【2021年最新版】コットンテントの人気おすすめランキング15選

アウトドアで現在人気が出ているコットンテント。コットン100%とポリコットンがあり、テントの中で薪ストーブも使えるのも魅力です。ソロキャンパー、2人用、ファミリー用など種類はさまざま。そこで今回はコットンテントのおすすめ商品をランキング形式で紹介します。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

コットンテントでおしゃれなキャンプを楽しもう!

季節を問わず人気のキャンプ。キャンプ用のテントを準備するなら快適に過ごせるものがいいですよね。写真映えするおしゃれなタイプなら、よりキャンプも盛り上がるでしょう。コットンテントなら、夏は涼しく冬は暖かく過ごせ一年中活躍してくれます。

 

テントの近くで焚火をすると危険なイメージがありますが、実はコットンテントは火に強い化学繊維でできているのでテント内で薪ストーブが楽しめます。お手入れをしっかりとすれば20年以上愛用することも可能です。

 

そこで今回はコットンテントの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは価格、性能、設営のしやすさなどを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

コットンテントの選び方

コットンテントは、サイズや重量、特徴、メーカーなどさまざまなものが販売されています。どれを選んだらいいのか迷う方もいるでしょう。ここではコットンテントの選び方を紹介します。

サイズや重量から選ぶ

コットンテントは、何人でテントを使いたいのかで選ぶのもポイントです。ここでは使う人数に応じてサイズや重量からピッタリのコットンテントの選び方について紹介します。

ソロや2人用なら「コンパクトサイズ」がおすすめ

ソロキャンプや2人用ならコンパクトなコットンテントがおすすめです。大きいテントはゆったり過ごすことができますが、設営や持ち運びが大変になりがちです。

 

ソロキャンプや2人の方であれば、それほど大きなサイズでなくても十分です。荷物を収納できる程度の持ち運びのしやすい軽量のコットンテントを選びましょう。

ファミリーで楽しみたい方は「人数+1のサイズ」がおすすめ

家族や友人などとキャンプを楽しみたい方は少し大きめのテントを用意しておきましょう。テントに表示されている使用人数には規定がないので、同じ収容人数でもメーカーなどによりサイズが異なる場合があるので注意が必要です。

 

また荷物なども合わせて収納することを考えると、実際に使う人数よりも1人か2人分大きめのテントがベストです更にワンポールテントなどは中央にポールが来るので、スペースの使い方が限られます。そのようなことも考慮して選ぶようにしましょう。

徒歩やバイクで持ち運ぶなら「ポリエステル」の割合が大きなものを

徒歩で移動する場合はコットンテントの重さにも着目しましょう。あまり重いものだと持ち運びが大変で、キャンプ場への移動だけで疲れてしまいますし、帰りも大変です。コットンテントは比較的重い商品が多いので、ポリエステル配合のものもおすすめです。

 

ポリエステルが配合されることにより、コットン100%に比べ軽くなります。特にソロキャンプで1人で移動する方は、実際に持ってみて重さを確かめてみるのもいいでしょう。

設営方法や設営時間から選ぶ

コットンテントには設営方法にもさまざまな種類があります。設営方法により使い勝手や設営時間が変わってきます。

楽に組み立てるなら「ワンポールテント」

ワンポールテントはスッキリとした見た目が特徴で、ティピーテントとも呼ばれることがあります。テントの周囲をペグダウンして、真ん中にポールを立てるだけで簡単に設営することができるので、時間もそれほどかかりません。初心者にも使いやすくおすすめです。

 

以下の記事では、ワンポールテントの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

広々と使いたいなら「ベル型」

ファミリーキャンプなど大人数でも広々として使いやすいのがベル型です。ベル型はワンポールテントですが、サイド部分が立ち上がっていることにより、屋根が高いのが特徴です。おしゃれな見た目で、グランピングの施設でもよく利用されています。

出入りがしやすくしたいなら「Aフレーム型」

Aフレーム型のテントは入り口が大きなA字型になっているので、出入りしやすくなっています。収納サイズが小さなものが多いので、持ち運びもしやすいです。シンプルな構造なので設営も簡単にできるものが多く、テントの設営にあまり慣れていない方にもおすすめです。

