レインウェアの人気おすすめランキング20選【おしゃれなデザイン】

記事ID1268のサムネイル画像

レインウェアと一言でいっても、さまざまな個性を持った商品が販売されています。また近年では、レインウェアのデザイン性の高さも大きな注目を集めていますね。ここではレインウェアのおすすめの選び方や、おすすめのレインウェアをランキング形式で紹介していきます。

実は種類豊富なレインウェア!

レインウェアにもさまざまなデザイン、機能性を備えた商品が販売されています。レインウェアとしてはもちえおん、タウンユースでも活躍できるような商品も数多く見つけることができるでしょう。

 

ここでは「おすすめ度」、「おしゃれ度」、「使いやすさ」を基準に、レインウェアのランキングを作成しました。

レインウェア人気ランキング20選

20位

Hoomoi

レインウェア

価格:2,180円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

悪天候でも安心のポンチョタイプ

防水性、耐摩耗性に優れた素材を採用した、ポンチョタイプのレインウェアになります。また、自転車に乗ることを前提に設計されているので、普段から自転車に乗る人はもちろん、非常に動きやすいレインウェアに仕上げられていますね。

 

ポンチョタイプのレインウェアを探している人は、ぜひチェックしてみてください。

素材ポリエステル50%、ポリウレタン(PU)50%、PU防水コーティング有おすすめ度★★☆☆
おしゃれ度★★☆☆使いやすさ★★☆☆

口コミを紹介

自転車に乗りながらリュックもカバーできて、上からすっぽり着れるので楽。
全身覆う分、少し重たくて通気性が悪いが、雨を防ぐという意味では全く問題ない。

出典:https://www.amazon.co.jp

19位

le coq sportif

レインウェア

価格:12,950円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ツートーンカラーが特徴

世界中から愛されている、フランスの老舗スポーツブランド「le coq sportif(ルコックスポルティフ)」より、ツートンカラーが特徴のスポーティーデザインなレインウェアになります。防水性と透湿性、さらにストレッチ性もあり非常に動きやすいレインウェアですね。

 

袖のディタッチャブル機能が採用されており、場面に応じて半袖で着用することも可能です。さまざまなシーンで活躍できる一着だと言えるでしょう。

素材ジャケット表地:ポリエステル100% 裏地:ポリエステル100% パンツ:ポリエステル100%おすすめ度★★☆☆
おしゃれ度★★☆☆使いやすさ★★☆☆

口コミを紹介

ゴルフに使いますがゴルフウエアとは思えない程のハイセンスで大満足です

出典:https://www.amazon.co.jp

18位

MIZUNO

レインスーツ

価格:11,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能性も高い一着

大阪に本社を構え、日本の代表するスポーツブランドの一つでもある「MIZUNO(ミズノ)」より、高いスペックを誇る定番のレインスーツになります。非常にベーシックなデザインで、さまざまなコーディネートに合わせやすいレインウェアではないでしょうか。

 

耐久撥水加工が施されており、レインウェアとしても非常に高い機能性を備えています。

素材本体:ナイロン100%, 内衿切替:ポリエステル100%おすすめ度★★☆☆
おしゃれ度★★☆☆使いやすさ★★★☆

口コミを紹介

富士登山用で買いました。高性能レインウェアの中で一番安いじゃないかな、買って良かったと思います。パンツの方がもう少し幅があれば靴抜かなくでも穿けるでしょうけど、これでも満足です。
追記:雨の中でツーリングして来ました。防水性に問題なし、蒸れも感じずに着心地が良かったです。染み込んだ様な痕があるのが気になるけど、中は濡れていないのでこんな物かな?

出典:https://www.amazon.co.jp

17位

adidas

レインスーツ

価格:16,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アディダスらしいデザイン

スニーカーやスポーツウェアなど幅広い商品を展開し、世界中から多くのファンを獲得しているドイツ発スポーツブランド「adidas(アディダス)」より、柔らかい風合いが特徴的なレインスーツになります。

 

