プロが本当におすすめするカーテンは?人気おすすめランキング19選を紹介!

記事ID11326のサムネイル画像

重要なインテリアアイテムであるカーテンは、ニトリなど人気メーカーからも発売されています。北欧風やおしゃれな色のものなどデザインはさまざまです。一人暮らし用やリビング用と用途に合わせて選んでいきましょう。部屋を彩るカーテンの選び方とおすすめランキングを紹介します。

自分にぴったりのおしゃれなカーテンを選ぼう!

新生活による引越しの際や、気分転換に模様替えをしたいときに必須のカーテン。色も機能も豊富でどう選べばいいか分からない!」という方も多いのではないでしょうか?カーテンは部屋の印象を、良くも悪くも大きく左右します。

 

遮光性、遮熱性など機能も多岐に渡り、選ぶのが大変です。さらに一度買ったら新しく買い換えるのも手間がかかってしまうインテリアアイテムでもあります。どうせ買うならおしゃれ自分に必要な機能を備えたカーテンが欲しいですよね。

 

そこで今回は、窓装飾プランナーの山積さん監修のもと、カーテンの選び方やおすすめ商品を分かりやすく紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

窓装飾プランナーの山積さんが教える!カーテンの選び方

取材協力

専門家プロフィール画像

山積 多希子

窓装飾プランナー・色彩コーディネーター

カーテンやブラインド等のウィンドウトリートメントに携わる専門家、「窓装飾プランナー・色彩コーディネーター」として日々活動中。2008年にオーダーカーテンのネット通販を立ち上げ、現場での実績・経験を活かしつつ販売やコーディネートを行なっている。通販では、沖縄から北海道まで全国各地に数多くのカーテンを納品「採寸ミスのない万全サポート」が定評でリピーターも多い。

ブログ「飾りんぼ」

https://interior-w.info/

HP

https://interior-shop-works.info/ 

オーダーカーテン通販

http://interior-shop-works.com/

編集部の画像

編集部

今回は、窓装飾プランナーの山積さんに、カーテンの選び方について教えていただきました!

POINT

■カーテンを選ぶポイント


①カーテン(ウィンドウトリートメント)の開閉方法

②遮光機能の有無

③色

①カーテン(ウィンドウトリートメント)の開閉方法

山積さんの画像

山積さん

カーテンは必ずしも左右に開くことが使い勝手が良いとは限りません。光の入り方や気になる視線の方向など、部屋の用途や周りの環境にあわせてスタイルを選ぶことが大切です。(※左右→カーテン、縦型ブラインド。上下→シェード、ロールスクリーン、横型ブラインド等)

②遮光機能の有無

山積さんの画像

山積さん

カーテンを選ぶ段階では、遮光機能の有無が最初のチェックポイントになると思います。遮光機能があるのと無いのとでは大きな違いがあり、遮光等級の選び方にも注意が必要です。

③色

山積さんの画像

山積さん

ウィンドウトリートメントは部屋の中で目につきやすく、色選びが想像以上に空間全体の雰囲気と居心地にも影響してしまうので、内装材やインテリアにマッチした色選びをすることはとても大切です。

山積さん推薦!おすすめカーテン4選

1位
 

パーフェクトスペース カーテン館

軽い完全遮光カーテン「オデッセイ」×鉄壁の高機能レースカーテンセット

公式サイトで詳細を見る

限りなく100%に近い完全遮光のドレープカーテンと、遮像のレースカーテンがセットになったカーテンです。ドレープカーテンは従来の完全遮光カーテンよりも約40%軽量化されていて、取り付けも楽なのが特徴。レースカーテンは、昼はもちろん、夜でも人影が見えないほどの遮像効果が期待できます。

デザインも柔らかな風合いで、どんな部屋にもマッチしやすいでしょう。

機能完全遮光・遮音・遮像タイプドレープ・レース
サイズ展開幅30〜300cm・丈55〜260cmカラー展開ブルー・ライトブルー・グレー・ピンク・ベージュ・ホワイト・グリーン・モスグリーン・ブラウン
山積さんの画像

山積さん

完全遮光特有の樹脂コーティングを施さず、従来よりも約40%の軽量化を実現した遮光カーテンです。一般的に遮光カーテンは重くなりがちですが、軽くて使いやすいものを探している人におすすめですね。また表面は「リネン」のような風合いなので、ナチュラルなコーディネートにも合わせやすい商品だと思います。

2位
 

株式会社ナカムラ

コットンリネンカーテン

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、天然素材にこだわる人はコレ!

リネン100%の、柔らかな風合いが特徴のカーテンです。愛知県一宮の尾州産地で作られており、糸から製品までを地域一帯で作っています。

部屋を柔らかい雰囲気にしたい方におすすめ。

機能タイプドレープ
サイズ展開幅100cm・丈90〜240cmカラー展開リネンアイボリー・リネンベージュ・ホワイト・イエロー・グリーン・ブルー・グレー・ストライプブルー・ストライプグレー
山積さんの画像

山積さん

近年はポリエステルと天然素材をミックスした「天然素材風」のカーテンが増えている中で、こちらの商品は100%ナチュラルな天然素材を探している人におすすめだと思います。カラーとデザインが選べるのもポイントですね。

3位
 

カーテンクロフ

五色から選ぶ「裏地ライナー」

楽天で詳細を見る

ズバリ、遮光がもの足りない人はコレ!

お持ちのカーテンに取り付けることで、遮光・断熱カーテンに手頃にグレードアップできる、裏地ライナーです。高密度の生地を使用しており、外気温を遮り、室内温を逃がしません。夏は涼しく、冬は暖かい、快適な環境が期待できるでしょう。

今のカーテンに不満を感じているのであれば、試してみる価値はあるでしょう。

機能遮光・断熱タイプ裏地ライナー
サイズ展開幅105〜210cm・丈105 〜225cmカラー展開ベージュ・グレー・グリーン・ブルー・ローズ
山積さんの画像

山積さん

裏地ライナーは、非遮光のカーテンを購入した後に「光漏れでお悩みの方」におすすめです。この裏地は遮光3級ですが、手持ちのカーテンに取付けるだけで遮光2級以上の効果が期待できるでしょう。また裏地ライナーの魅力は自由に取り外しができるところです。

4位
 

北欧カーテン通販わくわくカーテン

パーフェクトホワイト 1級遮光+遮熱+防炎カーテン

楽天で詳細を見る

ズバリ、白い遮光1級カーテンが欲しい人はコレ!

