仕事を辞めるときの注意点は?上司に退職を伝えるときはどうすればいい?

仕事を辞めるときの注意点は?上司に退職を伝えるときはどうすればいい?

仕事を辞めたいと思っていても、まず何から始める必要があるのか分からず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?辞めるとしても、できれば逃げることはせず、円満退職したいものですよね。そこで、この記事では仕事を辞める時の準備や流れ、いつ言うのか、注意点について詳しく紹介いたします。

商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

正社員からパートまで!仕事を辞める時の準備と流れを把握しよう

仕事やパートを辞める時は、退職すると決めてから辞めるまでの手順があるため、事前に準備が必要です。感情のままに逃げることや、辞めてしまうと、金銭面で窮地に追い込まれ、焦って現在の職場よりも待遇の悪い会社に勤めてしまう可能性もあります。

 

また円満退職するためには、上司への適切な伝え方も学んでおかなければなりません。とは言っても、行動に移すことも難しいですよね。仕事を辞めても失敗しないためには、退職までの流れや注意点をしっかりと把握しておくことが大切です。

 

そこで今回の記事では、仕事を辞める前の転職活動の準備と流れ、注意点や退職を伝えるタイミングなどを徹底解説していきます。正しい知識さえ身につけてしまえば安心ですよ。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

仕事を辞める前にするべきこととは?

辞めたい理由を整理する

仕事を辞める前には、まず辞めたい理由を整理することが大切です。ここからはまず始めに、なぜ辞めたいのかについて整理する方法をご紹介していきます。

今後の人生に活かすため

転職を今後の人生で活かすためにも、仕事を辞めたい理由を一度整理する必要があります。現在の会社に入社する時も、夢や希望を持っていませんでしたか。なぜ辞めたいと感じているのか分析しなくては、また同じ理由で辞めたくなる可能性があります。

 

そのため、今の会社を選んだ時の事も振り返って考えてみてください。そうすることで、過去と同じ選択ミスをするのを防げます。理由が仕事・人間関係によるものなのかについても考え、場合によっては、仕事を辞める必要がないかもしれません。

辞めない方法も考えてみる

現在の職場でも解決できる悩みなら、辞めない方法も視野に入れてみましょう。辞めずに、部署や仕事内容を変えるだけで、悩みが解決するケースもあります。そのため、上司に相談してみてから決めても遅くはないでしょう。

 

一度は会社に残ることも考えてみましょう。また、会社に部署移動の申し出をする際は、辞めたいことを悟られるような言葉は避けてください。部署を移動したい理由は、前向きな内容にすることをおすすめします。

理由を分析してみる

辞めたい理由を冷静に考えて分析することで、後先考えずに衝動的に辞めて後悔するといった失敗を防げます。多くの人は一時的な感情で「もう辞めよう!」と思った時、大切なことが見えなくなりがちです。

 

なぜ辞めたいと思ったのかを、一度冷静になって分析し、「本当に辞めた方がいいのか」考え直してみましょう。客観的に見れば、「辞める程の問題ではなかった」と気づく可能性もあります。

ノートに整理してみる

辞めたい理由をノートに書き出して、整理してみるのもおすすめです。人は頭の中だけで考えていても、なかなか自分の気持ちを整理することができません。そのため、現在の職場で感じている不満などを思いつく限り、ノートに書き出してみましょう。

 

ノートに書き出したら、それらの言葉を客観的に見てみてください。そして「どうなったら解決できそうか」「辞めなくても解決できるか」を、書き出した不満の横に書いてみてください。現在の職場に残るべきか、転職すべきかの正しい判断基準となります。

転職活動は辞める前に始める

転職活動をするなら、仕事を辞める前に開始する必要があります。「今の会社で働きながら転職活動して大丈夫なの?」と疑問に思う人も多いでしょう。しかし多くの人は転職をする際、転職先が決まってから会社に退職の話を切り出しています。

 

また、転職活動をしていく中で「やっぱり今の会社が一番いい」ということに気づく方も、決して少なくありません。辞めてから後悔しないためにも、辞める前に転職活動を始めましょう。

転職のプロに相談する

転職活動をするにしても、まず「なにから始めたらいいの?」と考えてしまいます。そんな際には、相談相手を見つけることが大切です。

相談相手は誰が最適?

