ウォーターサーバーと浄水器の徹底比較!実際どっちがオトクなの?

記事ID12390のサムネイル画像

ウォーターサーバーと浄水器はどちらも安全でおいしい水が飲めるというメリットがあります。そのため、どちらを導入するべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ウォーターサーバーと浄水器を比較し、それぞれの特徴やおすすめポイントを紹介します。

ウォーターサーバーと浄水器を比較!両者の違いは?

両者の主な違いは水の品質コスパです。

 

ウォーターサーバーは水の品質がより良いですがコストがかかります。浄水器は水道水を原水とするため、不純物を完全に除去することが難しいですが、コストは安く導入がしやすいです。ここでは両者の様々な違いについて解説します。

仕組みが違う

両者の仕組みの一番の違いは「水道水」を使うか「天然水・RO水」を使うかです。これによりコスパにも影響してきます。

 

浄水器では、本体に内蔵された『ろ過装置』を使って水を綺麗にします。そのため蛇口に本体を取り付けるタイプが多く、活性炭やろ過膜を用いて安全性を高めたり、カルキを抜いて美味しくする仕組みです。

 

一方、ウォーターサーバーは本体が独立しており、各社メーカーが高い基準で厳選した天然水やRO水が入ったボトルを配達してもらい、本体上部などにセットし冷温水器に通すことで、いつでも好きなときに美味しい冷温水を飲むことができます。

 

水道水を家庭でろ過して使うのが「浄水器」、各メーカーが独自に採水・除去処理をした水が送られてきてそれを使うのが「ウォーターサーバー」となります。

水の品質が違う

ウォーターサーバーは各社メーカー独自の方法による加熱処理を施し、水質検査や放射性物質検査をクリアしたもののみが、無菌状態でボトルにパッキングされて配達されてきます。

 

一方、浄水器は取り除ける不純物に限りがあります。家庭で使っている水道水を専用のろ過装置を通して使用しますが、すべては取り除けません。少ないもので5種類、多いものでは10種類程度の不純物を取り除くことができます。

メンテナンスの仕方が違う

「ウォーターサーバー」は自身でのメンテナンスはほとんど必要ありませんが、「浄水器」は自身でのカートリッジ交換が必要です。

 

浄水器は水道水を活性炭やろ過膜に通すことで水を綺麗にするため、使えば使うほど除去能力が落ちていきます。そのためカートリッジを定期的に交換しなければいけません。またメンテナンススタッフがいないため、長年使う方は分解洗浄を自身で行うか、業者に依頼する必要があります。

 

一方、ウォーターサーバーでは不純物が除去されたボトルが送られてくるため「メンテナンス不要な設計」になっているモデルが多いです。分解洗浄や部品交換などの定期メンテナンスは月額料金内で専門のスタッフが対応してくれるのが一般的。除菌システムを搭載したモデルも多いため、衛生面でも安心して使えます。

導入の仕方が違う

ここまで見ると「基準も高くメンテナンスも不要、ウォーターサーバーの方が便利じゃないか」と思う方も多いかと思いますが、浄水器は手軽に導入できるのが魅力です。

 

ウォーターサーバーは、各メーカーと契約する必要があり月額料金がかかったり様々な条件を確認したり、スタッフによる本体の設置やボトルの配達、メーカーサイトへの登録、保管場所の確保、など準備が必要です。

 

対して浄水器は、ホームセンターなど身近なお店で安く、低リスクで設置することができるのが魅力。個人での取り付けも簡単なため、手軽に導入できます。

ウォーターサーバーを導入するメリット

ウォーターサーバーを導入するメリットは、安全でおいしい水がいつでも冷たい水や温かいお湯が使える点です。また予備ボトルをストックする必要があるため、災害時の備蓄水としても活用できます。それぞれ解説します。

冷水・温水がすぐに使えて便利

コンセントを差しておけば内臓された冷温装置を通して、いつでも80〜90℃のお湯や冷たい水をレバーひとつで使うことができるため、氷を入れたり、お湯が沸くのを待ったりする必要がありません。お湯と冷水の両方をいれれば白湯も日常的に飲めるため健康的です。

 

暑い夏でも冷たくて美味しい水が飲めるため、冷蔵庫のスペースを節約するのにも役立ちますよ。

安全で美味しい水が利用できる

浄水器では限られたろ過装置のみで不純物を除去しなければならないため、すべてを取り除くことができません。それに対してウォーターサーバーは、各メーカーが工場でしっかりと処理された、厳しい基準をクリアした水を配送してくれるため、安定して安全でおいしい水が使えます。

 

 