高い透湿性、そして高いストレッチ性を備えており、非常に快適な着心地を体感することができます。

素材表生地 ポリエステル100%(裏面ポリウレタンラミネーション) 裏生地 ポリエステル100% おすすめ度★★☆☆
おしゃれ度★★★☆使いやすさ★★☆☆

口コミを紹介

あまりゴワゴワせず、期待どおりの着心地でした。満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

16位

EDWIN

レインウェア 上下セット

価格:5,290円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすい一着

デニムを中心に扱う日本発のファッションブランド「EDWIN(エドウィン)」より、防水素材を使用したシンプルなレインウェアになります。裏地にはメッシュ素材が採用されており、さらさらとした肌ざわりで快適に着用することができます。

 

さらに形も非常にスタンダードに仕上げられた一着なので、幅広い層が着用しやすいレインウェアと言えるでしょうか。

 

 

素材表地 ポリエステル100%(裏面 PVCラミネート), 裏地 ポリエステル100%(メッシュ)おすすめ度★★☆☆
おしゃれ度★★☆☆使いやすさ★★★☆

口コミを紹介

この価格帯の中では今時風なデザインですし、雨の中半日、船上の釣りで使いましたが、雨の侵入もなく快適に過ごせました。
必ず普段着のワンサイズ上で選ぶ方がいいと思います。
コンパクトに収納出来るタイプなら、もっと最高ですが、レインウエアとしての機能は文句ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

Columbia

シンプソンサンクチュアリレインスーツ

価格:9,425円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適な着心地

機能性とデザイン性を両立したウェアを展開する、アメリカ発のブランド「Columbia(コロンビア)」より、快適な着心地で激しい運動にも対応できるレインスースになります。防水透湿性に優れているのが大きな特徴でしょう。

 

カラーバリエーションが非常に豊富なので、自分好みのカラーリングを見つけることができるでしょう。

素材ナイロンタフタ 2.5L(ナイロン100%)おすすめ度★★☆☆
おしゃれ度★★★☆使いやすさ★★☆☆

口コミを紹介

バイクで通勤 また上着だけプライベートでも使える優れもの
リュック入れてもコンパクト
質もいい

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

CAPTAIN STAG

レインスーツ

価格:5,807円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

動きやすさ抜群!

幅広いキャンプ・アウトドア用品を展開している、日本発のアウトドア用品総合ブランド「CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)」より、優れたストレッチ性を備え非常に動きやすいレインスーツになります。

 

比較的スリムなシルエットで、スタイリッシュに見せてくれるのも大きな特徴になっています。

素材ポリエステル100%(ポリウレタンラミネート)おすすめ度★★☆☆
おしゃれ度★★☆☆使いやすさ★★★☆

口コミを紹介

今年の西日本豪雨の中で、本商品を着て自転車通勤しましたが、30分程度だったのでビショビショになることはありませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

Columbia

レインストリーム ジャケット

価格:9,288円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

着用しやすいシンプルデザイン

機能性とデザイン性を両立したウェアを展開する、アメリカ発のブランド「Columbia(コロンビア)」より、撥水性や速乾性に優れたレインウェアになります。襟元のブランドロゴが良いアクセントになっていますね。

 

落ち着いたカラーリングで、さまざまなコーディネートと合わせやすい便利な一着です。

素材表:ニューフォレストファイユAC(ナイロン100%) 裏:タフタ(ナイロン100%) 中綿:ポリエステル100%おすすめ度★★★☆
おしゃれ度★★☆☆使いやすさ★★★☆

口コミを紹介

水に濡れても本当にすぐに乾くので梅雨時期とか、急な雨の季節に大活躍です。コロンビアのロゴが大好きなので、ロゴが襟元に付いているので、鏡などで見た時にロゴが目に入るのがお気に入りです。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

THE NORTH FACE

コンパクトアノラック

価格:12,959円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノースフェイスのアノラックタイプ

ストリートファッション好きからも人気の高く、日本でも多くのファンを獲得するアメリカ発のアウトドアブランド「THE NORTH FACE(ザノースフェイス)」より、コンパクトに持ち運びも可能なアノラックタイプのレインウェアになります。

 

悪天候に対応できる撥水加工が施されており、レインウェアとしての機能を十分に備えた一着です。フロントに配置されている、収納力抜群のカンガルーポケットが大きなポイントになっています。

