【乳酸菌】サプリメント/ヨーグルト/飲むタイミングはいつがベスト?

さまざまな健康・美容効果がある乳酸菌ですが、飲むタイミングに悩む方も多いのではないでしょうか?そこで今回は乳酸菌を摂取するベストなタイミングについて紹介します。おすすめの乳酸菌サプリや飲み合わせの良い食べ物・栄養素も解説していますのでぜひ参考にしてください。

商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

乳酸菌はいつ飲むのがいい?

腸内環境を整えてくれる乳酸菌は毎日しっかり摂りたい栄養素の1つです。ヨーグルトやサプリメントなどで手軽に摂取できますが、より多く私たちの腸に生きた乳酸菌を届けるためには、ベストな摂取タイミングがあるとご存知でしたか?

 

いつ摂っても問題はありませんが、適したタイミングでないとその効果は薄れてしまうため、いつ飲むのがいいかしっかり理解しておくのが大切です。また乳酸菌の吸収を良くする飲み合わせのいい栄養素もチェックしておきましょう。

 

今回は乳酸菌を飲むタイミングについて徹底解説します。いつ飲むのがいいかだけでなく乳酸菌の健康効果やおすすめの乳酸菌サプリ・タブレットもご紹介しますので、乳酸菌の理解を深めたい方はぜひ参考にしてください。

ヨーグルトやサプリを摂取・飲むタイミングはいつがベスト?

こkこではより多くの乳酸菌を摂取するために、ヨーグルトやサプリメントを摂取・飲むタイミングはいつがいいのかを見ていきます。

ビフィズス菌の入ったヨーグルトを食べるベストタイミング

ヨーグルトは食中または食後がおすすめです。ヨーグルトに入っている乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌は、強い酸性の胃液に弱いとされています。特に空腹時の胃は酸性度が高く、せっかく取り入れた乳酸菌やビフィズス菌が死んでしまいます。

 

胃に食べ物が入っている食中や食後は胃酸が弱まるので、善玉菌を取り入れるためにヨーグルトを食べるのであれば食中か食後に食べましょう。以下のサイトで詳しく説明されているので併せてご覧ください。

手軽なサプリメントは寝る前に飲む

いつでもどこでも摂取できる乳酸菌サプリメントを飲むタイミングは、一般的にはいつ飲んでもよいとされているようです。しかし私たちの腸内細菌は夜寝る前に活性化するため、朝と夜では夜寝る前に飲むのがよいとの説があります。

毎日の継続が大事

乳酸菌関連に限ったことではありませんが、サプリメントは栄養機能補助食品であり、すぐに効果が出るものではありません。毎日継続して摂取するのが大切です。数日で効果が出ないと諦めずしっかり続けてみてください。

乳酸菌にはどんな健康効果がある?

実は乳酸菌はお通じが気になる方だけでなく、内臓脂肪が気になる方や免疫力を維持したい方、美容が気になる方にもおすすめです。

便秘が気になる方に

乳酸菌には有機酸を作り出して腸内環境や腸の運動にアプローチする効果が期待でき、便秘が気になる方におすすめです。腸内に乳酸菌が増えると、乳酸・酢酸などの有機酸が作り出されて腸内を弱酸性にし、腸内に住みついた悪玉菌を減らしてくれます。

内臓脂肪が気になる方に

内臓脂肪が気になる方にもおすすめです。乳酸菌のうちの1つ、ガセリ菌は内臓脂肪の蓄積に働きかけ、肥満対策をしたい方やメタボリックシンドロームが気になる方に注目していただきたい乳酸菌です。

コレステロール値が気になる方に

乳酸菌の仲間であるビフィズス菌には、血中や腸内のコレステロールを分解し、コレステロール値の上昇を抑えてくれる働きがあります。乳酸菌の「プロバイオティクス」によって酵素が作り出されると、酸の吸収が抑えられます。

 

するとコレステロールから胆汁酸が新しく作り出され、結果的に体内コレステロールが減少する仕組みです。

免疫力を維持したい方に

免疫力を維持したい方にも乳酸菌はおすすめです。腸は人体最大の免疫臓器と評されるほど免疫力に強い影響を及ぼす臓器です。腸内環境がよい状態に保たれていると腸の消化・吸収機能が高まり基礎体力が向上するので、免疫力も向上します。

乳酸菌は肌にもいい?