転職の相談相手と言っても、誰でもいいわけではありません。どんなことにも当てはまりますが、まず転職活動に詳しい人というのは必須条件です。また、あなたの仕事内容はもちろん、あなたが目指したい職種や業種に関して精通している人が最適でしょう。

転職エージェントを利用する

転職を上手くいかせるために、転職エージェントを利用して相談するのがおすすめです。キャリア相談を無料で受けられるサービスのことで、登録するだけで無料で相談できて、あなたに合った仕事を紹介してくれるなど、全般をサポートしてくれます。

営業トークには注意する

転職エージェントは完全無料で相談できますが、営業トークには注意が必要です。あなたを転職へと誘導できれば、企業側から多額の報酬を貰えるため、急いで転職させようとしてくる可能性があります。

仕事を辞める前に転職活動をするメリットとは?

前もって転職活動をしておけば、清々しい気持ちで止めることができます。辞める前の就活メリットを見て行きましょう。

心に余裕が持てる

仕事を辞める前に転職活動を始めるメリットとして、心に余裕が持てることが挙げられます。なぜなら、転職サイトや転職エージェントに登録をすると、毎日多くの求人情報を目にするからです。心に余裕が生まれますし、職場への足取りも軽くなるでしょう。

金銭的な余裕が生まれる

仕事を辞める前に転職活動をしておけば、金銭面でも余裕が生まれます。先に仕事を辞めてしまうと、収入がなくなってしまい、なかなか転職先が見つからず、焦って転職先を決めてしまったら、現在よりも状況が悪化してしまう可能性もあるのです。

 

しかし、仕事をしながら就職活動を行えば、じっくり腰を据えて会社選びができます。そのため、仕事を辞める前に転職活動を始めて、転職先が決まってから辞めるという順番がおすすめです。

自分の市場価値を確認できる

仕事を辞める前に転職活動を開始すると、自分の市場価値を確認できるというメリットもあります。せっかく転職しても、転職先の会社の方が待遇が悪かったら、元も子もありません。

 

しかし、これまでの仕事の経験や年齢によっては、今より良い待遇の会社を選べない場合もあるのです。そうなると、転職するよりも現在の職場に残っていた方が良いということになります。失敗を避けるためにも、会社にいる間に転職活動する方がいいでしょう。

退職を伝えるのに適切なタイミングと伝え方は?

退職に際して伝えるのに適切なタイミングと伝え方が存在します。相手に不快な思いをさせることなく円満退社できるようにしましょう。

切り出すのに最適な時期

退職の話を切り出すのに最適な時期は、1~3ヶ月前が一般的です。その際は、必ず直属の上司に直接話があることを伝えてアポを取りましょう。もし直属の上司以外に先に伝えると、マナー違反と見られ円満退職できなくなってしまいます。

なるべく繁忙期は避ける

退職の話を切り出す際は、繁忙期を避けたほうが無難です。社内も慌しく忙しい時期に退職の話をしようとしても、取り合ってもらえない可能性が高くなります。また繁忙期になると、処理しなければならない仕事を大量に受け持つこともあるでしょう。

 

そうなってしまっては、仕事を辞めるどころではなくなってしまいます。ある程度は仕事も落ち着いていて、上司も気持ちに余裕がある時期に、タイミングを見計らって切り出すようにしてください。

ハッキリと辞職の意志を伝える

退職を伝える時には、上司にハッキリと辞職の意志を伝えましょう。まずは落ち着いたトーンで丁寧に、「退職したい」という思いや理由を伝えることが大切です。その後、辞める時期を具体的に伝えるとよいでしょう。

個人的な理由にする

退職理由に関しては、あくまで個人的な理由にすることをおすすめします。仕事を辞める話を切り出せば、上司には「なぜ辞めるのか」また「辞めた後どうするのか」など、必ず聞かれるでしょう。

 

具体的な理由を聞かれた時のためにも、個人的で前向きな理由を用意しておきましょう。そして、仕事を辞めると決めた意志の固さが伝わるように、今後の考えなどもハッキリと伝えるといいです。

退職を伝える際におすすめの理由とは?

