神奈川の葬儀場おすすめランキング3選

記事ID13981のサムネイル画像
身内に不幸があったときに必ず利用する葬儀社。大手の葬儀会社から自宅から近くの葬儀屋まで様々な葬儀社が存在し、メリット・デメリットも様々です。また神奈川県でも横浜市などの都会なのか横須賀市などの自然が近い市なのかなどによっても選ぶ基準が異なってきますよね。そこで今回は神奈川の葬儀場おすすめランキング3選を紹介します。

神奈川県の葬儀について

葬儀は故人との最後の場であり、親族の方は少しでも悔いの残らない式にしたいと考えるでしょう。全国に葬儀場は4000~5000以上あるといわれており、神奈川県だけでも400以上の葬儀場があるとされています。葬儀社には大手の葬儀会社から互助会などもあります。

 

また、横浜市や川崎市などの全国的にも都会な市から横須賀市や逗子市などの自然が多い市、鎌倉市や小田原市などの歴史が多い市など神奈川県には特徴的な市が多いです。そのため同じ神奈川県でも住まいによって選ぶ基準も変わってくるでしょう。

 

そこで今回は営業エリア、会社規模、対応時間、対応葬儀を基準として神奈川県の葬儀社おすすめランキング10選を作成しました。また後悔をしないための葬儀社の選び方のポイントも紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

葬儀社の選び方とは

葬儀社を選ぶときに、チェックしておくべきポイントについて紹介をしていきます。葬儀は故人を送り出す大事な儀式です。間違った選び方をして、遺族はもちろん故人や参列者も納得が出来ない葬式をしないようにしましょう。

葬儀社の規模で選ぶ

葬儀社は、会社の規模によって選び方も変わります。地元密着型の小さな会社や全国に店舗展開しているような規模の大きい会社まで、さまざまな会社があるので自分たちにぴったりの規模で選ばないと余計な費用が掛かってしまう恐れもあります。

 

ここでは葬儀社の規模ごとのメリット・デメリットについて紹介をいたします。

地元密着型の「小規模葬儀社」で選ぶ

地元で末永く続けている小規模タイプの葬儀社は、何といっても手堅いサービスを売りにしているところが多くあります。自宅近くで、地元に詳しい業者に頼みたい場合は非常におすすめです

 

葬儀は、地域によってしきたりがあり通常の葬儀とは勝手が違ったりすることがあります。そんなときに、地元の葬儀社を使うと便利なのでぜひ相談してみるとよいでしょう。しかし、web検索をしても出てこないケースがあるので見つけにくいというデメリットもあります。

ネットで探しやすい「中規模葬儀社」で選ぶ

オフィスビルなどに事務所を構える十数人規模の葬儀社は、ネットでも見つけやすいのが大きなメリットです。大規模な葬儀に対応が難しいというデメリットはありますが、一般的な規模の葬儀であれば大体は仕切ってもらえます

 

大きい葬儀の規模に関しては、事前に葬儀社と相談して受けてくれるようであれば見積もりを取ってもらうとよいでしょう。

大規模な葬儀も可能な「大手葬儀社」で選ぶ

従業員数が数十人体制で、全国展開をしているような大規模な葬儀や、こだわった葬儀を希望している方におすすめです。料金は高めですが、中には自社で斎場を持っているようなところもあるので融通を利かせて柔軟に対応してもらえるメリットがあります

 

しかし小規模な葬儀の場合は、料金が高く付いてしまうデメリットもあるので注意しましょう。

葬儀社のサービス内容で選ぶ

葬儀社の中には、直葬や社葬、家族葬など一般的な葬儀とは違う趣きの葬儀に対応してくれる企業もあります。故人の好みにあわせて、送り出してあげたいと考えている方には非常におすすめです。

 

場合によっては、故人が好きだった音楽を流す「音楽葬」や、花をふんだんに使用して送る「花葬儀」など、こだわりを持った葬儀を柔軟に対応してくれる企業もありますまた、散骨という形で海に撒く「海洋葬」や、樹木の下に撒く「樹木葬」、珍しいものだと宇宙へ骨を運ぶ「宇宙葬」といったものもあります。

