台風による損害の保険ってどうなっているの?火災保険で補償される!?

記事ID13960のサムネイル画像
火災保険で台風の時の損害が補償出来るって知っていましたか?保険って内容が難しそうでいまいちよく分からないですよね。ですが、いざという時に火災保険に加入していれば高い修理費を補償してもらえるので安心です。今回は台風の損害に役立つ火災保険についてご説明していきます。

火災保険の補償ってどんなのがあるの?

台風による自然災害は、ときとして私たちの生活に大きな自然災害をもたらします。私たちの住む建物や家財が台風の被害にあった場合は、火災保険で、その損害を保証することができます。火災保険には、「風災保証」「水害保証」「落雷保証」の三種類があります。

 

どの保証を選ぶのかは、被害状況によって変わってきます。また、保険の対象を「建物」とした場合と「家財」にした場合で、補償される内容に違いが出てきます。注意する必要がありますね。

 

この見出しでは、「風災保証」「水害保証」「落雷保証」はどのような、ものなのか説明していきます。是非参考にしてみてください。

水災補償

風災保証を受けることができる事例を、「建物」を対象とした場合と、「家財」を対象にした場合に分けて説明していきます。しっかり確認をして、素早く対応できるようにしておきましょう。

風災保証:「建物」を対象にした場合

風災保証で、建物を対象にした場合には以下のような事例があります。

 

・台風による突風で、窓が飛散してしまった

・台風で突風や強風が吹き、飛来物が原因で窓ガラスにヒビが入ったしまった

・台風の暴風雨により屋根瓦が破損してしまった

・台風が原因で、屋根が飛び破損してしまった

・台風による強風でカーポートの屋根が破損してしまった

 

以上のような内容で、回復のためのに必要な費用が風災保証で受けることができます。しかし、カーポートの場合だと、建物の基本補償に含まれるのは延床面積66平方メートル未満のものである必要があるので、注意する必要がありますね。

風災保証:「家財」を対象にした場合

風災保証で「家財」を対象とした場合には、以下のような場合があります。

 

・建物の敷地内に保管されている自転車や原付自転車が、台風による突風で倒れて破損してしまった

 

「家財」に関しては、以上のような事例で保証が受けられるでしょう。もしも修理や買い替えが必要になった場合は、必要な費用風災補償で受けられます。

 

風災保証については「建物」を対象にした場合と、「家財」を対象にした場合で、以上のような、指令が考えられます。台風、突風、竜巻、暴風で家財や建物が被害を受けた場合には、どのような風災保証が受けられるのかをしっかりこの記事を見て確認し、損害を少なくしましょう。

 

水害保証

水害保証を受けることができる事例を、「建物」を対象とした場合と、「家財」を対象にした場合に分けて説明していきます。しっかり確認をして、素早く対応できるようにしておきましょう。

水害保証:建物を対象にした場合

水害保証で、「建物」を対象にした場合には以下のような事例があります。

 

・台風などによる洪水や、高潮で床下浸水してしまった

・台風などによる局地的な大雨で排水があふれ、浸水した

・台風による大雨で土砂が崩れ、建物が巻き込まれた

 

以上のような内容で、回復のためのに必要な費用が水害保証で受けることができます。しかし、ここで、注意しておかなければならないポイントは、畳やフローリングも建物に含まれるということです。このように建物の基準も細かく分けられているので、見落としをなくすようにしましょう。

水害保証:家財を対象にした場合

水害保証で、「家財」を対象にした場合には以下のような事例があります。

 

・台風や大雨で、ドアが破損して、家の中にある家財が濡れてしまった

・台風による大雨で、車やバイクが浸水してしまった

 

風災保証については「建物」を対象にした場合と、「家財」を対象にした場合で、以上のような、事例が考えられます。台風、大雨による洪水、土砂崩れで家財や建物が被害を受けた場合には、どのような水害保証が受けられるのかをしっかりこの記事を見て確認しましょう。

落雷保証

落雷保証を受けることができる事例を、「建物」を対象とした場合と、「家財」を対象にした場合に分けて説明していきます。落雷の場合は、事例が少ないので、うっかり見間違ってしまうことがないようにしましょう。

落雷保証:建物を対象にした場合

落雷保証で、「建物」を対象にした場合には以下のような事例があります。

 

・落雷が原因で、屋根の瓦が破損してしまった

 

