台風による損害の保険ってどうなっているの?火災保険で補償される!?

記事ID13908のサムネイル画像

火災保険で台風の時の損害が補償出来るって知っていましたか?保険って内容が難しそうでいまいちよく分からないですよね。ですが、いざという時に火災保険に加入していれば高い修理費を補償してもらえるので安心です。今回は台風の損害に役立つ火災保険についてご説明していきます。

火災保険の補償ってどんなのがあるの?

案外知られていませんが、台風の主な被害の補償は、火災保険が対応しています。全ての被害に対応できる訳ではありませんが、火災保険の補償内容をしっかり把握しておけば、いざという時に安心です。火災保険の補償について、詳しく見て行きましょう。

水災補償

水災補償は、台風が起こす洪水や高潮、土砂崩れなどによって、建物や家財に被害があった場合に補償するものです。台風以外の暴風雨やゲリラ豪雨が原因でも補償されます。

 

ただし、水災補償には支払い条件があります。一般的には、建物や家財の保険金額の30%以上の被害があった場合や、床上浸水などで損害があった場合に、所定の保険金が支払われます。

 

注意点は、保険料を抑えるために水災補償が特約となっている場合です。基本的な火災保険に、付いていない可能性があるのです。その場合は、国交省や自治体が公表しているハザードマップから、居住地の水災リスクの可能性を見て、水災補償の必要性を検討しましょう。

風災補償

台風による暴風被害に対しては、風災補償で対応します。台風が起こす猛烈な風が原因で、建物が壊れたり、飛来してきた物によって建物に被害があった場合に、補償があります。台風以外の自然災害としては、竜巻や突風、暴風による被害でも補償されます。

 

具体的な例として、台風により屋根瓦が飛んだり、ベランダが壊れたりした場合、屋根が壊れて雨漏りしたり、飛んできた物で窓ガラスが割れて家財が水浸しになった場合などに、所定の保険金が支払われます。

 

台風の暴風雨が原因の雨漏りが、水災補償ではなく風災補償でカバーされる事を、理解しておきましょう。また、風災補償が特約となっている場合があります。火災保険に付けていないと、万が一の時に補償が受けられないので、注意しましょう。

 

落雷補償

台風による雷の被害は、火災保険の基本補償である「火災・落雷・破裂・爆発」が対応します。建物に直接落雷した場合や、落雷によって生じた過電流が室内の電化製品に被害を与えた場合に、補償があります。台風以外でも、落雷による被害には、落雷補償があります。

 

具体的な例として、落雷によって自宅が火事になった場合や、落雷によって生じた過電流が原因で、テレビやパソコンなどが壊れた場合には、所定の保険金が支払われます。特にパソコン内のデータ復旧が困難な被害では、修理金額以上の甚大な損害になる恐れがあります。

 

落雷補償は火災保険の基本補償ですが、保険の対象が「建物」のみの場合や、「家財」のみにしている場合には、被害状況によっては補償されませんので、よく理解しておきましょう。

 

台風被害で支払われる保険金と種類

台風に限らず、火災保険で支払われる保険金には、大別すると損害保険金と費用保険金があります。2つの保険金の内容については、以下の通りです。

損害保険金

損害保険金とは、保険の対象である建物や家財が損害を受けた時、その損害に対して支払われる保険金のことです。なお、損害保険金は契約の補償額ではなく、台風によって生じた被害額のみが支払われます。

臨時費用保険金

臨時費用保険金は、火災や自然災害などの被害に遭って、損害保険金が支払われる際に、臨時の出費に対応するための保険金です。臨時の出費とはいうものの、保険金の使途は限定されていません。

 

実際の保険金は、保険会社や火災保険の契約内容などによって異なります。上限値の設定があるものの、一般的には損害保険金の10%~30%です。

残存片付け費用保険金

残存片付け費用保険金とは、火災や自然災害などの被害に遭って、損害保険金が支払われる際に、建物や家財の焼け残りや瓦礫などの残存物を片付ける費用に充てる保険金です。

 