遮光カーテンといえば、暗い色が多いイメージをお持ちではないでしょうか。この商品は、1級遮光カーテンですが、パーフェクトホワイトという名の通り、真っ白なカーテンです。
部屋を重たい印象にしたくないけど、遮光はしっかりしたい、という方におすすめ。

機能遮光・遮熱・防炎タイプドレープ
サイズ展開幅20〜300cm/丈60〜290cmカラー展開パーフェクトホワイト
山積さんの画像

山積さん

遮光性に優れた遮光1級カーテンでもやはり色味には影響されやすいもので、一般的には黒や茶系など濃い色のほうが遮光効果が高まり、白などの淡い色はほんのり光を通しやすくなります。なのでピュアな白い遮光1級カーテンを探している人にはかなりおすすめの商品だと思います。

編集部の画像

編集部

山積さん、ありがとうございました!ここからは、編集部が選んだカーテンを紹介します。山積さんのコメントもぜひチェックしてください!

レースカーテンの人気おすすめランキング4選

1位
 

株式会社エムズ

ちょっと非常識なウルトラミラーレースカーテン

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、とにかく透けないレースカーテンが欲しい人はこれ!

強力な遮像を誇るミラーレースカーテンです。レースカーテンとしては、その名の通り「非常識」なほどに、透過しません。また、紫外線を強力にカット。断熱性にも優れているので、暑い夏にも寒い冬にも重宝します。

 

生地の生産から縫製にいたるまで、国内で行われており、確かな品質。夜間に電気をつけても外から室内が見えないという口コミも。窓の向こうの状況が見える心配がなく、プライベート保護対策にはうってつけのレースカーテンです。

機能遮像・UVカットタイプレース
サイズ展開幅100~150cm・丈108~233cmカラー展開ホワイト
山積さんの画像

山積さん

従来の既製カーテンよりサイズが豊富です。特殊な糸を使用しているので、室内のプライバシー保護や遮熱目的としておすすめですね。ただ、部屋の中からも外の景色がみえにくくなる可能性があります。

2位
 

アイリスプラザ

アイリスプラザ レースカーテン 2枚セット

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、機能性も高くコスパの良いレースカーテンが欲しい人はこれ!

紫外線をしっかりカットし、遮熱性が高いレースカーテン。日差しをしっかり遮ってくれるので、夏に冷房で冷やした部屋の温度が上がりにくく、省エネ効果も期待できます。ウォッシャブルなので、汚れたらすぐに洗えるのもおすすめのポイントです。

 

お手入れが簡単なので、常に清潔できれいな状態で使うことができます。サイズ展開が幅広く、100種類以上の組み合わせができるのも魅力。自分の欲しいサイズが手に入ります。さらにコスパがいいのもうれしいところです。

機能UVカット・遮熱・遮像タイプレース
サイズ展開幅100~200cm・丈83~238cmカラー展開フラワー・ホワイト・レース
山積さんの画像

山積さん

無地・花柄・リーフ柄の3柄より選べることと、何といってもサイズが豊富なのは非常におすすめポイントです。

3位
 

Topfinel

Topfinel レースカーテン

価格:2,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、可愛い花柄入りのレースカーテンが欲しい人はこれ!

ひまわり柄などおしゃれな花柄が人気のレースカーテン。花柄の展開は豊富で、11種類の柄からお部屋の雰囲気に合わせてお気に入りの柄を選びましょう。手洗いができるカーテンなので、清潔に使うことができます。

 

半遮光レースカーテンのため、自然光を適度に取り込むことができます。カーテンを閉めていると部屋が暗くなるといった問題を解消。単体で使用するのではなく、ドレープカーテンとセットで使用するのがおすすめです。

機能UVカット・遮熱タイプレース
サイズ展開幅100~150cm・丈110~200cmカラー展開ひまわり・牡丹・緑葉など11種類
山積さんの画像

山積さん

透明感のあるシアーでこんなに美しい花柄が選べるのは魅力的ですね。しかも巾100cmの場合は、通常の既製サイズより3サイズも豊富に選べるところがポイントです。

4位
 

株式会社エムズ

エムズ ストライプミラーレースカーテン

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、とにかく低価格のレースカーテンが欲しい人はこれ!

遮像性があり、断熱効果の高いレースカーテン。エアコンなどの空気を逃がさないので、省エネを実現します紫外線を75%もカットしてくれるので、部屋に有害な紫外線が入り込むことを防ぎます。夏は涼しく、冬は暖かい部屋を実現。

 

ウォッシャブルなうえ、洗濯機で洗うことができるのでお手入れも簡単です。もっとも特徴的なのは低価格であること。一人暮らしの生活を始める方や、レースカーテンよりドレープカーテンにお金をかけたい方にもすすめします。

機能UVカット・遮像タイプレース
サイズ展開幅100~200cm・丈88~176cmカラー展開ホワイト
山積さんの画像

山積さん

シンプルなストライプでサイズも豊富。ウルトラミラーレースに比べると、比較的に室内からも外の景色がみえやすい商品ですね。ミラーレースカーテンの場合、日中は「外から室内の様子が見えなくなる」というのが特徴ですが、素材によって「室内からも外がみえにくくなる」ものがあるため、明るさを確保したい方におすすめの商品だと思います。

レースカーテンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6363580の画像

    パーフェクトスペース カーテン館

  • 2
    アイテムID:6363576の画像

    株式会社ナカムラ

  • 3
    アイテムID:6363578の画像

    カーテンクロフ

  • 4
    アイテムID:6363582の画像

    北欧カーテン通販わくわくカーテン

  • 商品名
  • 軽い完全遮光カーテン「オデッセイ」×鉄壁の高機能レースカーテンセット
  • コットンリネンカーテン
  • 五色から選ぶ「裏地ライナー」
  • パーフェクトホワイト 1級遮光+遮熱+防炎カーテン
  • 特徴
  • ズバリ、天然素材にこだわる人はコレ!
  • ズバリ、遮光がもの足りない人はコレ!
  • ズバリ、白い遮光1級カーテンが欲しい人はコレ!
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 4235円(税込)
  • 機能
  • 完全遮光・遮音・遮像
  • 遮光・断熱
  • 遮光・遮熱・防炎
  • タイプ
  • ドレープ・レース
  • ドレープ
  • 裏地ライナー
  • ドレープ
  • サイズ展開
  • 幅30〜300cm・丈55〜260cm
  • 幅100cm・丈90〜240cm
  • 幅105〜210cm・丈105 〜225cm
  • 幅20〜300cm/丈60〜290cm
  • カラー展開
  • ブルー・ライトブルー・グレー・ピンク・ベージュ・ホワイト・グリーン・モスグリーン・ブラウン
  • リネンアイボリー・リネンベージュ・ホワイト・イエロー・グリーン・ブルー・グレー・ストライプブルー・ストライプグレー
  • ベージュ・グレー・グリーン・ブルー・ローズ
  • パーフェクトホワイト

遮光カーテンの人気おすすめランキング4選

1位
 

満天カーテン

満天カーテン 完全遮光カーテン

価格:5,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、遮光性をとことん追求したカーテンが欲しい人にはこれ!

