ニキビ跡は自力で治せるの?ニキビ跡の原因とその治し方を詳しく紹介【クレーターはケアできるの?】

肌トラブルの中でも、ニキビ跡・ニキビの赤みについて悩んでいる人は少なくありません。この記事ではニキビの予防方法や出来てしまった後のケアにおすすめの市販薬・化粧品の紹介や、皮膚科に通院して治していく方法を説明しています。ニキビ跡の肌トラブルに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

気になるニキビ跡・ニキビの赤みは自力で治せる?

ニキビが治ったと思っても、ニキビ跡が残ってしまうと気になりますよね。赤みを帯びていたりクレーターのように凸凹になっていたり、痛みを感じることもあると思います。ニキビは跡になってしまうと自力で直すことは難しいでしょう。ニキビ跡を治すには、病院に行き肌の治療を受けることが効果的です。

 

しかし、病院で治療する場合、時間や手間、お金がかかるので、跡となってしまう前に適切にケアをすることが重要です。この記事ではニキビができやすい肌質の方向けの市販薬・クリーム・美白化粧水を紹介します。また最後の方には編集部おすすめの美容クリニックも紹介するので、ぜひチェックしてください。

 

※メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

ニキビ跡にも種類がある!

ニキビができると、それに伴ってできてしまうニキビ跡。見た目的にも目立って気になってしまうものですよね。単にニキビ跡といっても段階や症状によって分けられるので、自分のニキビ跡はどれか確認してみてください。

炎症を起こす前の「白ニキビ」

白ニキビは初期のニキビで、毛穴に汚れや古い角質などが詰まってできます。顔以外にも背中や胸など皮脂が多い部分にもできますが、適切なケアをすることで悪化を防ぐことが可能となります

酸化や色素沈着による「黒ニキビ」

黒ニキビは、ニキビの炎症によって作られたメラニンがホルモンバランスや生活習慣の乱れなどからターンオーバーが正常に行われないことによって色素沈着し、黒っぽい跡が残ってしまうことがあります。また、白ニキビが酸化して毛穴に詰まった皮脂が黒っぽく見えることにより黒ニキビとなります。

 

半年ほどで自然治癒することもありますが放置しておくと炎症を起こしてしまうこともあるため、注意が必要です。早く治したい場合や、跡が消えずに残ってしまった場合には、ケミカルピーリングなどの美容医療・ニキビ用のスキンケアなどが有効です。

炎症が起きた後に現れる「赤ニキビ」

赤ニキビは炎症を起こしているニキビのこと。炎症を起こしていない白ニキビの状態から、毛穴にアクネ菌が繁殖してしまうことで炎症し、赤く腫れあがった赤ニキビへとなってしまいます。

 

赤ニキビになってしまうとすでに肌の内部にまで炎症が進行している状態なので、ニキビ跡が残りやすくなってしまいます。また、放置しておくと化膿して「黄ニキビ」になってしまったりクレーターのようなぼこぼこした跡が残ってしまったりするので、適切なケアをすることが何よりも重要です。

 

以下のサイトでは、赤みを伴うニキビの特徴や治療法について詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。

化膿して膿んでしまった状態の「黄ニキビ」

皮膚の深部にまで化膿が及んでしまい、ニキビの中に膿を持ってしまう黄ニキビ。この段階まで炎症が進行してしまうと治すのにも時間がかかってしまうため、出来るだけ早い段階から適切に対処することが大切です。セルフケアで綺麗に治すことはむずかしく、美容皮膚科などでフラクショナルレーザー・ニキビ注射などの治療を行います。

皮膚に凹凸ができる「クレーター」ニキビ跡

肌がぼこぼこと陥没してしまうクレーター状態のニキビ跡です。炎症を起こしたニキビを放置したり、不衛生な器具や爪などで潰してしまったニキビ跡が、凸凹になってしまう箇所が出てきます。

もうどうしようもないと考える方もいるかもしれませんが、発症1ヶ月以内であればトレチノイン外用・ケミカルピーリングなどで治癒が見込めます発症1ヶ月以上であれば、サブシジョン・ダーマペン・フラクショナルレーザー・皮膚移植・単純縫合術などを施す必要があります。

