契約社員・正社員とは違った派遣社員のメリット・デメリットって?

記事ID14543のサムネイル画像
派遣社員と契約社員・正社員は何が違うのか詳しく知りたいという人も多いでしょう。この記事では、派遣社員のメリット・デメリットや、派遣社員とその他の雇用形態の違いについて詳しく解説しています。就職。転職活動中の人は必見ですよ!

デメリット・メリットを理解することが自分に合った仕事探しの第一歩

派遣で働くメリットとデメリットはどんなものがあるのでしょうか?派遣という働き方を考えた場合、まずは派遣社員のメリットやデメリットを理解することが、自分に合った仕事探しの第一歩に繋がります

 

そして、派遣のメリットやデメリットを把握するためには、正社員や契約社員との違いについてもしっかりと理解しておくことが大切です。そこで今回の記事では、派遣社員のメリット・デメリットや、派遣社員とその他の雇用形態の違いについて詳しく解説しています。

 

さらに給与・福利厚生など、派遣という働き方を選択肢に入れるのならば、覚えておきたいポイントを紹介します。派遣社員として働いてみたいと考えている方は、ぜひポイントをチェックして、あなたにぴったりの働き方を見つけてくださいね。

派遣社員のデメリットって?

派遣という働き方には、メリットだけでなく、派遣ならではのデメリットがあります。そこでまずは、派遣のデメリットに触れて、初めて派遣で働く方の不安や疑問、解決法を紹介していきます。

同じ職場にいられるのは3年まで

派遣で同会社で働き続けられるのは3年の期限があります。これは、会社が派遣社員のキャリアアップのチャンスや自由を奪うことがないように、設けられた制限です。

 

しかし派遣社員を守るべきためのこの制限は、長期的に派遣社員として働きたいと考えている方にとってはデメリットといえます

 

なお、もし3年以上同じ企業で同じ仕事を続けたい場合は、勤務先の企業に直接雇用してもらうという方法があります。したがって、同じ職場で長く働きたいという方は、最初から「紹介予定派遣」を選ぶという手段もおすすめです。

契約が継続されるとは限らない

自由度が高い反面、雇用の不安定さがネックであるのが派遣社員です。というのも、派遣は契約が継続されるとは限りません。派遣契約は3ヶ月ごとか6ヶ月ごとに結ぶことが一般的で、最長が3年間です。ですから、期間満了のタイミングで職を失うケースもあります。

 

契約期間が満了となったときに、企業が派遣社員を必要としない状況であれば、そこで契約は終了となってしまうこともあるのです。

職種や資格によって給料が違う

職種やスキルの差によって給料の差が大きい点も派遣のデメリットの一つといえます。エンジニアなどの専門職は給料が高めなことも多いですが、特別な資格やスキルが必要でない仕事の場合は、それよりも給料が低くなります。

 

そして高時給で好待遇の仕事は倍率も高く、簡単に職に就けるとはいえません。特に未経験の方の場合は、給与がよい仕事を見つけるのは難しいのが実情です。

 

ですから、始めは職種を固定せず、「一般事務」や「テレフォンオペレーター」など、未経験でも比較的採用されやすい業務からチャレンジしてみるのもおすすめです。そして業界経験者となれば、その後の選択肢が増えるかもしれません。

昇給しにくい

派遣社員は、スキルアップしても評価が上がりにくい場合があることも注意が必要です。なぜなら派遣社員は、正社員と比べると業務の裁量権がなく、業務が限定的だからです。したがって派遣の場合、評価アップが報酬に直接反映されるケースが少ないのが現状です。

 

なお、派遣社員として勤務しており、時給を上げたいと思ったら、自ら「時給交渉」を派遣会社の担当者に行うのは問題ありません。時給交渉をしたという理由で、契約更新を解除されるようなことはありません。

 

派遣会社の営業担当者もプロなので、時給アップができない場合はきちんと断ります。ですから、時給交渉は1年以上働いているのなら、ダメもとでもやってみるべきでしょう。ただし、時給が上がる可能性は低いのも事実です。

派遣社員ってどんなメリットがあるの?