退職を告げる際におすすめの言い回しがあり、正直に伝えるだけでなく、ちゃんとした理由を言うことで相手のことも慮れます。

将来の目標が決まった

退職の理由では、まず「将来の目標が決まった」と言うのがおすすめです。将来の目標が明確になったとして、「今の職場で実現するのは難しい」または「実現できない」と言われれば、上司も諦めざるを得ません。

親の介護のため

上司に納得されやすい理由として、「親の介護のため辞職する」と伝えるのもおすすめです。理由が家族の介護となると、なかなか詳細を聞きづらいため、反対される可能性も低くなります。また他に、「家業を手伝う」といった理由も納得されやすいです。

結婚や妊娠

女性なら結婚や妊娠を理由に辞めるのも、円満退職しやすいのでおすすめです。ただし、あなたの会社が結婚や出産後も働きやすい環境だった場合、引き止められる可能性があります。両立が難しいなどと伝えるといいかもしれません。

病気で療養するため

病気を理由にすることも、仕事を辞める際に引き止められないのでおすすめです。ただしこの場合は、上司が心配して色々と質問してくる可能性があります。そのため、「持病が悪化してしまい」等、予め回答を用意しておいてください。

退職を伝える時に言わない方がいい理由とは?

会社や仕事内容への不満

仕事を辞めたい理由には、「会社や仕事内容に不満を抱いている」といった場合が多くあります。しかし、会社への不満を理由として「仕事を辞めたい」と伝えることは、おすすめできません。

 

なかには「仕事内容がハードで体調を崩してしまった」とか、「頑張っても評価されなかった」といった理由で辞めたい人も少なくないでしょう。上司に伝えたくなる気持ちはわかりますが、不穏な空気を残してしまうことになります。

人間関係に関連したこと

仕事を辞めたい理由として最も多いのは、職場の人間関係です。上司がモラハラをしてきたり、同僚と上手くいかなかったりなど、人間関係に疲れてしまうと仕事へ行くのも苦痛になってしまいます。

 

しかし、人間関係を理由として上司に退職の相談をしたとしても、説得されて退職できなくなるケースもあるのです。そのため、人間関係に関連したことを理由にするのは、避けたほうがいいでしょう。

仕事への向き不向き

今の仕事が自分に向いていないとか、好きになれないといった理由で退職を考える人も多いでしょう。しかし、仕事の向き不向きを理由に辞めたいと伝えても、「もう少し頑張ってみようよ」と引き止められる可能性があります。

 

また、忍耐力のない人というレッテルを貼られ、諭されてしまい余計に疲れてしまうことにもなりかねません。退職理由に関しては、本音を伝えても良い結果にはなりにくいので、なるべく前向きな理由を伝えるようにしましょう。

いつ言う?仕事を辞めるまでの流れと注意点とは

辞めるまでの流れとして注意しなければならないことも多々あります。いつ言うかなど気をつけることを見て行きましょう。

逃げることなく転職活動を開始する

上記でも少し解説しましたが、まず仕事を辞める前に転職活動を開始することは、とても大切です。現時点ですぐ逃げることや退職してしまうと、後悔しても後戻り出来なくなってしまいます。そのためまず先に転職活動を始めましょう。

仕事先に退職の話を告げる

転職活動を開始して転職先が決まったら、次はいよいよ上司に退職の話を切り出してください。まずは直属の上司にアポを取り、「大変お世話になりました」と敬いの言葉を延べた後、退職の理由を落ち着いて話しましょう。

退職の交渉をする

場合によっては、退職するための交渉が必要な時もあります。上司に引き止められるなど、退職が困難な状態に陥ることもあるからです。

引き止められた場合

上司から「会社にとって必要な人材だから辞めないでほしい」と強く引き止められた場合、押し切られそうになる人もいるでしょう。しかし、会社を辞めると決めて転職先も決まっている以上、考え直すような時間はありません。

 