開放感を味わいたいなら「ロッジ型」

小屋のような形が特徴のロッジ型は大人数でのキャンプに最適です。山小屋のように立ち上がった壁なので、天井が高く他のテントよりも広い居住空間が確保でき開放感があります。設営も簡単で慣れている方は1人でも設営できるでしょう。

素材で選ぶ

コットンテントにはコットン100%の商品の他に、化学繊維が配合されている商品もあります。それぞれの特徴から選んでみましょう。

コットンの風合いを楽しみたい方は「コットン100%」

コットン100%の素材でできたテントは化学繊維のテントとは違い、綿ならではの風合いや美しさを楽しむことができます。ナチュラルな雰囲気のコットン100%テントは上品な雰囲気もありおすすめです。またレトロな雰囲気も併せ持っています。

安いテントを探している方は「ポリコットン」

コットン100%よりも安いコットンテントを探している方はポリコットンがおすすめです。コットン100%のテントはどうしても価格が高くなりがちです。またお手入れも大変。

 

ポリエステルが配合されているポリコットン素材なら、価格も安くお手入れも簡単。ポリエステルが多ければ水に強く、コットン素材が多ければ火に強くなります。手軽にコットンテントを楽しみたい方におすすめです。

ブランドで選ぶ

アウトドア用品で人気の高いブランドから選ぶのもおすすめです。ノルディスク、小川、ディーオーディーのブランドについて紹介します。

ハイセンスなデザインなら「ノルディスク(NORDISK)」

ノルディスクはノルウェーで誕生したブランドです。ノルディスクのコットンテントは居住性が高く、グランピングでもよく利用されています。コットンテントだけでも様々なラインナップが用意されているので、好みのものを選びやすいです。

老舗アウトドアブランドから選ぶなら「小川(ogawa)」

1914年に誕生し何度か名前を変えて現在の小川ブランドになりました。小川のテントは品質が良いと評判で、一度買えば長い間愛用できると好評です。天井が高いので、居住性に優れていて、快適にキャンプを楽しむことができます。

 

以下の記事では、小川テントの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

オリジナリティの溢れるデザインなら「ディーオーディー(DOD)」

実用性と価格面のバランスが取れたブランドです。ディーオーディーは日本のアウトドアブランドで「アウトドアをワクワクするソト遊びに」がコンセプトになっています。カマボコテントや秘密のグリルちゃんなど、個性のある商品が多数あります。

急な雨が心配な方は「防水性」のチェックを

テントを購入する際は耐水圧をチェックしましょう。耐水圧の数値が高いほど防水性の高いテントです。例えば化学繊維のテントは300ミリならば小雨程度は対応可能です。きちんと雨対策をするのであれば2000ミリが目安です。

 

コットンは水を吸収して膨張するので350ミリを目安に選ぶといいでしょう。化学繊維に比べ、コットン素材はかなり数値が低くなりますが、コットンが水分を吸収するのでテント内が濡れる心配は少ないです。心配な方はフライシートとコットンシートを併用するとよいでしょう。

コーディネートにこだわる方は「デザインや色」で選ぶのがおすすめ

コットンテントはさまざまな色やデザインの商品が販売されています。生成(キナリ)のイメージが強いですが、ナチュラルな雰囲気を楽しめる生成の他にもカーキ色やベージュなど様々な色があります。

 

コットンテントの色やデザインを、すでに持っているキャンプグッズに合わせて選ぶことで、空間をコーディネートしやすくなるでしょう。以下の記事では、キャンプテーブルの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

ソロキャンプ用コットンテントの人気おすすめランキング5選

5位

Hilander(ハイランダー)

A型フレーム ネヴィス

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

スカート付きで冷気も防げる

ポリエステル配合で防水性能も高くなっているので、雨の日でも使いやすいです。スカートがついているので、テント内に冷気が入り込むのを防いでくれオールシーズン快適に使うことができます。

重さ 約10kg 本体サイズ 330×330×250cm
収納サイズ 約70×25×24cm

口コミを紹介

色といい素材といい形といい僕にとって理想的なテント。
この幕だけでおしゃれキャンパーになれます

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

テンマクデザイン

ペポ ライト

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

天井が高く居住性の高いテント

天井が高いので圧迫感を感じずらく、居住性が高いので快適に過ごすことができます。レトロな見た目でデザインもおしゃれです。メーカーの公式サイトで設営方法もチェックすることができるので、初心者でも確認しながら設営できるのでおすすめです。