遮光率100%の完全遮光カーテンです。昼間にカーテンを閉めて眠るというライフスタイルの方におすすめ。朝日や夕日を完全にシャットアウトしたい方も購入を検討してみてください。

 

このカーテンは機能が多く、防音機能もついています。室内からの音漏れや、外の雑音が気になっている方にもぴったりの遮光カーテン。サイズ展開が豊富なので、自分に合ったサイズを選ぶことができるのも魅力です。

機能遮光・断熱・防音・UVカット・形状記憶タイプドレープ
サイズ展開幅100~200cm・丈60~255cmカラー展開シルキーベージュなど7色展開
山積さんの画像

山積さん

完全遮光としておすすめできる商品です。形状記憶加工が付いているところも嬉しいですね。ただ防音機能に関しては、カーテンだけでは充分な効果が得られない可能性もありますので、今より静かになるくらいのレベルで考えたほうが良いと思います。

2位
 

Bedsure

Bedsure 遮光カーテン

価格:2,600円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、コスパのいい遮光性カーテンが欲しい人はこれ!

遮光カーテンとなると価格が高めのものが多いですが、こちらはコスパのいい遮光カーテンです。三層構造の生地で作られているので、99.99%以上の遮光率を実現。日中に眠ったり、ホームシアターを楽しんだりする方におすすめです。

 

見ていて元気の出るカラーも特徴の1つ。カラー展開も16種類と豊富なので、自分好みのカラーのカーテンを選ぶことが可能です。

機能遮光・断熱・保温・遮像タイプドレープ
サイズ展開幅100cm・丈110~200cmカラー展開オレンジ等16色
山積さんの画像

山積さん

一般的な既製サイズの巾100cm×丈135cm・178cm・200cmに加え、販売店によっては「巾100cm×丈110cm」が用意されているところもポイントですね。滑らかで手触りの良さが特徴的な遮光カーテンです。

3位
 

窓美人

窓美人 1級遮光カーテン

価格:3,999円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、高級感溢れる遮光カーテンが欲しい人にはこれ!

価値ある質感を求める人におすすめの遮光カーテンがこれ。細い糸を束にした縦糸と、黒い横糸を高密度で織り込んでいるため、遮光率が99.99%と確かな品質の1級遮光カーテンです。ウォッシャブルなのでお手入れが簡単です。

 

オーダーカーテンにも使用されているブルダル生地を使用しているので、高級感があります。落ち着いたカラーで、部屋の格を上げる遮光カーテンです。カーテン生地のサンプルを取り寄せることができるので、失敗したくない方も安心。

機能遮光タイプドレープ
サイズ展開幅100~150cm・丈90~230cmカラー展開アンティークローズなど13色展開
山積さんの画像

山積さん

豊富なサイズ展開で、巾100cmと巾150cmは「1枚入」も選べるお店があるようですね。

4位
 

カーテンメーカーくれない

カーテンくれない 1級遮光カーテン

価格:6,996円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、日本製の遮光カーテンが欲しい人にはこれ!

確かな品質の遮光カーテンを選びたいなら、このカーテンがおすすめです。安心の日本製なので、品質にこだわる方にぴったりの遮光カーテン。サンプル生地を取り寄せられるため、失敗したくない方も安心です。

 

生地が厚く、遮光性もばっちりといった口コミも見られます。防炎仕様でもあるので、万が一のときにも備えられて安心。断熱効果があるので、遮光カーテンによる省エネ効果も期待できます。

機能遮光・防炎・断熱タイプドレープ
サイズ展開幅100~200cm・丈80~250cmカラー展開エクリュなど14色展開
山積さんの画像

山積さん

品質の良さにこだわった遮光カーテンです。140サイズの既製品に加え、1cm単位のオーダーにも対応できるのはユーザーにとって非常に便利だと思います。

遮光カーテンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6363596の画像

    満天カーテン

  • 2
    アイテムID:6363598の画像

    Bedsure

  • 3
    アイテムID:6363600の画像

    窓美人

  • 4
    アイテムID:6363602の画像

    カーテンメーカーくれない

  • 商品名
  • 満天カーテン 完全遮光カーテン
  • Bedsure 遮光カーテン
  • 窓美人 1級遮光カーテン
  • カーテンくれない 1級遮光カーテン
  • 特徴
  • ズバリ、遮光性をとことん追求したカーテンが欲しい人にはこれ!
  • ズバリ、コスパのいい遮光性カーテンが欲しい人はこれ!
  • ズバリ、高級感溢れる遮光カーテンが欲しい人にはこれ!
  • ズバリ、日本製の遮光カーテンが欲しい人にはこれ!
  • 価格
  • 5980円(税込)
  • 2600円(税込)
  • 3999円(税込)
  • 6996円(税込)
  • 機能
  • 遮光・断熱・防音・UVカット・形状記憶
  • 遮光・断熱・保温・遮像
  • 遮光
  • 遮光・防炎・断熱
  • タイプ
  • ドレープ
  • ドレープ
  • ドレープ
  • ドレープ
  • サイズ展開
  • 幅100~200cm・丈60~255cm
  • 幅100cm・丈110~200cm
  • 幅100~150cm・丈90~230cm
  • 幅100~200cm・丈80~250cm
  • カラー展開
  • シルキーベージュなど7色展開
  • オレンジ等16色
  • アンティークローズなど13色展開
  • エクリュなど14色展開

コスパのいいカーテンセットの人気おすすめランキング4選

1位
 

アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

アイリスプラザ カーテン4枚組

価格:1,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、とにかく安いカーテンセットが欲しい人はこれ!

外からの刺激をシャットアウトしてくれる、プライバシーをしっかり守ってくれるカーテンセットです。洗濯機で丸洗いすることができるので、お手入れが簡単なのもおすすめのポイント。いつでも清潔に使うことができます。

 

ネット通販は購入したものの、サイズが微妙に違うといった失敗もつきもの。しかしこのカーテンはアジャスターフックがついているのでサイズ調節が初めてでも簡単にできます。価格も手頃なので、一人暮らしを始める方にぴったりです。

機能遮像タイプセット
サイズ展開幅100cm・丈135~200cmカラー展開アイボリーなど6色展開
山積さんの画像

山積さん

ドレープとレースの4枚セット(各2枚組)でこの価格はかなりお得ですね。

2位
 

BEDSURE

Bedsure カーテン4枚組

価格:3,380円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、遮光機能のついたお得なカーテンセットが欲しい人はこれ!

安価な遮光カーテンは遮光率が十分でない場合が多いです。しかしこれは1級遮光カーテンつきでありながら低価格な点が魅力。安いセットカーテンは欲しいけれど、強い日差しが気になってしまうという方にぴったりです。

 

口コミも好評です。安いので遮光性に関して不安があったけれど、しっかり遮光してくれるといった声が多数。遮光カーテンがついていて、コスパがいいものを選びたいなら、このカーテンセットがおすすめです。

機能遮光・防音・遮熱・遮音・断熱タイプセット
サイズ展開幅100cm・丈135~200cmカラー展開グレーなど5色展開
山積さんの画像

山積さん

カーテンセットの中でも低価格でお得な4枚組だと思います。画像では、カーテンのヒダ間隔が狭く2倍(3ッ山)ヒダのように見えますが、「1.5倍(2ッ山)ヒダ仕様」という部分もしっかり押えておきたいですね。

3位
 

sakura

Gaia カーテン4枚セット

価格:2,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、暗くなりすぎないカーテンセットが欲しい人はこれ!

