単焦点レンズの人気おすすめランキング15選【ニコン・ソニー・オリンパス】

記事ID12192のサムネイル画像

一眼レフカメラを手に入れたらまず使ってみたい単焦点レンズ。ズーム機能はありませんが、その分安価で高性能な物も多く販売されています。焦点距離や価格帯、用途によって選び方も変わってきます。この記事では、単焦点レンズの正しい選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。

カメラの楽しみを引き出してくれる単焦点レンズ

単焦点レンズとは、焦点距離が一点に固定されているレンズです。ズーム機能が無いので自分の足で被写体との距離を調整しなければなりませんね。少々不便ではありますが、自ら動いて構図やアングルを決定する分カメラ本来の楽しみを味わえるレンズとも言えるんですよ!

 

ズームレンズより構造がシンプルなため、明るく高解像なレンズを手頃な価格から手に入れられます。そのため、初心者の方がステップアップとして選ぶレンズにも向いています。単焦点レンズを使うことで、より踏み込んだ表現ができるようになるでしょう。

 

そこで今回は単焦点レンズの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。 ランキングは安さ、初心者向けかどうか、ミラーレス一眼に使えるかを基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみて下さい。

単焦点レンズとはどんなレンズ?メリット・デメリットは?

単焦点レンズとは、焦点距離が固定されズーム機能を排したレンズのことです。カメラレンズの製造は単焦点レンズから始まりました。そのため、長い歴史と多くの名レンズが生まれています

 

単焦点レンズのメリットは、ズームレンズに比べて多くの光を取り込めることです。ズームレンズと同じ焦点距離でも、より明るい開放値を実現し、暗い場所やボケをきれいに写すことができます。また、取り回しのしやすい軽量で小型のレンズが多く販売されています。

 

単焦点レンズはズーム機能が無いため、撮りたい画角に応じてレンズを付け替えなければいけません。持ち運ぶレンズの数量が増えたり、ズームレンズよりカバーできる画角が少ない点はデメリットと言えるでしょう。しかし、単焦点レンズにはそれを補って余りある名レンズが数多くあります。

単焦点レンズの選び方

単焦点レンズは、各メーカーから多種多様なものが販売されています。自分に合った一本を見つけるためには、様々な観点から比較検討しなければいけません。

焦点距離で選ぶ

焦点距離とは、レンズの中心からイメージセンサーまでの距離のことです。 単焦点レンズは焦点距離が一点に設定されているため、必要な画角はどの程度か考えて選ぶようにしましょう。

広々とした画角で撮りたいなら「広角レンズ」

ダイナミックな表現をしたい、広々とした写真を撮りたい方には広角レンズがおすすめです。広角レンズとは、焦点距離が35mm以下のものを指します。 広い範囲を写すことができ、遠近感がつきやすいため、上手く活用すると非常にダイナミックな作品になります。 

 

また、広角レンズにはピントが合いやすいという特徴もあります。 パンフォーカスと呼ばれる、全面にピントが合った写真の撮影も可能です。 いわゆるピンボケが起こりにくいので、35mm程度のレンズは初心者の方でも扱いやすいでしょう。

 

以下の記事では、広角レンズの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

人間の視界に近い画角で撮りたいなら「標準レンズ」

焦点距離が35mmから50mm程度のレンズは標準レンズと呼ばれます。 人間の視界に近い画角を持ち、自然な感覚で撮影できます。 見たままの範囲が写真に収められるため、どんなシーンでも幅広く活躍してくれるでしょう。

 

標準レンズは、被写体との距離が近くても撮影できます。 そのため背景をぼかしやすく、一眼レフらしい表現を手軽に楽しめます。 テーブルフォトなども手軽におしゃれな写真へ仕上がるため、持っていて損はありません。 

主題に注目させたいなら「望遠レンズ」

望遠レンズとは、85mm以上の焦点距離を持つレンズを指します。 遠くのものを大きく撮影したいときや、被写体との距離があるときは望遠レンズが不可欠です。 なかでも焦点距離が85mm程度のものは「中望遠レンズ」と呼ばれ、ポートレートに向いています。

