皆さんはバレンタインに良い思い出はありますか?
男子の場合はきっと圧倒的に嫌な思い出がある人の方が多いと思われ、イケメン達に呪いのような眼差しを送った人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな「バレンタインデー滅びろ!と思う瞬間」をアンケート、ランキングにしてみました。
一体バレンタインへの殺意メーターがMAXになるのは、どんな瞬間だったのでしょうか?

1位 ホワイトデーのお返しを期待されたとき
2位 誰にもチョコをもらえなくてむなしくなるとき
3位 女性に◯◯君にこのチョコ渡しておいてと言われたとき
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「ホワイトデーのお返しを期待されたとき」!


勝手に贈ってくるくせに高価な見返りを求められる、「ホワイトデーのお返しを期待されたとき」が堂々の1位に輝きました。
世間では「3倍返しが当たり前」みたいな風潮がありますが、昭和30年代に唐突にできたイベントに、そんな当たり前は存在しませんよね?
そもそもチョコレートの価格なんてたかが知れており、3倍にしても大した額にはならないのですが送った側は想像以上の期待をしている事も多いらしく、それで喧嘩になるなんて事もあるそうです(筆者歓喜)。

2位は「誰にもチョコをもらえなくてむなしくなるとき」!


最終手段「親族からのチョコ」一歩手前の生ける屍状態である、「誰にもチョコをもらえなくてむなしくなるとき」が2位を獲得しました。
周りの友達が数を自慢している中、自分のもらった数は0個…そのむなしい状態で家に帰ると止めとばかりに母親からチョコを送られ、枕をぬらす事となります。

3位は「女性に◯◯君にこのチョコ渡しておいてと言われたとき」!


自分で渡せやこの根性なしが!と罵りたくなるような「女性に◯◯君にこのチョコ渡しておいてと言われたとき」が3位にランク・インしました。
呼び出された当人は天国から奈落の底へ、その友達に渡す際は「コイツもしかして…俺のこと…?」なんてあらぬ誤解を生み出す、2段構えのあるあるとなっております。

いかがでしたか?
まだ50〜60年くらいの歴史しかない日本のバレンタイン、海外から見ればクリスマス同様「シリーズ日本の変な風習」として紹介される事が多く、正直意味があるのかわからない行事に思えます。

今回は「男子が“バレンタイン滅びろ!”と思う瞬間ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜20位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:250名(20~30代男性250名:複数回答)
調査期間:2017年1月16日~2017年1月19日