飲むヨーグルトと乳酸菌飲料の違いを徹底比較!免疫力に効果アリ?

記事ID12023のサムネイル画像

今回は、ヨーグルトが苦手な人でも飲みやすく飲料化された「飲むヨーグルト」と、ヤクルトやミルミルなどでおなじみの「乳酸菌飲料」の違いについて徹底比較していきたいと思います。また、飲むヨーグルトの効果的な飲み方や驚きの免疫力についても見ていきましょう。

飲むヨーグルトと乳酸菌飲料を徹底比較!

飲むヨーグルトと乳酸菌飲料の違いはどこにあるのでしょうか?無脂乳固形分の割合や乳酸菌の数で比較しながら、それぞれのメリットを解説します。

乳酸菌飲料とは

「乳等省令」という法律によると、乳酸菌飲料とは、ヨーグルトを原料に香料や糖分などを加えたもの。乳酸菌飲料のうち、無脂乳固形分が3%以上のものを「乳製品乳酸菌飲料」、3%未満のものを「乳酸菌飲料」と言います。

 

乳酸菌飲料の具体例としては「ヤクルト」や「カルピス」があげられます。

飲むヨーグルトと乳酸菌飲料の違い

飲むヨーグルトと乳酸菌飲料の違いは、無脂乳固形分の割合と乳酸菌数(酵母数)によって決まります。

飲むヨーグルトはヨーグルトをかくはんして液状にしたものなので、無脂乳固形分の割合や乳酸菌数はヨーグルトと同じ。8%以上の無脂乳固形分と1,000万個/ml以上の乳酸菌が含まれています。

乳酸菌飲料のうち、乳製品乳酸菌飲料には3%以上の無脂乳固形分と1,000万個/ml以上の乳酸菌が、乳酸菌飲料には3%未満の無脂乳固形分と100万個/ml以上の乳酸菌が含まれています。

栄養価は飲むヨーグルトの勝ち!

飲むヨーグルトと乳酸菌飲料の栄養価を比較すると、無脂乳固形分を多く含む飲むヨーグルトが有利です。

 

無脂乳固形分とは、乳製品に含まれる固形分(水分を除いたもの)のうち、乳脂肪分を除いたもの。無脂乳固形分が多く含まれるほど、炭水化物やたんぱく質、ビタミン、ミネラルといった栄養素を多く摂取できることを意味します。

乳酸菌飲料ならではのメリットも

乳酸菌飲料は飲むヨーグルトと比較して「飲みやすい」というメリットがあります。無脂乳固形分が少なく香料などが加えられているので、牛乳が苦手な人でも抵抗なく飲める商品も多いです。

乳酸菌飲料のうち乳製品乳酸菌飲料であれば、含まれる乳酸菌の数もヨーグルトと同等なので、誰でも手軽に乳酸菌を摂取できます。

飲むヨーグルトで免疫力は上がる!

飲むヨーグルトが持つさまざまな効果や、一日の摂取量の目安をまとめました。

飲むヨーグルトには効果がいっぱい!

飲むヨーグルトに含まれる乳酸菌には、腸内に住む「善玉菌」を増やして腸内環境を整える作用があります。腸内環境が整うことで、便秘解消や美容効果、免疫力の向上など、さまざまな効果を期待できます。

「生きてる乳酸菌」はこんな人におすすめ

乳酸菌には「生きてる乳酸菌」と「死んでる乳酸菌があります。便秘解消や美容効果には、整腸作用が強い「生きてる乳酸菌」を含む、飲むヨーグルトがおすすめです。

 

また、乳酸菌は現在数百種類ほど知られていて、種類によって効果も変わってきます。免疫力を上げるには、さまざまな種類の乳酸菌を摂取すると効果的です。

一日の摂取量の目安

飲むヨーグルトの摂取量の目安は、一日に100mlです。飲むヨーグルト100ml中には、10億個以上もの乳酸菌が含まれているので、十分な効果が期待できます。

 

飲むヨーグルト100gあたりのカロリーは約65kcal。おいしくて手軽に摂取できる分、飲みすぎないように注意が必要ですね。

飲むヨーグルトと牛乳はタンパク質の量がほぼ同じ

飲むヨーグルトには、牛乳とほぼ同じ量のたんぱく質やカルシウムが含まれています。さらに乳酸菌も含まれているので、整腸作用も期待できます。

 

