外来看護師の仕事内容と給料は?向いている人や必要なスキルはなに?【徹底解説】

記事ID13878のサムネイル画像
外来は一日中大勢の患者様の対応をしていてとても忙しいイメージですよね。しかし、日勤しかない病院が多いので育児などと両立させたい方には向いているかも知れません。外来看護師の仕事は具体的にはどんなものなのか、そして給料や休みはどうなっているのかご紹介します。

外来看護師として働きたい!

1日に多くの患者さんの対応をすることから、とても忙しいイメージの「外来看護師」。外来看護師は多忙な現場の中で、効率的に動くことが求められます

 

とはいえ外来看護師は基本的に夜勤がなく、日曜祝日は休めるのが一般的です。なおかつ、そのような好条件でも正社員求人が多いため、プライベートも大切にしたい方にとって、とても人気の仕事です。

 

今回の記事では、外来看護師の仕事内容、外来看護師が向いている人や、外来看護師として働くメリット・デメリット、待遇面などを詳しくご紹介していきます、

「転職して外来看護師の仕事をしたい!」そんなときは?

「外来看護師になりたい」「生活と両立できる働き方をしたい」そう思ったら、転職エージェントに相談してみましょう。自分では気づけなかった、働き方の選択肢を提案してもらえるかもしれません。

 

また、転職エージェントを利用する場合は、2~3つのサイトに登録して、複数のコンサルタントから意見を聞くのがおすすめです。実績のあるプロのアドバイスを、複数もらうことで、転職成功に近づきます。

 

また、次の章で編集部の独自調査の「おすすめの看護師転職サイト」を紹介しています。ぜひ参考にしてください!

人気おすすめ看護師転職サイト3選

4年連続認知度No.1

【みんなが使う転職サイト!】

4年連続認知度No.1、日本最大級のマイナビ運営の転職サイトです。求人情報の中に「雰囲気」「残業時間」「有給の取りやすさ」など、聞きにくい内容が記載されているのが特徴です。

 

【ブランク・未経験でも徹底サポート!】

担当未経験の方や、ママさんナースでも働きやすい求人を紹介してくれます。経験者が優遇されやすい外来の業務を、希望している方でも、安心です。

 

【履歴書・面接対策もバッチリ!】

マイナビ看護師で、特に好評なサポートが、履歴書の添削と面接対策です。履歴書については合格率アップを目的とした、書き方をサポートしてくれます。また面接は病院専用の対策を行えるため、初めての転職でも安心です。

 

【円満退職が実現!】

転職先が決まったら、在職している今の職場の退職方法についても、マイナビ看護師なら相談できます。そのため退職時のトラブルを、未然に防ぎます。

LINEで相談ができる

企業に直接取材をして情報収集をしていることで、質の高い求人サイトとしても注目されています。

 

また、面接対策や履歴書添削といったサポートのほかに、LINEでの相談もできることから転職に不安を感じている方にぴったりでしょう。圧倒的な求人数を誇っていることもあって、登録しておいて損はありません。

 

実際にサイトを利用して就職した人の口コミや、病院に入院した患者さんと家族の意見も掲載されています。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

転職実績3万件の実績

4年連続支持率1位を獲得している看護師転職サイトです。転職成功実績は3万件を突破しており、サポート体制が万全なのが特徴。常勤の求人だけでなく、非常勤、派遣、バイトなど、様々な働き方に対応しているサイトです。

 

たとえば、履歴書の添削や面接対策、さらに交渉代行などをおこなってくれる強い味方です。また、面接にも同行してもらえるサービスもあって、特に面接で不安を感じている方におすすめです。

 

>>>公式サイトはこちら

\転職サイトについてもっと詳しく知るなら/

外来看護師の仕事って?

外来看護師というと、なんとなくのイメージはあるかもしれませんが、実際どのような仕事をするのでしょうか?まずは外来看護師の仕事内容について、詳しくご紹介します。

そもそも「外来」とは?