コスパのいいカーテンセットでありながら、高級感のある布地が使われている点が魅力。生地が絹のような手触りでシワになりにくいといった口コミもあります。生地が薄いため、部屋の清涼感がアップします。

 

カーテンに高い遮光性を求めず、暗くなり過ぎないカーテンを探している方におすすめ。適度に自然の光を取り入れることができます。アジャスター付きなので、丈を1センチ下、3センチ上に調整が可能です。

機能UVカットタイプセット
サイズ展開幅100~200cm・丈90~200cmカラー展開アイスグレーなど6色展開
山積さんの画像

山積さん

新生活では必須のカーテンですが、遮光機能については選択の分かれ道。「光が入りすぎず暗くなりすぎない」カーテンはレース付きでもあり、初心者にも選びやすいのではと思います。

4位
 

カーテンメーカーくれない

カーテンくれない カーテン4枚セット

価格:8,990円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、多機能なカーテンセットが欲しい人はこれ!

コスパの良さだけでなく、多機能を誇るカーテンセットです。完全遮光生地が使用されており、断熱効果があり、防音機能までしっかり揃っているのがポイント。防音対策で購入したという口コミが多くみられます。

 

断熱効果が高い点も好評です。カーテンの前後で10℃以上差がつくこともあるといった口コミも。このレースカーテンは室内の様子を隠してくれる、目隠しの機能もあります。紫外線を92.2%カットしてくれるのも魅力といえるでしょう。

機能遮光・遮音・断熱タイプセット
サイズ展開幅100cm・丈110~230cmカラー展開アイボリーなど8色展開
山積さんの画像

山積さん

多機能でコスパの良いカーテンセットです。ただ色によって「遮光2級」と「遮光1級」があるので、購入前にきちんとチェックすることが大切ですね。

コスパのいいカーテンセットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6363606の画像

    アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

  • 2
    アイテムID:6363608の画像

    BEDSURE

  • 3
    アイテムID:6363610の画像

    sakura

  • 4
    アイテムID:6363612の画像

    カーテンメーカーくれない

  • 商品名
  • アイリスプラザ カーテン4枚組
  • Bedsure カーテン4枚組
  • Gaia カーテン4枚セット
  • カーテンくれない カーテン4枚セット
  • 特徴
  • ズバリ、とにかく安いカーテンセットが欲しい人はこれ!
  • ズバリ、遮光機能のついたお得なカーテンセットが欲しい人はこれ!
  • ズバリ、暗くなりすぎないカーテンセットが欲しい人はこれ!
  • ズバリ、多機能なカーテンセットが欲しい人はこれ!
  • 価格
  • 1980円(税込)
  • 3380円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 8990円(税込)
  • 機能
  • 遮像
  • 遮光・防音・遮熱・遮音・断熱
  • UVカット
  • 遮光・遮音・断熱
  • タイプ
  • セット
  • セット
  • セット
  • セット
  • サイズ展開
  • 幅100cm・丈135~200cm
  • 幅100cm・丈135~200cm
  • 幅100~200cm・丈90~200cm
  • 幅100cm・丈110~230cm
  • カラー展開
  • アイボリーなど6色展開
  • グレーなど5色展開
  • アイスグレーなど6色展開
  • アイボリーなど8色展開

北欧カーテンの人気おすすめランキング3選

1位
 

満天カーテン

満天カーテン 北欧カーテン4枚セット

価格:8,780円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、自分好みのおしゃれな北欧カーテンが欲しい人はこれ!

北欧のおしゃれな柄が楽しいカーテンセットです。50種類以上の花柄と20種類のレースカーテンの中から、好きな組み合わせを選ぶことができる点が最大の魅力。形状記憶加工が施されており、半永久的に美しいドレープが保たれます

 

カーテン裏面にアクリル樹脂をコーティングを施すことにより、遮光率100%の完全遮光を実現しています。強い西日もシャットアウトしてくれるという口コミも。極薄のコーティング加工により、美しい北欧柄が鮮やかに発色します。

機能遮光・断熱・防音・UVカットタイプセット
サイズ展開幅100~200cm・丈60~255cmカラー展開バイエルグリーンなど9色展開
山積さんの画像

山積さん

小鳥やリーフ柄、無地にストライプなど、シンプルな北欧コーディネートにも合わせやすいデザインが豊富ですね。完全遮光は生地そのものは光を通さなくても、カーテンの大きさや吊り方により光が漏れる可能性もあるので「光漏れのない工夫」も必要だと思います。

2位
 

Topfinel

Topfinel 腰窓用北欧カーテン

価格:2,580円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、腰窓用の可愛い北欧カーテンが欲しい人はこれ!

4種類展開されている北欧柄は、自然の風景をイメージしているので、窓にかけていてリラックス効果が期待できるカーテン。カーテンを変えることで、森林浴をしているような雰囲気に部屋を飾ることができます。

 

断熱効果があるので、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。特徴はなんといっても可愛らしい柄の数々。安くて可愛いカーテンを探している方におすすめといった口コミもあります。外からの視線もしっかりと防いでくれます。

機能遮光・防寒・UVカットタイプドレープ
サイズ展開幅100~150cm・丈110~178cmカラー展開青いの葉など4種類
山積さんの画像

山積さん

植物や小鳥、鹿をモチーフにした可愛らしいデザインカーテンで、子供部屋にもぴったりですね。

3位
 

Topfinel

Topfinel 北欧カーテン

価格:3,780円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、北欧カーテンらしい特徴的な柄入りのカーテンが欲しい人はこれ!

なんといっても特徴的でおしゃれな柄が印象的な北欧カーテンです。グラデーションとビルの柄がおしゃれといった評価も多く、デザイン性の魅力。城と星柄のデザインのカーテンは、子供部屋とも相性が抜群です。

 

遮光・遮熱・遮音効果もあります。紫外線をカットすることもできるので、夏は遮熱効果で涼しく、冬は断熱効果で暖かく快適です。遮光性に満足しているとの口コミが多くあるので、遮光性を期待してデザインを選ぶのもおすすめ。