また、牛乳が発酵してヨーグルトになるときに乳酸菌が乳糖を分解するので、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまう人でも気軽に飲めるのも魅力の一つです。

食べるヨーグルトと乳酸菌の数は同じ

飲むヨーグルトには、食べるヨーグルトと同等の乳酸菌が含まれています。一日の摂取量の目安を守れば、乳酸菌のはたらきに違いはありません。

 

その証拠に、たとえば「明治ブルガリアヨーグルト」は、飲むヨーグルトと食べるヨーグルト、どちらもお腹の調子を健康に保つ効果が認められて「トクホ(特定保健用食品)」に指定されています。

飲むヨーグルトおすすめ4選!

牛乳よりもの見やすく、乳酸菌飲料よりも栄養価が高い。そんな飲むヨーグルトの中でもとくにおすすめの商品を4つ厳選して紹介します。

4位

明治

ブルガリアのむヨーグルトLB81プレーン 900g 12本

価格:3,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家族におすすめパックの飲むヨーグルト

さらさらとした飲み心地が特徴の「ブルガリアのむヨーグルトLB81 900g」。整腸作用がある、本場ブルガリアの「LB81乳酸菌」が含まれていて、健康に役立つ食品の証「トクホ(特定保健用食品)」に指定されています。

 

900g入ってお値段も安いので、家族で飲みたい人におすすめです。

容量900gカロリー(100gあたり)68kcal
菌の種類LB81乳酸菌1本当たりの価格487円

評判・口コミ

このヨーグルトに、ハウス食品の粉末乳酸菌L-137と国産のハチミツを添加して、飲んいます。風邪、インフルエンザ、コロナとは、無関係で、元気いっぱいで、毎日、仕事が出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

明治

プロビオヨーグルトLG21ドリンクタイプ112ml×12本

価格:1,560円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

胃の調子を整える飲むヨーグルト

「明治 プロビオヨーグルトLG21 ドリンクタイプ」には「LG21乳酸菌」という、胃で働く珍しいタイプの乳酸菌が含まれています。「LG21乳酸菌」は、酸性の強い胃の中でも増殖できるので、生きたまま腸に届きやすい性質があります。

 

また「LG21乳酸菌」には、胃がんの原因になると言われている「ピロリ菌」を抑える効果もあるので、胃の調子を整えたい人におすすめです。

容量112mlカロリー(100gあたり)70kcal
菌の種類LG21乳酸菌1本当たりの価格180円

評判・口コミ

3度の除菌に失敗して、LG21を始めた、胃は、制酸剤の投与もあって、安定しています。でも、それ以上に、腸にいいのか、排便がスッキリし、どっさり出てくれるので、なんか、いい感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

メグミルク

恵 ビフィズス菌 SP株 カプセルヨーグルト ドリンクタイプ 100g 12本

価格:1,092円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カプセルで菌を腸に届ける飲むヨーグルト

「恵 ビフィズス菌 SP株 カプセルヨーグルト ドリンクタイプ」の特長は、なんといっても、整腸作用のある「ビフィズス菌SP株」が生きたまま腸に届くこと。雪印メグミルクが10年かけて開発した特殊なカプセルによって、ビフィズス菌が胃で消化されてしまうのを防ぎます。

 

おなかの調子に悩む人におすすめです。

容量100gカロリー(100gあたり)74kcal
菌の種類ビフィズス菌SP株1本当たりの価格166円

評判・口コミ

含まれている菌の種類ばかりをアピールするヨーグルトが多いなかで、カプセルで保護された菌を腸内に届けるといういかにも効果がありそうな点に惹かれて購入しました。
これ以上に「直接菌が腸まで届く」ヨーグルトは無いかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

明治

プロビオヨーグルトR-1 ドリンクタイプ 【112ml×24本】

価格:3,130円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

殿堂入り!免疫力アップ飲むヨーグルト

国内No.1の売り上げを誇る「プロビオヨーグルトR-1 ドリンクタイプ」。「プロビオヨーグルトR-1 ドリンクタイプ」に含まれる「1073R-1乳酸菌」は、免疫細胞の一種「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」に働きかけて、風邪やインフルエンザを予防する効果があります。

 

