ヨクイニンの人気おすすめランキング10選【イボ・ニキビでお悩みの方に!】

記事ID12299のサムネイル画像

ヨクイニンとは、イボや肌荒れなどを改善する生薬・漢方として知られており、ハトムギの皮をむいた種子に含まれています。どんな時にヨクイニンを飲むのかや、副作用の有無についても気になりますよね。ヨクイニンの選び方やおすすめ、人気ランキングをご紹介します。

イボ・肌荒れの漢方「ヨクイニン」

ヨクイニンとは、ハトムギの種子の殻と渋皮の部分を取り除いた種子が原料となる生薬・漢方です。体の水分代謝を高めて老廃物の排出を促す作用や、炎症を抑える働きを持っており、「イボ」「水いぼ」「肌荒れ」などの肌トラブルを改善したい方から選ばれています。

 

副作用が気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、ヨクイニンは植物由来の成分のため、副作用はほとんどないのも魅力のひとつです。しかし、ヨクイニンには様々なタイプが市販されており、どれを選ぶかで迷ってしまいませんか?

 

そこで今回はヨクイニンの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはヨクイニンの成分含有量、容量、人気を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ヨクイニンの選び方

ヨクイニンには第3類医薬品として販売されているものや、食品など様々なタイプがあります。選ぶ際にどのようなポイントをチェックすればよいのか、ご紹介します。

成分で選ぶ

ヨクイニンは、イボ・水いぼに働きかける製品や、肌荒れ・ニキビに働きかける製品など、配合成分によって異なっています。ご自分の悩みに合ったタイプを選びましょう。

いぼに悩んでいるなら「いぼの表記があるもの」がおすすめ

いぼ・水イボを治したいと思っている方は、製品パッケージに「いぼ(イボ)」といった表記のあるものを選ぶのがおすすめです。なかには、いぼを治すというよりも、肌荒れに特化したものや、シミに働きかけるものなどもあります。

 

いぼや肌のブツブツを改善したい方には、ヨクイニン成分を主体とし、ヨクイニンが豊富に含まれたものが適しています。成分・分量の項目をチェックした時に、ヨクイニンが1,500mg以上含まれているものを選ぶと良いでしょう。

ニキビで悩んでいるなら「ニキビの表記があるもの」がおすすめ

ニキビに悩んでいる場合は、ヨクイニンにプラスしてビタミンCやB群を配合したタイプがおすすめです。口内炎や湿疹などのトラブルで悩んでいる場合も同様に、ビタミン類を含んだものが良いでしょう。

 

ヨクイニンが肌のターンオーバーを正常に保ち、ビタミン類が皮脂の分泌を抑えることでニキビや肌荒れを改善。吹き出物に悩む期間や、1年を通したお肌のメンテナンスにも活躍します。

シミで悩んでいるなら「シミの表記があるもの」がおすすめ

ヨクイニンには肌のターンオーバーを正常に保つ働きがあるため、シミを改善する製品に配合されている場合もあります。クラシエの「桂枝茯苓丸プラス ヨクイニンタブレット」などが知られています。

 

シミを治すための薬やサプリメントなどをお探しで、ヨクイニンの配合されているものをまだ試したことがない方におすすめです。

容量で選ぶ

ヨクイニンは半月から1か月分、一か月半から3ヵ月分など、様々なサイズのものが販売されています。利用する期間に応じた容量のものを選びましょう。

お試しや短期間の用途なら「少ない容量」がおすすめ

ヨクイニンをお探しの方の中には、「トラブルを起こしがちな限られた期間だけ利用したい」と考えている方もいるでしょう。ヨクイニンには、お試しサイズなどの容量が少なめな製品も存在しています

 

例えば、クラシエの第3類医薬品である「ヨクイニンタブレット」には7日間のお試しサイズが、DHCのサプリメント「はとむぎエキス」には20日分の少なめサイズが展開されています。初めての購入の際や、続けて飲む予定のない方におすすめです。

続けて利用したいなら「大容量・セット販売」がおすすめ

ヨクイニンは自然由来の成分であり、1か月ほど続けて飲むことでイボや肌荒れなどのトラブルの改善を目指します。1年スパンで必要な分を備えておきたいという方などは、容量の多いものや、セット販売を利用するのがおすすめです。

