キーボードの人気おすすめランキング20選【接続方法や用途で選ぶ】

記事ID10212のサムネイル画像

キーボードはPCなどの操作には欠かせません。キーボードは有線・無線などの接続方法の違いだけでなく、配列やキースイッチの違いなど選ぶ際の基準は非常に多いです。そこで今回はキーボードを選ぶためのポイントやおすすめランキングをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

PCで文章を打つには欠かせないキーボード

キーボードはPCで使用するものというイメージが強いですよね。ですが、近年ではPCだけではなく、タブレットやスマホでキーボードを使う人も増えてきており、プライベート、ビジネス、ゲーミングと幅広いシーンで活用されています。

 

主な接続方法はUSBの有線とBluetoothのワイヤレスがあり、タイピングのしやすさは、キーのストローク、ピッチ、スイッチによって変わってきます。機能も種類も様々で、ラインナップが豊富ですが、キーボードは用途や好みで選ぶことが大切です。

 

そこで今回はキーボードの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはキーの押しやすさ(打鍵感)・機能性・コスパなどを基準にして選びました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

キーボードの選び方

キーボードを選ぶときは専門的な知識や用語が必要になってきます。好みや用途に合わせた最適なモデルを見つけるためにも、しっかり選ぶポイントをおさえておきましょう。まずは、キーボードの選び方を分かりやすく解説していきます。

接続方法で選ぶ

キーボードの接続方法は、Bluetoothによる無線、USBレシーバーによる無線、USBケーブルによる有線に分けることができます。それぞれメリットとデメリットがあるため、用途やシーンに合わせて最適なものを選びましょう。

スムーズに使いたい方は遅延のない「有線タイプ」

最も一般的なUSBケーブルによる「有線タイプ」は、端子に接続すればすぐに使用することができます。電源をデバイスから供給するため電池要らず。安定した接続でキー入力の反応速度が高く、遅延がないのが特徴です。

 

ゲーミング用に使用する方や、スムーズに使いたいという方におすすめ。

PC周りのコードが邪魔な方は「USBレシーバーの無線タイプ」

デバイス側(主にPC)がBluetooth対応していなくても無線接続できるのが、「USBレシーバーの無線タイプ」です。デバイス側にUSB端子があることが条件なので、タブレットやスマホにはほとんど使用できません。

 

PCやデスクの周りのコードが邪魔になっているなら、ワイヤレスでスッキリ使用できるUSBレシーバー式キーボードがおすすめです。

スマホに使うなら「bluetoothの無線タイプ」

PCだけではなく、スマホやタブレットといったモバイル端末にもキーボードを使いたいなら、「Bluetoothの無線タイプ」がおすすめです。複数のデバイスとベアリングできるものや、折り畳み式で携帯性に優れたものなどがあります。

 

小型、薄型、軽量といったコンパクトなモデルが多いのが特徴。無線のため有線に比べると、通信の安定性が劣り、遅延もは発生してしまうのがネックです。

キースイッチの種類で選ぶ

「キースイッチ」はキーボードの構造であり、仕組みの違いによって大きく4つに分けることができます。キースイッチは押し心地と呼ばれる打鍵感や、性能自体を大きく左右するため重要なポイントです。

リーズナブルで打鍵音が静かな「メンブレン式」

「メンブレン式」は多くのキーボードに採用されるキースイッチであり、ゴムの反発力でキーを戻すシンプルな構造のため、打鍵音が静かで比較的リーズナブルなのが特徴。

 

キーの中央部を押さないと反応が鈍くなる、反発力がダイレクトに指先伝わるり疲れやすい、などがデメリットとして挙げられます。

薄型で疲れにくい「パンタグラフ方式」

ほとんどのノートPCに採用されている「パンタグラフ方式」は、薄型化を実現しているため、メンブレン式より打鍵音が静かで軽いキータッチを実現しています。

 

壊れやすいというデメリットはありますが、長時間使用しても疲れにくく、メンブレン式と同様に生産コストも比較的安価なのもメリット。トータル的に見ても優秀なキースイッチです。