重さ 約8.02kg 本体サイズ 240×240×140cm
収納サイズ 60×25×25cm

口コミを紹介

デザインが可愛くて、TC生地なので、遮光性が高く、夏は涼しく冬は暖かい。機能性にも優れた商品です。重さはありますが設営も簡単で、今1番お気に入りのテントです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

BUNDOK(バンドック)

ソロベース BDK-79TC

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

出入口を開放できるテント

ロールアップで開放することのできる出入口は、フルクローズもできるのでプライベート空間の確保もできます。またポールを使用することで日よけを作ることもできる、ソロキャンパーに人気のテントです。メッシュインナーで虫よけもバッチリです。

重さ 4.4kg 本体サイズ 360x190x110cm
収納サイズ 40x20x20cm

口コミを紹介

設営がしやすいこと。初めての設営でも10分弱で立てられました。タープが要らないこと。前面を跳ねあげると意外と広いスペースが確保できます。寝室がしっかり広いこと。180超えの男ですが、充分余裕を持って横になれました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

テンマクデザイン

サーカス TC DX

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

結露しにくく遮光性に優れたテント

このテントの最大の特徴は出入り口の片方をポールを使って立ち上げられることです。これにより出入口が広くなるので出入りしやすく、更には雨の侵入も防ぐことができます。更にポールを追加すつことでタープのように使うこともできるので便利です。

重さ 12.3kg 本体サイズ 442×420×280cm
収納サイズ 27×63cm

口コミを紹介

幕内はかなり広く感じます。むしろグラウンドシートやラグをどうするかを考えないといけませんね。寝るだけではもったいない床面積です。高さもあり、側面の圧迫感も感じないようにコットの配置もしたい放題です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

テンマクデザイン

サーカス コットン

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

コットン100%テント

サーカスTCはテンマクデザインのベストセラー商品です。そのコットンバージョンが発売されました。出入口が2カ所あり、通気性も優れています。夏は涼しく、冬は暖かくオールシーズン快適に過ごすことができるでしょう。

重さ 約13.58kg 本体サイズ 442×420×280cm
収納サイズ 不明

口コミを紹介

使用した感じ夜は閉め切ると暖房なしでも外気+3~5度ぐらい、結露もなく過ごしやすかった。夜のランタンで浮かぶシルエットや朝日を受けた幕内の光が柔らかくコットン100で良かったと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

ソロキャンプ用コットンテントのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 重さ 本体サイズ 収納サイズ
1
アイテムID:6256764の画像
サーカス コットン 45,800円

詳細を見る

コットン100%テント

約13.58kg 442×420×280cm 不明
2
アイテムID:6256761の画像
サーカス TC DX 59,999円

詳細を見る

結露しにくく遮光性に優れたテント

12.3kg 442×420×280cm 27×63cm
3
アイテムID:6256758の画像
ソロベース BDK-79TC 22,800円

詳細を見る

出入口を開放できるテント

4.4kg 360x190x110cm 40x20x20cm
4
アイテムID:6256755の画像
ペポ ライト 43,780円

詳細を見る

天井が高く居住性の高いテント

約8.02kg 240×240×140cm 60×25×25cm
5
アイテムID:6256752の画像
A型フレーム ネヴィス 38,980円

詳細を見る

スカート付きで冷気も防げる

約10kg 330×330×250cm 約70×25×24cm

以下の記事では、ソロキャンプ用テントの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

ファミリー用コットンテントの人気おすすめランキング5選

5位

NEMO(ニーモ)

ヘキサライト エレメント

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

広い室内空間

シンプルで考え抜かれた室内空間はとても広く、大人数でも快適に過ごすことができるでしょう。使用されているポリコットンは遮光性が高いので、夏場の暑い時期にも大活躍します。誰でも簡単に設営できるのもおすすめポイントです。