最近では、働き方の多様化により派遣という働き方をあえて選択する人が増えています。そこでここからは、派遣として働くメリットについて詳しくご紹介します。

ライフスタイルに合った仕事を見つけやすい

派遣という働き方のメリットの一つに、ライフスタイルに合った仕事を見つけやすいという点が挙げられます。派遣は職種や勤務時間などの条件を設定し、仕事を探すことができるので、正社員などと比較すると比較的自由度の高い働き方ができることが特徴です。

 

そして派遣社員は、直接雇用の社員とは違い、基本的に契約以外の仕事は発生しません。ですから、子育てと仕事を両立したい方や、プライベートも大切にしたい方など、ライフスタイルに合った理想的な働き方がしやすいのがメリットです。

 

また、仕事をしながら資格取得の勉強をしたい方や、仕事と家庭を両立したい主婦の方にもピッタリな働き方でしょう。

さまざまな職場で働ける

一つの企業だけでなく、いろいろな職場で経験を積んでスキルアップを目指せるのも派遣の魅力の一つです。派遣はベンチャー企業から大企業まで、さまざまな企業で働けるチャンスがあります。

 

正社員として就職するには難しいような大手企業でも、派遣社員として採用される可能性があるのも魅力です。派遣は経験やスキルが重視されるので、学歴は不問です。高卒や無名大学でも、でも構いません。それよりも過去の経験やスキル、資格が重視されます。

 

また、職種は同じでも働き方は企業によって違いがあるため、複数の企業で働くことで、自分のスキルに磨きをかけることができるのも派遣のメリットです。

スキルを活かした仕事探しも可能

派遣では、得意分野やキャリアを活かした仕事を選べるのも魅力の一つです。そして、さまざまな職場を経験できるのは、派遣ならではのメリットといえます。派遣会社では、それまでのキャリアや経験を活かした職場を見つけられるようサポートしてくれます。

 

例えば、「語学を活かした仕事をしたい」など自分の専門的スキルを活かしたいと考えている場合、それに合った職場を選ぶことができます。自分のスキルや得意分野を活かして実務を重ねることで、さらなるスキルアップに繋げることができるでしょう

 

 

初心者でも挑戦できる仕事がたくさんある

「憧れている仕事があるけれど未経験だから挑戦する勇気がない」「自分に合った企業が分からない」、そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。そのような場合、派遣会社に相談することであなたにピッタリの働き方ができる可能性があります。

 

というのも、企業の中途採用では「経験者優遇」という場合が多く、実務経験がない人は採用されることが難しいのが現状ですが、派遣では未経験でも採用される仕事がたくさんあるからです

 

未経験では採用されるのが難しい、技術が必要な職種でも、派遣なら採用されるケースが多くあります。例えば正社員として就職するのが難しいマスコミなどの人気業界でも、派遣なら比較的ハードルが低くなります。

実務経験を積んでスキルアップできる

派遣という働き方は、効率的にスキルアップを目指すことができるのも魅力です。派遣社員は、レベルの高い経験を積める仕事を選ぶこともできます。そして派遣社員として積極的に挑戦していくことで、憧れの職種でスキルアップやキャリアアップを目指すことが可能です。

 

派遣での働き先は多くあり、大企業や優良企業などで勤めるケースもあるため、さまざまな企業で実務経験を積むことでスキルアップが望めまるでしょう。

派遣会社が間に入ってくれるから安心

派遣会社は、あなたに仕事を紹介してくれるだけで終わりではありません。というのも、派遣では、派遣会社が就業中の悩み、将来的なキャリアプランまでをサポートをしてくれます

 

正社員の場合、自分と会社との問題は基本的に当事者同士で解決する必要がありますが、派遣の場合は派遣会社に相談ができます。派遣会社が、就業先の企業とあなたとの間に入ってくれるため、業務以外のことでは不安が少なく、安心して働くことができます。

 

就業先の上司に言いにくいことでも、派遣会社が間に入って取りもってくれることもあります。例えば、仕事内容が契約と違う場合や、休日や就業時間の設定などについても相談しやすくなっています。

派遣社員ってどんな仕事をするの?

