ワーキングチェアの人気おすすめランキング20選【腰痛対策用や高級ブランドも紹介】

記事ID12565のサムネイル画像

ワーキングチェア(オフィスチェア)の選び方は使用する目的やシーンによって変わってきます。長時間も座って作業する人は、高機能なワーキングチェアがあれば作業効率が格段にあがります。この記事ではワーキングチェアの選び方、おすすめの商品をランキング形式で紹介します。

ワーキングチェア(オフィスチェア)って高価なイメージありませんか?

最近ではテレワークが推進され、自宅で仕事をすることも多くなりました。自宅の作業環境を快適にするためにも、会社で使っているようなワーキングチェア(オフィスチェア)で仕事したいですよね。ただ機能にこだわると値段が上がってしまうからと、自宅用には手が出ないと思っていませんか?

 

実は2~3万円でも腰痛をサポートしたり、リクライニング機能が付いているモデルが沢山あります。また最近では1万円以下でコスパの良いモデルも、数多く発売されているんです。ただ自分にあっているワーキングチェアが、どんなものかって分かりにくいですよね。

 

そこでこの記事ではワーキングチェアの選び方を紹介し、おすすめの商品をランキング形式で紹介しています。ランキングは価格、性能、使用目的を基準に作成しました。ワーキングチェア選びに迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

まずはデスクワークの正しい姿勢を知ろう!

椅子に深く座り、肩とヒザを水平な状態にするだけで、骨盤が左右対称となりまっすぐな状態を保てます。骨盤が傾いてると、片方に負荷がかかり腰痛や肩こりの原因にもなるので注意してください。ただ長時間のデスクワークでは自力で姿勢を保つことは難しいですよね。

 

高機能なワーキングチェアを導入するだけで、集中力が高まり作業効率がアップするので自分に合った商品を選びようにしましょう。

ワーキングチェアの選び方

ワーキングチェアの選び方は使用する目的やスペース、身体的状況(腰痛や肩こりなど)によって変わります。それぞれ特徴を理解して、自分にぴったりなタイプを選んでください。

タイプで選ぶ

ワーキングチェアは使用する目的によってタイプが異なります。それぞれの特徴を理解して自分の用途にあったものを選びましょう。

オフィス用に沢山買うならシンプルな「事務用」チェアがおすすめ

会社やワーキングスペースなど、椅子をある程度揃えたいならばシンプルな事務用チェアが安くておすすめです。またこのタイプのものは、カラーバリエーションやサイズのバリエーションが豊富。仕事として使うなら多少値段はあがりますが、機能性を重視したモデルを選ぶといいでしょう。

高級感を味わいたいなら「エグゼクティブ」チェアがベスト

重厚なデザインでオフィスの雰囲気を高められるのがエグゼクティブタイプです。座り心地を高めるために、肉厚のクッションを採用していたり、耐久性が優れているモデルも続々登場しています。見た目の高級感と身体の負担を軽減できる作りが人気のワーキングチェアです。

長時間ゲームをするなら本格的な「ゲーミングチェア」を選ぼう

赤や青を織り交ぜたカラフルなデザインが印象的なワーキングチェアです。身体への負担を軽減する作りで、ゲームだけでなくPC作業や動画鑑賞にもぴったり。他のチェアに比べて値段は高く設定されていますが、一度使うと他のチェアでは満足が出来ないほどの座り心地です。

 

以下の記事では、安いゲーミングチェアの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

デスクワークを快適にするなら高機能な「エルゴノミクス」チェアがおすすめ

長時間のデスクワークで一日中座りっぱなしの人におすすめなのが人間工学に基づいたワーキングチェア。ポイントは自分の身体に合わせて椅子の高さ座面の調節ができる点です。座った時に身体がぴったり椅子にフィットするので、腰痛や腹部の圧迫を防ぐことができます。

素材で選ぶ

ワーキングチェアは素材によって質感や座り心地が変わってきます。ファブリックやメッシュは代表的な素材ですが、最近では高級感がでるのでレザーも人気ですね。

大量購入するならリーズナブルな「ファブリック(布)」素材がおすすめ

弾力性がありふっくらした座り心地を求めている人はファブリック素材を選びましょう。ワーキングチェアでもっともメジャーな素材として使われており、他の素材に比べて価格がリーズナブルです。大量購入できるので、会社や数を揃えたい場面にはおすすめです。