以上のような内容で、回復のためのに必要な費用が落雷保証で受けることができます。

 

 

落雷保証:家財を対象にした場合

落雷保証で、「家財」を対象にした場合には以下のような事例があります。

 

・台風の影響で雷が発生し、電化製品が壊れてしまった

 

以上のような場合で、水害保証については「建物」を対象にした場合と、「家財」を対象にした場合で、以上のような、事例が考えられます。建物に収容されている電化製品(冷蔵庫や洗濯機、テレビ、パソコンなど)は家財に含まれる。ということに注意しましょう。

台風被害で支払われる保険金と種類

台風災害では、支払われる保険金と種類が4つに分かれています。それぞれの内容をしっかり理解しておきましょう。

損害保険金

火災保険の支払要件に該当した場合は、損害保険金が支払われます。支払われる損害保険金の金額は、保険の契約時に定めた保険金額を上限として、実際の損害額から免責金額を差し引いた金額になっています。

臨時費用保険金

臨時費用保険金とは、損害保険金とは別に支払われる保険金で、台風による被害で自宅にいない間に利用したホテルの宿泊費用といった、臨時の出費を賄える保険金です。

 

臨時費用保険金は、商品によっては付帯が任意となります。付帯せずに契約しているケースもあるため、該当する場合は契約内容を確認してみましょう。

残存片付け費用保険金

残存物片付け費用保険金は、台風による被害によって建物や家財に損害保険金が支払われる場合、瓦礫や残がいを片付ける際に発生した費用の実費と同額の保険金を受け取れる保険金です。

保険金の支払上限金額は、多くの場合で1回の事故につき損害保険金額の10%です。

損害防止費用

損害防止費用とは、火災・落雷・破裂・爆発の事故において、損害の発生や拡大を防止するために必要であった費用を被保険者が負担した場合に、保険金を受け取れる補償です。

 

例えば、台風の雷によって火災が起きたとき、消火器を使って消化活動を行った場合に、消化剤を再び購入する際にかかった費用が補償されます。

台風の被害にあったらいくらもらえる?

火災保険では、支払要件に当てはまると契約時に決めた保険金額を限度として損害保険金が支払われるしくみになっています。損害保険金として支払われる金額は、損害金額から、免責金額を差し引いた金額です。

 

請求額全てが貰えるとは限らない

火災保険の保険金額が、契約している分そのまま降りるという訳ではありません。台風被害によって受けた損害額分のみとなっています。例えば、2社契約している場合、かけている補償金額が大きい方が優先されます。

全損した場合のみ全額補償される

全損してしまった場合の条件は以下のようになります。

 

・焼失・流失・損壊してしまった部分が延べ床面積80%以上である場合

・損害額が、再取得するための費用80%である場合

 

保険金の全てを受け取った後は、火災保険の契約はそこで終了してしまうので、その後は新たに入り直さないといけません。全損扱いではなく一部なら契約は続きます。

請求方法は?

実際に事故が発生し損害が発生した場合には、どのような手続きが必要になるのでしょうか。一般的な保険金の請求方法とその流れを見てみましょう。

 

1.契約者は、損害内容を保険会社に連絡します。損害の状況や原因は、わかる範囲で構いません。

 

2.保険会社に連絡すると、保険金の請求に必要な書類が送られてきます。

 

3.保管会社に連絡すると、保険金の請求に必要な書類が送られてきます。

 

4.保険会社に、保険金の請求に必要な書類を揃えて送ります。

 

5.保険会社は、現地で損害状況の確認・調査を行います。調査結果と契約者から提出された書類や画像データなどに基づき、保険金支払いの審査・認定を行います。補償の対象と認定されると、損害の程度によって損害保険金の金額が確定します。

 

6.契約者が指定する銀行口座に保険金が支払われ、手続きは完了です。

 

以上のような流れで、保険金の支払いは行われます。

保険会社の選び方とは?