損害保険金の10%を限度として、建物の取り壊し費用、清掃費用、瓦礫の搬出費用などの実費が支払われます。現在は新規の契約はできませんが、住宅金融支援機構の特約火災保険では、水災による損害の場合、補償の対象外になっていることがあるので、注意してください。

損害防止費用

火災や破裂・爆発などの事故が発生したときに、被害を抑えたり、被害拡大を防止するための活動で支出した費用に対する保険金です。

 

具体的には、消火活動に使用した消火器の再取得費用や、消火活動に使用して損耗した物(衣類も含む)の、修理費用や再取得費用です。

台風の被害にあったらいくらもらえる?

台風による被害を受けた場合、実際のところ、いくら位保険金が支払われるのでしょうか。とても重要なポイントなので、しっかり見ておきましょう。

請求額全てが貰えるとは限らない

実際に支払われる保険金は、火災保険で契約している補償額ではなく、台風被害によって受けた損害額分のみとなっています。損害が大きくて全損とみなされる場合のみ、契約補償額の全額が受け取れます。

 

火災保険には、少額の損害は自己負担してもよいなら、その額を免責とすることで保険料を安くできる仕組みがあります。その場合は、実際の損害額を請求しても、請求額から免責額を引いた保険金が支払わることになります。

 

また、2社の火災保険に加入していた場合、保険金が2倍支払われる訳ではありません。契約内容がA社1,500万円、B社1,000万円の場合、例えば損害額が1,000万円なら、2社合わせて1,000万円が支払われます。手続きが煩雑になる上、時間もかかるのでメリットはありません。

全損した場合のみ全額補償される

契約補償額が全部支払われるのは、全損した場合のみです。全損とみなされる条件を満たしていれば、全額が支払われます。なお全額を受取った場合、火災保険の契約は終了しますので、新たに入り直す必要があります。

 

全損とみなされる条件については、次の通りです。延べ床面積の80%以上を焼失・流失・損壊した場合や、被害額が再取得するための費用の80%以上である場合です。なお、全損ではなく一部の損害なら、火災保険の契約は継続します。

請求方法は?

台風の被害で保険金を請求する際の、手順や必要書類についてまとめました。これにより、いざという時に迅速な手続きができます。

請求の手順

請求手順は以下の通りです。

 

  1. 火災保険の契約者が、保険会社に台風による損害があったことを連絡します。保険会社に伝える内容は、契約者名や保険証券番号、事故の日時や場所、事故の状況などです。
  2. 連絡を受けた保険会社は、所定の確認作業を行い、保険金の請求に必要な書類などについての案内を送付します。
  3. 契約者は、保険金の請求に必要な書類などを揃えて保険会社に提出します。
  4. 書類などを受取った保険会社は、被害状況を確認するため現地調査を行います。調査結果と契約者からの請求書類や画像データなどを確認し、保険金支払いの審査・認定を行います。補償の対象と認定されると、保険金の金額が確定します。
  5. 契約者が指定する口座に、所定の保険金が振り込まれます。以上で手続きは完了します。

 

なお、保険証券番号は保険証券に記載されていますが、紛失した場合でも保険金は請求できます。

必要書類など

保険会社に提出する書類は以下の通りです。

 

  • 保険金請求書(保険会社の指定用紙)
  • 罹災証明書(被災の事実や被害の程度を証明する。火災の場合は消防署、自然災害の場合は市区町村役場で交付)
  • 被害の程度がわかる写真や画像データ
  • 修理業者などからの修理見積書や報告書(修理不能証明書など)

 

猛烈な台風などで大きな被害を受けると、保険金請求額が高額になることがあります。そのような場合は、印鑑証明書や建物登記簿謄本(建物が補償の対象の場合)などが必要です。

保険会社の選び方とは?