「メッシュ」素材は汗かきの人でも快適に使える

メッシュ素材は通気性がよく、湿気の多い時期でも快適に使用できます。ただ使い続けるとクッション性が弱くなるデメリットもあるので注意してください。また最近では座面だけでなく背面にもメッシュ素材が使われ、立体形状で体重を分散できるモデルも主流となっています。

重厚感を演出したいなら「レザー」素材がベスト

レザー素材は主にエグゼクティブチェアに採用されており、オフィスの重厚感を演出できます。耐久性が優れており、長く愛用すれば独特の味わいがます。ただ他の素材よりも通気性が劣るため、夏場は蒸れる恐れがあるので注意が必要です。

高さ調節機能で選ぶ

椅子の高さを変える調節機能はレバー式とねじ式で分かれます。最近はレバー式が多いようですが、それぞれにメリットがあるので、違いを理解して自分に合っている方を選びましょう。

簡単に高さを調節したい人は「レバー式」を選ぼう

レバー式は座ったままでも高さを調節できるため、多くのワーキングチェアに採用されています。ただ何度も上げ下げするとレバーの部分が劣化する恐れがあるので、注意してください。またデスクの大きさに合わせ、チェアの高さを片手で細かく調整できてとても便利です。

安定感を求めるなら「ねじ式」がおすすめ

ねじ式は基本固定して使えるのでレバー式に比べて安定感があります。また頻繁にチェアの高さを調節しないのであれば、ねじ式の方が耐久性も高いので長く使用できます。またロッキング機能にこだわりたい人は、ねじ式であれば細かく調整ができるのでおすすめです。

快適さで選ぶ

ワーキングチェアはただ座るためだけではなく、快適さが重要ですよね。特に長時間で座ることが多い人は、ワーキングチェアの機能面に注目してください。

デスクでくつろぎたい人は「リクライニング」でゆったりしよう

会社のデスクや自宅で長時間使用する人は、リクライニング機能がついているモデルがおすすめです。最大180度まで背もたれが倒れるため、作業の合間に休憩や仮眠をとることができます。リクライニングの調整角度を細かく設定できるモデルを選べば、より快適な寝心地を味わえます。

腰痛持ちには「ランバーサポート機能」があれば安心

腰の位置にクッションが入っているランバーサポート機能があれば、腰痛を持っている人でも快適に座ることができます。背骨のS字ラインにフィットするため、長時間で座っていても上半身の負担を減らしてくれます。ハイスペックなワーキングチェアに搭載されていることが多いので、他のチェアよりも価格は高めです。

PCチェアとして使用する人は「前傾後継姿勢」対応モデルがベスト

パソコンや手書きの作業をする人は前傾姿勢、動画視聴や読書をメインにする人後継姿勢に対応しているワーキングチェアを選ぶようにしましょう。特に前傾姿勢は腰の負担が大きくなるため、背面が身体にフィットするモデルを選べば身体を固定することができて快適に作業ができます。

移動することが多いなら「キャスター」の素材にこだわろう

キャスターはワーキングチェアを利用する床のタイプによって選ぶようにしましょう。カーペット上であれば硬い素材でも構いません。ただキャスターが金属や樹脂製の硬い素材だとフローリングを傷つけてしまう恐れがあるため、購入前にチェックするのを忘れずに。

座面の硬さで選ぶ

ワーキングチェアの座面の硬さは、座り心地に影響します。座っている時間の長さや、身体の調子によって硬さを選ぶ必要があるのでチェックしてください。

長時間座ることが多い人は「硬い」座面の方がいい

きれいな姿勢をキープしたい人は、しっかり背中を固定してくれる硬めの座面を選びましょう。しかし座面が硬すぎると頻繁にお尻の位置を動かしてしまうため、身体に負荷がかかる位置が分散してしまいます。そのため腰痛を持っている人は硬すぎる座面のモデルを避けるようにした方がいいですね。

腰の痛さが気になる人は「柔らかい」座面を選ぼう

柔らかい素材の座面であれば体重を分散することができるので身体への負荷は軽くなります。しかし長く座っているとお尻が沈み込んでしまい、きれいな姿勢をキープすることが難しいデメリットもあります。腰の痛さが気になる前に、立ち上がったり動き回って身体のコリをほぐすようにしてください。

背もたれの高さ

ワーキングチェアの背もたれの高さは置くスペースや、身体への負担を考えて選ぶ必要があります。ローバック・ハイバック・エクストラバックと種類も多いので違いを理解しましょう。

