【2020年版】除湿機の人気おすすめランキング15選【一人暮らし向けの除湿機も】

記事ID10536のサムネイル画像

高温多湿の日本で役立つ除湿機。今回はそんな除湿機の選び方やおすすめの除湿機をランキング形式でご紹介します。安い除湿器や人気メーカーであるパナソニックやアイリスオーヤマの除湿機もランクイン。気になる電気代についても記載していますよ。

夏の湿気を撃退する除湿機の魅力

梅雨の時期の湿気対策に活躍する除湿機。しかし、一定期間しか使えないのに購入するのは何だか勿体ない…と考えている方も多いのではないでしょうか。実は、除湿機は梅雨の時期だけでなく、冬の窓に張り付く厄介な結露対策にも使うことができるのです!

 

また、除湿機の中には部屋干しの際の湿気対策だけでなく、日当たりが悪いクローゼットの湿気対策に使える商品もあります。カビやダニなどの発生を抑えて収納されている服を守ってくれるのでおすすめです。

 

今回は除湿機の選び方を解説しつつ、おすすめの除湿機をランキング形式で紹介していきます。今後の商品選びの参考にしてください。なお、ランキングは「本体サイズ」「除湿能力」「本体重量」の3つの基準で作成しました。

除湿機と衣類乾燥除湿機の違いとは

除湿機と衣類乾燥除湿機の基本的な構造は同じです。室内の湿気を取り除くための除湿機に送風機能をプラスし、衣類乾燥に特化させたものを衣類乾燥除湿機といいます。最近は雨の日だけでなく、花粉の時期やPM2.5の多い日も部屋干しをする方が増えてきています。

 

そのため衣類に効率よく風を当てる工夫や、雑菌・ニオイの発生を抑える除菌・脱臭機能などを搭載した衣類乾燥除湿機もあります。仕事の関係で寝ている間に洗濯物を乾かすという方には、タイマー機能を搭載している製品や静音性に特化した製品がおすすめです。

 

また、消費電力を抑えた衣類乾燥除湿機も増えているのでぜひ試してみてください。下記の記事ではおすすめの衣類乾燥除湿機をランキング形式で紹介しています。梅雨の雨が多い時期や花粉が舞う時期にもおすすめです。ぜひご覧ください。

価格帯ごとの特徴やおすすめの除湿機をご紹介

除湿機の購入を考えている人の中には、あらかじめ予算を決めている方も多いのではないでしょうか。ここでは除湿機を1万円以下・1万円台・3万円台の3つの価格帯に分けて、それぞれの価格帯の特徴とおすすめの除湿機もご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

一人暮らしの方には1万円以下の除湿機がおすすめ!中でも注目は「KLOUDIC 除湿機」

KLOUDICのこの除湿機はコンパクトかつ、約1.3kgととても軽量なのが強みです。そのため、クローゼットや浴室、靴箱などの狭いスペースでも使用できますし、居間、寝室、オフィス、トイレなどの隙間スペースを有効に活用することができます。

 

また、稼働音が非常に静かな点も特徴の1つです。約39dBと他の除湿機と比べてかなり静かなので、寝ている間や作業中でも快適に過ごせますし、壁の薄い一人暮らしにはもってこいの製品です。

 

さらに、この除湿機には自動停止機能が搭載されています。そのため、留守中に部屋干しする際や寝ている間でも安心して使えます。

1万円台は機能性に注目!中でも「アイリスオーヤマ IJD-150」がおすすめ

アイリスオーヤマのIJD-150はサーキュレーターの風向き調節の自由さが強みです。上下左右ともに90度もファンを動かすことができ、3~4m以内をカバーすることができます。これだけ広い範囲にファンを動かせるのは、同価格帯の除湿機の中では他にありません。

 

また、静音性の高さもこの製品の強みです。弱モードで使用すればおよそ30dBと、非常に静音性が高いです。駆動音が気になりがちな除湿機の中でも、静音性の高いこの製品であれば、夜に使用しても気になりません。

 

さらに、安全性が高いという特徴もあります。製品本体の温度に異常が発生した場合や本体が傾いたり強い振動が発生した場合には自動で運転を停止してくれます。

パワフルな除湿機は3万円台を目安に!おすすめは「ナカトミ コンプレッサー式除湿機」

ナカトミのこちらの製品は25Lの高い除湿能力を備えています。1日でペットボトル12.5本分の除湿能力は他の除湿機ではあまり見られません。ですが、パワーの分だけ音は大きめなので、寝室よりも倉庫や外出時に使うことをおすすめします。

 

また、タンクの利便性が高い点も強みです。ドレンタンクは満水になると自動停止し、タンクの水を捨てれば自動で稼働を再開します。ドレンホースを取り付ければ直接排水できるので連続して使用することもできます。

 

さらに、この除湿機は動かしやすいという特徴も持っています。取っ手が付いているだけでなく、移動させる際に便利なキャスターも付いています。大型の除湿機は重量もあって移動が大変ですが、この製品なら動かす際にも便利です。

除湿機の選び方

ここでは、除湿方式・機能・コスパ・メーカー・電気代などの視点から、除湿機の選び方を詳しく解説していきます。実際に購入する際をイメージしながら読んでみてください。

除湿方式で選ぶ

除湿機の除湿方式は4つに分類されます。ここでは、それぞれのメリットとデメリットを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

じめじめとした夏場には「コンプレッサー式」の除湿機がおすすめ

コンプレッサー式の除湿機はエアコンの除湿運転と同じ仕組みで、一度にたくさんの湿気を除去することができます。ヒーターを使用しないので消費電力はデシカント式の半分しかかかりません。

 

周囲との温度差が大きいほど高い除湿効果を発揮するうえ、室温があまり上昇しないので、じめじめとした梅雨や夏におすすめの除湿機です。ですが、暑い夏に活躍する一方で、寒い冬はあまり効果を期待できないというデメリットもあります。

 

しかし、コンプレッサー式は本体サイズや動作音が大きくなりやすいというデメリットもあります。

冬の結露対策や通年使用できる除湿機を探している方には「デシカント式」がおすすめ

デシカント式の除湿機は、乾燥剤に空気中の水分を吸着させ、その水分をヒーターで気化した後、再び冷やして水滴にするという方法で湿気を除去します。吸着した水分をヒーターで温めるので、1年中安定した除湿効果を得ることができます。