 

人物が歪みにくく、背景をきれいにぼかせるため運動会や結婚式など、人物に注目した写真を撮影するとき活躍してくれるでしょう。背景をぼかしやすい分、ピンボケしやすいという特徴を持っています。 望遠レンズ、中望遠レンズを扱うときは手ブレやピンボケに気をつけなければいけません。

被写体になるべく近づいて撮影するなら「マクロレンズ」

マクロレンズとは、被写体にぎりぎりまで近づいて撮影することのできるレンズを指します。焦点距離は85mmから100mm前後の中望遠が多く、単焦点レンズならではのボケ感を表現できます。料理やペット、花など、被写体を接写するときはマクロレンズが必須です。

 

マクロレンズには最大撮影倍率というものがあります。この最大撮影倍率が1倍だと最も大きく写すことができます。他に0.5倍、0.25倍などもありますが、できるだけ近くに寄りたい場合は1倍のものを選ぶと良いでしょう。

 

以下の記事では、マクロレンズの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

マウント規格で選ぶ

レンズを交換できる一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラには「マウント」と呼ばれる規格があります。  使用しているカメラに対応したマウントのレンズを選ぶようにしましょう。

既にカメラをお持ちの方は「対応しているマウント」を

同じメーカーから発売されているカメラでも、年式や機種によってはマウントが異なる場合があります。例えばEOS Kiss MとEOS Kiss 9iはどちらもCanon製のカメラですが、EOS Kiss MはEF-M規格、EOS Kiss 9iはEF-S規格のマウントが採用されています。EF-M規格はAPS-Cサイズミラーレス機用、EF-S規格はAPS-Cサイズ一眼レフ用のそれぞれ専用規格です。

 

このように、マウントの規格はメーカーごとに異なり、対応するマウントが複数ある場合もあります。お手持ちのカメラのボディはどのマウントに対応しているか、単焦点レンズの購入前によく確認しましょう。

「マウントアダプター」を使えば別の規格にも対応できる

どうしても使いたいレンズが対応外のマウント規格だった場合、マウントアダプターを利用するという手段もあります。 マウントアダプターとは、レンズとボディの間に使用するパーツです。レンズ側とボディ側がそれぞれ異なったマウントになっており、マウントが違うため使用できないレンズをそのボディに対応したマウントへ変換してくれます。

 

とても便利ですが、マウントアダプターの種類によってはオートフォーカスが使用できなくなる、オートフォーカス速度が遅くなるなど、デメリットもあります。なるべくマウントアダプターを介さずとも利用できる規格の単焦点レンズを選ぶようにしましょう。

価格で選ぶ

単焦点レンズはズームレンズに比べて構造がシンプルである分、低価格で品質の良いレンズも多く販売されています。自分の予算の中から必要な単焦点レンズを絞り込んでいきましょう。

安い価格で購入したいなら「撒き餌レンズ」

「撒き餌レンズ」という言葉をご存知でしょうか。 各メーカーが1本くらいは出している、品質の割に安すぎるレンズのことです。 キットレンズからのステップアップにちょうど良い価格で多くの人が手に入れていることから、「撒き餌レンズ」などと呼ばれています。

 

ズームキットレンズからステップアップするために最適な単焦点レンズも少なくありません。 避けるのではなく、積極的に自分のメーカーの撒き餌レンズはどれか調べてみましょう。単焦点レンズを選ぶときの足がかりになるはずです。

低価格で高性能なサードパーティ製単焦点レンズなら「シグマ」や「タムロン」

サードパーティ製レンズとは、CanonやNikon、Sonnyなどカメラのボディを販売しているメーカー以外が製造したレンズのことです。 サードパーティ製レンズメーカーでは、タムロン、シグマなどが有名です。メーカー純正のレンズよりやや安価で、ほとんど同程度の性能を持つものが販売されています。

 

サードパーティ製レンズの場合、一本のレンズごとに複数のマウント規格が展開されています。購入する際は自分のカメラに対応したマウント規格のレンズを選ぶようにしましょう。