背中やあごにできやすい「ケロイド」のニキビ跡

ケロイドは傷が原因とされていますが、体質の影響も大きいため、はっきとした要因は明らかになっていません。ニキビも傷の一種であるため、ケロイドの症状が進行していきます。皮膚をつまむと痛む感覚があり、あご・肩・胸・背中・上腕といった部位に発症する特徴があります。主にニキビ注射による治療を行います。

中学生・高校生に多い「思春期ニキビ」

「思春期ニキビ」とは、成長期の皮脂の過剰分泌が原因でできる10代に多いニキビです。余分な皮脂が毛穴に詰まることで、アクネ菌が繁殖してしまいニキビの原因となります。ホルモンバランスが安定することで改善されます。

ニキビができやすい人におすすめの市販スキンケア4選

ニキビ跡を治しいけど皮膚科に行くのはお金も時間もかかるし、なんだか心配という方もいらっしゃいますよね。そんな方には、ニキビ肌のために作られたスキンケアがおすすめ。皮膚科に行かずともホームケアでニキビやニキビ跡を作らせない肌を目指すことができますよ

 

また、できてしまったニキビやニキビ跡には、その後のお肌に重点的なケアをしてあげることが大切です。ここではニキビ・ニキビ跡におすすめなスキンケア商品をランキング形式でご紹介します。是非参考にしてくださいね。

4位

ロート製薬

【2018年秋発売】メラノCC 薬用しみ・そばかす対策美白 化粧水 しっとりタイプ 高浸透ビタミンC配合誘導体配合 170mL

しっとりうるおうシミ対策

顔全体に潤いを与えつつ、シミ対策も行える薬用美白化粧水。ビタミンC誘導体の角質層への高い浸透力により、メラニン生成やシミ・そばかすを抑制し、透明感のある肌を維持します。

 

抗炎症成分(グリチルリチン酸ジカリウム)や3種の潤い成分(アルピニアホワイト、レモンエキス、グレープフルーツエキス)が配合されているので、ニキビができた後の気になる肌にもしっかりと潤いを与え、健康的な肌を整えます。爽やかな柑橘系の香りで、使用時の心地良さも魅力。

内容量 170ml 有効成分 3-0-エチルアスコルビン酸(高浸透ビタミンC誘導体)、グリチルリチン酸ジカリウム

※メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

3位

ファンケル(FANCL)

無添加アクネケア 薬用ニキビ1ヵ月集中セット

⼤⼈ニキビや⽑⽳づまりにもう悩まない!

⼤⼈ニキビや⽑⽳づまりにお悩みの⽅には、無添加アクネケア薬用ニキビ1ヵ月集中セットがおすすめです!この商品は化粧⽔や乳液に加えて、洗顔クリームやアクネケアエッセンスがセットになっており、荒れがちな肌を根本からケアすることができます

 

間違ったケアによる繰り返すニキビに着⽬し、肌本来の「バリア機能」の乱れを整えます。厳選成分のアクネケアにもこだわって研究した商品なので、敏感肌・乾燥肌の⽅でもご使⽤いただけます

 

また、今回はマイルドクレンジングオイル10回分とディープクリア洗顔パウダー3個が追加されました!気軽に試してみたい⽅には⼤変おすすめですので公式サイトからチェックしてみてください。

 

>>>無添加アクネケア 薬用ニキビ1ヵ月集中セットをチェック

内容量 化粧液30ml、ジェル乳液18ml、洗顔クリーム90ml、美容液8g、クレンジングオイル120ml 有効成分 グリチルリチン酸2K

超ロングセラーのニキビケア商品

肌のバリア機能を保つための紫根エキス、肌荒れケアの薬用成分であるグリチルリチン酸ジカリウムという2種の和漢素材。そして、外の刺激から守るため潤いのバリアを形成するハトムギエキス、肌の角質にたっぷりの潤いを与える浸透型コラーゲン2種の保湿成分を配合。

 

これらの成分が、ニキビのできにくい潤いに満ちた健康的な肌を維持します。長年の愛用者も多く、ベストコスメ受賞など多くの実績を誇っています。

 

「公式サイト」からはこのクリアローションを含む、洗顔・乳液が3点セットになった「オルビスクリア トライアルセット」を980円(税込)でお試しいただけますので、最初に試して見たい方は是非ご検討ください

 

>>>\25%OFF!/トライアルセットを今すぐ試す!