 

故人が生前望んでいた葬儀がある場合に関しては、こだわりの葬儀を行いたい場合は、このようなことに対応可能かどうかで選ぶのもポイントの一つです。

「対応時間」の柔軟さで選ぶ

人の死は、いつ誰に訪れるかわからないものです。そのため、特殊な時間・日にちに亡くなった場合でも、きちんと対応してもらえる葬儀社を選びましょう。

 

一般的な企業と同じような日程で営業している葬儀社の場合は、深夜や早朝、大型連休や年末などに対応が難しい可能性があります。対応時間の柔軟さは、見逃しがちですが重要なポイントとなるので忘れずにチェックをしておきましょう

「支払い期日」の柔軟さで選ぶ

以前は葬儀が終わったら即日で葬儀社の費用を支払うことが多かったようです。しかし、葬儀の直後は気持ちの整理もつかず遺族の方も忙しい状態なので、支払期日に余裕を持たせている葬儀社も増えているようです。

 

支払期日に余裕があると、気持ちの整理も付きやすいので非常にありがたいです。しかし期日を明らかにしているところは多くありませんので、契約時に一度問い合わせてみることをおすすめします。

葬儀費用が明確かどうか

葬儀社の選び方で一番大切なのは、葬儀費用の料金体系が明確かどうかです。対応が良くない葬儀社の場合は、最初の話では出てこなかったオプションを後から伝えられ、追加料金がかさむケースがあります。

 

基本的な知識を覚えておくと、葬儀費用の予算も立てやすくなるのでぜひ参考にしてください

「セット料金」と「オプション料金」を明確にしている葬儀会社を選択する

各葬儀社のホームページやパンフレットは、セット料金での葬儀費用が掲載されています。また、葬儀費用の見積もりはあらかじめ出してもらえるので、大体の目安にはなるでしょう。

 

セット料金には何が含まれているのかをしっかりとチェックしておき、オプション料金として何を追加していくかは葬儀を執り行う前に把握するようにしましょう。葬儀会社によっては、セット料金に先を見越した料金を設定して公開している葬儀会社もあります。

 

また、セット料金はあくまでも最低限のオプションで葬儀の形態を変えていける葬儀会社もあります。ここで注意しなければいけないのは、見積金額を出してもらっても追加料金が発生するケースがあることです。葬儀の最中に、業者へのお願い事が見積金額に含まれていない場合は、請求額が見積金額よりも増えてしまいます。

 

葬儀会社のプランによっては、追加項目はさまざまです。遺族は後から金額が多少増えても仕方ないとするか、事前にオプションを付けておくかは、葬儀会社とよく相談をしたうえで契約するようにしましょう

 

見積もり段階で費用を、どこまで設定していくかをしっかり説明してくれる葬儀会社を選ぶことが大切です。

「支払方法」に多様性があるかどうか

葬儀場の支払いは、現金での支払いが一般的とされています。しかし、急な葬儀ですぐに高額な費用を準備できないケースもあります。そのような場合は、支払方法が多様な葬儀社を選択すると、支払に慌てることなく葬儀ができるのでおすすめです。

 

現金一括払いのほかにも、ローンを組んでの分割払いやクレジットカードでの支払いなどに対応しているかどうか、事前に確認をしておきましょう。

 

ローンは自分で組むことはできますが、クレジットカードに関しては葬儀社によって取り扱いがないこともあるので注意するようにしましょう

対応が丁寧かどうかで選ぶ

人生の中で何度も体験することのない葬儀社への依頼。できる限り対応が丁寧なところを選びたいものです。じつは対応の丁寧さの目安になるポイントはいくつかあります。

 

まずは、費用の見積もりを見るときに明細が詳細に記載されているかどうかです。セット料金やオプション料金がしっかりと把握できて、見積もり分かりやすいものを出してくれる会社は良心的なところが多いです。