扱いやすさで選ぶ

単焦点レンズを実際に使用するとき、サイズや重量、絞り羽枚数、最短焦点距離によって扱いやすさが変わってきます。実際に使用するときを想定して、自分の扱いやすい大きさのレンズを選ぶと良いでしょう

じっくり腰を据えて撮影するスタイルなら「大口径レンズ」

大口径レンズとは、直径が大きなレンズのことです。開放絞り値(F値)が小さく、レンズ自体も大きいためたくさんの光を取り込むことができます。取り込める光の量が多いため、夜間やアウトドアでの撮影にも向いています。

 

一方で、大口径レンズもいくつかのデメリットを抱えています。描写力や表現力を追求したレンズであるだけに、価格は非常に高額になってしまいます。また、大口径レンズという構造上どうしても大きく、重たいレンズになってしまい、持ち歩いての撮影には向きません。

街中のスナップ撮影や持ち運びに便利な「パンケーキレンズ」

パンケーキレンズとは、その名の通り薄くて軽く、小さいパンケーキのような形をした単焦点レンズのことです。レンズの平均重量は200g以下のものが多く、カメラに装着していても邪魔になりません。気軽に持ち運べるため、街中のスナップには最適です。

 

一方で、パンケーキレンズはほとんどが標準域、広角域の単焦点レンズになっています。望遠レンズだと構造上どうしても大きく長くなってしまうため、パンケーキレンズのような形状を作ることは難しいのでしょう。望遠レンズのように遠くにあるものをじっくり撮影したい場合は向いていません

より被写体に近づいて撮影したいなら「最短焦点距離」の短いものを

最短焦点距離とは、被写体へどこまで近づいて撮影できるかを示した数字です。同じ焦点距離を持つ単焦点レンズでも、レンズごとに最短焦点距離は変わってきます。最短焦点距離より近づくと、ピントが合わなくなってしまいます。

 

最短焦点距離が近いほど、被写体にぐっと近づいて撮影できます。ペットやテーブルフォト、子どもなど、距離感が大切な被写体のときは最短焦点距離の短いレンズを選ぶと良いでしょう。最短焦点距離は使い勝手に大きく関わってくるため、チェックが必要です。

なめらかなボケを作りたいなら「絞り羽根枚数」の多いものを

絞り羽根とは、レンズ内に内蔵された機構で、イメージセンサーに入る光の量を調節しています。単焦点レンズはボケを作りやすいレンズですが、このボケの形は絞り羽根の枚数によって決まります。絞り羽根の枚数が多いほど円形に近く、なめらなかなボケを作れます。

 

一般的な絞り羽根枚数は5~10枚程度です。高価なレンズほど絞り羽根枚数が多く、「とろけるようなボケ」と評されるボケ感を演出してくれます。ボケをきれいに撮影したい際は、絞り羽根枚数の多いレンズを選ぶようにしましょう。

メーカーで選ぶ

単焦点レンズはメーカーごとにマウントが違い、写り方にも特徴があります。それぞれのメーカーの特徴を理解し、自分にあったメーカーを選ぶようにしましょう。

初心者向けの機材でもポートレートを鮮やかに撮影したいなら「Canon」

Canonは鮮やかな発色が特徴的なメーカーです。特に人物写真において肌色の再現力に優れており、ややマゼンタがかった色味で撮影できます。日本人の肌はマゼンタが混ざると鮮やかに写りやすいため、ポートレート撮影に向いたメーカーと言えるでしょう。

 

また、初心者向けの機材を多く開発、販売しているメーカーでもあります。「EOS Kiss」シリーズは、各メーカーのエントリーモデル中でも特に人気を博しています。初心者の方が初めてのカメラを手にするとき、安心して使うことのできるメーカーです。

ミラーレス一眼カメラで最先端の技術力を体感したいなら「ソニー」

ソニーは近年カメラ事業で急成長しているメーカーです。特にミラーレス一眼カメラの開発力に優れています。一眼レフカメラをも凌ぐ撮影性能を持ったミラーレス一眼カメラを実現し、ミラーレスブームの火付け役となりました。

 

