【L-92乳酸菌】注目ヨーグルトおすすめ商品!実際の効果は?

記事ID12656のサムネイル画像

現在では様々な種類の乳酸菌が発見されており、市販のヨーグルトにもそれらが含まれていますが、今回はその中からL92乳酸菌について紹介します。L92乳酸菌の効果やおすすめ商品のほか、L92乳酸菌でヨーグルトを作るときの注意点などをまとめました。

話題のL92乳酸菌!特徴は?

乳酸菌が含まれている商品はたくさんありますが、代表的なものと言えばヨーグルトです。ヨーグルトにはたくさんの乳酸菌が含まれているので、健康にも美容にも良いと言われていて、積極的に食べている方も多いのではないでしょうか。

 

乳酸菌には様々さ種類があり、それぞれ特徴も異なります。その中でも最近注目を集めているのがL92乳酸菌です。L92乳酸菌にはどのような特徴があるのでしょうか。ここではL92乳酸菌の特徴や期待できる健康効果などを見ていきましょう。

市販のヨーグルトに含まれる乳酸菌は様々

乳酸菌と言えばヨーグルトを思い浮かべる方は多いでしょう。確かにヨーグルトにはたくさんの乳酸菌が含まれているので、健康に良いと言われています。しかしヨーグルトによって含まれている乳酸菌の種類が違うのはご存知でしたか。

 

乳酸菌は種類によって特徴や効果が異なります。つまりどのヨーグルトを食べるのかによって、得られる効果も異なるということです。例えばヤクルトなどに含まれているシロタ菌には免疫力を高める働き、ラブレ菌ではコレステロール値を下げる働きがあります。

 

他にもR1やプラズマ乳酸菌など、実にたくさんの種類の乳酸菌が存在しています。整腸作用などどの乳酸菌でも効果の得られることもありますが、乳酸菌によって異なる働きもあるので、目的に合った乳酸菌を選ぶのがおすすめです。

L92乳酸菌とは?

L92乳酸菌はカルピスの長年の乳酸菌研究から選びだされた、カルピス独自の貴重な乳酸菌です。2000年ごろからラクトバチルス・アシドフィルスL92株の研究が始まりました。働きの異なる何百種類もの乳酸菌に様々な試験を施してきました。

 

アレルギーへの適性を考慮し、有用性の確認をしてきました。そして最終的に選び抜かれたのが今回紹介するL92乳酸菌です。L92乳酸菌はアレルギー症状への働きと適正が非常に優れています。L92乳酸菌のように乳酸菌の有用性が実証されているものは希少です。

L92乳酸菌の健康効果

L92乳酸菌はアレルギー対策の乳酸菌として注目を集めています。人は体内に花粉などのアレルゲン物質が浸入すると、異物を排除しようと戦います。ウイルスが体内に侵入したときに大切なのがIgA抗体ですが、L92乳酸菌を継続的に摂取することでIgA抗体の濃度が上昇します。

 

L92乳酸菌がIgA抗体の分泌を促すことにより、唾液中に含まれるIgA抗体の濃度も上昇し、ウイルスの体内への侵入を阻止することが示唆されています。そしてウイルスが体内に侵入した場合にも、体内への増殖や拡散阻止が期待できます。

 

また免疫細胞のバランスを整えることにより、花粉症などのアレルギー症状を緩和してくれます。この様にL92乳酸菌を継続摂取することで、アレルギーに良い効果が期待できます。

L92乳酸菌の実際の効果は?

乳酸菌には相性があるので、試した方全員にこうかを出すのは難しいです。しかしこのL92乳酸菌では継続して摂取している方の半数以上が効果を感じています。また体質に合わないと感じている方は、1割にも満たないので試す価値があるでしょう。

 

L92乳酸菌を継続的に摂取している方では、肌のカサカサやぶつぶつ、ムズムズに悩んでいる方に飲んでいる方が多いです。数か月から半年ほど飲み続けることで、効果を実感する方が多いです。

 

最初の1回で効果を感じることは少ないので、根気よく続けて摂取することが大切です。サプリタイプやドリンクタイプがあり、自分の続けやすいほうを選ぶこともできます。効果を実感している方は多いので、アレルギーに悩んでいる方は試してみましょう。

L92乳酸菌に副作用はある?

