【赤ちゃんにも安心!】ウォーターサーバー人気おすすめランキング10選

記事ID11873のサムネイル画像

赤ちゃんのミルク作りや離乳食作りウォーターサーバーが便利と聞きますが、本当なのでしょうか。疑問を持っている新米ママ・パパにウォーターサーバーが赤ちゃんにおすすめなわけとウォーターサーバーの選び方とともに、おすすめできるウォーターサーバーをご紹介します。

赤ちゃんに安心して使えるウォーターサーバーはあるの?

赤ちゃんのミルク作りと離乳食作りに最適でおすすめなのが、ウォーターサーバーです。お腹がすいたと赤ちゃんが泣くと、新米ママは慌てませんか。ウォーターサーバなら、ミルク作りや離乳食に適した温度のお湯がすぐに出せます

 

ウォーターサーバーが便利なアイテムとわかっていても、種類がとても多いです。その中から赤ちゃんに安心して使えるおすすめのウォーターサーバーをどうやって選べばいいのか迷いますよね。

 

そこで、赤ちゃんのも安心して使えるウォーターサーバーの選び方と、おすすめのウォーターサーバーをご紹介します。

赤ちゃんにおすすめなウォーターサーバーの選び方

赤ちゃんに安心して使えるウォーターサーバーの選び方が大事です。赤ちゃんに安心して使えるウォーターサーバーを選ぶ時には、水の種類が大事

 

すぐにミルク作りや離乳食作りに最適な温度設定ができたり、片手で操作できるなど使いやすさをチェックしておくことも大事です。赤ちゃんに安心して使えるウォーターサーバーの選び方を詳しくみていきましょう。

衛生面で選ぶ

殺菌機能がついているものを選ぶ

赤ちゃんに飲ませる水なら綺麗な水を使いたいですよね。サーバーの中には熱湯をサーバー内部に循環させて自動で熱消毒をしてくれる機能がついていたり、また殺菌効果のあるUV(紫外線)機能がついているものもあります

チリやホコリが入らないものを選ぶ

ガロンボトルタイプの場合、水を使えば使うほど開いた空間に外部の空気が入ってきてしまうのでそれと同時にチリやホコリが中に入ってきてしまいます。そうするとウォーターサーバーの水に雑菌が繁殖してしまう原因になってしまうので衛生的に避けたいところです。フィルターがついていてサーバー内に入ってくる外気に含まれているチリやホコリを除去してくれるものや、水が使われるとそれに応じて容器が圧縮されて容器内に外気が入らないようにしているものなど様々な種類がありますので、選ぶ際の基準にしてみてください。

水で選ぶ

赤ちゃんに負担が少ない水質で選ぶ

水質は、赤ちゃんに安心して使えるおすすめなウォーターサーバーの選び方の大事なポイントです。水質とは、水の性質のことで、入っている成分の含有量によって分類できます。簡単に言えば軟水か硬水ということです。

 

赤ちゃんの負担を考えるならばミネラルの含有量が少ない軟水ウォーターサーバーがおすすめです。硬水タイプのウォーターサーバーは少ないのですが、赤ちゃんの負担になる硬水タイプのウォーターサーバーを選ばないように注意をしましょう。

 

またより赤ちゃんに適した水を選びたいという場合はRO水のウォーターサーバーを選ぶようにしましょう。RO水とはピュアウォーター(純水)の一種で濾過された後ミネラルが添加されていない水のことです。余計なミネラルが入っていないのでミルクの栄養バランスが崩れず、赤ちゃんに最適なミルクを提供できます

設定できる水温で選ぶ

赤ちゃん用の粉ミルクは70℃以上のお湯で調乳することが望ましいとされています。普通にお湯を沸かしてしまうと100℃近いお湯ができてしまうので調乳はできますが、赤ちゃんが飲める温度まで冷ますのに時間がかかってしまいます。

 