素材-おすすめ度★★★☆
おしゃれ度★★★☆使いやすさ★★★☆

口コミを紹介

身長172cm体重60kgでMサイズを購入。ジャストサイズでした。生地が程よい厚さで、えり部分やフードが思い通りに立ちます。登山用のアウターにと購入したのですが、表地は防水でありながら綿に似た質感でプルオーバーパーカー感覚でカジュアルな着こなしもできそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

adidas

アウトドアウェア

価格:9,732円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能性バッチリな一着

スニーカーやスポーツウェアなど幅広い商品を展開し、世界中から多くのファンを獲得しているドイツ発スポーツブランド「adidas(アディダス)」より、幅広いアウトドアシーンでも着用可能なアウトドアウェアになります。

 

防風や防水性、さらに透湿性にも優れたウェアで、機能性が非常に高い商品だと言えるでしょう。

素材プレーンウィーブ / ナイロン90%/ポリエステル10%おすすめ度★★★☆
おしゃれ度★★★☆使いやすさ★★★☆

口コミを紹介

カーキ色のラインウェアはあまり見かけないので、人と被るデザインが嫌いな僕にぴったりです。雨の時以外にも、オシャレ着として普通に着てます!!

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

OUTDOOR PRODUCTS

超撥水防水レインスーツ

価格:7,603円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

撥水性抜群!

日本でも男女問わず、多くの人から親しまれているアメリカ発のブランド「OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)」より、発色の良いレインスーツになります。ボディには特殊撥水加工が施されており、抜群の撥水力を誇っています。

 

個性的なカラーリングも展開されている商品なので、人と被らないカラーのレインジャケットを探している人は、ぜひチェックしてみてください。

素材ポリエステル100%おすすめ度★★★☆
おしゃれ度★★★☆使いやすさ★★★☆

口コミを紹介

過不足無いつくりです。タイトなサイズなので、雨具として使用する場合には、一回り以上おおきめがいいと思います、

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

and wander

フライレインロングコート

価格:62,640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独特の雰囲気が魅力

機能性が高く、斬新なデザインのアイテムを幅広く展開している日本発のアウトドアブランド「and wander(アンドワンダー)」より、極薄のナイロン生地が採用されたレインコートロングコートになります。

 

極薄で軽量ながら、高い機能性を発揮する一着です。個性的なレインコートを探しているのであれば、ぜひアンドワンダーのレインコートをチェックしてみてください。

素材NYLON 100% ポリウレタンコーティング加工おすすめ度★★★☆
おしゃれ度★★★☆使いやすさ★★★☆

口コミを紹介

レインコートは着た時の厚手な感じが苦手だったのですが、アンドワンダーのレンウェアはかなり極薄なので、レインウェアを着た感じがないのが他のメーカーのものと違うところだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

mont-bell

ドライテック レインウエア

価格:12,441円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適な着心地が特徴

アウトドアファンや、キャンパーから高い支持を得ている日本発のアウトドアブランド「mont-bell (モンベル)」より、上下セットアップで購入できるレインウェアになります。独自の防水透湿性素材が採用されており、快適な着心地を実現しています。

 

さまざまなシチュエーションで活躍するレインウェアなので、一着持っておくと何かと重宝するでしょう。

素材ハイドロブリーズ2レイヤー (表:50デニール, ナイロン, リップストップ)おすすめ度★★★☆
おしゃれ度★★☆☆使いやすさ★★★★

口コミを紹介

上下セットアップで着られるレインウェアで色が鮮やかなのが気に入っています!防水透湿性素材のおかげで、大雨の時でも水を弾いてくれるのでバイクに乗るときなどに活用しています!

出典:https://item.rakuten.co.jp

7位

Marmot

コモドパンツ

価格:16,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

何かと便利な一本

幅広いアウトドアウェアやグッズ等を製作、販売しているアメリカ発アウトドアブランド「Marmot(マーモット)」より、GORE-TEX® PACLITE® 2Lを採用したレインパンツになります。

 

コンパクトに持ち運ぶことも可能なレインパンツなので、さまざまなシーンで活躍してくれることでしょう。デザインはシンプルなので、コーディネートを選ばないのも大きな特徴ですね。

素材本体:ポリエステル100%おすすめ度★★★☆
おしゃれ度★★☆☆使いやすさ★★★★

口コミを紹介

お値段は張りますが、機能性が高いので一着持っていて損はありません。デザインがとってもシンプルなので、普段着として着ても違和感がないのが嬉しいところです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

and wander

ライトレインプルオーバー

価格:38,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アンドワンダーのプルオーバータイプ

機能性が高く、斬新なデザインのアイテムを幅広く展開している日本発のアウトドアブランド「and wander(アンドワンダー)」より、プルオーバータイプのレインウェアになります。