台風へ被害は、火災保険によって保証されます。しかし、自然災害が多い近年は、保険料は上がってしまうので、保険料を払っていくのが大変です。そこで、ここでは、保険会社の賢い選び方を解説していきます。

何の補償が必要か考える

火災保険は火災をはじめとした落雷、爆発、破裂、雹や水濡れなどが含まれていますが、基本的なものだけ含まれていて後は特例として付けるということが多いです。特に水彩保証は特例としてつけないといけないことがあるので、契約するときや契約している時の確認が必要です。

 

では、どのようにして、必要な保証をを見極めればいのかというと、まずは、地元の防災マップを確認しましょう。例えば、自宅の近くに大きな川や用水路がある場合には、氾濫する可能性のある場所に自宅があるなら、床下浸水になる可能性があるので、水災補償をつけた方が良いです。

複数の保険会社と比較する

様々な保険会社があるため、一つの保険会社だけではなくて、複数の保険会社と契約しまししょう。保険会社によっては、契約内容や、補償内容が違う場合があるので、自分にとってメリットのある保険会社を選ぶようにしましょう。

火災保険加入時の注意点

火災保険は住宅ローンを組む際の条件になっているので、ほとんどの家庭では、火災保険に加入しているはずです。しかし、1998年以前の火災保険で契約をしている場合は、確認が必要です。その理由について詳しく説明していきます。

1998年以前の火災保険は要注意

1998年より以前は金融自由化ではなかったなため、火災保険は「時価」で計算されていました。金融自由化によって、この「時価」は「真価」に変わっています。「時価」と「真価」について詳しく説明していきます。

真価とは

「真価」とは、その家を建て直すときに必要な金額を保険金額として、契約する方法です。別名、再調節価格と呼ばれています。例えば新価で2,500万円で保険金額を設定した場合、上限で2,500万円まで保険金が下りるという計算になります。

時価とは

「時価」とは、その家を立て直すために必要な金額から、劣化などによって価値が下がった分を差し引き、その引かれた金額を保険金額として、契約する方法です。

 

例えば再建するのに必要な金額が2,500万円だとします。そして時価で1,500万円の契約だとすると、支払われる保険金は上限の1,500万円なので再建のために1,000万円も足りないということになってしまいます。

家財の対象・対象外がある?

火災保険は、ご契約いただいている保険の対象がなんであるのかは非常に重要です。建物と家財それぞれに保険をかけてた場合、建物も家財も保証されますが、建物のみを保険に欠けた場合は、家財は保証されません。

 

ですので、火災保険を契約する場合は、しっかり、家財と建物両方に保険をかけるようにしましょう。災害が起きてからでは、遅いので、この記事参考にしてみてはいかがでしょうか。

保険で対応出来る対象物はどんなのがある?

台風による被害は火災保険で補償できますが、対象となる、ものは建物と家財意外にも、物置や自転車などがあります。さらにそれぞれ保証される内容は異なります。例えば、「台風などの風圧によって飛散した窓」は風災補償です。

 

その他には、「台風の影響で家具が水浸し」は水災補償です。風、水、雷など、それぞれ台風による何が原因で起きたのかによって補償の種類が異なります。

カーポートやフェンスの補償も出来る?

台風の突風でカーポートの屋根などが傷ついてしまったり、壊れてしまった場合も火災保険が適用される場合があります。しかし、カーポートの一部が台風の影響で吹き飛ばされて、近隣の住民の家屋や、身体に被害を与えた場合は火災保険の適用範囲外になるので注意が必要です。

保険対象外になる場合とは?

火災保険には、保証の対象外になる場合があります。それは、台風の被害の前に元々経年劣化で建物が傷んでいた場合、請求が3年以上たっていた場合、風災の場合20万以下は補償対象になります。事前の確認と風害の場合には、損害額の計算が必要ですね。

火災保険で受けられる補償の確認

火災保険に加入していても、保険料の節約のために、水災補償を外すことで補償が薄くなっていることがあります。風災補償の免責金額を高く設定することで、損害の程度によっては、損害保険金がほとんど支払われない契約内容になっていることもあります。

 

家財の総額を低く見積もり保険金額を少額にしていることもあります。台風の接近や上陸による被害はさまざまです。どのような被害に備えたいのか、被害に遭った場合は貯金などでどこまで自力で対処できるのかを考え、過不足のない補償内容にしておきましょう。

落雷補償があるという事も忘れずに

台風でも、落雷の可能性がることを十分頭に入れていきましょう。台風というと、風邪による被害を思い浮かべがちですが、落雷などにより、コンセントに繋がれた、家電製品が故障することもあります。このような落雷被害は、落雷保証の対象になるので、知っておくといいでしょう。

水災補償はいくつか条件がある?