外来とは、入院していない患者さんの診療を行う場所であり、診療科別に設けられているのが一般的です。そして、外来には毎日、多くの患者さんが訪れます。

 

その中には、治療の必要の無い方、緊急に処置や入院が必要となる方など様々なケースがあり、スタッフはそれらを適切に対処していかなくてはいけません。ですから外来にはスピードを重視した医療が求められます

外来看護師に必要なことや役割は?

同じ看護師といっても「外来看護師」は「病棟看護師」と役割は異なります。それでは、具体的に外来看護師の役割について、ご紹介しましょう

①事務業務

外来看護師の仕事の中に「事務業務」もあります。具体的には電話対応、受診受付、初診時などの患者の情報入力やクレーム対応などです。素早く業務をこなさなければならず、人によっては、この業務につまらなさを感じてしまう面もあります。

②診察の補助

医師が一人で診療をする場合もあれば、外来看護師が付き添い診療を行う場合もあります。診察の体制は病院や、クリニックによります。外来看護師が付き添い診療を行う病院では、外来看護師が「診察の補助」をします。仕事のうち最も大きい部分を「診察の補助」が占めている、という外来看護師も多いでしょう。

 

例えば、医師が診察しやすいように服を脱がし、患部を露出させたり、怪我をしている患者さんは、包帯を外し、消毒に必要なものを準備したりします。このように、医師の診療がスムーズに行えるよう、サポートするのが主な仕事です。

③病棟との連帯

診察結果によっては、入院や精密検査、手術が必要なケースがあります。そんな場合、病棟に必要な情報を迅速に共有します。その際に、本人やご家族の不安を解消しながら、調整することが重要です。

 

入院までの経緯や、現在の状態、外来で終了した検査や処置などを申し送り書にまとめ、病棟看護師に伝えるのも外来看護師の業務の一つです。

④患者さんへの指導

患者さんに、薬の説明や生活指導などを行うことも、外来看護師の業務の一つです。医師の治療方針を説明し、服薬や通院のタイミングなどを、患者さんに十分に理解してもらい、適切な治療ができるようにサポートすることが求められます。

 

特に接する機会が限られた外来患者さんへの生活指導は、外来看護師の腕の見せどころとも言えます。

外来看護師の1日の動きは?

外来看護師の1日にルーティーンはどのようになっているのでしょうか?ここからは、外来看護師の1日の動きの例をご紹介していきます。

8:30〜 | 診察準備

外来看護師の一日の始まりは、診察の準備からです。まず患者さんを迎える前に、待合室や診察室を整えて、必要な物品を点検します。

 

なお予約診察の場合は、その日に来院する患者さんと、検査や治療内容が把握できます。その場合、前もって使用予定の注射や消毒の準備をしておくと、その後の診察がスムーズに行われます

9:00〜 | 診察補助

外来が始まったら、外来看護師は医師の「診察の補助」を行います。診察の補助には、医師の指示のもと、患者さんの体を支えたり、血圧などのバイタルサインの測定、注射、採血など適切な検査や処置をします

 

その他にも、次回診察日の説明や、投薬、検査など様々な診察補助の業務があります。一日にたくさんの患者さんが訪れる外来診療においては、医師の診療をよりスムーズに進めることが、外来看護師には求められます。

16:00〜 | 翌日の準備

病院によっては、予約診察制を取り入れているケースもあります。そのような場合は、翌日に受診予定の患者さんのカルテを、前日に準備するのも外来看護師の業務の一つです。

 

ただし、外来診療終了間際まで、患者さんの来院が続くことも少なくないため、翌日の準備に、取り掛かりつつ、診療業務を行っていきます

16:30〜 | 掃除、片付け、備品の補給

一日の業務の終わりには、診察室を掃除し片づけます。専門業者が、掃除を請け負っている病院もありますが、診察台のシーツ交換や、使用した物品の片付けなどは、看護師の業務です。また、薬品や滅菌物などの消耗品もチェックし、こまめに補給を行います。

「緊急外来看護師」とは仕事内容が違う?