 

軽量かつ、非常にストレッチのきいたレインウェアなので、アウトドアシーンでも大いに活躍が期待できる一着でしょう。クールなデザインに仕上がっているので、もちろんタウンウェアとしてもおすすめのアイテムですね。

素材-おすすめ度★★★☆
おしゃれ度★★★☆使いやすさ★★★☆

口コミを紹介

付属のポーチがついているので、使用しないときは折りたたんでポーチに入れて簡単に携帯できるので、いざという雨の時に備えてバッグなどに入れておけるのが嬉しいです。

ブルーのカラーも気に入っています!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

mont-bell

アウトドア ジャケット

価格:18,144円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使い勝手の良いレインウェア

アウトドアファンや、キャンパーから高い支持を得ている日本発のアウトドアブランド「mont-bell (モンベル)」より、発色が良く、機能性抜群ながら比較的リーズナブルな価格で購入しやすいレインウェアになります。

 

フルジップでフードが装備されているスタンダードなレインウェアで、さまざまなシーンで活躍できる一着でしょう。使いやすいレインウェアを探している人は、ぜひチェックしてみてください。

素材ゴアテックス®ファブリクス3レイヤー[表:50デニール・ナイロン・リップストップ]おすすめ度★★★☆
おしゃれ度★★★☆使いやすさ★★★★

口コミを紹介

防水性、蒸気通過性が両立しているので、バードウォッチングの時使って満足しています。今日雪が降るので持っていて良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

THE NORTH FACE

クライムライトジャケット

価格:29,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノースフェイスのクールなレインウェア

ストリートファッション好きからも人気の高く、日本でも多くのファンを獲得するアメリカ発のアウトドアブランド「THE NORTH FACE(ザノースフェイス)」より、軽量で防水性に優れたレインジャケットになります。

 

比較的スリムなシルエットなのも大きなポイントでしょう。もちろんアウトドアシーンでも、しっかりと活躍してくれるレインウェアですね。

素材20D GORE-TEX Micro Grid Backer(3層)(表:ナイロン100%、中間層:ePTFE、裏:ナイロン100%)おすすめ度★★★☆
おしゃれ度★★★★使いやすさ★★★☆

口コミを紹介

バッカリングでき、かっこよくて、軽くて、インナーダウンを着れば冬でも暖かいです。幅広く使えるので、一着持っていて損はない一品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Burlap Outfitter

TEN THOUSAND PARKA

価格:13,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

万能パーカー

高機能素材を使用しながらも、デザイン性の高いデイリーウエアを提案するブランド「Burlap Outfitter(バーラップアウトフィッター)」より、防水透湿素材で伸縮性に優れた2.5レイヤーのシェルが使用された、パーカータイプのレインウェアになります。

 

パッカブル仕様になっているので、持ち運びも便利な一着ですね。アウトドアやレインウェアとして、またタウンユースでも着用しやすく、さまざまなシーンで活躍してくれること間違いなしです。

素材-おすすめ度★★★★
おしゃれ度★★★★使いやすさ★★★☆

口コミを紹介

生地は耐水圧、透湿度どちらも10000mmあるので、水から守ってくれるので助かってます。運動時に着用しても、体の湿気をうまく外に排出して体温調整してくれるのもありがたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Marmot

コモドジャケット

価格:25,920円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能性、デザイン性ともにハイレベル

幅広いアウトドアウェアやグッズ等を製作、販売しているアメリカ発アウトドアブランド「Marmot(マーモット)」より、GORE-TEX® PACLITE® 2Lを使用したレインジャケットになります。

 

着心地の良さとシンプルなデザインで、幅広い層から愛用される一着です。タウンユースでも問題なく着用できるデザインなので、長く愛用することのできるレインウェアとなることでしょう。

素材-おすすめ度★★★★
おしゃれ度★★★☆使いやすさ★★★★

口コミを紹介

とにかく着心地の良さがウリで、悪天候の時に着用してもストレスを軽減してくれます。カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいポイントで、定番の黒とちょっと変わったイエローの2色買いしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

and wander

ライトレインジャケット

価格:45,360円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タウンユースでも大活躍

機能性が高く、斬新なデザインのアイテムを幅広く展開している日本発のアウトドアブランド「and wander(アンドワンダー)」より、耐久撥水生地を使用したレインジャケットになります。

