大阪府の葬儀場の人気おすすめランキング3選

記事ID13864のサムネイル画像
大阪には「いちま人形」や「さかさごと」などの独特の葬儀に関するしきたりや風習が根付いています。こういった風習に明るくない場合にも、頼りになるのが地元の葬儀社です。以下では大阪の葬儀事情をはじめ、おすすめの葬儀社の選び方や大阪の葬儀場おすすめランキング3選についてご紹介しています。

大阪の葬儀事情

大都市大阪には、地元密着型の小規模な葬儀社から全国展開の大規模な葬儀社まで、さまざまな葬儀社があります。大阪での葬儀は、民営の斎場を利用して、参列者30人未満の小規模な葬儀をあげるのが主流です。一部地域では、昔ながらの風習にのっとった葬儀も見られます。

 

大阪では、どうしても葬儀が友引に当たる場合は、棺の中に「いちま人形」という人形を、身代わりとして納めます。また、葬儀と日常生活の区別をつけるために、屏風を逆さまに置くなどする「さかさごと」の風習があります。また、骨壺が小さいのも大阪の葬儀の特徴です。

 

大阪の葬儀に参列する際、気をつけたいのが不祝儀袋です。大阪の葬儀には「黄白」の水引の不祝儀袋を用いるのが一般的です。これは、黄色が極楽浄土である「黄泉」に通じるためだといわれています。

 

黄白の水引は、大阪をはじめ関西圏では一般的に用いられます。ちなみに、関西では黒は皇室に献上する色であるため、黒白の水引は敬遠されることがあります。黄白の水引の不祝儀袋は、コンビニエンスストアなどでも市販されていますので、可能ならそれらの祝儀袋を用いるとよいでしょう。

大阪でおすすめの葬儀社の選び方

葬儀社を選ぶ際のポイントをいくつかご紹介いたします。不幸は突然やってくるものであり、短い時間の中でさまざまなことを決めなければいけません。葬儀が終わったあとに、やり残したことや失敗に気づき、後悔することも少なくありません。

 

そういった事態を避けるには、信頼できる葬儀社を選ぶことが大切です。昔と違い、現在は親族間や地域でのつながりが希薄化しているため、葬儀は葬儀社と協力してあげなければいけないことがほとんどです。以下に、葬儀社を選ぶ際に考えるべきポイントをあげていきますので、ぜひチェックしてみてください。

会社規模で選ぶ

会社の規模で選ぶ方法があります。大手の葬儀社ほど知名度は高く、小規模な葬儀社は知名度は低いものの、地元に根差した運営を行っていることが多いです。それぞれの特徴などをあげてみましょう。

全国展開の「大規模」葬儀社

大規模な葬儀社は、全国的に斎場や事業所を展開しています。葬儀だけでなく、冠婚葬祭をプロデュースしていることが多いです。大手の葬儀社はWEB広告にも積極的で、リサーチやコンタクトをしやすいといった特徴があります。

 

一般的に、大手の葬儀社は、立派な葬祭会館を構え、スタッフの人数も多いものです。スタッフ向けの研修やセミナーなども盛んですので、マナー教育や実践知識に信頼がおけるでしょう。ノウハウが充実しているため、団体葬や社葬といった大規模な葬儀にも強いといえます。

 

そのため大手の葬儀社は、立派な斎場でおおがかりな葬儀をあげたい場合や、とにかく有名な葬儀社が第一といった場合の利用がおすすめです。反面、小~中規模な葬儀社に比べて葬儀費用が高額になりやすく、また、小回りが利きにくいといった点も挙げられます。

地元密着型の「中規模」葬儀社

一部地域に広域に展開している葬儀社や、その都道府県内で展開しているような葬儀社が、中規模葬儀社に当たります。全国的には知られていないものの、地元民ならだれもが知っているような葬儀社ですね。

 

広告やWEB展開を積極的に行っており、大規模な葬儀社と同じく、リサーチやコンタクトは取りやすいです。立派な斎場を構えるところも多く、葬儀の規模にあわせてホールや葬祭会館を選べるところも多数あります。

 

中規模の葬儀社は、地元で培った実績と、フットワークの軽さが魅力です。1人の担当者が一貫して担当を受け持つことが多いため、その場その場できめの細かい対応がしやすく、また、遺族側もいろいろな相談をしやすいでしょう。

 

費用も比較的安く抑えられる傾向にあります。一方で、団体葬や社葬といった大規模な葬儀を行うには、人出が足りないということもあります。

昔ながらの「小規模」葬儀社

スタッフが10人に満たないような、いわゆる「まちの葬儀屋さん」です。家族経営のところも多いです。地元の葬儀風習に精通しており、昔ながらの葬儀をあげたい場合におすすめです。