外来看護師の中でも、救急外来に勤務する看護師の一日の流れと、一般外来看護師の一日の流れは違います。救急外来の場合は、いつどんな症状の患者さんが来る分かりません

 

比較的業務が落ち着いている日もあれば、一度に重篤な患者さんが重なるケースもあります。そのため、救急外来に勤務する看護師の一日の流れは、日によっても大きく異なるという特徴があります。

 

また、救急外来には、内科や外科の他にも、様々な診療科適応の患者さんが訪れ、治療が行われるので、幅広い知識が求められます

外来看護師に夜勤はある?

救急指定病院の場合、24時間体制で緊急患者の受け入れを行っているので、外来看護師にも夜勤があります。そのようなケースでは、病棟勤務の夜勤が3交替でも、外来勤務は2交替の当直制を採用している病院が多く、その場合は夕方から翌朝までの勤務となります。

外来看護師が向いているのはどんな人?

外来看護師は向き不向きがある仕事です。ここからは、どのような人が外来看護師に向いているのか、詳しくご紹介します。

外来に向いている人とは?

患者さんにとって医療機関は非日常です。そのため、どんな患者さんにも親切にできる、ホスピタリティーにあふれた方は、外来看護師に向いているといえます。また、効率的にテキパキと動き、スムーズに業務を進めることが好きな方も外来に向いています。

 

そして外来では、急変患者さんを対応することも多いため、臨機応変に対応できる判断能力やスキルが求めれまれます。また外来では、多くの患者さんが、次々と訪れるため、一緒に働く他のスタッフが、どのような動きをしているのかを見ながら、行動することも大切です。

 

そのようなことから、臨機応変に対応できる方や、チームワークを大切にできる方も外来看護師に向いているでしょう。

外来の仕事ができない人は?

外来看護師は、単調な作業が多く診察中にテキパキと的確に作業をしなくてはいけません。また、新しいことに挑戦したい方やオペなど医療行為をしたい方には、苦痛に感じる場合があります。

 

患者さんとのコミュニケーションにやりがいを感じる方は、外来よりも病棟勤務に向いているでしょう。また、のんびり自分のペースで働きたい方も、外来勤務には向いていないかもしれません。

 

そしてやはり給料面では、病棟勤務の看護師と比較すると差が出てしまうので、高い給与を求める方は、外来よりも病棟勤務がおすすめです。

外来看護師に求められる能力と必要な資格は?

外来看護師は、「看護師資格」があれば働くことができます。スキルや経験不問の求人もありますが、基本的には、経験者は優遇されるでしょう。

 

そして外来看護師に求められる能力は、上手な患者さんとの関わりと、スピーディーな動きが挙げられます。看護師として丁寧に患者さんとやりとりしつつ、次から次へと外来する患者さんの対応を、正確にこなさなければなりません

 

それと並行して、医師の診察の準備なども必要になるため、最新のケアと様々な配慮が必要となります

外来看護師として働くメリット、デメリット

次に、外来で働くメリットとデメリットについてみていきましょう。外来勤務が人気の理由や、人気がありながらも、離職率が多い理由をご紹介します。

外来で働くメリット3つ

まずは外来で働くメリットについてご紹介します。特に、外来看護師が人気な理由を3つ取り上げます

①日曜日や祝日は休み

外来看護師は基本的に夜勤がなく、休みも日曜や祝日と決まっているため、規則的な生活を送ることができるのが人気の理由として挙げられます。また休みが決まっているため、友人などと時間を合わせやすく、その分プライベートも充実させられる、と感じる方も多いでしょう。

②患者との深い関わりがなくて楽

病棟で働く看護師とは違い、外来看護師は一人の患者さんと関わる時間が少ないといった特徴があります。入院患者に対しては、24時間体制で看護サポートをしていくことになりますが、通院する患者さんに対しては、診察中のみ接することになります。

 

ですから病棟勤務と比較すると、患者さんとの関係性がその時限りになります。その点、患者さんとの深い関わりがない分、気楽で良いと感じる方が多いようです。

 

特に、人見知りの方や、気を使って話すことが疲れている方には向いているでしょう。その一方で、患者とのコミュニケーションがなくて、つまらなさを感じる方もいるようです。