 

ややハリ感のある生地ながら、柔らかさもあるので非常に着心地の良いジャケットに仕上がっていますね。レインウェアとしてはもちろん、タウンユースでも間違いなく活躍が期待できる一着ですね。

素材NYLON 100% ポリウレタンラミネート加工おすすめ度★★★★
おしゃれ度★★★☆使いやすさ★★★★

口コミを紹介

3レイヤーの耐久撥水生地を使用しているので、本当に水に強いので、一度このレインウェアを使用すると他のメーカーのものを着用できません。オフホワイトやチャコールカラーも良かったのですが、なかなかみないからーのグリーンを選びました。

出典:https://www.amazon.co.jp

レインウェアを選ぶ

タイプで選ぶ

レインウェアと一言でいっても、さまざまなタイプの商品が販売されています。自分好みのタイプに絞ってレインウェアを選んでいきましょう。

フルジップタイプ

レインウェアの中でも、非常に数の多いのがフルジップタイプでしょう。着脱も楽に行うことが可能で、単純に使いやすいのが人気のポイントでしょう。

アノラックタイプ

アノラックとは、元々はアラスカ先住民のイヌイットが来ていた、防寒性のあるフード付きのコートになります。近年アノラックは非常に注目を集めるファッションアイテムでもあるのです。

 

着心地は楽ちんなアイテムが多いので、アノラックタイプも要チェックですね。

 

レインコートやポンチョタイプのレインウェアは自転車運転時などにはおすすめできますが、山などで使用す場合は、動きやすいように上下分かれたタイプのものを選ぶようにしましょう。

レインコートタイプ

個性的なルックスの商品が多いレインコートタイプは、自転車に乗るときなど、さまざまなシーンで活躍してくれるタイプですね。レインコートタイプは探すと、おもしろいデザインの商品も多いのでぜひチェックしてみてください。

機能性で選ぶ

やはりレインウェアを選ぶ際は、機能性を重視して選ぶ人も多いでしょう。商品によって機能性は大きく異なるので、しっかりチェックしておきましょう。

撥水・防水性

レインウェアは撥水・防水性を備えていますが、商品によって性能の高さは異なります。撥水・防水性がどのくらい高いのかに注目してみると良いでしょう。

ストレッチ性

ストレッチ性があり、非常に動きやすいレインウェアもおすすめです。特に、アウトドアやスポーツシーンでの着用を想定しているのであれば、動きやすさというのは重要なポイントになってくるのです。

透湿性

透湿性とは運動などによる発汗によってジャケットやパンツの内部に発生する水蒸気を外へ排出させる機能のことを指します。

 

雨が降ったり湿度が高い場所でレインウェアを着用すると、湿度によってウェアの中が蒸れてしまうのが嫌という方も多いと思います。

 

透湿性に優れているレインウェアであれば、レインウェア内の蒸れを防いでくれたり、汗の発生によって体を冷やすことも少なくなりますよ。

透湿性の単位は(g/m2/24hrs)で表され、例を挙げると4000g/m2/24hrsであれば、素材1m2辺り、24時間に約4000gの水分を排出する機能を備えていることになります。

 

山登りや雨天時激しい運動を行う方は、透湿性の高いレインウェアを選んでみると良いでしょう。

耐水圧

耐水圧とは生地に一定の水圧をかけた際、生地の裏面から水が漏れださずに耐えることができるかという機能のことを指します。単位はmmで表され、レインウェアの使用用途によって必要とする耐水圧は異なります。

 

・通学や通勤などの移動に必要な耐水圧は5,000mm程度

・屋外軽作業やゴルフに必要な耐水圧は10,000mm以上

・屋外重労働や登山に必要な耐水圧は20,000mm以上

 

と言われています。

その他機能性で選ぶ

防水性や透湿性、ストレッチ性などレインウェアを選ぶ上で重要なポイントをお伝えしましたが、プラスαの機能性に注目してレインウェアを選んでみるのも良いですよ!

裾や袖口が絞れるもの

レインウェアには雨が降ってきた際に、ウェアの内部に水気が入ってこないように裾や袖口が絞れるタイプのものが販売されています。

 

せっかくレインウェアの表面が雨を弾いてくれたのに、袖口などから内部に水が入ってきては意味がありません。

 

できるだけ、裾や袖口を調整できるものを選び、水気の侵入を防ぐようにしましょう!