ヨーグルト特有の風味も控えめなので、ヨーグルトが苦手な人にもおすすめです。

容量112mlカロリー(100gあたり)68kcal
菌の種類1073R-1乳酸菌1本当たりの価格130円

評判・口コミ

注文して次の日には届きました。今の季節にはかかせないっていうR1たまに食べるほうをたまーに食べてました。腸内もキレイにしてくれて便秘にもいいですね。私は食べるのはあきるので、ドリンクタイプにしました。寝る前に飲んで、味もおいしくて飲みやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

飲むヨーグルトのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5695159の画像

    明治

  • 2
    アイテムID:5695190の画像

    メグミルク

  • 3
    アイテムID:5695201の画像

    明治

  • 4
    アイテムID:5695219の画像

    明治

  • 商品名
  • プロビオヨーグルトR-1 ドリンクタイプ 【112ml×24本】
  • 恵 ビフィズス菌 SP株 カプセルヨーグルト ドリンクタイプ 100g 12本
  • プロビオヨーグルトLG21ドリンクタイプ112ml×12本
  • ブルガリアのむヨーグルトLB81プレーン 900g 12本
  • 特徴
  • 殿堂入り!免疫力アップ飲むヨーグルト
  • カプセルで菌を腸に届ける飲むヨーグルト
  • 胃の調子を整える飲むヨーグルト
  • 家族におすすめパックの飲むヨーグルト
  • 価格
  • 3130円(税込)
  • 1092円(税込)
  • 1560円(税込)
  • 3800円(税込)
  • 容量
  • 112ml
  • 100g
  • 112ml
  • 900g
  • カロリー(100gあたり)
  • 68kcal
  • 74kcal
  • 70kcal
  • 68kcal
  • 菌の種類
  • 1073R-1乳酸菌
  • ビフィズス菌SP株
  • LG21乳酸菌
  • LB81乳酸菌
  • 1本当たりの価格
  • 130円
  • 166円
  • 180円
  • 487円

飲むヨーグルトの効果的な飲み方

飲むヨーグルトの持つ効果をさらに高めるために、おすすめの飲み方を2つ紹介します。

飲むヨーグルトを飲むならこの時間がおすすめ!

飲むヨーグルトの効果を最大限に発揮するには、夕食後や寝る前がおすすめ。22時~翌2時は副交感神経が優位になって、一日の中で腸が一日の中で最も活発になる時間帯で、「腸のゴールデンタイム」とも呼ばれます。その時間帯に合わせて飲むことで、飲むヨーグルトに含まれる栄養を効率よく吸収できます。

 

また、飲むヨーグルトには血糖値の上昇を抑える働きもあるので、血糖値が気になる方は食前に飲むのもおすすめです。

ホットヨーグルトにして飲もう

飲むヨーグルトを温めて飲む「ホットヨーグルト」もおすすめです。胃腸を温めることで飲むヨーグルトの栄養が吸収されやすくなり、便秘の解消も期待できます。

 

作り方は簡単、100ccの飲むヨーグルトをレンジで30秒加熱するだけ。40℃程度なら乳酸菌も死滅せず、生きた乳酸菌を効率よく摂取できます。

「生きてる乳酸菌」と「死んでる乳酸菌」の違い

飲むヨーグルトに含まれている乳酸菌は「生きてる乳酸菌」ですが、実は「死んでる乳酸菌」でも効果があります。

 

この記事で紹介した「LG21乳酸菌」のような例外を除けば、ほとんどの乳酸菌は腸に届く前に死んでしまいます。「死んでる乳酸菌」も、免疫細胞を活性化したり、腸に住み着く善玉菌のエサになることで腸の環境が整える作用があるので、あまり心配する必要はありません。

 

乳酸菌が生きているか死んでいるかよりも大切なのは、乳酸菌の摂取を習慣化すること。その意味で、毎日手軽に乳酸菌を摂取できる飲むヨーグルトはおすすめです。

関連記事

以下の記事では、飲むヨーグルト関連の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

手軽に乳酸菌を摂取できる飲むヨーグルトで健康的な生活を

この記事では、飲むヨーグルトと乳酸菌飲料の違いや、おすすめの飲むヨーグルトを紹介しました。ぜひお気に入りの飲むヨーグルトを見つけてみてください。毎日おいしく健康な生活を手に入れましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