スペースを確保したいなら「ローバック」タイプがおすすめ

背もたれが低く、あまりスペースをとらないので、スペースを確保したい人はローバックタイプがおすすめ。また自然と前傾姿勢で座ることになるため、PCや手書きの作業をする人に適しているタイプです。しかし、背もたれが低く寄りかかりずらいので、動画をみたり読書に使うのには向いていません。

身体への負担を減らしたいなら「ハイバック」タイプがいい

背もたれが高いハイバックタイプは身体への負担を減らしてくれるため、長時間作業する人に向いています。座り心地もよく耐久性に優れているモデルが多いので、ローバックタイプよりも価格は高く設定されています。またリクライニング機能がついていれば、作業の合間に休憩や仮眠をとることもできますよ。

肩が凝る人はヘッドレスト付きの「エクストラバック」タイプを選ぼう

肩が凝りやすい人は、頭を後ろに預けられるヘッドレスト付きのワーキングチェアをチェックしましょう。ヘッドレストが首をしっかり支えてくれるため、後継姿勢で作業をすることが多いデザイナーや編集者におすすめのワーキングチェアです。

ロッキング機能で選ぶ

背もたれの部分が倒れる機能をロッキング機能と呼び、今やほとんどのモデルに搭載されています。ただ機能性が上がるほど値段も上がるため、自分に必要な機能は何かをここでチェックしておきましょう。

普通に椅子として使うなら「背ロッキング」で大丈夫

背もたれのみが倒れる背ロッキングは、シンプルなワーキングチェアにほとんど搭載されています。背もたれのみ倒れるので、座ったまま背筋を伸ばすことも可能。特に頻繁に立ち上がり長時間使用することがない、オフィスでの使用なら問題はありません。

休憩や読書をしたいなら「背・座ロッキング」タイプがおすすめ

座面の裏側にねじが付いており、自分の好みに合わせた傾きを細かく調節することができます。背もたれと座面が固定された状態で後ろに倒れていくので、休憩やリラックスしたい時に便利です。そのため長時間の座り仕事を行うオフィスやテレワークの人に人気があります。

座り仕事の負担を減らしたいなら「シンクロロッキング」を選ぼう

シンクロロッキングは背もたれと座面が別々に動くため、ロッキング機能のなかでも最も快適性が高いです。その代わり高額なワーキングチェアに搭載されていることが多いのが難点。最低でも1万円以上はするので、予算と相談しながら検討しましょう。

レストの有無で選ぶ

アームレスト(ひじ掛け)フットレスト(足置き)などのレストがあれば、長時間のデスクワークも快適になります。ただレストはスペースを取るので、ワーキングチェアを置くスペースの下調べは忘れずに。

PC作業が多い人には「アームレスト」がおすすめ

アームレストがあればデスクワーク中でも両腕を支えられ、楽な姿勢をキープできます。また調節機能が付いているタイプであれば、デスクにアームレストがぶつかることもないのでとても便利です。腕をのせるだけでも身体への負担は軽減されるため、長時間と座ることが多い人にはおすすめです。

足がむくみやすい人は「フットレスト」付きを選ぼう

椅子に長時間と座っていると血流が悪くなり、足がむくんでしまいます。フットレスト付きのワーキングチェアであれば、太ももがひざよりも前に来るので血流がスムーズになります。またリクライニング機能があれば足の先まで伸ばすことができるため、快適に休憩できます。

価格で選ぶ

ワーキングチェアは価格によって性能が大きく変わります。高性能なモデルは2万円以上、高級なモデルだと10万円以上するので、あらかじめ予算を決めてから選ぶようにしましょう。

新しくワーキングチェアを買う人は「1万円以下」のモデルでも大丈夫

最近では1万円以下でも高機能なモデルも増えてきています。特にオフィスではある程度数が必要なので、安価なモデルを選べば出費を抑えることができます。十分に快適さを味わえるので、初めてワーキングチェアを購入する人は安いモデルから選んでも問題はありません。

快適さを重視するなら「2万~3万円」のモデルを選ぼう

ロッキング機能や、耐久性、ランバーサポートが欲しいならば、2~3万円のモデルを選ぶようにしましょう。この価格帯になると各ブランドやメーカーのオリジナリティが出てくるので、選ぶ幅も広がります。またデザイン性も優れているモデルが多く、インテリアのひとつとしてワーキングチェアが活躍してくれます。