内容量 180ml 有効成分 グリチルリチン酸2K

※MAQUIA 2019下半期みんなベスコス 大人ニキビ部門賞第1位

押し上げるような弾力感で、刻まれたダメージ肌の記憶を消去

ローションと美容液の濃厚な美容成分が角層の奥深くまで浸透し、頑固なニキビ跡にたっぷりの栄養を届けます。また、健康的なバリア機能を構築し肌環境を整え、新たなニキビができないような肌の土台を作ります。肌にハリとツヤを与え、さらに角層内に水分を与える「肌の底上げ効果」によって 、なめらかで陶器のような肌へと導きます

 

クレイウォッシュでニキビの原因となる汚れをさっぱりと洗い流し、化粧水や美容液で内側からじっくりと弾力のある素肌へ導きます。そして肌のうるおいを逃がさない濃厚なクリームで水分を閉じ込めます。ニキビに悩む前のようななめらかな肌を取り戻します

 

公式サイトではニキビケア・ニキビ跡ケアに向けた洗顔・化粧水・美容液2種・クリームのスキンケア一式を全て試せるお得なトライアルセットがお試しいただけます。リピート率は98%で返金保証もしているので、ニキビ・ニキビ跡で悩んでいる方は是非この機会にお試しください。今なら7日間のトライアルセットが1,100円(税込み)で試せます。

 

>>>7日間じっくり試せるお得なトライアルセット!

内容量 120ml 有効成分 ジミリスチン酸PEG-12グリセリル

ニキビ跡に悩む人におすすめのスキンケア一覧表

商品 商品リンク 特徴 内容量 有効成分
1
アイテムID:8723589の画像
7 day Special Set プログラム7

公式サイト

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

押し上げるような弾力感で、刻まれたダメージ肌の記憶を消去

120ml ジミリスチン酸PEG-12グリセリル
2
アイテムID:8723588の画像
ORBIS(オルビス) [医薬部外品] クリアローション M

公式サイト

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

超ロングセラーのニキビケア商品

180ml グリチルリチン酸2K
3
アイテムID:8723587の画像
無添加アクネケア 薬用ニキビ1ヵ月集中セット

公式サイト

詳細を見る

実際のレビュー記事で詳細を見る

詳細を見る

⼤⼈ニキビや⽑⽳づまりにもう悩まない!

化粧液30ml、ジェル乳液18ml、洗顔クリーム90ml、美容液8g、クレンジングオイル120ml グリチルリチン酸2K
4
アイテムID:8723586の画像
【2018年秋発売】メラノCC 薬用しみ・そばかす対策美白 化粧水 しっとりタイプ 高浸透ビタミンC配合誘導体配合 170mL

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

しっとりうるおうシミ対策

170ml 3-0-エチルアスコルビン酸(高浸透ビタミンC誘導体)、グリチルリチン酸ジカリウム

ニキビ跡がシミにならないように注意するポイント

ニキビ跡が薄くなっても、次にまたニキビができてシミになってしまっては元も子もありません。ニキビ跡のシミをできるだけ残さない方法をご紹介します。

ニキビができても「触らず潰さない」

ニキビに触れたり潰してしまうと、雑菌が入ることで炎症を引き起こしさらに悪化してしまいます。炎症が強くなると、シミが残りやすくなります。手で触らないようにするのは当然ですが、ニキビに雑菌が入ったり摩擦など刺激を与えたりしないよう、以下のことを意識しましょう。

 

・髪の毛をニキビに触れさせない

・メイクをする時、ブラシやパフでニキビに刺激を与えない

・枕カバーを毎日清潔なものに取り換える

「低刺激」のスキンケアを徹底

肌に刺激を与えるようなスキンケアも、ニキビを悪化させる原因です。刺激を与えないようにするには、化粧水はこすらず優しく付けるようにし、ぬるま湯で洗顔し過度に洗うことは控えましょうまた洗顔後は、タオルやフェイスコットンなどで水分を丁寧に吸収しましょう。

 

肌に刺激を与えてしまう例としては、お湯で洗顔し叩くようにパッティングをしたり、化粧水をこするように使ってしまうことです。スキンケアを適切に行うことで、ニキビ跡だけでなくシワや乾燥など、他の肌対策にも有効です。

シミ予防のため「紫外線対策」を徹底

ニキビの炎症や色素沈着の大きな原因となるのが紫外線です。紫外線対策として、以下のことを少しずつ初めてみましょう。

 