 

製品ページにある「〇〇日分」や「〇個セット」などの表示を確認して、ヨクイニンを利用する期間に合った容量を選んでください。ものによっては、セットを購入する方がお買い得に設定されているもあるため、要チェックです。

第3類医薬品から選ぶ

医薬品に属するヨクイニンには「第3類医薬品」の表記があり、主に錠剤・粉末・顆粒タイプで市販されています。お肌のトラブルを体内から改善したい場合におすすめです。

飲みやすさ重視の方には「錠剤・タブレットタイプ」

第3類医薬品のヨクイニンのうち、錠剤・タブレットタイプは最も手軽で飲みやすいタイプです。医薬品メーカーによって異なりますが、1日の服用量で1,500~4,200mgのヨクイニン成分を摂取することができます。

 

初めてヨクイニンを飲まれる場合は、1日の服用量が12~18錠と多いことに驚かれるかもしれません。製品ごとにヨクイニンの含有量は異なっているため、出来るだけ服用する錠剤の数を減らしたい方は、用法・用量の項目を比較して選ぶと良いしょう。

 

また、ヨクイニンの成分には「エキス由来」と「ヨクイニン末」の2タイプがあります。どちらが自分の症状に適しているのか、それぞれ試してみることをおすすめします。

コスパの高さで選ぶなら「粉末・顆粒タイプ」

配合されているヨクイニンの成分は、錠剤タイプも粉末・顆粒タイプも同じです。濃度についてはどちらが高いと一概に言うことはできませんが、粉末や顆粒タイプのヨクイニンは、比較的コストパフォーマンスが高い点がメリットでしょう。

 

なお、粉末タイプは分包されておらず、自分で分量を量る必要のある製品がほとんどです。しかし、なかには1回分の服用量で小分けにされているものもあります。手軽に摂取したい方には、分包タイプがおすすめです。

 

どんなにコストパフォーマンスに優れていても、「手間だから」と飲まなくなってしまっては意味がありませんよね。粉末・顆粒タイプを選ぶ際は、計量に手間取らないかという点や、味や臭いについて言及しているレビューをチェックすることをおすすめします。

本格的にヨクイニンを試したい方には「生薬タイプ」

生薬タイプのヨクイニンは、ハトムギの子実そのものを試したいという本格派志向の方にピッタリのタイプです。第3類医薬品として複数のメーカーから市販されており、子実を食べるのではなく煮汁を飲むという方法で服用します。

 

ただし、独特な臭いが苦手な方も多いことが予想されます。食品として販売されているものもありますので、第3医薬品では難しいと感じたら、食品として出回っている雑穀タイプのハトムギや、スナックタイプを試してみるのもおすすめです。詳しくは後述します。

食品タイプから選ぶ

ハトムギ成分を含むサプリメントや、雑穀などの食品タイプも要チェックです。食品タイプなら、より自然な形でヨクイニンを摂取することができます。

サプリメントなら「補いたい栄養成分」が摂れる

サプリメントのような食品タイプで、ヨクイニン成分を手軽に摂取する方法もあります。サプリメント製品では「ハトムギエキス」の名前で表記されることが多く、「ヨクイニンエキス」との違いについて明確な定義はありません。

 

肌荒れが気になる期間だけ、ハトムギエキス含有のサプリメントにチェンジしてみるのもおすすめ。サプリメントタイプはヨクイニンだけでなく、ビタミンCやビタミンB2などのビタミン類や、カルシウムなどのミネラルを一緒に補給することができる点が特長です。

白米やサラダなどの料理と一緒に「食べたい」方におすすめ

白米と一緒に炊いたりシリアルに混ぜたりする雑穀タイプです。なんと、加熱調理が不要の「スナックタイプ」も市販されています。料理にかけたり、おやつとして気軽に美味しく食べることができるのはとても嬉しいですよね。

 

スナックタイプには塩などで味付けされたものもあり、ハトムギ単体で楽しむことができます。美味しく食べるために、香りや調味の有無、食感などは重要なチェックポイントです。購入する際は、各製品のレビューをよく確認されることをおすすめします。