高性能・デザイン重視の人は5万以上の「高級」チェアがおすすめ

5万円以上する高級なワーキングチェアは、エルゴノミクスやゲーミングチェアのハイスペックなモデルが多いです。基本的に日本人の身体に合わせた作りになっているため、長時間のデスクワークでも身体への負担はごくわずか。またデザイン性も優れ、アフターサポートも充実しているので、長い目でみれば高い買い物ではありません。

女性には「自宅用」のおしゃれなモデルがおすすめ

最近はテレワークでの仕事が増えているため、女性のワーキングチェア需要が格段に増えています。特に女性が自宅でワーキングチェアを使うのであれば、インテリアにもなるおしゃれなモデルがおすすめです。また冷え性や肩こりで悩んでいる女性に考慮したモデルも多いので、チェックしてみてください。

ブランド・メーカーで選ぶ

ワーキングチェアは多くオフィス家具メーカーから発売されています。各メーカーの商品にはそれぞれ特徴があるので、ひとつずつ紹介していきます。

安全性を重視するなら「オカムラ」のモデルがおすすめ

国産メーカーである「オカムラ」はオフィス家具の分野で国内でトップシェアを誇っています。特に安全面に関しては厳しい基準を設けているため、商品の高い品質が評価されています。デザインの特徴としてはカラフルな色合いが多いこと。置いておくだけで部屋の雰囲気を一層明るくできますよ。

おしゃれなデザインが好きな人は「ハーマンミラー」をチェック

高級ワーキングチェアとして知られている「ハーマンミラー」は、特に座り心地で高く評価されています。細部にまでこだわった精巧な作りは、国内外にも大勢のファンがいるほど。またスタイリッシュなデザイン性が魅力で、映画撮影にも使われており、おしゃれなオフィスにもぴったりです。

子供用から大人用まで幅広く探したい人は「コクヨ」で探そう

オフィス用品や家具で有名な「コクヨ」は、子供から大人まで使えるワーキングチェアを沢山取り扱っています。オフィス家具のノウハウを活かして、耐久性にすぐれ、長時間と座っていても疲れにくい設計のモデルが特徴です。幅広い年代で商品を探しているなら、「コクヨ」のワーキングチェアがおすすめです。

安くて高性能なモデルを探しているなら「LOWYA」がおすすめ

自社工場を所有している「LOWYA」は無店舗販売のため、高性能なワーキングチェアでも比較的安く手に入れることができます。また高性能だけでなく、デザイン性が高いのも「LOWYA」の魅力のひとつ。ワーキングチェアで部屋をおしゃれに飾りたい人にもおすすめできるメーカーです。

何より機能性を重視しているなら「エルゴヒューマン」を選ぼう

「エルゴヒューマン」のワーキングチェアは、身体への負担を軽減することを一番に考えて作られています。人間工学に基づいた設計がされているので、特に腰痛を持っている人からは評価が高いです。特に独自のランバーサポート機能は、二つのクッションでしっかりと腰をサポートしてくれます。

腰痛が気になる人向けのワーキングチェアの人気おすすめランキング4選

4位

イーサプライ

EEX-CH15

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

きれいな姿勢をキープできる

椅子の座面が前方に傾き足がロックされるため、理想的な姿勢をキープしつづけることができる優れもの。座っている状態ではキャスターがロックされるので、椅子が動く心配はありません。安定性があり、無理なく姿勢を変えられるので長時間座ることができます。

サイズW46.5×D64.0~66.5×H48.5~62.0cm重量7.3kg

口コミを紹介

テレワーク用に購入しましたが、お値段以上でした。
背筋が伸びてよい姿勢がキープできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Sakamoto house(サカモトハウス)

バランスシナジー バランスチェア

価格:46,030円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

北欧風のデザインも魅力的

ノルウェー生まれの北欧風デザインが特徴的。前後に揺れる構造が体幹に刺激を与えることで、自然と背筋が伸びる仕組みになっています。また腰痛持ちの人でも腰が痛くならないと、臨床実験で実証されたワーキングチェアです。

サイズW33.0×D35.8×H48.5~66.5cm重量9.8kg

口コミを紹介

想像していた通り、自然に背筋が伸びます。
腰痛が楽になるというコメントがあるため、楽に座れるという印象を持っていたが、決して楽なイスではないです。むしろ、体幹を使って上半身を支えるのを習慣付けるイスだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Ticova

Ticova オフィスチェア

価格:22,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

前後に調整できるランバーサポート

アームレストが机に対してフラットになるのでPC作業も楽に行うことができます。また腰痛を和らげるランバーサポートは前後に調節が可能。表面素材には良質なメッシュを使用しているので、夏でも蒸れることなく使用できます。