 

また、コンプレッサーを搭載していないため、本体サイズや動作音が小さくなりますが、ヒーターを使用しているので室温が上昇しやすいというデメリットがあります。

 

以下の記事ではデシカント式除湿機の人気おすすめランキング15選をご紹介しているので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

電気代がお得な除湿機を探している方には「ハイブリッド式」がおすすめ

コンプレッサー式とデシカント式のいいところを組み合わせたのが、ハイブリッド式の除湿機です。そのため、1年中高い除湿効果を得ることができるうえ、通年使用ならハイブリッド式が最も電気代を安くすることができます。

 

しかし、本体サイズが大きくなりがちで価格も高くなりがちというデメリットもあります。また、以下の記事では、ハイブリッド除湿機の人気おすすめランキング15選をご紹介しています。ぜひ、そちらの記事も参考にしてみてください。

小型の除湿機が欲しいという方には「ペルチェ式」がおすすめ

電流で温度制御することができるペルチェ素子という半導体を使用する方式を、ペルチェ式といいます。コンパクトな製品が多いのが特徴で、デスクの隅やベッドサイドなどの省スペースに設置することができます。

 

ペルチェ式は静音性にも優れているので、寝てる間に使いたいという方にもおすすめです。しかし小型なので部屋全体を除湿するパワーは無く、室温が低くなる日はあまり機能しないというデメリットもあります。

 

また、以下の記事では、ペルチェ式除湿機の人気おすすめランキング10選をご紹介しています。ぜひそちらもご覧ください。

除湿能力で選ぶ

除湿力は定格除湿能力という数値を参考にしたり、使う部屋の広さに適したものを選んだりすると失敗を減らせます。ここでは、除湿力の目安をいくつかご紹介していきます。

「定格除湿能力」が高いものがおすすめ

定格除湿能力というのは、1日運転した場合に除湿できる水の量を指す数値です。この数値が高いほど除湿能力が高く、素早く除湿することができます。素早く除湿したいという方は、実際の部屋の広さよりも広い部屋向けの除湿機がおすすめです。

 

ですが、定格除湿能力が高いほど本体サイズや重量は大きくなり、値段も高価になってしまいます。また、あまり大きすぎると設置場所が限られるうえ、移動にも苦労するようになります。

「部屋の広さ」に対応した除湿機がおすすめ

除湿機にはそれぞれ除湿可能面積が決められていて、それは「〇畳用」と記載されています。これは室温27℃、相対温度60%を維持したときの1日あたりの除湿量を元に定められていて、木造住宅の除湿能力は鉄骨の約半分になるという特徴を持っています。

 

なお、除湿量が4L~6Lの小型除湿機は13畳~16畳、6L~8Lは16畳~20畳の部屋におすすめです。

衣類乾燥に使うなら実際の部屋より「少し広い」面積用の除湿機がおすすめ

部屋干しすると通常よりも部屋の湿度が高くなってしまいますよね。衣類乾燥目的の除湿機を購入する際は、部屋干しする部屋よりも広めの面積に対応した除湿機がおすすめです。大きい面積に対応している除湿機は高い除湿能力を持っています。

 

しかし、広い部屋に対応している除湿機は、本体サイズや重量も大きくなるので注意が必要です。必要以上に大型の除湿機は電気代も高くなるので、必要スペックと相談して除湿機を選ぶようにしましょう。

排水タンクで選ぶ

除湿機を購入する際は、排水タンクの容量や排水のしやすさにも注目してください。ここでは、排水タンクの注目すべきポイントをいくつかご紹介していきます。

就寝時・外出時に使うなら「2L~3L」程度の容量がおすすめ

排水タンクの容量によって、除湿機の連続稼働時間は変化します。優れた除湿能力を備えていても、排水タンクが小さければ途中で運転がストップしてしまうことがあります。中には、排水タンクがいっぱいになっても停止しない製品もあるので注意が必要です。

 

外出中や睡眠中に使用したいなら2~3L程度の除湿機がおすすめですね。しかし、排水タンク容量と比例して本体も大きくなるので、設置場所や動かしやすさも考慮して選ぶようにしましょう。

「ハンドル」や「広い排水口」がある除湿機がおすすめ

除湿機を購入する際は、排水のしやすさにも注目してください。排水タンクの容量が大きい除湿機だと、大量の水がタンクに溜まります。重くて持ち運ぶのに苦労しますし、もし落としてしまったら大怪我に繋がる危険もあります。

 

排水タンクにハンドルが付いていると、満水時でも持ちやすくて楽に排水することができるのでおすすめです。また、広い排水口が付いている排水タンクならスムーズに水を捨てることができるので、排水口の大きさにも注目してみてください。

排水の手間を省きたい方には「連続排水」できる除湿機がおすすめ

排水タンクの水をいちいち捨てるのが面倒だと思う方もいると思います。そんな方におすすめなのが連続排水できる除湿機です。排水タンクに排水ホースを繋ぐことで、自動的にタンクの水を排水してくれます。

 

連続排水できる除湿機ならタンクが小さくても長時間使用することができるので、収納スペースを減らしたいという方におすすめです。しかし、排水できる場所に設置する必要がある点は注意が必要です。

機能で選ぶ

ただ除湿するだけなら安価に購入することができますが、どうせなら利便性にもこだわりたいですよね。ここでは、除湿機の便利な機能をいくつか解説していきます。

生乾き臭対策には「消臭機能」がおすすめ

洗濯物を室内に干すと気になるのが生乾き臭ですよね。衣類乾燥除湿機を使用しても生乾き臭はなかなか消えません。部屋干しの時の生乾き臭を何とかしたいという方には、消臭機能を搭載した除湿機がおすすめです。

 

消臭機能を備えた除湿機の中では、パナソニックのナノイーやシャープのプラズマクラスターが人気ですね。中には消臭機能だけでなく、空気清浄機能を備えた除湿機もあります。また、消臭機能は部屋干しの時だけでなく、クローゼットの消臭にも活用することができます。