ミラーレス一眼カメラで最先端の技術力を体感したいならソニーは第一候補になるでしょう。モデルチェンジごとに圧倒的な技術の進化を遂げており、常に性能が向上し続けています。ミラーレス一眼カメラのメリットである携帯性と一眼レフの機能性を併せ持った性能は、他メーカーの追随を許しません。

ナチュラルな発色と堅牢な製品を求めるなら「ニコン」

ニコンは日本の老舗カメラメーカーで、堅牢な作りと落ち着いた発色が特徴です。ニコンはありのままの色を再現することを得意とします。派手さはありませんが、ナチュラルでバランスの良い発色をし、風景や商品撮影に向いているでしょう。

 

また、完成度の高さと堅牢でタフな製品設計でも人気を集めています。ニコンのカメラはNASAに採用され実際に宇宙空間で使用されるほどの堅牢性を誇ります。屋外など、過酷な環境でも安心して使えるメーカーならニコンがおすすめです。

 

以下の記事では、ニコンの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

フィルムカメラのようなレトロ感のある作品を撮影したいなら「富士フィルム」

富士フィルムはフィルム製造の歴史を持ち、現在でも色彩表現力に優れたメーカーです。富士フィルムのカメラは「フィルムシミュレーション」という独自の機能を持っています。フィルムカメラの質感を再現でき、他メーカーには無い富士フィルムならではの表現を可能にしています。

 

フィルム製造時代に培った色彩表現の技術力は、作品撮影に向いています。自分で細かく設定ができるため、自分らしい作品を撮影したいなら富士フィルムを選ぶと良いでしょう。

 

以下の記事では、フジノンレンズの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

デザイン性と機能性を兼ね備えた製品がほしいなら「オリンパス」

オリンパスはコンパクトでデザイン性の高い製品開発を行っているメーカーです。性能だけではなくデザイン性にもこだわっており、おしゃれなカメラを持ち歩きたいニーズに応えています。レトロ感のあるおしゃれなデザインとコンパクトな設計から、女性にも人気のメーカーです。

 

オリンパスが特に力を入れているのが、マイクロフォーサーズセンサーのミラーレス一眼カメラです。カメラ自体のサイズをコンパクトに抑え、更に超望遠も実現できます。オリンパスはコンパクトさとデザイン性、機能性すべてに妥協のないメーカーです。

 

以下の記事では、ミラーレス一眼の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

AF性能で選ぶ

被写体が動き回る場合、ピントの合う速度が速いほどシャッターチャンスを逃さず撮影できます。AF(オートフォーカス)性能が良いものを選ぶようにしましょう。

高速にピントを合わせるなら「超音波モーター」

超音波モーターとは、超音波振動を利用してレンズを駆動させる仕組みを指します。超音波モーターを搭載しているモデルは、AFスピードが速い傾向にあります。高速にピントを合わせるだけでなく、作動音が静かでスムーズという特徴を持ちます。

 

Canonは「USM」、ニコンは「SWM」、ソニーは「SSM」といったように、超音波モーターの技術や呼び方はメーカーによって異なります。各メーカー独自の技術を使用しているため、実際のAF性能はモータータイプで一概に測れない点があります。ユーザーレビューなどで実際の使用感についてもよく調べるようにしましょう。

AF性能の参考にするなら「作例」を探す

ユーザーレビューや商品説明欄には、販売している単焦点レンズで撮影した作例が掲載されている場合があります。実際にレンズで撮影された作例は、どのような写真が撮影できるか考える際非常に参考になります。購入前に作例を確認するようにしましょう。

 

AF性能を確認する際にも、作例を参考にすると良いでしょう。運動会やペットの写真など、動きの多い場面でどれだけピントが合っているかに注目するとわかりやすいです。実際の使用感を確認するにあたって、作例は大きなヒントになります。

安い単焦点レンズの人気おすすめランキング5選

5位

オリンパス

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

価格:17,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マイクロフォーサーズでのポートレート撮影に最適