 

小回りが利き、いろいろな要望に柔軟に対応しやすいといった特徴があります。一方、広告やWEBでの発信に積極的でないという傾向や、人手が足りないため大きな規模の葬儀には対応しきれないといった側面もあります。

施設内容で選ぶ

多くの人口を抱える大阪では、細分化されたニーズに応えるため、葬儀社によって施設の充実度が異なります。たとえば、敷地の関係上、都市部の葬儀社・斎場は規模が小さく、地方にいくにつれ大規模な駐車場や広い控室を備えた大きな斎場が多くなります。それぞれの特徴をご紹介してみましょう。

気兼ねしなくてよい「自社斎場」

斎場とは葬儀を行うための場所です。ちなみに斎場には公営と民営があり、単純に「〇〇斎場」という場合は公営を指し、民営の場合は「〇〇葬祭会館」や「〇〇セレモニーホール」などと呼ぶのが一般的です。

 

葬儀社は自社の斎場を構えていることがほとんどですが、都市部などではスペースの問題上、自社の斎場がないこともあります。そういった場合は、公営の斎場や他社の斎場を借りて葬儀を行います。

 

葬儀社の自社斎場を利用する最大のメリットは、予約が取りやすいことです。公営の斎場は火葬場が近い場合や、費用が安い場合が多く、その分、予約が取りづらいのです。また、自社が管理している斎場ですので、葬儀や葬儀以外の希望にも柔軟に対応してくれるところがほとんどです。

 

たとえば、多くの公営斎場では故人への付き添いは断られますが、民営の斎場なら宿泊も可能なことが多いです。また、多くの人がひっきりなしに出入りする公営斎場と異なり、民営の斎場は基本的に利用者以外の出入りがありません

 

一方で、自社斎場を運営している葬儀社を利用すると、使用できる斎場が限定されるというデメリットも存在ます。もし希望する斎場があるのなら、その斎場を運営する葬儀社や、その斎場と連携している葬儀社を選ぶとよいでしょう。

最後の時間をゆっくり過ごしたいなら「貸し切り型」

家族やごく身内だけで葬儀をあげたい、という場合にとくにおすすめです。大きな葬祭会館だと、いくつかのホールが備わっていることが多いものです。同日に複数組の葬儀があれば、当然、それぞれの遺族や参列者が葬祭会館内で顔を合わせることもあるでしょう。

 

貸し切り型の斎場は基本的に1日1組しか利用できないため、外部の人の目を気にせずに葬儀をあげることができます。身内だけで故人と最後の時間をゆっくり過ごしたい、という場合には、貸し切り型の斎場を有している葬儀社を選ぶとよいでしょう。

 

貸し切り型の斎場の中には、一軒家タイプのものも多くあります。キッチンや浴室が備わっているところがほとんどですので、まるで自宅で過ごすように、ゆっくりと別れの時間を惜しむことができますよ。

「安置施設」はあったほうが安心

昔は遺体は自宅に安置するのが一般的でしたが、最近は住宅事情により、遺体を別の場所に安置することが多くなっています。また遺体を安置する場合は、冷房やドライアイスなどの温度管理の徹底が大切ですので、やはり専門の施設に任せるほうが安心でしょう。

 

葬儀社が運営する斎場には、安置施設を備えているところが多くあります。安置施設が斎場内にあると、付き添いが容易だったり、葬儀会場や火葬場への搬送もスムーズです。病院から斎場への搬送や、火葬場への搬送は、基本的に葬儀社が送迎してくれます。

 

ただし葬儀社によっては、安置所による付き添いの時間などが制限される場合、そもそも付き添いができない、という場合もありますので、事前によく確認しておくことが大切です。また、安置室の利用がオプション料金の場合、費用がかさむ原因にもなりえます。

 

もし斎場内に安置施設がない場合は、自宅や、近隣の遺体安置専門の施設に安置するなどの選択肢があります。ちなみに安置専門の施設は「遺体ホテル」などとも呼ばれます。搬送の手間や弔問客の移動の負担を軽減したいなら、斎場内に安置施設を備えた葬儀社の利用がおすすめです。

立地で選ぶ

葬儀社や斎場の立地による選び方もあります。主なものとその特徴について、それぞれご紹介していきます。

親しみのある「地元」の葬儀社

故人が親しんでいた町で葬儀をあげたいというときには、自宅から一番近い葬儀社や斎場を選ぶのがよいでしょう。近所での葬儀なら、町のあちらこちらに、故人の思い出を感じやすくもあります。近所の葬祭場なら、自宅にも戻りやすいので、大荷物を準備して葬儀にのぞむという負担もありません。