長期間使うならキーが独立した「メカニカル式(接点接触型)」

ゴムではなくバネを利用している「メカニカル式(接点接触型)」は、反発力が軽く滑らかなので指先の負担が軽減され、疲れにくいです。バネには赤軸・茶軸・青軸・黒軸などといった種類があり、それぞれ感触や性能の特徴が異なります。

 

打鍵音が比較的大きいのがデメリットに挙げられますが、ゲーミング用などでは逆に打鍵音が良いという称されることも。持ち運びには向いていませんが、高価なキーボードが多く、機能性を重視する方におすすめです。

価格は高いが丈夫で静かで疲れにくい「静電容量無接点方式」

高級キーボードの特徴でもある「静電容量無接点方式」は、静電気を検知して入力するキースイッチ。磨耗しにくく、キータッチが心地良い、静音性や耐久性も非常に高いです。

 

多くのコストが掛かりキーボード本体価格も非常に高価になるため、PCを長時間操作する方や、キーボードにこだわりたい方におすすめ!

キーピッチとキーストロークで選ぶ

打ちやすさ(タイピングのしやすさ)は、キースイッチだけではなく、キーピッチ(キーとキーの間隔)やキーストローク(キー押下時の深さ)によっても変わってきます。ここでは、キーピッチとキーストロークについて解説していきます。

キーピッチが広いタイプは指が太い人でも打ちやすい

キーピッチが広いと本体のサイズがおおきくなり、携帯性が損なわれますが、指が太い人でも打ちやすく打ち間違いも少なくなります。18~20mmが標準的なキーピッチになるので参考にしてみてくださいね。

キーピッチが狭いタイプはコンパクトサイズで運ぶのが楽

18~15mm未満の「キーピッチが狭いタイプ」は、本体サイズがコンパクトになるため、持ち運びがしやすくなり、カバンやバッグに省スペースで収納できます。

 

ただし、タイピングしづらくなる場合もあるため、店頭にいって実際に試すか、使用しているキーボードのキーピッチと比較すると良いでしょう。

速く打ちたいならキーストロークが浅いものがおすすめ

長文の文章作成などで、とにかく速いタイピングが求められる場合や、速く文字を入力したいのなら、キーを押す際の沈み込み(キーストローク)が浅いものを選ぶことをおすすめします。

 

標準的なキーストロークは3~4mm程度なので参考にしてくださいね。超薄型モデルになると2mm未満ほどになりますが、正確性が損なわれ、打ち間違いが多くなってしまう場合もあります。

タイプミスを減らしたいならキーストロークが深いものを

速さよりも正確性を重視して、打ち間違いを減らしたいのであれば、キーストロークが深いものを選ぶことをおすすめします。高速入力しにくくなりますが、誤入力が少なくなるはずです。

 

速さと正確性を両立する「アイソレーションタイプ」は、キーの間に空間があるのでミスが減ることで注目されています!

配列で選ぶ

キーボードのキー配列には、日本語配列(JIS配列)と英語配列(US配列)の2種類があり、特定のキーがなかったり、キーのサイズや位置が異なります。

日本が打ちやすいスタンダードな「日本語配列」

日本のキーボードに多く採用されている「日本語配列」は、「全角/半角」変換/無変換」「ローマ字」などのキーがある、日本人に馴染みのあるキー配列です。日本語をスムーズに打つことができるのが特徴です。

プログラミングに慣れた人におすすめの「英語配列」

「英語配列」は、エンターキーが横長で、スペースキーやシフトキーが長い、エンターキーとバックスペースキーが近いなどの特徴があります。

 

他にも、記号の配列が合理的で無駄がなく、ホームポジションが真ん中に寄っているなどの理由から、プログラミングに慣れた人におすすめと言われています。

用途で選ぶ

普段使いとして使用するのか、ビジネスシーンで使用するのかなど、用途に合わせて最適なキーボードを選ぶことが大切です。用途や目的にマッチした機能と性能を備えているのがベスト。