災害時の備蓄水として利用できる

ウォーターサーバーは大容量のボトルを複数本ストックしておくのが一般的。なくなれば空ボトルの回収と合わせて、定期的に発注する形になると思うので、家には絶えず予備の水がストックされていることになります。

 

ストックがあれば、たとえ水道が止まっても安全な水を飲むことができます。常温のみになりますが、ボトルをセットすれば電気がなくてもサーバーは使用できます。災害は準備を待たずにやってくるため、いざという時のための設備としてもおすすめです。

浄水器を導入するメリット

浄水器を導入するメリットは、水道水よりキレイで安全な水を手軽に使えるようになる点です。浄水器は本体代とカートリッジ代以外は水道料金しかかからないため、非常にコスパ良く使えます。ここでは浄水器のメリットについて解説します。

手軽に導入できる

浄水器はホームセンターなど量販店で手に入りやすく、取り付けも簡単で手軽に導入できます。また、ウォーターサーバーのように契約や、搬入・撤去作業も必要なく、段取りの打ち合わせなども必要ありません。価格も数千円で購入できるものが多く、リーズナブルに導入できます。

取り付けが簡単で場所を取らない

浄水器は蛇口に取り付けるタイプが多く、先端部分を外して代わりにつけたり、ネジで固定したりするだけで設置できます。またウォーターサーバーと違い、独立した本体がないため、省スペースで使えます。ワンルームやキッチンが狭い家でもなるべくキレイな水を使いたい、という方におすすめです。

コスパがいい

浄水器では水道水を原水として使うため本体・カートリッジ以外に費用がほとんどかかりません。水道水の料金は1L約0.24円。ミネラルウォーターやウォーターサーバーのボトルに比べて非常に安く、調理はもちろん洗顔など美容のために使ってもコストが高くなりません。

 

カートリッジだけは定期的に交換する必要がありますが、それ以外では水道水以外コストがかからないため、量を気にせず使うことができます。

ウォーターサーバーと浄水器はどちらがおすすめ?

よりよい品質の水が飲みたい方はウォーターサーバーがおすすめです。コストを抑え、今より少しだけ良い水を使いたい方は浄水器がおすすめです。家庭の状況や好みに合わせて選んでいきましょう。

 

ここではそれぞれおすすめの人を解説します。

低コストなのは浄水器

浄水器は本体代が初期費用としてかかる以外、水道代と数ヶ月に1度カートリッジを交換するだけのため、非常にリーズナブルに導入できるのが魅力。

 

ウォーターサーバーはサーバーレンタル代や設置費用など初期費用が無料のものもありますが、他にもメンテナンスやサポート代として月額料金がかかるのが一般的です。それに加えて、使う水は1本(24L)2,500円〜5,000円と毎月それなりの金額が必要です。

 

浄水器であれば本体代も数千円〜2万円程度で、抑えようと思えば月額1,000円以下で使えます。今よりキレイな水を使いたいけど、コストも抑えたいという方は浄水器を検討してみてください。

ウォーターサーバーがおすすめな人

ウォーターサーバーがおすすめな人は、以下の方々です。

 

●コーヒーやお茶など温かい飲み物をよく飲む方

●健康改善のために白湯を飲みたい方

●料理でよくお湯を使う方

●水の味にこだわりたい方

●子供のために安全な水を使いたい方

 

ウォーターサーバーは、安全で美味しい水が冷水でも温水でもいつでも使える点にあります。温水と冷水の両方を注げば、いつでも手軽に白湯が飲めるため、健康志向の方にも最適なアイテムといえます。

浄水器がおすすめな人

浄水器がおすすめな人は、以下の方々です。

 

●今よりキレイな水を低コストで導入したい方

●設置工事や契約など手続きはしたくない方

●これ以上家電を置きたくない方

●設置スペースをとりたくない方

●月額の使用コストをなるべく抑えたい方

 

浄水器は、かかる費用が本体+カートリッジ+水道代のみなのが魅力。ウォーターサーバーは、月額料金がかかる他、約25kgのボトル交換をする手間や、予備ボトルの保管場所の確保、毎月のボトル発注作業など意外と手間もかかります。

 

これらの手間をなくして、コストも抑えたい方は浄水器がおすすめです。

水道直結や浄水器一体型ウォーターサーバーも!