「引き継ぎや現時点で残っている仕事をしっかりとやる」という姿勢は見せ、妥協しないように注意しましょう。何を言われても「辞職の意志は変わらない」ことを、ハッキリと伝えてください。

退職が難しそうな場合

職場の雰囲気によっては、簡単に辞めさせてくれない場合もあります。また性格的なことが原因で、交渉の自信がない方もいるでしょう。しかし、どんなに引き止められたとしても、あなたが辞めると決意したなら辞めることは可能です。

 

なぜなら、民法上で退職日が2週間以後ならば、会社を辞める権利を認められているからです。そのため会社側は、あなたの退職を受け入れるしかありません。有給も消化しつつ、毅然とした態度で安心して交渉しましょう。

競合会社へ転職する場合

退職の交渉をする際、上司から転職先を聞かれる可能性があります。もし、現在の会社とは競合となる職場へ転職する場合、伝えづらいですが、「今、探しているところです」「これから探す予定です」等、上手く誤魔化すのも一つの手です。

あっさりと許可された場合

退職を伝えても、あっさりと許可されることもあります、交渉の必要はなくなりますが、「自分は必要なかったのかな」と、何となく自信を失いそうになりますが、「すんなり辞められて良かった!」とポジティブに受け止めましょう。

退職願・退職届を出す手順

退職の交渉が終わったら、次は退職願(または退職届)を準備して渡す必要があります。退職願・退職届を出すタイミング・準備・書き方・折り方についてみて行きましょう。

タイミングは交渉後

退職願・退職届を提出するタイミングは、交渉が終わった後です。実際には、交渉前に渡すと相手側は受け取った時点であなたの退職願・退職届を受理してしまうことになるため、大変戸惑います。

 

また、前もって退職の相談もせずに、突然退職願・退職届を出すことに対して「礼儀のない方だ」と捉える人も少なくありません。そのため、必ず交渉後に準備して提出しましょう。

退職願か退職届を準備する

仕事を辞める時に提出する書類には、退職願と退職届があります。会社によっては就業規則等で、どちらを提出するべきなのか異なるため、上司に相談して聞きましょう。特に指示がなかった場合は、退職願の方を提出すれば問題ないです。

退職願・退職届を書く

会社の就業規則などで定まっていれば、その例に従って書きましょう。特にない場合は、少しでも誠意を見せるために手書きで丁寧に書いてください。また、横書きではなく縦書きで書くことで、相手に敬う気持ちが伝わります。

折り方はマナーを守る

退職願・退職届には、折り方にマナーがあります。これは、相手が受け取った時に読みやすい向きにするためです。正しい折り方は用紙のサイズに関係なく、3つ折か4つ折となります。できれば、3つ折の方が読みやすいのでおすすめです。

 

折り方は、綺麗な机にまっすぐに置き、定規などで測って下から3分の1で折るようにします。次に先に折った下の部分に覆い被せる感じで、上から3分の1を綺麗に折り返しましょう。封筒の裏側から見て右上にくるようにして、丁寧に入れてください。

引き継ぎと挨拶をする

退職届を提出後は、引き継ぎをしていく時期となります。今までお世話になった人たちに挨拶をするのは、社会人として最低限のマナーです。仕事の関係者たちにはできる限り、対面で挨拶に行きましょう。

 

しかし社外の関係者ですと、時間的に直接挨拶に行くのが難しい場合もあります。そんな時は、挨拶をメールで送っても大丈夫です。ただし、退職日の1週間前には送るようにしましょう。またこの時期に、必ず有給も消化していってください。

退職まで仕事にベストを尽くす

退職すると決まった後も、退職日までは会社の一員です。現在の職場に迷惑をかけないように、最後までベストを尽くしましょう。円満退職するためにも、退職するその日まで仕事の引き継ぎも含め、最後まで責任を持ってやり遂げてください。

退職当日と退職後にするべきこと

退職当日には、経費清算など各種手続きが必要となるため、早めに出勤する必要があります。会社に返すものがないかチェックして、自分のデスク周りやロッカー等、綺麗に掃除しましょう。自分の気持ちの整理をするためにも大切です。

おすすめの転職エージェントとは?