本格的にゲームをするなら専用の「ゲーミングキーボード」

ゲーミングキーボードは、速い反応速度や安定した接続が求められるため、必然的にUSBケーブルの有線タイプが多くなります。また、打鍵感やキースイッチにこだわりが求められています。

 

複数キーの同時押しに対応できる機能や、RGBに発行するバッグライト機能、キー1つで一連の動作を行えるマクロ機能など、ゲームに特化した機能性を備えているのも特徴。ゲームジャンルによって最適なモデルが違ってきます。

快適さにこだわるなら疲れにくい「人間工学(エルゴノミクス)キーボード」

「人間工学(エルゴノミクス)キーボード」は、その名の通り、人間工学に基づいて設計されたキーボート。特殊なキー配置や形状によって自然な動作と入力を実現しているため、手と腕の負担を抑えて、快適にタイピングすることができます。

 

疲れにくいものを求めている方や、長時間PC作業する方は特におすすめです。

機能で選ぶ

キーボードに搭載されている機能は様々。自分が欲しい機能、用途に応じて必要になる機能が搭載されているモデルを選ぶようにしましょう。ここでは代表的なキーボードの機能をいくつかご紹介していきます。

防水性能の高いタイプなら丸洗いできるものも

「防水性能の高いタイプ」なら、万が一、飲み物をこぼしてキーボードが水に濡れてしまっても故障する心配が少ないです。PCやキーボードと同じデスクの上に飲み物を置いて作業するという方は、防水性能を備えたモデルがおすすめ。

 

防水には「完全防水」と「耐水」タイプがありますが、防水性能の保護等級が高いモデルだと、キーボード本体を水で丸洗いすることができます。防水性能は見逃しがちなポイントですが、あると意外と便利なので要チェックです。

携帯するなら折りたたみキーボードが便利

スマホやタブレットといったモバイル端末向けの製品の中で、人気を集めているのが「折りたたみキーボード」です。使用しないとは折りたたんでおき、使用するときは開いて大きくして、入力することができます。

 

このタイプはもともと薄型・小型ですが、折りたたんだ状態だと更にコンパクトになるため、持ち運びに非常に便利です。携帯性を重視したい方は特に折りたたみキーボードがおすすめです。

数字入力の多い方はテンキーやFキーが付いているかチェック

キーボートのモデルによっては、数字を入力するテンキーや、特殊なコマンドや操作がボタン1つでできるファンクションキーが無い場合があるので注意しましょう。

 

特に日ごろから数字入力をする機会が多いのであれば、テンキーが付いているキーボードを選ぶことをおすすめします。テンキーレスのモデルはコンパクトになるという利点があります。

タイプライター風デザインなどのおしゃれさで選ぶ

キーボードはデザイン性も様々であり、ゲーミングキーボードのようにバックライドでカラフルに光るものもあれば、タイプライター風でキーが丸いものもあります。

 

自分好みのデザインであれば、キーボードを使用するだけで気分が上がりますよ。おしゃれさやデザインなどもチェックしましょう。

メーカーで選ぶ

キーボードは様々なメーカーやブランドから発売されていますが、その中でもユーザーから高い評価と支持を得ている人気メーカーを3社ほどご紹介します。キーボードを選ぶときの参考にしてくださいね。

機能性と耐久性で評価の高い「ロジクール」

「ロジクール」は世界で展開しているPC周辺機器メーカー。キーボードは機能性と耐久性が優れており、普段使いやビジネス使いだけではなく、ゲーミングキーボードとしても高い評価を得ています。

 

特徴のキーの中央にくぼみを持たせた「インカーブキー」により、指のフィット感はバツグン。ロジクールのキーボードであれば、正確なタイピングを実現してくれますよ。

打ちやすさにこだわる「マイクロソフト」

一般的なデザインだけではなく、人間工学に基づいたエルゴノミクスキーボードが豊富です。打ちやすいだけではなく、腕や手の負担を軽減してくれるため疲れにくいですし、腱鞘炎対策にも繋がりますよ。

