どんな時期に検索されるの? 花粉に関する検索ワードを徹底検証!

寒い冬に猛威を振るうインフルエンザが落ち着き始める春先。今度は花粉症に悩まされる日々が始まったという人も少なくはないですよね。くしゃみや鼻水、目のかゆみなど、人によって症状やその度合いは異なるものの、花粉症を発症する人は年々増え続けています。
今回は、「花粉」に関する検索ワードを、dメニューの検索ログを参考に調べてみました。

「花粉」の検索数が最も多いのは3月、なんと8月の44倍


春先にかけて「花粉症」という言葉を耳にすることが多いイメージですが、年間を通して「花粉」の検索数が最も多いのは3月。スギ花粉のピーク、そしてヒノキ花粉も舞い始める時期という事で、検索数も圧倒的です。検索数が年間で最も少ないのは8月ですが、3月の検索数は8月の実に44倍もありました。
8月はイネやブタクサ、ヨモギの花粉が飛散する時期ではありますが、検索ワードを見てみると3月は症状や対策、薬など具体的な予防・対応方法を検索しているのに対して、8月は「夏 花粉」や「8月 花粉」、「今の時期の花粉」といった「そもそも何の花粉なのか?」を調べていると予測される検索ワードも多く見られます。

花粉の種類別では「ヒノキ」を指定して検索する人が多い


花粉症の人もそうでない人も、花粉症=スギ花粉というイメージを抱いている人は多いのではないでしょうか。林野庁が公開している2012年の調査資料「スギ・ヒノキ林に関するデータ」によると、日本では国土面積の約7割を占める森林面積のうちスギ林が18%で、ヒノキ林は10%程度。スギの人工林面積が最も広いのは秋田県で、香川県や沖縄県など一部の極端に人工林面積が少ない県を除けば、全国に満遍なく散らばっているようです。
一方、ヒノキの人工林は最も面積が多い高知県をはじめとして西日本に多く、沖縄県と北海道にはありません。花粉症でスギ花粉をイメージする人が多いのは、人工林の面積から考えても納得ですね。

出典:「スギ・ヒノキ林に関するデータ」(林野庁)

代表的な花粉の種類と時期
スギ:ピークは2月~5月ごろ ※地域によってはほぼ1年中飛んでいるところもある
ヒノキ:ピークは3月~5月中旬ごろ
ブタクサ:ピークは8月~9月ごろ

ここで花粉症に関連したワードの中でも、「スギ」や「ヒノキ」、「ブタクサ」など種類を指定して検索する件数をグラフ化してみます。

こうしてみると、「スギ」よりも「ヒノキ」の方が多く検索されている事が分かりますね。特に4月は爆発的に検索数が伸びています。
スギ花粉の場合、「花粉」以外では「情報」や「時期」、「いつから」、「いつまで」といったワードと組み合わせて検索される事が多いですが、これはスギ花粉症を自覚している人が、当日の飛散状況や終わるタイミングなどを検索していると推測できるでしょう。
「ヒノキ」の場合は、「情報」や「時期」以外にも「症状」や「薬」、「治療」など、さらに踏み込んだ情報を調べるための検索ワードも多く含まれています。「ブタクサ」も検索数こそ他の二つに比べると少ないですが、「ヒノキ」と同じように踏み込んだ情報を調べるケースが目立ちました。

「花粉」で検索する人が最も気にしているワードは?

それでは実際のところ、「花粉」と一緒に検索される事が多いワードにはどんなものがあるのかをグラフで見てみましょう。

こちらは3月のデータで調査したものですが、最も多いのは「情報」でした。グラフの「花粉情報」はいわゆる花粉予報の事ですが、花粉症の人にとって、いつどこでどの程度の花粉が飛んでいるのかを知ることは最も重要だという事がよく分かりますね。ちなみに日別で見ていくと天気によっても大きく検索数は変わるようで、晴れて暖かい日と雨の日では、「花粉情報」の検索数もかなり違ってきます。
その他では花粉症の対策や効き目がある薬、頭痛や咳など症状についての検索が目立ちました。