衣類乾燥目的で使いたい方には「風向き調節機能」がおすすめ

衣類乾燥のための除湿機を探しているという方には、風向き調節機能が搭載された除湿機がおすすめです。この機能が搭載されていれば、洗濯物の位置に合わせて左右に幅広く送風したり、丈の長い衣類でも上から下までしっかり風に当てることができます。

 

一度にたくさんの洗濯物を干すという方には、不規則に風を当てて洗濯物を揺らしながら乾かす機能や、センサーで洗濯物の位置を確認して風の向きや風量を調整してくれる全自動モードもおすすめです。

電気代を抑えたい方には「タイマー機能」付きがおすすめ

寝ている間や外出中に部屋干しして除湿機を使いたいという方には、タイマー機能が搭載された除湿機がおすすめです。タイマーを設定しておけば部屋干ししたまま出かけたり、就寝したりしても電気代を無駄にしてしまう心配が減ります。

 

タイマーには1時間ごとに設定できるものから、2時間ごとなど様々な種類があります。使いやすいタイプのタイマーを選ぶようにしましょう。また、中にはONタイマー機能を搭載している除湿機もあります。

寝ている間に使うなら「静音性」に優れた除湿機がおすすめ

就寝時に寝室で除湿機を使う場合や小さな子どもがいる家庭では、なるべく静かな除湿機がおすすめです。除湿機には夜干しモードや音ひかえめといった、静音モードを搭載している製品もあります。

 

静音性はdB(デシベル)という騒音レベルを表す数値で確認できます。就寝時に使いたいという方は、50dB未満で運転できる除湿機がおすすめです。また、以下の記事では静かな除湿機の人気おすすめランキング21選をご紹介しています。そちらも合わせてご覧ください。

お手入れの手間を省きたい方には「内部乾燥機能」付きの除湿機がおすすめ

除湿機は空気清浄機と同様、本体内部に空気を取り込む機構を採用しています。衛生面が心配という方には内部乾燥機能を搭載した除湿機がおすすめです。内部乾燥機能を搭載している除湿機なら、本体内部に残った湿気をしっかりと乾燥させることができます。

 

そのため、除湿機の内部でカビや雑菌が繁殖しにくくなり、清潔に使用することができます。内部乾燥機能をこまめに利用すれば、お手入れの回数を減らすこともできるので、手入れが面倒だという方にもおすすめです。

除湿機を移動するなら「キャスター付き」がおすすめ

大型の除湿機の中には10kg以上あるものもあります。重いと持ち上げて移動するのは大変ですよね。寝室・浴室・リビングなど、家の中で移動させようと考えている方には、ハンドルやキャスター付きの除湿機がおすすめです。

 

また、キャスターが付いている除湿機を購入する際は、キャスターの向きに注意してください。キャスターは一方向にしか動かせないものが多いので、雑に扱うと転倒してしまう恐れがあります。購入を決める前にどの方向に移動できるのかを確認しましょう。

一人暮らしの方には「安い」除湿機がおすすめ

エアコンにも除湿機能は搭載されていますが、リビング全体など大きな部屋での除湿に限定されます。除湿機であればどんな部屋にも使えるほか、購入費用が安いメリットがあります。1~2万円の良コスパ商品を選ぶのも「アリ」です。

 

除湿のためにエアコンを買おうとした場合、ものによっては10万円以上の値段がつくこともザラにあります。一方、除湿機であればメーカー次第で1~2万円で十分に高機能なものが選べます。夏の間だけなど短期間であれば、低価格商品でも十分に快適です。

 

以下の記事で安い除湿機についてランキング形式でまとめているので、是非参考にしてみてください。

押し入れなどの狭いスペースには「小型」の除湿機がおすすめ

押し入れなどの狭いスペースには小型の除湿機がおすすめです。ペルチェ式とも呼ばれる半導体式の除湿機ならコンパクトな製品が多く、隙間スペースでも活用できます。部屋全体を除湿するには物足りない場合もありますが、押し入れの中ならジャストサイズです。

 

また、押し入れの扉をきっちり閉めるときにコードが出ていると邪魔なので、コードレスタイプもおすすめです。乾燥剤を使っているタイプなら排水する必要もないですし、水がこぼれる可能性もないので安心です。

 

以下の記事では、押し入れ用の除湿機の人気おすすめランキング10選コンパクト除湿機の人気おすすめランキング21選をご紹介しています。ぜひそちらも合わせてご覧ください。

メーカーで選ぶ

国内の家電メーカーから商品が販売されており、商品選びに迷ってしまうことでしょう。ここでは、人気の高い国産メーカーをいくつかご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ナノイー搭載の「パナソニック」は衣類乾燥におすすめ

パナソニックは国内最大手の家電メーカーの1つで、家庭用だけでなく業務用の者も含めて幅広い製品を販売しています。パナソニックの除湿機の中でも、除菌効果を発揮するナノイー技術が使われた除湿機が人気です。

 

ナノイー技術によって部屋干しの際の生乾き臭を防ぐことができます。衣類乾燥のための除湿機を探しているという方は、ぜひパナソニックの除湿機を試してみてください。

ウイルス対策には「シャープ」のプラズマクラスターがおすすめ

高機能が売りのシャープの除湿機は、同社が開発したプラズマクラスターが内蔵されています。パナソニックのナノイーのような除菌・脱臭効果だけでなく、細菌よりさらに小さいウイルスを除去する機能を搭載しています。

 

また、夏に電気代を抑えられるコンプレッサー式を採用しているのも特徴です。夏によく除湿機を使うという方は、ぜひシャープの除湿機を試してみてください。

早く洗濯物を乾かしたい方には「三菱電機」がおすすめ

三菱電機の除湿機には、濡れた洗濯物を見分けて自動で送風する機能が搭載されています。早く乾かすことによって、部屋干し特有の生乾き臭を軽減することが可能です。部屋干しの洗濯物を早く片付けたいのなら、三菱電機も選択肢に入るでしょう。

冬場の結露対策にはデシカント式の「日立」がおすすめ

冷蔵庫やエアコンのイメージが強い日立ですが、除湿機も製造・販売しています。日立の除湿機はデシカント式を採用していて、電気代がやや高くなる代わりに、冬の結露対策に利用できます。1年中使用できる除湿器を探しているという方にもおすすめです。