肌に塗るタイプで選ぶ

服用するタイプのヨクイニンだけでなく、ヨクイニン成分を配合した肌に直接塗るタイプも要チェックです。イボなど、特に気になる箇所がある方におすすめです。

薬用クリームタイプは「気になる部分に」おすすめ

角質の粒などが気になる部分には、薬用クリームタイプを試してみましょう。ヨクイニンエキスの他にも有効成分が複数配合されており、肌トラブルを改善してくれます。医薬部外品のものがほとんどで、劇的に改善されるというものではありません。

 

しかし、Amazonや楽天市場などの通販サイトでは、個人差はあるものの効果を実感するレビューが多く見られます。ポツポツとした肌荒れが特に気になる方は、試してみる価値があるでしょう。

化粧水タイプは日々のケアにおすすめ

ヨクイニンは炎症を抑えて肌荒れを改善する働きがあることから、ハトムギエキスという名称で多くの化粧水に採用されています。お肌のトラブルを改善するというよりも、肌荒れの予防として活躍してくれるタイプです。

 

化粧水の他にも、保湿ジェルや乳液など様々なアイテムが各メーカーから展開されており、肌の悩みに合わせて選択することができる豊富なラインナップが大きな魅力。ヨクイニンを最も手軽に活用することができるのが、化粧水タイプの特長と言えそうです。

美容液タイプは「贅沢な使い心地」を楽しみたい方におすすめ

特に乾燥肌が気になる人におすすめなのが、美容液タイプです。ハトムギエキスという名称で化粧品などに幅広く採用されており、天然素材の「杏仁オイル」にヨクイニンエキスを配合した美容液などに人気が集まっています。

 

なかには、ハトムギエキス主体の製品も市販されています。ハトムギの種子の力を試したいという方は、「ハトムギエキス 原液」などの文言で検索して、製品レビューなどを参考に選んでみるのもおすすめです。

第3類医薬品ヨクイニンの人気おすすめランキング4選

4位

山本漢方製薬

日本薬局方 ヨクイニン末

価格:467円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

各メーカーが採用する成分

各メーカーがヨクイニン錠に配合しているヨクイニン末ということもあり、注目度の高さが窺える製品です。添付のサジ1杯(2g)を成人の1回服用量とし、1日6グラムを服用します。

 

約1か月の200gと約2か月分の400gサイズがそれぞれ市販されており、安い通販サイトでは実売価格500円程度で手に入れることができます。服用できるのは15歳からですが、抜群のコストパフォーマンスの高さは最大の魅力と言えるでしょう。

形状粉末容量200g
成人1日の服用量-
3位

小太郎漢方製薬

ヨクイニンS コタロー

価格:4,043円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

医療用医薬品としても知られる

コタローは医療用医薬品としても知られるヨクイニン錠剤です。一般用医薬品としてもコタローの名称で市販されており、肌のトラブルを抱える多くの方から選ばれています。

 

5歳から服用することができ、成人1日服用量あたり2,000mgのヨクイニン成分を含有。ヨクイニン末に換算すると11.8gに相当する分量です。半月分の240錠と、約1か月半分の720錠サイズがラインナップしています。

形状錠剤容量720錠
成人1日の服用量2,000mg
2位

本草製薬株式会社

ヨクイニン錠S

価格:2,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分含有量が多い

本草ヨクイニン錠Sは、成人1日服用量あたり4,200mgのヨクイニン末を含有しているのが最大の特徴です。ヨクイニンの成分を多く含んでいることで人気を集め、リピーターも多い製品です。

 

540錠は1か月分サイズ。1個の購入はもちろんのこと、2個セットや4個セット、6個セットなどまとめて購入することもでき、セットのアイテムも人気があります。本草ヨクイニン錠Sは、5歳以上から服用することができます。

形状錠剤容量540錠
成人1日の服用量4,200mg
1位

クラシエ薬品

ヨクイニンタブレット

価格:1,924円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めて飲む人にもおすすめ

クラシエのハトムギ専科シリーズにラインナップするヨクイニンタブレット。1日の服用量の中にヨクイニン19.5gに相当する1,500mgのヨクイニンエキスを配合しており、イボや肌荒れ、肌のブツブツを改善します。