機能遮光・UVカットタイプドレープ
サイズ展開幅100~150cm・丈110~230cmカラー展開城と星柄など12色展開
山積さんの画像

山積さん

北欧風のカーテンといえば、「シンプルな無地と大胆な柄入り」のどちらかで迷う人も多いと思いますが、窓辺にほっこりとした空気を運んでくれる北欧柄だと思います。

北欧カーテンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6363616の画像

    満天カーテン

  • 2
    アイテムID:6363618の画像

    Topfinel

  • 3
    アイテムID:6363620の画像

    Topfinel

  • 商品名
  • 満天カーテン 北欧カーテン4枚セット
  • Topfinel 腰窓用北欧カーテン
  • Topfinel 北欧カーテン
  • 特徴
  • ズバリ、自分好みのおしゃれな北欧カーテンが欲しい人はこれ!
  • ズバリ、腰窓用の可愛い北欧カーテンが欲しい人はこれ!
  • ズバリ、北欧カーテンらしい特徴的な柄入りのカーテンが欲しい人はこれ!
  • 価格
  • 8780円(税込)
  • 2580円(税込)
  • 3780円(税込)
  • 機能
  • 遮光・断熱・防音・UVカット
  • 遮光・防寒・UVカット
  • 遮光・UVカット
  • タイプ
  • セット
  • ドレープ
  • ドレープ
  • サイズ展開
  • 幅100~200cm・丈60~255cm
  • 幅100~150cm・丈110~178cm
  • 幅100~150cm・丈110~230cm
  • カラー展開
  • バイエルグリーンなど9色展開
  • 青いの葉など4種類
  • 城と星柄など12色展開

カーテンを選ぶ際にチェックすべきポイント

カーテンは部屋の印象を決定づけます。生地の柄や機能性などカーテンを選ぶ上でのポイントをみていきましょう。

生地で選ぶ

カーテンは分厚い生地で作られたドレープカーテンと、自然光を取り込んでくれるレースカーテンがあります。それぞれの特徴をみていきましょう。

編集部の画像

編集部

レースカーテン とドレープカーテンの両方を買う人も多いと思うのですが、カーテンセットではなく2つ別々で買う人に対して、注意するポイントやおすすめの選び方はありますか?(それぞれの選び方はネットで書かれているが、組み合わせに関するポイントはあまり書かれていないため)

山積さんの画像

山積さん

カーテンの組み合わせに関しては自由なので特に注意すべきことはありませんが、採寸で気をつけるポイントがあります。それは既存のカーテンを測らずにカーテンレールを採寸するという事ですね。カーテンを測ると間違いやすいのでこれは大事です!その他選び方のおすすめポイントとしては、質問冒頭でもお話ししたように、例えば既存のレースカーテンにシェードを組み合わせるなど、外からの視線や光の入り方でカーテンのスタイルを変えるというのも、ウィンドウトリートメントを楽しむ選び方のひとつだと思います。

POINT

■カーテンを別々で購入するときのポイント


①カーテンレールを採寸する

②既存のレースカーテン×シェードなど、外からの視線や光の入り方でカーテンのスタイルを変えて楽しむ

保温効果や遮光性を求めるなら「ドレープカーテン」

厚地のカーテンをドレープカーテンと呼びます。屋外からの視線を防いでくれるカーテンです。ドレープカーテンはカラーや柄が豊富にあり、デザイン性があることが大きな特徴。部屋のインテリアを大きく左右します。

 

裏にコーティング加工や、生地に黒糸を織り交ぜたものが遮光カーテンと呼ばれます。ほかに遮熱性の機能があると、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。防炎機能がついた生地で作られたカーテンもあるので、好みの機能を選んでみてください。

 

プライバシー保護と適度に自然光を取り込むなら「レースカーテン 」

レースカーテンは適度に自然光を取り入れることができる点が大きな魅力。一般的にドレープカーテンと合わせて使用します。室内の様子が見えてしまうことが不安な方は、遮像機能があるカーテンを選ぶようにしましょう。

 

特に女性の一人暮らしの部屋には、プライバシー保護機能がついているミラーレースカーテンが人気でおすすめです。UVカット機能を持ったレースカーテンは、室内の家具の日焼けを防ぐほか、夏の暑さを軽減してくれます。

頻繁に洗いたいなら「ウォッシャブルカーテン」を

カーテンを1度設置したら、そのままの状態で放置していないでしょうか?カーテンは埃などの汚れが付きやすいインテリアアイテムです。さらに窓に密着しているので、冬に窓に結露がつくと、カーテンが濡れてしまいます。

 

気が付かないうちに汚れていたり、カビが生えていたりするので、洗濯するときれいに使い続けることができます。ウォッシャブルカーテンなら自宅で簡単に洗濯が可能。常に清潔できれいな状態でカーテンを使うことができます。

カーテンの仕様をチェック

カーテンの仕様は大きく分けて、タックをとったものとフラットなものがあります。それぞれに特徴をみていきましょう。

高級感を求めるなら「タック仕様」

タック仕様のカーテンとはひだを取ってかけるものなので、生地をたくさん使うという大きな特徴があります。フラットタイプより価格が高めになりますが、なにより高級感があります。部屋のインテリアを豪華にしたい場合はタック仕様のカーテンがおすすめ。

 

保温性が高いこともポイントです。冬場の暖房がきかない部屋にタック仕様のカーテンをつけると暖房効果がアップします。裏にコーティングを施さなくても、遮光性高くなります。インテリアにこだわりたい方におすすめです。

すっきりと見せるなら「フラット仕様」

フラット仕様とはカーテンの上部にひだを取らないで設置するものです。タックを取らないので生地が少なくて済み、比較的安価で手に入れることができる点が魅力。その分だけ生地にこだわることもできます。

 

またタックカーテンに比べ、圧迫感が小さくてすっきりした印象になります。一人暮らしの小さい部屋にぴったりです。さらにタックが邪魔することがないので、カーテンの柄が見えやすいというメリットも。お好みの柄をすっきりと楽しめます

窓の種類・サイズをチェック

窓には掃き出し窓・出窓・腰窓といった種類があります。窓の種類やサイズに合わせて、カーテンを選んでいきましょう。

「掃き出し窓」には機能的でおしゃれなカーテンを

掃き出し窓とは、庭やベランダにそのまま出ることができる窓です。掃き出し窓は面積が広いので、かけるカーテンの機能性を重視しましょう。遮光性・遮熱性があると、夏の暑い日差しや冬の冷気に困る心配もありません

 

面積が広く、インテリアの主役になる点から考えても、掃き出し窓のカーテンはおしゃれなものを選ぶことが重要。サイズもカーテンレールから床まで隙間なく隠してくれる大きさを選びましょう。レールの上にポールをつけて窓を高く見せる演出もおすすめ。

「腰窓」にはインテリアにあったカーテンを

腰窓とは壁面の中ほどから上の、成人の腰の位置き設けられた窓を指します。換気の役割で設けられている場合もあります。腰窓は下に机を置いたり、カラーボックスを置いたりするので、インテリアにあったカーテンを選ぶことが重要。

 

昔ながらの腰窓は幅180センチ・高さ120センチが多いので幅100センチ・丈135センチのカーテンでカバーできます。近年はさらに小さいサイズの腰窓が出てきているので、しっかりとサイズを測ってから購入するようにしましょう。

「出窓」にはレースカーテンを

出窓とは建物のメインの壁から張り出しています。外側から見ても出窓があるのがすぐわかりますし、室内では壁より外に窓があるので開放感があります。出窓は部屋が広く見える効果があるのでカーテンで圧迫感を与えないようにしましょう。