ですが、ウォーターサーバーの中には70~75℃程度のお湯が出せる機能がついているものがあり、わずかですが冷ます時間を節約できます。赤ちゃんのお世話はとても忙しいので少しの負担でもなくなるのはありがたいものです。

 

70~75℃程度のお湯が出せる「弱温」の機能がついているかも選考の基準にしてみるのもいいでしょう。

使いやすさで選ぶ

赤ちゃんに安心な機能で選ぶ

安全性を確認することは、赤ちゃんに安心して使えるおすすめなウォーターサーバーを選ぶ時の重要なポイントです。赤ちゃんは生後5~6ヶ月くらいからハイハイをするのですが、その時期の赤ちゃんは、何でも興味を待ち、触りたがります。ハイハイをする赤ちゃんが誤ってウォーターサーバーに触れても転倒しないことが大事です。

 

また、誤ってウォーターサーバーに触れてもお湯が出ないようにチャイルドロック機能がついたものを選ぶようにしましょう。お湯がかかると赤ちゃんが火傷してしまうのはもちろん、冷水でも床が濡れてしまいます。チャイルドロックはお湯だけではなく、冷水にもあるといいですね。

 

転倒防止とチャイルドロック機能付きを選ぶことは、赤ちゃんに安心して使えるウォーターサーバーを選ぶ上で重要になりますので理解しておきましょう。

赤ちゃんを抱っこしていても使えるものを選ぶ

赤ちゃんのミルク作りは、抱っこしてる状態で行うことが多くなります。赤ちゃんを抱っこしていると片手は使えません。片手で操作できるウォーターサーバーがあると便利ですよね。

 

ウォーターサーバーには、様々な操作方法のものがありますが、主にボタン式・レバー式・つまみ式があります。その中でも赤ちゃんを抱っこしながら片手で操作しやすいのはボタン式のウォーターサーバーです。

いつでも安心して飲めるメンテナンスのしやすさで選ぶ

ウォーターサーバーは、ボトルの差し込み口付近に溜まる水を拭き取ったり、衛生のために除菌などをする必要があります。また、お湯や冷水が出る出水口や、出水口の下にある水受け皿の掃除も必要です。また、常時水が入っているウォーターサーバー内部の掃除も。

 

ウォーターサーバーを安心して使うためには、このような日頃のメンテナンスが必要不可欠です。日頃のメンテナンスが楽でメンテナンス料金が安いタイプのウォーターサーバーを選ぶと良いでしょう。

コスパで選ぶ

ウォーターサーバーにかかるコストで選ぶ

ウォーターサーバーには、レンタル代、電気代、メンテナンス代などのランニングコストがかかります。ウォーターサーバーの電気代は、月1,000円前後が一般的ですが、電気代を安く抑えたいのなら省エネタイプを選ぶといいでしょう。

 

ウォーターサーバーのメンテナンスは、赤ちゃんに安全に使うために非常に重要です。メンテナンス代は、5,000円ほどかかる場合があります。メンテナンス代が気になる人は、メンテナンス無料のメーカーを選ぶといいでしょう

解約料で選ぶ

赤ちゃんのミルク用としてのみの利用を考えている場合は解約料もチェックしましょう。ウォーターサーバーは2年単位の契約となっていることが多く、赤ちゃんのミルク用としての利用のみの場合、1年で解約できるか、または解約料がかからないのかも選ぶときの基準にしてもいいでしょう。

 

また、赤ちゃんがいる家庭向けのお得なプランも業者によってはあるのでチェックしておきましょう。

赤ちゃん家庭におすすめなウォーターサーバーランキング10選

今まで赤ちゃんがいる家庭でも安心して使えるウォーターサーバーの選び方をご紹介してきましたが、具体的にどのウォーターサーバーがいいのかわからない人も多いと思います。

 