 

504錠サイズは1か月分で、3歳以上から服用することができます。黄色いパッケージのヨクイニンタブレットの他に、ニキビや肌荒れに特化したビタミンB,Cを配合したタイプと、しみを改善する漢方を配合したタイプが展開されています。

形状タブレット容量504錠
成人1日の服用量1500mg

第3類医薬品ヨクイニンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5710371の画像

    クラシエ薬品

  • 2
    アイテムID:5710425の画像

    本草製薬株式会社

  • 3
    アイテムID:5710437の画像

    小太郎漢方製薬

  • 4
    アイテムID:5710495の画像

    山本漢方製薬

  • 商品名
  • ヨクイニンタブレット
  • ヨクイニン錠S
  • ヨクイニンS コタロー
  • 日本薬局方 ヨクイニン末
  • 特徴
  • 初めて飲む人にもおすすめ
  • 成分含有量が多い
  • 医療用医薬品としても知られる
  • 各メーカーが採用する成分
  • 価格
  • 1924円(税込)
  • 2100円(税込)
  • 4043円(税込)
  • 467円(税込)
  • 形状
  • タブレット
  • 錠剤
  • 錠剤
  • 粉末
  • 容量
  • 504錠
  • 540錠
  • 720錠
  • 200g
  • 成人1日の服用量
  • 1500mg
  • 4,200mg
  • 2,000mg
  • -

食品タイプのヨクイニン人気おすすめランキング3選

3位

株式会社エフ琉球

国産はとむぎエキス

価格:1,248円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハトムギ成分のみの自然派サプリ

ハトムギから作られたスキンケア用サプリメントです。ハトムギの加工品や、酵素処理全粒ハトムギ抽出乾燥粉末を原料に製造されています。ビタミンなどの栄養成分は配合しておらず、ハトムギの成分のみのシンプルなサプリメントです。

 

1日1粒を目安に服用するもので、ブツブツやポツポツと荒れた肌を整え、滑らかな肌を目指します。1か月分と3か月分の2ラインナップで、6か月分、1年分といったセット売りもリピートユーザーなどから人気を集めています。

内容量90粒食べ方サプリメント
2位

九南サービス

国産はと麦 スナックタイプ

価格:777円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プレーンで香ばしい

そのまま食べることができるスナックタイプのハトムギです。富山県産の国産ハトムギを無添加焙煎した製品で、生薬ならではの独特な臭いが香ばしさでカバーされ、食感が向上しているのが特徴です。

 

Amazonの製品ページでは130件を超えるレビューが寄せられ、平均星4.3個と高い人気を集めています。防腐剤や化学調味料、着色料や香料は使用されておらず、安心の品質だけでなく香ばしさとプレーンな味わいが多くの人に喜ばれています。

内容量150g食べ方スナック、麦茶
1位

DHC

はとむぎエキス

価格:547円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビタミンE配合のハイコスパサプリ

1粒あたりに13倍濃縮されたハトムギエキス末を170mgと、ビタミンEを10mg配合したサプリメントです。透明感のある肌や滑らかな美しさを目指す女性の、日々のメンテナンスサプリとして人気を集めています。600円前後のリーズナブルな価格設定も魅力のひとつでしょう。

 

Amazonの製品ページには480件を超えるレビューが集まり、星平均4.1の比較的高い評価となっています。肌トラブルが改善されたという声や、お肌のコンディションの良さを喜ぶ声が多く見受けられました。

内容量30粒食べ方水またはぬるま湯で服用

食品タイプのヨクイニンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5710554の画像

    DHC

  • 2
    アイテムID:5710530の画像

    九南サービス

  • 3
    アイテムID:5710586の画像

    株式会社エフ琉球

  • 商品名
  • はとむぎエキス
  • 国産はと麦 スナックタイプ
  • 国産はとむぎエキス
  • 特徴
  • ビタミンE配合のハイコスパサプリ
  • プレーンで香ばしい
  • ハトムギ成分のみの自然派サプリ
  • 価格
  • 547円(税込)
  • 777円(税込)
  • 1248円(税込)
  • 内容量
  • 30粒
  • 150g
  • 90粒
  • 食べ方
  • 水またはぬるま湯で服用
  • スナック、麦茶
  • サプリメント