③復帰しやすい

外来看護師は、非常勤・常勤と求人が豊富にあるのと、どこの病院やクリニックでも大きく仕事内容が変わらないため、自分の生活スタイルに合わせて、職場復帰がしやすいというメリットがあります。

 

また仕事は、外来独特の進め方がありますが、病院ごとに大きく異なることはないため、すぐに、馴染みやすいのもメリットといえます。非常勤の割合も高く、辞めたり入ったりが多いので、比較的なじみやすいでしょう。

外来で働くデメリット3つ

外来看護師は夜勤もなく激務でもないのに、離職率が高いとも言われています。離職率が高いのはなぜなのでしょうか?ここからは、外来で働くデメリットについて触れていきます。

①クレーム対応が辛い

外来看護師の大事な業務として、クレーム対応があります。クレーム対応をしているうちに仕事が溜まって残業が増えることもあり、体力的だけでなく精神的なストレスに繋がってしまう場合もあります

 

最近では「モンスターペイシェント」という言葉を聞く機会も増えてきました。「モンスターペイシェント」とは、理不尽なクレームを言ってくる患者のことを指します。

 

外来は待ち時間が長いということもあり、どうしても不満がたまっている患者さんが多くなります。したがって、クレーム対応をする機会が多くなる、というデメリットがあります。

②残業が多い

外来では、病院やクリニックにもよりますが、残業の多さもデメリットとして挙げられます。というのも、最後の患者さんの診察が終わるまでは帰れない場合が多いので、正社員の場合は残業が多くなる傾向にあります。

 

そのため「外来は残業なし」と思ってしまうと危険です。職場によりますが、毎日のように残業があるという可能性もあります。

③事務作業の繰り返しが辛い

外来看護師の業務には、電話対応や入力といった事務作業も多く、単調な作業がつまらないと感じてしまう方もいるようです。事務作業が連続するため、やりがいを感じにくく、単調な作業が苦手な方には不向きともいえます。

 

外来看護師は、病棟勤務と比較すると体力的には楽なものの、次から次へと来る仕事を、迅速に処理し続けるという独特な大変さもあります。

外来看護師のお給料は?

外来看護師は、他の診療科と比べて給与が低いというデメリットもあります。外来看護師の給料は常勤の場合、年収「400万前後」、非常勤の場合は時給「1500円〜2000円程」です。看護師の全体平均が「470万円」であることを考慮すると、少し低めの水準であると言えます。

 

また外来は夜勤がほとんどなく、ワークライフバランスを考えた場合、外来を選ぶ方も多いでしょう。ですが、給与面を重視している看護師にとっては、夜勤手当が出ない外来勤務はデメリットになるでしょう。

【外来看護師向け】職場選びのコツ3つ

後悔しない職場選びをするためには押さえておきたいポイントがあります。職場選びの際には、以下の3つのポイントを確認してみてください

①残業の量をチェック

外来は患者さんの混み具合によって、残業の量が増減するため、一概には言えませんが、どれくらい残業があるかは、事前に確認しておきたい大切なポイントです。

 

しかし、求人情報に「やりがいがある」「働きがいがある」という文言がある場合などは、忙しい可能性があります。またサービス残業があることも考えられるので、注意が必要です。

②職場の雰囲気をチェック

職場の雰囲気を知ることも、後悔しない職場選びにはとても大切なことです。院内見学などが、面接や試験の予定に入っていなければ、事前に、その病院を患者として訪ねてみるのもおすすめです。

 

スタッフの対応や患者さんとのコミュニケーション状況など、よい雰囲気で仕事ができているかどうかなど、ご自身の目でチェックしてみると良いでしょう

 

または外来看護師の案件を多く持つ、転職サービスを活用するのもおすすめです。それぞれの病院の職場の雰囲気を熟知している転職サイトを選びましょう。

 

また、今回紹介した「マイナビ看護師」は外来看護師の案件が充実しているため、外来の仕事をしたい方に、特におすすめです。

③福利厚生をチェック

求人を見るときには「福利厚生」も、ぜひチェックしたいポイントの一つです。福利厚生には「法律で定められたもの」と、医療機関が独自で作る「任意で実施するもの」とがあります。