乳酸菌は栄養素ではないので摂取量の決まりもありませんし、摂り過ぎたからといって何か問題が起こることもありません。摂取し過ぎた乳酸菌は腸内に溜まり続けるわけではなく、基本的には数日で体外に排出されていきます。

 

乳酸菌はもともと人の体の中に存在しているので、とても安全で副作用もありません。しかし他の食品と同じように、乳酸菌にも体に合う合わないがあります。そのためまれにL92乳酸菌を摂取して便秘や下痢を引き起こしてしまう方もいます。

ヨーグルトメーカーでL92乳酸菌ヨーグルトを作る方法

毎日継続してL92乳酸菌を摂取するのは体に良いですが、買い続けるのは大変と思っている方は自宅で作るのがおすすめです。ヨーグルトメーカーがあれば、L92乳酸菌が入ったヨーグルトを自宅で作ることができます。

材料はカルピスの守る働く乳酸菌

自宅でL92乳酸菌のヨーグルトを作るときには、スーパーやコンビニで売っているカルピスの守る働く乳酸菌L92を使います。液体タイプですが、この商品を使うことでL92乳酸菌ヨーグルトを作ることができます。

 

後はヨーグルトメーカーと1リットル入りの紙パックの牛乳を用意するだけです。ヨーグルトメーカーを持っていない方はこの機会に購入するのもおすすめです。ヨーグルトメーカーはヨーグルト以外にも使うことができます。

 

ヨーグルトメーカーでは甘酒やローストビーフが作れるものもあり、用途も多くコスパも高いです。ヨーグルト以外の発酵食品を作ることのできる商品を購入すれば、毎日のご飯づくりにも役立つでしょう。

ヨーグルトの作り方

使用するヨーグルトメーカーにより多少の違いはありますが、L92乳酸菌ヨーグルトを作るには1リットルの牛乳パックと100mlの守る働く乳酸菌を用意します。それぞれ半量でも作ることができます。

 

牛乳パックをそのまま使うのが簡単ですが、瓶などで作る場合にはあらかじめ煮沸消毒して清潔にしておきましょう。牛乳パックから200mlの牛乳を取り出して800mlにします。中身を減らした牛乳パックに守る働く乳酸菌を入れたら、牛乳と均一になるように混ぜ合わせましょう。

 

ヨーグルトメーカーに牛乳パックをセットし、メーカーごとに設定されている時間と温度に設定を合わせたら完成するまで待つだけです。完成したら冷蔵庫で冷やして食べましょう。

L92乳酸菌はヨーグルトメーカーで固まらない?

ヨーグルトメーカーでL92乳酸菌入りのヨーグルトを作ってみたけれど、液体状のままで固まらないという声を目にします。L92乳酸菌はとても繊細なので、もしうまく固まらない場合はヨーグルトメーカーの時間や温度を調節してみるといいでしょう。

 

またできた直後は柔らかい状態でも、冷蔵庫で一晩しっかり冷やすことで固まることもあります。また基本的にヨーグルトを作る際は牛乳と菌種は10対1の割合で混ぜますが、なかなか固まらないときにはL92乳酸菌の割合を増やしてみるのもいいでしょう。

 

菌種が増えることで発酵がどんどん進みやすくなるので、しっかり固まったヨーグルトが出来上がるでしょう。L92乳酸菌は酸味が少なくプレーンでも食べやすいのでダイエット中でも食べやすいでしょう。

失敗しないための注意点

ヨーグルトをしっかり固めるためには、最初に牛乳とヨーグルトをしっかり混ぜ合わせる必要があります。均一に混ざっていないときちんと固まらなくなってしまいます。特に牛乳パックのまま作る場合には、パックの底の方まできちんと混ぜてあげましょう。