塗るヨクイニンの人気おすすめランキング3選

3位

熊野油脂

麗白 ハトムギ化粧水

価格:569円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ抜群のハトムギ化粧水

1Lで実売価格500円前後と、非常にリーズナブルなハトムギ化粧水です。ハトムギエキスの他に、ヒアルロン酸やグエン酸などを配合しています。肌に優しい弱酸性で、着色料や鉱物油を使用していません。

 

1Lサイズの他に500mlサイズや、詰め替え用パッケージもラインナップ。通販サイトではしっとり感を評価するレビューが多く見受けられました。全身に使えるコストパフォーマンスの高さが最大の魅力で、女性だけでなく男性のユーザーにも選ばれています。

内容量1000mlタイプローション
2位

基礎化粧品研究所

ハトムギエキス KISO

価格:1,078円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハトムギの高濃度美容液

ヨクイニン成分の良さを最大限に活かしたハトムギの高濃度美容液です。お手持ちの化粧水や美容関、乳液やクリームなどに1~5%程度を混ぜて使用します。例えば、50mlの化粧水にハトムギエキスKISO美容液を10滴程度加えればOKです。

 

原料には北海道原産の国産オーガニックハトムギのみが採用されており、お子様からご高齢の方まで安心して使用することができます。

内容量20mlタイプ美容液
1位

株式会社クルード

発酵熟成ハトムギ 特泉原液

価格:2,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質ヨクイニンエキス

ハトムギと相性の良い酵母菌の作用で発酵させ、アミノ酸量を向上させたヨクイニンエキスです。北海道産のハトムギ「北のはと」が採用された、高い品質が魅力の製品です。洗顔後に適量を手に取って、肌に馴染ませて使います。

 

合成香料や合成着色料、エタノールや界面活性剤、鉱物油や防腐剤は使用されていません。お肌のポツポツやくすみなど、肌荒れの改善を目指す為の、ここぞという時のヨクイニンエキスでしょう。

内容量30mlタイプ美容液

塗るタイプのおすすめヨクイニン商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5710727の画像

    株式会社クルード

  • 2
    アイテムID:5710674の画像

    基礎化粧品研究所

  • 3
    アイテムID:5710743の画像

    熊野油脂

  • 商品名
  • 発酵熟成ハトムギ 特泉原液
  • ハトムギエキス KISO
  • 麗白 ハトムギ化粧水
  • 特徴
  • 高品質ヨクイニンエキス
  • ハトムギの高濃度美容液
  • コスパ抜群のハトムギ化粧水
  • 価格
  • 2200円(税込)
  • 1078円(税込)
  • 569円(税込)
  • 内容量
  • 30ml
  • 20ml
  • 1000ml
  • タイプ
  • 美容液
  • 美容液
  • ローション

子供の服用と風邪薬の併用について

「ヨクイニンを子供に飲ませて大丈夫?」と、疑問を抱える保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。ヨクイニンは製品によって、2歳以上の小児から服用できるものや、15歳未満の方の服用を禁じているものなど様々です。

 

それぞれの製品ページにある用法・用量の項目で、お子様でも服用できる製品かどうかを確認することができます。また、免疫力の低い子供は風邪をひきやすいもの。「市販の風邪薬と併用しても問題がないか」で悩むケースもあるかもしれません。

 

そういった場合は、服用する風邪薬とヨクイニンの説明書、またはパッケージが分かる物を持って、かかりつけの医師や近くの薬局の薬剤師に相談してください。サプリメントなど食品に分類されるものも、もし心配であれば相談に行かれることをおすすめします。

まとめ

ヨクイニンの人気おすすめランキング10選をお届けしました。ハトムギの種子を原料とするヨクイニンは天然成分のため、劇的に回復させる力はありません。しかし、イボや肌荒れを気にしている方に優しく寄り添って、しっかりサポートしてくれる存在と言えそうです。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