのような形状をしていて吸盤で車体に取り付け可能なものもあります。軽くて耐久性があるのでサーフィンやマリンスポーツだけでなく、アウトドアやキャンプなどにも大活躍です。

 

外出時の持ち運びはもちろん、バスルームなど吸盤が取り付けられる場所があれば自宅でも使えます。自分独自の使いやすい方法を見つけることができるのもポイントです。

衣類ハンガーや安い100均のハンガーに取り付けるなら「自作改造タイプ」

ウェットスーツハンガーには、100均ハンガーや手持ちの衣類用ハンガーに組み合わせることができる自作改造タイプもあります。手持ちのハンガーを活かしてウェットスーツ用ハンガーに自作改造できるので、安い値段で手に入れやすいのが魅力です。

 

肩部分の素材がラバーコーティングされているので、滑り止め効果もありウェットスーツのスリ落ちを抑えてくれます。

素材の特徴で選ぶ

用いる素材によって特性・特徴があり、特にウェットスーツは普通の衣類と違って特殊な素材なので、ハンガーにもそれにマッチした素材が使われています。

軽くて持ち運びに便利なもので選ぶなら「プラスチック製」がおすすめ

プラスチック製のウェットスーツハンガーは、軽量性が高いことがメリットです。軽いことでサーフィンなどのアウトドアスポーツで持ち運びやすくなっています。耐久性のあるプラスチックを用いていることが多いので、壊れにくいという点もポイントです。

 

また、値段も安いのでお試ししやすいです。初めてウェットスーツハンガーを買う方は、あまり高価なものだとハードルが高くなってしまので、プラスチック製のハンガーから試すことをおすすめします。

ずり落ちない素材で選ぶなら「ゴム製やラバーコーティング」がおすすめ

肩部分がゴム製、またはプラスティックの上からラバーコーティングされているタイプは、その素材の特性によりウェットスーツがズリ落ちにくい点がメリットです。一般的なプラスティックのハンガーだと摩擦・抵抗力がなく干しているときに落ちてしまいます。

 

そのようなズリ落ちを緩和したい方は、ゴム製・ラバーコーティングのウェットスーツハンガーを選ぶのも1つのポイントです。

劣化に強く耐久性のあるもので選ぶなら「アルミ製」がおすすめ

ウェットスーツハンガーのフックがアルミ製のアイテムも出ています。アルミというのは、ある程度耐久性があり、多少乱暴に扱っても壊れにくいです。またステンレスと比較すると、海水の塩分による劣化・腐食を防いでくれるのでウェットスーツに適しています。

 

海水で泳ぐサーフィンやマリンスポーツを行っている方には、アルミ製のフックを使ったハンガーをおすすめします。

種類豊富なメーカーなら「無印・R2」がおすすめ

さまざまな種類がある無印やR2のハンガーは、滑りにくい素材のものや幅広いハンガーなど、シンプルなデザインに加えて多機能なので人気を集めています。もちろん値段も手ごろで、セットもあるので家計に優しいです。

 

シンプルで華奢に見えますが、アルミ製のものも多く販売しているので頑丈なのも人気の理由です。

通気性の良さで選ぶなら「穴ありハンガー」がおすすめ

ノンジップタイプのウェットスーツはハンガーにかけているときに、肩回りの通気性が悪くなり乾きにくいというデメリットがあります。そのため、ウェットスーツハンガーは肩回りに通気性をよくする穴があいているものが多いのです。

 

これにより、通気性だけでなく速乾性もアップします。いつもウェットスーツを干すのに通常の衣類用ハンガーを使っている方も、1度ウェットスーツ用のハンガーを使ってみましょう。

型崩れしにくいものなら「肩部分の幅広さがあるもの」

ウェットスーツハンガーと通常の衣類ハンガーの大きな違いは、肩部分が幅広く取られている点になります。これは、ウェットスーツが水分を含んだときに重量が出ることで、干している最中に型崩れしやすいからです。

 

肩部分は特に干しているときに力がかかりやすく、傷みやすいので注意が必要です。なるべく肩パーツが幅の広いウェットスーツハンガーを選ぶと型崩れ・傷みの心配もないので安心して使えます。

カビや折れ癖をきにするなら「かけやすいもの」がおすすめ

ウェットスーツ用のハンガーには、通気性がよい状態で保管・収納する役割もあります。ウェットスーツは正しい状態できちんと保管しないと、カビや臭い・素材の折れや変なクセの原因になるので注意しましょう。

 

サーフィンの行きや帰りの車内での保管や、自宅での収納など正しく全身を伸ばした状態で収納することをおすすめします。クローゼットにかけやすいか、車にかけやすいかなどもチェックしておきたいポイントです。