サイズW52×D52×H106~128cm重量

口コミを紹介

コストパフォーマンスがとても良い商品だと思います。座面クッションの耐久性がどの程度なのかは使い始めたばかりでまだ不明ですが、座りごごちもとても良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Komene

300IBS- BIFMA

価格:34,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エルゴノミクスで腰や背中を完全サポート

人間工学に基づいて背骨のS型曲線に合わせて作られているため、身体が椅子にフィットして腰をサポートしてくれます。また135°のロッキング機能が付いているので、背面を倒せば一時的な休憩も取れますね。調節可能なヘッドレストが付いているので、肩こりに悩んでいる人にもおすすめです。

サイズW67.5×D65×H118.4-128cm重量約18.5kg

口コミを紹介

これは非常に快適なオフィスチェアで、好きなように調整できます。非常に快適し、高品質で組み立ても非常に簡単です。 オフィスや部屋など、さまざまな場所でご利用いただけます。

出典:https://www.amazon.co.jp

腰痛が気になる人向けのワーキングチェアののおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5742024の画像

    Komene

  • 2
    アイテムID:5742017の画像

    Ticova

  • 3
    アイテムID:5741994の画像

    Sakamoto house(サカモトハウス)

  • 4
    アイテムID:5741979の画像

    イーサプライ

  • 商品名
  • 300IBS- BIFMA
  • Ticova オフィスチェア
  • バランスシナジー バランスチェア
  • EEX-CH15
  • 特徴
  • エルゴノミクスで腰や背中を完全サポート
  • 前後に調整できるランバーサポート
  • 北欧風のデザインも魅力的
  • きれいな姿勢をキープできる
  • 価格
  • 34800円(税込)
  • 22980円(税込)
  • 46030円(税込)
  • 6980円(税込)
  • サイズ
  • W67.5×D65×H118.4-128cm
  • W52×D52×H106~128cm
  • W33.0×D35.8×H48.5~66.5cm
  • W46.5×D64.0~66.5×H48.5~62.0cm
  • 重量
  • 約18.5kg
  • 9.8kg
  • 7.3kg

1万円以下の安いワーキングチェアの人気おすすめランキング4選

4位

Hbada

Hbada オフィスチェア

価格:7,500円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルながらも高性能

シンプルなデザインながらも高性能で人気のあるモデルです。座面にはウレタンフォームとファブリックを使用し、座り心地を重視しているのも魅力的。また120°のロッキング機能が付いているため、身体への無理な負荷を和らげることができます。

サイズW60×D41×H86-94cm重量

口コミを紹介

シンプルで座り心地の良いものを探してこの商品と出会いました。予算もちょうど一万円以下に抑えて良かったです。レビューは結構みんなが絶賛してたので購入のきっかけです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

FelixKing

FelixKing オフィスチェア

価格:8,480円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夏場も涼しいメッシュのチェア

8cmの上下昇降機能収納可能な厚手のアームレストが付いているため、デスクの高さに合わせて使用することができます。また高弾力なメッシュ素材は、通気性も良く長時間使用しても蒸れることがありません。

サイズW64xD64xH97~105cm重量

口コミを紹介

在宅ワークが増えた夫のため購入しました。
部品が非常にわかりやすかったので、組み立ても簡単にできました。部屋に対するサイズ感も問題ありません。普通体型男性で快適に座れるようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

タンスのゲン

タンスのゲン オフィスチェア

価格:9,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンクロロッキングが付いている優れモノ

ヘッドレストの高さ調節が可能で、ランバーサポート機能までついている高スペックなワーキングチェアです。またシンクロロッキングも備わっているので、ちょっとした休憩も可能。ここまで機能が備わって1万円以下で買えるのは驚きです。

サイズW63xD65xH116~126cm重量約15kg

口コミを紹介

安いのに耐久性、利便性共にGoodです!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

My Hood

MyHood オフィスチェア

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高反発クッションが座り心地バツグン

背面には良質なメッシュ素材を使用しており、座面には7cmの高反発クッションが採用されています。座り心地はもちろん、背中の疲労を軽減する作りで長時間作業していても疲れづらい魅力もあります。また組み立ても簡単なので、手元に届いたらすぐに使用することができます。

サイズW58.5×D50×H115~125cm重量約10kg

口コミを紹介

良い買い物をしたと思います。まず、カラーバリエーションが豊富であったこと、メッシュタイプなので、座っている部分に熱が溜まりにくいこと安定感、腰の位置、ヘッドレスト、アームの可動域、パソコンするときに楽です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1万円以下の安いワーキングチェアのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5742054の画像