どちらもしっくりこない、という方はいっそ両方の良いとこ取りをした『浄水器一体型ウォーターサーバー』はいかがでしょうか。これは両者の中間にあるアイテムで品質やコスパ、どちらも捨てがたいという方にぴったりのアイテムです。

従来のウォーターサーバーとの違い

浄水器一体型ウォーターサーバーは、ウォーターサーバーや浄水器のいいとこどりをしたアイテムです。水道直結型や上部に水道水をろ過できるタンクが一体となっているためボトルが必要ありません。

 

そのため従来のウォーターサーバーのデメリットである重労働なボトル交換やボトル購入がいりません。それに加え、従来の浄水器よりも本体が大きく、高性能なろ過機能を有しているため、蛇口につけるタイプの浄水器よりもキレイでおいしい水が使えます。

水の購入が必要なくコストが安い

従来のウォーターサーバーは月額料金に加え、使った水に比例してボトル料金がかかるためひと月で5,000円以上使うことも。しかし浄水器一体型ウォーターサーバーであれば、使用するのが水道水なため、どれだけたくさん使ってもかかるのは水道代だけです。

 

そのため料理の下準備や調理、洗顔などの美容目的、温かい飲み物や健康目的の白湯など、気兼ねなくたくさん使えるのが魅力。必要なのはサーバーのレンタル代と水道代だけのため、ウォーターサーバーよりもコストが抑えられます。

 

また料金内には交換用カートリッジ代も含まれているサービスも多く、たくさん水が必要なキレイで安全な水をたくさん使いたい大家族の家庭にもおすすめです。

水道直結型はデメリットも

ウォーターサーバーと浄水器のいいとこどりの浄水器一体型サーバーですが、デメリットもあります。

 

冷温水機能や、高性能なろ過装置がついているため、従来のウォーターサーバー同様、本体サイズが大きく電源が必要な場合が多いです。また水道直結型であれば、水道管に直接パイプを繋ぐため設置場所が限られることも。

 

またろ過性能は高いですが、使用する原水が水道水なためウォーターサーバーで使う天然水やRO水よりは品質が劣ります。導入にはメーカーとの契約が必要で、中には2年未満だと解約料金がかかることも。

 

契約する際には、これらのデメリットにも注目するようにしましょう。

おすすめのウォーターサーバー3選

ここからは、おすすめのウォーターサーバーを紹介いたします。

デザイン性抜群で省エネ!フレシャス デュオ

『フレシャス』が提供する「dewo」は、デザイン性と充実した機能が魅力のウォーターサーバーです。公益財団法人日本デザイン振興会主催の「グッドデザイン賞」を受賞するなど、部屋のインテリアにも溶け込むシンプルなデザインがどんな部屋でもおしゃれな空間に演出してくれます。

 

電気代も月に約330円と非常に安く、他にも、熱水をサーバー内に循環させて、雑菌を殺菌する衛生機能「フレッシュ機能」が搭載されているなど、安全面でも安心の仕様です。宅配される水は3つの天然水の中から好みの種類を選べます。

 

●FRECIOUS富士(500ml換算:80.2円~98.4円)

富士山の開発限界地域である標高1,000mの採水地からとれるバナジウム入り天然水。溶存酵素と亜鉛をバランス良く含み、ほのかに甘いのが特徴。

 

●FRECIOUS木曽(500ml換算:81.2円)

深い緑に囲まれた霊峰御嶽山の麓から太古の昔より湧き出る天然水。採水できる水の量に限りがあり希少価値が高い。硬度20mg/Lの軟水で雑味がなくスッキリとした味わいが特徴。

 

●FRECIOUS朝霧高原(500ml換算:79.1円)

富士山の静岡県側、朝霧高原から採水された天然水。硬度85ml/Lの中軟水で、バナジウム含有量180μg/Lと、他社の宅配水と比べてミネラルが豊富に入っている。

 

また『フレシャス』では他にも、dewoの1/3サイズの「デュオミニ」、UCCドリップポッドや、市販の挽いた豆(粉)が使え、コーヒー以外にも、紅茶、緑茶も抽出できる「スラットカフェ」、マットな質感とシンプルなデザインで上質な色味が魅力の「スラット」、サーバーレンタル料が不要でコンパクトに使える「サイフォンプラス」など好みに合わせたモデルがあります。

コーヒーマシン一体型!アクアクララ アクアウィズ

天面部に設置されたコーヒーマシンがカフェの一角のような雰囲気を演出してくれる『アクアクララ』の「アクアウィズ」。一台のマシンで冷水・温水・コーヒーメニューなどをボタンひとつで操作できます。

 

「ネスカフェゴールドブレンドバリスタ50」と「ネスカフェドルチェグストジェニオアイ」に対応、スターバックスや20種類以上のコーヒーの味をお家で手軽に楽しめるのが魅力的ですね。

 