コスパに優れた除湿器なら「アイリスオーヤマ」がおすすめ

雑貨や園芸用品などのイメージが強いアイリスオーヤマも除湿機を販売しています。他の名門メーカーと比べ、低価格な商品を数多く取り揃えているのが特徴です。特に「サーキュレーター」機能付きの除湿機が洗濯物の乾きが早くおすすめです。

コスパが高い除湿機の人気おすすめランキング3選

3位

コロナ(Corona)

衣類乾燥除湿機 CD-P63A(W)

価格:16,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

風向きを自在に調整できる除湿機

コロナの衣類乾燥機「CD-P63A」は、コンプレッサー式のパワフルな除湿力が自慢の除湿機です。3.5Lのビッグタンクを採用し、水替え回数を最小限に減らすことができます。3色のお知らせサインによって、運転状態がひと目でわかるのも魅力です。

 

満水を音楽で教えてくれるユニークな機能も搭載されています。また、ウイルス抑制・除菌効果がついたフィルターは10年間交換が不要です。それでいて値段は20,000円を切っており、非常にコスパが良い商品です。

本体サイズ幅22×奥行33×高さ51.5cm除湿能力5.6/6.3L/日
本体重量7.9kg除湿方式コンプレッサー式
タンク容量3.5L対応畳数(木造)14畳(7畳)
連続排水-運転音-
消費電力185Wコードの長さ-
モード内部乾燥モードなど機能満水メロディ、ウイルス抑制・除菌・脱臭など
ホワイト

口コミを紹介

除湿能力はシャープ製とほぼ同じ
しかし電気代が安い!シャープ製265Wに対してこちらは175W(50Hz時)節電モード時はさらにさがるこれが購入の決め手。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

KLOUDIC

KLOUDIC 除湿機

価格:5,083円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで大容量な除湿機

KLOUIDの除湿機は、約1.3kgでかなりコンパクトなのでどこに置いても邪魔になりませんし、場所を取りたくない一人暮らしの方にもおすすめです。そして小さいにも関わらず、1日最大450mlもの水を除湿できます。また、運転音も小さく自動停止機能付きなので、自宅での勤務中や勉強中、寝ている間も快適です

 

タンクの部分が透明なのでどれだけ除湿してくれたかを一目で確認できるだけでなく、溜まった水の部分に7色に変化するライトがついているので、視覚的にも楽しめます。

本体サイズ15 x 25.6 x 15cm除湿能力450ml/日
本体重量1.5kg除湿方式ぺルチェ方式
タンク容量1L対応畳数(木造)14畳(7畳)
連続排水-運転音39dB
消費電力40Wコードの長さ150cm
モード-機能自動停止機能、7色ランプなど
ホワイト

口コミを紹介

梅雨で購入しました。機体は小さく軽くて、持ち運びが便利で、一人暮らしの部屋にちょうどいいです。しっかり湿気を吸ってくれています。排水タンクも排水しやすいし、洗えるので良いと思います。音も小さくて、あまり影響がないです。梅雨時期でも快適に過ごしており、買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

山善(YAMAZEN)

衣類乾燥除湿機 YDC-C60(W)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

6L/日の除湿能力を誇る除湿機

山善の衣類乾燥除湿機「YDC-C60」は高湿時にパワーを発揮する「コンプレッサー式」を採用しており、その除湿能力は最大で6L/日と強力なものです。消費電力も180wと控えめであり、省エネと除湿を両立させることができるモデルです。

 

また、「湿度を7段階に調節できる」機能を搭載しており、一人ひとりに最適な湿度を実現しやすくなっています。9.5kgと重量はありますが、取っ手がついているため持ち運びも簡単です。

本体サイズ幅27.6×奥行18.5×高さ48cm除湿能力5.0/6.0L/日(50/60Hz)
本体重量9.5kg除湿方式コンプレッサー式
タンク容量約2.0L対応畳数(木造)14畳(7畳)
連続排水-運転音-
消費電力180Wコードの長さ1.8m
モード7段階湿度、衣類乾燥モードなど機能送風方向調節など
ホワイト

口コミを紹介

夏に湿気が多い部屋なので除湿用に購入しました。
早々に電源を入れて1時間でどれくらい湿気が取れるか試してみました。
室温27℃湿度70%の部屋で湿度40%に設定し動作させてみたところ279ccでした。
水分がしっかり取れているので夏場のジメジメ対策には効果がありそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパが高い除湿機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5523615の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 2
    アイテムID:6101492の画像

    KLOUDIC

  • 3
    アイテムID:6101486の画像

    コロナ(Corona)

  • 商品名
  • 衣類乾燥除湿機 YDC-C60(W)
  • KLOUDIC 除湿機
  • 衣類乾燥除湿機 CD-P63A(W)
  • 特徴
  • 6L/日の除湿能力を誇る除湿機
  • コンパクトで大容量な除湿機
  • 風向きを自在に調整できる除湿機
  • 価格
  • 13000円(税込)
  • 5083円(税込)
  • 16980円(税込)
  • 本体サイズ
  • 幅27.6×奥行18.5×高さ48cm
  • 15 x 25.6 x 15cm
  • 幅22×奥行33×高さ51.5cm
  • 除湿能力
  • 5.0/6.0L/日(50/60Hz)
  • 450ml/日
  • 5.6/6.3L/日
  • 本体重量
  • 9.5kg
  • 1.5kg
  • 7.9kg
  • 除湿方式
  • コンプレッサー式
  • ぺルチェ方式
  • コンプレッサー式
  • タンク容量
  • 約2.0L
  • 1L
  • 3.5L
  • 対応畳数(木造)
  • 14畳(7畳)
  • 14畳(7畳)
  • 14畳(7畳)
  • 連続排水
  • -
  • -
  • -
  • 運転音
  • -
  • 39dB
  • -
  • 消費電力
  • 180W
  • 40W
  • 185W
  • コードの長さ
  • 1.8m
  • 150cm
  • -
  • モード
  • 7段階湿度、衣類乾燥モードなど
  • -
  • 内部乾燥モードなど
  • 機能
  • 送風方向調節など
  • 自動停止機能、7色ランプなど
  • 満水メロディ、ウイルス抑制・除菌・脱臭など
  • ホワイト
  • ホワイト
  • ホワイト

下記の記事では、一人暮らしにおすすめの高コスパなおすすめ除湿機、安い除湿機をランキング形式で紹介しています。安い除湿機をもっと見たいという方は、ぜひご覧ください!