 

疲れにくく身体に優しいエルゴノミクスキーボードを探しているなら、マイクロソフト製から選ぶことをおすすめします。

耐久性が高いゲーミングキーボードを販売する「Razer」

世界中のゲーマー・プロゲーマーから支持されている「Razer」は、打鍵感、反応速度、静音性、デザイン性など、こだわりたい要求やニーズに応えてくれるキーボードを提供してくれます。

 

独自のキースイッチ”Razerメカメンブレン式”を採用したモデルは、正確性の高い入力を長時間維持することができますし、メカニカル式ならではの打鍵音も楽しめますよ!

有線キーボードの人気おすすめランキング4選

4位

Logicool(ロジクール)

メカニカルキーボード K840

価格:10,030円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キーボードにこだわり方におすすめ!

反応の良いキーストローク、明確な打鍵感、静かな静音性を実現してくれるのが、Logicool(ロジクール)の「K840」というメカニカルキーボードです。静かでしっかりとしたキータッチは多くの方が求める理想的な打ちやすさ。

接続方法有線キースイッチメカニカル式
配列日本語配列防水性能なし

口コミを紹介

当方、学生で論文やレポートを作成する毎日ですが、同様にゲームも毎日のようにやっております。このK840は総合的なバランスがとても良いと感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Satechi

USB有線キーボード

価格:7,882円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モダンでおしゃれなMac用キーボード

Satechiが販売している「USB有線キーボード」はモダンでシックなデザインが特徴で、上品でとってもおしゃれ!MacデバイスおよびMac OSに対応しているMACキーボードなので、使用できる方が限定されてしまいます。

接続方法有線キースイッチ記載なし
配列英語配列防水性能なし

口コミを紹介

質感も高く、薄型で、使い心地はとてもよいです。適度な重量・剛性感があり、打っていて安定感があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ミヨシ

レトロ風デザインUSBキーボード TRT-US01

価格:2,170円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丸形キーの日本語配列モデル!

ミヨシが販売している「TRT-US01」は、丸いキーキャップが特徴のキーボードで、レトロなテイストが好みの方におすすめ。デザインだけではなく、機能や仕様も充実しており使いやすさも抜群です。

接続方法有線キースイッチメンブレン方式
配列日本語配列防水性能なし

口コミを紹介

キーを押したときの指のフィット感が良いです。
メカニカルではなくメンブレンなので打鍵音もそんなにうるさくないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

バッファロー

有線スリムキーボード BSKBU14BK

価格:2,874円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多くの方におすすめできるキーボード

バッファローが販売している「有線スリムキーボード BSKBU14BK」は、リーズナブルな価格で購入できるスタンダードなモデルなので、あらゆる方におすすめできます。キータッチもしっかりしています。

接続方法有線キースイッチパンタグラフ方式
配列日本語配列防水性能なし

口コミを紹介

もうかれこれ先代と合わせて6年ほど愛用しております
とにかく個人的にはとっても使いやすく疲れ知らずなんです
プライベート~仕事 肌身離さずです

出典:https://www.amazon.co.jp

有線キーボードのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5497108の画像

    バッファロー

  • 2
    アイテムID:5497116の画像

    ミヨシ

  • 3
    アイテムID:5497121の画像

    Satechi

  • 4
    アイテムID:5497124の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 商品名
  • 有線スリムキーボード BSKBU14BK
  • レトロ風デザインUSBキーボード TRT-US01
  • USB有線キーボード
  • メカニカルキーボード K840
  • 特徴
  • 多くの方におすすめできるキーボード
  • 丸形キーの日本語配列モデル!
  • モダンでおしゃれなMac用キーボード
  • キーボードにこだわり方におすすめ!
  • 価格
  • 2874円(税込)
  • 2170円(税込)
  • 7882円(税込)
  • 10030円(税込)
  • 接続方法
  • 有線
  • 有線
  • 有線
  • 有線
  • キースイッチ
  • パンタグラフ方式
  • メンブレン方式
  • 記載なし
  • メカニカル式
  • 配列
  • 日本語配列
  • 日本語配列
  • 英語配列
  • 日本語配列
  • 防水性能
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし

USBレシーバー式無線キーボードの人気おすすめランキング4選

4位

Arteck

2.4G ワイヤレスキーボード

価格:3,426円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトかつスリムなUSBレシーバー式タイプ

非常にスリムかつコンパクトで携帯性が高く、持ち運びに便利な、Arteckが販売している「2.4G ワイヤレスキーボード」は、打鍵感も良好で静音性にも優れたモデル。価格以上に高品質です。

接続方法USBレシーバー式キースイッチパンタグラフ方式
配列英語配列防水性能なし

口コミを紹介

コンパクトな英語配列キーボードです。質感も高く、打鍵音も静かで使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

iClever

ワイヤレスキーボードマウスセット IC-BK14

価格:7,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キーボードとマウスのセット製品!レシーバー1つで両方操作可能!

iCleverが販売している「ワイヤレスキーボードマウスセット IC-BK14」は、レシーバーをパソコンに接続するだけで、無線でキーボードとマウスを快適に操作することができる、おすすめの製品です。

接続方法USBレシーバー式キースイッチパンタグラフ方式
配列日本語配列防水性能なし

口コミを紹介

キーのへの圧力も、的確で、深さも良い。デザインも無駄が無く、清潔感が高い。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Logicool(ロジクール)

アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800

価格:17,964円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

打鍵感・反応性・耐久性・正確性どれも優秀!

パーフェクトなストロークとキーにより、滑らかな打鍵感と優れた反応性を実現したのが、Logicool(ロジクール)「アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800」です。耐久性や正確性も申し分なく、とってもおすすめ!

接続方法USBレシーバー式キースイッチパンタグラフ方式
配列日本語配列防水性能なし

口コミを紹介

まずロジクールの製品、これまでいくつも買っているがどれも信頼性は高い。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

エレコム

TK-FDM105TXBK

価格:1,460円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的にコスパが優秀!非常におすすめ!

エレコムが販売している「TK-FDM105TXBK」は、レシーバーもキーボードもコンパクトでデスク周りがスッキリ片付くモデル。メンブレン式で打鍵感も良好で、なによりコスパが圧倒的に優秀です。

接続方法USBレシーバー式キースイッチメンブレン式
配列日本語配列防水性能排水機構を装備

口コミを紹介

結論から言うと、コスパが非常に高くて
使い心地もよく、満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

USBレシーバー式無線キーボードのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5496409の画像

    エレコム

  • 2
    アイテムID:5497001の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 3
    アイテムID:5497016の画像

    iClever

  • 4
    アイテムID:5497037の画像

    Arteck

  • 商品名
  • TK-FDM105TXBK
  • アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800
  • ワイヤレスキーボードマウスセット IC-BK14
  • 2.4G ワイヤレスキーボード
  • 特徴
  • 圧倒的にコスパが優秀!非常におすすめ!
  • 打鍵感・反応性・耐久性・正確性どれも優秀!
  • キーボードとマウスのセット製品!レシーバー1つで両方操作可能!
  • コンパクトかつスリムなUSBレシーバー式タイプ
  • 価格
  • 1460円(税込)
  • 17964円(税込)
  • 7200円(税込)
  • 3426円(税込)
  • 接続方法
  • USBレシーバー式
  • USBレシーバー式
  • USBレシーバー式
  • USBレシーバー式
  • キースイッチ
  • メンブレン式
  • パンタグラフ方式
  • パンタグラフ方式
  • パンタグラフ方式
  • 配列
  • 日本語配列
  • 日本語配列
  • 日本語配列
  • 英語配列
  • 防水性能
  • 排水機構を装備
  • なし
  • なし
  • なし