毎年のように大きな自然災害が各地で発生するようになったため、火災保険に限らず保険料は高騰しています。経済的な負担が大きいため、自分にとって一番よい火災保険を、いかに選ぶかが重要となっています。

何の補償が必要か考える

火災保険には基本補償となっていて外せない補償と、特約となっている補償があります。基本補償には、火災をはじめとして、落雷、爆発、破裂、雹や水濡れなどが含まれています。基本補償の内容を把握した上で、特約は何が必要なのかを検討しましょう。

 

特約を適切に選んだり、補償に対して一定の免責額を設定することで、保険料を抑えることが可能です。どんな特約が必要なのかは、国交省や自治体が公表しているハザードマップ(防災マップ)を参考にすればよいでしょう。

 

低地や氾濫の可能性がある河川に近い場合は、水災補償の特約は必ず付けましょう。一方、水害のリスクが無い立地のマンションでは、必要がないと判断できます。また、風災補償は立地条件に関係なくおすすめの特約です。

 

 

複数の保険会社と比較する

費用を抑えつつ必要な補償を得るためには、最初から保険会社を1~2社に絞らずに、複数の保険会社と比較するとよいでしょう。実際のところ、保険会社によって、補償内容や保険料に違いがあります。

 

インターネットでの一括比較サイトや、無料保険相談所を活用すれば、複数社の中からよりよい保険商品が見つかる可能性があります。無料保険相談所に行けば、専門家からのアドバイスも聞けるので、利用するメリットが大きいでしょう。

火災保険加入時の注意点

火災保険に加入する時の注意点について、特に理解しておきたいポイントが幾つかあります。それでは順に説明して行きましょう。

1998年以前の火災保険は要注意

現在の火災保険では問題となりませんが、1998年10月以前に銀行ローンを組んで加入した長期火災保険は、「時価」で契約している可能性が高いので要注意です。なぜ「時価」ではいけないのかをお話しします。

新価

新価とは、火災や自然災害などで損害が生じた場合に、その場所で保険の対象物とまったく同じ物を、再築または再取得するために必要な額のことです。再調達価額とも言います。つまり被害を受けた建物と同じ建物を、新たに建て直すための金額です。

 

従って、保険価額を新価にしておけば、たとえ建物が全焼したとしても、保険金のみでまったく同じ建物を作り直すことができます。火災保険なので当然だと思われがちですが、1998年10月以前の火災保険では、ほとんどの場合時価でした。

 

保険価額の算定基準が時価であった場合、一般に補償額は下がります。家を新築できるほどの保険金は、支払われません。災害は何時やって来るか分かりません。時価による火災保険を契約している場合は、すぐにでも新価による火災保険の検討をしたほうが良いでしょう。

時価

時価とは、保険の対象物の再調達価額から、使用によって消耗した価値を差し引いた金額のことです。新築物件は時間と共に徐々に劣化するため、新築の時よりも価値が下がります。この経年劣化分を算定した結果を、建物の現在価値=時価と言います。

 

時価で契約していると、自宅が大きな被害を受けて新たに建て直す場合に、現在の価値相当の金額しか支払われません。一般に新築時から時間が経つほど、時価は下がってしまいます。時価の場合、もう一度同じ家を建てるために必要な金額は、残念ながら望めません。

 

くり返しになりますが、加入している火災保険の契約が時価になっている場合は、新価での火災保険契約に切替えることをおすすめします。

超過保険

一般に、保険契約が時価の場合、建物の経年劣化に応じて、保険料が下がるわけではありません。新築時に契約した火災保険は、経年劣化により時価が半分に下がっても、保険料が半分にはなりません。

 

しかしながら、その時点で建物が全焼した場合には、新築時の半分=時価までしか補償されません。契約時の半分の補償しかないのに、保険料は従来のままでは、保険料を割高に支払っているのです。これを「超過保険」と言います。

 

1998年10月以前に長期の火災保険に加入して、現在までその保険が有効な場合は、ほとんどのケースで「超過保険」の状態になっています。該当の方は、速やかに火災保険の切替を検討しましょう。

家財の対象・対象外がある?