ポケットの有無

レインウェアを選ぶときは、ポケットの有無も確認すると良いでしょう。ポケットがないと携帯などを収納する場所がなく、ずっと手に持っておかなければならずかなり不便です。

 

ちょっとした荷物などを収納できるポケットがあったほうが、何かと便利なのでポケットの有無を見てみて下さい。

携帯可能なポーチ付き

アウトドアなどの際、急な雨に備えてレインウェアを携帯する方も多いのではないでしょうか?そんな方は、レインウェアを折りたたんでポーチに収納できるタイプのレインウェアを選んでみると良いでしょう。

 

使用しないときは折りたたんでポーチにコンパクトに収納し、雨が降り出したらポーチから取り出してさっと使用できるように携帯しておきましょう!

雨天時に便利なリフレクター付きで選ぶ

バイクに乗った際などにレインウェアを着用する場合、リフレクターが付いているかどうか確認して下さい。

 

雨天時や夜間のバイクの走行はかなり危険です。リフレクターが付いていれば、光を反射し自分の存在感をアピールすることができ、事故を防ぐことに繋がります。

 

安全の考慮のためにも、なるべくリフレクターが付いたレインウェアの着用を推奨します。

素材から選ぶ

レインウェアは様々な素材から作られており、素材の違いによってメリットなどが異なってきます。その素材がどんな機能を果たすのか確認してから選ぶと良いでしょう。

ゴアテックス素材

レインウェアは様々な素材でできているものがありますが、質の高い素材として評判が高いのはゴアテックス素材でできたものです。

 

ゴアテックス素材とは、日本の高温多湿な気候に合わせて設計され、防水性能や撥水性能、透湿性能の3つの機能性を兼ね備えた素材になっています。

 

また、耐久性にも優れており、劣化しにくく長年使用することができます。これらの高い機能性から、お値段は少々張るのでご自身の予算に合わせて選ぶようにしてみて下さい。

合成繊維タイプ

ナイロンやポリエステルなどの合成繊維を使ったレインウェアは、レインウェアの生地を縫い合わせて加工したもので、軽さやストレッチ性が特徴的です。

 

一方、防水加工が十分にされていないものの場合、縫い目から浸水することがあるため、シームテープ加工が施されたものを選ぶと浸水を防ぐことが可能です。

化成タイプ

PVCやEVAなど厚手のビニール素材を使ってできた化成タイプのレインウェアは、溶接して成形しているため縫い目から浸水することがないため完全防水が可能です。

 

高い防水性を発揮してくれますが、デメリットとしては生地が重いこととストレッチが効かないものが多いというところです。

色で選ぶ

登山などでレインウェアを着用する場合、赤や黄色、オレンジなどの派手な色のものを選ぶと良いでしょう。

 

派手な色のレインウェアであれば、見通しが悪い天候の中でも目立つので、万が一遭難した際などに発見しやすくなります。

ブランドで選ぶ

レインウェアを選ぶ際に、自分の好きなブランド、もしくは気になっているブランドから選ぶのもおすすめです。自分好みのブランドのアイテムは、着用するだけで気分を上げてくれるのです。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

「THE NORTH FACE(ザノースフェイス)」は、ストリートシーンでも大きな注目を集め、日本でも多くのファンを獲得するアメリカ発のアウトドアブランドになります。さまざまなジャンルのブランドとコラボレーションアイテムを展開しているブランドなので、幅広い層から認知されているブランドですね。

 

レインウェアも数多く展開されているので、ノースフェイス好きの人はぜひチェックしてみてください。

Marmot(マーモット)

「Marmot(マーモット)」は、幅広いアウトドアウェアやグッズ等を製作、販売しているアメリカ発の人気アウトドアブランドになります。アウトドアブランドとして、非常に多くの信頼を得ているブランドなので、機能的なウェアを探している人は要チェックですね。

and wander(アンドワンダー)

「and wander(アンドワンダー)」は、斬新なデザインながら機能性にもこだわったアイテムを展開している日本発のアウトドアブランドになります。レインウェアの他にも、バックパックやサコッシュなども非常に人気が高いですね。

 