Bluetooth無線キーボードの人気おすすめランキング4選

4位

iClever

IC-BK03

価格:6,403円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質かつ高機能な折りたたみ式モデル

収納時や持ち運びするときは、左右を折り畳んでコンパクトにできるのが、iCleverの「IC-BK03」の最大の特徴です。外出先でのスマホやタブレットに使用するキーボードに最適で、タイピングしやすいですよ。

接続方法Bluetoothキースイッチ記載なし
配列日本語配列防水性能なし

口コミを紹介

とても頑丈そうです。プラスチックではないので、高級感もあり、打鍵感もよいです。
携帯用のポーチもついています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Anker

ウルトラスリム Bluetooth

価格:4,200円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパが高いBluetoothキーボード!お買い得でおすすめ!

リーズナブルな価格で購入できるのに、高級感がありキーも押しやすいのが、Ankerが販売している「ウルトラスリム Bluetooth」というキーボード。価格の数倍は性能が良く、デザインもスタイリッシュでとってもおすすめです。

接続方法Bluetoothキースイッチ記載なし
配列英語配列防水性能なし

口コミを紹介

接続はBluetoothで簡単にでき、キーが普通のPCと似ていて打ちやすいです。
お値段の割に高級感がある点も非常に気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Logicool(ロジクール)

ワイヤレスキーボード K380

価格:3,503円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザイン性と機能性を兼ね備えている!非常におしゃれ!

Logicool(ロジクール)「ワイヤレスキーボード K380」は、タイプライターのようなデザインで非常にデザイン性が高いモデル。薄型小型なので持ち運びにも便利です。カラーも5色展開しており、どれも美しくおすすめ!

接続方法Bluetoothキースイッチパンタグラフ方式
配列日本語配列防水性能なし

口コミを紹介

丸いキーがどうなのかなとおもいましたが、普通のキーボードを変わらず違和感なく使えています。重さはサイズの割にはありますが、安定感がでるのでこれくらいで良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

PFU HHKB

Professional BT PD-KB620B

価格:43,215円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高級のキーボードを使いたい方におすすめ!

PFU HHKBが販売している「Professional BT」は、静電容量無接点方式を採用した高級Bluetoothキーボード。軽やかでスムーズの極上キータッチを実現しており、静音性も高く静かに入力できます。

接続方法Bluetoothキースイッチ静電容量無接点方式
配列日本語配列防水性能なし

口コミを紹介

打鍵間については以前使っていたCherryMXの赤軸よりもキーの重さは軽く感じるので、指が痛くなることもなく快適にタイプできています。

出典:https://www.amazon.co.jp

bluetooth無線キーボードのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5496288の画像

    PFU HHKB

  • 2
    アイテムID:5496306の画像

    Logicool(ロジクール)

  • 3
    アイテムID:5496353の画像

    Anker

  • 4
    アイテムID:5496386の画像

    iClever

  • 商品名
  • Professional BT PD-KB620B
  • ワイヤレスキーボード K380
  • ウルトラスリム Bluetooth
  • IC-BK03
  • 特徴
  • 最高級のキーボードを使いたい方におすすめ!
  • デザイン性と機能性を兼ね備えている!非常におしゃれ!
  • コスパが高いBluetoothキーボード!お買い得でおすすめ!
  • 高品質かつ高機能な折りたたみ式モデル
  • 価格
  • 43215円(税込)
  • 3503円(税込)
  • 4200円(税込)
  • 6403円(税込)
  • 接続方法
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • キースイッチ
  • 静電容量無接点方式
  • パンタグラフ方式
  • 記載なし
  • 記載なし
  • 配列
  • 日本語配列
  • 日本語配列
  • 英語配列
  • 日本語配列
  • 防水性能
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし

ゲーミングキーボードの人気おすすめランキング4選

4位

SteelSeries

Apex Pro TKL JP

価格:26,800円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

銀軸を超えた最高峰と称されるモデル

SteelSeriesが販売している「Apex Pro TKL JP」は、プロも愛用する銀軸を超えたことを容易に実感できる神がかったキーボード。押し心地、打鍵感は間違いなく最高峰であり、本気でゲームをプレイする方におすすめです。

接続方法有線キースイッチメカニカル式
配列日本語配列防水性能なし

口コミを紹介

反応も早く押し心地も上品です。なによりエイムに好影響だったみたいで満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Razer(レイザー)

Razer Ornata Chroma JP

価格:11,111円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適なゲームライフを実現するモデル

簡単に言うとメンブレン式とメカニカル式を掛け合わせた、独自のメカメンブレンを採用したのが、Razer(レイザー)の「Ornata Chroma JP」というゲーミングキーボード。正確な操作性で長時間ゲームをプレイしたいという方におすすめです。

接続方法有線キースイッチメカメンブレン
配列日本語配列防水性能なし

口コミを紹介

まずメカ・メンブレンの有利性です。これはメンブレン特有の打った後の反発性が弱いというところを金属のスイッチ的な部品がその反発性をおぎない、ない状態よりも跳ね返りが早くなる部分です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

エレコム

TK-DUX30BK

価格:2,180円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MMORPGをプレイするならコレで決まり!

MMORPGをメインにプレイしているなら、エレコムが販売している「TK-DUX30BK」がおすすめ!全てのキーに同時押しや連射マクロなど、MMOに最適な機能を搭載しています。リーズナブルな価格なので、間違いなくお買い得です。

接続方法有線キースイッチメンブレン式
配列日本語配列防水性能なし

口コミを紹介

押し心地や、使用度などとてもいいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Logicool G(ロジクール G)

G-PKB-002

価格:16,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最強のおすすめゲーミングキーボード

Logicool Gが販売している「G-PKB-002」は、プロゲーマー向けにチューニングされた、FPSをはじめとするPCゲームに最適なモデル。初めてゲーミングキーボードを試すという方にも、自信を持っておすすめしたいです。

接続方法有線キースイッチメンブレン方式
配列日本語配列防水性能なし

口コミを紹介

初のメカニカルキーボードということもあり打鍵しているのがとても楽しいと感じるようになりました

出典:https://www.amazon.co.jp

ゲーミングキーボードのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5496037の画像

    Logicool G(ロジクール G)

  • 2
    アイテムID:5496050の画像

    エレコム

  • 3
    アイテムID:5496178の画像

    Razer(レイザー)

  • 4
    アイテムID:5496266の画像

    SteelSeries

  • 商品名
  • G-PKB-002
  • TK-DUX30BK
  • Razer Ornata Chroma JP
  • Apex Pro TKL JP
  • 特徴
  • コスパ最強のおすすめゲーミングキーボード
  • MMORPGをプレイするならコレで決まり!
  • 快適なゲームライフを実現するモデル
  • 銀軸を超えた最高峰と称されるモデル
  • 価格
  • 16500円(税込)
  • 2180円(税込)
  • 11111円(税込)
  • 26800円(税込)
  • 接続方法
  • 有線
  • 有線
  • 有線
  • 有線
  • キースイッチ
  • メンブレン方式
  • メンブレン式
  • メカメンブレン
  • メカニカル式
  • 配列
  • 日本語配列
  • 日本語配列
  • 日本語配列
  • 日本語配列
  • 防水性能
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし

エルゴノミクスキーボードの人気おすすめランキング4選

4位

Kinesis

Kinesis Freestyle2 Keyboard

価格:23,775円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キーボードを2つに分断したモデル

キーボードを2つに分断した画期的なデザインをした、Kinesisの「Freestyle2 Keyboard」は、体や手の大きさが違いに対応できる自由度の高いキーボード。標準的な英語配列なので使い慣れやすくおすすめです。

接続方法有線キースイッチ記載なし
配列英語配列防水性能なし

口コミを紹介

キーの静粛性もそこそこ、それほどスペースも取らず、扱いやすいセパレートキーボードだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Kinesis

Kinesis Advantage2 KB605

価格:76,275円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

入力しやすさと疲れにくさを両立している!