パナソニック製除湿機の人気おすすめランキング3選

3位

パナソニック(Panasonic)

パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YHTX90-H

価格:44,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗濯物を真下から乾かす

パナソニックのコンパクトなハイブリッド式除湿機です。コンパクトなので洗濯物の真下から風を当てることができます。洗濯物は下から風を当てると乾きやすいので、早く乾かしたいという方におすすめです。

 

また、ナノイーを搭載しているので、部屋干しの臭いを抑制したり、除菌効果も期待できます。清潔な部屋で快適に過ごしたいという方におすすめです。

本体サイズ470×335×250mm除湿能力50Hz 6L/日、60Hz 6.5L/日
本体重量10.5kg除湿方式ハイブリッド式
タンク容量2.4L対応畳数(木造)15畳(8畳)
連続排水-運転音-
消費電力-コードの長さ-
モード花粉ケアモード、ニオイケアモードなど機能エコナビ、カラッとセンサーなど
アーバングレー

口コミを紹介

とても静かで早く乾きます!ハイブリット式なのでお部屋が暑くなることはないですが、ただ、新しい商品独特の匂いが気になります。持ち運びはローラーが付いてるので転がせ場合のですが重たいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

パナソニック(Panasonic)

衣類乾燥除湿機 F-YC120HTX-S

価格:46,930円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

生乾き臭をスピード抑制

ナノイーを搭載しているので生乾き臭を抑制し、洗濯物を除菌してくれるおすすめの除湿機です。部屋干しが多くて生乾き臭が気になるという方や衛生面に気を付けたいという方におすすめですね。

 

また、この除湿機はハイブリッド式を採用しているので、1年中安定した除湿能力を発揮することができます。1年を通して使える除湿機を探しているという方は、ぜひこの除湿機を使ってみてください。

本体サイズ370×580×225mm除湿能力(60Hz)12.5L/日
本体重量13.9kg除湿方式ハイブリッド式
タンク容量約3.2L対応畳数(木造)23畳(11畳)
連続排水-運転音-
消費電力-コードの長さ-
モード-機能ワイド送風など
クリスタルシルバー

口コミを紹介

乾きは早く、買ってよかった。
Panasonicの安心感があって質感が良いです。もう少し本体の重さが軽いよいと思いますが、想像以上に水を吸い取ってくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

パナソニック(Panasonic)

パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YZS60-A

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能を絞ってお手軽乾燥を実現した除湿機

F-YZS60-Aは、2位にランクインしたF-YZSX60-Nからナノイーをカットした商品です。ナノイーがない分、除菌能力は一歩劣るものの、その分だけ値段が安くなっています。「ナノイーまでは要らないけど高機能の除湿機が欲しい」方に最適です。

 

余分な乾燥を防ぐ「エコナビ」や衣類だけでなく部屋も乾燥させる機能など、ナノイー以外の能力は無駄なく装備されています。取っ手がついて持ち運びが簡単なため、女性の1人暮らしにも利用できるでしょう。

本体サイズ459×178(+脚部12)×357mm除湿能力(50Hz)5.4L/日
本体重量5.9kg除湿方式デシカント式
タンク容量2L対応畳数(木造)7畳
連続排水-運転音38~48dB
消費電力280~460Wコードの長さ-
モードカラっとキープモードなど機能ワイド送風など
ブルー、ピンク

口コミを紹介

電源入れれば水タンクに200mlぐらいあっという間に溜まり、
1時間ほどすれば8畳程度の部屋ならほぼ除湿できます。

梅雨時なのにカラッとしたお部屋で、カビが生えなくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

パナソニック除湿機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5523643の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 2
    アイテムID:6101524の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 3
    アイテムID:6101549の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 商品名
  • パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YZS60-A
  • 衣類乾燥除湿機 F-YC120HTX-S
  • パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YHTX90-H
  • 特徴
  • 機能を絞ってお手軽乾燥を実現した除湿機
  • 生乾き臭をスピード抑制
  • 洗濯物を真下から乾かす
  • 価格
  • 21385円(税込)
  • 46930円(税込)
  • 44800円(税込)
  • 本体サイズ
  • 459×178(+脚部12)×357mm
  • 370×580×225mm
  • 470×335×250mm
  • 除湿能力
  • (50Hz)5.4L/日
  • (60Hz)12.5L/日
  • 50Hz 6L/日、60Hz 6.5L/日
  • 本体重量
  • 5.9kg
  • 13.9kg
  • 10.5kg
  • 除湿方式
  • デシカント式
  • ハイブリッド式
  • ハイブリッド式
  • タンク容量
  • 2L
  • 約3.2L
  • 2.4L
  • 対応畳数(木造)
  • 7畳
  • 23畳(11畳)
  • 15畳(8畳)
  • 連続排水
  • -
  • -
  • -
  • 運転音
  • 38~48dB
  • -
  • -
  • 消費電力
  • 280~460W
  • -
  • -
  • コードの長さ
  • -
  • -
  • -
  • モード
  • カラっとキープモードなど
  • -
  • 花粉ケアモード、ニオイケアモードなど
  • 機能
  • ワイド送風など
  • ワイド送風など
  • エコナビ、カラッとセンサーなど
  • ブルー、ピンク
  • クリスタルシルバー
  • アーバングレー

以下の記事では、パナソニックの除湿機の人気ランキング10選をご紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

シャープ製除湿機の人気おすすめランキング3選

3位

シャープ(SHARP)

除湿機 CV-J71W

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

A4サイズのコンパクト設計の除湿機

シャープのCV-J71Wは、A4サイズと呼ばれるほどコンパクトな見た目が特徴の除湿機です。狭い場所でもラクラク設置できるため、部屋の間取りや家具の配置を気にすることなく除湿が可能です。

 

ユニークなのは、風の向きをしたに向けることができる点です。浴室付近に置くことで、バスマットの水分を効率的に飛ばすことが可能になります。プラズマクラスター機能内蔵により、生乾き臭だけでなく「タバコ臭」や「汗臭」を抑えることができるのもメリットです。