赤ちゃんにも安心してお使いいただけるおすすめのウォーターサーバーを機能・使いやすさ・メンテナンス・コストを基準にランキング形式でご紹介します。

10位

クリクラ

クリクラサーバー

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全設計が魅力

放射性物質を測定するなど安心・安全にこだわった品質の高い水を提供しているので、赤ちゃんのミルク作りにも安心して使えます。抗菌パック・転倒防止・チャイルドロックなど機能が充実しているおすすめのウォーターサーバーです。

9位

アルピナ

アルピナエコサーバー

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

財布に優しい省エネタイプ

安く美味しい水を提供しているのが、アルピナウォーターサーバーです。アメリカの航空宇宙局でも認められた水がリーズナブルな価格で楽しめます。交換ボトルも無料回収してくれるので交換ボトルの置く場所に困りません。

8位

うるのん

うるのん スタイリッシュサーバー

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安さと安全性の高さが魅力

使う状況によりセンサーが感知して電力を少なくするECOモードに切り替わるので安い電気代で使うことができます。赤ちゃんや小さいお子さんにも安心のチャイルドロック機能が標準装備されているおすすめなウォーターサーバーです。

7位

ピュアハワイアンウォーター

ピュアハワイアンウォーター スタンダードウォーター

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハワイの美味しい水

ハワイの水を使ったウォーターサーバーです。サーバーレンタル料が無料で手入れしやすい設計です。チャイルドロック機能もあるので安心して使えます。

6位

ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーター Smart

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メンテナンスのしやすさとコスパ抜群

消費電力が少ない省エネタイプの安さと使いやすさに、安全性を兼ね備えたおすすめのウォーターサーバーです。シンプルなデザインでどこに置いてもインテリアとマッチします。また、稼働音が静かなので赤ちゃんがいる家庭でも安心して使えます

5位

楽楽ウォーター

信濃湧水

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超軟水で赤ちゃんにおすすめ

超軟水で口当たりが良くおいしい水が利用できます。レンタル料金がかからない0円、メンテナンス代も0円で、電気代を抑える省エネタイプのおすすめなウォーターサーバーです。

 

かかるのは、ボトル1本の1,500円だけです。料金が安い分使いやすさは他のメーカーに劣ります。冷水には付いていませんが、温水にはチャイルドロック機能が搭載されています。

 

カルシウムとマグネシウムの含有量が少ない北アルプスに湧く自然の恵みの天然水なので赤ちゃんのミルク作りや離乳食作りにも安心して使うことができるおすすめなウォーターサーバーです。

4位

コスモウォーター

ウォーターサーバー 天然水 宅配水ミネラルウォーター 宅配シェアNo1 キャンペーン実施中コスモウォータースマートプラス・スタイリッシュ

価格:4,104円(税込)

楽天で詳細を見る公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュなデザインが魅力

デザイン賞に輝くなどデザインが人気のウォーターサーバーです。レンタル料金・メンテナンス代が無料です。富士の天然水なので赤ちゃんにも安心して使えます。 温水だけですがチャイルドロック機能が付いています。クリーン機能によりメンテナンスも楽です

 

ウォーターサーバーが低いため、ボトル交換がしやすく、冷水・温水を出すのも楽にできます。 また、赤ちゃん抱っこした状態から腰を落とさずに、ミルク作り用のお湯を簡単に使うことができます。電気代を抑えることができる省エネタイプのおすすめなウォーターサーバーです。

3位

アクアクララ

アクアクララ

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全性が高く、コスパも◎

スタイリッシュなデザインと豊富なカラーバリエーション「アクアアドバンス」などレンタルできるウォーターサーバーの種類が豊富です。



ナノテクノロジーのシステムでろ過した安全性の高い水が利用できます。独自のフィルターで抽出したおいしくて、からだ良く、赤ちゃんのミルク作りや離乳食作りに使えます。温水ロック機能付きで、抗菌仕様のため赤ちゃんにも安心