 

一方でデメリットとして、遠方からの参列者にはアクセスが悪い場合や、あまり大規模な葬儀には対応していない場合があります。

アクセスが便利な「駅近」の葬儀社

遠方からの参列者が多い場合には、交通の便がよい立地の葬儀社や斎場の利用がおすすめです。鉄道の駅や、バス停が近くにあるところを探してみましょう。いくら駅近であっても、主要な駅からの乗り継ぎが多いところは、参列者の負担が大きくなります。

 

デメリットとして、とくに都市部の駅近の葬儀社・斎場は、スペースの問題上、施設設備が充実していないことがあります。どんな施設があり、利用料金がどうなっているのかは、事前にしっかり確認しておくことが大切です。

「火葬場」までの距離

火葬場までの距離もチェックしておきたいポイントです。斎場と火葬場の距離が離れすぎている場合、遺族の移動時間が長くなるだけでなく、遺体の搬送費用が高くなることもあります。遺体の送迎は、距離によって料金が異なることが多いので、事前の打ち合わせの祭にしっかり確認しておきましょう。

利用のしやすさで選ぶ

葬儀社を選ぶとき、なによりも大切なのが、「その葬儀社を利用したいと思えるか」ということです。利用しやすい葬儀社かどうか判断するのは、予約や事前の打ち合わせの段階です。この時点で利用しづらいと感じるなら、違う葬儀社を探したほうが無難です。

 

利用しやすい葬儀社について、チェックポイントをいくつか以下にあげますので、ぜひ参考にしてください。

「支払方法」に幅があるか

葬儀にはそれなりの金額が必要です。突然の不幸事だけに、すぐにお金が準備できないという事態もあり得るでしょう。よって、葬儀社を選ぶ際は、支払い方法や支払期限について必ず確認してください。

 

葬儀社の多くは現金による支払いを設定していますが、中にはクレジットカードを利用できるところもあります。クレジットカードでの支払いなら、分割払いやポイント付与といったメリットもありますが、利息が発生するというデメリットもあります。

 

また、葬儀の料金の支払い期限は一般的に1週間前後としている葬儀社が多いですが、中には1カ月程度の期間を設けているところもあります。現金はあるけれど、すぐに準備できないというときは、そういった葬儀社を選ぶとよいでしょう。

 

そのほかの支払い方法として、葬祭ローンがあります。まとまった現金が用意できない場合、クレジットカードを持っていないという場合の選択肢としておすすめです。支払方法や支払期日は葬儀社によって大きく差があるため、必ず事前にチェックしておきましょう。

「スタッフの対応」が丁寧かどうか

葬儀社選びを一番左右するのが、スタッフの対応です。「親身に相談に乗ってくれる」「説明や費用の仕方が分かりやすい」「選択の幅を広げてくれる」といったポイントに着目してみてください。担当者との相性が悪いと、意思疎通がうまくいかず、葬儀に心残りができる可能性があります。

 

スタッフの人となりの基準は依頼者によって異なりますが、強引にプランを押し付けたり、契約を急かすようなスタッフには注意が必要です。こういった態度をとられると、依頼者側もプレッシャーを感じて、よく吟味しないまま契約をしてしまいます。

 

一般的に葬儀の契約をする際は、複数の葬儀社を比較しながら行うものです。スタッフの押しが強いのは、比較の時間を依頼者に与えないためでもあります。そういった葬儀社は葬儀の内容や費用について説明が不十分なことがままあり、葬儀後に後悔したり、追加料金が発生したりするなど、さまざまなトラブルを引き起こしやすいものです。

 

また、事前相談の担当者と、実際の葬儀担当者が同一であるかも、確認しておきたいポイントです。信頼できると思えるスタッフならなおさら、最初から最後まで担当してもらったほうが安心して葬儀にのぞめるでしょう。

柔軟な「対応時間」かどうか

できれば24時間対応の葬儀社だと安心です。故人の逝去から葬儀まではあまり時間がないため、いろいろなことを慌ただしく決めなければいけません。深夜や早朝におもわぬトラブルが発生することもあるでしょう。そういった場合にも、24時間対応してくれる葬儀社なら、安心して葬儀の準備を進めることができます。

明確な「料金体系」かどうか

葬儀の契約の前には費用の見積書を確認するものですが、見積書の書き方は葬儀社によって大きく異なりますし、その費用に含まれるプラン内容にも差があります。たとえば葬儀の基本セットのようなプランを契約したとしても、棺や祭壇のお花代、霊きゅう車の使用料は別料金だった、というような場合があります。