 

また使う容器や器具も清潔にしておきましょう。目見は見えなくても雑菌が付いていると、発酵の邪魔になりうまく固まらないこともあります。水や洗剤で洗うだけではしっかり雑菌を落としきれないことが多いので、煮沸消毒などを行う必要があります。

 

そして乳飲料や加工乳ではしっかり固まらないことが多いです。また古い牛乳も失敗の原因になるので新鮮なものを使いましょう。これらに気を付けることでヨーグルト作りが成功しやすくなります。

ヨーグルトメーカーを使う時におすすめの商品3選

ヨーグルトメーカーでは様々なヨーグルトを作ることができます。ここではL92乳酸菌以外におすすめのヨーグルトを紹介します。ぜひ参考にしてヨーグルトを作ってみてください。

明治 プロビオヨーグルトR1ドリンクタイプ

赤いパッケージが目を引くR1もヨーグルトメーカーで作るのにおすすめの商品です。こちらの商品はとても人気が高く、味もおいしいと評判です。またヨーグルトに加工しても、おいしい味はそのままなので非常に食べやすくおすすめです。

 

R1には様々な種類があり、ヨーグルトタイプやドリンクタイプ、味もプレーンやストロベリーなど数種類が販売されています。プレーン味のヨーグルトに飽きてしまったら他の味を試してみるのもおすすめです。

 

ヨーグルトメーカーで増やすことで、オリジナル商品に比べ味は薄くなりますが、ほのかなフレーバーとして楽しむことができます。インフルエンザなどの感染症が流行る季節にもおすすめです。

フジッコ カスピ 海ヨーグルト

カスピ海ヨーグルトは以前テレビで取り上げたことにより大ブームが起き、現在では定番商品として店頭に並んでいます。カスピ海ヨーグルトにはクレモリス菌FC株が含まれています。この乳酸菌は生きたまま腸に届くことが証明されている乳酸菌です。

 

カスピ海ヨーグルトには他のヨーグルトにはない独特の粘り気が特徴です。この独特な粘り気はヨーグルトメーカーで増やしても、もちろんそのまま楽しむことができます。またカスピ海ヨーグルトには様々な健康効果も期待されています。

 

マウスを使った研究ではコレステロールの減少や食後の血糖値の上昇の抑制、免疫細胞の活性化などが報告されています。また他のヨーグルトに比べ発行も簡単にできるので、初心者の方でも失敗しにくくおすすめです。

カゴメ ラブレ プレーン

こちらは商品名にある通り、ラブレ菌の含まれている商品です。ラブレ菌は植物性乳酸菌で、植物から分離された植物質を発酵させています。納豆や漬物に含まれているのも植物性乳酸菌なので、日本では古来から馴染みのある乳酸菌と言えるでしょう。

 

ラブレ菌は生きて腸まで届くことで腸内環境を整え、便秘の改善などの効果が期待できます。また1本15キロカロリーのものもあり、低カロリーなのも嬉しいポイントです。コレステロールや脂肪ゼロの商品も販売されているので、ダイエット中の方も取り入れやすいです。

 

カルシウムがプラスされている商品やコラーゲンがプラスされている商品もあるので、足りていないと感じている成分や、目的に応じた成分を選ぶこともできます。砂糖不使用のものや脂肪ゼロのものであれば、夜でも食べやすいでしょう。

乳酸菌がアトピー改善効果あり!おすすめ商品3選

アトピーで皮膚がかさつきかゆくて困っている方はたくさんいます。薬を飲んだり塗ったりしても不快感が収まらず、長年にわたり悩んでいる方も多いのではないでしょうか。アトピーで悩んでいる方は乳酸菌を試してみるのがおすすめです。ここではアトピーにおすすめの商品を紹介します。

乳酸菌がアトピーに効く理由は?