機能性で選ぶ

ウェットスーツには便利な機能付きのものも、たくさん揃っています。回るフックやロックつきフックなど多くの機能があるので行先や使いやすさで選ぶのがおすすめです。

かける向きを気にせずに使うなら「回るフック」がおすすめ

ウェットスーツハンガーのフック部分が、クルクル回転するものであればどんな向きでも掛けられるので収納・保管に困らないです。クローゼットのハンガーパイプだけでなく、物干しざおや車内のグリップバーにも引っ掛けることができます。

 

環境に合わせて向きを変えられるので、持ち運びをする機会が多い方に便利です。

屋外でウェットスーツを干すなら「ロックつき」がおすすめ

屋外にウェットスーツを干したい場合は、フックの開口部をロックできるようなタイプのハンガーが人気です。フックが意図的にロックできると、強風が吹いても飛ばされたり落ちたりしないので安心できます。

 

特にサーフィンが終わって、木陰や手すりなど屋外に干しておきたい場合にロックつきのハンガーがあると使い勝手がいいでしょう。物干しざおに掛けたときに、ハンガーを上から固定してくれるようなアイテムもあるのであると便利です。

グローブもブーツも全て掛けるなら「マルチタイプ」がおすすめ

ウェットスーツハンガーというと、普通の衣類用のハンガーの形が思い浮かびますが、なかには変わった形状で驚きの機能性を備えたアイテムも人気です。たとえば、枝状になっていてウェットスーツ本体のほか、ブーツ・グローブを全て干せるものもあります。

 

これは形的には、シューズハンガーに近いようなデザインです。全て逆さに吊るした状態で乾かすことができ、省スペースですむので狭い家でも洗濯・収納・保管に困りません。

色で選ぶ

好きな色に合わせてウェットスーツハンガーを選びましょう。いくら機能性が高くても嫌いな色をずっと使い続けるのは難しいです。

老若男女を問わず人気のカラーで選ぶなら「黒」がおすすめ

ウェットスーツハンガーに多い黒色は男女や世代に関わらず、人気の高いカラーです。悪目立ちしない落ち着いたカラーなので、インテリアやウェットスーツの色にもなじみやすく使いやすくなっています。

人数が多い場合なら「カラフルなもの」がおすすめ

赤やピンクや黄色や青などカラフルな原色が並ぶウェットスーツハンガーも出ています。遠くからでも目をひくので、サーフィン用として海に持っていってもなくしにくい、見つけやすい点がメリットです。

 

荷物が多いバッグのなかに収納しておいても、色の効果で探しやすいです。個性的なので一目で自分のものということがわかり、名前を書く必要もないので人数が多い場合は重宝します。かわいいものが好きな子供用や女性に人気です。

コスパ重視なら激安の「セット商品」がおすすめ

コスパを重視したい方には、何本かがセットで販売されているものをおすすめします。単品よりも1本あたりの価格を抑えられ、家族分のウェットスーツをかけられるので便利です。激安商品をお探しの方は、ぜひチェックしてみてください。

ウェットスーツハンガーの人気おすすめランキング5選

省スペースでも干すことができる

サーフィンやマリンスポーツを終えたあとに外出先で、サッと水で洗って干すようなときに役立ちます。2つ折りの状態で簡単に掛けられるので場所をとらずに省スペースですむのです。

 

また、2つ折りで干すことで肩回りにかかるダメージを防いでくれる効果もあります。軽くて耐久性のある素材なので長く使い続けられるのが魅力です。

形のタイプ スライド式 素材 -
重量 - 機能性 軽量性

口コミを紹介

満足

出典:https://www.amazon.co.jp

手持ちや100均ハンガーなどの上に取り付けできる

手持ちのハンガーや安い100均ハンガーの上から装着することができるウェットスーツハンガーです。プラスティック製で軽いのに壊れにくいメリットがあります。プラスティックの上からラバーコーティングして滑り止め加工の効果もポイントです。

 

見た目は安っぽくなく高級感がありながら、通気性がよいので快適にウェットスーツを保管・収納できます。ウェットスーツハンガーとして使わないときは、すぐに通常のハンガーに戻すこともできて便利です。

形のタイプ 自作改造 素材 EBSプラスティック
重量 130g 機能性 滑り止め加工

口コミを紹介

ウエットスーツ、特にセミドライスーツを干す時やシーズン中の室内保管時に使用。家庭にあるハンガーにセットして使える優れもの!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

肩守くん

ウエットスーツハンガー 肩守くん

キレイな肩のシルエットをキープできる

折りたたみ式ではなくコンパクトにはなりませんが、一般的な衣類ハンガーよりも肩のパーツがしっかりしています。そのぶんウェットスーツを干したときにしっかりキレイなシルエットをホールドしてくれるのが特徴です。

 