「ファミリーポートレートレンズ」の名を関するコンパクトな大口径レンズ。マイクロフォーサーズ機では焦点距離90mm相当の中望遠になるため、被写体をくっきりと浮き上がらせたいポートレート撮影にはぴったりです。

レンズマウントマイクロフォーサーズ種類広角レンズ

口コミを紹介

明るい中望遠レンズで日常の風景も綺麗に切り出せました。特に大きく真円な玉ボケを作り出すのでその点も気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Nikon

NIKKOR 50mm f/1.8G AF-S

価格:17,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どこにでも持ち運びたくなる万能選手

スナップから風景写真まで万能に使いやすい50mmの標準レンズです。185gと軽量で、持ち運びしやすいコンパクトなサイズ感です。AFとMFの切り替えもスムーズで、いつも持ち歩きたくなるような単焦点レンズです。

レンズマウントニコンFマウント種類標準レンズ

口コミを紹介

ニコンD-810に使用しています。24-120と70-200f4のレンズを持っていますが、はじめての単焦点レンズとして購入しました。ズームレンズでは表現できないような、なめらかなボケ味の写真が撮れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ペンタックス

DA35mmF2.4AL

価格:16,373円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ペンタックスユーザーが最初の一本に選ぶならこれ!

ペンタックスの定番標準レンズとして名高いPENTAX-DA 35mmF2.4ALです。シャープな画質と透明感のある仕上がりに定評があり、軽量でコンパクトな持ち歩きやすさもおすすめできるポイントです。

レンズマウントペンタックスKマウント種類標準レンズ

口コミを紹介

お手頃価格で単焦点レンズ入門には最適です
造りはプラ製ですがグリーンラインがカッコイイです
ズームレンズ全般の今こそこのレンズの魅力がわかるかもしれません

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

キヤノン

EF40mm F2.8 STM

価格:9,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最薄・最軽量・最コスパのCanon製パンケーキレンズ

Canon純正EFレンズの中で最薄・最軽量を誇る高性能パンケーキレンズです。カメラにつけていても邪魔にならない小型サイズでありながら、静音かつ高速AFを内蔵しています。どこにでも持ち運べて、高画質な写真を撮影できる便利な単焦点レンズです。

レンズマウントキャノンEFマウント種類広角レンズ

口コミを紹介

パンケーキレンズでAF。大きさも適度に良く、軽くて、重いボディでもとり回しがいい。
APS-C機でも長めの標準レンズとして使えるので、使い勝手は良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Nikon

AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

価格:22,270円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

F1.8の明るさと高速AFを兼ね備えた耐久性の高い単焦点レンズ

開放値F1.8の明るさを持ち、暗い室内や夜景でも美しい画質で撮影できるNikonのスタンダードな単焦点レンズです。明るさゆえの美しいボケ味を持ち、静かで高速なAFがピントを逃しません。機能性だけではなく、耐久性にもこだわられた単焦点レンズです。

レンズマウントニコンFマウント種類広角レンズ

口コミを紹介

現在はD7500で使用しています。
明るく・良く写り・軽くて、使っていて楽しくなるレンズです。
「一眼レフで撮影した背景がボケている写真を撮りたい」を手軽に実現してくれるレンズです。

出典:https://www.amazon.co.jp

安い単焦点レンズのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5705015の画像

    Nikon

  • 2
    アイテムID:5705001の画像

    キヤノン

  • 3
    アイテムID:5704971の画像

    ペンタックス

  • 4
    アイテムID:5704588の画像

    Nikon

  • 5
    アイテムID:5698786の画像

    オリンパス

  • 商品名
  • AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
  • EF40mm F2.8 STM
  • DA35mmF2.4AL
  • NIKKOR 50mm f/1.8G AF-S
  • M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
  • 特徴
  • F1.8の明るさと高速AFを兼ね備えた耐久性の高い単焦点レンズ
  • 最薄・最軽量・最コスパのCanon製パンケーキレンズ
  • ペンタックスユーザーが最初の一本に選ぶならこれ!
  • どこにでも持ち運びたくなる万能選手
  • マイクロフォーサーズでのポートレート撮影に最適
  • 価格
  • 22270円(税込)
  • 9200円(税込)
  • 16373円(税込)
  • 17500円(税込)
  • 17980円(税込)
  • レンズマウント
  • ニコンFマウント
  • キャノンEFマウント
  • ペンタックスKマウント
  • ニコンFマウント
  • マイクロフォーサーズ
  • 種類
  • 広角レンズ
  • 広角レンズ
  • 標準レンズ
  • 標準レンズ
  • 広角レンズ