・1年を通して日焼け止めを使う

・サングラス、ストールを着用する

・強い日差しの元では、日焼け止めを数時間おきに塗る

・日焼け止めはSPF30以上、PA3+以上のものを選ぶ

・日傘を持ち歩く習慣を付ける

「市販薬」を使うならニキビ肌向けの製品かチェックする

美白化粧品を使うなら、ビタミンCやトランサミン(トラネキム酸)といった、炎症を抑える効果のある成分が含まれているかチェックしましょう。抗菌作用のあるオロナインなどのクリームは、あくまで補助的なものでニキビそのものを治すものではありません。

 

※メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

シミやそばかす用の「美白化粧水」でケア

ニキビ跡のシミには、シミ・そばかす用の美白化粧水もおすすめ。「医薬部外品」「薬用」といった記載がある場合は、有効成分が配合されている化粧品であるため、さらに優れた効果を期待することができます。

 

ビタミンC誘導体はキメを整えてハリツヤのある肌に導いてくれますが、肌を乾燥させるデメリットもあります。その場合は、保湿美容液・乳液といった保湿力を高める商品を併用することをおすすめします。

 

※メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

「クリームやローション」でさらに重点的なケアを

ニキビ跡の赤みを落ち着かせたいのなら、ビタミンCが配合されたクリームやローションをたっぷりと塗るのが効果的。重要なのは、まだ赤いうちにビタミンCの導入やピーリングといったケアをすることです。

 

赤いうちは細胞がまだ修復を頑張ろうとしている所なので、時間が経ってしまうと修復する力が働かず、治しづらくなってしまいます。

ニキビ跡を予防するにはどうすれば良い?

何度もニキビを繰り返してしまう人はスキンケアと生活習慣を見直してみましょう。ちょっとした心がけで新しいニキビをつくらないことができます

バランスの良い食事を意識しよう!

ニキビやニキビ跡のない美肌を目指すなら、バランスのいい食事を心がけるのも大切。胃腸の環境を正常に整えることで自律神経のバランスを保ち、健やかな肌に近づきます。

肌の新陳代謝を促す「ビタミンB2」を含んだ食べ物

肌の新陳代謝を促進させ、新しいは皮膚を形成する上で重要な成分となるビタミンB2。皮脂の過剰分泌を抑制する効果もあるので、ニキビの原因になる脂性肌の方は意識して摂るようにしてください。ビタミンB2は豚肉・鶏肉・イワシ・サバ・レバー納豆などに多く含まれます。

肌のコンディションを整える「ビタミンE」を含んだ食べ物

血流を整えながら、肌の新陳代謝を高める効果があるビタミンE。肌のコンディションを整えるので、ニキビ跡だけでなく細胞を活性酸素から守り肌の老化を防ぐ役割も期待できます。ビタミンEはアーモンド・アボカド・ピーマンなどに多く含まれます。

肌の色素沈着を予防する「ビタミンC」を含んだ食べ物

色素沈着の対策に最適なビタミンC。色素沈着の原因であるメラニン色素や炎症を抑えニキビ跡によるシミに効果が高い美白作用を含んでいます。ビタミンCはレモン・イチゴ・アセロラ・ブロッコリーなどに多く含まれます。

 

※メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

ニキビ跡の赤みなら「オメガ3脂肪酸」を含んだ食べ物

ニキビ跡の赤みには、抗炎症作用のあるオメガ3脂肪酸を含んだ食べ物が効果的です。血液の流れを良くし全身に栄養・酸素が行き渡るようになり、骨密度を高める効能もあります。オメガ3脂肪酸はサンマ・サバ・鮭などに多く含まれます。

適度な「運動や睡眠」を心がけよう!

健康な肌を保つためには、運動や睡眠を適度に取りホルモンバランスを整え、代謝を高めていくことが重要です。健康的に生活を送っていると精神が安定し、生活サイクルが乱れにくくなります。規則正しい生活が、ニキビ跡に悩むことのない健康的な素肌に導きます。

「ストレス」が溜まらないように注意する

ストレスを感じることで人間は自律神経を乱し、ホルモンバランスが崩れ体調不良を引き起こしますこれにより代謝の効率が悪くなり、新しい肌細胞を作りにくい状態になってしまいます。新たな肌細胞が作られないとニキビ跡は肌に残り続けてしまいます。ストレスを溜めずに、適度に発散することを心がけましょう。

「今すぐなんとかしたい」そんな時はメイクでニキビをカバーして!