また、『アクアクララ』で届けられる「RO水」は、放射性ヨウ素の除去に有効な「RO膜(逆浸透膜)」を使い、1000万分の1mmまで徹底的にろ過されています。0.0001ミクロンという目の細かさで水の分子より大きな不純物がすべて除去されており、ウイルスやダイオキシン類、鉛などの有害物質も取り除かれています。

 

これに4種のミネラルを加えることでおいしくヘルシーな水に。口当たりがまろやかで口当たりが良く、飲み水にも料理にも最適です。赤ちゃんにも優しい軟水なため、ミルク作りなどにもおすすめ。契約後は、専門スタッフによる設置・メンテナンスがついており、ボトルの配達も玄関まで運んでくれるため、設置や組み立てで不安な方も安心して使えます。

コスパよし!コスモウォーター Smart プラス

月におよそ474円(エコモード1日2回使用時)の電気代と、月々100円の安心サービス、あとは12L1,900円(500ml換算:79円)のボトル代のみで利用できるのが『コスモウォーター』の強みです。

 

サーバーレンタル代が無料なため、あまり水を飲まない方でも無駄なく利用することができます。

 

配達されるボトルは、大分・京都・静岡の最寄りの採水地から汲み上げから48時間以内にパッケージされた新鮮な天然水。120項目以上に及ぶ厳しい基準をクリアしており、2019年度モンドセレクション金賞や、日本で初めてアカデミー賞で金賞を受賞するなど、品質にも定評があります。

 

また、置き場所を選ばないスマートなデザインは、A4コピー用紙と同じ幅で設置が可能、シンプルで上質感のあるデザインはどんなインテリアともマッチします。

おすすめの浄水器3選

続いて浄水器です。浄水器はコスパに優れていますが、こちらの3つの製品はろ過性能も非常に高く使い勝手に優れています。ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしにもおすすめ!BRITA BJ-NOT オンタップ

本体価格3,000円前後、カートリッジが2,000円前後、それでいてカートリッジの交換目安が4ヶ月前後と非常にコスパ良く運転できるのがこちらの魅力です。

 

ひとつのカートリッジで1,200Lの浄水が可能となっており、1Lあたりに換算すると約3円と非常に経済的。リーズナブルながらも除去物質数は、残留塩素や農薬、鉛などをはじめとした10物質と浄水器の中でもトップクラスの性能を誇ります。

 

販売している『ブリタ』は浄水ポッドで有名なドイツのブランド。国内でも支持者が多く、1966年の創業以来、世界中で愛用されている人気のメーカーです。

性能重視ならパナソニック TK-CJ23-H

「除去物質20数」と浄水器の中では群を抜いたろ過性能が特徴。従来の浄水器が5~10個前後ですので、およそ倍以上の不純物を除去することができます。

 

本体価格が9,000円前後、カートリッジも2個入りで9,000円近くするため一見高額に感じますが、カートリッジの交換目安が6ヶ月、1個で2,000Lの浄水が可能とコスパ的にも優れています。1Lで換算すると約4.3円、本体を購入すれば、カートリッジを月換算しても1,000円かからず家計を圧迫せずに、高性能なろ過水を飲めるためおすすめです。

 

またカートリッジの残り目安を数字で確認でき、交換もカートリッジ部分を回して外すだけと簡単。水垢が溜まりやすいシャワー部分は取り外しができてお手入れも簡単にできるなど、使い勝手にも優れている秀逸な一品です。

浄水スピードがすごい!東レ トレビーノ カセッティ MK206SMX

従来の浄水器が1分あたり1.5Lの浄水スピードに対し、こちらは1分あたり3Lと非常に早い浄水スピードなのが魅力。ほぼ原水と同じような勢いで浄水した水が使えます。

 

除去物質数も13と浄水器の中ではトップクラスのろ過能力を有します。本体価格が6,000円前後、カートリッジが2個入りで5,000円前後、手頃な値段で設置も簡単なため導入もしやすく、初心者の方にもおすすめです。

 

また洗いやすい外せる吐水口キャップは、水跳ねが少ない極細シャワー仕様となっており、清潔に使用できる他、約30%の節水効果も期待できるため経済的にも助かる浄水器です。

家庭の状況や好みに合わせて選ぼう

水の品質や使い勝手にこだわりたいのであれば、ウォーターサーバーがおすすめです。大量に水を飲んだり使ったりしてコスパが気になる方は、浄水器一体型ウォーターサーバーがおすすめ。更にコスパを抑えたかったり、設置スペースを増やしたくない、手軽にキレイな水を使いたい、という方は浄水器が最適。家庭の状況や好みに合わせて最適なものをぜひ選んでみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