初心者向け単焦点レンズの人気おすすめランキング5選

5位

シグマ(Sigma)

Art 50mm F1.4 DG HSM

価格:94,055円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SIGMA Artシリーズの魅力が詰め込まれた標準単焦点レンズ

サードパーティ製レンズメーカーの中で抜群の信頼と人気を集めるSIGMA Artシリーズの50mm単焦点レンズ。サードパーティ製の安さでありながら、純正レンズにも劣らない圧倒的な高性能を誇ります。対応マウントが多いのも魅力です。

レンズマウントキャノンEFマウント・ソニーEマウント・ソニーAマウント・ニコンFマウント種類標準レンズ

口コミを紹介

重量さえ気にならなければ、これは銘レンズです。一般的に50mmは小さい印象ですが、このレンズは見事にそれを裏切ってくれます。解像度、周辺光量、歪み、どれも見事、さすがartと言わざるを得ません。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Nikon

AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G

価格:51,636円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

より明るく美しいボケを堪能できるNikonの標準単焦点レンズ

F1.8からF1.4へ、一段階明るくなった開放値がより美しいボケを表現してくれるレンズです。わずかな差だと思われがちですが、実際に使用するとF1.8とF1.4の差がいかに大きいか気付かされるでしょう。特に単焦点レンズにおいて、F1.4の明るさは大きな武器になります。

レンズマウントニコンFマウント種類標準レンズ

口コミを紹介

犬の寝顔等を撮りたくて購入しました。
他の方のレビューにもある通り、とてもキレイなボケと、やわらかな毛並や表情が撮れました。ズームレンズと違い非常に軽いので、気軽に持ち歩きできると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

富士フイルム

XF56mmF1.2 R

価格:92,335円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

もっとも明るい開放値を持つ高描写力の単焦点中望遠レンズ

現在富士フィルムから発売されているレンズの中でもっとも明るいF1.2の開放値を持ちます。APS-Cサイズのカメラでは中望遠の焦点距離となり、ポートレート撮影に最適です。富士フィルムが得意とする繊細で柔らかな描写力も、ポートレート撮影におすすめできるポイントの一つです。

レンズマウント富士フィルムXマウント種類望遠レンズ

口コミを紹介

ピント面の繊細さと滑らかなボケ味、FUJIFILMらしい肌色表現と相まって女性や子供が実に美しく撮れる、「ポートレート専用に設計」された意思を強く感じるレンズです。産まれたばかりの子をこれでたくさん撮りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ペンタックス

DA50mmF1.8

価格:8,448円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フォーカスの微調整を実現した高い描写力を持つペンタックスの単焦点レンズ

クイックシフトフォーカス機能搭載で、AFでピントを合わせた後フォーカスリングを回せば手動でピントの微調整ができます。細かいところまで調整できる仕様や、非球面レンズの生み出すコントラストの高いシャープな画質で、きっと思い通りの一枚を撮影できるでしょう。

レンズマウントペンタックスKマウント種類標準レンズ

口コミを紹介

中望遠+大口径の恩恵で、トロトロにボカせられます
歪みが少ないからでしょうか、目で見た通りに近い画が叩き出せるので、人物写真にもってこいです
軽量、コンパクトなので、頻繁に持ち出す気にさせるのもいいですね
標準ズームしか持ってない人に、ぜひおすすめしたいレンズです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

キヤノン

EF50mm F1.8 STM

価格:12,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Canonが誇る至高の「撒き餌レンズ」!