大事な予定があるのに目立つニキビの赤みができてしまうと、すぐには消えてくれないし困りますよね。そんな時は、メイクをすることで赤みをうまくカバーしましょう。

 

ニキビ跡やシミが複数あって悩んでいる方は、1色だけでなく複数の色をミックスさせられるコンシーラーがおすすめです。オレンジ系の色であれば血色感を出すことができるので、自然なカバーができますよ。

男性なら「メンズ向け」のスキンケアを!

女性に比べスキンケア情報が少ない男性は、適切なケアができていない現状があります。男性は女性の肌よりも皮脂量が多く、またバリア機能が低下しやすく乾燥しているといった特徴を持っています。多くの男性が毎日シェービングを行うため、常に肌に負担を与えている状態になっています。

 

女性以上に日々の手入れが必要な男性の、おすすめのスキンケアをご紹介します。まず洗顔料で皮脂をしっかり落としたあと、乳液・化粧水で保湿を行いましょう。洗い残しを防ぐため、ふきとり化粧水を併せて使うとさらに効果的です。

 

そして、シェービング後も乳液・化粧水で保湿し、肌荒れをケアしてバリア機能をしっかり整えましょう。炎症を抑制する抗炎症成分が入っているものを選ぶのがおすすめです。毎日使っているカミソリの刃には細菌がたくさん付着しているため、抗菌成分の入っているふきとり化粧水で取り除くことも重要です。

 

以下のサイトでは、メンズスキンケアのおすすめをランキング形式で紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。

皮膚科でニキビ跡を治すにはどんな方法がある?

ニキビ跡対策を確実に行いたい方は、皮膚科の受診を検討しましょう。様々なパターンに対応した最先端の技術や薬の処方を行ってくれます。

皮膚の再生を促すなら「ケミカルピーリング」

ケミカルピーリングとは、肌表面の古い角質を取り除くことで、ニキビ・ニキビ跡・黒ずみ・毛穴の開きなどをケアする治療です。薬剤を顔に散布し角質層まで浸透させ、肌の新陳代謝を整えます。これにより新たな皮膚の再生を促し、ニキビ跡の原因を作るアクネ菌を除去します。

 

フォトシルクプラスやレーザー治療と併用することにより、シミ・そばかすの色素沈着をケアする効果もあります。肌への刺激が少ない、サリチル酸マクロゴールを使用したケミカルピーリングもあります。

毛穴や凹んだニキビ跡ならビタミンCを浸透させる「イオン導入」

イオン導入は、肌に微弱な電流を流すことでビタミンCを角質まで浸透させ、みずみずしい肌にするため細胞を活性化する方法です。美容液に溶けるとマイナスイオンになるビタミンCは、イオン導入によってマイナスの電極を流すと、肌はプラスに帯電されます。これによって通常の浸透力の30~50倍ほどの効果を発揮します。

 

ビタミンCには、メラニンの生成を抑え、抗酸化作用によって活性酸素を除去することから、黒いニキビ跡やシミに効果があります。またコラーゲンを増殖し皮脂腺の働きを抑制することで、毛穴や凹んだニキビ跡にも効果を発揮します。

コラーゲンの生成を促すなら特殊な光を使用した「フォトフェイシャル」

フォトフェイシャルは、IPL(Intense Pulsed Light)という特殊な光を照射する治療器です。レーザーの波長の幅が広めになっているので、顔全体に光をあてることができます。有害な紫外線をカットした、レーザーよりも穏やかな光なので、肌が弱い方でも施術を受けることができます

 

シミ・くすみの原因となるメラニン色素などの色素にダメージを与え、コラーゲン生成を促進するなど、一度に多くの効果を期待できます。1回だけで効果を感じることは難しいので、個人差はありますが何度か通い続ける必要があります。

皮膚科で処方される塗り薬・飲み薬

市販の薬で効果が見られない時は、皮膚科で塗り薬や飲み薬を処方してもらうことがおすすめです。

擦り傷や細菌性皮膚炎の治療に有効な「塗り薬」

アクネ菌・ブドウ球菌属を殺菌する作用のある「ダラシン」「アクアチムクリーム」、炎症を抑えるステロイドの薬である「リンデロン」、擦り傷や細菌性皮膚炎の治療に有効な抗生物質の「ゲンタシン」などがあります。