腸内環境が整うと肌の調子にもいい影響があるようです。腸内環境が悪化すると消化・吸収の力が弱まり、体内で食べ物が腐敗してしまいます。すると腸は腐敗した食べ物を吸収することになるので、体内に毒素が溜まっていってしまいます。

 

乳酸菌によって腸内環境を整えると、一見関係ないようですが実は結果として美肌効果にもつながるのが嬉しいポイントです。

おすすめの乳酸菌サプリ・タブレット5選

ここからはおすすめの乳酸菌サプリ・タブレットを5品厳選してご紹介します。乳酸菌サプリを選ぶ際の参考にしてみてください。

L92 乳酸菌配合 アレルケア

カルピス

アレルケア 60粒パウチ (L-92乳酸菌配合)

3.6

ビフィズス菌がたっぷり入った人気の乳酸菌タブレット

有名な乳酸菌飲料の株式会社「カルピス」による乳酸菌サプリメント「アレルケア」。タブレットなので水なしでも服用でき、アレルゲンフリー製品なのでアレルギー持ちの方でも安心です。

 

一般的な乳製品には含まれていないL-92乳酸菌がたっぷりと含まれており手軽に摂取できる利点もあります。「美容にもっとこだわりたい」「健康増進したい」方はもちろん、なかなか習慣化できない方にもおすすめです。

乳酸菌の種類/数 L-92乳酸菌(ビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌など) 1日分の乳酸菌含有量 -
形状 タブレット 飲み方 1日2粒/水なしOK

植物性乳酸菌ラブレ タブレット

カゴメ

植物性乳酸菌ラブレ タブレット 90粒

3.5

日本人の体質に合った植物性乳酸菌入り

カゴメ開発のサプリメント「ラブレ」は日本人の体質に合った植物性乳酸菌(ラブレ菌)が60億個以上配合されている乳酸菌サプリメントです。ヨーグルト風味で食べやすく家族みんなで食べる習慣を付けられます。

 

植物性乳酸菌は動物性乳酸菌よりも腸で生き残りやすい乳酸菌です。日本では味噌や漬け物などの製造過程に利用されなじみ深いものでしたが近年の食の欧米化により摂取量が年々減少傾向にあります。

乳酸菌の種類/数 ラブレ菌(KB290株) 1日分の乳酸菌含有量 60億個以上
形状 タブレット 飲み方 1日3粒/水なしOK

腸活革命

腸活革命

腸活革命 菌と酵素の新習慣 31日分

3.6

栄養が不足しがちなダイエットのお供に!

「腸活革命」は、酪酸菌などの体に必要な栄養素を補うサプリメントです。ダイエットの際に不足しがちな栄養素がぎっしり詰まっているので、減食中でも健康や美肌を保てます。

 

善玉菌を吸収しやすくするオリゴ糖、悪玉菌の現象をサポートするサラシアエキスも一緒に入っているので、腸内環境をしっかり整えられます。目安量は1日1粒で1度にたくさん飲む必要がないため続けやすいです。

乳酸菌の種類/数 ビフィズス菌B-3 1日分の乳酸菌含有量 約1700万個
形状 カプセル 飲み方 1日1粒/水またはぬるま湯

どっさりクレンズ

どっさりクレンズ

ビフィズス菌 乳酸菌 どっさりクレンズ 30日分

3.8

胃酸に負けない特殊カプセルで生きて腸まで届く!

24種類、3兆個もの乳酸菌を配合したサプリメント「どっさりクレンズ」は吸収しやすい水溶性食物繊維が一緒に摂れる商品です。酸に強い設計の耐酸性カプセルに入っているので、生きた乳酸菌が腸までしっかり届きます。

 

乳酸菌は酸やアルカリに弱いので一般的な乳製品では生きたまま腸まで届かず、胃や小腸で死菌となる場合がほとんどです。こちらは耐酸性カプセルに入っているので小腸の胆汁や胃酸に負けず腸でしっかり働いてくれます。

乳酸菌の種類/数 ビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌など計24種類/約3兆個 1日分の乳酸菌含有量 -
形状 カプセル 飲み方 1日1粒/水またはぬるま湯

BIORA

RISE ONE

BIORA 乳酸菌タブレット 30日分

3.8

ヨーグルト1700杯分の乳酸菌をこれ1本で!