 

透け感のあるレースカーテンをつけるとよいです。カーテンレールがついているならそれに倣うのがいいでしょう。窓ガラスに沿ってカーテンをつけるなら窓のサイズちょうどに、壁側にカーテンレールがある場合は出窓より大きめサイズがおすすめ。

「小窓」にはカフェカーテンやシェードを

小窓とは高さと幅が90センチ程度の小さな窓を指します。部屋に光を取り入れたり、掃き出し窓の通気性をよくするために設置されている場合もあります。小窓に一般的なカーテンはカフェカーテンやシェードカーテン

 

カフェカーテンは窓に突っ張り棒を渡して取り付けます。シェードカーテンは紐を引っ張って上下させるタイプ。どちらも窓のサイズをしっかり測って、ちょうどいいサイズを設置することが大事です。インテリアスタイルによってお好みのカーテンを選んでください。

カーテンの「重さ」をチェック

布地によって重さのあるカーテンも数多くあります。厚みのあるドレープカーテンは遮光性や遮熱性に優れて便利ですが、厚みの分重さがあるのも実情。レールが重みに耐えきれず落ちてしまう危険性もあります。カーテンを選ぶ際はレールの耐荷重もしっかりチェックしましょう。

求める機能性でカーテンを選ぶ

カーテンには遮光性、耐熱性、紫外線カット効果などの機能を持ったものもあります。どの機能が必要なのかを知っていきましょう。

編集部の画像

編集部

山積さんがカーテンを使っていた時に、「よかった!」と思った経験を教えてください。

山積さんの画像

山積さん

防音に関しては原因がいくつかあるので、カーテンによって100%の対策ができるわけではありませんが、実際に私の現場で通常のカーテンから防音カーテンに変えることで、外部の騒音をかなり軽減できたという経験があります。

山積さんの画像

山積さん

また防音カーテンは効果がない等の口コミをみかけることもありますが、それは価格が安かったりと選ぶ防音カーテンの種類や環境によって有り得る話です。重厚なバックコーティング加工の防音カーテンなら、ある程度の騒音は防げると思います。但し効果があるものほど価格が高いうえ重量も増すので、装飾性は期待できないですが(苦笑)。いずれにせよ室内外を問わず、騒音や音漏れに悩んでいる方はオーダーの防音カーテンを検討してみることもおすすめですね。

強い日差しを遮る「遮光カーテン」

昼間に部屋を暗くして仮眠をとったり、プロジェクターを使用したりする方におすすめなのが、日差しを遮る遮光カーテンです。遮光カーテンは光をカットしますが、太陽光線の熱をカットする遮熱効果があるとさらに便利。

 

遮光カーテンの遮光性には等級があります。各等級は、上記のようになっています。

 

  • ・1級遮光:遮光率99.99%以上
  • ・2級遮光:遮光率99.80%以上で99.99%未満
  • ・3級遮光:遮光率99.40%以上で99.80%以下
  • ・遮光性なし:遮光率99.40%未満

 

1級遮光で遮光率が100%になると、太陽光でも後ろが透けなくなります。0.01%の違いでも人間の目でみる光には大きな違いがあるため、注意してください。遮光率の高いものは価格も高くなる傾向にあるので、使用する場所や状況に応じたものを購入しましょう。

プライバシーを保護する「遮像レースカーテン」

遮像レースカーテンとは、外から中が見えにくいレースカーテンを指します。ミラーカーテンとも呼ばれています。家の外の明かりを取り入れつつも、適度に紫外線をカットしてくれます。昼間のプライバシーをしっかり守ることができるのが魅力。

 

夜間になると効果が期待できないので注意しましょう。夜は外側は暗く、室内は明るいので、どうしても見えてしまいます。夜間でも透けて見えないレースカーテンを選ぶ場合、室内からも外が見えにくいものになってしまうので、圧迫感を感じるケースもあります。

紫外線をカットする「UVカット機能付きカーテン」

日中は部屋の中にいても窓から紫外線は降り注ぎます。紫外線が気になる場合はUVカット機能がついたカーテンがおすすめ。遮光カーテンはもちろんUVカット効果があるものがいいですが、レースカーテンにもUVカット機能を求めていきましょう。

 

しっかりと紫外線対策をしていると、部屋の中で日焼けをする心配がありません。さらに紫外線は人の体だけを傷つけるにとどまりません。紫外線カットのカーテンは家具が日に焼けて劣化したり、部屋の温度が上昇したりするのを防いでくれます。

火事などの万が一に備えることができる「防炎カーテン」

ちょっとした気のゆるみから火事が起きることもあります。特に火を使う部屋や万一の事態に備えたい場合は、防炎カーテンがおすすめです。

 

高層マンションに住んでいる方は、防炎カーテンの設置が義務付けられていることがあります。可燃物である繊維に加工を施して、日本防炎協会が行う防炎性能基準試験をクリアしています。ただし燃えにくいのであって、燃えないわけではありません。

騒音を防ぐ「防音カーテン」

防音カーテンは遮音カーテンとも呼ばれます。防音カーテンには2つの役割があることに注目しましょう。まず家の中の音を外にもらさない機能です。家族に赤ちゃんがいて、よく泣くのでご近所迷惑になるのではといった方におすすめ。

 

またピアノなど楽器を演奏する方にもおすすめです。もう1つは外の騒音から守る機能。窓の外がすぐ道路になっていて車の往来が激しい場所にもおすすめです。防音効果はカーテンの重量に比例します。繊維の密度が高いと防音効果が高いということです。

部屋の熱を逃さない「断熱カーテン」

断熱カーテンは裏地があることで空気の層を作り出し、熱を遮断する仕組み。部屋を暖房で温めている場合、部屋の熱を逃がしません。また寒い季節には窓ガラスが外の空気に触れて冷やされ、部屋の温度を下げてしまいます。断熱カーテンは外の冷気をしっかり遮断してくれます

人気色でカーテンを選ぶ

カーテンの色によって部屋の雰囲気は大きく変わります。どういった色がどういった効果があるのかをみていきましょう。

編集部の画像

編集部

インテリアと色や壁の色と合わせた方がいいなどの基本的なポイントの他に、意識してほしいポイントはありますか?