    My Hood

  • 2
    アイテムID:5742049の画像

    タンスのゲン

  • 3
    アイテムID:5742046の画像

    FelixKing

  • 4
    アイテムID:5742039の画像

    Hbada

  • 商品名
  • MyHood オフィスチェア
  • タンスのゲン オフィスチェア
  • FelixKing オフィスチェア
  • Hbada オフィスチェア
  • 特徴
  • 高反発クッションが座り心地バツグン
  • シンクロロッキングが付いている優れモノ
  • 夏場も涼しいメッシュのチェア
  • シンプルながらも高性能
  • 価格
  • 7980円(税込)
  • 9999円(税込)
  • 8480円(税込)
  • 7500円(税込)
  • サイズ
  • W58.5×D50×H115~125cm
  • W63xD65xH116~126cm
  • W64xD64xH97~105cm
  • W60×D41×H86-94cm
  • 重量
  • 約10kg
  • 約15kg

2~3万円のワーキングチェアの人気おすすめランキング4選

4位

Hbada

Hbada ゲーミングチェア

価格:18,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的ゲーミングチェア

赤と黒のデザインがスタイリッシュなゲーミングチェアです。頑丈なスチールフレームを使用しているので、激しいプレイでもびくともしません。また17°まで倒れるロッキング機能が付いているので、プレイに疲れたら背面を倒して休憩することができます。

サイズW68×D52×H120-128cm重量22.6kg

口コミを紹介

座り心地は硬すぎず柔らかすぎず、長時間座っていても負担が少ないです。首と腰のサポートクッションのおかげで、リラックスできています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

コクヨ(コクヨファニチャー)

AXチェア Tタイプ AXB-R4D

価格:21,190円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなデザインと豊富なカラーが人気

豊富なカラーバリエーションと無駄を省いたシンプルなデザインが印象的なワーキングチェアです。シンプルながら背もたれロッキング座面高さ調整機能がついている優れもの。ローバックなのでスペースをとらないのも嬉しいですね。

サイズW57.5cm×D52cm×H82-92.5cm重量約12kg

口コミを紹介

リモートワークで使っているので乱暴な扱いはしていないが、オフィスで少々雑に使っても大丈夫な感じ。何より座りやすくて疲れない。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

イトーキ

YL8-BL-AEL

価格:32,900円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

座る人の体型にこだわらない万能モデル

高さ調節が可能なランバーサポート機能がついているため、体型に合わせて使用できます。また調節レバーでロッキングの角度を固定することも可能。どんなシーンでも対応できる、座る人の快適さを追求したワーキングチェアです。

サイズW66.7×D70.5~102.5×H113.5~130.5cm重量22.1kg

口コミを紹介

安心と信頼のイトーキブランドのハイバッグチェアです。
掲示板のほうで話題になっていたので購入しましたが、危惧していた座面の固さも気になりません。
この価格帯のチェアでいえばベストな選択肢の一つではないでしょうか。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

オカムラ(岡村製作所)

8VCM1A-FHR6

価格:19,691円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

包み込まれるような座り心地

弾力性のあるストライプメッシュを背面に採用しているため、座ったときに包み込まれるような感覚を味わえます。また15°まで傾くシンクロロッキング機能が付いているので、太ももを圧迫することなく長時間座ることができます。

サイズW64.4×D64.4×H89~98.6cm重量13.8kg

口コミを紹介

座り心地もとても良いです。座面は広くクッション性も高いです。硬さも気になりません。同じ時間リビングの椅子で過ごすのと、こちらのチェアで過ごすのでは疲れが全く違います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2~3万円のワーキングチェアのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5744412の画像

    オカムラ(岡村製作所)

  • 2
    アイテムID:5744399の画像

    イトーキ

  • 3
    アイテムID:5744394の画像

    コクヨ(コクヨファニチャー)

  • 4
    アイテムID:5744366の画像

    Hbada

  • 商品名
  • 8VCM1A-FHR6
  • YL8-BL-AEL
  • AXチェア Tタイプ AXB-R4D
  • Hbada ゲーミングチェア
  • 特徴
  • 包み込まれるような座り心地
  • 座る人の体型にこだわらない万能モデル
  • シンプルなデザインと豊富なカラーが人気
  • 本格的ゲーミングチェア
  • 価格
  • 19691円(税込)
  • 32900円(税込)
  • 21190円(税込)
  • 18800円(税込)
  • サイズ
  • W64.4×D64.4×H89~98.6cm
  • W66.7×D70.5~102.5×H113.5~130.5cm
  • W57.5cm×D52cm×H82-92.5cm
  • W68×D52×H120-128cm
  • 重量
  • 13.8kg
  • 22.1kg
  • 約12kg
  • 22.6kg