 

また、葬儀内容についても要望や意見を聞いてくれるかどうかも重要です。こちら側の希望を聞いてくれない場合は、段取りを勝手に進めてしまうような会社の可能性もあるので、注意するようにしましょう。

 

最後はパンフレットの内容が分かりやすいかどうかも、信頼できるかどうかの重要な目安です。全体的に料金や内容などを分かりやすく、明らかにされているかどうかをチェックすると良い会社を見つけやすいです。

「葬儀の記録」を閲覧させてくれる葬儀社を選ぶ

これまでにどのような葬儀を行ってきたのかを教えてもらえると、これから執り行う葬儀の参考とできるでしょう。どのような葬儀を行えばよいかわからない遺族には、非常に助かります。

 

過去の葬儀の実情を把握することで、どのような葬儀をしていけば良いか明確になっていくことも多くあります。また、葬儀会社の実績は信頼関係を結ぶことにもなります。葬儀選びには、過去の実績確認もしっかり忘れないようにしましょう

契約を急がせない業者か

ご家族が亡くなってすぐに、落ち着いて物事を判断できる方は少ないでしょう。それにも関わらず、高額の葬儀契約を急がせてくるようなスタッフは信頼性が少ない業者といえます。

 

相手の勢いに流されずにできる限り満足のいく契約ができるように、葬儀社は即決せずにじっくりと検討して決めるようにしましょう。

「葬祭ディレクター」の在籍と葬儀会社の格付けで選ぶ

依頼する葬儀社に葬祭ディレクターが在籍しているかどうかやJECIAのような葬儀会社の格付機関の評価、国際規格のISO9001の取得業者も、選び方の目安といえます。

 

葬儀会社に従事する資格制度の名称を葬祭ディレクターと呼びます。この資格を持っていると、葬祭業界においての知識や技能レベルが一定以上あると認められているとされています。葬儀ディレクターは、厚生労働省の認定制度が行っている葬祭を作り組み立てる資格です。

 

葬儀会社の従業員は、絶対にこの資格が必要というわけではありません。ですので、葬祭ディレクターがいない葬儀会社もあります。もちろん葬儀ディレクターがいなくても素晴らしい会社はたくさんあります。

 

しかし、葬儀に関する知識が豊富な葬祭ディレクターが在籍していると、希望に沿った葬儀を執り行うことが出来ます。さまざまなパターンから葬儀プランを出せる葬祭ディレクターの在籍は、葬儀会社の選び方の一つとして目安にしておいたほうが良いでしょう。

神奈川県の葬儀場の人気おすすめランキング3選

一都三県で2000か所以上の式場が利用できる

コムウェルは昭和47年に創業をしてから、一都三県を中心に冠婚葬祭事業を取り扱っている業者です。一般葬や家族葬以外にも、大型葬・社葬も幅広く対応してくれます。また、散骨や樹木葬も対応てくれるので、故人の思いもしっかりと叶えてくれる良心的な会社です。

 

公営斎場・葬儀会館・寺院会館・集会所など、一都三県で2000か所を超える提携式場ネットワークを有しているのでお客様の要望に合わせた最適な式場を提案してくれるのも大きなメリットです。

 

顧客満足度96%以上で、「依頼してよかった」と思えるような高い葬儀品質を持っています。葬儀社を検討している方も、安心して依頼できますのでぜひ検討してください。

営業エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉 会社規模 大規模
対応時間 24時間 対応葬儀 家族葬・一般葬・一日葬・自宅葬・直葬・社葬・音楽葬

ホテル同様の豊富な設備が魅力的!