消耗品の交換や抗菌洗浄などのメンテナンスが無料。赤ちゃんのいる家庭におすすめの毎月500円オフになる制度も魅力。ボトルに水を入れる時や密封時に無菌環境で行うなど安全性の高い水が届けられます

2位

プレミアムウォーター

プレミアムウォーター

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

経済的でお得

水を6つの採水地から選べます。どこの採水地の水でも、天然水で軟水なので赤ちゃんのミルク作りや離乳食作りに安心して使えます

 

冷水・温水の両方にチャイルドロックが付いているので安心です。リサイクルできる使い捨てボトルを使用しているので衛生面も安心。基本料金以外は無料ですが、モデルによってはレンタル料がかかることがありますのでよく確認しましょう。

 

日頃の手入れも簡単にできる構造なのでメンテナンスも楽。有料ですが専門スタッフによるクリーニングサービスを受けることができます。レンタルするウォーターサーバーによっては、料金が高いことも。また交換ボトルが重いことがありますのでよく確認をしましょう。

1位

フレシャス

フレシャス ウォーターサーバー

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすさとコスパが◎

スタイリッシュなデザインでおしゃれに使えるウォーターサーバーです。独自の紫外LED殺菌でいつでも安心しておいしい水が飲めるおすすめなウォーターサーバー。

 

冷水のみを使用している時はセンサーにより節電できます。また月330円の電気代は他のメーカーを抑えて業界トップ。軽くて、使い捨てができるボトルなど使いやすさも抜群のおすすめなウォーターサーバーです。

 

さらに、ミルク作りに適温の温度設定が可能なウォーターサーバーなので、赤ちゃんのいる家庭におすすめです。

ウォーターサーバーが赤ちゃんにおすすめのわけ

ウォーターサーバーがなければ、赤ちゃんのミルク作りにお湯を沸かしたり、適温にするために冷ましたりすることが必要です。ウォーターサーバーがあれば、赤ちゃんのミルク作りに使うお湯を沸かしたり、冷ましたりが必要ありません。

つまり、ウォーターサーバーが赤ちゃんにおすすめなのは、ミルク作りが簡単になるからです。また、水道水に比べて赤ちゃんへの負担が少ないためウォーターサーバーを使うのです。

ミルク作りが簡単

赤ちゃんのミルク作りでは、デリケートな赤ちゃんのからだに負担が少ないお湯を使いたいものです。また、お腹がすいて泣いている赤ちゃんに早くミルクを与えたいものです。ウォーターサーバーがなければ、電気ポットやケトルに水道水を入れて沸かす手間があります。

また、ミルク作りに使えるようにお湯を冷ますことが必要。赤ちゃんを持っているママさんは、ミルク作りに加えて、オムツ換え、お昼寝などいろいろと大変なのです。ウォーターサーバーでミルク作りが簡単にできれば、ママさんの負担が減ります。

ウォーターサーバーをおすすめするのは、ミルク作りや離乳食作りに適しているお湯がすぐ使えて泣いている赤ちゃんに早くミルクを飲ませることができるからです。つまり、赤ちゃんを待たすことがなくなるのです。

赤ちゃんに負担が少ない

ウォーターサーバーメーカーが提供している水には、山や川から湧き出る天然水と水道水を高性能フィルターを使ってろ過した純水があります。天然水にはカルシウム・マグネシウムなどの天然ミネナルが多く含まれています。

成人であれば天然ミネナルはからだに良いのですが、デリケートな赤ちゃんの内蔵には負担になります。各メーカーは赤ちゃんを含めたどんな年代でも安心して飲める水を提供しています。

つまり、ウォーターサーバーの水は水道水と比較するとミネナルが少なくまた、細菌も少ないので赤ちゃんにおすすめなのです。

ウォーターサーバーを使う時に知っておくこと

ウォーターサーバーを購入する前に理解しておくことがありますのでみていきましょう。ウォーターサーバーを置くスペースを設けることが必要です。ウォーターサーバーを使うといくらの電気代がかかるのかといったコストを知ることも大事です。