高級なワーキングチェアの人気おすすめランキング4選

4位

オカムラ(岡村製作所)

C68ABR-FMP1

価格:102,556円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3種類のウレタン素材を使用

前方は柔らかく、後方はお尻をサポートする固めのクッション、そして座面はウレタンの異なる3種類の素材を使用。また背もたれを調節できるバックカーブアジャスト機構がついており、どんな体格の人でも椅子と身体をフィットさせることが可能です。

サイズW64.8×D65.8×H114.7~124.7cm重量20.6kg

口コミを紹介

デスクワークで長時間椅子にすわるので奮発して高い椅子を買いました
買ってから一カ月ちょっと経ちましたが、なんの問題も起きてません
元が安い椅子に座ってたからかもしれませんが全てが良く感じます(笑)

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

コクヨ(コクヨファニチャー)

CR-GA2515E6GMR5-W

価格:149,996円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長時間作業を快適にしてくれる

座面とひじ掛けの角度を調節できるので、長時間座っていても太ももを圧迫することなく使用できます。良質なメッシュの背もたれ自在に動くワイヤーランバーサポート機能で、身体の負担を軽減するソフトな座り心地を味わうことができます。

サイズW68.5-69.5cm×D61-88cm×H114.5-123.5cm重量22.4kg

口コミを紹介

材質やデザイン、操作した感触や座った感じなど、10万円以上するチェアだってことを感じられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Ergohuman (エルゴヒューマン)

PRO OTTOMAN EHP-LPL KMD-31

価格:105,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

前傾姿勢でも身体にフィットしてくれる

前傾チルト機能を備えていることが一番の特徴。前傾姿勢になっても背もたれと腰のすき間を埋めてくれるので、PC作業が多い人にはぴったりです。また足の置き場が椅子に組み込まれているオットマンチェアのため、脚置き場の収納スペースに困ることはありません。

サイズ:W65.5×D66×H114.5~128.5(SH43~52)cm重量30.8Kg

口コミを紹介

高いイスは本当に値段分の価値があるのか不安でしたが、1日中事務作業した後の腰周りがコンクリートで固められたような痛みが大分緩和されて満足してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

HermanMiller(ハーマンミラー)

アーロンチェア AER1B22PWZSSG1G1G1BBBK23103

価格:112,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

言わずと知れたワーキングチェアの王様

世界中で愛されているアーロンチェアは、洗練されたデザイン自然な動きで身体をサポートする機能が特徴。背もたれは体圧を分散するよう設計されており、常に正しい姿勢をキープすることが可能です。

サイズW68.5 x D40.5~52 x H93~104.5cm重量約20kg

口コミを紹介

腰が疲れない。
実際に使用してみて非常に快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

高級なワーキングチェアのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5744811の画像

    HermanMiller(ハーマンミラー)

  • 2
    アイテムID:5744803の画像

    Ergohuman (エルゴヒューマン)

  • 3
    アイテムID:5744793の画像

    コクヨ(コクヨファニチャー)

  • 4
    アイテムID:5744788の画像

    オカムラ(岡村製作所)

  • 商品名
  • アーロンチェア AER1B22PWZSSG1G1G1BBBK23103
  • PRO OTTOMAN EHP-LPL KMD-31
  • CR-GA2515E6GMR5-W
  • C68ABR-FMP1
  • 特徴
  • 言わずと知れたワーキングチェアの王様
  • 前傾姿勢でも身体にフィットしてくれる
  • 長時間作業を快適にしてくれる
  • 3種類のウレタン素材を使用
  • 価格
  • 112000円(税込)
  • 105800円(税込)
  • 149996円(税込)
  • 102556円(税込)
  • サイズ
  • W68.5 x D40.5~52 x H93~104.5cm
  • :W65.5×D66×H114.5~128.5(SH43~52)cm
  • W68.5-69.5cm×D61-88cm×H114.5-123.5cm
  • W64.8×D65.8×H114.7~124.7cm
  • 重量
  • 約20kg
  • 30.8Kg
  • 22.4kg
  • 20.6kg

自宅用女性向けワーキングチェアの人気おすすめランキング4選

4位

オカムラ(岡村製作所)