神奈川、東京エリアに107の斎場を持つ大規模葬儀社です。サン・ライフの特徴は、葬儀場が多いため自身に合った立地場所を選ぶことが出来るところです。参列者の方に利便性の良い斎場や自宅近く、駐車場完備・好アクセス、病院や介護施設から近い斎場と豊富です。

 

また、施設も魅力的でホテルと同様の豊富なアメニティーや設備サービス。個室タイプの霊安室も完備しています。仮に自宅へ帰ることが出来ない方でも、安置室でゆっくりと休むことができます。

営業エリア 東京・神奈川 会社規模 大規模
対応時間 24時間 対応葬儀 家族葬・一般葬・一日葬・お別れ式

1円単位で見積もりを提示してくれる大規模葬儀社

アーバンフューネスは、各メディアで紹介された信頼と安心さが特徴の葬儀社です。注目を集めている理由は、何といっても厳しい社内基準でクリアした手厚いサポートにあります。

 

遺族の要望をヒアリングしたうえで、予算に合わせてオーダーメイド方式の葬儀を提案してくれます。お通夜や告別式など、葬儀後のアフターケアもしっかりしてくれるので非常に安心です。

 

また、一都三県・1220斎場・111拠点から選ぶことが出来るので希望の場所で葬儀しやすいのも大きなメリットです。追加料金がかからないように、すべての費用を1円単位で提示してくれるのも非常に良心的です。

営業エリア 東京・埼玉・神奈川・千葉 会社規模 大規模
対応時間 24時間 対応葬儀 家族葬・一般葬・自宅葬・直葬・社葬

仲介業者と紹介業者は間違えないように注意する

葬儀社を名乗っている企業の中には、仲介業者だったり紹介業者だったりすることもあります。知らぬ間に仲介業者に頼んでしまうと、仲介手数料など余計に取られて費用が高くついてしまう可能性があります

 

葬儀社の場合は、ほぼ100%で店舗や事務所を持って運営をしているので、所在地が明記されているかをチェックしましょう。もし所在地が明記されていない場合は、仲介業者か紹介業者の可能性があります。

 

以下の記事では葬儀社と仲介業者・紹介業者の違いについて詳しく解説されていますので、是非参考にしてみてください!

葬儀社はいつ頃に選ぶべきか?

葬儀社を選ぶ時期は、生前の段階から選び始めるのがベストです。しかし生前から葬儀社を選んでおくことに抵抗がある方もいるかもしれません。ですが、もし病院で亡くなった場合は、遺体を安置することが出来ずたいていの場合はすぐにでも搬出しなくてはなりません。このような場合に、葬儀社が事前に決まっていると斎場にすぐ搬送してもらうことができます。

 

葬儀社を事前に決めていない場合は、警察や病院に紹介してもらうことはできますが、必ずしも満足できる良い葬儀社とは限りません。また急な話にもなるため、葬儀社の比較をすることもできず費用も高値になってしまう可能性があります

 

このような事態を避けるためにも、あえて生前のうちに葬儀社をしっかりと慎重に選んでおいて、万が一の場合に備えるようにしておくのが一番です。今のうちに家族と話し合って、いざというときに信頼出来て納得のできる葬儀社を決めておくことをおすすめします。

まとめ

ここでは神奈川県で葬儀社を探す場合の選び方や、おすすめランキング10選を紹介いたしました。葬儀なので何度も起きると困ってしまいますが、いつかは必ず必要になります。急な事態に慌てないようにするため、この記事をぜひ参考にしてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

神奈川県の葬儀社ランキング10選

神奈川県の葬儀社ランキング10選

その他
神奈川でおすすめのウォーターサーバー6選!おすすめはどのサーバー?

神奈川でおすすめのウォーターサーバー6選!おすすめはどのサーバー?

その他
北海道の葬儀社ランキング10選

北海道の葬儀社ランキング10選

その他
葬儀バッグおすすめランキング10選【バッグ選びには素材やデザインがポイント!】

葬儀バッグおすすめランキング10選【バッグ選びには素材やデザインがポイント!】

その他
富山県の葬儀社ランキング10選

富山県の葬儀社ランキング10選

その他
熊本県の葬儀社ランキング10選

熊本県の葬儀社ランキング10選

その他