「法律で定められたもの」では、健康保険・厚生年金・労災保険・雇用保険などがあります。特に小規模な診療所や施設の場合、社会保険完備かどうかチェックしておきましょう。

 

そして「任意で実施するもの」としては、社員旅行やレクリエーション、新たな資格取得に対する補助、院内保育を含む託児所や保育所などがあげられます。託児所がある場合は子供を預けられる曜日や、時間のチェック、寮の場合は寮費をチェックしましょう。

看護師専門の転職サイトを活用するメリットとは?

看護師が転職活動をする際に、転職サイトを使うことには、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは具体的なメリットをご紹介します。

①効率的な転職活動が可能

数多くある求人の中から、あなたの希望に合ったものを探すのは一苦労ですよね。ですが、転職サイトに希望する条件を伝えれば、それに適した求人を、自分の代わりに、担当のコンサルタントが探してくれます

 

看護師専門の転職サイトは、効率的な転職活動を行いたい方にとっては、とても便利なサービスといえます。

②面接などの手厚いサポート

転職の経験があまりない方にとっては、専門転職サイトが提供するサポートも大きな魅力があります。「面接対策」や「履歴書の書き方」など、自分だけでは難しい部分を丁寧にサポートしてもらえるので、転職活動を有利に進めることができるのがメリットです。

【必見】転職サイトを上手く使うためのコツは?

転職サイトを上手く使うためのコツは、ずばり「2~3サイトに会員登録すること」です。ほとんどの病院が求人を募集する時は、1つの転職サイトにしか求人を掲載しません。そのため、希望に近い条件の求人を見逃してしまう可能性があります。

 

また、1つのサイトに登録して転職活動をした場合、「同じ内容の求人が繰り返し送られてくる」「十分な数の求人が紹介されない」などのデメリットもあります。

 

サイトごとにプロフィールや経歴を入力するのは、手間に感じるかもしれませんが、転職を成功させるには、多くの求人情報に目を通すことが、何よりも重要です。

外来看護師になって、メリハリをつけて働こう!

外来看護師についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?外来看護師は向きや不向きはありますが、とても人気の職種です。転職を希望する際は、転職サイトなどを活用しながら、ぜひあなたに合った職場を選んで、転職を成功させてくださいね

 

転職サイトを上手く使うためのコツは、ずばり「2~3サイトに会員登録すること」です。ほとんどの病院が求人を募集する時は、1つの転職サイトにしか求人を掲載しません。そのため、希望に近い条件の求人を見逃してしまう可能性があります。

 

ぜひサイトを上手く使いこなし、転職活動をスムーズに進めましょう

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年08月27日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2023年最新版】面接や履歴書で役立つ!看護師の転職の志望動機の書き方講座【志望動機・キャリアプランの例文付き】

【2023年最新版】面接や履歴書で役立つ!看護師の転職の志望動機の書き方講座【志望動機・キャリアプランの例文付き】

その他
仙台でニキビ治療ができるおすすめ美容クリニック10選【2023年最新】

仙台でニキビ治療ができるおすすめ美容クリニック10選【2023年最新】

ビューティー・ヘルスケア
精神科の看護師の仕事内容や役割は?向いている人の特徴や給料は?

精神科の看護師の仕事内容や役割は?向いている人の特徴や給料は?

その他
手術室看護師になるには?給料はいくら?オペ看護師の仕事内容や向いているタイプも紹介

手術室看護師になるには?給料はいくら?オペ看護師の仕事内容や向いているタイプも紹介

その他
新潟の看護転職・求人サイト人気おすすめ9選【2023年最新版】

新潟の看護転職・求人サイト人気おすすめ9選【2023年最新版】

サービス
【非常勤看護師になりたい!】常勤と非常勤の違いやメリット・デメリットを解説【2023年最新版】

【非常勤看護師になりたい!】常勤と非常勤の違いやメリット・デメリットを解説【2023年最新版】

その他