普通のハンガーを使うことでウェットスーツの型崩れが気になっていた方、なかなかウェットスーツハンガーで合うサイズが見つからなかった方におすすめです。そこまで値段も高くないのでお試しもおすすめできます。

形のタイプ 通常 素材 プラスティック
重量 300g 機能性 型崩れを防止

口コミを紹介

ウエットスーツ以外に使用します。肩幅が広いジャケットなので良い感じで掛けれました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

折りたたみ式で持ち運びラクラクなセット

プラスティック製のウェットスーツハンガーで軽さと丈夫さがウリです。折りたたみ式でコンパクトになるため、海にも山にもキャンプにも持ち運びできます。7色のバリエーションがあり、男性だけでなく女性や子供にも人気です。

 

引っ掛け用のアタッチメントパーツが付属していて、長さや向きが自由に変えられるのでどんな環境でも使い勝手がいいです。

形のタイプ 折りたたみ 素材 ABSポリエチレン
重量 - 機能性 アタッチメントパーツつき

口コミを紹介

サーフィンの3mmウエットスーツを吊るすために使用しています。耐久性も問題なく、形も崩れることもないのでストレスなく使用できています。良い商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

耐久性と速乾性がアップしたR2製!車にもかけられる

耐久性と速乾性を兼ね備えたウェットスーツハンガーです。極太フックにはアルミを使っていて耐久性だけでなく、海水による劣化・腐食を防いでくれます。水分をうまく放湿してくれる溝と穴によって、速乾性をアップしました。

 

折りたたみも可能なのでワンタッチで着脱できて便利です。黒以外にもさまざまなカラーがあるので好みの色を見つけやすくなっています。

形のタイプ 折りたたみ 素材 PP・アルミ
重量 - 機能性 速乾機能

口コミを紹介

普通のスーツハンガーだと重いセミドライスーツに負けてフックが壊れたり肩の先端が飛び出して型崩れするけどこれなら安心。肩の形状に3次元で密着してる。通気溝と通気孔があるので内側の乾燥も早い。

出典:https://www.amazon.co.jp

ウェットスーツハンガーのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 形のタイプ 素材 重量 機能性
1
アイテムID:10172676の画像
ウェットスーツハンガー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

耐久性と速乾性がアップしたR2製!車にもかけられる

折りたたみ PP・アルミ - 速乾機能
2
アイテムID:10172673の画像
ウイングハンガー WING HANGER

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

折りたたみ式で持ち運びラクラクなセット

折りたたみ ABSポリエチレン - アタッチメントパーツつき
3
アイテムID:10172670の画像
ウエットスーツハンガー 肩守くん

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

キレイな肩のシルエットをキープできる

通常 プラスティック 300g 型崩れを防止
4
アイテムID:10172667の画像
WET HANGER

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

手持ちや100均ハンガーなどの上に取り付けできる

自作改造 EBSプラスティック 130g 滑り止め加工
5
アイテムID:10172664の画像
SLIDE HUNGER スライドハンガー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

省スペースでも干すことができる

スライド式 - - 軽量性

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

ウェットスーツのお手入れ方法

せっかく手に入れたウェットスーツは、丁寧にお手入れをするだけで長く使い続けることが可能です。ポイントを押さえて手入れをすることをおすすめします。

ウェットスーツの正しい洗い方

ウェットスーツは正しい洗い方をしないと、生地を傷める原因にもあります。海水や汚れをしっかり落とすにはコツがあるのです。

手洗いで優しく洗うのがコツ

洗濯というと洗濯機でジャブジャブ洗いたくなってしまうかもしれませんが、ウェットスーツは、思っているよりデリケートな素材でできているので手洗いがおすすめできます。ゴシゴシとブラシなどで擦ったりせずに、優しくもみ洗いすることが重要です。

乾燥機や熱いお湯は生地を傷める

ウェットスーツは熱に対してそこまで耐性がありません。そのため、熱風を出すような乾燥機を使ったり熱いお湯につけ置きしたりするようなお手入れは危険です。海水を落とすためには、水もしくはぬるま湯にしばらくつけ置きし、優しくもみ洗いしましょう。

 

とにかく生地を傷めないように優しく扱うことを意識する必要があります。

ウェットスーツの干し方

ウェットスーツの干し方にも実は少しコツがいります。干す場所や、ハンガーの挿入の仕方を間違えるとダメージを与えてしまうので注意が必要です。

裏返した状態でウェットスーツハンガーを入れる

ウェットスーツを洗った後は、裏返してウェットスーツ用のハンガーに干します。ジップタイプのウェットスーツはジップをあけてハンガーを入れましょう。ノンジップタイプの場合は、折りたたみ式で首から挿入できるようなハンガーを選ぶのがおすすめです。