「BIORA」は、ヨーグルトに換算すると約1700杯分に相当する乳酸菌が詰まったサプリメントです。噛んで食べられるうえに1日たった1粒でよいので、続けやすいのも特徴です。

 

また「BIORA」には生菌と死菌がW配合されているため、従来のタブレットよりも生菌が腸に届きやすい構造になっています。以前はパックで販売されていましたが、最近は家族でも使いやすいボトル容器になりました。

乳酸菌の種類/数 酪酸菌、ビフィズス菌、フェカリス菌など29種/計5兆個 1日分の乳酸菌含有量 約1000億個
形状 タブレット 飲み方 1日1粒/水なしOK

カスピ海ヨーグルト

フジッコ

カスピ海ヨーグルト手づくり用種菌

自宅で簡単!ヨーグルトを手作りできる種菌セット

本商品に含まれているクレモリス菌FC株には、ストレスによって低下した皮膚機能を改善する美肌効果が期待されます。クレモリス菌FC株は発酵のとき粘り気を出しますが、この粘り気は皮膚機能に働くと研究でわかっています。

 

美肌効果のほか、整腸・抗アレルギー作用・免疫力向上・生活習慣病のケアが期待でき、一食でたくさんのメリットがあるヨーグルトです。食べると、酸味は控えめで優しい味がします。

 

>>>公式サイトはこちら

乳酸菌の種類/数 - 1日分の乳酸菌含有量 -
形状 粉末 飲み方 牛乳と混ぜ合わせる

乳酸菌の吸収をよくする食べ物・栄養素

乳酸菌には一緒に摂取すると吸収率がよくなる栄養素があります。ここでは乳酸菌と一緒に摂りたい栄養素・食べ物をご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

オリゴ糖

乳酸菌サプリメントにも含まれており、乳酸菌とセットにされる場合が多いオリゴ糖は乳酸菌のエサとなり、腸内の善玉菌を増やしてくれる働きがあります。オリゴ糖は「玉ねぎ」「にんにく」「キャベツ」「じゃがいも」などに多く含まれる成分です。

 

1日の摂取目安量は成人で3~5g程度とされており、玉ねぎであれば約半分の量に相当します。

食物繊維

オリゴ糖に続き食物繊維も、乳酸菌の増殖を助ける働きがあります。また水溶性の食物繊維には、コレステロールを排出する効果もわかっています。食物繊維はひじき・海苔・わかめ・昆布といった海藻類に多く含まれる栄養素です。

 

また干し柿・きくらげといった果物や菌類(きのこ)や野菜にも多く含まれています。野菜から摂る場合は生野菜よりも、火を通してかさを減らした野菜の方がたくさん摂りやすくおすすめです。

納豆菌

納豆に含まれている納豆菌には悪玉菌に働きかける力があります。「納豆と乳製品」と聞くとアンバランスに感じますが、納豆に牛乳をかけて食べる地域もあるほど、納豆と乳製品は相性がよいです。納豆のあとに乳製品を摂ると口に残った納豆の臭みも取れます。

亜鉛・ビタミン・鉄などサプリメントとの飲み合わせは?

亜鉛・ビタミン・鉄などをサプリメントで補給している方は少なくありません。乳酸菌との飲み合わせが気になりますが、サプリメントは薬ではなく食品なので問題ない場合がほとんどです。

 

ただし商品の説明書きに単独で飲むよう書かれている場合や、持病があり通院中の方は飲み合わせで問題が起きる可能性があるので避けましょう。また何種類も一度に摂取すると吸収が悪くなるケースもあるので覚えておいてください。

まとめ

乳酸菌を摂取するタイミングやおすすめサプリメント、一緒に摂るとより効果が得られる栄養素をご紹介しました。ぜひ本記事でご紹介した情報を参考に、乳酸菌を摂る習慣を作ってみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年03月08日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【乳酸菌の種類】一覧!ヨーグルトの種類や健康効果を比較!

【乳酸菌の種類】一覧!ヨーグルトの種類や健康効果を比較!

食品
【L-92乳酸菌】はヨーグルトメーカーで作れる?自家培養のコツ!

【L-92乳酸菌】はヨーグルトメーカーで作れる?自家培養のコツ!

家電
【手軽に菌活】乳酸菌サプリメント人気おすすめランキング10選

【手軽に菌活】乳酸菌サプリメント人気おすすめランキング10選

ビューティー・ヘルスケア
【ぬか床】乳酸菌の力が凄い!ぬか漬けに!乳酸菌の増やし方やヨーグルトとの比較も

【ぬか床】乳酸菌の力が凄い!ぬか漬けに!乳酸菌の増やし方やヨーグルトとの比較も

食品
【ブルガリアヨーグルトの健康効果!】乳酸菌の種類でわかる効能!

【ブルガリアヨーグルトの健康効果!】乳酸菌の種類でわかる効能!

食品
豆乳ヨーグルトのおすすめ人気ランキング10選【効果やデメリットも解説】

豆乳ヨーグルトのおすすめ人気ランキング10選【効果やデメリットも解説】

乳製品・卵