8VCM2A-FHR1

価格:25,139円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

背もたれのメッシュがスタイリッシュ

座面が小さくカラフルで、背もたれのメッシュが印象的なワーキングチェアです。15°稼働するオートフィットシンクロリクライニングを採用しており、体格や体重に応じて強弱を自動で調整してくれます。また背面のランバー部分は固めのサポートをしてくれるので、腰痛持ちの人でも長時間座ることが可能です。

サイズW49.8×D57.6×H98.2~108.2cm 重量14kg

口コミを紹介

背もたれがヘタれたのでメッシュチェアから買い替えましたが、こちらはかなり丈夫なのに微妙な柔軟性があり背中が痛くならなくて素晴らしいです。リラックスにも集中作業にも使えます。長く使っていきたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

サンワダイレクト

100-SNC027W

価格:7,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホテルにも採用されているシンプルなデザイン

無駄のないシンプルなデザインは、どんなスタイルの部屋にもマッチします。また座面・背面にはPUレザーが使われているので、撥水性もバツグン。背もたれは流線型になっているので、椅子と背中がフィットして長時間作業も快適に行えます。

サイズW62.5×D62.5×H91.5~101cm重量6kg
2位

タマリビング(Tamaliving)

50003101

価格:13,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モダンなデザインはおしゃれな部屋にぴったり

木目のおしゃれなフレームが印象的で、モダンな部屋にぴったりなワーキングチェアです。座面はブルー・ブラウン・グレー・ブラックの4色展開されているので、自室の雰囲気に合わせて選びたいですね。重量も10kg以下なので、小柄な女性でも簡単に持ち運びができます。

サイズW58×D57×H79~86cm重量約9kg

口コミを紹介

机に合う椅子を探す中で、座るとひやっとしないもので、高さの調整ができるオシャレなものでこちらに決めました!組み立てはすぐ終わりますし、座り心地は全く問題なく、机と同じ色の背もたれ側の木もいい雰囲気です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

イトーキ

KE349GBM-T1T1

価格:54,169円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性によって作られた女性のためのワーキングチェア

女性の身体的疲労軽減のために作られた、女性用のワーキングチェアです。女性の骨盤形状に合わせたシートや背面が特徴的で、他のワーキングチェアよりもコンパクトに作られています。また腕のむくみを軽減してくれるサーキュシートが搭載されているのも嬉しいですね。

サイズW64~81.5×D58×H85~97cm重量20.8Kg

口コミを紹介

女性のために開発されたということで、通常のオフィスチェアとしてはコンパクトな印象。
キチッと、まじめに創られた椅子です。
一生懸命、頑張る人にはお勧めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

自宅用女性向けワーキングチェアのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5744842の画像

    イトーキ

  • 2
    アイテムID:5744837の画像

    タマリビング(Tamaliving)

  • 3
    アイテムID:5744834の画像

    サンワダイレクト

  • 4
    アイテムID:5744821の画像

    オカムラ(岡村製作所)

  • 商品名
  • KE349GBM-T1T1
  • 50003101
  • 100-SNC027W
  • 8VCM2A-FHR1
  • 特徴
  • 女性によって作られた女性のためのワーキングチェア
  • モダンなデザインはおしゃれな部屋にぴったり
  • ホテルにも採用されているシンプルなデザイン
  • 背もたれのメッシュがスタイリッシュ
  • 価格
  • 54169円(税込)
  • 13800円(税込)
  • 7680円(税込)
  • 25139円(税込)
  • サイズ
  • W64~81.5×D58×H85~97cm
  • W58×D57×H79~86cm
  • W62.5×D62.5×H91.5~101cm
  • W49.8×D57.6×H98.2~108.2cm
  • 重量
  • 20.8Kg
  • 約9kg
  • 6kg
  • 14kg

通販で取り寄せるなら、届く日を確認しよう

最近テレワークが増えていることから、ワーキングチェアの需要は急激に増えています。そのため人気のワーキングチェアだと、数か月先まで入荷しないということがあります。通販で取り寄せる時には、入荷状況を確認し配送について購入者レビューをしっかり読んでから購入するようにしましょう。

まとめ

ワーキングチェアの選び方は、使用する目的やシーンによって変わってきます。特に腰痛に困っている人や長時間椅子に座っている人は、高機能なモデルがおすすめです。普通の椅子より高い買い物かもしれませんが、効率を上げるためにもワーキングチェアで作業環境をグレードアップしましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