重さ 約9.1kg 本体サイズ 561×470×226cm
収納サイズ 不明

口コミを紹介

就寝時はテントインテントスタイルでテーブルやその他の荷物も格納出来ます。昼間は日除けもバッチリで、とても良いシェルターです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ogawa(オガワ)

ツインピルツフォーク T/C 3345

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

内部空間を有効的に使えるシェルターテント

ポリコットンを採用したツインピルツフォーク。フルインナーやハーフインナーを追加することで、テント内のスペースを自由に分けることができます。テントの中を就寝スペースとリビングに分けたい、部屋を仕切りたい方におすすめです。

重さ 幕体:約8.4kg、ポール:約1.7kg 本体サイズ 630×355×210cm
収納サイズ 65×35×30cm

口コミを紹介

冬はフルクローズでストーブに座敷スタイル、春秋は片側オープン、夏はフルオープンと、オールシーズンで使い分けができ、かなり快適に過ごせます。カンガルースタイルでテントをINすれば雨でも雨音が気にならず快適に寝れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Cozy House

Bell Tent

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る

コスパの優れたコットン100%テント

コットン100%テントなので、ナチュラルな雰囲気がありとてもおしゃれに見えます。価格が高くなりがちなコットン100%テントですが、こちらはコスパも優れていておすすめです。防水加工が施されているので、雨が降っても安心です。

重さ 約28kg 本体サイズ 約100×29×29cm
収納サイズ -

口コミを紹介

このテントは設置も簡単ですぐに立てられます。ただ重たい!!一人ではちょっとしんどいので2人で運ぶのがよし!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

株式会社ノルディスクジャパン

アスガルド12.6

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

手軽に設営できるテント

センターポールを立てることで簡単に設営できます。また最大で6人寝ることができる広々とした空間でゆったり過ごすことができます。サイドにはメッシュ部分がいくつかあるので、喚起しつつ虫よけ対策もできます。

重さ 約16kg 本体サイズ 400×375×250cm
収納サイズ 約37×114cm

口コミを紹介

他社の同じ形のワンポールテントと違い、熱に強い素材でできているので灯油ストーブを置けるのがgood!!ヤカンも置けるので湿度もOK・お湯もいちいち沸かさずともお茶が飲めます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

コディアックキャンバス

フレックスボウデラックス

8人の大人数が入れる大型テント

アメリカの人気ブランドコディアックキャンバスの大型テント。コットン100%を採用し耐久性、防水性に優れているのが特徴です。4方向に窓が付いているので通気性も抜群。オールシーズン対応なので、雪の降る日も、暑い夏も快適に過ごせます。

重さ 38kg 本体サイズ D305×W427×H201cm
収納サイズ 40×96cm

口コミを紹介

夫婦2人と犬1匹で使用するのに、6人用と8人用で迷いましたが、テント内でゆっくりと過ごせるよう8人用を購入しました。真ん中にテーブルとあぐら椅子を置き、両端にエアーマットのシングルサイズ2つを使用しても、ゆったりと過ごせる大きさです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

ファミリー用コットンテントのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 重さ 本体サイズ 収納サイズ
1
アイテムID:6256784の画像
フレックスボウデラックス 147,413円

詳細を見る

8人の大人数が入れる大型テント

38kg D305×W427×H201cm 40×96cm
2
アイテムID:6256781の画像
アスガルド12.6 101,200円

詳細を見る

手軽に設営できるテント

約16kg 400×375×250cm 約37×114cm
3
アイテムID:6256778の画像
Bell Tent 49,999円

詳細を見る

コスパの優れたコットン100%テント

約28kg 約100×29×29cm -
4
アイテムID:6256775の画像
ツインピルツフォーク T/C 3345 104,500円

詳細を見る

内部空間を有効的に使えるシェルターテント

幕体:約8.4kg、ポール:約1.7kg 630×355×210cm 65×35×30cm
5
アイテムID:6256772の画像
ヘキサライト エレメント 75,900円

詳細を見る

広い室内空間

約9.1kg 561×470×226cm 不明

以下の記事では、5人用テントの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

ポリコットンテントの人気おすすめランキング5選

5位

GEERTOP

ワンポールテント

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

テント初心者でも設営が簡単

5角形のデザインで最大6人で使うことができます。上部にある2つのベンチレーターは開閉可能で、雨の時でも空気の流れを生み出すことができます。インナーテントはメッシュで通気性が良く、虫よけにもなります。ワンポールテントで、初心者でも簡単に設営できます。