人の体には有害な物質を排除しようとする免疫機能が備わっていますが、それが無害な物質にも過剰に反応することによりアレルギー反応が起こります。人の免疫細胞の約7割は小腸の腸管免疫に集まっています。そのため小腸の腸管免疫を高めることがアレルギーの予防に有効です。

 

乳酸菌の働きにより腸内環境を整えることで、腸内免疫力を高めバリア機能を正常化させます。これによりかゆみなどのアレルギー症状の緩和や予防に有効に働くと考えられています。

 

またある調査では両親がアトピー体質の場合半数近くが子供に遺伝していますが、子供に継続的に乳酸菌を与えたところアトピーの発症率が約20%まで減少したというデータがあります。つまり乳酸菌を継続的に摂ることで免疫細胞を整え、アレルギーの改善に繋がることが期待できます。

L92乳酸菌配合 カルピス アレルケア

アレルケアにはタブレットと粉末、飲料タイプなどがあります。タブレットは水なしで飲むことができるのでとても手軽に続けることができます。粒タイプが苦手な方は粉末、やドリンクタイプを選ぶといいでしょう。子供用はブドウやヨーグルト味でチュアブルタイプになっています。

 

タブレットであれば1日2粒飲むだけでL92乳酸菌を豊富に摂取することができます。また卵や乳などアレルギー物質27品目を含まない、アレルゲンフリー製品なので、アレルギーの方も安心して飲むことができます。

 

アレルケアは継続することで効果が期待できるので、お得な定期コースがおすすめです。通常価格の10%割引に加え、送料無料で買い忘れの心配もありません。もちろんお休みや商品の変更などもできます。

L92乳酸菌配合 カルピス 守る働く乳酸菌

ドリンクタイプで100mlと200mlが販売されていますが、どちらも含まれているL92乳酸菌の量は同じで20.7mgです。カロリーが異なるだけで、入っている成分はどちらも同じなので効果に違いはないでしょう。

 

ドリンクタイプのL92乳酸菌はスーパーやコンビニでも購入することができるので、思い立ったら購入して飲むことができます。買い物ついでに買うことができるので、気軽に買って飲むことができるでしょう。

 

6本セットもあるので、毎日継続して飲む方はセットのものがおすすめです。また持ち運ばず自宅だけでも濡場合には希釈するタイプの300ml入りもあります。牛乳などに加えればカルシウムも摂取できるのでおすすめです。

L-55乳酸菌配合 ぜいたく生乳ヨーグルト

ぜいたく生乳ヨーグルトにはL55乳酸菌が含まれています。このL55乳酸菌は岡山大との共同研究により、アトピーに効果を発揮することが分かったと発表されています。アトピーのかゆみを抑える効果が実験で具体的に確認されたのは初めてのことです。

 

低温濃縮製法という低温のまま生乳中の水分を取り除く方法を採用しているので、素材本来の味を楽しむことができます。香料や安定剤も不使用で体に優しい商品になっています。L55乳酸菌は生きて腸まで届くことで、体の中のバランスをサポートしてくれるでしょう。

ヨーグルト以外に乳酸菌の含まれる食品は?

なかにはアレルギーなどでヨーグルトを食べれない方もいるでしょう。そのような方は上記で紹介したアレルケアがおすすめです。また食品では発酵食品に多く含まれています。納豆や漬物、味噌や醤油にも乳酸菌は豊富に含まれています。

 

ヨーグルトで乳酸菌が摂取できない方はそれ以外の発酵食品を積極的に食べるのがおすすめです。毎日の食事でお味噌汁や納豆を食べることで乳酸菌を撮ることができるので、食事に加えるといいでしょう。

L92乳酸菌のヨーグルトを食べよう!

腸内環境を整えたい方や、アレルギーに悩んでいる方はL92乳酸菌を継続的に摂取してみてはいかがでしょうか。今回紹介した商品を継続的に摂取することで、症状の緩和が望めるかもしれません。ヨーグルトメーカーで作ることもできるので、ぜひ試してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