本体サイズ30.3×20.3×52.4cm除湿能力7.1L/日
本体重量9.4kg除湿方式コンプレッサー式
タンク容量約2.5L対応畳数(木造)プラズマクラスター約8畳
連続排水運転音27~40dB
消費電力18~190Wコードの長さ-
モード衣類乾燥、除湿、衣類消臭機能チャイルドロック、満水サインなど
ホワイト

口コミを紹介

早速リビングで使いましたがわずかな時間で水がびっくりするほどたまり、こんなにも湿度が高いのかと感心しました、不快指数避けて快適に生活するのには欠かせませんね!他の部屋にも設置しようかなと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

シャープ(SHARP)

衣類乾燥機CM-J100-W

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台で4役をこなす冷風機能付き除湿機

CM-J100-Wは、「冷風」「衣類乾燥」「除湿」「消臭」の4役を1台でこなすことができる除湿機です。特に冷風機能が秀逸で、室温からマイナス10℃の冷気を送ることができます。プラズマクラスターの除菌能力と併せ、真夏や梅雨の利用に適した除湿機と言えます。

 

大きなホコリをシャットアウトする「ホコリブロックプレフィルター」を採用しているため、掃除の手間を省けるのもメリットです。

本体サイズ31.5×23.5×57.5cm除湿能力9L/日(50Hz)/10L/日(60Hz)
本体重量12.5kg除湿方式コンプレッサー式
タンク容量約2.5L(ハンドル付)対応畳数(木造)25畳~23畳(13畳~11畳)
連続排水運転音37~51dB
消費電力34~290Wコードの長さ-
モード衣類乾燥、衣類消臭、冷風、除湿機能チャイルドロック、満水センサーなど
アイスホワイト

口コミを紹介

脱衣所で衣類乾燥とスポットクーラーとして使用しています。
衣類乾燥としては、ズボンとインナー数枚くらいなら2時間の運転でパリッと乾き、十分満足しています。乾燥後、脱衣所に生乾きの匂いなどしませんでした。4時間運転してタンク半分くらい水が溜まっていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

シャープ(SHARP)

除湿機 CV-H71-W

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プラズマクラスターを効率よく拡散する除湿機

CV-H71-Wは、コンパクトなサイズにプラズマクラスター拡散機能を搭載した除湿機です。通風口に「ガイド付きルーバー」が装着されており、プラズマクラスターを広範囲に拡散させることが可能です。

 

ホコリブロックプレフィルターが搭載されているほか、取っ手がついて持ち運びも良好です。価格が20,000円を下回っている点も嬉しいポイントでしょう。

本体サイズ48.5×37.5×30.5cm除湿能力(50Hz/60Hz):6.3/7.1L/日
本体重量9.0kg除湿方式コンプレッサー式
タンク容量約2.5L(ハンドル付)対応畳数(木造)9畳
連続排水-運転音35~44dB
消費電力18~180Wコードの長さ-
モード衣類乾燥、除湿、衣類消臭機能現在湿度表示、プラズマクラスター
ホワイト

口コミを紹介

雨の日も室内の湿度を48〜50%前後に保てるので、本当に快適です。
おまけにプラズマクラスターで空気の汚れまでケア出来るなんて、
さすがの品質です。

出典:https://www.amazon.co.jp

シャープ製除湿機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5523658の画像

    シャープ(SHARP)

  • 2
    アイテムID:5523659の画像

    シャープ(SHARP)

  • 3
    アイテムID:5523662の画像

    シャープ(SHARP)

  • 商品名
  • 除湿機 CV-H71-W
  • 衣類乾燥機CM-J100-W
  • 除湿機 CV-J71W
  • 特徴
  • プラズマクラスターを効率よく拡散する除湿機
  • 1台で4役をこなす冷風機能付き除湿機
  • A4サイズのコンパクト設計の除湿機
  • 価格
  • 18520円(税込)
  • 22800円(税込)
  • 20390円(税込)
  • 本体サイズ
  • 48.5×37.5×30.5cm
  • 31.5×23.5×57.5cm
  • 30.3×20.3×52.4cm
  • 除湿能力
  • (50Hz/60Hz):6.3/7.1L/日
  • 9L/日(50Hz)/10L/日(60Hz)
  • 7.1L/日
  • 本体重量
  • 9.0kg
  • 12.5kg
  • 9.4kg
  • 除湿方式
  • コンプレッサー式
  • コンプレッサー式
  • コンプレッサー式
  • タンク容量
  • 約2.5L(ハンドル付)
  • 約2.5L(ハンドル付)
  • 約2.5L
  • 対応畳数(木造)
  • 9畳
  • 25畳~23畳(13畳~11畳)
  • プラズマクラスター約8畳
  • 連続排水
  • -
  • 運転音
  • 35~44dB
  • 37~51dB
  • 27~40dB
  • 消費電力
  • 18~180W
  • 34~290W
  • 18~190W
  • コードの長さ
  • -
  • -
  • -
  • モード
  • 衣類乾燥、除湿、衣類消臭
  • 衣類乾燥、衣類消臭、冷風、除湿
  • 衣類乾燥、除湿、衣類消臭
  • 機能
  • 現在湿度表示、プラズマクラスター
  • チャイルドロック、満水センサーなど
  • チャイルドロック、満水サインなど
  • ホワイト
  • アイスホワイト
  • ホワイト

2位で紹介した冷風機能付きの除湿機が気になる方は以下の記事にてランキング形式で詳しく紹介しているので、是非ご覧ください。

アイリスオーヤマ製除湿機の人気おすすめランキング3選

3位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマ DDB-20

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで静かな除湿機

アイリスオーヤマのDDB-20は軽量コンパクトなのでどんなスペースにも置きやすいだけでなく、ハンドル付きなので移動も簡単です。また、風向きを調節できるフラップが搭載されているので乾燥風を洗濯ものにダイレクトに当て、乾燥時間を60%カットできます

 

そして静音タイプなので寝ている間や仕事の作業中、子供の勉強中でも安心して使用できます。またボタンは2種類しかないので、お子様やご年配の方でも簡単に操作できます

本体サイズ幅29×奥行19×高さ47.7cm除湿能力50Hz:5.5L/日、60Hz:6.5L/日
本体重量3.90kg除湿方式デシカント式
タンク容量1.8L対応畳数(木造)16畳(8畳)
連続排水-運転音34dB
消費電力350Wコードの長さ1.8m
モード-機能風向き調節
ホワイト