また、メーカーのうたい文句に騙されないことも大事になります。ウォーターサーバーは小さいサイズの装置ではありません。稼働時の音も気になります。さらに、交換用のボトルの重さが心配です。

ウォーターサーバーの設置スペースが必要

コンパクトサイズのウォーターサーバーはありますが、小さくするのにも限界があります。そのため、コンパクトサイズのウォーターサーバーとはいえ、ある程度のスペースを確保する必要があります。

購入したはいいがウォーターサーバーを置く場所が無いでは困ります。部屋にウォーターサーバーを置く場所があるのか事前に確認をしておきましょう。

いくら電気代がかかるのか

ウォーターサーバーを使うと交換用水代、レンタル代、メンテナンス代と電気代がかかります。レンタル代、メンテナンス代が無料のメーカーもあります。しかし、交換用水代と電気代はかかることになります。

メーカーごとの電気代を含めたウォーターサーバーにかかるコストをチェックして自分たちのライフスタイルに合ったものを選ぶといいでしょう。

メンテナンスフリーを信用しない

メンテナンスフリーをうたい文句にしているメーカーがあります。メンテナンスフリーは、手入れがまったく必要ないのではありません。メンテナンスフリーのウォーターサーバーには、内部クリーン機能とフィルター装備されています。

また、殺菌効果が強いUV殺菌機能付きのUV殺菌機能もあります。衛生面で安全な内部クリーン機能、フィルター装備、UV殺菌機能が故障することもあります。故障に気がつけば修理で機能が回復します。

しかし、故障に気づかずにウォーターサーバーを使い続けていた場合は、安全性の低く水を飲んでいたことになります。メンテナンスフリーであるけど、日頃の手入れは忘れないようにしましょう。

稼働時の音はどれくらい

ウォーターサーバーの内部は、冷水用と温水用タンクが分かれた構造。冷水はコンプレッサーで冷媒ガスを圧縮して冷やす、冷蔵庫と同じ原理。そのため、冷蔵庫と同じ音で、それほど気になる音ではありません。

音が気になる人は音が静かな電子式で冷水を作るタイプのウォーターサーバーがおすすめです。音が静かな上、電気代も安くなります。しかし、コンプレッサータイプより、冷水を作る時間がかかるデメリットもあります。

交換ボトルは重くないの?

一般的なウォーターサーバーで使うボトルは、7リットルと12リットルで、7キロから12キロの重さになります。交換の度ごに7キロから12キを持ちあげる必要があり、大変な作業です。また、保管場所への移動も大変です。

ボトルの重さが気になる人は、軽くて交換が楽なボトルを提供しているメーカーのウォーターサーバーを選ぶといいでしょう。

天然水とフィルターで処理した水は何が違うの?

ウォーターサーバーには、天然水を使ったタイプとフィルターを通した人工的な水を使用するタイプがあります。ウォーターサーバーを選ぶ上でもまた、知識としても知っておきましょう。

天然水は山や川から湧くミネラルが豊富でおいしい水で、殺菌を除去する処理を行っていません。文字のとおり人が手かけていない水のことです。

一方で、フィルターを通した水は、水道水や地下水などの原水をフィルターに通す処理した水で、水の成分だけを通すため、ミネラルや細菌が除去されます。天然水はからだに良い成分のミネナルが豊富です。

成人であれば、ミネナルが豊富な天然水を選ぶと良いのですが、デリケートな赤ちゃんにはからだに負担になることも。そのため、赤ちゃん家庭には、フィルターに通す処理した水がおすすめです。

まとめ

赤ちゃん家庭におすすめなウォーターサーバーの選び方と赤ちゃん家庭におすすめなウォーターサーバーのご紹介をしてきましたが、いかがだったでしょうか。水の種類と使いやすさをチェックしておくとミルク作りや離乳食作りに最適なウォーターサーバーが見つけやすくなります。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