「撒き餌レンズ」と呼ばれるCanonの50mm単焦点レンズです。ロングセラーを誇り、初心者から上級者まで多くのカメラマンに愛され続けています。取り回しやすい小型、軽量設定でありながら、フルサイズにも対応した美しい画質ときれいなボケは、ロングセラーにふさわしい名品です。

レンズマウントキャノンEFマウント種類標準レンズ

口コミを紹介

カメラに付けてても嵩張らず重くないので、普段からこれを付けっぱなしにしており、
ちょっとした散歩にはこれともう1本というのが当たり前の環境になりつつあります。ここも単焦点の魅力ですが、ポートレートに最適な85mmくらいとは違いコチラは安いので特にAPS-C機の初めて間もない方が買う最初の交換レンズにピッタリだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者向け単焦点レンズの人気おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5705224の画像

    キヤノン

  • 2
    アイテムID:5705126の画像

    ペンタックス

  • 3
    アイテムID:5705089の画像

    富士フイルム

  • 4
    アイテムID:5705049の画像

    Nikon

  • 5
    アイテムID:5705036の画像

    シグマ(Sigma)

  • 商品名
  • EF50mm F1.8 STM
  • DA50mmF1.8
  • XF56mmF1.2 R
  • AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
  • Art 50mm F1.4 DG HSM
  • 特徴
  • Canonが誇る至高の「撒き餌レンズ」!
  • フォーカスの微調整を実現した高い描写力を持つペンタックスの単焦点レンズ
  • もっとも明るい開放値を持つ高描写力の単焦点中望遠レンズ
  • より明るく美しいボケを堪能できるNikonの標準単焦点レンズ
  • SIGMA Artシリーズの魅力が詰め込まれた標準単焦点レンズ
  • 価格
  • 12800円(税込)
  • 8448円(税込)
  • 92335円(税込)
  • 51636円(税込)
  • 94055円(税込)
  • レンズマウント
  • キャノンEFマウント
  • ペンタックスKマウント
  • 富士フィルムXマウント
  • ニコンFマウント
  • キャノンEFマウント・ソニーEマウント・ソニーAマウント・ニコンFマウント
  • 種類
  • 標準レンズ
  • 標準レンズ
  • 望遠レンズ
  • 標準レンズ
  • 標準レンズ

ミラーレス一眼カメラ向け単焦点レンズの人気おすすめランキング5選

5位

富士フイルム

XF35mmF1.4 R

価格:49,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで明るい富士フィルムミラーレスの定番

開放値F1.4という驚きの明るさを持つミラーレス用単焦点レンズです。35mmと使いやすい焦点距離で、コンパクトなサイズ感も人気のポイントです。持ち歩きやすいため、街中のスナップなどで活躍してくれるでしょう。

レンズマウント富士フィルムXマウント種類標準レンズ

口コミを紹介

APS-Cでの単焦点レンズではかなり上位に入るレベルのレンズではないでしょうか。ぞっとするようなというレベルではないですが二段ほど絞れば十分にキレます。解放は少しソフトですが寧ろそれがポートレートにも良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Nikon

NIKKOR Z 35mm f/1.8S

価格:79,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルサイズ対応なのにお手頃価格のミラーレス用単焦点レンズ

フルサイズセンサーに対応したレンズは高い解像力を持つ代わりに、値段が高価になってしまいます。このNIKKOR Z 35mm f/1.8Sは、フルサイズ対応単焦点レンズとしては破格の値段を実現しました。最初の一本としても導入しやすい高コスパな単焦点レンズです。

レンズマウントニコンZマウント種類標準レンズ

口コミを紹介

四隅まで破綻の無い良質の画像です。また、Z7との組み合わせではAFの精度も極めて良好です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ソニー(SONY)

FE 50mm F1.8

価格:28,036円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミラーレスの躍進が止まらないソニーの標準単焦点レンズ

ミラーレス一眼カメラに力を注いでいるソニーのフルサイズ対応単焦点レンズです。開放値F1.8の明るさと円形絞りから生まれる美しい背景ボケは、ポートレート撮影などにも向いています。高級感のあるデザインもおすすめのポイントです。