山積さんの画像

山積さん

カーテンの柄もさまざまですが、日本人の傾向としては、失敗しないために「無難な無地」や「控えめなデザイン」を選ぶ人が多い気がしますね。カーテンは室内でも占める面積が大きいので、大柄や派手なデザインだと躊躇しがちですが、窓に掛けると柄は光の関係で意外と目立ちにくくなるものなんです。実際に「派手すぎ?」なんて感じるデザインがしっくりまとまったというケースもよくあるので、窓を空間のフォーカルポイントとして柄物のカーテンを積極的に取り入れるのもおすすめです。

落ち着いた雰囲気を持つ「ベージュ系」

ベージュ系のカーテンは壁の色にも合わせやすい万能のカラーだといえるでしょう。ぬくもりや安心感を与えてくれる効果があります。家族全員が集まるリビングにベージュのカーテンをかけると和気あいあいと過ごすことができるでしょう。

 

しっかりした睡眠をとるためにも、寝室は落ち着いた雰囲気の部屋である必要があります。寝室のカーテンをベージュに取り換えるだけで、気持ちが落ち着き、深い眠りに落ちていくことができます。

高級感漂う「ブラック」

ブラックのカーテンは部屋の雰囲気が重くなってしまうのではと心配になるかもしれません。しかしブラックのカーテンは高級感を与えてくれます。ブラックは光を吸収する機能があります。遮光率が高く、紫外線もしっかりカットしてくれます。

 

紫外線による肌のダメージだけでなく、家具の日焼けも防いでくれます。さらなる高級感を求めるなら、タック仕様のカーテンをかけてみるのもおすすめ。風水ではブラックは金運や財産運を高めてくれる色でもあります。

大人っぽさを演出する「ネイビー」

ネイビーといえば深海や夜空といった静かな空間をイメージするのではないでしょうか。イメージ通り、ネイビーのカーテンをかけると、部屋にいる方の心がリラックスし、集中力が高まる効果があります。

 

色の濃いネイビーは落ち着いた雰囲気をもたらして、部屋に大人っぽさを演出してくれます。ネイビーは「後退色」といわれることも。これは後ろに下がって見える色であり、部屋に奥行きを演出してくれます。

使用する部屋でカーテンを選ぶ

リビングは家族がくつろぐ部屋であり、寝室は睡眠をとるための部屋です。どの部屋にどんなカーテンをかけると効果的なのかを知って選んでいきましょう。

一人暮らしの「ワンルーム」にはインテリアや壁の色に合ったもの

一人暮らしの部屋はワンルームであることがほとんどでしょう。都心で一人暮らしをするときは特に広い部屋は望めません。少しでも部屋が広くみえるようにするためにはインテリアとカーテンの色をそろえるのがおすすめです。

 

初めての一人暮らしなら、初めて自分の城を持ったことになります。自分の好みの色や柄のカーテンで彩を与えたいところでしょう。しかし派手過ぎる柄は部屋を狭くみせてしまう危険性がありますので、避けたほうがいいでしょう。

「リビング」には落ち着く色柄を

リビングは家族全員が集まります。その日の出来事を楽しく話したり、悲しいことがあったら共有したりできる場所です。家族全員が楽しく過ごせるインテリアにすることが大事になってきます。部屋のインテリアを決めるうえで重要なのがカラーバランス

 

床、壁といった変えられないベースカラーとカーテン、家具の布部分といった変えられるアソートカラーから成り立っています。アソートカラーの中でもメインカラーとなるカーテンは落ち着く色を選ぶことが大事です。

「寝室」には遮光率の高い寒色系のカーテンを

寝室はぐっすり眠るための場所です。昼間に就寝する場合にも眠れるように、遮光率の高いカーテンを選ぶことがおすすめ。寒色系のカーテンを選ぶと心が落ち着き、すんなりと眠りに入っていくことができます。

 

寝室は全体の色合いを合わせたインテリアにすることが大事です。ベッドカバー・枕カバー・シーツ・カーテンと色味を統一させると落ち着いた印象の部屋にすることができます。落ち着いたインテリアで毎日しっかり睡眠をとりましょう。

「子供部屋」にはポップなデザインのカーテンを

元気に遊んで欲しい子供部屋は、ポップなデザインのインテリアがおすすめです。カーテンにも子供が喜ぶようなポップなものを選びましょう。カーテンの遮光率の問題もあります。

 

子供部屋は適度に自然光を取り入れたほうがいいので、遮光性が低いカーテンを選ぶのがおすすめ。子供はどんどん大きくなります。成長していく子供の状態を考えるなら、好みの分かれない無地かシンプルな柄のカーテンがおすすめです。

「書斎・仕事部屋」には集中力を高める青や紫色を

家にいるときに仕事モードにするため、書斎や仕事部屋は集中力を高めるインテリアにする必要があります。青や紫色のカーテンをかけると、集中力が高まるのでおすすめです。昼間でも集中するため、レースカーテンに紫外線をカットする効果のあるものを選ぶようにしましょう。

「和室」にはアースカラーのカーテンを

日本人が昔から愛してきた和室は、落ち着いた雰囲気のカラーでまとめたいもの。和室に障子ではなくカーテンを窓にかける場合、緑やブラウンといった、いわゆるアースカラーのを選ぶのがおすすめです。柄のあるカーテンを選ぶ場合は葉っぱなどの柄がぴったりです。

コーディネートに合わせてカーテンを選ぶ

カーテンだけでインテリアは完成しません。すでにあるテーブルや棚などの家具や、壁の色合いと合わせたカーテンを選ぶようにしましょう。

北欧風インテリアには「ビビットカラー」や柄入り

北欧のインテリアは鮮やかでありながら独特の品があり、日本でも大変な人気です。自分の部屋を北欧の世界にしてしまうのも素敵です。北欧のインテリアは彩度の高いビビッドカラーを取り入れるのがおすすめ。

 

ソファやテーブルを北欧の家具でまとめたら、カーテンも北欧の雰囲気を取り入れましょう。鮮やかな花などのモチーフのほか、幾何学模様などの柄のカーテンを取り入れるのもポイント。カーテンを変えるだけでも北欧の雰囲気を味わうことができます。

ナチュラルインテリアには「無地」のカーテンを

自然体で日々を生きたいと思うなら、自分の周囲をまずナチュラルな雰囲気にするのはいかがでしょう。シンプルでナチュラルなインテリアには、薄い色合いのベージュやグリーンのカーテンがおすすめ。

 

ナチュラルテイストを目指すのなら、柄入りのカーテンは避けましょう。カーテンの素材も大事です。麻や綿といったナチュラルテイストの素材を選ぶことで、部屋全体がすっきりとナチュラルな雰囲気になります。

女子らしい部屋には「花柄」などの可愛い柄入りのカーテンを

花柄のカーテンは可愛らしいものをイメージしますが、モチーフの花によっては高級感や大人な雰囲気を演出することも可能です。生地全体にプリントされているものだけでなく、下のほうにだけ花の柄があるものも。まるでお花畑にいるような雰囲気を演出してくれますよ。

モダンインテリアには「グレー・モノトーン」のカーテンを

金属やガラスなど、無彩色・原色の家具があるモダンテイストの部屋では、カーテンも生活感を感じさせない無機質なものがおすすめ。黒は部屋の印象を重たくしてしまうため、金属系のインテリアと相性のいいグレー系の色を選びましょう。

 

柄ものを選ぶときには、ストライプやモノトーン調などがおすすめです。整合性がある無機質な印象に統一できます。最近では幾何学模様も人気を集めているので、興味のある方はチェックしてみましょう。