派遣の仕事にはさまざまな業界、業務、職種があります。ここでは、派遣にはどのような事業が多いのか?またはどのような仕事内容が多いのかについてご紹介します。

派遣の就業先事業で最も多いのは「製造業」

派遣の就業先事業で特に多いのは「製造業」です。その他にも、「金融・保険業」「情報通信業」「卸売り・小売業」なども多くなっています。

 

他にも派遣の就業先企業には、色々な業界があり、マスコミや金融、ITや自動車、広告業界など、正社員で採用されるのが難しい人気業界や大手企業でも、派遣では働くチャンスがあります。

 

ですから雇用形態にこだわらなければ、派遣は憧れの企業や業界に飛び込むチャンスとなり得るのです。

派遣の仕事は事務職が多数

派遣の業務で特に多いのは「OA事務」や「一般事務」の仕事です。OA事務は、WordやExcelなどのソフトを使用したパソコンでの書類作成を行います。そして一般事務は、来客や電話対応、書類作成など、営業事務は書類作成や電話対応など、営業を補助する業務を行います。

 

OA事務は未経験からでも応募できる求人が多く、オフィスワーク未経験の方におすすめの職種です。Officeソフトのスキルを磨きながら、時給アップのチャンスもあり、スキルアップを目指せる仕事といえます。

 

また、派遣先企業やポジションによって仕事内容に違いがあり、求められるスキルも様々です。ITエンジニアや研究開発、翻訳などの専門的なスキルをもっている方は、自分のスキルを活かし、派遣社員として活躍するケースも少なくありません。

派遣社員に求められる適性は?

派遣社員の多くは、即戦力となるスキルや専門性を期待されて雇用されています。その一方で、仕事内容によっては基本的なビジネススキルやマナーがあれば問題ないというケースもあります。

 

ですから、雇用先が求めるスキルがどの程度なのか、また自分がアピールできるスキルや経験がどの程度あるのかを明確にすることが重要です。

契約社員や正社員との違いは何?

派遣社員、正社員、契約社員など雇用形態はさまざまありますが、それぞれの違いは何なのでしょうか?長いキャリアの中で、自分にあった働き方を選ぶためには、それぞれの特徴を知っておくことが大切です。ここからは、派遣社員と契約社員・正社員との違いをご紹介します。

契約社員とは契約する相手が違う

契約社員と派遣社員とでは契約相手が違うことが両社の大きな違いです。ですから、給料や福利厚生の手続き先が異なるのが特徴です。

 

契約社員は就業先の企業と直接契約を結び、給与も就業先の企業が支払います。一方、派遣社員は派遣会社と雇用関係を結んでいるので、給与の支払いや保険の手続きなど、すべて就業先企業ではなく派遣会社が対応することになります。

契約社員は月給制、派遣社員は時給制のことが多い

契約社員は月給制であるのに対して、派遣社員は時給制であることが多いです。時給制は、働く時間によって毎月の収入が変動的になってしまいます。その一方で、月給制ならば、安定した収入が保証されます

 

そして、家賃や光熱費など固定的な出費に対しても安心感が得られるのがメリットです。また月給制であれば、年末年始やゴールデンウィークなど、休日が多い月であっても収入が一定で減ることがないため、しっかりと休むことができるのもメリットです。

派遣社員なら退職後もサポートしてもらえる

派遣社員であれば、契約満了後も、派遣会社が次の勤務先を紹介してくれるのが、契約社員との違いでもあります。契約満了後は、契約社員の場合は、一から自分で仕事を探す必要があります。

 

例えば、同じ会社で契約更新することを期待していたのに、満了という予想外の事態が起きる場合もあります。そのような場合、契約社員は自分で次の就職先を見つけなければいけません。

 

ですから職探しに関して、契約社員は派遣社員のようなサポートが得られずに、精神的にプレッシャーがかかることがある点はデメリットといえるでしょう。

正社員との違いは契約期間や契約先

正社員は期間の定めのない無期雇用であるという点が、派遣社員と大きく違う点です。派遣社員は、雇用期間に定めのある有期雇用です。

 

また、また正社員は、雇用される企業と直接雇用契約を結びますが、派遣社員は、派遣元である派遣会社と雇用契約を結ぶ点に違いがあります。

正社員は扶養手当や住居手当がつくことも

企業によって違いはありますが、正社員は福利厚生が充実しているのがメリットです。住居手当や扶養手当、交通費などが支給される企業も多くあります。

 

一方、派遣社員は派遣先企業の福利厚生を使えないのが一般的で、派遣会社の福利厚生を受けることになります。なかには福利厚生を充実させている派遣会社もありますが、会社によって内容に大きな違いがあるため、注意して選ぶことが大切です。

 

また、給料面でも違いがあります。正社員は派遣社員と違い、ボーナスや業績賞与の対象になりますし、昇給のチャンスもあります。就業年数やキャリアを重ねながら、しっかり年収を上げていくことも可能です。