仕事を辞めると決めてから退職するまでの流れが分かったところで、ここからはおすすめの転職エージェントをご紹介します。ぜひ参考にして利用してみましょう。

マイナビエージェント

1つ目は、サポートが充実していて満足度No.1を誇る「マイナビエージェント」です。新卒者にとっても人気の「マイナビ」は有名な大手会社ですが、ベンチャーをはじめ大手まで求人数は豊富になります。

 

たとえば、「ITエンジニア専用サービス」はエンジニア転職に特化しており、「金融業界向けサービス」という、銀行や証券会社に強いサービスもあり、転職活動には重要な面接の対策から職務経歴書の添削など、サポート体制も大変充実しています。

Doda

2つ目の「Doda」は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営している転職エージェントです。国内最大級と言われており、求人数だけでなく提案力もトップレベルと言われています。じっくりと相談できるのも魅力的です。

 

Dodaには良い口コミが多く、エージェントの担当者には当たり外れがなく安心と評判で、また首都圏だけではなく、地方の転職や高齢となった転職にも対応しており、良い求人が見つかると人気です。

リクルートエージェント

3つ目は、案件総数と内定決定数No.1の実績を持つ「リクルートエージェント」です。こちらも国内最大手の総合転職エージェントで、求人数はトップレベルでの転職エージェントではなかなか求人がない職種でも、リクルートでは見つかります。

 

また、専門のコンサルタントにフルサポートして貰えますから、個人ではなかなか言いづらい「年収・条件・入社日程」等の交渉も代行してくれます。地方で転職したい人や40代以上の転職者にもおすすめなので、ぜひ登録して相談してみましょう。

パソナキャリア

4つ目は、首都圏に特化したサポート充実の「パソナキャリア」です。取引の実績は16,000社以上で、求人数も充実しています。手厚いサポートとフォローをしてくれますので、初めての転職で不安のある人におすすめです。

 

転職カウンセリングサービスを行っており、キャリアカウンセリングを通して客観的にアドバイスしてくれます。また、あなたのスキルやアピールポイントを明確にし、自身に合う求人を探してくれるので大変心強いです。

 

しかも、すべてのサービスを無料で受けられます。さらに転職サポートだけではなく、入社後も相談できるのは魅力的です。自己分析が苦手な人はパソナキャリアに相談してみるとよいでしょう。

キャリアカーバー

5つ目の「キャリアカバー」は、先に紹介しました国内最大手のリクルートが運営する、ハイクラス専門の転職エージェントです。こちらは一般求人ではなく、年収800~2,000万円の求人案件を多く受け持つ、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職支援サービスとなっています。

 

自身でレベルの高いコンサルタントを選んで相談することもできますし、レジュメに登録して好条件のスカウトを待つことも可能です。年収800万以上の求人は、約28,000件以上ありますので、高年収の転職先を狙う方におすすめで、ぜひ登録してみましょう。

以下の記事は転職サイトのおすすめランキングを紹介しています。あわせてご覧ください。

仕事を辞める勇気を出す方法とは?

新しい職場のことを考える

仕事を辞める勇気がなかなか出せない方は、新しい職場のことを考えるのがおすすめです。現在の職場のことばかり考えていると、「上司や同僚に悲しまれるのでは」とネガティブなイメージに囚われてしまいます。

 

新しい職場での上司や同僚と、楽しく仕事をしている自分を想像してみてください。なんだかワクワクした気持ちになってきませんか。近い将来のことを考えれば、気持ちも前向きになって辞める勇気が出てきます。

なんとかなる精神を持つ

仕事を辞めても「なんとかなる」という精神を持つことも、勇気を出す方法としておすすめです。現時点で安定している職場から離れることを、不安に感じる人は少なくないでしょう。また、ついネガティブな意識に囚われてしまいがちな方もいます。

 

しかし、今は残念ながら「会社に所属する=安定」という時代ではありません。現在の職場に残ったとしても、職を失うかもしれない不安はつきまといます。仕事がなくなったとしても、日本には社会保障がありますから、勇気を持って転職へと踏み出しましょう。

辞めた後の職場のことは考えない

仕事を辞めた後の職場のことは考えないようにするのも、勇気を出す方法のひとつです。あなたが辞めることで、多少は会社や同僚に迷惑をかけるかもしれません。しかし、あなたが居なくなった後の穴を埋めるために、会社は努力するので何とかなるものです。

 

もし何とかならなかったとしても、それは会社の責任であって、あなたの責任ではありません。あなたが一人抜けただけで仕事が回らないようなら、これまでに起こり得るリスクを考えて来なかった会社側の責任です。後のことは気にせずに退職しましょう。

どうしても勇気が出せない時はどうしたらいい?