これから、さらに大きな注目を浴びるアウトドアブランドのひとつでしょう。

ワークマン

ワークマンは作業服や防寒着、安全靴、レインウェアなどを取り扱う専門店チェーンで、働く人のためのコンビニエンスストアを目指している企業です。

 

ワークマンの商品は実用性と機能性を重視しながら、手頃な価格で商品を手にとってもらいたいとの思いのもと、私たちの暮らしを豊かにしてくれるような商品を展開しています。

モンベル

モンベルは日本のアウトドア総合メーカーで、アウトドア向けの衣類が数多く展開されています。

 

モンベルのレインウェアは機能性のことなるものが多く販売されている他、カラー展開も豊富なので男女問わずに自分のお気に入りの一着を見つけることが可能です。

コスパで選ぶ(安い・高い)

一括りにレインウェアと言っても、数千円の安価なものから数万円の高価なものまで幅広い価格帯で販売されています。あまり機能性を重視せず、ただ雨天時に自身を水から守りたいのであれば安いレインウェアでも良いでしょう。

 

しかし、登山やゴルフなど本格的なアウトドアをする方は、透湿性やストレッチ性などの機能性が高く、少々お値段が張るレインウェアを購入してみてはいかがでしょうか?

 

また、人気スポーツブランドから販売されているレインウェアは、ブランドの認知度の高さから値段が高騰している場合もあるので、ご自身のお財布と相談しながら選んでみるのをおすすめします。

 

レインウェアのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4838793の画像

    and wander

  • 2
    アイテムID:4838778の画像

    Marmot

  • 3
    アイテムID:4838893の画像

    Burlap Outfitter

  • 4
    アイテムID:4838971の画像

    THE NORTH FACE

  • 5
    アイテムID:4838878の画像

    mont-bell

  • 6
    アイテムID:4838981の画像

    and wander

  • 7
    アイテムID:4838781の画像

    Marmot

  • 8
    アイテムID:4838767の画像

    mont-bell

  • 9
    アイテムID:4838805の画像

    and wander

  • 10
    アイテムID:4838788の画像

    OUTDOOR PRODUCTS

  • 11
    アイテムID:4838908の画像

    adidas

  • 12
    アイテムID:4838785の画像

    THE NORTH FACE

  • 13
    アイテムID:4838861の画像

    Columbia

  • 14
    アイテムID:4838884の画像

    CAPTAIN STAG

  • 15
    アイテムID:4838844の画像

    Columbia

  • 16
    アイテムID:4838958の画像

    EDWIN

  • 17
    アイテムID:4838901の画像

    adidas

  • 18
    アイテムID:4838835の画像

    MIZUNO

  • 19
    アイテムID:4838813の画像

    le coq sportif

  • 20
    アイテムID:4838825の画像

    Hoomoi

  • 商品名
  • ライトレインジャケット
  • コモドジャケット
  • TEN THOUSAND PARKA
  • クライムライトジャケット
  • アウトドア ジャケット
  • ライトレインプルオーバー
  • コモドパンツ
  • ドライテック レインウエア
  • フライレインロングコート
  • 超撥水防水レインスーツ
  • アウトドアウェア
  • コンパクトアノラック
  • レインストリーム ジャケット
  • レインスーツ
  • シンプソンサンクチュアリレインスーツ
  • レインウェア 上下セット
  • レインスーツ
  • レインスーツ
  • レインウェア
  • レインウェア
  • 特徴
  • タウンユースでも大活躍
  • 機能性、デザイン性ともにハイレベル
  • 万能パーカー
  • ノースフェイスのクールなレインウェア
  • 使い勝手の良いレインウェア
  • アンドワンダーのプルオーバータイプ
  • 何かと便利な一本
  • 快適な着心地が特徴
  • 独特の雰囲気が魅力
  • 撥水性抜群!
  • 機能性バッチリな一着
  • ノースフェイスのアノラックタイプ
  • 着用しやすいシンプルデザイン
  • 動きやすさ抜群!
  • 快適な着心地
  • 使いやすい一着
  • アディダスらしいデザイン
  • 機能性も高い一着
  • ツートーンカラーが特徴
  • 悪天候でも安心のポンチョタイプ
  • 価格
  • 45360円(税込)
  • 25920円(税込)
  • 13800円(税込)
  • 29160円(税込)
  • 18144円(税込)
  • 38880円(税込)
  • 16200円(税込)
  • 12441円(税込)
  • 62640円(税込)
  • 7603円(税込)
  • 9732円(税込)
  • 12959円(税込)
  • 9288円(税込)
  • 5807円(税込)
  • 9425円(税込)
  • 5290円(税込)
  • 16800円(税込)
  • 11000円(税込)
  • 12950円(税込)
  • 2180円(税込)
  • 素材
  • NYLON 100% ポリウレタンラミネート加工
  • -
  • -
  • 20D GORE-TEX Micro Grid Backer(3層)(表:ナイロン100%、中間層:ePTFE、裏:ナイロン100%)
  • ゴアテックス®ファブリクス3レイヤー[表:50デニール・ナイロン・リップストップ]
  • -
  • 本体:ポリエステル100%
  • ハイドロブリーズ2レイヤー (表:50デニール, ナイロン, リップストップ)
  • NYLON 100% ポリウレタンコーティング加工
  • ポリエステル100%
  • プレーンウィーブ / ナイロン90%/ポリエステル10%
  • -
  • 表:ニューフォレストファイユAC(ナイロン100%) 裏:タフタ(ナイロン100%) 中綿:ポリエステル100%
  • ポリエステル100%(ポリウレタンラミネート)
  • ナイロンタフタ 2.5L(ナイロン100%)
  • 表地 ポリエステル100%(裏面 PVCラミネート), 裏地 ポリエステル100%(メッシュ)
  • 表生地 ポリエステル100%(裏面ポリウレタンラミネーション) 裏生地 ポリエステル100%
  • 本体:ナイロン100%, 内衿切替:ポリエステル100%
  • ジャケット表地:ポリエステル100% 裏地:ポリエステル100% パンツ:ポリエステル100%
  • ポリエステル50%、ポリウレタン(PU)50%、PU防水コーティング有
  • おすすめ度
  • ★★★★
  • ★★★★
  • ★★★★
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★☆☆
  • ★★☆☆
  • ★★☆☆
  • ★★☆☆
  • ★★☆☆
  • ★★☆☆
  • ★★☆☆
  • おしゃれ度
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★★★
  • ★★★★
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★☆☆
  • ★★☆☆
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★☆☆
  • ★★☆☆
  • ★★★☆
  • ★★☆☆
  • ★★★☆
  • ★★☆☆
  • ★★☆☆
  • ★★☆☆
  • 使いやすさ
  • ★★★★
  • ★★★★
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★★★
  • ★★★☆
  • ★★★★
  • ★★★★
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★★☆
  • ★★☆☆
  • ★★★☆
  • ★★☆☆
  • ★★★☆
  • ★★☆☆
  • ★★☆☆

レインウェアの洗濯方法やお手入れ方法

レインウェアは防水機能があるため、雨に濡れても汚れたりしないと思われる方がいるかと思いますが、雨に含まれる小さな汚れなどがレインウェアの表面に付着していたり、内側部分は吸収した汗によって菌が繁殖している可能性もあります。

レインウェアは通常の衣類と同じように、定期的にお手入れをする必要がありますよ!

洗濯の頻度や洗濯による機能性の低下の心配は?

レインウェアを洗濯する頻度はどれくらいなのか、また洗濯をしてしまうと防水などの機能性が低下してしまうのではないかと思われた方もいるかと思います。

 

レインウェアを洗濯する目安としては、雨など水で濡れてしまったらきちんと乾かしたり、汚れた水によってレインウェアが汚れてしまった場合洗濯するようにしましょう。

レインウェアの洗濯手順

1.一番最初に洗濯絵表示タグを確認し、家で洗濯可能かどうかを確認するようにしてください。

 

2.ファスナー・ボタン・マジックテープは破損するのを防ぐために、全て閉めるようにして下さい。

 

3.収納タイプのフードは洗えるように外に出しておくようにしましょう。

 

4.洗濯するときは必ずネットの中に入れて、中性洗剤かレインウェア専用の洗剤を使用して下さい。

 

5.十分に洗剤を注いだ後、半乾きにならないように十分に水気がなくなるまで乾かしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここではレインウェアも選び方や、おすすめのレインウェアをランキング形式で紹介してきました。ランキングで紹介してきたように、レインウェアといっても非常にさまざまなデザインの商品が販売されているのです。

 

数あるレインウェアの中から、自分好みの一着を探してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