口コミを紹介

除湿の能力は十分。出勤前にかけておけば帰宅時にはしっかりと衣類などは乾いている。
1人暮らしや湿気の多い地域には重宝します。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

空気清浄機付き除湿機DCE-120

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気清浄機能を兼ね備えた除湿機

DCE-120は、空気清浄機能が付属した除湿機です。空気を綺麗にしながら乾燥させるため、梅雨の時期はもちろん、春先の花粉シーズンにも大活躍します。

 

HEPAフィルターが花粉やアレルギー物質を捕集するため、風に乗って出てくる可能性が低くなっています。また、活性炭フィルターによってイヤなニオイを除去することも可能です。

本体サイズ幅34.3×奥行30×高さ61.7除湿能力12.0L/日
本体重量14kg除湿方式コンプレッサー式
タンク容量約4L対応畳数(木造)23畳(15畳)
連続排水-運転音-
消費電力45~315Wコードの長さ2.0m
モード自動・手動・弱運転・衣類乾燥機能汚れ5段階点灯表示
ホワイト

口コミを紹介

現在、室内温度33度の部屋(エアコン無し、当除湿機、扇風機1台)で、
このレビューを書いておりますが、汗もかかずサラサラです。

日本の暑さはやっぱり、湿度が厄介だと改めて実感しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

衣類乾燥除湿機 IJD-I50

価格:17,139円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サーキュレーターが付属した除湿機

衣類乾燥に強い、サーキュレーター付きの除湿機。乾燥風を直接当てて、スピード乾燥ができます。さらに、風の向きや角度をコントロールできるので、衣類の量に合わせて効率よく乾かせるのもポイントです。

 

また、サーキュレーターと除湿運転のWパワーで、衣類乾燥時間を自然乾燥の場合と比べて約5分の1に短縮できます。首振り角度は室内干しのシーンに合わせて50°・70°・90°の3段階で調整出来るので、狙い撃ち乾燥でより効率よく乾かすことができます。

本体サイズ幅約28.7×奥行約23.4×高さ約64除湿能力50Hz:5L/日
本体重量8.9kg除湿方式デシカント式
タンク容量約2.5L対応畳数(木造)13畳(6畳)
連続排水-運転音29dB
消費電力590Wコードの長さ1.6m
モードサーキュレーター、除湿(各3段階)、首振りモード3段階機能ダイレクト乾燥、転倒時運転停止など
ホワイト

口コミを紹介

こちらの品物は乾きが早い気がします
締め切った部屋に洗濯物約6人分を乾燥させてます
他にサーキュレーターも使用して、4時間で乾きました

出典:https://www.amazon.co.jp

アイリスオーヤマ製除湿機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6101587の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 2
    アイテムID:5523707の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 3
    アイテムID:5523703の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 商品名
  • 衣類乾燥除湿機 IJD-I50
  • 空気清浄機付き除湿機DCE-120
  • アイリスオーヤマ DDB-20
  • 特徴
  • サーキュレーターが付属した除湿機
  • 空気清浄機能を兼ね備えた除湿機
  • コンパクトで静かな除湿機
  • 価格
  • 17139円(税込)
  • 25800円(税込)
  • 9480円(税込)
  • 本体サイズ
  • 幅約28.7×奥行約23.4×高さ約64
  • 幅34.3×奥行30×高さ61.7
  • 幅29×奥行19×高さ47.7cm
  • 除湿能力
  • 50Hz:5L/日
  • 12.0L/日
  • 50Hz:5.5L/日、60Hz:6.5L/日
  • 本体重量
  • 8.9kg
  • 14kg
  • 3.90kg
  • 除湿方式
  • デシカント式
  • コンプレッサー式
  • デシカント式
  • タンク容量
  • 約2.5L
  • 約4L
  • 1.8L
  • 対応畳数(木造)
  • 13畳(6畳)
  • 23畳(15畳)
  • 16畳(8畳)
  • 連続排水
  • -
  • -
  • -
  • 運転音
  • 29dB
  • -
  • 34dB
  • 消費電力
  • 590W
  • 45~315W
  • 350W
  • コードの長さ
  • 1.6m
  • 2.0m
  • 1.8m
  • モード
  • サーキュレーター、除湿(各3段階)、首振りモード3段階
  • 自動・手動・弱運転・衣類乾燥
  • -
  • 機能
  • ダイレクト乾燥、転倒時運転停止など
  • 汚れ5段階点灯表示
  • 風向き調節
  • ホワイト
  • ホワイト
  • ホワイト

コンプレッサー方式除湿機の人気おすすめランキング3選

3位

ナカトミ(Nakatomi)

コンプレッサー式除湿機

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的パワーを誇る業務用除湿機

ナカトミのコンプレッサー式除湿機は、最大40畳までの広さに対応した業務用の除湿機です。業務用と言っても大きさは家庭用と大差なく、パワーを重視する方には家庭用として人気があります。

 

ドレンホースで直接排水するため、排水溝さえあれば水を捨てる手間もありません。

本体サイズ幅39×奥行28×高さ60cm 本体重量:16kg除湿能力(50/60Hz):21/25L
本体重量16.0kg除湿方式コンプレッサー式
タンク容量8L(約6.5Lで停止)対応畳数(木造)約45畳(約23畳)
連続排水-運転音47~51dB
消費電力500Wコードの長さ-
モード-機能-
ホワイト

口コミを紹介

25畳程のガレージで気温15度湿度80%の状態を何と1時間程度で55%まで除湿してくれました。
湿度設定が出来るので必要以上にコンプレッサーが回る事もなく経済的です。
これ程パワフルだとは思っていなかったので個人的には久々のヒット商品と感じています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

iCODIS

iCODIS 除湿機

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1時間あたり5円で除湿できるエコな除湿機

iCODISの除湿機は、マイナスイオンを発生させる効果を持たせながら、1時間当たり5円で運転することができるエコな除湿機です。衣類乾燥機能や40dbと、嬉しいポイントを併せもっています。