花粉症の時に飲むお茶といえばやっぱり「甜茶」


ここでちょっと趣向を変えて、花粉症対策をしている女性の間で人気が高い「甜茶(てんちゃ)」に着目してみましょう。独特の甘さがあり、好き嫌いが分かれそうな味のお茶です。
「甜茶」の検索ログをみていくと、やはり2月と3月の花粉が多い時期に検索数が増えています。ロングテールで見ていくと「ルイボスティー」や「べにふうき」との比較検索、「妊娠中でも大丈夫か?」や「子どもでも大丈夫か?」といった効果・効能を調べているケースも見受けられました。
最近は取り扱う薬局が増えたり、甜茶エキスを配合した飴が販売されたりと、「甜茶」がより身近になってきています。今後ますます「甜茶」の検索数は増えていくのではないでしょうか。

上手に情報収集をして花粉症を乗りきりましょう!

鼻水や鼻づまり、目のかゆみ、頭痛など、人によって花粉症の症状はさまざま。「去年までは大丈夫だったのに!」と最近になって花粉症に悩まされ始めた人もいると思いますが、検索で上手に情報収集をして、花粉症の時期を無事に乗り切ってくださいね。

データ提供:dメニュー検索数集計結果より(期間:2017年3月1日~2017年3月31日)

続きを読む

ランキングに参加しよう!

名作&衝撃作だらけ!もう一度見たい野島伸司作品は?

  • 新・星の金貨(2001年(原案担当))

    投票
  • 高校教師シリーズ(1993年、1993年(映画版、原作・脚本担当)、2003年)

    投票
  • あいくるしい(2005年)

    投票
  • この世の果て(1994年)

    投票
  • GOLD(2010年)

    投票
  • ひとつ屋根の下シリーズ(1993年、1997年)

    投票
  • 君は僕をスキになる(1989年)

    投票
  • 未成年(1995年)

    投票
  • ラブシャッフル(2009年)

    投票
  • 49(2013年)

    投票
  • プライド(2004年)

    投票
  • 君が嘘をついた(1988年)

    投票
  • 世にも奇妙な物語「死ぬほど好き」(1990年)

    投票
  • ゴールデンボウル(2002年)

    投票
  • OUR HOUSE(2016年)

    投票
  • 愛という名のもとに(1992年)

    投票
  • 彼氏をローンで買いました(2018年)

    投票
  • お兄ちゃん、ガチャ(2015年)

    投票
  • 時には母のない子のように(1988年)

    投票
  • 美しい人(1999年)

    投票
  • パパ活(2017年)

    投票
  • KISSしたい睫毛(2018年)

    投票
  • スキ!(1990年)

    投票
  • 世紀末の詩 The Last Song(1998年)

    投票
  • 百合だのかんだの(2019年)

    投票
  • 仔犬のワルツ(2004年(企画担当))

    投票
  • リップスティック(1999年)

    投票
  • 薔薇のない花屋(2008年)

    投票
  • すてきな片想い(1990年)

    投票
  • アルジャーノンに花束を(2015年(脚本監修担当))

    投票
  • 人間・失格-たとえばぼくが死んだら-(1994年)

    投票
  • 聖者の行進(1998年)

    投票
  • 101回目のプロポーズ(1991年)

    投票
  • フードファイト(2000年(企画担当))

    投票
  • 家なき子シリーズ(1994年(企画担当)、1994年(映画版、企画・原案担当)、1995年(企画担当))

    投票
  • 明日、ママがいない(2014年(脚本監修担当))

    投票
  • 愛しあってるかい!(1989年)

    投票
  • ヒーローインタビュー(1994年)

    投票
  • 理想の息子(2012年)

    投票
  • シニカレ(2012年)

    投票
  • 高嶺の花(2018年)

    投票
  • ストロベリー・オンザ・ショートケーキ(2001年)

    投票
投票受付期間:2020/08/04 11:00 ~ 2020/08/18 10:59

投票します。よろしいですか?