レンズマウントソニーEマウント種類標準レンズ

口コミを紹介

今までF2.8のレンズを使っていましたがF1.8なら暗い室内でもiso感度を常識的な範囲に収められました。この差はノイズの出方に大きく影響する差です。軽さと短さも良いですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ソニー(SONY)

E 35mm F1.8 OSS

価格:40,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

APS-C換算で52.5mm相当の使いやすい焦点距離

APS-Cサイズのカメラでは52.5mm相当の焦点距離になり、風景やスナップ、ポートレートまで幅広く活躍する標準単焦点レンズです。レンズ内に手ブレ補正機能を内蔵し、高速かつスムーズなAFが作動するため動画撮影にもおすすめです。

レンズマウントソニーEマウント種類広角レンズ

口コミを紹介

単焦点レンズ50mmは持っていたのですが、画角がちょっと狭く35mmが欲しかったのです。軽くて手中におさまりがよく、出歩くときはいつもこのレンズです。写りも予想通りのレンズでした

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

キヤノン

EF-M22mm F2 STM

価格:14,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Canonの大人気EOS Kiss Mに対応した広角単焦点レンズ

コンパクトで使いやすく大ヒット商品となったCanon EOS Kiss Mに対応する広角単焦点レンズです。わずか23.7mmと驚異的な薄さで、重量も約105gまで抑えられています。持ち運びやすいパンケーキレンズは普段使いに最適です。

レンズマウントキャノンEF-Mマウント種類広角レンズ

口コミを紹介

F値が小さくできるので明るく周りがボケた感じの写真が取りやすく扱いやすいと思います。手元の撮影、子供用、風景用とでF値を変えて使っていますがとりあえずカメラ初めてという人はこのレンズを買っておけば満足できると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ミラーレス一眼カメラ向け単焦点レンズの人気おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5707832の画像

    キヤノン

  • 2
    アイテムID:5707820の画像

    ソニー(SONY)

  • 3
    アイテムID:5707791の画像

    ソニー(SONY)

  • 4
    アイテムID:5707739の画像

    Nikon

  • 5
    アイテムID:5707763の画像

    富士フイルム

  • 商品名
  • EF-M22mm F2 STM
  • E 35mm F1.8 OSS
  • FE 50mm F1.8
  • NIKKOR Z 35mm f/1.8S
  • XF35mmF1.4 R
  • 特徴
  • Canonの大人気EOS Kiss Mに対応した広角単焦点レンズ
  • APS-C換算で52.5mm相当の使いやすい焦点距離
  • ミラーレスの躍進が止まらないソニーの標準単焦点レンズ
  • フルサイズ対応なのにお手頃価格のミラーレス用単焦点レンズ
  • コンパクトで明るい富士フィルムミラーレスの定番
  • 価格
  • 14000円(税込)
  • 40980円(税込)
  • 28036円(税込)
  • 79980円(税込)
  • 49800円(税込)
  • レンズマウント
  • キャノンEF-Mマウント
  • ソニーEマウント
  • ソニーEマウント
  • ニコンZマウント
  • 富士フィルムXマウント
  • 種類
  • 広角レンズ
  • 広角レンズ
  • 標準レンズ
  • 標準レンズ
  • 標準レンズ

単焦点レンズを守るための保管方法

単焦点レンズは、カメラのボディと同じく湿気に弱いという特徴を持ちます。高湿度の中で放置していると、レンズのカビや曇りの原因となります。特にカビは厄介で、一度生えてしまうと完全に除去することは難しいでしょう。

 

単焦点レンズやカメラの保管に最適な湿度は30~40%です。しかし、日本の高温多湿環境だと、この湿度を維持しにくいかもしれません。そんなときレンズの管理に役立つのが防湿庫です。機械制御で庫内の湿度を一定に保ち、レンズをカビなどの原因となる湿気から守ってくれます

 

以下の記事では、防湿庫の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

今回は単焦点レンズの選び方とおすすめをランキング形式でご紹介しました。一口に単焦点レンズといっても、モデルによって撮影できる写真は様々です。どのような写真を撮影したいかよく考えて、ぜひご自身にぴったりな単焦点レンズを選んでください!

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