火災保険の保険の対象には、建物と家財があります。建物だけに火災保険を付けた場合は、台風によって家財に損害があっても補償されません。一般に、持ち家の場合は建物と家財が、賃貸物件の場合は家財が保険の対象になります。

 

くり返しになりますが、台風の暴風雨などによって被害を受けた家財を補償するには、風災補償が必要です。火災保険の特約になっている場合は注意が必要です。

 

また台風による洪水や高潮が原因で、床上浸水して家財に被害が出た場合は、風災補償では対応できません。この場合は水災補償が必要です。これもくり返しになりますが、居住地のハザードマップを見て、水災補償を付けるかどうか判断しましょう。

保険で対応出来る対象物はどんなのがある?

火災保険の対象を具体的に示す場合、建物なのか、家財なのか判断が難しいものもあります。一般的な火災保険では、建物本体以外で建物として扱う主な物を示します。但し保険会社によって取扱いが違うケースもありますので、確認が必要です。

 

ア)畳や備えつけの収納などの建具、イ)建物に直接備え付けた電気やガス、エアコン、ウ)建物に直接備え付けた浴槽や流し、ガス台、調理台、エ)門、塀、垣、物置、車庫などです。

 

一方、家財として扱う主な物は、ア)家具、家電製品、イ)家庭用の食器、日用品、ウ)絵画、骨董品、貴金属、エ)自転車、125cc以下の原動機付自転車です。大型バイクや自動車は対象外です。

保険で対応できる具体的な例

台風被害で火災保険の対象になる具体的な例をいくつか紹介しましょう。

 

風災補償の場合は、暴風雨で「ベランダが外れた」、「瓦が飛んだ」、「雨漏りして壁や畳が被害が出た」、「飛来物が窓を壊して家具や家電が水浸しになった」などになります。暴風雨による屋根や窓からの雨が原因で被害が出た場合の補償は、水災補償ではないので注意しましょう。

 

水災補償の場合は、台風による大雨で河川が氾濫、または高潮などにより、床上浸水があった場合が前提条件となります。「畳や家具・家電が水浸しになった」、「原付バイクが水没した」、「土砂崩れで塀が壊れた」などになります。なお、水災補償には条件があるので注意しましょう。

カーポートやフェンスの補償も出来る?

台風の暴風雨で、カーポートやフェンスが壊れたり、変形することがあります。またカーポートが飛ばされる恐れもあります。その際は、建物を対象とした火災保険の、風災補償に加入していれば補償されます。

 

ただし、カーポートが飛んで隣家に被害を与えた場合は、火災保険の対象外です。予想を超える自然災害が原因の場合は、不可抗力として賠償責任はありません。しかしながら、日ごろから点検・手入れを怠っていたり、経年劣化などが原因なら賠償責任を負います。

 

この場合の補償は、個人賠償責任保険でカバーできることがあります。個人賠償責任保険は、火災保険に特約で付けることもできます。またクレジットカードに付帯している場合もあります。日ごろからカーポートの点検をしっかりすると共に、どんな保険に入っているかチェックをしましょう。

保険対象外になる場合とは?

台風被害があっても、建物や家財の経年劣化・老朽化が原因の場合は補償されません。住宅屋根や壁のシーリング材が経年劣化して雨漏りしても、補償対象外になります。このような雨漏りなら、メンテナンスをしていれば防げますよね。

 

それ以外に補償の対象外となるケースは、3年以上経過して保険請求する場合です。台風が直撃した直後は目立った被害が無くても、時間が経ってから雨漏りや不具合が発生する場合があります。保険には請求期限がありますので、強い台風の後はプロに点検してもらいましょう。

 

風災補償の注意点として、「20万円フランチャイズ方式」というルールがあり、20万円以下の損害は補償の対象外です。21万円以上なら保険金が出るので、台風被害に遭ったら損害額をしっかり試算しましょう。