Kinesisが販売している「Advantage2 KB605」は、プログラマーやエンジニアにおすすめのキーボード。疲れにくさと入力しやすさを両立しており、キー配列を好きなようにカスタマイズできます。

接続方法有線キースイッチメカニカル式
配列特殊配列(カスタマイズ可能)防水性能なし

口コミを紹介

最高!!! これまでに戻って行きたくない!!!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

マイクロソフト

Natural Ergonomic Keyboard 4000

価格:17,430円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

腱鞘炎対策におすすめのエルゴノミクスキーボード

日ごろキーボードやPCを多用している方、腱鞘炎対策をしたい方におすすめなのが、マイクロソフトの「Natural Ergonomic Keyboard 4000」です。手や腕を自然な位置に置くことができ、快適な使用感をサポートしてくれます。

接続方法有線キースイッチ記載なし
配列日本語配列防水性能なし

口コミを紹介

手首から指先まで20cm超ある私にはちょうど良いサイズなので、手が大きい人向けかもしれません。大きいことで、薬指と小指が窮屈せずに使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

マイクロソフト

Sculpt Ergonomic Desktop

価格:9,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手首と腕をとことんいたわるならコレ!

マイクロソフトの「Sculpt Ergonomic Desktop」は、先進のエルゴノミクス理論に基づいて作られており、手首と腕を無理のない位置に保ちながら、クッション付きのパームレストで手首を保護してくれます!

接続方法Bluetoothキースイッチパンダグラフ方式
配列日本語配列防水性能なし

口コミを紹介

まず、圧倒的に手首がラクになりました。テンキーを分離して好きなところに置いておけるのもGOOD。キータッチも(一部を除いて)良好です。エンターキーが小さい気もしますが、慣れると大した問題ではありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

エルゴノミクスキーボードのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5495900の画像

    マイクロソフト

  • 2
    アイテムID:5495930の画像

    マイクロソフト

  • 3
    アイテムID:5495970の画像

    Kinesis

  • 4
    アイテムID:5496007の画像

    Kinesis

  • 商品名
  • Sculpt Ergonomic Desktop
  • Natural Ergonomic Keyboard 4000
  • Kinesis Advantage2 KB605
  • Kinesis Freestyle2 Keyboard
  • 特徴
  • 手首と腕をとことんいたわるならコレ!
  • 腱鞘炎対策におすすめのエルゴノミクスキーボード
  • 入力しやすさと疲れにくさを両立している!
  • キーボードを2つに分断したモデル
  • 価格
  • 9300円(税込)
  • 17430円(税込)
  • 76275円(税込)
  • 23775円(税込)
  • 接続方法
  • Bluetooth
  • 有線
  • 有線
  • 有線
  • キースイッチ
  • パンダグラフ方式
  • 記載なし
  • メカニカル式
  • 記載なし
  • 配列
  • 日本語配列
  • 日本語配列
  • 特殊配列(カスタマイズ可能)
  • 英語配列
  • 防水性能
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし

キーボードが打てなくなった場合の対処法

いつも通り使用していたら突然キーボードが打てなくなった”というケースは意外と少なくありません。そんなときはどのように対処すればいいのでしょうか?

 

打てなくなった(入力できなくなった)という原因は様々で、例えば、デバイス側あるいはキーボード側の設定・問題・故障、有線ならUSBケーブルの断線、無線なら接続が不安定、などが挙げられます。

 

詳しい対処法や解決方法を知りたい方は、下記に掲載しているサイトも合わせて読んで見てください。

まとめ

キーボードはマウス同様に需要が高く、用途によって適した性能と機能が求められる周辺機器です。ぜひ今回の記事を参考にしていただき、打鍵感、サイズ、機能、キーなど全てが理想的な最高のキーボードを見つけてくださいね!

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