水災補償にはいくつかの条件があります。それは以下の通りです。

 

・損害額が保険金額の30%以上

・床上浸水で、損害額が保険金額の15%以上30%未満

・地上45cm以上の浸水で、損害額険金額の15%以上30%未満

 

水災補償を受けられる条件は以上のように、細かく分けられているので、注意が必要ですね。

台風でもっとも多い被害とは?その対策法

台風は様々な被害を私たちにもたらします。その中でも、特に多い被害はなんなのでしょうか。この見出しでは、台風の被害の内訳について説明していきます。

強風・大雨による被害が一番多い

台風の被害で、特に多いのは強風による飛来物です。自宅の屋根が飛ばされたり違う家から何か飛んできたりなど、風速が強くなるのでその分窓ガラスが割れてしまうようなことが多いのでしょう。

 

川の氾濫なども穏やかな流れの川でも台風によって変貌して被害を受けてしまうこともあります。台風が直撃した際には、河川には近づかないようにしましょう。

窓ガラスの対策

強風による飛来物で、窓ガラスが割れてしまうなどの被害を受けてしまわないためにも対策をとっておくことも大切です。例えば窓ガラス付近にはなるべく物を置かず、ガラスに保護フィルムを貼っておくといいでしょう。

 

これをする理由としては、窓ガラスが割れてしまった時にあちこちに飛び散らないようにするためです。保護フィルム以外では、養生テープを×印に貼ることもおすすめです。

屋根の対策

みなさんは、屋根というのは見逃しがちではないでしょうか。屋根は経年劣化による雨漏りの可能性もあるので、ヒビや隙間などがないかどうか業者に確認してもらいましょう。

 

また、不具合があれば修繕しておくといいでしょう。自分で確認・修繕は危険が伴うので、業者に任せるようにしましょう。

おすすめの無料保険相談所

保険を選ぶポイントやなどは説明してましたが、いざ商品を調べるとなると、数が多くてややこしいですよね。自分や、家族にぴったりの保険を専門の知識がある方に選んでもらうと楽ではないでしょうか。そんな時に頼りになるのが、無料保険相談所です。

ほけんのぜんぶ

オンライン保険無料相談も実施中

取り扱っている保険会社の数が32社あり、さらに、現在ほけんのぜんぶでは、自粛生活中の方や家事や育児で忙しいかたを対象にオンライン保険相談も実施しています。また、全国どこでも訪問可能(離島以外)なので、忙しい方にぴったりです。

保険市場

取扱保険会社が84社と業界最大

保険市場は取扱保険会社が84社と業界最大です。ありとあらゆる保険会社に対応しています。さらに店舗や訪問にも時間がとれないという方にむけた、オンライン相談を実施しています。1995年創業の老舗なので、信頼と実績が兼ね備えられた安心の保険相談所でもあります。

保険無料相談.com

丁寧な対応が評判

保険無料相談.COMは、とにかく丁寧な対応が評判の保険無料相談所です。コールセンターの質がよく、気軽に電話が可能なので、丁寧な対応を求めている方におすすめといえます。また、時間がないけれどすぐに電話相談がしたいという方にぴったりです。

まとめ

皆さんは、台風災害時における保険について理解できたでしょうか。台風災害による損害の保険には様々な種類があり、また、被害の状況によっても契約できる保険の種類は変わってきます。それぞれの家庭でしっかり話し合って、被害に会う前にしっかり備えをしておきたいですね。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月14日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

2022年最新!おすすめの火災保険ランキング10選【選び方も紹介】

2022年最新!おすすめの火災保険ランキング10選【選び方も紹介】

その他
犬小屋のおすすめ人気ランキング15選【室内用から台風に強い屋外用まで】

犬小屋のおすすめ人気ランキング15選【室内用から台風に強い屋外用まで】

犬用品
防災リュックの人気おすすめランキング15選【女性でも使いやすいものも】

防災リュックの人気おすすめランキング15選【女性でも使いやすいものも】

防災グッズ
おすすめの人気自動車保険ランキング5選【2022年度最新版】

おすすめの人気自動車保険ランキング5選【2022年度最新版】

自動車保険
車カバーの人気おすすめランキング15選【ハーフカバーから裏起毛カバーまで】

車カバーの人気おすすめランキング15選【ハーフカバーから裏起毛カバーまで】

カー用品
【2022年】防災グッズの人気おすすめランキング30選【災害時本当に必要なものは?】

【2022年】防災グッズの人気おすすめランキング30選【災害時本当に必要なものは?】

防災グッズ