火災保険で受けられる補償の確認

火災保険の基本補償は、「火災、落雷、破裂・爆発」による被害を補償します。但し、補償の対象は建物だけです。安心のためにも、家財も対象にすることをおすすめします。

 

基本補償以外は、保険料を抑えるために特約になっています。必要な補償をよく検討して、漏れなく加入しましょう。代表的な特約補償として、風災補償があります。これにより、台風被害のかなりの範囲をカバーできます。

 

水災補償は、住居の立地条件などに左右されます。ハザードマップなどから、水害が想定されるようなら、迷わず加入しましょう。風災補償では、洪水や高潮などが原因の被害に対しては、補償されません。

 

また、補償の対象が建物だけで良いのか、家財も含むのか検討して下さい。どの補償でも、対象になっていない物は一切補償されません。

落雷補償があるという事も忘れずに

前述の通り、台風による雷の被害は火災保険の基本補償に含まれています。自宅に落雷して火事になったり、建物の一部が壊れても補償されます。また、落雷によって生じた過電流が原因で、テレビやゲーム機、パソコンなどが壊れても補償されます。

 

くり返しますが、落雷補償は火災保険の基本補償です。建物・家財の両方を補償の対象にしていれば安心です。万が一落雷被害に遭った時は、忘れず保険請求をしましょう。

水災補償はいくつか条件がある?

水災補償は、自宅が低地や堤防または河川の近くに建っている場合に、心強い補償です。台風による水害だけでなく、近年頻発するゲリラ豪雨が原因の洪水でも補償されます。

 

ただし、水災補償にはいくつか支払い条件があるので注意しましょう。保険金が支払われる条件は、建物や家財の保険金額の30%以上の被害があった場合、床上浸水などで保険金額の15%以上30%未満の損害があった場合です。

台風でもっとも多い被害とは?その対策法

台風は避けられませんが、事前に進路や勢力を知ることができる災害です。最近は想定外の自然災害が多いですが、被害を最小限にするための対策をすることは可能です。台風の被害とその対策について見てみましょう。

強風・大雨による被害が一番多い

台風被害の中で一番多いのは、強風と大雨が原因の被害です。具体的には、「強風によって屋根瓦が飛ぶ」、「飛来物が直撃して窓ガラスが割れる」、「その結果部屋や家財が水浸しになる」という被害です。

 

また、大雨による河川の氾濫によって、「床上浸水して、畳や家財がダメになる」、「床下浸水して、建物全体の点検や修理が必要になる」という被害もあります。

窓ガラスの対策

雨戸が付いていない窓は、強風による飛来物が直撃することを、想定した対応が重要です。万が一の時に被害を最小限にするために、窓の近くにはできるだけ物を置かないようにしましょう。

 

窓ガラスには、保護フィルムを貼っておきましょう。これにより、窓が割れた場合には飛散防止の効果があります。保護フィルムが無い場合は、養生テープを対角線方向にクロスさせて貼っても効果があります。

屋根の対策

屋根の対策は、先ず専門家に点検を依頼しましょう。経年劣化や過去の自然災害が原因で、瓦がずれたり、シーリングが劣化して隙間できたり、アンテナやソーラーパネルなどに不具合があったりする可能性があります。

 

屋根に何らかのトラブルが見つかったら、台風がやってくる前に修理しておきましょう。屋根に限らず、台風シーズンの前に修理しておけば、安心ですね。

おすすめの無料保険相談所

自宅や家財は大事な財産です。それを守るための火災保険を決めることは、とても大きな決断です。ひとりや家族だけで決めると思わぬ点で失敗する可能性があります。そんな時には気軽に無料保険相談所を利用しましょう。

ほけんのぜんぶ

ほけんもおかねも。すべての相談を一本に。

「ほけんのぜんぶ」は、取扱保険会社数が27社と多いことが特徴です。対象の保険会社が多ければ、最適な条件の保険が見つかる確率が高くなります。

 