西海岸インテリアには「デニム生地」のカーテンを

西海岸インテリアとは、カリフォルニアなどのアメリカ西海岸に代表されるスタイルを指します。年中あたたかな日差しが降り注ぎ、海を感じさせるインテリアです。日差しがよく入る部屋で、リラックス感のあるテイストのソファやクッションが使われます。

 

そんな西海岸インテリアに合うカーテンといえば、デニムなどの生地がぴったり。デニムはアメリカの象徴的な布地で、パッチワークにしてもおしゃれです。遮光性を低くして、床に敷かれたラグと同系色のカーテンにしてもいいでしょう。

ブルックリンインテリアには「ブラック」や「ダークブラウン」のカーテンを

ブルックリンインテリアとはニューヨーク市のブルックリン区にある建物やカフェの中のスタイルを指します。都会的でありながら、観葉植物のような自然を手軽に取り入れたスタイルです。全体にダークで落ち着いた雰囲気です。

 

壁紙をわざと古ぼけた色彩にするのもおすすめ。部屋を飾るカーテンの色はブラックやダークブラウンといったカラーです。レンガ造りの壁を活かしたインテリアにすんなりと馴染み、格好良さが倍増します。

ブランドでカーテンを選ぶ

カーテンは発売しているブランドによって個性があります。シンプルな色から北欧のイメージを活かしたものまで詳しく紹介していきます。

編集部の画像

編集部

ニトリやIKEAなどのカーテンは「コスパが良く間違いない!」というイメージですが、実際どうなんでしょう?

山積さんの画像

山積さん

最近は量販店の既製カーテンも、素材感や機能面でかなりレベルアップしていると思いますが、高級感や品質・縫製・耐久性等はやはりオーダーカーテンには及びません。とはいえ、価格面からみてもクオリティーの高いデザインが増えているので、サイズが合えば既製カーテンでも充分おしゃれな空間が演出できると私は思います。

種類が豊富でコスパ良しの「ニトリ」

コスパのいい家具をそろえられることで有名なのがニトリです。ニトリのカーテンはさまざまな機能やデザイン・サイズがあり、種類が豊富です。遮光カーテンは232種類以上、遮熱カーテンは177種類以上あります。

 

防炎カーテンも74種類以上、防音カーテンは21種類以上。ニトリはネット通販でも商品を展開しています。窓周りを演出するカーテンばかりでなく。ブラインド・ロールスクリーン・シェードといったものを用途に合わせて選んでいきましょう。

ナチュラルな色使いで人気の「無印良品」

無印良品のカーテンの特徴は、綿や麻などの天然素材にこだわっているナチュラルな製品であるということです。素材の風合いを活かしたシンプルなテイストのカーテンがそろうのが大きな魅力。モノトーン調で落ち着いた色合いのものが多いです。

 

部屋や空間を仕切るだけでなく、外の光や風を程よく取り入れることを目的にしています。プリーツの有無や・遮光性・遮音性のあるものを選ぶことができます。サイズがない場合はオーダーもできるので安心。

北欧テイストのデザイン性の高い「IKEA」

カーテンを購入するとき、大人しい柄や色のものは不満だという方にIKEAがおすすめ。IKEAのカーテンはおしゃれで個性的なデザインのものが多いです。日本のインテリアショップではあまりみないような柄や鮮やかなカラーのものが多いのが特徴。

 

北欧インテリアにこだわっている方ばかりではなく、安くてデザイン性の高いカーテンやインテリアの主役になるようなカーテンを探している方は、きっとお気に入りのカーテンをみつけることができるでしょう。

カーテン業界を代表するブランド「満天カーテン」

満天カーテンはドレープカーテンもレースカーテンも品ぞろえが多いことが大きな特徴。北欧カーテンのような鮮やかな色合いと大胆な柄のカーテンが手に入ります。100%完全遮光機能を持つ1億円カーテンといったものも扱っているのがうれしいところ。

 

数十種類の花柄の中から好きな柄を選ぶことができます。満天カーテンのレースカーテンは少し厚みがあり、透け感を抑えており、遮像性が高いことで有名。部屋の中は明るいのに紫外線は85.8%もカットします。33.4%の断熱効果も魅力です。

トレンド感のあるおしゃれで人気の「LOWYA(ロウヤ)」

LOWYA(ロウヤ)のカーテンは家具専門デザイナーの手によって作られ、おしゃれでトレンドを感じさせるという特徴があります。公式のオンラインショップもあり、店舗に出かけなくてもじっくりと自分好みのカーテンを選ぶことができます。

 

ドレープカーテン・レースカーテン・カーテンセットのどれもがおしゃれで格好いいのがポイント。家具の専門店なので、インテリア一式をLOWYAでそろえてみるのもおすすめです。ナチュラルからモダン・ヴィンテージとインテリアのイメージもさまざま選べます

中間コスト削減で高品質で安いを実現「Re:HOME(リホーム)」

Re:HOME(リホーム)の商品のほとんどがオリジナル商品です。企画からデザイン・製造・販売までRe:HOMEが行うので、中間コストがカットされるので高品質で低価格なカーテンが手に入ります。最近人気の北欧デザインも扱っています。

 

Re:HOMEのカーテンは、カラーバリエーションとオプションが豊富です。自分好みのカーテンとオプションを数多くの中から選ぶことができます。

生地から縫製まで日本製に拘る「アイズカーテンショップ」

アイズカーテンショップは国産の生地にこだわったカーテン専門ショップです。国内メーカーの縫製工場で縫製されたカーテンが出荷されます。海外のカーテンでは品質に疑問を抱く方もいるでしょう。アイズカーテンショップのカーテンは安心の日本製です。

 

アイズカーテンショップのカーテンには遮光・防音・UVカット機能といった一般的なものから花粉キャッチ・防汚・消臭といった機能のカーテンもあり種類が豊富です。子供向けのポップな柄やディズニーとコラボしたカーテンも揃っています。

ドレープ・レース一体の「カーテンセット」はコスパが良い

引っ越しをしてまず目隠しにとカーテンの購入を考えたとき、ドレープカーテンとレースカーテンがセットになったタイプを購入できたら便利だと思いませんか?ドレープとレースの4枚セットになっているものは単体で購入するより安い価格で購入できます。

 

別々に購入する場合のリスクは、ドレープカーテンとレースカーテンの雰囲気がちぐはぐになってしまうこと。セットになっているものだと組み合わせの失敗がありません自分のセンスに自信がない場合はセットで購入しましょう。

部屋に合ったカーテンを選んで楽しい毎日を!

インテリアとカーテンは切っても切り離せない存在です。部屋の雰囲気を大きく変えるカーテンを上手に選んでいきましょう。自分が求める機能をしっかりと見極めて、ニーズにあったカーテンを窓にかけましょう。毎日が楽しくなりますよ!

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年02月15日)やレビューをもとに作成しております。

TOPへ