重さ 6.45kg 本体サイズ 250×250×250×250×250×190cm
収納サイズ 88×21×21cm

口コミを紹介

設営はワンポールだけあって簡単です。グラウンドシートも付属しているので別途揃えるものはありません。グランウンドシート、インナー、フライシートと順番に設置し、ペグダウンまで手際よくやってトータル20分くらいでしょうか。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

NORDISK(ノルディスク)

ミッドガルド 9.2

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る

デッドスペースがなく広々使える6人用テント

最大6人が入ることのできる四角いテントはまるで家のように過ごすことができ、グランピングにも最適です。4方向にドア窓があるので、通気性も抜群です。二股構造なので、スペースが広々使えるのが特徴。

 

カーテンは取り外し可能。完全に閉めることもできるので、プライベート空間もしっかり確保できます。

重さ 27.8kg 本体サイズ 303x303x270cm
収納サイズ -
3位

DOD(ディーオーディー)

エイテント

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

大きなメッシュで通気性抜群

垂直壁のロッジ型なので圧迫感を感じにくいです。360度メッシュ窓で通気性が良く、暑い夏でも快適に過ごすことができるでしょう。テントの屋根部分は結露を防ぐポリコットン素材を採用し、壁部分はポリエステル素材でPUコーティングが施されています。

重さ 11.2kg 本体サイズ 275×240cm
収納サイズ 60×28×28cm

口コミを紹介

見た目はクラシカルで可愛いです。全体的に高さがあるので、中心部では大人が立ち上がって着替えをしたりできます。タープでリビングを作れば、ファミキャンには良いサイズ感です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

コンポジット

FIELDOOR

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

フライシートのみでも使用可能

シンプルなワンポールテントなので、初心者にもおすすめです。インナーテントとフライシートに分けることができるので、利用シーンに応じて使い分けるといいでしょう。撥水加工と防カビ加工が施されています。

重さ 約7.4kg 本体サイズ 400cm×350cm×215cm
収納サイズ 不明

口コミを紹介

ガスストーブを使用してみましたがテント内部は直ぐに暖かくなり、朝方の結露は今の季節ではまだ無かったです。
僕的には大満足でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

フィールドア(FIELDOOR)

ドーム型テント フルクローズテント

撥水と防カビのW加工をしたコスパのいいテント

撥水と防カビ加工を施したポリコットン素材を採用したコットンテント。大人4人が広々と使えるサイズです。設営も機能性に優れているので、初心者の方でも使いやすいでしょう。2万円以下で購入できるコスパのよさも魅力。キャンプ用品を安く抑えたい方におすすめです。

重さ 約7.4kg 本体サイズ 約400×350×215cm
収納サイズ -

口コミを紹介

薪ストーブ入れるために購入しました。基本TCもポリも熱でファスナー溶けるし、火の粉で穴と思っているので、テント自体に問題はないと思います。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

ポリコットンテントの人気のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 重さ 本体サイズ 収納サイズ
1
アイテムID:6256802の画像
ドーム型テント フルクローズテント 19,910円

詳細を見る

撥水と防カビのW加工をしたコスパのいいテント

約7.4kg 約400×350×215cm -
2
アイテムID:6256798の画像
FIELDOOR 11,100円

詳細を見る

フライシートのみでも使用可能

約7.4kg 400cm×350cm×215cm 不明
3
アイテムID:6256795の画像
エイテント 38,009円

詳細を見る

大きなメッシュで通気性抜群

11.2kg 275×240cm 60×28×28cm
4
アイテムID:6256794の画像
ミッドガルド 9.2 181,763円

詳細を見る

デッドスペースがなく広々使える6人用テント

27.8kg 303x303x270cm -
5
アイテムID:6256791の画像
ワンポールテント 34,999円

詳細を見る

テント初心者でも設営が簡単

6.45kg 250×250×250×250×250×190cm 88×21×21cm

以下の記事では、テントの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

コットンテントのメリットとデメリット

ナチュラルな雰囲気でおしゃれなコットンテントは人気が高いですが、メリットやデメリットはどのようなことがあるのでしょうか。ここではコットンテントのメリットとデメリットを紹介します。