また、「ほけんのぜんぶ」の相談員は、全員が27社全てを扱えるようになっています。一般に訪問型の保険相談の場合、相談員によって取扱いが可能な会社数が異なります。運悪く数社しか取扱えない相談員に当たったら残念な結果となります。

 

「ほけんのぜんぶ」なら、安心して相談できて、希望に沿った保険商品に出会えるでしょう。

保険市場

心もつながるオンライン保険相談

保険市場」のWebサイトは、保険の一括見積りや保険会社の商品資料の請求などが、簡単にできて便利です。また、保険のランキング情報も載っており、検討したい保険の人気商品が簡単に見つかります。

 

「保険市場」はWebだけでなく、無料で直接相談員に相談ができます。全国573店の体制が整っているので、どこでも質の高い相談サービスが受けられます。

 

また、全国12カ所の都市部には、コンサルティングプラザを設置しています。コンサルティングプラザでは、ファイナンシャルプランナーの資格を持つ相談員と個室で相談できます。

保険無料相談.COM

あなたのお悩みを私たちが解決します!

「保険無料相談.COM」は、訪問型の保険相談です。特徴は、相談場所や時間を自由に設定できるため、自分の都合を優先して保険を検討できることです。また、タブレットやパソコンを使ったオンライン保険無料相談も可能です。
 
 
「保険無料相談.COM」は、プロの相談員が希望に沿った保険を紹介しますが、信頼関係を築くことに重点を置いています。もしも、不安や不信感を与えた場合には、案内の終了・担当者の変更など、即座に対応します。

「100年に一度」が頻発

地球温暖化の影響で、最近はスーパー台風と言われる猛烈な台風が、日本に上陸する可能性が高くなっています。そんな台風が上陸すれば、甚大な被害をもたらすでしょう。台風に限らず、線状降水帯による集中豪雨が毎年日本のどこかで発生し、河川の氾濫や土砂災害などが、私たちの生命や生活を脅かしています。

 

これまで経験したことが無いような大規模災害に対して、「100年に一度」という言葉がよく使われるようになりました。本当に稀な大災害に対して、「想定外」や「異次元」とも表現されますが、自然の猛威の前では、人間の非力さを思い知らされます。

 

最近の日本では、気象予報士の予想を大きく上回る豪雨災害が、どこで起こっても不思議ではありません。そんな「100年に一度」の大災害に可能な限り備えるために、火災保険や地震保険があります。災害から財産を守るために、保険の必要性は日々高まってきています。

備えあれば患いなし

地震と違って、台風はある程度予測ができる災害です。数日前から台風の進路や勢力は予報で分かります。しかしながら、いくら防災の準備をしても、スーパー台風には不十分かもしれません。不運にも被害を受けた場合、生活を再建するために、保険が役立ちます。火災保険で、万が一に備えてみてはいかがでしょうか。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月14日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

台風による損害の保険ってどうなっているの?火災保険で補償される!?

台風による損害の保険ってどうなっているの?火災保険で補償される!?

その他
タワーマンションの管理費の相場は?なぜ高くなるのか理由も解説

タワーマンションの管理費の相場は?なぜ高くなるのか理由も解説

その他
土地の個人売買はできるの?リスクは?注意点や流れ、メリット・デメリットを解説

土地の個人売買はできるの?リスクは?注意点や流れ、メリット・デメリットを解説

その他
【不動産売却にかかる費用完全マニュアル】費用の相場や税金も解説

【不動産売却にかかる費用完全マニュアル】費用の相場や税金も解説

その他
マンションの建て替えによる立ち退きとは?基礎知識や法律・費用まで解説

マンションの建て替えによる立ち退きとは?基礎知識や法律・費用まで解説

その他
中古住宅を購入する際の注意点は?購入の流れや耐用年数、シロアリなど

中古住宅を購入する際の注意点は?購入の流れや耐用年数、シロアリなど

その他