 

派遣社員は転勤がない

派遣社員は、希望する職種や勤務地などの条件に合った仕事をすることができ、転勤がありません。それに対して、正社員は業務命令による転勤があります。安定性や収入面が魅力の正社員ですが、派遣社員とは比べて自由度が低くなっているともいえます。

 

派遣社員は、勤務地などの条件が自分と合っている仕事を選ぶことができるので、自分のライフスタイルに合わせて働くことができるのが魅力です。

プライベートを優先しやすい

正社員は、勤務時間などを自分で選ぶことができません。ですから正社員は、ワークライフバランスを取りにくい場合もあります。

 

正社員は休日や労働時間などの柔軟性が低く、残業をしなければいけないことも多いため、ライフスタイルに合わせて自由に働きたい方にとっては、窮屈に感じることもあるかもしれません。

 

その点、派遣社員は自由度が高いので、プライベートを優先しやすいという特徴があります。企業や契約内容にもよりますが、一般的な派遣社員であれば定時に帰れることが多いです。

 

 

パート・アルバイトよりも時給が高い?

パートやアルバイトでも自由な働き方はできますが、派遣はパートやバイトと比べて、時給が高いのが魅力的です。なぜ派遣社員の方がパートやアルバイトと比較して時給が高いのかというと、派遣社員に求めれるのは即戦力であるからです

 

その即戦力に対する付加価値として、派遣社員はパートやアルバイトよりも時給が高く設定されているのです。時給が高い仕事ほど技術が求められることも多いですが、スキルや経験がある方にとっては大きなメリットとなります。

 

また派遣社員には交通費やボーナスなどは支給されませんが、時給が高い上に、残業代も雇用契約に基づいてしっかり支払われます。ですから、勤務時間数によっては正社員や契約社員より稼げるケースもあります。

派遣という働き方が向いているのはどんな人?

派遣社員のメリット・デメリットや、他の雇用形態との違いを見てきましたが、仕事内容や働き方に求めるものは人それぞれです。ここからは、派遣という働き方がどのような人に向いているのかを解説していきます。

プライベートの時間を大切にしたい

派遣で働く場合は、契約で業務内容が決められているため、急に仕事が増えて残業を頻繁に行うことはありません。したがって、プライベートの時間を充実させることができるという魅力があります。

 

そして業務を決まった時間に終わらせて、仕事の後や休日には、習い事や趣味など、プライベートな時間に使うことができます。ですから、休日に旅行へ行ったり、空いた時間に習い事を始めたりと、プライベートで自由な時間が欲しい方におすすめの働き方です。

勉強や育児・介護と両立したい

派遣は、家事や育児、介護などで勤務時間が限られたり、資格取得のための勉強時間を確保したいといった方にも最適な働き方といえます。

 

家庭や学業を考慮した働き方を希望するなど、事前に自分の状況を伝えておくことで、派遣会社が希望に合わせた仕事を紹介してくれます。

自分のスキルを活かしたい

派遣の仕事は、本業や前職で培ったスキルや経験を活かすこともできます。派遣先の企業でも、即戦力となる人材は歓迎しています。そして派遣会社には、スキルアップのための研修制度が用意されているため、アルバイトやパートと比較すると、スキルアップしやすい環境です。

 

さらに未経験として就業する場合も、派遣会社で用意されている講座を受講してから業務を始めることができます。ですから、スキルアップや経験の幅を広げたい方にもぴったりな働き方といえるでしょう。

 

また、専門性をより高めたいという方にも、派遣はおすすめの働き方といえます。仕事を探す際には、資格やこれまでの経験を具体的に説明することで、派遣先企業にも伝わりやすいでしょう。

将来は正社員を目指している

現時点では正社員での採用は難しいけれど、いずれは正社員になりたいという場合「紹介予定派遣」という働き方で正社員を目指すこともできます。

 

紹介予定派遣は、派遣社員として働いた後、企業と本人の合意があれば、直接雇用となり働くことが可能な制度です。職場環境や仕事内容を確認した上で、安心して働ける環境を探したい方にぴったりな働き方といえます。

兼業や副業で働きたい

フレキシブルに働ける自由度の高い派遣の仕事は、兼業や副業として働きたい方にもおすすめの働き方です。柔軟な働き方を選べる派遣の仕事は、Wワークにぴったりの働き方といえます。

 

例えば「他に本業の仕事があるけれど、収入を増やすために副業をしたい」「芸能活動や芸術活動をしている中で、週に数日だけ副業として働きたい」「将来的に独立開業の夢があり、その準備期間中に働きたい」というような、兼業や副業目的で働きたい方におすすめです。

派遣社員を登用する企業が増えているのはなぜ?