本体サイズ31x21x48cm除湿能力7.5L/日
本体重量10.8kg除湿方式コンプレッサー式
タンク容量1.8L対応畳数(木造)30畳(15畳)
連続排水-運転音40~45dB
消費電力-コードの長さ-
モード2段階風量モード機能オートパワーオフ機能
ホワイト

口コミを紹介

和室が湿度が年中高くカビに困っていました。高評価のこちらを購入して作動したところ部屋の空気が変わり、凄い除湿力を感じました!
半日でタンクが一杯になるほど湿気を取ってくれて大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

NEOLEAD

NEOLEAD コンプレッサー式除湿機 NL-JSK10

価格:15,990円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マイナスイオンでお部屋をクリーンに

活性炭フィルターを採用しているので、除湿しながら部屋の空気をきれいにしてくれるおすすめの除湿機です。マイナスイオンも出してくれるので、部屋の空気環境を改善してリラックスすることができます。

 

また、優れた除湿能力を備えているので、じめじめとした梅雨の時期でもカラッと快適に過ごすことができます。ぜひ試してみてください。

本体サイズ20x28x50cm除湿能力9L/日
本体重量13kg除湿方式コンプレッサー式
タンク容量2L対応畳数(木造)20畳
連続排水運転音36dB
消費電力-コードの長さ-
モード運転切り替え3モードなど機能自動霜取り機能、満水時自動停止機能など
ホワイト

口コミを紹介

デザインがとても良いです。「除湿機です」と言った感じのものと違い「なんかおしゃれな家電だな」という感じでよいです。
除湿能力も高くぐんぐん湿度が下がっていきます。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンプレッサー方式除湿機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6101614の画像

    NEOLEAD

  • 2
    アイテムID:5523734の画像

    iCODIS

  • 3
    アイテムID:5523745の画像

    ナカトミ(Nakatomi)

  • 商品名
  • NEOLEAD コンプレッサー式除湿機 NL-JSK10
  • iCODIS 除湿機
  • コンプレッサー式除湿機
  • 特徴
  • マイナスイオンでお部屋をクリーンに
  • 1時間あたり5円で除湿できるエコな除湿機
  • 圧倒的パワーを誇る業務用除湿機
  • 価格
  • 15990円(税込)
  • 17950円(税込)
  • 34998円(税込)
  • 本体サイズ
  • 20x28x50cm
  • 31x21x48cm
  • 幅39×奥行28×高さ60cm 本体重量:16kg
  • 除湿能力
  • 9L/日
  • 7.5L/日
  • (50/60Hz):21/25L
  • 本体重量
  • 13kg
  • 10.8kg
  • 16.0kg
  • 除湿方式
  • コンプレッサー式
  • コンプレッサー式
  • コンプレッサー式
  • タンク容量
  • 2L
  • 1.8L
  • 8L(約6.5Lで停止)
  • 対応畳数(木造)
  • 20畳
  • 30畳(15畳)
  • 約45畳(約23畳)
  • 連続排水
  • -
  • -
  • 運転音
  • 36dB
  • 40~45dB
  • 47~51dB
  • 消費電力
  • -
  • -
  • 500W
  • コードの長さ
  • -
  • -
  • -
  • モード
  • 運転切り替え3モードなど
  • 2段階風量モード
  • -
  • 機能
  • 自動霜取り機能、満水時自動停止機能など
  • オートパワーオフ機能
  • -
  • ホワイト
  • ホワイト
  • ホワイト

コンプレッサー式の除湿機をもっと見たい方は、下記の記事を参考にしてください。また、業務用除湿機について気になった方も、以下の記事でランキング形式で紹介しているので、是非参考にしてみてください!

除湿機の電気代について解説!エアコンとの比較も

除湿機を使用するときに気になるのは電気代ですよね。除湿機能があるエアコンとの比較もポイントです。ここでは、それぞれの電気代を計算して比較していきます。

コンプレッサー式は1時間で約7円程度

コンプレッサー式の電力消費量は250Wから300W程度が一般的。東京電力の電力量料金(1kwh当たり26円)で計算すると、250W×26円/kwh×1時間=6.5円から300W×26円/kwh×1時間=7.8円程度になります。

デシカント式は1時間で約15円程度に

電力消費量500Wから600Wの除湿機が多いデシカント式。1kwh当たり26円で計算すると、500W×26円/kwh×1時間=13円から600W×26円/kwh×1時間=15.6円程度です。コンプレッサー式より高出力なので、比較すると高く感じます。

エアコンは約13円!ただし電力で大きく変化する

エアコンは使用している部屋によって、電力消費量はさまざま。一般的な6畳用エアコンで計算すると、電力消費量は400Wから500Wが主流です。400W×26円/kwh×1時間=10.4円から500W×26円/kwh×1時間=13円程度という計算に。

 

デシカントよりは安いことが分かります。ただし、エアコンはサイズで出力に大きな差があることや、除湿機は移動もできるので電気代だけを指標にしないようにしましょう。また、以下の記事ではエアコンの人気おすすめランキング20選をご紹介しています。ぜひ合わせてご覧ください。

除湿機の電気代を抑えるコツ

夏には温度差が大きいほど除湿効果が高くなるコンプレッサー式を使用すると、電気代を抑えることができます。また、サーキュレーターが搭載されている除湿器も、室内の空気を循環させながら効率よく除湿することができるのでおすすめです。

 

さらに、湿度センサーが搭載されている除湿器もおすすめです。湿度が一定になると停止するので、電気代を節約することができます。

除湿機のお手入れのポイント

除湿機の排水タンクはだいたい1ヶ月に1度程度お手入れをする必要があります。そのため、除湿機を購入する際は、排水タンクの洗いやすさやフィルターのお手入れしやすさ、交換時期、コストにも注目するようにしましょう。

 

排水タンクのお手入れをしないまま使い続けると、内部にカビが発生してしまうことがあります。こまめに掃除をするようにしましょう。また、内部乾燥機能が搭載されている除湿機ならカビの発生を防ぐことができるので、衛生面に気を付けたいという方におすすめです。

まとめ

今回は、除湿機の選び方のポイントとおすすめの除湿機について紹介しました。気になる商品は見つかりましたか?どのランキングの除湿機も、太鼓判を押せるおすすめ商品ばかりです。除湿機の購入に迷っている方は、ぜひこのランキングを参考にしてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月17日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