 

スタッフの言うままに契約していって、あとから多額の追加料金が発生した、というのは葬儀によくあるトラブルです。見積書を受け取ったら、プランには何が含まれていて、それぞれの料金はいくらか、ということをしっかり確認しましょう。不明な点があれば遠慮なく質問します。

 

その際、質問に明確な答えが返せなかったり、あいまいに誤魔化したりするような葬儀社には注意が必要です。

大阪府の葬儀場の人気おすすめランキング3選

アットホームな雰囲気の家族葬があげられる

河内長野市に拠点を置く葬儀社です。小規模な葬儀から大規模な葬儀にまで対応していますが、とくに家族葬に定評があります。基本代金には葬儀に最低限必要なものがすべて含まれており、そのほかはオプションとして自由に取捨選択が可能。そのため葬儀費用を比較的安く抑えられるという点が魅力です。

営業エリア 河内長野市 会社規模 中規模
対応時間 24時間365日 対応葬儀 一日葬・家族葬・一般葬

全国展開する大手葬儀社

大阪府をはじめとする関西圏のほか、中部・関東圏にも展開する大手の葬儀社です。社葬や団体葬といった大規模な葬儀はもちろん、一日葬や家族葬といった小規模な葬儀にも対応しています。東証一部上場企業としての知名度、さらに年間16000件という施行実績が強み。人材育成にも力を注ぎ、独自の検定などでスタッフを磨いています。

営業エリア 大阪・和歌山・三重・岐阜・愛知・関東エリア 会社規模 大規模
対応時間 24時間365日 対応葬儀 一日葬・家族葬・一般葬

家族葬専用ホールを多数保有

家族葬に強い葬儀社ですが、火葬式から社葬までさまざまな葬儀に対応しています。家族葬の場合でも一日葬と二日葬を選択できるなど、遺族の予算や希望に柔軟に合わせた葬儀を行うことができます。家族葬専用のホールは1日1組限定で、いずれのホールも駅が近くアクセスにも便利です。

営業エリア 大阪・京都・滋賀・兵庫 会社規模 大規模
対応時間 24時間365日 対応葬儀 火葬式・一日葬・家族葬・一般葬

生前予約を考えよう

最近は終活の一環として、葬儀社に生前予約をするケースも多いです。生前予約では自分で葬儀社や葬儀プランを選ぶことになるため、思い通りの葬儀の実現が可能です。また生前に葬儀のあれこれを決めておくと、いざというときに残された家族が準備に慌てずに済みます

 

ただし、生前予約をする際は、必ず家族と相談しながら進めましょう。自分勝手な計画を立てると、かえって家族に迷惑をかけることもあります。

まとめ

大阪は大都市だけに、さまざまな形態の葬儀社があります。後悔を残さないためにも、自分たちの希望にかなう葬儀社を選ぶことが大切です。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

京都府の葬儀社ランキング10選

京都府の葬儀社ランキング10選

その他
埼玉の葬儀場おすすめランキング9選

埼玉の葬儀場おすすめランキング9選

その他
佐賀県の葬儀社ランキング9選

佐賀県の葬儀社ランキング9選

その他
大阪府の葬儀社ランキング5選

大阪府の葬儀社ランキング5選

その他
北海道の葬儀社ランキング10選

北海道の葬儀社ランキング10選

その他
葬儀バッグおすすめランキング10選【バッグ選びには素材やデザインがポイント!】

葬儀バッグおすすめランキング10選【バッグ選びには素材やデザインがポイント!】

その他

アクセスランキング

トラベルポーチの人気おすすめランキング20選【おしゃれなブランドも】のサムネイル画像

トラベルポーチの人気おすすめランキング20選【おしゃれなブランドも】

その他
ラブローションの人気おすすめランキング15選【個包装やオーガニックも】のサムネイル画像

ラブローションの人気おすすめランキング15選【個包装やオーガニックも】

その他
【2023年最新版】社会人・大人向け電子辞書人気おすすめランキング10選【ビジネスマン必携】のサムネイル画像

【2023年最新版】社会人・大人向け電子辞書人気おすすめランキング10選【ビジネスマン必携】

その他
ヤーマン脱毛器の口コミ・評判を調査!永久脱毛やVIO脱毛はできる?効果なしって本当?のサムネイル画像

ヤーマン脱毛器の口コミ・評判を調査!永久脱毛やVIO脱毛はできる?効果なしって本当?

その他
Mac用外部マイクの人気おすすめランキング15選【Air対応の外付けマイクも】のサムネイル画像

Mac用外部マイクの人気おすすめランキング15選【Air対応の外付けマイクも】

その他
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。