 

ただし、皮脂分泌の促進効果がある「リンデロン」や、傷の治療に有効な「ゲンタシン」は、ニキビ治療には用いない病院もあります。これらはニキビ治療の補助的な療法で使用されることが多いです。

 

化粧水と塗り薬を両方使いたい場合は、薬のタイプによって塗る順番を変える必要があります。スキンケアでは油分が少ないものを先に塗るのが一般的なので、塗り薬も同じ順番で行うのが正解です。

内側からケアできる「飲み薬」

飲み薬には「抗生物質」「ビタミン剤」「漢方薬」などの種類があります。

 

抗生物質は人によって効果が顕著に表れるケースと、全く効かないケースがあります。ビタミン剤や漢方薬にも言えることですが、薬を2週間服用しても効果が見られない場合は、他の方法を考えることも必要です。

 

漢方薬は飲み続けることで体質を変えて整えていく物なので、一般的には抗生物質やビタミン剤などよりも長期間飲み続ける必要があります。しかし一定期間服用を続けても効果が感じられないようなら、医師に相談して別の薬に変えることも検討してみてください。

【編集部オススメ】自力で治せないニキビ跡を改善させるならここ!

クレーター・ニキビ跡はお医者さんに相談しよう!

【聖心美容クリニックで綺麗な肌に】

自分では治せないクレーターやなかなか治らないニキビ跡はクリニックでの治療が必要です。そこでおすすめなのが聖心美容クリニックです。聖心美容クリニックでは、ニキビやニキビ跡の状態に合わせて適した治療を受けることができます。

 

【ニキビは治療できる】

たとえば今あるニキビには、自宅でできる外用薬で治療することも可能です。ニキビはすぐに治るものではありませんので、期間は2ヶ月程度を目安にしてください。

 

【ニキビ跡やクレーターもきれいに】

ニキビ跡やクレーターにはPOTENZA(ポテンツァ)という機械での治療も効果的です。痛みがなくニキビを根本から治療します。治療期間の目安は、1回でも効果が実感できますが複数回治療する場合は、2〜3ヶ月間隔を空けて治療します。

ニキビをしっかり予防して跡にならない工夫をしよう!

ニキビやニキビ跡には様々な種類がありますが、いずれも場合も予防とその後の重点的なケアをすることが大事です。誤ったセルフケアは逆にニキビやニキビ跡の悪化を招いてしまうので、ニキビ肌向けのスキンケア製品や皮膚科を受診するなど、適切に対処するようにしてください。適度な睡眠や運動、ストレスを溜めないことを心がけ、日々の生活習慣からニキビができにくい肌を目指すことも同時に行いましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年11月30日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【ニキビ跡に】ニキビが気になる方に!化粧水人気おすすめランキング10選【専門家監修】

【ニキビ跡に】ニキビが気になる方に!化粧水人気おすすめランキング10選【専門家監修】

ビューティー・ヘルスケア
ビタミンC誘導体の美白効果は?ビタミンC誘導体配合のシミ・美白化粧品人気おすすめランキング10選【専門家監修】

ビタミンC誘導体の美白効果は?ビタミンC誘導体配合のシミ・美白化粧品人気おすすめランキング10選【専門家監修】

ビューティー・ヘルスケア
手のシミを対策する方法まとめ!おすすめの商品からスキンケア方法まで紹介!【手の甲・腕】

手のシミを対策する方法まとめ!おすすめの商品からスキンケア方法まで紹介!【手の甲・腕】

ビューティー・ヘルスケア
オールインワンジェル 使い方を徹底解説!【使う順番や効果もご紹介】

オールインワンジェル 使い方を徹底解説!【使う順番や効果もご紹介】

ビューティー・ヘルスケア
本物のピーリングジェルのおすすめ人気ランキング15選【市販のものも紹介】

本物のピーリングジェルのおすすめ人気ランキング15選【市販のものも紹介】

ピーリング
唇のシミはセルフケアできる?ケア方法、クリニックでの治療方法も紹介!【シミ消し】

唇のシミはセルフケアできる?ケア方法、クリニックでの治療方法も紹介!【シミ消し】

ビューティー・ヘルスケア