直射日光でウェットスーツの生地を傷めないように注意

ウェットスーツの素材を傷めないように、風がよく通る日陰で乾かすのが基本です。早く乾燥させたいと、日差しのガンガン当たる屋外に干しておくことは、紫外線で素材にダメージを与えてしまいます。直射日光はできるだけ避けて干すことが必要です。

 

裏面が乾いたら表面に裏返しして干します。両面が完全に乾いたら完了です。以下のサイトでは、ウェットスーツの洗い方について詳しく紹介しているので、是非参考にしてみてください。

ウェットスーツの保管方法

ウェットスーツを長期間、収納しておく場合には保管方法も大事です。カビや変色の原因にならないようにしっかりチェックしましょう。

専用のハンガーに掛けて保管や収納を

ウェットスーツは専用のハンガーに吊るして保管・収納するのが基本です。重量があるので、肩パーツに負荷がかかりにくいように幅が太いハンガーを選びましょう。人間が着用しているような状態で保管・収納すると通気性がよく変なシワや傷がつきにくいです。

 

逆に、ウェットスーツを折りたたんで収納するとダメージを与えるのでおすすめできないです。

衣類と一緒に保管すると色移りの原因になる

一般的なウェットスーツに用いられている、クロロプレンゴムという素材と衣服が触れていると、色移りや変色してしまう可能性があります。またウェットスーツが完全に乾いていない場合は、湿気やカビの原因にもなるので注意が必要です。

 

できれば、普通の衣類とウェットスーツは違う場所に保管しておくことをおすすめします。以下のサイトでは、ウェットスーツの保管の仕方について詳しく紹介しているので、是非参考にしてみてください。

ウェットスーツを収納するハンガーラックがあると便利

ウェットスーツをクローゼットや押し入れで、長期間保管するのであればスーツを伸ばして収納できる、ハンガーラックがあると便利です。折りたたんだ状態ではなく伸ばして保管ができるので、ヨレや変なクセがつかなくてすみます。

 

小物なども一緒に保管できる引き出しつきや、ロングコートなどの長い衣類を掛けられるハンガーラックもあります。以下のサイトでは、長物も収納できるハンガーラックの人気おすすめランキングを紹介していますので、是非ご覧ください。

代用や自作はペットボトルや身近なもので

急に必要になった場合やわざわざ買いに行くのが面倒な方は、代用品や自作でも用意できます。代用品としては、方部分にあたる場所がしっかりとしているハンガーにタオルなどを巻いてゴムで固定することで即席ハンガーの完成です。

 

自作する場合は、まずは500mlのペットボトルを準備して、飲み口の部分をカットします。縦半分にペットボトルを切り普段使っているハンガーに針金や接着剤で固定しましょう。注意したいポイントは、ペットボトルの切断部分と針金の先です。

 

ペットボトルの切断部分は、ヤスリで磨くかガムテープなどで補強すると安心です。また、針金はウェットスーツに引っかからないように内側に折りたたんで固定することで安心して使うことができます。

ウェットスーツを選ぶなら

収納方法やお手入れの仕方をおさらいした方や、初心者の方は今回の記事を読んでウェットスーツを買い替えたいという方もいると思います。買い替える方は是非今回の記事を参考に長く使えるようにお手入れ・保管をするのがおすすめです。

 

下記記事では、ウェットスーツの人気おすすめランキングを紹介しています。是非参考にしてください。

まとめ

ウェットスーツハンガーのおすすめを紹介しました。いかがだったでしょうか?100均ハンガーや手持ちハンガーの上から装着するものから車に装着できるものなどさまざまです。今回のランキングを参考にしつつ、使い勝手のよいハンガーを選んでください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年07月11日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ステンレスハンガーのおすすめ人気ランキング10選【日本製や風で飛ばないタイプも】

ステンレスハンガーのおすすめ人気ランキング10選【日本製や風で飛ばないタイプも】

洗濯用品
洗濯用ハンガーのおすすめ人気ランキング20選【外干し向けも紹介!】

洗濯用ハンガーのおすすめ人気ランキング20選【外干し向けも紹介!】

洗濯用品
【2022年最新版】着物ハンガーのおすすめ人気ランキング5選【どこに売ってる?】

【2022年最新版】着物ハンガーのおすすめ人気ランキング5選【どこに売ってる?】

洗濯用品
シューズハンガーのおすすめ人気ランキング10選【ニトリ・無印などの人気メーカーも】

シューズハンガーのおすすめ人気ランキング10選【ニトリ・無印などの人気メーカーも】

洗濯用品
【2022年最新】安いバスタオルのおすすめ人気ランキング15選【コスパ最強】

【2022年最新】安いバスタオルのおすすめ人気ランキング15選【コスパ最強】

日用品
バッグハンガーのおすすめ人気ランキング15選【定番のクリッパやボビーノも】

バッグハンガーのおすすめ人気ランキング15選【定番のクリッパやボビーノも】

洗濯用品