退職代行サービスを利用する

仕事を辞めると決めて、勇気を出して上司に退職の意志を伝えようとしても、どうしても勇気を出せない人もいるでしょう。特に、上司からモラハラを受けている人なら尚更で、そんな時は、退職代行サービスを利用するのがおすすめです。

 

退職代行サービスを上手く利用すれば、ストレスからも解放されますし、仕事をスムーズに退職することも可能です。不安が強くあって辛い際には無理をせずに、退職代行サービスに相談してみてください。

限界の時はエキサイトお悩み相談室がおすすめ

限界まで職場に残っていたために、「ストレスで何も考えられない」という人には、「エキサイトお悩み相談室」がおすすめです。エキサイトお悩み相談室には、プロのカウンセラーが130名以上在籍しています。

 

新規登録なら、初回の相談料が1000円分無料で受けられます。24時間365日いつでも、あなたの悩みを相談することができ、仕事やキャリアの悩みに精通したカウンセラーもいますので、まずは会員登録してみてはいかがでしょうか。

仕事をすぐ辞めたい時に知っておいた方がいいことは?

失業保険を申請する方法

すぐ仕事を辞める場合は転職先が決まっていないため、失業保険を申請する必要があります。せっかく支援制度が存在していても、自分で失業保険の申請を行わなければ、受け取ることはできません。

 

失業保険は、退職日からさかのぼって2年間、被保険者となった期間が12ヶ月以上であれば受理されます。しかし、倒産や解雇などの理由で退職に追い込まれた場合、退職日からさかのぼり1年間で被保険者期間が6ヶ月以上なら受給可能です。

健康保険の手続きの仕方

仕事を辞めてしまうと、これまでの会社で加入していた健康保険の、被保険者としての資格を失ってしまい、転職先が溜まっていない状態ですと、転職が決まるまでの間は国民健康保険への加入が必要となります。

 

この手続きは早急にやらないと、病気になって通院や入院が必要となった時に、医療費を全額自己負担することになるため注意が必要です。また一旦、家族の扶養に入るという方法もあります。早めに市町村役場へ行き、手続きを行いましょう。

まとめ

今回紹介してきたように、やる事が大変多くあります。一番大切なことは、感情のままに辞めてしまうのを避けて、じっくり考えて慎重に行動することです。本記事を参考にして計画的に円満退職し、転職先で新たな仲間たちと共に、人生を謳歌しましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年03月09日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

福岡の退職代行サービス人気おすすめランキング12選

福岡の退職代行サービス人気おすすめランキング12選

その他のサービス
退職時のお菓子選びに迷ったら!100人に聞いた退職時のお菓子おすすめランキング18選

退職時のお菓子選びに迷ったら!100人に聞いた退職時のお菓子おすすめランキング18選

その他のギフト
【体験談あり】退職代行会社の人気おすすめランキング20選

【体験談あり】退職代行会社の人気おすすめランキング20選

その他
男性定年退職のプレゼント人気おすすめランキング15選【珍しい記念品やおしゃれなものも】

男性定年退職のプレゼント人気おすすめランキング15選【珍しい記念品やおしゃれなものも】

その他のギフト
プチギフトの人気おすすめランキング20選【結婚式や退職に】

プチギフトの人気おすすめランキング20選【結婚式や退職に】

ギフト・プレゼント
【2023年最新版】退職代行を行う弁護士事務所の人気おすすめランキング10選

【2023年最新版】退職代行を行う弁護士事務所の人気おすすめランキング10選

サービス