コットンテントのメリット

コットンテントには化学繊維のテントに比べて火に強いなど、いくつかのメリットが存在します。まずはコットンテントのメリットを詳しく見ていきます。

「断熱性」が高く過ごしやすい

コットンには空気層があるので断熱性が高いです。そのため夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。また吸湿性にも優れているので、テント内の水分を吸収することにより結露の発生を抑制します。そのため蒸れの少ない快適な空間になります。

火の粉に強いので「薪ストーブ」も楽しめる

コットンは化学繊維に比べると火に強いので、薪ストーブや焚火を楽しむときにもおすすめです。万が一火の粉が飛んでしまっても焦げ付きにくいです。そのため秋冬の寒い時期にテント内を薪ストーブで温めることができます。

 

以下の記事では、薪ストーブの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

「丈夫」で長持ちする

コットンテントは非常に丈夫なため、きちんとお手入れして使うことで20年以上使うことができます。ビンテージテントと言われていいる70年代から80年代に作られたコットンテントは、現在でも販売されていてレトロな見た目から人気も高いです。

コットンテントのデメリット

魅力的なコットンテントですが、やはりいくつかのデメリットも存在します。ここではコットンテントのデメリットを紹介します。

化学繊維のテントに比べると「重い」

コットンは水分を含みやすいという特徴があるため、雨などで水分を吸収するととても重くなります。これを防ぐためにはポリエステルの配合されている、ポリコットン素材のテントを選ぶといいでしょう。防水性が高くなり、悪天候への備えになります。

使用後はカビに注意!でも乾燥機はNG!

コットンは水分を吸収しやすく乾きにくいという特徴があります。雨などで濡れてしまった場合には乾かすのに数日かかることも。使い終わったらすぐに乾かすことでカビの発生を抑えることができます。キャンプから帰ったらすぐにお手入れをしましょう。

 

天日干しを2日程度することで完全に乾かすことができます。天気が悪ければ室内に広げてよく乾かしましょう。ただし、乾燥機を使うのはNGです。金具が槽を傷つけてしまいます。なかなか乾かないときは温風ヒーターを使うとよいでしょう。

コールマンのテントをチェックしたい方はこちら!

アウトドアブランドのコールマンからもさまざまなテントが展開されています。以下の記事では、コールマンテントの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

機能性のいいスノーピークのテントをチェックしたい方はこちら!

機能性やデザイン性の良さが特徴のアウトドアブランドのスノーピーク。価格は高いですが、テントのラインナップが豊富です。下記のサイトでは、スノーピークのテントの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

まとめ

コットンテントの人気おすすめランキングを紹介しました。見た目もおしゃれで丈夫なコットンテントはアウトドアにおすすめです。きちんとお手入れすることで長い間使うこともできます。コットンテントを購入してアウトドアを楽しみましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年01月22日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】ハンモックテントの人気おすすめランキング15選【設置簡単な自立式も】

【2021年最新版】ハンモックテントの人気おすすめランキング15選【設置簡単な自立式も】

アウトドアグッズ
お歳暮の人気おすすめランキング33選【もらって嬉しいセンスがいいもの!】

お歳暮の人気おすすめランキング33選【もらって嬉しいセンスがいいもの!】

お歳暮
【安い】ビギナーの方にピッタリなお手頃ハンモックの人気おすすめランキング15選

【安い】ビギナーの方にピッタリなお手頃ハンモックの人気おすすめランキング15選

アウトドアグッズ
ハンモックチェアの人気おすすめランキング15選【アウトドアにもってこい】

ハンモックチェアの人気おすすめランキング15選【アウトドアにもってこい】

家具
【2021年最新】安いバスタオルの人気おすすめランキング15選【コスパ最強】

【2021年最新】安いバスタオルの人気おすすめランキング15選【コスパ最強】

日用品
【2021年最新版】タープポールの人気おすすめランキング15選【人気メーカーのものも】

【2021年最新版】タープポールの人気おすすめランキング15選【人気メーカーのものも】

テント・タープアクセサリー