最近では、派遣社員を登用する企業が増えています。派遣社員を登用することは、企業側にはどんなメリットがあるのでしょうか?そこでここからは、企業が派遣社員を起用するメリットについて、解説していきます。

速く、有用な人材を集められる

企業が派遣社員を登用する主な目的は、急な人員不足が発生した際にも、すぐに有用な人員を集められるためです。人員確保にかかる手間を減らせることや、速く集められることは大きなメリットです。

 

例えば、正社員の休職期間中や繁忙期、新規事業の立ち上げなど、企業にとっては、さまざまな場面でフレキシブルに人員を確保できる派遣社員は力強い存在です。

 

さらに、企業では即戦力や専門性のニーズが高く、業務に必要な即戦力を持つ派遣社員は、とても戦力となり、今後も企業からのニーズは絶えないでしょう。

会社の状況に合わせて人員が増やせる

派遣契約は期間が決まっているため、会社の状況に応じて人員が補充できるのも、企業が派遣を登用する理由のひとつです。欲しい人材を必要な期間だけ登用したり、決まって忙しくなる繁忙期だけ人材が欲しいなど、派遣ならばそんな要求にも対応できます。

 

そして派遣社員なら、すでに専門知識をもっているので、即戦力として活躍できる人員を増やせます。ですから企業としては、必要な期間だけ派遣を利用することで、人件費を流動費化できるのもメリットです。

正社員との待遇格差がなくなる!?

正社員と派遣社員の違いご紹介しましたが、待遇面ではやはり格差がありました。しかし、新しい法律の策定により、正社員と派遣社員との待遇格差がなくなることが期待されています。どのような制度なのか、詳しくご紹介します。

今までは正社員と派遣社員は待遇格差があった

上記でも触れましたが、派遣社員は転勤がなかったり、プライベートを充実させやすいというメリットはあるものの、正社員と比較すると、待遇に格差がありました

 

給料の面では、派遣社員にはボーナスがないのが一般的です。また、扶養手当や住居手当などの福利厚生でも、派遣社員と正社員とでは待遇に格差があったのが実情です。

「同一労働同一賃金ガイドライン」策定で待遇の改善に期待

政府の働き方改革の一つである「同一労働同一賃金制度」が2020年4月から適用されています。これは、同じ仕事に就いているのであれば、正社員であるか、非正規であるかを問わず、同一の賃金を支給するという考え方です。

 

これまでのような、正社員と非正規の社員間の待遇差をなくし、さまざまな働き方を選べる社会になることを目指しています。これにより、派遣社員に対しても、これまでのような待遇格差を改善する取り組みが期待されています

まとめ

派遣のメリット・デメリットについてご紹介してきましたがいかがでしたか?派遣という働き方は、ワークライフバランスを重視したい方にとって、たくさんのメリットがある働き方です。理想の仕事に就く手段の一つとして、派遣という働き方を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。ぜひあなたに合った仕事を見つけてくださいね。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月14日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

派遣社員も退職金がもらえるようになる!?アルバイトや契約社員はどうなの?注意点は?

派遣社員も退職金がもらえるようになる!?アルバイトや契約社員はどうなの?注意点は?

その他
東京で人気のおすすめ派遣会社ランキング15選【2022年度最新版】

東京で人気のおすすめ派遣会社ランキング15選【2022年度最新版】

その他
【2022年最新版】派遣バイトおすすめランキング10選

【2022年最新版】派遣バイトおすすめランキング10選

サービス
おすすめの人気IT派遣会社ランキング6選【2022年度最新版】

おすすめの人気IT派遣会社ランキング6選【2022年度最新版】

その他
派遣介護福祉士のメリットは?時給相場や給料をチェック

派遣介護福祉士のメリットは?時給相場や給料をチェック

その他
派遣介護士のメリットは?給料や気になる仕事内容も紹介

派遣介護士のメリットは?給料や気になる仕事内容も紹介

その他